ルミさんのスフレロールケーキ
b0108544_23554493.jpg
週一のお楽しみとなっていた、ジャパン・フェスティバル準備のための水曜日の集まりもこの回で最後。
最後を締めくくるにしてはいつもと同じ感じの取り合わせになってしまいましたね。

一応これでもレシピは全部違うものにと変化は持たせたつもりですが、毎週のように作っていたロールケーキ、
やはり今回も巻きがいまひとつきれいに出来ていません(悲)
いつも一切れが大きなロールになって、数があまりできないので、
今回は勝手に焼きあがったスフレ生地を横半分に切って、一重に巻いてみたのです。
そして本ではクリームだけのシンプルなロールなのですが、これも勝手にイチゴを中に巻いてしまったので、
やはり巻ききれず、クリームがはみだしてしまいました。
スフレ生地が焼きあがった時点で、本の写真よりも何だか厚みがある~とは思っていたのですけどね...





b0108544_075682.jpg
スフレロールケーキ・プレーン
小嶋ルミさん「知りたがりの、お菓子レシピ」より。
ルミさんのお菓子は最近よく作っていましたが、こちらの本からはとっても久しぶりです。
こんなに生地に厚みのあるロールケーキは初めてです。
とてもきめ細やかで、かつ、ふわっふわの柔らか~い生地!
メレンゲをたてる別立て+卵黄生地は火にかけて練る、という少し手間のかかるスフレ生地ですが、
とてもよい感じに焼けてくれて、嬉しい~!

卵黄が多めでバターも入っています。
黄色も濃くてきれいですし、しっかりとした風味とほんとに柔らかい食感のバランスもよくて、
何だかプロっぽい出来~!?
いえいえ、巻きを含めた仕上がりはまだまだなのですけどね。







b0108544_0101899.jpg
いりごまのアイスボックスクッキー            
ルミさんの「シンプルテクニックのお菓子」より。
以前には同じレシピで違うバリエーションのスパイスのアイスボックスクッキーを作りました。
こちらはいりごま。きちんと黒ごまを乾煎りし、しかも半量は包丁で切ります。
そのふた手間がクッキーをワンランク上のおいしさにさせるのでしょうね。
そして三角混ぜ、サブレ混ぜなど、クッキーなのにこだわったルミさんらしい混ぜ方。
さくさくと軽い上品な食感は今回も好評でした。

黒ゴマの香ばしさと風味がとてもよい感じに効いています。
たくさん入っているようにも見えますが、きちんとクッキーそのもの味も感じる引き立て役です。
厚みのある三角形というこの形も気に入っています。
ごまが散らばって...何だかかおむすびみたいに、見えませんか?(笑)







b0108544_0122222.jpg
そういえば、この集まりではまだ一度もパンを持参したことがありませんでした。
食事の方はいつも他のみなさんがそれはとりどりに御馳走を持って来てくださるので、
私はいつのまにかデザート担当になってしまっているのです。
本当はクリームパンを作ろうと思って始めたのですが...うっかり牛乳が足りなくなっていて...
うち用に同時につくるはずだったミートパンを持って行くことになったのです。

ひき肉、玉ねぎ、ゆで卵、春雨がよい具合に水分を吸ってくれます。
カレー粉とトマトケチャップがメインの味付け。
ドライカレーのようなピロシキのようなおもしろいパン。
何度か作って、以前にもここで紹介したことがあります。
慣れたせいか、適当に作ってしまったら、少し味付けが薄くなってしまいました。
パン生地も本来の卵の入ったコクのあるレシピではなく、いつものあっさりとして食パン生地にしてしまったら、
少しあっさりしすぎて物足りない気が...
きっちとレシピ通りに作らなくて、あらら~という結果になること、よくあります(笑)







b0108544_0285871.jpg
これはその前の集まりの時。
赤と緑で時期外れのクリスマスのようですね。
この時も大慌てで、ロールケーキをスライスする時間もありませんでした。





b0108544_0323369.jpg
と言っても、うち用に数切れを取り分けておけるのも、ロールケーキのよいところです。

フルーツのロールケーキ
これ以降も全てもルミさんの同じ本からです。
ルミさんのロールケーキと言えば「卵ロール」が有名ですが、
こちらはまた違った、ちょっとお洒落なおいしいロールケーキです。
すみません。何だかきれいな切り口ではなくて、お洒落っぽくは見えないかもしれませんが、
食べてみるとね、優しい口当たりのしっとりとした生地にクリームと三種のフルーツで上品なおいしさ。
どこかのトライフルロールにも負けない?

レシピを比べると、卵ロールも同じ卵共立てで作り方もほぼ同じです。
卵の量が少ないのであっさりと、それほどふわふわとは膨らまないのかもしれません。
最初のスフレ生地ともまた違って、バターは入っていないので、あっさりとはしていますが、
牛乳のしっとり感もよい感じ。どちらもおいしい~!

味は最高なのですが、細かく切ったフルーツが入ると、どうもきれいにスライスできません。
そして翌日食べると、キウィとオレンジの苦味がクリームに染み出てしまうし、
シロップをうった生地もしっとりというより、水分が出すぎてじゅわっとした感じに...
まぁ、作ってすぐに食べてしまえばよいのですけどね。
スライスも巻きもきれいに出来ること...まだまだ理想には遠いようです。








b0108544_0371575.jpg
まんまるサブレ・抹茶
アイスボックスクッキーとはまた違って、こちらは生地を作ってすぐ丸めて焼ける、時間もかかりません。
粉の割合も比べると少なめ、卵はない代わりにアーモンドプードルで香ばしさとコクを出しています。
きめの細かささくさく感は同じですが、もう少ししっかりとした味わい固めの食感でしょうか。
抹茶が入っているので、しまってそう感じるのかもしれません。

ころころと球状に丸めるだけなのに、きれいな円盤型になり、色も鮮やかに焼きあがって嬉しい~!
もちろん、食べても抹茶の味をしっかり感じて、甘さもほどよくおいしい。
見た目も味もよくて、おもてなしにもぴったりです。






b0108544_039319.jpg
焼きあがった姿は、お菓子のパウンドケーキのようでもありますが、
緑はグリーンオニオン、上のトッピングにはパルメザンチーズ...
と聞くと、そうです、いま流行り(?)のケーク・サレなのです。






b0108544_0405457.jpg
ツナとゆで卵のケーク・サレ
ゆで卵がど~んと入って豪快な切り口ですね。
下に沈んでしまうのでは?と心配しましたが、何とか持ちこたえてくれました。

ケーク・サレというものがフランスであると初めて聞いたのはもう何年も前のことですが、
実際に作るのは初めてです。
何となくARIさんのお食事マフィンのようなもの~?と想像してはいたのですけどね。
似てはいますが、ふんわりというよりはしっとり、あっさりとした味わいの生地です。
お食事マフィンではバターでしたが、こちらはサラダ油使用だからでしょうか。
いろいろ野菜ばかりやサーモンとクリームチーズの組み合わせも紹介されていて、これもまた魅力的!

このお皿、持ち運びに便利なプラスティック製なのですが、
子供がぐるぐると殴り書きしたような、変な模様ですよね~
そう、タコがプリスクールの時に買わされた(笑)自作のお皿なのです。
普通なら、何か幼稚でも絵を描くでしょう~何でぐるぐるばっかりなの~!(泣)
でも2004と名前は書いてあるので、記念は記念、捨てるに捨てられず...
時が経つと何でも思い出になるものです。こうやって役にも立ちますしね~


二日間快晴のもと、ジャパン・フェスティバルも大成功のうちに終わって、
販売やイベントの収益、募金など全体で数万ドルにもなったそうです。
しかし、肝心のフェスティバルにはタコの急な発熱で行くことが出来ず、何だか私は不完全燃焼...
でも翌週末にはお友達のお宅での合同ガレージセールのお手伝いができました。
ちょうどタコの野球の試合もあって、何と金曜の夜に二試合!
それも片道1時間近くかかる遠い場所で、終わって家に着くと11時半!
病み上がりの子供には遅い時間でしたが、翌日の補習校の作文の宿題がまだ終わっていないということで、
さらに寝るのが遅くなり。付き合う私も眠い。
翌朝はお弁当作りで早起き。補習校にもいかなくてはならないし、ガレージセールのお手伝いも。
日曜日はまた野球の試合...
忙しくて休みもなく、おまけに補習校の避難訓練で後ろの子に押されて転んで両膝を怪我してくるし...
タコにとってはハードな週末でしたが、扁桃腺の腫れもおさまって咳もしなくなり、元気いっぱい~
と安心した途端に今度は私が不調...
何度も激しく咳き込むようになったのです。夜も咳で目が覚めるし、頭も頭痛がしてぼーっと。
風邪?とも最初は思ったのですが、熱は出ないし、のども痛いというよりいがいがした感じ、
何日も同じ状態が続いて、これはアレルギーかも?と思うようになりました。
デンバーではこんな症状が出たことがなかったのですが、思い出せば日本にいた頃はいつも春になっていたような...
湿気が多くて暖かい、ヒューストンの気候は東京とも似ています。
飛んでいる花粉の種類も似ているのかもしれませんね。
おかげで楽しみにしていたヒューストンバレエ(日本人のソリストがいらっしゃるのです。すごい!)
のチャリティコンサートにも行けず...(泣)

ヒューストンではこの2週間ずっと30度を越す気温の高さで、春を通り越してもう夏という感じです。
去年までにデンバーで雪の心配もまだ必要な頃なのに...何だか不思議ですね。
そう言えばちょうど一年前、タコのシーズン最初の野球試合は突然ふり始めた雪が吹雪になった中、
ピッチャーがんばってたのを思い出します。
このままもっともっと暑くなるのでしょうか...想像すると恐ろしい~
寒がりの私にとっては天国のように過ごしやすい冬でしたので、その代わり、夏は覚悟しなくてはいけませんよね。
今週はアレルギーにも負けず、元気を出さないと!
[PR]
by wingco | 2011-04-26 00:42 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://wingco.exblog.jp/tb/15296123
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Omamama at 2011-04-27 15:44 x
こんにちは~

相変わらず美味しそうなスイーツばかりで目の保養になります♪ 

ロールケーキのふわふわ感、こちらにまで伝わってきましたよ~!最近はロールケーキ撃沈続きで凹んでたところでした。卵黄生地を火にかけて練るだなんて凄いレシピですね~!ビックリ。

ケークサレ、ワタシ未経験なんですよー。卵入りでめちゃくちゃ美味しそうですね~!サーモン入りのケークサレっていうのも確かに魅力的です♪
Commented by たま at 2011-04-27 20:06 x
こんにちわ~~ふわふわ感が完全に画像から伝わってきます~~美味しそう&かわいい~~
Commented by Wingco at 2011-04-29 03:07
★Omamamaさん、
最近よくロールケーキを作る機会があって、生地はいろいろと試してやっと好みのが出来た~とは思っているのですけど、
巻きはなかなかうまくなりませんね~
この生地はシュー皮のような作り方ですけど、とってもキメ細やかに膨らんでくれて嬉しかったです。
ケークサレっぽいのって、アメリカにもあるのかな?
なさそうですけどね。日本では流行ってるようで、ちゃんとしたのが食べてみたいです~
Commented by Wingco at 2011-04-29 03:11
★たまさん、
普通のスポンジよりもきめ細やかにできていいですよ。スフレ生地。
厚みがありすぎて巻くのがうまくできませんでしたけどね。
<< カステラ、蒸しケーキ 豆パン@ブランジュリ タケウチ >>