ガレット・デ・ロア
b0108544_0273417.jpg
また一週間遅れのお話になってしまいますが、今年はやっとこれを作ることができました!
フランスでカトリックのお祭り、エピファニーの日(1月6日)に食べるという、ガレット・ド・ロア(王様の焼き菓子)です。

何年か前に小夏さんから、2つの可愛いフェーヴを頂いたので、作りたいとはずっと思っていたのですが、
なにしろちゃんとしたフィユタージュ(折り込みパイ)を作ったことはありません。
クロワッサンと同じように、手間と時間がかかる。
といって市販のパイ生地を使うのではおもしろくないし...
と思っていくつかの本でレシピを探していたところ、



津田陽子さんの「タルト」の本では、パート・フィユテを使っています。
これなら少しはお手軽にできるかな?
パート・フィユテは三つ折を繰り返す手間は同じですが、バターを包み込むのではなく、
最初に細かくカートで粉に切り混ぜるので、バターがはみ出すことを気にする必要がないのですね。
津田さんのタルト生地、パート・シュクレはとても柔らかくて型に敷くのが大変でしたが、
このフィユテ生地はベタつくこともなく、とても扱い易い生地で助かりました。
ただ、アーモンドクリームの量が多いので、上の生地をかぶせる時にはみ出さないように、
そして空気を入れないようにするのには気を使いましたが...

ガレット・ド・ロアの模様というと、中心から細かい曲線が何本も出ている、車輪の模様やお花の模様をよく見ますが、
津田さんの本ではこんな直線だけの模様。
まあ、初めて作ることでもありますし、複雑なのはうまく描けないのは目に見えてしますから、
無難なこの模様に...(来年はレベルアップできるかな?)





b0108544_0184869.jpg
ラム酒の効いたクレーム・ダマンドにさくさくのパイ生地の組み合わせ、大好きです!!
しかし、このホール一台の中にはバターが二本も使われている~!(恐)
12月は何かとリッチなお菓子を作ることが多かったのですが、このガレット・ド・ロアで
そんな贅沢は〆にしないといけませんね。

日本でもクリスマスのシュトーレンのように一般的になっているようで、
市販のや手作りのもいろいろなブログでこの時期見かけますが、アメリカではどうなのでしょう?
もちろん、カトリックの方はたくさんいらっしゃるのですが...私は売っているのを見たことはありません。
なのでフェーヴもこちらでは手に入りにくいことと思います。

めがねをかけて魔法使いのような帽子をかぶって...ハリーポッターに似ている?
男の子のタコに合わせて、こんな甘くなりすぎない、楽しいフェーヴを見つけてくださって、
小夏さん本当にありがとうございます!!
この写真を撮った時点では、まだお菓子に隠したフェーヴは出てきていませんでした。
タコは、「お菓子からこんな人形が出てくるの?」とすっかり喜んで、翌日の学校のスナックにも持って行ったのですが、
何故か朝ごはんの時に、フェーヴの意味も分からず食べたダダが大当たり!(笑)
がっかりしたタコに「もう一度作って~」と言われてしまいましたが、何回も作るものではないでしょうし、来年のお楽しみに~
次回はもっと本格的に、フィユタージュで作ってみたいですね。
ビゴさんの本で見た、クレーム・ダマンドにクレーム・パティシエールを混ぜたフィリングというのもおいしそう!





b0108544_0312013.jpg
そしてパイ生地を作ったら、もう一つのお楽しみは、二番生地を利用したシンプルなお菓子たちです。
ガレットに必要な量よりもかなり多目のパート・フィユテ生地を作るので、
おまけのお菓子もこんなに(全部でこの二倍)いっぱい!






b0108544_0242643.jpg
型で抜いてグラニュー糖をまぶして焼いただけのリーフパイですが、私にはご馳走に思えます。
もちろんタコも大好き! 
最近(この年になってやっと)こういう形に反応するので、葉っぱだけではなく、天使と雪の結晶の形も作ってみました。
天使のは薄く伸ばしすぎてしまったようで、端が焦げ焦げ~、タコに「可哀想~」と言われてしまいました。

セサミスティックは塩味で大人向き。ゴマの香ばしさがいいですね~
よく膨らんでくれて、どちらもパイ好きな家族みんなに大好評。
思ったよりも大変ではなかったパイのお菓子、暖かくなる前にまた作りたい。そうそうクロワッサンも~
でもバターの消費量を考えると...あまり積極的にならないほうがいいのでしょうか(笑)
あ~、それでもやっぱり食べたい!!
[PR]
by Wingco | 2009-01-12 23:10 | お菓子 | Trackback(3) | Comments(17)
トラックバックURL : http://wingco.exblog.jp/tb/10174203
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 代官山だより♪ at 2009-01-13 10:56
タイトル : Ladurée の ガレット・デ・ロワ&マカロンでEpi..
エピファニーにいただくお菓子、galette des rois・王様のお菓子。。。.☆*:.。.☆*† 今年は、Ladurée のガレット・デ・ロワで、Epiphanie*をお祝いしましょう☆*:.。.☆*✛ お菓子の上には王冠、そして中にはフェーヴ*幸運の印*と呼ばれる小さな陶製の人形やアーモンドが入っています。。。.☆*:.。.☆*† Laduréeの可愛らしい*フェーヴ*のコレクションボックスも、お茶会に仲間入り。。.☆*:.。.☆*† ...... more
Tracked from 大きなJELLYの木の下で at 2009-01-13 22:25
タイトル : フェーブ達のつぶやき
パリの世界の料理人もやってくる街の一角でひっそりと売られていたフェーブ達。 いや~、もっと簡単に売っているものかと思いきや、少ない滞在時間でよく探し当てたという苦労したけどとっても可愛いフェーブ達。デパートやらもう何軒尋ねたやら。。 友人が妹さんへのお土産にどうしても買いたいのだと、最終日の早朝バスルームの灯りのもと、お嬢様育ちながら勘を頼りに根性でありそうな店と道のりを調べてくれたので無事買って帰れたものです♡ 我が家から婿入りした僕ちゃん人形をコロラドの素人離れのすご腕Wingさ...... more
Tracked from たべもの日記 at 2009-01-14 19:50
タイトル : ガレット・デ・ロア
いつもステキなお菓子を手作りされているコチラの方のところで、ステキな手作りのガレット・デ・ロアを拝見しました。 そういえば、今年は私も食べたな~、ということで。 手作りでもなんでもないですが(爆) 東京駅の地下、グランスタの中にあるブルティガラというパン屋さんで購入した物。 このお菓子、フランスでは1月6日に食べる風習があるらしいです。 で、中にフェーブという小さな陶器の人形が入っていて、切り分けてもらってそのフェーブが入っていると王様になれるらしいです。 ...... more
Commented by tomshore2 at 2009-01-13 08:15
わ〜、ガレット・デ・ロア!!美しい〜
お家で作れるなんて素敵。お友達が下さったフェーブがまたかわいいですね。
以前一度だけ手みやげに買って行って食べたのですが
とうぜんフェーブはあたらず(涙)
また食べたいなあ。でもそんなにバターが!?びっくりです。
リーフパイもおいしそうです。

Commented by daikanyamamaria at 2009-01-13 10:56
Wingco さん、こんにちは。。。 *。:☆.。♪

さ・す・が☆ 美味しいアーモンドクリームと、サクサクのパイ♪
カットされたお写真から、おいしさが伝わってきます^^
天使と雪の結晶のリーフパイも、とびきり可愛らしい!!
こんなお菓子をいただきながらのおやつの時間。。。もう新年から、幸せいっぱいですね♪
眺めているだけで にっこり ほっこり です。。.☆*:.。.☆*†

TB、いただきました。どうぞ、よろしくお願いいたします☆
Commented by assam-milk at 2009-01-13 16:09
Wingさん、こんにちは。
わー。やはり焼かれたのですね。津田さんのレシピですか♪
曲線のもようも美しいけれど、こちらもまたかっこいい!
私は、予想してましたが(笑)年始のバタバタで結局今年も焼けずじまいでした。。
クレームダマンドにカスタードも絶対おいしいですよねっ!
パパさんが今年の王様だったのですね^^
二番生地のおやつも、いいなぁ~~。パイ生地、練りこみ生地だったらわりと気軽にとりかかれますよね。しばらく、市販のシートばかりだったので
私も自作したくなってきました!!
Commented by 小夏 at 2009-01-13 17:02 x
うっわ~、これで作ってくれたの~?!大感激ですー!!!
私が忘れていたのに、律儀に覚えていてくださり形にして見せてくださり
本当にありがとう、、、なんて幸福感を運ぶ一枚でしょう~♡
タコ君も喜んでくれたのね~、わ~い。
ダダ様が王様で・・、歓声と笑顔が生まれている様子が目に見えるようです!
新入りのお皿にのっていますね~^0^ リンクもありがとうございます。
この子には兄弟がいるので今日早速PCに向かって見せておきました(笑)
私ももう一度この子の顔が見られるなんて夢のようです♪
端切れでこのように気の利いたお洒落なパイもできるのは良いですね!
バター、作る人は量がわかるから恐ろしくもありますよね~(笑)
Commented by skipelf at 2009-01-13 22:26
Wingさん、トラックバックいただきました~☆ 小夏
Commented by puremimi at 2009-01-14 00:53
Wingさん、遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!今年もどうぞよろしくお願いします。
久々に覗いたら、おいしそうなものばかり!
ガレット・デ・ロア、最近よく目にします。
私には、絶対作れないだろうなぁ・・って思って、見てみぬふりしています(笑)
私も、タコくんと一緒になって、フェーブ探しをしたいので、是非来年は日本で作ってください。なーんて。
私は、新年明けて、体調崩したりして、未だお菓子を作っていません(涙)
娘はさらにいっそうパワーアップしてきたし、ゆっくり作るのはしばらく先みたいです。
Commented by yossy_yy_2008 at 2009-01-14 19:52
こんばんは!
とっても美味しそうなガレットに、思わずトラックバックしてしまいました。
とはいえ、私のは手作りではないんですけどね・・・(^^;)
数年前から作ってみたいと思っていたものの、パイ生地仕込むのが面倒で先送りになっています(汗)
来年こそは作ってみようかしら・・・?
Commented by nikkeilife at 2009-01-16 02:30
綺麗なガレット・デ・ロアですね。パイ生地が手づくりなんて、尊敬します。私もこのお菓子の事は日本や英国の方のブログを通してはじめて知りました。アメリカでは見ませんね。何でだろう。このフェーヴもすごく可愛いですね!パイ生地のお菓子も美味しそう!パルミエとか大好きです!
Commented by kque-sera-sera at 2009-01-16 09:45
以前、ピーターラビットのシルバーのフェーブセットがあったのですが
引っ越しの時になくなってしまったのを思い出して
またがっくりとしてしまいました(未練がましい)
子供はすごく喜びますよね〜♪
リーフパイ、大好物なんです。指をくわえて見ています。。。
Commented by Wingco at 2009-01-16 23:28
★tomshoreさん、
私も本物が食べてみたいですよ。
去年のお正月は日本にいて、このお菓子を売ってるのもみたのに、
買うのを忘れてしまいました。
昔は日本で、そんなに一般的なお菓子ではなかったのだと思うのですが、
10年、変わるものですね~
バターはパイ生地にもクリームにもたっぷり入っていますからね、
そこがまたおいしいのですけど、三人だと食べる量も自然に多くなって...
本当に怖いです。
Commented by Wingco at 2009-01-16 23:33
★mariaさん、
こんにちは~♪
初めてのお菓子って楽しいですね。
特にフェーブはタコがすっかり気に入ってしまって、
昨日もシフォンを焼いたのですが、「人形は入ってるの?」
と聞かれてしまいました。
本場ラデュレの本物! 一度でいいからいただいてみたいものです。
あまりにうちのとは違うので恐れ多いのですが、トラックバックありがとうございます。
来年は本物目指してがんばります~
Commented by Wingco at 2009-01-17 01:37
★assam-milkさん、
こんにちは~♪
assamさんのところでお話にあがって思い出したので、作ることができたのですよ。
ありがとうございます!
折り込みパイは面倒だな~と思っていたところ、津田さんのお手軽なレシピをみつけて、重いおしりもあがりました。
簡単だけど、結構おいしくて、新しいタルトの本も欲しくなってしまいました。
探すと、結構いろいろな本にレシピが載っているので、
シュトーレン同様、毎年のお楽しみになりそうです。
来年はこの2つのお菓子の名前、夫にも覚えてもらわないと~
せっかく苦労して作っても、意味も分からず食べるだけなのですよ(笑)
お引越し、もう間近に控えていらっしゃるのですね!
準備は大変なことと思いますけど、環境が変わるのもリフレッシュになるような...
お忙しなると、ベイキングの時間も取りにくくなりますよね。
お近くだったら差し入れに伺うのに~
Commented by Wingco at 2009-01-17 01:44
★小夏さん、
こちらこそ、わざわざフランスで買っていらした貴重なフェーヴを送ってくださって、ありがとうございました!
長い間活躍させてあげられなくて、ごめんなさいね。
そちらでたくさんのお仲間を拝見して、楽しかったですよ~
ほんと、タコもすっかり喜んでしまって、違うお菓子を作っても、
「これには入ってないの?」と聞かれてしまいました。
夫は相変わらずよくわかっていない反応。
いつも王様きどりなので、ますます威張られたら困り者です(笑)
タルトもパイも、ちょっと苦手に思っているところがあるのですが、
作ってみると楽しかった!
これも小夏さんのおかげですよ。
トラックバックもしてくださり、ありがとうございます!
こちらからもさせていただきました~
Commented by Wingco at 2009-01-17 01:52
★mimiさん、
あけましておめでとうございます♪
こちらこそご挨拶がおそくなりましたが、今年もどうぞよろしくお願い致しますね。
ガレット・デ・ロア、そう、以前日本にいらした頃にはそんなに一般的なお菓子ではありませんでしたよね。
日本っていろいろな物を取り入れるのがとっても上手~
イースターなども、お祝いしたりするようになるのでしょうか。
いえ、もうなっていたりして?
これはパイといっても折り込みではないので、お手軽ですよ。
たかこさんの本に載っているパイの作り方と同じような感じです。
でも何だか津田さんのだともっとおいしく感じてしまうのですが...(笑)
mimiさんのお菓子教室の様子、いつも楽しみにしていますが、
とってもきびしそうですね~私ならもう一回で挫折してます。
体調を崩されただなんて、大丈夫ですか?
久しぶりの日本での冬、かってが違いますよね。
まだまだ寒いことでしょうし、どうぞお大事になさってください。
Commented by Wingco at 2009-01-17 08:15
★yossyさん、
こんにちは~♪
トラックバックをありがとうございます!
日本ではどこのお店でも売っている感じなのでしょうか?
二年連続日本でお正月を過ごしたのに、ご馳走疲れで(笑)
すっかりガレット・デ・ロアを購入するのを忘れてしまいました。
こちらでは売っていないので、本物はどういうものなのか食べてみたいですよ~
来年はばっちり折り込みパイで作ってみたいのですが、失敗しそうなので、忘れてくださいね。
Commented by Wingco at 2009-01-17 08:22
★nikkeilifeさん、
パイ生地といっても、スコーンのような生地を三つ折する簡易版ですからね、失敗することもないし、気楽にできるものですよ。
LAなら売っているお店もあるかな~と思っていたのですが、ないのですね。
ほんと、不思議ですね、パイだって普通に売っているのにね。
ぐるぐるパルミエ、私も好きです!
デンバーにもフレンチベーカリーがあって、そこで売ってるのが好きでしたが、
なくなってしまったらしいのです。
そこのクロワッサンはアメリカのふがふがしたのと違ってばりっとおいしかったのに~
思い出したら食べたくなってきました自分で作るしかないのかな~
Commented by Wingco at 2009-01-17 08:31
★kque-sera-seraさん、
さぞかし可愛かったでしょうね~それにシルバーだなんて、それはがっかりしますよね。
アメリカでお求めになったのでしょうか?
だとすると、アメリカにもガレット・デ・ロアの習慣はある?
でもピーター・ラビットですから、やはりイギリスかどこか製なのでしょうね。
リーフパイ、お好きなのですね~メモメモ。
今度はちゃんと折込みパイで、ケセララさんに食べていただけるようなものを作るようにがんばります~
<< ミニイギリス食パン ~fumi... 2009年 初ケーキ  >>