紅茶とプルーンのバターケーキ
b0108544_2205347.jpg
ベイル旅行の続きを待っていてくださった方もいるかもしれませんが、
旅行に行く前に作ったお菓子を先に記事にしないと~
まだまだ雪の降るような寒い日に作ったせいか、何となく地味~な寒~い感じのする(笑)お菓子ばかりかも...?

まずは紅茶とプルーンのバターケーキ。たかこさんの●本(生活シリーズ5冊目)から。
たっぷりの紅茶の葉に、セミドライのプルーンはラム酒で戻して細かく刻みます。
なのでレーズンの苦手なタコでも喜んで食べてくれました。
紅茶とプルーンの相性は抜群ですよね。
そしてたかこさんもおっしゃっているように、ヨーグルトとプルーンの相性もよくて栄養価も高い。
私も時々プルーンの紅茶煮を作って、ヨーグルトのお供にしています。

そういえば、稲田多佳子さん、2月の粉物の本に引き続いて、またまた新刊が発売されたようですね。
毎年四月に発刊される生活シリーズですが、今回の本は出版社は同じだけど今までとは雰囲気が違うので、
6冊目というわけではないのかな?




b0108544_21475046.jpg
流す時は結構固めの生地だったのですが、よ~く膨らんでくれたのも嬉しい!
卵が共立てのせいかもしれません。そして温度は160度と低めです。
はちみつも入って甘さもたかこさんのお菓子にしてはしっかりめですが、
紅茶、ラム酒、プルーンといろいろな香りと味わいが楽しめる、
きめ細やかでしっとりとおいしいケーキになりました。






b0108544_11521580.jpg
こちらは◎本(4冊目)から、バターカステラ風スポンジケーキ
長い名前ですが、その通りに作り方はスポンジケーキ、味はカステラを思い出します。
きび砂糖を使うのですが、ブラウンシュガーでもよいとのことなのでそうしました。
ブラウンシュガーを使うと、とってもあわ立ちがよくてすぐにふわ~と盛り上がります。
牛乳、はちみつも入って、しっとりと柔らかく、甘すぎないけどコクのあるカステラのようでおいしい~

本では12センチの型で小さくかわいく焼く、とありましたが、倍量にして16センチ型で焼きました。
それでも焼きあがると小さくてこれだけ~?という感じです。
こういう具のないシンプルなケーキは家族も大好きなので、あっという間に全部なくなってしまいました。
今度作る時は3倍量ですね!







b0108544_1151277.jpg
同じく◎本から、ブラウンシュガーのプチマフィン
普通のマフィンパンより小さくできる直径4.5センチの型、二口で食べられてしまいます。
使う材料はほとんど先ほどのカステラ風と同じですが、粉の割合が多く、
作り方は普通のマフィン同様バターと砂糖をすり混ぜるところから始まります。 
たかこさんのマフィンには必ず、牛乳と共にヨーグルトも入るところが特徴でしょうか。

こちらにも何も具が入らずシンプルなお菓子ですが、期待以上においしくて気に入ってしまいました。
ブラウンシュガーのせいかとてもしっとりと優しいコクがあり、それほど甘さは強くありません。
なのでコーヒーグレイズをかけるのでしょうけれど、うちの家族にはなくてもよかった~という感想でした。
特にアイシングの苦手なタコ用には最初からかけなくて、正解~
小さく作るマフィンは、学校のスナックにももってこいです。

日本の学校にはおやつの時間なんてないですよね?
こちら、と言ってもアメリカの学校全てというわけではないでしょうが、
タコの通う現地校では毎日午前中にスナックを食べる時間があります。
食べても食べなくてもかまわなくて、学年の低い頃は、持って行かないことの方が多かったのですが、
4年になってからは「必ず入れて~」と言われます。
ランチの時間が遅いので、それまでもたないのかな。

もちろん買ったお菓子や果物でもいいのですけど、果物は朝食べるし、お菓子を買っておくのも面倒
(「作るほうが面倒でしょう?」と言われますが)なので、簡単にできて持ち運びやすいマフィンやクッキーは重宝。






b0108544_21523953.jpg
その目的で作ったクッキー、まずは●本から、ミックスナッツのクッキー全粒粉のざっくりクッキー

同じ丸いクッキーでも全粒粉のは棒状にしたのを切るので、きっちとした丸、
ミックスナッツのは手で丸めたので素朴な感じの丸になりますね。
ほとんど全粒粉、バターも砂糖も控えめなので、健康にもよさそう~と期待したのですが、
「固くてぼそぼそして味がない~」とタコには(も、かな)不評でした。

ミックスナッツというのは、くるみ、スライスアーモンド、ピスタチオのこと。
いつものようにフープロで細かくしてしまうので、そんないろいろなナッツが使われているとは
分からないような味でしょうか。
ほろほろとした食感はスノーボール(たかこさんの名前はころころクッキー)のようです。
メープルシュガーの優しい甘さ、こちらはタコも喜んで持って行ってくれました。






b0108544_21531996.jpg
ビッツクッキーは◎本の写真とは全然違います。
食べてみると、何となく物足りない味だったので、シナモンシュガーをまぶしてしまいました。
これもフープロ使用ですが、卵黄が入ってさくっとまた違う食感。
へーセルナッツパウダーが、いつものアーモンドパウダーとはまた違った風味です。
「ビッツ」というように、1.5センチ四方の小さなクッキー。
棒状にしたのを切るだけなのですが、約80個とたくさん焼けたのです。
全体を撮ったのは、見ても何だかわからなくて、こんなアップに大きく写ってますけどね~






b0108544_11485793.jpg
同じくチーズクリームサンドサブレ
焼きあがったクッキーをつまんだ時も、出来上がったチーズクリームを味見してみた時も、
何だかピンとこない印象だったのですが、
クリームをサンドして出来上がったクッキーは...おいしい~!
クリームチーズを使っていることだし~と冷蔵庫にしまっておいたのですが、
一日経って食べたその冷たいクッキーがまた、特においしい~!!
クリームでクッキーがしっとりとなり、レーズンなしのレーズンウィッチのような食感になったのです。

クッキーは2ミリ(3ミリくらいになってしまったかな)の厚さとかなり薄くて、それを型抜きして、
焦げ目がなるべくつかないように白い感じに焼き上げる。
力を入れると割れてしまうので、注意しながらクリームをはさむのも結構大変~
そしてクッキーは2枚一組になるので、できたサンドは12組と少なめなのです。
また食べたいけど、クッキーにしては手間がかかる方なので...






b0108544_532586.jpg
●本のキャラメルとレーズンのバターケーキ、なのですけど、この写真では何だかよくわかりませんよね。
小さい花の型を使ったのですが、キャラメルクリーム入りでかなり色が濃くて、かわいいという感じにはなりませんでした。
普通のパウンド型で焼いた方がよかったかな。
キャラメルクリームだけでも濃厚なのに、はちみつ、ラム酒、レーズンと、また存在感の強い物が入っているので、
甘さもしっかりと、かなり濃い味に感じました。







b0108544_21505495.jpgb0108544_2214446.jpg
キャラメルマーブルのドロップスコーン。本ではもっとキャラメルクリームが濃く焦げている感じで、
一見おせんべい?かと思ってしまうほど。
固くて苦いスコーンだったらどうしよう~とあまり気が進まなかったのですが、
上のケーキを作った時に、このスコーン分のキャラメルクリームも一緒に作ってしまったので、
仕方なく(笑)焼いてみたのでした。

が、予想を裏切るおいしさ!!
ブラウンシュガーのせいかとても中がしっとり(翌日も)、生クリームも入るためかミルキーなコク。
たかこさんらしくフープロで回すスコーンなので、ほろほろな食感かと思っていたのですが、
外はざくっとしているものの、中のふんわり柔らかさはマフィンのようでもあります。
そして、キャラメルクリームの混ざったところと、プレーンなままの生地のところの味の違いがよいのです~
上のケーキのように、全体にキャラメルクリームを混ぜ合わせてしまったのとも、
プレーンなスコーンにキャラメルクリームをかけるのとも違った、マーブルならではのおいしさ~!ですね。





  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

ブラウンシュガー...ローリングストーンズの曲のタイトルにもなっています。
といっても、お砂糖が好き~という歌のわけではもちろんなくて、茶色の肌の女性にたとえているのですけど、
人種差別だ~なんて言われなかったのでしょうか、当時は。

ストーンズの中でそれほど好きな曲ではありませんが、乗りもいいからでしょうかか、ライブでも定番の曲。
デンバーで二回観に行った時にも、両方で演奏していました。
二回目は2003年。
日本で言うところのアリーナ席ではあったのですが、300ドルというチケットの値段、高かった~!
ロックのコンサートしては破格ですよね。

うなぎ登りに高くなっていたコンサートの値段ですけど、去年あたりから少し落ち着いて来たでしょうか...
チケットを今でも取ってあるのですが、10年前のジェフ・ベックは何と25ドル!
その4年後のクラプトンは88ドル。会場の大きさもかなり違いますけどね。
今年6月に行く予定のクラプトンは157ドルです。
ここ数年ストーンズのコンサートはありませんが、もしあったらどの程度の値段になるのかな~

YouTubeではライブでの映像もあったのですが、発売当時(1969年)のテレビ番組では、
まだ若くてかわいさの残るミック・ジャガーが見られます。
今でもスリムでエネルギッシュで若いミックですが、やはり容姿も動きも違いますね~
ピンクのスーツを着てても違和感ないのは、ミックとローリー寺西の他にはいない~なんて...(笑)

♪  Brown Sugar / The Rolling Stones  ♪
[PR]
by Wingco | 2009-04-14 21:53 | お菓子 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://wingco.exblog.jp/tb/10715831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kickpop at 2009-04-16 10:30
チーズクリームサンドサブレ、とーーーっても美味しそうです(もちろん、他のお菓子もみんな美味しそうですが。)こんな美味しいお菓子が毎日のおやつのタコくん!何てシアワセなんでしょう(うちのブブがうらやましがるはずですね〜♪)お母様の影響で、将来はパティシエに?な〜んてこともあったりして(笑)!
Commented by たま at 2009-04-16 19:47 x
おおおお 美味しそう!!
最近 お菓子作りと縁遠くなってしまって 画像で楽しませてもらってまーす♪見たらお腹すいてしかたないんですけどね^^
ストーンズ、好きですー
あの年で!っていつも思うんですが(失礼) かっこいいですよねー
Commented by peanuts_miso at 2009-04-17 19:14
こんにちは~!!
たかこさん本は2冊持っているんですが、今日拝見したのはどれも私が持っている本には載っていない物なので、すごく新鮮でした^^
やっぱり他の本も欲しくなっちゃった~!!
学校にスナックを食べる時間があるって良いですね~。しかもお母さんの手作りだと尚更。毎日楽しみだろうな♪
カステラ風スポンジケーキ。こうゆうシンプルなケーキって大好きです^^
それとドロップスコーンも!今回はブラウンシュガーを使ったケーキが多いですね。ブラウンシュガーが大好きなので嬉しいです♪
Commented by kimagureokayu at 2009-04-17 20:36
いつもこちらでたかこ本のお菓子見ては、やっぱり本ほしいな~と思います。
なかなか全部作ることはできないんですけどね。。。
ブラウンシュガーを使ったお菓子って、味わいがあっておいしいですよね。
たかこさんの本も、結構ブラウンシュガーを使われてるので、我家も常備するようになりました。
最近なかなかお菓子作りができてませんが、またいろいろ作りたくなってきました^^
Commented by ayanatsupvmail at 2009-04-18 00:58
こんにちは~。また遊びに来てしまいました~。。
プルーンと聞いて、思い出すのが我が家のプルーンです。。
小学校の給食で出るらしく、てっきり大好きアピールかと思って買いました。。。そしたら、なーちゃんの猛反撃で、食べれるて言っただけだも~ん!絶対食べないからね!…だそうです。。暫らく私が食べます。。。紅茶煮と聞いて。それも良いなぁ~…そーいえば!昔々バイト先でプルーンの赤ワイン煮をヨーグルトムースに添えて出していました!ワインとお砂糖で煮るのですが、沸騰させるのでアルコールはなく子供でも大丈夫
分量は忘れましたが…やってみようかな^^
Commented by tomshore2 at 2009-04-19 08:45
いつもここでみるたびに、たかこさんの本が欲しいなあと思いつつ、どれにしたらいいか決めかねて買えないんですよね。
やっぱり最初のがいいのかしら?一冊だけ買うならWingさんのオススメはどれですか?(全部かえればいいのだけど)

ブラウンシュガー、大好きなんです...(あっ、Wingさんはさほど好きではないのか?)ライブでは定番ですよね。アメリカでしかもアリーナ席で見られたなんて羨ましい。私は大昔ドームで見たきり(しかも豆粒大)。そういえば少し前にスコセッシの撮った映画をみて、未だにミックの動きがすごくてびっくりしました。本当に人間!?(笑)
Commented by assam-milk at 2009-04-19 15:35
こんにちは!
たかこさんの新刊、カフェ風のメニューってことでしたよね。立ち読みしなくっちゃと思いながら、最近本やさんに全然足を踏み入れてません!
目的もなく、ウロウロ・・・っていうのが今一番できないことかも~(余談ですね、、)
バターケーキ、暑くて食べたくなくなる前にいっぱい焼きたいな!
そちらでのスナックタイム。いいですね~日本ではありえない風習なのかしら!ランチは、13時くらいになっちゃうのかな?
おやつ、買ったほうがラク・・・だとは思うけれど、やっぱり作りたくなりますよね!経済的だし~^^;
Commented by Wingco at 2009-04-24 21:49
★kickpopさん、
タコはまだ好き嫌いが多くて、レーズンとかナッツとか入っていると食べてくれない。
作るのが限られてしまって面倒~
タコが食べないのも作ってしまいますけどね。
補習校には最近大したもの持たせていなくて...焼きすぎたワッフルとか。
お弁当の内容もいつも同じようなのばかりでお恥ずかしい~
みんなで一緒に食べているのですよね。
Commented by Wingco at 2009-04-24 21:52
★たまさん、
私も最近作るほうはスローペースです。
春はいろいろと忙しくなってきますよね。
わっ、ストーンズに反応! 嬉しいな~
まさかこんな歳になってもロックし続けているなんて、
昔は想像できませんでしたよね~
またツアーしてほしいな!
Commented by Wingco at 2009-04-24 22:00
★chihoさん、
こんにちは~♪
たかこさんの本、毎年出ていてマンネリ~(失礼!)とも言われますが、
やはり食べたことのないようなお菓子や、似ていても以前より改善されているのもあって、
ついつい全部買ってしまいます。
日本の学校では今もおやつの時間なんてないですよね?
ランチの時間って結構遅いので、おなか空かないのかな~って思います。
ブラウンシュガーを使うと、くどい味になるのかなと思いますが、
そうではなくて味わい深くなるし、しっとり感がいいですよね。
カステラ風も甘さ控えめで市販のより私は好きでした。
Commented by Wingco at 2009-04-25 02:20
★kimagureokayuさん、
そう言えばたかこさんのお菓子でもブラウンシュガー多いですよね。
何といってもA.R.Iさんのマフィンでの消費量がうちでは一番多いかな。
こちらでは当たり前にグラニュー糖と並んで売っているので、
当たり前にうちにもありますけど、日本ではそれほど出番ないでしょうか。
暖かくなると、外での仕事が増えますよね。
こちらもやっと雪がなくなったし、庭仕事を始めないと!
タンポポが増えて大変なことになっています(汗)
Commented by Wingco at 2009-04-25 02:25
★あやなつさん、
こんにちは~♪
また来てくださって嬉しいです~ありがとう!
わぁ~いまどきの給食ではプルーンなんて出るのですね~
そのまま食べるのですか?それはちょっときつそう。うちの子もきっと食べられないと思いますよ。
赤ワイン煮、それも風味がよくておいしそう!
そうそう、ヨーグルトとの相性もいいのですよね。それにとってもヘルシー!
それならタコも食べてくれるかも...
Commented by Wingco at 2009-04-25 02:35
★tomshoreさん、
一冊に絞る...それは難しいご質問ですね~(笑)
やはり最初の本の印象は強いのですが、二冊目のスフレロールとか、
それぞれの本にこれはおいしい~と言うお菓子があって、
それも人によって好みも違うだろし、ほんと、難しいです...
一冊ごとにいろいろ工夫されているので、一番新しいのはどうでしょう?
私はまだ見たことがないので何ともいえませんけどね。(だから知りたいのかも)

いや、ミックは人間じゃないでしょう~(笑)
キースは血を全部入れ替えて元気になったと聞いたこともありますけど、
はちゃめちゃな若い時代を過ごした割りにみんな元気ですよね~
バラードずきなので、ストーンズでもアンジーとか無情の世界とかがお気に入りなのです。
でも定番どころでも、SatisfactionやIt's only rock'n rollは大好き!
Commented by Wingco at 2009-04-25 02:44
★assam-milkさん、
こんにちは~♪
そうなのです。何だか今までの生活スリーズとは違う傾向?どんなのかな~といつも以上に気になっています。
タコももうすぐ10歳になるので、赤ちゃんの頃のことって記憶も薄れていきますが、
ほんと、外で一人の時間なんて夢の夢でしたよね。
一緒に出かける時の準備も大変で、それに比べてなんて今は楽なのでしょう~
でもそれもちょっと寂しいかな(笑)
最近の日本の学校のことはわからないのですが、おやつの時間なんてありませんよね?
タコの学校では朝8時から始まって、ランチはみんなカフェテリアに移動して食べるので、学年ごとに時間も違う。
一時近くになる学年もあるらしいので、そうなるとやはりおなかが空きますよね。
誕生日にはカップケーキとジュースなど親が持って来て、クラスでお祝いもするのですよ。
それも日本ではありえないでしょうか?
<< ベイルでのんびり ベイルへの道  >>