ラスベガス旅行記(2) ~アンコール
b0108544_21551637.jpg
ラスベガスでのホテル、ストリップ(ラスベガス大通)のほぼ真ん中でロケーションもよく、お手軽な値段ということで、
前回のモンテカルロにまず二泊。
そして、去年の12月に開業したばかりの、新しくておもしろそうなこちらの
アンコール(Encore Wynn Las Vegas 音が出ます!)にも二泊しました。

エントランスはゆったりとしていて、緑やお花がいっぱいの明るい空間。
その先に続くこれまた広~いカジノでは、何もかもが真っ赤でどっきりさせられてしまったのですが...







b0108544_2157388.jpgb0108544_2201553.jpg
木もお花も本物。
いつもこれだけきれいに咲いている状態を保つのって、大変な手間がかかっているのでしょうね。
冷房の効いた室内ならまだ手入れもしやすいかもしれませんが、ホテルの周囲にもたくさんのお花がありましたし、
これまた大きなプールの回りも緑溢れる庭園のようになっていて、日中40度にもなるのに枯れないのが不思議。

床には鮮やかな蝶のモザイク。
蝶は絨毯やステンドグラスの模様にもなっていて、このホテルのシンボル的な存在なのでしょうか。







b0108544_0393051.jpg
アンコールは2005年にできたウィン・ラスベガスの新館で、その北側に位置します。
2つの外観はそっくり、双子ビルのようですね。
くっついているようにも見えますが、実際は結構離れています。







b0108544_2349458.jpg
でも一階にあるショッピング・アーケードでのみ繋がっているので、炎天下の外を歩かなくても行き来はできます。
本館のウィンの方がプールやレストランなど充実しているし、他のホテルに行くにも、南にあるウィンからが近いので、
この通路を何回も往復したことか...
有名ブランド店がずらっと並んでいますが、いつも人通りが少なくて、お店も暇そう...
大丈夫かな~なんて勝手に心配していたのですが、
でも一度だけ、夜遅くに通ったら、結構にぎわっているではありませんか!
カジノで儲かった人などが繰り出すのでしょうか...
やはりラスベガスは夜が似合う、大人の街のようですね~






b0108544_2336347.jpgb0108544_23382499.jpg
アメリカに住んでいますし、目新しいお店もなかった(食べ物関係全くないし~笑)のですが、
このカラフルだったり、ユニークなデザインだったりの、シャンデリアがおもしろいな~と。






b0108544_012689.jpgb0108544_015576.jpgb0108544_0133988.jpg
客室のドアを開けた瞬間、「わぁ~広い~!」とタコ。
右側の重厚そうなドアはクロゼット。開けると自然に中の電気がつきます。

キャビネットを開くと、左はグラス類、右側はミニバー(もちろん有料)となっていました。

机には椅子も2脚あり、向かい合ってPCも使えます。
見えませんが引き出しの下にはファックスも収納されていて、電話にはWingというように名前が表示(テレビにも)。






b0108544_23574433.jpg
一面の壁全体が鏡なので、広く見えますね。
いえ、どうも私の写真だと広さが感じられませんね。反省~ もっとひいて撮ればよかったのかな?
実際とてもゆったりしていて、天井もモンテカルロより高くて圧迫感がありません。
足をなげだせるソファも心地よかったですし、大きな薄型テレビ、くるっと反対側に回転するので...






b0108544_075571.jpgb0108544_063787.jpg
ベッドに寝転びながらも見ることができます。
テレビの下の部分も引き出しになっていますし、フカフカのベッドのサイドのオーディオシステムには
i-podをつなぐこともできるし、カーテンの開け閉めも自動~
暗くて本も読めないモンテカルロと違って、たくさんの照明! かなり明るくできることも嬉しかった! 







b0108544_23541170.jpgb0108544_025210.jpg
バスルームのダブルシンクはアメリカの住宅でも普通ですし、バスタブとシャワーブースが別なのはうちでもそうなのですけど、
広々としてピカピカの新しいバスルームは、やはりリラックスできますね。
バスローブにスツールはあると嬉しい~ そして黒い四角はテレビ。至れり尽くせり...でしょうか。







b0108544_23562020.jpgb0108544_041795.jpg
アメニティもアメリカにしては充実している方です。
歯ブラシが置いてあるのって日本だけでしょうか? 海外では見たことがありませんが...
靴磨き、までありましたし、シャンプーなど量が多くて、一週間分もあるのではないかと思うほど。

キャビネットの上に置かれていたスナックやお菓子。
何と、下に仕掛けがしてあって、取って60秒経つと、自動的に金額がお部屋にチャージされてしまうそうです。
ミニバーの中のドリンクもそう。 「せこいな~」と思わず口に出たダダ。






b0108544_018434.jpgb0108544_0193212.jpg
63階建ての61階のお部屋だったので、眺めは抜群!
天井から足元まで全部ガラスの窓(もちろん全く開きません)なので、見えすぎて怖いくらい。
真横を見ると、砂漠の中にできたラスベガスにしては広い緑のエリアが...
よく見ると、ゴルフ場でした。ウィン専用だそうです。
こんな暑い中、ゴルフをやる人なんて...ぱらぱらっと見えました。

正面は北側を向いています。
アンコールはストリップの巨大ホテルが連なる賑やかな部分の一番北の端になるので、
残念ながら、そちらは見えずに、どちらかと言うと寂しい部分。
黒いビルは建設中のフォンテンブローというホテルだそうです。
そして左側の空き地にはヒルトンの新しいホテルも建設予定だそうですが、この不況でストップしているとか...






b0108544_150048.jpg
涼しいお部屋でずっとごろごろしていても十分楽しいのですが、せっかくなのでプールも探検。
アンコールにも普通な感じのプールはありますが、ウィンの方がずっと広い。
最初はここだけだと思ったのですが、「何だか川のようになってるよ~」とタコが言うので付いて行きました。







b0108544_1143585.jpg
ほんと、通路のようになっています。
結構長くて、ここを歩くだけでも水中エクササイズになりそう~
実際、がんばって泳いでいる~という人はほとんどいなくて、水につかりながらお話していたり、
チェアで寝転がっている人ばかり。
両側に並んでいる二階建て。お店ばかりではなくて...







b0108544_1243466.jpgb0108544_1173448.jpg
陽射しを避けてくつろげるお部屋でした。
カヌレ、じゃなくて、ガゼボ、でもないし、カタカナ三文字の名前があったと思うのですが、忘れてしまいました。
写真ではよく見えませんが、バルコニーの上の部分などにミストがシュワーっと出ていて、涼しそう~!

結局、川のようになっている部分をずっと行くと、また丸くて広いプールになっていました。
巨大なダンベルのような形のプールなのですね。
そして、緑でさえぎられた奥にももう一つプールがあったのですが、そこは、何と...
裸で泳いでOK! 男女一緒です。 つまり、ヌー....専用なのですよね。
さすが、外国~!(笑)
「この先カメラはご遠慮...」の看板もあったので、残念ですが、写真はありません(あたりまえ~)。






b0108544_12515.jpg
目の保養もして、胸はいっぱいですが、お腹は空きました。
温室のように明るい開放感のあるバフェ。よ~く見ると、こちらは造花のようでしたが。








b0108544_0451426.jpgb0108544_0472758.jpg
私たちの席は奥のほうだったので、薄暗くて写真もよく撮れていないし、お料理を盛るセンスもなくてごめんなさい。
ベラッジオと並ぶ評判だけのことはある、品数も質もよい感じのバフェだったのですよ。

可愛くグラスに盛られたサラダも数種類ありました。ガスパチョには細かく切った野菜もたっぷり。
リゾット風だったり、クスクスを使った中近東風や、山芋とマグロのポキのハワイ風だったり、
前菜、サラダだけでも食べきれない種類!
お寿司は手巻きと、このお新香巻きにカリフォルニアロールなどの巻物だけ、握り寿司はありませんでした。
暖かい料理、何をとったかもう忘れてしまいましたが、ナスのミルフィーユとリゾット仕立てのポレンタとか、
地味な野菜料理ばかり取ってしまったかな。
もちろん、ガツンとしたその場で切り分けてくれるローストビーフや子羊に鴨...などお肉系もごろごろしていました。





b0108544_173179.jpgb0108544_192454.jpgb0108544_1364927.jpg
カニ!カニ!カニ! バッフェによく出るスノウクラブではなく、太いキングクラブだったので嬉しい~
縦半分に裂いてあって、食べやすい! こんなにたくさん持って来たのはダダですからね。

デザートは見た目も画一的でなくて小さめなので、ついあれもこれも試してみたくなりますが、
アメリカらしく、見た目よりも甘いのは甘い!(笑)
このお皿のは苺のケーキ、オレオミントチーズケーキ、ブレッドプディング、クリームブリュレ、ティラミス、
一番さっぱりしておいしかったのは、タピオカも入ったライチとパッションフルーツのムースでした。
この何倍の種類のケーキに焼きたてクレープやジェラートも並んでいて、
お料理もデザートも食べてみたかったのがたくさん! 
翌日もここでいい~と思ったのですが、家族から違うところに行きたい~と却下されて残念。
結局ここがバフェでは一番の好み、だったのですけどね。






b0108544_23441654.jpg
シャンデリアも絨毯も、とにかく全体が赤い~
のは闘争心をかき立てるためでしょうか?(闘牛じゃない、ですよね)
カジノをしても儲からないことはわかっているし、たばこ臭いのがイヤなので(禁煙席ってないのですね)すが、
せっかくラスベガスに来たのですから、と最後の夜に20ドル、使い切るまで遊んでみました。
ゴージャスなホテルですが、ちゃんと最低掛け金1セントなどというお手軽スロットもあります。
最初そんなとこでせこせこやっているうちに、よくわからないままジャックポットのようなのが出てしまい、
何だか勝手に自動的にマシンが回って、威勢のよい音と共にどんどんどん金額が増えてしまいました。
う~ん、こういうのが快感になって賭け事ってはまっていくのですね。やはり気持ちのよいものです。
といってももともとの掛け金が少ないので大した儲けにはなっていないのですけどね。
気がつくと夜中の12時を回っていてびっくり~
時間が経つのも忘れてしまいます。回りにもたくさんの人がいるので、夜中だという感じがしません。






b0108544_1122066.jpgb0108544_1531364.jpg
エレベーターホールも真っ赤。
カジノの中にあるバーのカウンターにはスロットが組み込まれていました。
赤に黒に金とすごい色使い。 派手なのもここまで来ると...(笑)

わざわざバーに来なくても、カジノでゲームをしていると、きれいなお姉さんがドリンクの注文を聞きに来てくれます。
何でも無料なのですよ!  チップだけは払いますけどね。






b0108544_0285791.jpg
アンコールの建物も、ネオンきらきら、夜の方が似合いますね。
この写真を見て気がついたのですが、63階もある建物なのに、外から見るとそれほど高くに見えないのは、
この横のラインのせい?
ラインの間にあるのは1フロアではなく、2フロア。なので30階程度に見えてしまうのですね。







b0108544_025353.jpg
お部屋に戻って外を眺めると、真夜中だというのに、ネオンが眩しい~!
車の往来も頻繁だし、よ~く見ると歩いている人もまだ結構います。
眠らない街ラスベガス(笑)  久々に夜の新宿や六本木の雰囲気を思い出しました。
すっかりコロラドでの早寝早起き、地味~な暮らしに慣れてしまっているので、刺激が強すぎ?
たのは、タコにとってだったのかもしれません。
前にも言いましたが、コロラドに帰って咳と熱が出てしまいましたしね。
(すぐに元気になりました! ご心配をおかけしました。)

何だか旅行記も終りの雰囲気になってしまいましたが、
しつこく(笑)、もう一回ありますので、お楽しみに~!




関連記事 ラスベガス旅行記(1) ~モンテカルロ
       ラスベガス旅行記3 ~ホテル散策2010
[PR]
by Wingco | 2009-09-11 23:27 | 旅行 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://wingco.exblog.jp/tb/11894273
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kickpop at 2009-09-13 02:31
楽しそうですね〜。ラスベガスはいつの間にか家族旅行の街、になりましたよね(映画の「カジノ」・・・見たこと、あります?実話なんですよね〜。昔はマフィアの街だったんですよね!)
そして、ヌー・・・があるんですか?ビックリ!何だかヨーロッパみたいですね。私のおトモダチは、ドイツ(多分。汗)に住んでいた時、ヌーディストテニスコートなるものがあった、と言ってましたよ(笑)!
Commented by Omamama at 2009-09-13 08:14 x
ん~、素敵なホテル☆ゴージャス☆

プールが通路みたいなのって凄いですね~!泳いでみたい。(笑) それにしてもヌードなプールって初耳です~!ビックリ。
Commented by Wingco at 2009-09-14 09:18
★kickpopさん、
うちの夫も「カジノ」の話してました、が私は見たことなくて~
ほんと、今のラスベガスには闇の世界って表立って見えませんが、
賭け事ですからね、怖いこともいろいろありそうですね。
タコが一緒でなかったら、ヌープールも覗いてみたかったのですけどね~残念(笑)
テニスをするのに開放感もいるのかな~そちらはあまり見たくないかも...
Commented by Wingco at 2009-09-14 09:24
★Omamamaさん、
プールの通路、かなり長かったのですよ。
でも泳いでる人って誰もいなくて...歩くためのものなのかな~
ユーロスタイルだったかヨーロピアンだったかプールに名前がついていました。
ヨーロッパではビーチでも裸ってよくあるようですけど、
アメリカではどうなのでしょうね~
そういえばアメリカの海って、ハワイ以外行ったことありませんでした。
Commented by tomshore2 at 2009-09-14 12:58
うっわ~、ゴージャスですねえ。
そして客室、シックですごく素敵!(かかっているのはマティス!?)
ベガスだと客室もゴージャスなイメージだったけれど
ホテルによっていろいろあるのですね。

関係ないけど最初の中庭っぽいところに釣り下がっているお花の玉みたいなのがすっごくかわいい。どんな風になっているのかきになります。

ヌーディストプール!!すごい!!
そういえばハワイ島にもヌーディストビーチ?らしき場所があるらしいです。(友達が遭遇した)私は残念ながら(笑)行ったことはないのですが。
Commented by ayanatsupvmail at 2009-09-15 14:17
わ~素敵~♪
色彩豊かなのに館内は大人っぽいイメージ。。。
洗練されたホテルなのですね~

お花がすっごくかわいい~
いや~私も囲まれ食事してみたいですな~色とりどりのお花☆

カジノって。タコ君もやってもいいのですか?←素朴な疑問。
Commented by peanuts_miso at 2009-09-17 20:37
待ってました!ラスベガス旅行記の続き~!!今回も楽しく読ませていただきました^^
私は旅行に行く時に観光や交通の利便などはもちろんなんですが、基本ホテルを先に選ぶ人なので、今回のホテル特集(?)はとっても興味深かったです♪
シンプルな外観なのに中は茶目っ気たっぷりな内装なんですね~!!
カラフルなシャンデリアのかわいいこと!それにバフェでの内装もすっごく素敵♪
プールも広いんですね~。そしてヌーディストプールもあるなんて!
貧相で腹が出てる私は入れませんが、ちょっと興味あるなぁ^^
もしも・・・もしもですが、ラスベガスに行く事があれば、このホテルに泊まりたい!と、強く思いました~。
Commented by Wingco at 2009-09-18 18:18
★tomshoreさん、
以前はラスベガスのホテルというと、少しでも長くカジノで遊んでもらうために
あまり居心地をよくしないしている、ということを聞いたのですが、
最近はまた違ってきているようですね。
他のホテルでも改装して、グレードアップされた部屋を売りにしてるとこ、
いくつかあるようです。
絵にはサインも番号もなかったので、ただの複製かと...

お花の玉、実際は手の届かない高いところにあったので、よく見えなかったのですが、
多分本物の花ではないと思いますよ。
アメリカにはないと思っていましたが、そうですか、ハワイにはこっそりとあったりするのですね。
ここのプールも実際に楽しんでいる裸の方がいるのか、確かめてみればよかった~
と後で後悔(?)しましたよ。
みなさんも気になっているようなので(笑)
Commented by Wingco at 2009-09-18 18:25
★あやなつさん、
楽しんでいただけましたか、よかった~
お洒落~なレストランもたくさんあったし、夜中には大人のクラブがとても賑やか~
そちらもレポできればよかったのですが、うちには縁遠くて...

カジノはもちろん子供はダメなのですよ。
入ったり、ゲームを見たりするのもいけないそうです。
でも、カジノの中を通らないと行けないところもあるので、
通路を歩くのだけは大丈夫。
タバコ臭いし、やはり賭け事をやっているところですからね。
あまり子供にも見せたくないかな。
Commented by Wingco at 2009-09-18 18:41
★chihoさん、
私もですよ、旅行といえばホテルの居心地がよいかが半分を占めるのですが、
夫は全く逆で、いかにたくさんの事をしていろいろなものを見るかにかけているのです(笑)。
今回は仕事もあったので、ハードなスケジュールではなくて助かりましたけどね~
そしてホテルも前半は便利なとこ~と言う夫の意思を尊重、
後半は私が決めました。
なかなかの当たり~!だったでしょう?
バフェはずらっと並んだお料理の種類の多さ、きれいさも本当は紹介したかったのですが、
そこまで写真を撮る気合がなくて、というより、食べる方に気をとられていたからでしょうか。
アメリカの方って、太っているから、年をとっているからプールは恥ずかしい~とはあまり思わないようですね。
一度来ていただけるとわかるのですが、それこそきれいなお姉さんなんて、ほんの一握り。
誰でも堂々と楽しめるのはいい事だと思います!

Commented by kazu at 2011-05-08 07:59 x
10回ちかくラスベガスへは行っているのに
アンコールにはなぜか一度も足を踏み入れていません。

趣としてはWynnと同じような感じなのでしょうか?!
Commented by Wingco at 2011-05-13 01:44
★kazuさん、
コメントをありがとうございます。
ウィンには泊まったことがないのでお部屋の様子はわからないのですが、
カジノなどは真っ赤で、落ち着いたウィンよりはカラフルな感じです。
お部屋はシンプルな色使いでとてもくつろげましたよ。
実はこのラスベガス旅行記、続きがあって、近々(?)更新予定です~また遊びにいらしてくださいね。
<< ビゴさんのパン・オ・レ モカモカ&かぼちゃシナモンナッ... >>