ルーロ抹茶 &たかこさんのロールケーキ
b0108544_2251367.jpg
大晦日のパーティーの記事で写真だけ載せて「後で詳しく...」と言っていたルーロ抹茶、ふたたびの登場です。
「一流シェフのとっておき ロールケーキ」という本に載っているサダハル・アオキさんのレシピは、さすが~!な美味しさ。
いまのところ、一番気に入っているロールケーキかもしれません。

私が作ってきたロールケーキに比べて、生地も厚めでクリームもゆであずきもたっぷり。
かなりのボリュームなので、巻くのは大変。
くるくる~とはなりませんが、本の写真はもっとずんぐりしているので、私にしては上出来です。
牛乳がたっぷり入っているので、抹茶の緑も強くなくて抹茶オレのような優しい色ですね。
味も色そのままに、苦味はそれほど感じないマイルドな味です。
そしてなんと言っても、スフレのようなふんわりジュワ~っとした生地の食感がユニーク!

ロールケーキの生地の作り方にも卵共立て、別立て、いろいろありますが、
バターで粉を炒めるという、シュー生地を作るような方法+メレンゲでこのような独特の食感になるのですね。
かなりねっちりとしっかり炒めるので、はたして膨らむのかな~と心配になるのですが、
オーブンでみるみるうちに膨らんでいく姿を見るのは楽しいもものです。
工程も道具もたくさんですし、共立てのロールケーキのように気軽には作れませんが、
食べてくださったみなさんの評判も飛び切りなので、このルーロ抹茶はここ一番という時の特別なお菓子になりそう...
ホールのケーキやタルトの見た目の豪華さはないかもしれませんが、食べてみていただければ分かる~かな?





Aokiさんのケーキと言えば、思い出すのはもう5年も前のことになってしまいますが、最後のフランス旅行。
サンジェルマン・デ・プレのお店はピエール・エルメの本店からも歩いて行けるところにあったので、
両方をはしごして滞在中三回も通ったものです。
本にはこのルーロー抹茶もお店に置いてあると書いてありますが、当時はありませんでしたね。
抹茶エクレアはあって、パリで抹茶のお菓子と出会えるだなんて~と感激していましたが...
結局14日目まででストップしたまま完結しなかった(笑)以前のブログでの旅行記、久しぶりに見るととっても懐かしい~


これ以外にも去年のホリデーシーズンから最近まで、パーティーやプレゼントの機会が多く、
ロールケーキも幾つか作りました。
数をこなした割には、全く巻くのが上手くならないのはどうしてでしょうね~





b0108544_2253954.jpg
たかこさんの●本から、アーモンドとメープルのロールケーキ抹茶と栗のロールケーキ
とあるパーティーに持って行った二本。
いつもながら出来上がったのが夕方、暗いのと慌てふためいて出かけたこともあって、写真も撮れず。
切り取った両端だけの写真になってしまいました。

両方とも卵3個の共立て生地ですが、抹茶が入ると少ししまった生地になりますね。
本当は栗の甘露煮をクリームに混ぜるのですが、手ごろな甘栗で代用、そしてクリームたてすぎ...ごめんなさい。
反対にメープルシュガーが入ると、生地をホイップする時からぼわ~っとすごい膨らむのです。
少しきめの粗い感じに見えますが、ふわふわとしてアーモンドプードルも入っているのでしっとり。
メープルシロップとアマレットで、香りのよい、おいしいクリームです。






b0108544_22572744.jpg
またまた暗くなってからの出来上がり。一応写真には撮ったものの、照明の下。
しかもきちんと冷蔵庫で落ち着かせる時間もなく、慌てて切ったらクリームもゆるいものだから、
すごいことになってしまいました。
巻くのも失敗。クリームが緩すぎたこともあるのですけど、それだけではなさそう。
頭ではイメージできているのですが、実際にはなかなかできないものですね~





b0108544_2313284.jpg
同じ本からココアといちごのスフレロール
なのですが、いちごの代わりにチョコとはもっと相性の良いラズベリー。
でも、半分に切ったらクリームに色が染み出てしまって失敗。
そして、これもバターで粉を炒めるスフレの作り方で、なるほど生地はしっとりジュワ~なのですが、巻くときに割れました(涙)
たかこさんの最初の本のココアロールを思い出させる巻きにくさです。

見た目のひどさにもかかわらず、みなさんの評判は良かったのですが、
自分ではやはりルーロ抹茶の方が好み。
単に結構きいてるココアが苦い~という、チョコ系はあまり好みでないからかもしれません。
作り方も材料も同じようなものなのですが、全体の量がルーロ抹茶の方がだいぶ多く、
そのボリューム感も好きなのかも...






b0108544_2361394.jpg
あずきクリームロールも別立てですが、粉は炒めず最後にメレンゲを入れる、シフォンのような手順、
きめ細やかな生地です、
でもシフォンだと卵白が多目ですが、こちらは卵黄と同じ数なので、ふんわりしすぎず、はちみつでしっとり。
こちらはゆであずきをクリームに混ぜてホイップしてしまうので、冷やして食べるとあずきアイスを思い出す味~





b0108544_2385527.jpg
こちらも別立てですが、最初にメレンゲをたてて、そこに卵黄を加えるビスキュイの作り方ですね。
なので、柔らかいもののきめも少し粗めで、ふがっとした食感のしっかりめの生地。
たくさん入れた刻みチョコレートを支える力があるようです。
生クリームにも刻みチョコレートが入っているのですが、この食感がなかなか楽しい~
生地にココアを入れるよりも、私にはこちらの方が好みです。
子供用なのにグランマニエも入れてしまいました(笑) やはり香りが違いますね。

お正月の記事にもお料理の方は載せましたが、二日に子供たちが遊びに来てくれた時のデザート
刻みチョコロールです。こちらはたかこさんの◎本から。
もうひとつ、ちらっと写っているのは...





b0108544_23114235.jpg
小嶋ルミさんベイクドチーズケーキ
バニラビーンズもちゃんと使ったので、見えるかな~とかなり寄って撮ったのですが、
ボケただけで写っていませんでしたね(笑)

クリームチーズ、サワークリーム、卵、どれもたっぷり入ってしっかりしたおいしさですが、
くどくはなく、味のバランスのよいのはさすがです。湯煎焼きなのでしっとり。
土台もよくある、クッキーをくだくのではなくて、くるみ入り生地を敷き詰めて空焼きするという、一手間かかったもの。
くるみの香ばしさが効いておいしい生地だったのですが、空焼きでいつまでも色がつかないから~
と焼きすぎて、本焼きの時に焦げっぽくなってしまったのが心残り。
また作りたいお菓子です。





b0108544_23181057.jpg
とっ~てもきれいな焼き色に仕上がったのが嬉しくてパチリ!
卵二個+卵黄二個なのでこんなに黄色が鮮やかになるのですね。
たかこさんがおっしゃるように、しっかりと巻きやすい生地。でもふわっと柔らかい食感なのですよ。
●本から、バタークリームのロールケーキ
む、む、む、バタークリームって苦手...だったのですが、たかこさんのなら違うかも~と作ってみたところ、
やっぱり生クリームに比べると重くて、固い...
プレゼントに、と作ったのですが、これでは~ともう一本急遽作りました。
前準備もいらず、作る時間も短くてすむのが、ロールケーキのよいところでもあります。





b0108544_232025100.jpg
きなこと黒糖のロールケーキ
ぼこぼこっと大きな気泡ですね~ 同じ共立ての生地でも随分違うものです。
でもぱさついているのではなく、きなこの香ばしさと黒糖のコクがほどよく効いて、しっとりとどこかもっちり感も感じます。
そういえば、見た目も似ていますが、黒糖を使った蒸しパンを以前にも作りましたが、
あれをロールケーキにしたような感じ...といえばわかっていただけるでしょうか。
和の雰囲気の優しいおいしさが私は好きです。
生クリームがプレーンなので、ラム酒でもちょっと入れてもおもしろかったのでは...
などともう一度作ることを考えています。





b0108544_2323663.jpg
しかし、タコには黒糖の受けがいつも悪い。
両方食べての感想は、「黄色いスポンジの中に、茶色のに入っているクリームだったらいいのに~」(笑)
タコもバタークリームは苦手なようです。
でも後で思ったのですが、バタークリームって冷たくして食べるものではないのですね?
最初に食べたのは冷蔵庫から出した直後。固いロウのようなクリームでこれはだめ~と思ったのですが、
そのままほっておいた一切れの残りを少したってから食べてみると、クリームがとろっとして、
何だか食べられるわ~という感想に変わっていました。
レモン汁やグランマニエも入って、重たさを軽減しようと工夫されています。





b0108544_23264110.jpg
いい加減もうロールケーキにも飽き飽き~といったところでしょうけれど、最後にもうひとつ、
今度は津田陽子さんの共立てのレシピで作りました。
基本の共立て生地に、ラズベリージャムを敷いて生クリームを重ねたのは、私の勝手。
以前にマーサ・スチュワートのTV番組でこんなジャムに生クリームのロールケーキを作っていて、
「アメリカにもロールケーキってあるのね~」と記憶に残っていたのを思い出したのです。
もちろん、生地の配合は思えているわけもなく、津田さんのとは違いますが。

というのも、このジェリーロール(という名前だったと思います)、今週の月曜日は祝日で学校がお休み。
タコがプレイデイトに呼ばれていたお友達のお宅への手土産に作ったので、少しアメリカ人向けに...

津田さんの共立て生地、作るのはとても久しぶりなのですが、卵3個の上に卵黄も1個。
でもそれほど生地が黄色にはならないのは、粉の量がたかこさんより多目だからでしょう。
きめは細かくしっとりとした生地なのですが、たかこさんの共立てに比べると、少し粉っぽいしっかりめの印象ですね。
巻きやすそう~と慎重に巻かなかったら、外側に細かいひび割れが~(悲)
そして、自家製ラズベリージャムはゆるめなので、生地に染み込むし、
上に乗せた生クリームを広げる時に、混ざりそうになるし...
勝手に自分でアレンジすると失敗する可能性大(笑)
でもラズベリージャムの甘酸っぱさが生クリームにはとても合って、おいしかったのですよ~

なかなか上達しませんが、作るのも食べるのも大好きなロールケーキ。
これからも飽きずに作り続けることでしょう...
[PR]
by Wingco | 2009-01-22 23:37 | お菓子 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://wingco.exblog.jp/tb/10230568
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tomshore at 2009-01-23 12:59 x
わあ~、ロールケーキがいっぱい!とってもとってもおいしそう。
ロールケーキといっていろいろなレシピがあるのですね。面白い。
私のつくるのは共立てなのですが、何度か失敗続きで....作る気なくして、ずいぶんご無沙汰ですが。最近津田さんのフロールののったクレアをいただいたので、久しぶりに挑戦してみたくなりました。
Commented by kimagureokayu at 2009-01-23 20:28
ロールケーキ祭りですね~。
我家はロールケーキが大好きで、よく焼いてます。
先日も焼いたばっかり。
たかこさんのロールケーキの生地はわれやすかったりするんですね。
私もこないだのは割れてしまいました。
なかなか上手にまけないですしね。。。
Commented by 小夏 at 2009-01-23 21:00 x
わぉ~!よくぞ昔のブログにリンクしてくださいました!!久しぶりにチラ
ッと遊んでまいりましたよ♪いいねいいねーーー^^
サマリテーヌ~~!あのプレートは忘れられないわ~。それに今改めて
拝見すると達人Wingさんの足取りが貴重です。是非またゆっくり拝見し
たいものです!
アオキ氏のはそんなに?!Wingさんがおっしゃるのでしたらぜひともい
ただいてみなければ!!このお正月名古屋高島屋に出店していましたけ
ど生はなかったのですよ。残念!
最後のオリジナル、とっても可愛らしくって印象的ね^0^
Commented by Wingco at 2009-01-23 22:22
★tomshoreさん、
スポンジに生クリームの組み合わせって日本人ならたいてい喜んでいただけますからね。
それで時間もそれほどかからないし、端っこの味見もできるし(笑)
出番も多くなります。
あのクレアはあちこちで話題になりましたね~
私はすっかり買いそびれてしまって...
フロールの名前ではありませんが、同じレシピは「くるくるロールケーキ」にも載っているので、いつかは作りたいと思っているのですよ。
Tomさんのロールケーキも是非拝見したい!
Commented by Wingco at 2009-01-23 22:30
★kimagureokayuさん、
うちの家族もロールケーキ好きですが、全然ありがたがらないので、
よそ様用にしか作っていません(笑)
たか子さんもロールケーキお好きですよね。
本ごとに食べたくなるレシピが載っているので、つい作ってしまいたくなります。
共立ての生地は比較的巻きやすいと思うのですが、
ココア入りの生地はいつも割れてしまいます。
それに、いつも生地が均等な厚さにできないのですよ。
必ず一辺が薄めになってしまうクセがあるようです。
巻きは...もう諦めました(笑)
Commented by Wingco at 2009-01-23 22:42
★小夏さん、
前のブログ、画像の半分は消えてしまったので、このブログからはリンクしないようにしていたのですが、
旅行記は大丈夫だったので、大昔ので恐縮ですけど、リンクしてしまいました。
結局あの後は国内旅行ばかり(アメリカと日本ね)なので、
きちんと最後まで完成させておけばよかった~と後悔です。
今見ると、写真も小さくて分かりづらいですよね。
でも懐かしがって見ていただけて嬉しいです! ありがとうございます。
あ~それにしても、フランス行きたい~!(笑)

パリではどうしてもアオキさんのお菓子よりピエール・エルメの印象が強くて、
日本でもアオキさんのケーキを買おうって強く思ったことなかったのですが、
この抹茶ロールはとっても好みなので、今度は行ってみたいです。
モンサンクレールもしばらく行ってないし、スギノさんも...
他にもまた続々と日本ではおいしいお店ができているのでしょうね~
小夏さんのところでいろいろと拝見させていただくの、楽しみにしています。
ラズベリージャムならではのきれいなピンクですよね。イチゴだとこうはいかない...かな?
Commented by peanuts_miso at 2009-01-26 10:50
こんにちは!
ロールケーキ祭り開催ですね^^
ロールケーキって簡単なようで生地も色々な種類があるし、巻く物も無限の組み合わせがありますよね~。
私はたかこさんのスフレロールの生地が大好きでロールケーキを作る時はそればっかりになってしまうんですが、たまには冒険してみようかと思いました^^
ラズベリージャムと生クリームの色合いがとってもかわいいですね♪
Commented by sol at 2009-01-26 11:10 x
うわぁ~並んでますねぇ~!お店のショーケース覗いてるみたいでウキウキ気分ですわぁ~^^
私も今は自分のオリジナルレシピを元にのバリエーションだからマンネリ化・・。たまには色んな方のレシピで作らなきゃですねぇ~!
すごく参考になったエントリーでした!!ありがとです。
きっと私も最初のルーロ抹茶が好みのような気がします。

と、私もロール熱入ってきたので只今焼き真っ最中です^^
Commented at 2009-01-27 06:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nikkeilife at 2009-01-29 07:02
凄いロールケーキフィーバーですね!綺麗に巻けてますよ~私も数回トライしたものの、中々うまくいきません。そういえば、お抹茶が古くなりをうなので、週末ロールケーキに挑戦してみようかな。ルーロ抹茶みたいに素敵のは夢のまた夢だけど~
Commented by Wingco at 2009-01-29 12:12
★chihoさん、
何年か前に日本でロールケーキが流行りだした時には、
「私は絶対に厚いスポンジのショートケーキ派!」だって思ったのですけど、
作り出してみるとほんとにいろいろの味が楽しめておもしろいですね。
今回たかこさんのココアのスフレ生地を作って、
そういえば二冊目の本にもスフレ生地のロールケーキがあったことを思い出しました。
私もしっとりジュワーのスフレ生地大好きです!
また作ってみたいですね~
Commented by Wingco at 2009-01-29 13:45
★solさん、
たくさん作っている割には全く巻きが進歩してません。
こんなのお店で売っていたら怒られてしまいますよ(笑)
よくフルーツいっぱいのロールケーキとか日本のケーキ屋さんで見ますが、
よくぐちゃぐちゃにならないものだと感心してしまいます。

ご自分でレシピを考えるだなんて、すごいですよ~
私もこれが一番~と言えるようになるのを作ってみたいです。
でも飽きっぽいし、新しいロールケーキのレシピをみると試したくなってします。
どんな味なのかな~と想像するのと実際作っての違いもおもしろいですよね。
そちらでもまたおいしそうなロールケーキ、拝見するのを楽しみにしてます!
Commented by Wingco at 2009-01-29 13:50
★鍵コメさん、
こんにちは~♪
まぁ、私のブログを見て思い出してくださっただなんて嬉しいです!
たかこさんのどの本にもロールケーキは載っていますよね。
きっとたかこさんもお好きなのでしょう~
ご連絡もありがとうございます!
Commented by Wingco at 2009-01-29 13:57
★nikkeilifesん、
下準備もいらないし、比較的短い時間でできて、ご馳走っぽい感じで
喜ばれることも多い...ロールケーキにはお世話になりっぱなしです(笑)
いつになっても作る方は上達しなくて...
ルーロ抹茶、手順は多いですけど、それだけのことがある味ですよ~
<< クリームパン ~fumiさんの... ミニイギリス食パン ~fumi... >>