ベーコンのちびエピ ~『酵母そのまま』で
b0108544_359206.jpg
今回パンも全て、Fumiさんの三冊目の本「自家製酵母のもっちりパンとざっくりパン」から...
つまり、去年に作ったパンばかり...いつも遅くてすいません。

ベーコンのちびエピ
あら、エピは前の本にも載っていたような~?と思って確かめると、以前のはハムエピだったのですね(笑)
その時のメモには「ハムだとあっさりしてしまう、やっぱりエピにはベーコンかな?」とありますが、その通り。
今回のベーコンエピは文句なし!
ベーコンの脂、うまみがパン生地にじわ~っと染みて、おいしいのですね。黒胡椒もたっぷりきかせて。
それに、”ちび”であることによって、クラストがパリッとなって、そこがまたベーコンエピらしく香ばしくていいのです。
8本とは小さすぎでは?と、4本はちびのままに残りは倍の大きさで2本作ってみましたが、
いつもならふわふわクラムが多い方が好み~って思うのに、エピに関してはちびエピの勝ち。
見た目もカワイイし、ベーコン好きなタコは特に喜ぶ!




b0108544_46272.jpg
基本の『バターのせまるパン』
三冊目の本では、いろいろなもので酵母を起こしているのが新しい点ですが、
もう一つ、『酵母そのまま』で焼く、いわゆる「ストレート法」も紹介されています。
ストレート法では、以前にも高橋雅子さんの本からいちご酵母を使った香り高いパンを作ったことがあります。
今回のプチトマト酵母を使ったストレート法でのパンも、もう、トマトそのままの香り~!

前回の元種を使ったパンでは、全くといっていいほどトマトの香りは感じなかったのですが、
やはり直接酵母液を使うと、それもたくさんの量(水分は全て酵母液)ですからね、違いますよね。
トッピングにバターを少し乗せて焼きますが、生地には砂糖と塩がほんの少し入るだけのシンプルなパン。
一層酵母液の香り、味を強く楽しむことができます。

元種と違って発酵力が安定していない=発酵に時間がかかる、のかと思っていましたが、
元種とほぼ同じ時間。酵母液をたくさん使っているせいもあるのでしょう。
のんびり構えていたのでちょっと過発酵気味になってしまって反省。
でもちょこっとバターを乗せただけでもメリメリっとクープが割れて、何とかかっこがつきました。
もちろん、食べればもっちりしっとりの、自家製酵母ならではのおいしさも格別~







b0108544_4122174.jpg
玉ねぎのフォカッチャ
こちらも酵母液をそのまま使って。
玉ねぎのみじんぎりを生のまま混ぜて、バターの代わりにオリーブオイル。
それだけの違いなのに、先ほどの丸パンとは印象が随分違います。
オリーブオイルでサクッと軽く、トマトと玉ねぎで味わいは深く、やはり野菜を使った酵母には野菜が似合います。
私にとって、今回のパンの中で一番のお気に入りとなりました。






b0108544_423190.jpg
作った後で気がついたのですが、小さな文字で、
「酵母液の中のプチトマトも一緒に加えると、発酵もスムーズでオレンジの生地になっておすすめ。」
と書いてあったのです。
きっと味もより深くなったことでしょうね~想像するとたまりません! もう一度作りたい...
しかし、酵母液がもう使いきってしまったのでした。
プチトマト酵母、絶対にもう一度起こします! 今度は倍量で!






b0108544_4325252.jpg
たまごパン
元種はどんどんつないで行けば、管理さえできていれば終りはありません。
ふんわりしたパンが食べたくなって、卵を加えたたまごパン。 まん丸な姿に心も和みます。






b0108544_435125.jpg
クラムもきめ細やかに、思っていたような軽~いシンプルな丸パンになってくれて嬉しい。
写真で見るより実際はもっとクリーム色が濃くて、きれいでした。
でもバターも砂糖も控えめなので、ブリオッシュとは全然違ってあっさりとしたおいしさ。






b0108544_442754.jpg
プチバゲット
ハ、ハ、ハ~、ほんとにたま~に、そう、半年に一度くらいではないかな? 
そんな久しぶりにバゲットを作ってみたって、 うまくできるわけありませんよね。
精進あるのみ、なのですけど、やはりいまひとつなパンを作ると気分が↓になるので、またしばらくご無沙汰してしまうのです。
そして、痛みを忘れた頃にまた作ってみると...やっぱり~...の繰り返し...
半年後をお楽しみに~!(笑)

そうそう、本では、ほんとはこの半分の大きさ。8本作るということは
上の丸パン一個の大きさになるわけで、そんな小さなバゲットなんて、おままごと用?
皮ばっかりで食べるとこないじゃない?(フランスの人はクラムを残しても、バリバリのクラストの方を好むそうだけど)
などと勝手に4分割にしてしまいました。ごめんなさい。
それでも十分小さかったけど、もしかして、小さく焼いた方がクープ割れやすかったかな?







b0108544_4382652.jpg
黒糖のあっさりカットパン
広げた生地を適当に、9つに切っただけの素朴な形が黒糖の素朴な味わいに合っています。
それほどたくさん黒糖は入っていないので、思ったよりも主張していません。
牛乳がクセを和らげてくれているのかもしれません。
黒糖のコクというと、蒸しパンを思い出しますが、風味だけではなく食感もしっとりもっちりとしていて、
ほんとに蒸しパンを食べているようでした。





b0108544_4293145.jpg
チョコチップとココアのスクエアパン
同じ9等分にカットしたパンですが、見た目は随分違いますね。
こちらは牛乳ではなく、スキムミルクを使っているので、とても膨らみがよくて、ふわっふわのパンになりました。
「牛乳が入るとパンの膨らみが悪くなる」とドライイーストを使ったパンでは言われますが、
自家製酵母パンにも当てはまるのでしょうか?

そして真ん中にはチョコチップ、ココア、グラニュー糖をはさんであります。
この組み合わせが思いのほかおいしい~!
チョコの甘さをココアの苦味が締めて、グラニュー糖のじゃりじゃりした食感も楽しいのです。
パン生地に具を混ぜ込むのよりもより強く、具材の個性が味わえるようです。
ただ、見た目が少し...カットするときに切り口にココアがついたり、
二次発酵でよく膨らんだおかげで具がはみ出してきてしまったり...もう少しきれいに作る工夫が必要ですね。






b0108544_4463025.jpg
はちみつのちぎりパン
同じふんわりしたおやつパンですが、こちらははちみつのおかげでのふんわりしっとり感。
でもそれほどはちみつの量は多くないので、それほど味も香りも感じない、あまり味には特徴のないパンです。
でも見た目はお花のようでかわいいですね。 ちぎって食べるのって子供もおもしろがります。
本当は12センチのエンゼル型で作るのですが、そんな小さいのは持っていないので、
普通の丸型の真ん中にプリンの型を置いて芯にしました。






b0108544_44988.jpg
全粒粉の食パン
Fumiさんのパンは、小さくかわいく焼くというのも特徴で、今までの2冊では食パンも全てミニパウンド型3つでしたが、
三冊目では普通に大きく一つの食パンとなっています。
といっても粉の量が少ないので、普通の一斤食パン型ではなくパウンド型(マトファーのドロアなので深さはあります)、
やはりどことなくかわいらしい~ 釜伸びも控えめだし...







b0108544_451553.jpg
全粒粉入りといっても控えめな量なので、うっすら色がつく程度。
味も少しコク、甘味があるかな~という感じの食べやすいパンでした。

Fumiさんのパンって、暖かくて優しい印象のものが多い。
作っても、食べてもほんわか、気持ちにもなごみます。
なので、また作りたくなるのですね~






b0108544_5354368.jpg
先週の日曜日は、タコが通う補習校、4年生最後の日。毎年恒例ですが、ランチはポットラック。
ハムとチーズの入ったちぎりパンと卵とソーセージのマヨ和えを乗せたパンの二種類、
パン生地はZopfのテーブルロールで。
卵とバターが多くてちょっとリッチな生地は、それこそお店のお惣菜パンのような感じ。
しかし同じ生地でも、成形によって食感が違うものですね。
大きく焼いたちぎりパンはとろけるチーズを入れたこともあり、とてもしっとりもっちりになり、
丸く広げたパンはさっくりめかな。

そして同時進行でショートケーキも。大きくは見えませんが、22センチ。
コヤマさんのレシピですが、はちみつと水あめを加えるところを全部ハチミツ、
三段カットが二段...とかなり適当になってなってしまいました。
はちみつを加えると、パンでもそうですが、ふわ~っと膨らみがよくなりますね。
その分、きめが粗くなることもありましたが、今回はそんなこともなく、ふんわりよい感じのスポンジになりました。
適当に作った割には、ですが。
色も黄色が濃くなっておいしそうでしたし...

「日本のケーキみたいですね~」 みなさんにも喜んでもらえたことが、嬉しかった。
お菓子はちょこちょこ作っていたものの、ショートケーキはやはりハレの日のお菓子という思いもあって、
しばらくは作っていませんでした。 (半年以上?)
思いがけずたくさんの方から声をかけていただいて、私も元気をいただきました。 ありがとうございます。

ポットラックの後のお楽しみ会にも感動~
14人の子供たちが一芸を披露したのですが、バイオリン、ギター、バレエ、マジック、
歌と踊り(矢島美容室やなぜかどじょうすくいも~)などなど多彩。
多くのお子さんが幼稚部から丸5年のお付き合いですが、それぞれ個性も出てきて成長を感じます。

日本に帰国予定のあるお子さんは3人のみ、いわゆる永住組が多く、
この学年になるとがくっと人数も減るのが例年のことなのだそうですが、めでたく全員が5年生に進級~ 
先生も「これは快挙です!」と最後のご挨拶で感動的におっしゃっていました。

「アメリカに住んでいると、(勝手に)バイリンガルになっていいわね~」という言葉もよく聞きますが、
そんな簡単なことではありません。
ご両親が日本人でも日本語は片言しか話さないというお子さんにもたくさんいます。
もちろん、そのご家庭での方針が違うのでしょう。
「将来アメリカで暮らすのだから、英語が大事。日本語を下手に覚えさせようとすると、本人の負担が多くなってしまってかわいそう...」
「親が日本人だからと、子供に日本語も完璧にさせようとするのは親のエゴ。」
という声も多い。一番怖いのは英語も日本語も中途半端になってしまうことだそうです。
「日本人の親として日本語を教えるのは当然。子供の将来の可能性のためにもマイナスにはならない。」
「ある程度は努力をして、あとは子供の意思にまかせる。」
無理強いはしないけど、日本語や日本についての興味をずっと持っていて欲しいという思い。
確かに、年齢が上がるにつれ、学校やスポーツや習い事で子供たちもとにかく忙しく、
日本語に接する機会も少なくなります。

日本語を学ぶモチベーションも下がり気味になる歳ですが、週一回でも日本語を使った授業をうけ、
クラスメートと日本語で話すという機会は貴重です。
先生も、その子供ごとに日本語に対する理解や目的も違うなかでの授業やクラスの雰囲気作り、
大変なご苦労だと思います。
タコも、この半年で日本に3回も行くことになり、補習校もかなり休みました。
そうそう、テニスや野球の試合で途中抜けたことも何度もありましたし...
そんな面倒な時でもこころよく送り出し、安心して戻って来れるクラスを作ってくださった先生や
クラスメートのみなさんに感謝!!



と〆るつもりが、昨日は突然の大雪に驚いてしまいました。
実はこの記事、先週の金曜日にアップするつもりだったのですが、そのときも雪が降って、タコのスイミングのクラスがキャンセル。
「もうすぐ4月になるというのにね~」と書こうとしたら遅くなって、翌日の土曜日は誰もコートを着ていないような暖かさになって、あれあれ~
そしてだらだらアップするのが遅くなるうちに、またの大雪。ほんとジェットコースターのような気候のコロラドです。

昨夜はピアノの後にスイミングと忙しい火曜日。
ピアノに出かける前までは快晴。途中でぽつぽつ降ってきたと思ったら、着く頃には大雨。
そしていつのまにか雪に変わったようで、ピアノが終わると車は雪だるまみたいになっていました。
たった一時間で...です。
横殴りのすごい吹雪に、「これは暗くなったら無事に家に着くことはできないかも~」とスイミングは諦めて帰途に着きました。
この選択は正しかった!
帰り道、普通でも30分かかるのですが、回りは真っ白、すぐ前を走る車の赤いランプだけが頼り、
対向車のヘッドライトもぼんやり見える程度のすごい雪。四駆でも緊張続きの運転でした。
一時間かかってやっと到着。油断して家の前の上りになっている車寄せで思わずスリップしてしまいましたが...

10時のニュースでは、通ってきたハイウェイのジャンクションでの急な上り坂、しかも急カーブになっている地点での、
雪に埋もれて動けなくなっている何台もの車の映像が...遅ければうちの車もその中にいたかも...
早くも翌日の学校は全て休校のお知らせ。デンバーじゅうの子供は喜んでいることでしょう、もちろんタコも...
のんびり夜更かししましたが、それでも今朝は、雪あかりのせいかいつも通りに7時前に目が覚めてしまいました。

寒いので、二階の窓ごしに撮った裏庭の様子を...



b0108544_234496.jpg

[PR]
by Wingco | 2010-03-25 01:58 | パン | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://wingco.exblog.jp/tb/13008709
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tomshore2 at 2010-03-26 12:49
おお、今回もおいしそうなパンのオンパレード。
ベーコンエピ、大好きです。
私もパン教室で一度だけ作ったのですが復習してないな~~(汗)
息子さんもこの一年もお疲れ様。
海外で日本語も英語も両方ちゃんとできるようになるのって
本当に大変なのですね。
妹の家族も海外にいったばかりだけれど、きっとこれから同じように
悩むんだろうなあ。

それにしても雪!すごおい。早く春になりますように!
Commented by studiopinot at 2010-03-27 13:44
wingcoさんどうしてらっしゃるかしらと思っていたところでした
コメントありがとう。
何か伝わる物があるのですね。

Commented by Wingco at 2010-03-29 13:20
★tomshoreさん、
エピの形というと、ベーコンなのはなぜなのでしょうね。
でもかりっとしたとこが多い、あの形だからこそ美味しいのかもしれません。
面倒なようで結構形になる成形だけど、今回はキッチンバサミが切れなくて手こずりました。
いつか作ってみてくださいね。
妹さん、確かイギリスに行かれたのですよね。
大変なことも多いでしょうけど、きっとそれ以上に得るものもあると思います。
優しいお姉さまのtomさんとしてばご心配でしょうね。
いつか遊びに行かれるのかな?
今週はぐっと気温が上がる予報、こちらの桜はいつ咲くのかな~?
Commented by Wingco at 2010-03-29 13:27
★pinotさん、
私のことを思っていてくださったなんて、何と言っていいのやら...
とにかく、ありがとうございます!
やっと落ち着いてきたかな...と感じる間もなく、これから夏にかけて
またばたばたしそうなのです...
でもまた癒されに、そちらに伺いますね~
Commented by らん at 2010-03-29 13:31 x
ご無沙汰しております(^^)

お誕生日おめでとうございます♪
この1年もHappyでありますように。

牧場でお世話になっております。
これからもよろしくねー♪
Commented by Wingco at 2010-04-01 06:51
★らんさん、
こちらこそご無沙汰しております~
といってもそんな気はしませんよね。毎日のように牧場にお邪魔しているので(笑)
お祝いをありがとうございます!
今年も誰も気がついてくれず自己申告、地味~ペイジな誕生日だったのですよ...
Commented by peanuts_miso at 2010-04-01 10:37
毎回毎回どれもこれもプックリしてて何て美味しそうなパン達なんでしょう!!
もうお写真に目がくぎづけです。笑
それにケーキもとっても素敵な出来上がりですね。すごい!
息子さんも1年お疲れ様でした。
日本人の親でもやはり日本語と英語両方に囲まれて育つと難しくなってくる年頃なんですね。
「親のエゴ」か~。何か考えてしまいますよね・・・。
子供の意思を尊重するのも大事だけど、やっぱり今頑張ればこれから先は楽になるんでは・・・とか、思ったり。
何にせよ親としては大変な所なのでしょうが、頑張ってくださいね。
それにしても雪!
すっごく積もってるんですね~。こちらはチラホラ桜が咲き始めました^^
Commented by Mima at 2010-04-03 14:05 x
Wingさん、お久しぶりです。毎回とても素晴らしいパンの写真を見てうらやましがっております(笑)。息子さんの補習校大変そうですが、親・子供の努力は将来きっと息子さんのためになることと思います。私の場合補習校など夢のまた夢!アメリカの超僻地に住んでいますので最初からあきらめていますが、先日高校3年生の息子が一学期間日本に留学しました。本人の強い希望で、留学機関を通し、一般家庭に滞在しながら横浜にある私立高校に通いました。日本語を忘れないようにと彼が幼い頃から頻繁に日本には里帰りしていましたが、日本人が極端に少なく、英語オンリーの生活で日本語をキープするのは大変!それでも英語訛がない日本語を話せて、留学中も漢字練習に励んだりと彼なりに頑張ったようです。日本語習得は母親である私がずっと諦め気味だったのですが、子供からこうして学ぶ意欲を持ってくれたことがうれしかったです。息子は、高校卒業後普通にアメリカの大学に通いますが、引き続き日本語を学ぶ機会に恵まれたらと願っているところです。
Commented by reco at 2010-04-04 21:28 x
初めまして^^
とても素敵なブログですね
私もお菓子作りやパンが好きで最近思い切ってブログを初めたのです。
良かったらリンク貼らせてもらっても構わないでしょうか。
今後もブログ楽しみに拝見させて頂きます^^
Commented by たま at 2010-04-21 21:23 x
お久しぶりです♪
どこの素敵なパン屋さんかと思いましたよ~
憧れるーー
パンはちょっとしたものしか作れず いつも同じものばっかり・・・

・・・・
そろそろ暖かくなってきましたか?
この冬&春は寒かったですねー
野菜も高くて 腕がなりません(ウソウソ^^)
Commented by Wingco at 2010-06-04 10:17
★chihoさん、
二ヶ月もお返事が遅くなって申し訳ありません。
不器用なので、一つのことに集中しないと何もできなくて...
パン作りだけはやめられないのですけどね。最近は簡単なものばかりです。
タコも幼稚部から丸5年以上通った補習校なのでさぞかし転校は寂しがるかな~
と思ったのですが、全くそんな気配もなく...(汗)
ヒューストンの方が日本人もずっと多いので、新しい学校を楽しみにしているようです。
さすがに毎日通っている現地校のお友達と別れるのは寂しいらしいです。
でもちょうど秋からはミドルスクール。影響が少ないかな~と夏の引越しを選びました。
つい一ヶ月前も雪が降ったのですが、急に気温が上がって、30度ごえの日もあったり...なのですよ。
Commented by Wingco at 2010-06-04 10:31
★Mimaさん、
こちらこそお久しぶりです!
そしてすっかりお返事が遅くなってしまって申し訳ありません。
また覗きに来てくださると嬉しいのですが...
あの水泳がお得意な息子さん、もうすぐ大学生なのですね!
時のたつのは早いものです。
そして日本へ留学だなんて、素晴らしい機会に恵まれましたね。
それも息子さんからの希望だなんて、お母さんとしてもさぞかし嬉しかったことでしょうね。
今までのいろいろなご努力が実を結んだのでしょう。
補習校に通っていても、日本語の話し言葉がちょっと分かりづらいお子さんもたくさんいます。
やはり本人が意識して日本語を勉強する意欲がないと、いくら親が日本人でも中途半端になっていきますよね。
以前大学で日本語を教えている方の講演、大学から日本語を習い始めたというアメリカ人の学生さんの方が、ずっと補習校に通っていた日本人のお子さんよりも優れているということも多いというお話がありましたよ。
Commented by Wingco at 2010-06-04 10:34
★recoさん、
こんにちは♪ こちらこそ初めましてです。
コメントをくださってありがとうございます。
お返事がすっかり遅くなりごめんなさいね。
これからはもっとまめに更新するつもりなので、是非また遊びに来てくださいね。
私も後でお邪魔させていただきます。
Commented by Wingco at 2010-06-04 10:38
★たまさん、
こちらこそお久しぶりです。すっかりお返事が遅くなってごめんなさい。
ちゃんとお休みするって告知しればよかったのに~
ついつい...二ヶ月もたってしまいました。
ほんと、なかなか暖かくならなくて、このコロラドの寒さはもう御免~
ということで引っ越すことになりました(笑)
でも今はすっかり初夏の爽やかな陽気。やっぱりコロラドはいいところね~と残り少ない日々を楽しんでいます。
パン、私も簡単なのばかりしか作っていませんよ。
そういえば日本の野菜はすごく高くなっていましたよね。
もう元に戻ったのでしょうか...
<< 『自家製酵母』のパンとお菓子の... いちごと抹茶のトライフル ~ア... >>