りんごと黒胡麻クランブルのタルト★チャリティ・ベイクセール
b0108544_117717.jpg

12月も残り半分を切りました。 
タコを補習校に送った後に、その近くにある日本スーパーに寄ったのですが、
すでに鏡餅やおせち料理がたくさん並んでいて、あら、もうそんな時期なのね~と少々あせりました。
クリスマスならともかく、おせち料理、伊達巻き、とか昆布巻きを売っているのですが、早いですよね?
こちらではみな冷凍で売っているので、早くても大丈夫なのでしょう。

去年はクリスマス頃に数の子を買いに行ったら、売り切れ!
数も限られているので、みなさん早めにお求めになるのでしょう。
でも値段も日本で買う二倍以上はしているようなので、既製品のおせち料理は何も買いませんでした。
蒲鉾と、伊達巻は作ろうと思っているので材料のはんぺん(どちらもやっぱり冷凍)、おもち程度です。

さて、お菓子ですが4種類、いつもの月に一度のボランティアの集まりのランチ用です。
あんこ、柚子、黒胡麻、きのこ、紫芋、等、
今回も、タコがあまり好まない素材を使ったものばかりになってしまいました。
うちではあまり喜ばれないかもしれない、けど作ってみたいお菓子を食べていただける、
私にとってはありがたい場にもなっています。





b0108544_117223.jpg

りんごと黒胡麻クランブルのタルト
たかこさんの「和風の焼き菓子レシピ」から、黒胡麻というのが和風なのでしょうね。
クランブルはフープロで作り、最後に黒胡麻も加えて回すのですが、少し回しすぎて、クランブルにも胡麻の色がにじみ、
グレイっぽいクランブルになってしまいました(汗)
しかし、レモンとはちみつでさっと煮たリンゴと黒胡麻クランブルのコクが、何となくよく合います。
もちろん、たかこさんのアーモンドクリームはくどくなくて、しっとりとおいしい~

タルトというとタルト生地を作って伸ばして...とちょっと面倒に思ってしまいますが、
フープロで作ったクランブルを底に敷き詰めて、トッピングにも使えるし、本当に手軽にできます。
見た目以上においしいタルトでした。



ゆず生地のあんこロール
なかしましほさんの「シフォンケーキの本」から、ゆずジャムが手に入らなくて、なかなか作れないでいたのですが、
韓国スーパーで柚子茶を見て、これでできないかな~?と試してみました。

柚子茶はゆずジャムに比べると、濃度がゆるくて、甘さも控えめのようですね。
ゆずの香りはするものの、もう少し強くてもよいかな、と思いました。
今回は一六タルトを意識して、ポイップクリーム無しでこしあんだけを巻き込んだのですが、
クリームに比べるとあんって広げにくいものなのですね。 端までは延ばしきれませんでした。
あんに柚子茶を混ぜたらゆるくなるし、味も柚子が強くなり、よりよかったかもしれませんね。

きめ細かくてふかふかのシフォン生地に、こしあん、柚子の組み合わせはとてもよかったので、
改良してまた作りたいと思っています。






b0108544_1481990.jpg

きのこ
今回もやはり作りました、「リング型で焼く天然酵母とケーキとパン」の本から。
しかし、今までは全て「パン」でしたが、こちらは「お菓子」のくくりです。
といっても「きのこ」ですからね、甘いお菓子ではなくて、いわゆるケーク・サレのような感じです。

炒めたエリンギ、しめじ、にんにくと共に、チーズも混ぜ込んであります。
翌日そのまま食べると、少し固くぱさついた感じがして、あらら~と思いましたが、
トースターで温めなおすと、チーズがとろけて、にんにくのよい香りとともにとてもおいしい~

自分の分だけ持ち帰って来たのは、カメラで撮りたかったことが一番の理由ですが、
時間が経ってからの味の違いを知りたかった、ということもあります。
この後の話題、ベイクセールのためのお菓子を何にするか選ぶ時もそうですけど、
プレゼントするお菓子なども、時間が経ってから食べていただくことも考えておかないと...

生クリームを使ったロールケーキはベイクセールでは心配もありますが、あんこのロールケーキなら大丈夫ですね。
クランブルタルトは冷たく冷やして翌日に食べても、アーモンドクリームがなじんでおいしく感じました。






b0108544_1483245.jpg

紫芋のキューブクッキー
こちらもたかこさんの「和風の焼き菓子レシピ」からです。
紫芋といってもパウダーですし、20グラムと少な目なのですが、
色も良く出ましたし、焼き芋のような風味をほどよく感じます。

クッキーにしては少し厚さがあるところもいいですね。
サクサク感が焼き芋のホクホク感とつながって、なんだかほっこりとするおいしさです。
アーモンドパウダーも入っているので、また味に深みを出しるようです。
おいものクッキー...名前からはもっさりとしたイメージであまり期待していなかったのですが、
これは意外に好みのクッキーになりました。






b0108544_149150.jpg

ミニフロール
津田陽子さんの「ふんわりロールケーキ」から。
津田さんのロールケーキは前の本で何度か作りましたが、この本からは初めてです。
といっても、実はきちんと本の通りに作っていなくて、ただ生地を半分に切ってミニロールにしたところだけまねているのです。
新しい本ではクリームがただのホイップした生クリームではなく、ホワイトチョコのがナッシュクリームなのですが、
一晩置かなくてはならないのを読み逃していました。
ロールケーキはあまり作ってから時間をおきたくないので(二時間は冷蔵庫で寝かせますが)、
この日もでかける朝に作り出したので、一晩置かなくてはならないガナッシュは間に合いませんでした。

おまけに小さく巻くのって、私には難しく感じます。
真ん丸にはなかなかならないし、無理に小さく巻こうとすると、せっかくきれいに付いた焼き色の表面が割れてしまう~
クリームを減らせばいいのかな? でもクリームたっぷりの方がおいしいですし...迷うところです。

それでも津田さんのスフレ生地はやっぱりおいしい~!
この日は人数も多く、小さな一切れずつしかみなさんに食べていただけませんでしたが、
いつものように大変好評でした。

ちなみに、半分は内巻き、半分は外巻きにしてみました。
「どちらが見た目、お好みでしょう~?」、と食べていただいたみなさんにお聞きしてみましたが、
「内巻きの方が、生地がふわふわそうに見える。」との意見が多かったようです。
みなさんはいかがでしょう?






b0108544_1491769.jpg

何のための集まりかと言うと、チャリティーお茶会にいらしたお客様に、
お抹茶と共に楽しんでいただく和菓子、生八つ橋を作っていたのでした。

中の粒餡は市販のですが、生地は手作り。 だんご粉を使うのですね。
電子レンジで簡単にできてしまうのですが、きなことシナモンで本物と同じ味、食感にできてしまいます。
200個も作りましたが、みなさん分担作業でテキパキと、作るのも二回目なので手馴れていらっしゃる。

チャリティーお茶会は、今年の二月に始めて行いました。
東日本大震災の被害者のみなさんのために、少しでもお役にたてればという主旨です。
好評につき、二回目を12月8日に開催。

果たして自分の作ったお菓子が売れるのか...ドキドキしましたが、全て完売でほっとしました。
もちろん私だけではなく、お菓子を提供してくださった方は10人近く。
抹茶クッキー、抹茶マーブルパウンド、クリスマスのアイシングクッキー、ナッツクッキー、くるみゆべし、
シナモンロール、ロールケーキ、チョコレートケーキ、もちケーキ、抹茶ラスク...
と一回目の二倍はあったかな? たくさんのお菓子が並びました。






b0108544_201777.jpg

私が作ったのはこの4種類。
当日のお昼までに持っていかなくてはならなかったのすが、土曜日で補習校もあり、
タコのお弁当作りとか、ばたばたすごいことになってしまいました。
少しずつ、うちのおやつ用に残しておいたものを後で撮ったのですが、何だかさみしい~(笑)
全部の写真も撮っておくべきでしたね。


カステラ
前にも作って、気に入っているクックパッドのレシピです。
はちみつとみりんで本物のような味に。 三日寝かせるのもミソかもしれません。

マドレーヌ
ちょうどテレビ(趣味DO楽)で見たばかりの、あの有名パティシエ、青木定治さんのレシピを試してみました。
澄ましバターを使うということで、すっきりと上品な味わいでした。
どちらかというと、粉が多めの素朴な感じ。 そこがパリっぽいのかな?
本来はエシレのバター、栗のハチミツ、とよい素材を使うそうです。
シンプルなお菓子のマドレーヌこそ素材の味が活きるのでしょうけれど、普通~のバターとはちみつを使ったので、
そこは青木さん本物のマドレーヌとは、きっと味の印象も違ったのではないでしょうか...

パルミエ
津田さんの「100のおやつ」から。
マドレーヌと共に、生地は前日の夜に仕込んだのですが、夜にぼーっとしながら作っていたら、
折込回数がたりなかったようで、少し厚めの層のパイ生地になってしまいました。
それに写真で見るよりかなり小さいサイズです。
おまけに、グラニュー糖も間に巻いて折り込むのですが、シナモン味ならより美味しいかも~
と最後にクラニュー等とともにシナモンもふったのですが、焼くとそこだけ溶け出して焦げ、
冷めると飴のようにねっちりとなってしまいました。 
失敗作を売ってしまって、買ってくださった方ごめんなさい。

とろけるブラウニー
これもパルミエと同じ津田さんの本からですが、これは大成功でした。
ココアでなく、溶かしたチョコレートをたくさん使うので、チョコ味をしっかりと感じ、
それでいて、卵と砂糖をしっかりと泡立てるので、スポンジのようにふんわりと膨らみもよく柔らかい生地です。
かつしっとりとしていて、名前のように口溶けがとてもよい。

どっしり、もっちりのブラウニーが好みの方もいるでしょうが、
ふんわりが好きな私にはバランスもよく、今までで一番好みのブラウニーとなりました。
ちなみに、上に見える白いのはホワイトチョコレートです。 刻んで焼きに入れる前に散らしました。







b0108544_274931.jpg

生八つ橋も好評で、こちらもお茶会で余りそうな分を最後に販売しましたが、即完売。
次回はもっとたくさん作った方がよさそうですね。
もう一つの梅の形がかわいらしい和菓子は、「かんごおり」といって、こちらも手作りです。
材料は寒天と砂糖だそうです。 外はかりっと中はもちっと、おもしろい食感でした。

補習校の図書室でのお茶会でしたが、きちんと畳をしいて、屏風やにじり口も設置して、
お釜に茶器にお茶碗も本物を使った本格的なお手前です。
写ってはいませんが、たくさんのお客様のために、座敷だけではなく、椅子席も用意して気軽に楽しめるようになっていました。

お茶の方は決まった料金は設定していなくて、記帳していただく場所に募金箱を置いて、お気持ちをお願いしました。
ベイクセールだけで600ドル、全部で1400ドル集まったそうです。 ありがたい事です。
私もお菓子の材料費程度と僅かな寄付ですが、少しでも震災復興のお役に立てたかと思うと嬉しいです。
グループのみなさんと一緒に、準備から後片付けまで、忙しい中にも楽しい時間を過ごすことができましたし、
(普段だらだらしているので)疲れましたが、達成感がありました。 
いつか三回目も、あるといいな~
[PR]
by Wingco | 2012-12-19 22:32 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://wingco.exblog.jp/tb/19685719
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kirakiracafe2 at 2012-12-20 05:15
おはようございます!
どれも美味しそうです!!
見た目以上に美味しいとおしゃっていますが
見た目もとても美味しそうなタルト!
あんこロールとともに和風な感じでとても素敵♪
きのこのケーキサレ、温めた時の香りを想像しております~~^^
カステラは一度作ってみたいお菓子ですが
材料の卵の量を見ただけで引いてしまいす^^;
ロールケーキは確かに内巻きの方がふんわり優しい感じですが
作る側としては逆の方が達成感満足感があるというかそんな感じですよね^^

Commented by kirakiracafe2 at 2012-12-20 05:18
すみません追記です!
トップのお菓子のおうち素敵ですね☆
リンクはさせていただいているのですが
フォローもさせていただきますね!
よろしくお願いいたします♪
Commented by Wingco at 2012-12-22 00:27
★kirakiraさん、
こんにちは♪
やはりアメリカでは和菓子や日本の素材が手に入りにくいので、
和の雰囲気のお菓子はみなさんにも喜んでいただけるので、
作るにも張り合いが出ます。
ケーキもね、アメリカのでも美味しいものもあるのですが、
慣れ親しんだ日本の甘さ控えめふんわりしたスボンジとは違うので、
食べたければ自分で作るしかなかったりします。
カステラは卵8個使ったので、失敗したらどうしよう~と気合が入りましたね。
砂糖の量にもびっくりですよね。ざざざざ~っとどっさり投入です。
そうなのです! ロールケーキ、作り手としては焼き色をきれいに残すのって、

なかなか難しかったりするのですが、内巻きのほうが好印象で、
あらら~と拍子抜けでした(笑)
kirakiraさんにわかっていただけて、嬉しい!
Commented by Wingco at 2012-12-22 00:33
★kirakiraさん、
フォローまでしてくださって、ありがとうございます!
私もさっそくさせていただきました。
プロフィールってずっと見に行ったことがなかったのですが。
チェックできてよかったです。
シンジャーブレッドハウスは何年か前の写真を引っ張り出してきました。
子供が小さい頃はがんばったものですね~(懐)
<< リング型のトマトパン ♪クリス... リング型でシナモンロール ★A... >>