五色かのこのフロール ~津田陽子さんのフロール
b0108544_12111598.jpg

久々です、ボランティアの集まりへの差し入れお菓子。
今までそう言っていましたが、長いですし、一応ボランティア団体の手芸部の集まりなので、
これからは「手芸部のお菓子」ということにします。
といっても、メンバーのみなさんはお裁縫のプロのようなお上手な方ばかりで、全く不器用な私は、作業ものろのろ~
家では座ってのお裁縫よりも、ついキッチンに立ってお菓子などを作ってしまいます。
手芸部に参加しているというのもおこがましい限りです。 
それでも心優しいみなさん、ランチタイムのお菓子を楽しみにしてくださっているようなので、私も作り甲斐があります。

夏の間はテディベア作りとテキサスの形のクロスステッチ。
私はまだ前回のクロスステッチがやりかけで、まだこちらには手もつけていません。
来年になってしまうかもしれませんが(笑)、完成したらアップしますね~

お菓子のほうですが、今回は黄色と緑に統一された雰囲気になりました。
日本人の集まりなので、喜んでいただけるかな?といつも和風の素材を意識していますが、
今回の4品は特に、和を強く感じるお菓子を選んだようです。









b0108544_12121137.jpg

五色かのこのフロール
津田陽子さんの「ふんわりロールケーキ」から。
クリームにはクオカの五色かのこ豆の甘煮が入っています。
それだけでも和風ですが、ビスキュイ生地には白あんも、50gと結構たくさん入っています。
ビスキュイの他の材料、卵とか粉とか、は全て普通の時と同じ量なので、はたして膨らむのか?
と少し緊張しながら作りました。

思っていた以上に、とてもきれいな生地に焼きあがって嬉しい~!
よく膨らんできめも細かく、しっとりとした生地なのが写真からも伝わるでしょうか?

でも、一本全てがこんな感じになったのではありません。
一番よいところを撮ったわけで...









b0108544_12352627.jpg

左半分の列は、巻きがきれいにできていませんね~
具のかのこ豆が結構重くて、ごつごつしていて、軽い生地がつぶれそう~
巻くのに一苦労でした。

いつもはこちらの全体の写真を最初に持ってきますが、今回は最初に、一切れずつの写真にしてみました。
印象も違うでしょうか...









b0108544_12355255.jpg

ほうれん草とクルミのケーク・サレ
「小嶋ルミのケーキ・レッスン」の本から。 フライパンで丸く焼きました。
ケークサレもパウンド型の四角い形だとお洒落な雰囲気ですが、こうして丸いとオープン・オムレツ...
それともお好み焼きを思い出すような...どことなく和風な印象も持ちます。

フライパンでも蓋をして片面ずつ弱火で焼くと、ふっくらよく膨らみます。
材料、生地の作り方は普通のケークサレと同じです。粉チーズでコクを出しています。
しっとりとしておいしい生地。

具はほうれん草のバター炒めにくるみのロースト。
ほうれん草はよく合ったのですが、クルミの歯ごたえはどうでしょう。私には少し気になりました。
かなり細かく刻むか、量を減らした方がよかったかもしれません。
代わりにゆで卵はどうでしょう。









b0108544_12131139.jpg

マロンの浮島風
こちらは稲田多佳子さんの「ちょっと和風の焼き菓子レシピ」から。
一見、栗羊羹か、できそこないの卵焼き(笑)のようですね。
卵別立て、サラダ油を使うところもシフォンケーキのようです。
蒸し器で蒸すところは蒸しパンのようでもありますし、
和のような洋のような、懐かしいような新しいような...なかなかユニークなお菓子です。

そして一番の特徴はマロンペーストを200gも使うことです。
薄力粉が10gだけなのに...ですよ!
メレンゲの力だけで、それも蒸しあげるだけで、実際膨らむのか...心配でした。

ご覧のように、冷めると真ん中が少し凹んでしまいましたが、食感は軽くてしっとり。
なるほどシフォンのような印象です。
そして栗の味がしっかりと感じて、おいしいのはもちろんです。

日本からマロンペースト(クオカ)を買ってきた甲斐がありました。
マロンペースト、名前は洋風ですが、白餡も入っているので、かなり和風な味。
栗の粒々も見えますよね?
このまま栗あんぱんにして食べるのもよさそうです。
まだ残りが冷凍してあるので、大事に使いたいところです(忘れないように~)








b0108544_1214585.jpg

抹茶餡の水羊羹風ゼリー
こちらも同じ多佳子さんのほんからです。
抹茶餡は買っていなかったので、白餡に砂糖で溶いた抹茶を混ぜてみました。
抹茶の量が多かったのか、とても濃い緑になってしまいましたね。
本の写真ではうぐいす餡のもっと薄いような色なのですが。
でも、こちらの方がおいしそうに見える...なんて思ってしまいます。

こちらもかなりのお気に入りです。
ゼラチンで固めるので、プルプル~な食感、それもゆるめな、絶妙の固まり具合がいいですね~
見た目よりも柔らかいのですよ。
白餡もたくさん入っているので、水羊羹のような味わいもあります。
もちろん抹茶の濃い風味もよりおいしい印象を残しています。








b0108544_12142282.jpg

お番茶プリン
もう一つついでに、多佳子さんの同じ本から作りました。
お番茶って、私の中ではほうじ茶と似ていて茶色い茶葉のような気がしていたのですが、
日系スーパーで買った番茶は大きな緑の茶葉でした。
さっそくお茶にして飲んでみると、あまりおいしくない...お値段も安かったので仕方ないですね。
一種類しか売ってなかったので...

プリンにしても、そのおいしくなかった番茶の味が気になってしまったのですが、ダダはおいしかったそうです。
そう、風味はいまひとつですが、プリンとしては柔らかくてとろとろした食感(見た目よりもとろとろ~)が好きでした。
沸かした牛乳に直接茶葉を入れて味を出すので、見た目よりも強くお茶の味を感じます。

卵は卵黄しか使っていないので、結構濃厚なのかもしれません。
ほうじ茶や紅茶でもよいそうなので、今度は”おいしい”お茶で作ってみたいです。








b0108544_12362916.jpg

チェリーのフロール
最後は津田陽子さんの「ふんわりロールケーキ」からの3品です。
ロールケーキは焼く時間も短く、切りやすく食べやすいので、ポットラックのような集まりには重宝してます。

ココアのビスキュイ生地に、ホワイトチョコレートのガナッシュクリーム。
刻んだチェリーのキルシュ漬けが入っています。
先日のチェリーリボンアイスクリームで使ったサワーチェリーの瓶詰めの残りがあったのでちょうどよかった...
と言う訳です。







b0108544_12144518.jpg

酸味の効いたチェリーが、しっかりした甘さのガナッシュクリームに良く合います。
実は最初の五色かのこのフロール、全体にはおいしかったのですが、
しっかりした甘さのクリームに豆の甘さが、少し重たいかな~という気もしました。
多分、普通のホイップクリームでは豆の重さに耐えられなかったかとも思いますが。

ココア生地とチェリー組み合わせは抜群ですね。
フォレノワール(黒い森ケーキ)のロールケーキ版といった感じです。
本物もいつかは作ってみたいものです。








b0108544_12372358.jpg

スパイスのフロール
一見、上のフロールと似ているようですが、生地はココア味ではありません。
シナモン、ナツメグの色なのです。 そしてホワイトペッパーも少々効いています。
でもスパイスのききは穏やかで、全くロールケーキの生地として違和感はありません。

かなりふわふわの軽い生地に見えますが、しっとりとしたビスキュイ生地なのは、津田さんのフロールに全て共通です。
少しメレンゲをしっかり立てすぎてしまったかもしれません。
実は津田さんは卵白も卵黄もハンドミキサーを使わずに手立てなのですが、つい楽をしてしまいがち。
一度はきちんと手でたてなくてはいけませんね。

ホワイトチョコのガナッシュクリームも同じですが、赤いのはラズベリージャム、もちろん自家製です。
この酸味の効いたラズベリージャムが、これまたガナッシュクリームに良く合います。
イチゴジャムだったら、また印象が違っていたことでしょうね。








b0108544_1236562.jpg

面倒くさがりなので、作っている途中の写真まで気が回りませんが、今回は断面に失敗するような気がして、
ラズベリージャムをちゃんと絞り出して...ではなく、スプーンで適当に置いていますよ~の図を撮ってみました。

実際断面も何とかラズベリージャムがわかっていただけるような写真になり、よかった~
クリスマスにはまだ早いですが、そんな香りのするおいしいフロールでした。








b0108544_1238115.jpg

スイートチョコのフロール
タコを遊びに呼んでいただいたお宅への差し入れおやつ。
遊びながら気安くつまめるようにと、生地を半分に切ったミニフロールにしてみたのです。
でもやはり生地が厚めに膨らんでしまったこともあり、クリームが巻ききれずに、はみ出してしまいそうで、巻くのが大変~

ミルクチョコのガナッシュクリームに、ココア生地にも細かく刻んだミルクチョコが混ぜ込んであります。
甘すぎるかな?と心配しましたが、食べるとそんなことはなく、食感の違う3通りのチョコを味わえるのがいいですね。
濃厚チョコ味を堪能できたフロールでした。
大人にはラム酒をプラスしたいですね。

津田さんのフロール、どれを作ってもおいしくて、信頼感があります。
これからも作るのが楽しみ♪

9月ももうすぐおしまいですね。
「あまちゃん」も最終週になってしまいました。
数少ない日本語放送なので、朝ドラはいままでもよく見ていましたが、こんなに毎日放映を楽しみにしていたシリーズはありません。
くすっと笑える小ネタが楽しい~ 朝にぴったりの(こちらでの放送は夜ですが)爽やかでウキウキするドラマでした。
このところおめでたいお話続きで、このまま最後までますます盛り上がるのでしょうか~♪
[PR]
by Wingco | 2013-09-24 16:20 | お菓子 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://wingco.exblog.jp/tb/21011262
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by towananakao at 2013-09-24 16:57
クロスステッチ私も習いたい♡
しかもこんな美味しそうな差し入れ( ´ ▽ ` )ノ
素晴らしいです♡
Commented by Wingco at 2013-09-24 20:39
★towananakaoさん、
コメントをありがとうございます♪
刺繍はぼーっと没頭できるのも楽しいですよね。
差し入れ、みなさんの御希望をうかがえばよいのでしょうけれど、
いつも自分の作りたいものばかり作って、みなさんに押し付けているのですよ。
食べていただけるだけでも有難いです♪
Commented by kimagureokayu at 2013-09-25 00:12
こんばんは。
クロスステッチもなさるんですね~。
私はこないだクロスステッチを習いにいって、そのまま放置してしまっています。
今のライフスタイルにクロスステッチはどうも取り入れることができなさそうですが(気持ちに余裕がないので^^;)、もう少し気持ちに余裕の持てるようになったら、じっくり取り組んでみたいです。

ロールケーキの巻き方が素敵ですね。
私はどうしてものの字になってくれなくって。。。
きっとよくばってクリーム塗りすぎるのもあるとおもうんですが。
途中経過の写真も載せていただけると参考になります。
今回も「あ~クリームこれぐらいでぬるんや~」って、ちょっと参考にさせてもらいました♪
Commented by Omamama at 2013-09-25 11:37 x
うわぁ~、また色々なお菓子作られましたね~!こんな美味しそうな差し入れ、嬉しすぎると思いますよ~♪ ワタシはロールケーキ大好物なので、どれも興味津々です。スパイスの効いたロールケーキも組み合わせが絶妙ですね~!ホワイトペッパーまで入っているとは驚きです!!栗も大好物なので、栗のお菓子も食べてみた~い♪ 贅沢品ですよね♪
Commented by i-pota at 2013-09-25 15:14
手芸部の差し入れ、凄いです。
愛がなとこれだけ作れないと思いました。
きっと素敵な方達ばかりなんですね*
いつもながらwingさんのロールケーキはふわふわで美味しそう♪
切り口が可愛いです、模様が^^
ラズベリーのジャム、自家製なんですね、
自家製って響きが、好きです。
クロスステッチ、楽しみにしていますね~(o・・o)/~
Commented by sunnnari at 2013-09-26 14:13
こんにちは~
うわ~すごい!またまた美味しそうなのがいっぱいですね♥
ロールケーキ大好きで、ふんわりと中のクリームも
入ってる材料も美味しそうでたまりません♩
お番茶プリンって珍しい~香ばしさもあって濃厚そうで
美味しそう~。
手芸もされるのですね。なんでもお出来になられて
羨ましいです(^^♪
Commented by かんな at 2013-09-26 22:50 x
フロールだ!
タイミングが同じになりましたね♪
お互い、テレパシーを感じたのでしょうか(古い・・・?笑)

フロールは生地が薄いイメージがあります。
Wingさんの生地は結構分厚く焼かれているような気がします。
生地をしっかり味わえるので、きっと私好み☆
是非とも私も頂きたい!

浮島は和菓子としては良く聞きますねー。
『蒸した餡のカステラ』みたいな。知っているだけで意識して食べたことがないので、気になります。

あと、お番茶プリン。
沖縄ではほうじちゃプリンを頂いたことがあります。
美味しいお茶で作ると、なんとも美味しいプリンになっていましたよ♪
Commented by kirakiracafe2 at 2013-09-28 14:14
こんにちは!
Wingさんの差し入れがいただけるボランティアの皆さんが
うらやましです~~!!
もちろん全部いただきたいわ^^豪華なスイーツバイキングのようね。
和テイストが色々あって魅力的♪
お弁当もめっちゃ可愛くて美味しそう!
食べれないけれど、目で楽しませていただきました♪
ごちそうさま♥
Commented by トライフル at 2013-10-03 06:17 x
Wingさん、初めまして。いつもアップを楽しみにしています。
コメントを残すのは初めてです。
Wingさんにぜひこつを教えていただきたくて・・・

私も「ふんわりロールケーキ」の本を持っています。
いくつか作ったんですが、どれも生地の厚みが6~7mm、なかなか
Wingさんのように厚みが出ないんです。
ちなみにこの生地はどれくらい厚みがありますか?
何かコツはありますか?

本通り、卵の数も同じだし、天板は30cmx35cmをつかっているんですが・・・

表面、そして、紙をはがした面は綺麗に仕上がり、口当たりもふわふわなんですが、生地の中心が焼き縮みみたいになっているんです。

ぜひ教えていただけますか?
Commented by Wingco at 2013-10-11 03:27
★おかゆさん、
お返事が遅くなってごめんなさい!
クロスステッチはタコが小さかった頃、プレイグループで流行ったので
少しかじったのですが、最近はじっくり落ち着いてやる余裕がありません~
時間があると、ベイキングしてしまうので。
寒くなったらできるのでは~と期待しています。
ロールケーキ、数は作っているのですが、巻きがだめなときも多いですよ。
生地の厚さとかクリームの量などいろいろで変わりますよね。
具が入るとまた違いますし。
津田さんの本の写真のように、くるくると巻いてみたいものです。
もう少し生地が薄くないといけないのかな...
Commented by Wingco at 2013-10-11 03:32
★Omamamaさん、
お返事が遅くなってごめんなさい!
差し入れは、みなさんの好みも考えず、いつも自分の作りたいものばかりなので、
御迷惑かけているかも~(笑)
スパイスロールはジンジャーブレッドまではスパイシーではないけど、
何となくそれを思い出す風味でした。
意外においしかったです。クリスマスにもいいですね。
栗! 食べたいですね~
もうそろそろ生栗出回っていますよね。今年も渋皮煮は作りたいと思っています。
目標はモンブラン~♪
Commented by Wingco at 2013-10-11 03:36
★ぽてさん、
こんにちは♪ お返事が遅くなってごめんささい!
手芸部のみなさん、ほんと、素敵な方たちばかりです。
いつもお世話になっているので、愛を込めて作っていますよ~(笑)
その割には自分の作りたいものばかりですけど。
アメリカの市販のジャムはとても甘いですからね。
ボンヌママンのも売っていますが、私には甘すぎるように感じてしまいます。
作るのは簡単ですし、色もとりどりきれいなので、つい作りすぎてしまいます。
Commented by Wingco at 2013-10-11 03:41
★sunnnariさん、
こんにちは♪ お返事が遅くなってごめんなさい!
ロールケーキは作りやすいし、喜ばれることも多いので作り甲斐がありますね。
プレーンが一番喜ばれるのかもしれませんが、
つい、いろいろ試したくなってしまうのですよ。
お番茶プリンは卵は卵黄のみなので、とろっと口溶けがとってもよくて、
しかも軽いのですよ。
手芸は苦手です~でも何故か入れていただいています(笑)
Commented by Wingco at 2013-10-11 03:48
★かんなさんm
お返事が遅くなってごめんなさい!
ほんと、かんなさんのところでフロールを拝見して、同じ~と喜んでしまいましたよ。
フロールはみなさんにも喜んでいただけるので、作る機会も多いです。
やはりハンドミキサーを使うからでしょうか、どうも生地が膨らみすぎてしまうようです。
そういうのが好みなのでよいのですけど、
一度は本物のフロールを口にしてみたいものですね。
全然ちがったりして...(笑)
浮島も気になります。
多佳子さんのは軽くておいしかったので、是非本物も食べてみたいですね。
蒸した餡のカステラ...う~ん、納得な表現~♪
Commented by Wingco at 2013-10-11 03:54
★kirakiraさん、
こんにちは♪ コメントが遅くなってごめんなさい!
お忙しいところを遊びに来てくださってありがとうございます。
やはり、こちらでは日本のケーキや和の素材は手に入りにくいので、
私のつたないお菓子でも喜んでいただけて嬉しいです。
キャラ弁、今ではとても作れませんね。
子供が小さい頃はこういうところにがんばれたものですね~
今は毎日作るだけで精一杯です。
Commented by Wingco at 2013-10-11 04:02
★トライフルさん、
おいしそうなお名前ですね~♪
初コメントをくださってありがとうございます!
お返事が遅くなってごめんなさいね。
御質問の件はまだ間に合うでしょうか...
トライフルさんもフロールをお作りになるのですね。
生地の厚さは、いつも同じではありませんが、1センチになることもありますね。
でもそれでは膨らみすぎかもしれませんよ。
本の写真もそれほど厚くはないのでは?
私はつい面倒でハンドミキサーを使ってメレンゲをたててしまうのですが、
きちんと手でたてると、それほどしっかりとしたメレンゲにはならず、
生地も薄くなるのかもしれません。
本物のフロールはふんわりというより、じゅわっとしたしっとり感の強い食感だそうです。
そんな感じだったでしょうか...
どうぞこれからもよろしくお願い致します♪
<< 夏のポットラック ☆野球、準優勝~ ぷよぷよ弁当 ~懐かしのキャラ弁♪ >>