津田陽子さん「ふわふわシフォンケーキ」、10連戦~☆
b0108544_1258155.jpg

今回は画像が地味です(笑)  
特に前回の、色見本のようなティーバッグに比べるとギャップが激しいですね~
最初の一枚だけではなく、どれも同じような、飾り気も何もない、焼きっぱなしのシフォンケーキの写真ばかり。
それも、タイトルにもあるように、シフォンケーキ10個です。

最後まで、飽きずに見ていただけるでしょうか...?





ふわふわシフォンケーキ バターだからおいしい!

津田 陽子 / 文化出版局



この秋は、こちらの本にはまりました。
もともとシフォンケーキは大好きなので、作りやすかったこともありますし、今までと違った、バターを使ったシフォンの風味のよさ。
とても気に入ってしまいました。

津田さんも、本の中で述べていらっしゃりますが、お好きなカステラにバターの風味と香りを加えてもっとおいしくしたかった...
ということで、たどりついたのが、サラダ油ではなく、バターを使ったシフォン、だそうです。
確かに、プレーンシフォンは美味しいカステラのような、でももっとふわふわ柔らかくて軽い食感、
でも普通のシフォンよりしっとり、味わいが深くて...とにかくおいしい!!のです。


1.ミルクティーのシフォンケーキ
一番きれいに型はずしができたので、このシフォンを最初に持ってきました。
いつもこうできればいいのですが、シフォンナイフも持っていないので、たいてい均一にナイフが入らず、
ガタガタな姿になってしまいます。









b0108544_12582116.jpg

撮った角度の関係で、高さがないように写ってしまいましたが、実際はもっと縦長です。
牛乳で煮出したアールグレイの香り風味がとても効いて、上品な味わいです。
紅茶のシフォンでは茶葉もそのまま入れるレシピが多いようですが、私は繊細なシフォンの食感に
茶葉が入ると気になってしまって...
こちらには茶葉が入っていなくて、余計好みのシフォンになりました☆










b0108544_13135112.jpg

2.プレーンシフォン
ほら、型出しが雑ですよね~
本ではもっと焼き色も濃い感じなので、焼きが足りないのかもしれませんが、時間どおり焼いていますし、
オーブンの温度はこれでも指定より10℃上げているのです。
うちのオーブンは大きいでいか、いつも焼き色が付きにくいように思えます。
切ってみると中はしっかり火が通っているので、これ以上焼くと固くなってしまいそうで、いつもこんな感じ。









b0108544_12584410.jpg

ふわふわ~で幸せ♪









b0108544_1302438.jpg

3.キャラメルミルクのシフォンケーキ
キャラメルなので、焼き色もしっかりついていますね。
津田さんのシフォン、基本は水分が牛乳なのですが、こちらは生クリームも使っていて、
キャラメルクリームのまろやかだけどしっかりとした風味と甘さが、これまたおいしい~

キャラメルパウンドだと、ちょっと甘さがくどいかな~重たい印象にもなりますが、
シフォンになると軽い食感にくどさも感じなく、しっとりとしていいですね。
日本で買って、大事に使っていたソフィーチェを使ったこともあり、とても極め細やかにできました。
写真ではよくわかりませんが...
ソフィーチェもこれで最後、寂しい...でもバイオレットはこちらでも売っています☆









b0108544_16194527.jpg

4.ミルクコーヒーのシフォンケーキ
コーヒーは普段飲みませんが、このシフォンは苦味をあまり感じなくて、でもコーヒーの香りはしっかり、
こちらもおいしくいただきました。
牛乳+練乳もは入っているからでしょうか、とてもまろやかで、カフェオレというよりは
高級コーヒー牛乳のような味わいでした。

ミルクティー同様、色が濃い目だと型外しも上手く行ったように見えますね。
しっかり焼きあがって、立ち姿も立派(笑)
と言うほどでもないのですが、こちら↓に比べると...









b0108544_1619254.jpg

5.メープルミルクのシフォンケーキ
柔らかすぎて、スライスの一切れ、厚めなのに立っていられません~
プレーンのと牛乳の量は同じなのに、それに加えてメープルシロップも入って、水分量が多いからでしょうか。
柔らかい上に、かなりしっとり、じゅわーっとしています。

その上メープルシュガーもたくさん使っているので、かなりのメープル風味です。 甘さも強め。
もちろんおいしかったのですが、味が強かったせいか、期待したほど好みのシフォンにはなりませんでした。
メープルにはホットケーキのような、弾力のあるふかふかな生地が好きなのかもしれません。









b0108544_13141318.jpg

6.いりごまのシフォンケーキ
シフォン造りにも慣れてきたので、少し難しい、具入りです。
卵黄生地には練り胡麻と、細かくしたすりごまも入っています。

シフォンは繊細な生地なので、具が入ると穴があいたりしがちなのですが、
とても柔らかくふわふわ~、上のメープルシフォンとは違って、じゅわっとした感じではなく、
空気感があるふわ~なのですが、大きな穴はないようでほっとしました。
でも、柔らかすぎて、型から外した跡が、また悲惨になってしまいました~(汗)

ねりごまの甘さが効いて、でもくどくはなくておいしいのですが、
かなり細かくても、すりごまのぷちぷち感がなかったらもっとよかったのに~と思ってしまいました。
ぷちぷちがお好きな方もいらっしゃるでしょう。 これは好みの問題ですね。








b0108544_16185262.jpg

7.ピーナッツミルクのシフォンケーキ
ごまのと似ていますが、違いますよ。 こちらは細かく刻んだピーナッツ。
大きな穴にもならず、まんべなく散らばっていますね。 よかった~
ほんとに、少し大きな具や水分が多い具を混ぜると、その周りが大きな穴になってしまいます。
ブルーベリーで経験済み~★

牛乳にはピーナッツバターも溶かしています。
でも思ったよりもピーナッツバターの味はしませんでした。 好きなのでもっと多くてもよかったかな。
やはりピーナッツは細かくても、なかった方が私にはよかったかな~と思ってしまいました。
味はおいしかったのですけどね~







b0108544_16201568.jpg

8.ヨーグルトミルクのシフォンケーキ
牛乳に加えてヨーグルトもかなりたっぷり。
水分が多いためか、ベーキングパウダーを小さじ1使っています。
なので他のシフォンに比べて、一段と空気感があって、柔らかいのは言うまでもありません。

ヨーグルトといっても、酸味はそれほど感じません。
爽やかで軽くて、朝食にも最適! とてもおいしいシフォンです。
今回の10種類のシフォン、どれもおいしくて甲乙つけがたいのですが、私はこのシフォンが一番好みでした。
ヨーグルトが好き~!ということもあるかもしれませんけどね。
しかし、この日は雨で暗くて、うまく写真に撮れませんでした...








b0108544_16204160.jpg

9.バナナのシフォンケーキ
ぼやけて遠くに写して誤魔化していますが、底にぼつぼつ穴が開いて、見た目失敗しています。
こちらも具入りで少し難しかった...?
いえいえ、バナナは細かくつぶして中はよい感じだったのですが、失敗の原因はその他に...

熟れたバナナがあったので、ちょうどよいと作ることにしたのですが、よく見ると黒糖も必要でした。
日系スーパーで探したのですが、粉末ではなく、塊のしか売っていませんでした。
フープロで回せば粉になるかな~と甘く見ていた(笑)のですが、実際は水分が出てしまって、
サラサラではなくベタベタの黒糖。
何とか溶けるかな~と使ってしまったのですが、溶けきれない小さな塊が底に沈んでしまい、
その回りに穴が開いてしまいました。

それでもバナナと黒糖の組み合わせはおいしいですね。
バナナケーキでブラウンシュガーを使ったことはありますが、黒糖はよりおいしい気がします。
とてもしっとり、柔らかいけどふんわりとうより、ジュワ~っとしている食感もおもしろいです。







b0108544_1621432.jpg

10.黒糖ミルクのシフォンケーキ
バナナシフォンの失敗に凹まずに、味は良かったので、また塊の黒糖を今度は包丁で細かく刻んで、使ってみました。
それでもところどころに黒糖の小さな塊が沈んでしまいましたね。
そして中心部分が凹んでしまいました。
黒糖はメレンゲを立てる時に加えて、べたべたしているせいか、なかなかしっかりとしたメレンゲにならなかったのですが、
そのせいかもしれませんね。






b0108544_16212444.jpg

この写真が好きなので、最後の〆に持って来ました(笑)
黒糖はメレンゲだけではなく、ミルクにも溶いてあり、たくさん使っているのですが、それほど甘い~
という印象ではなく、黒糖のコクとミルキーさが良く合って、甘さもマイルド、どこか懐かしい和風の味わいも嬉しいのです。
そして黒糖でよりしっとりと柔らか。 こちらもふわふわというよりはじゅわーっとした食感ですね。


かなり前のことになりますが、初めてシフォンケーキを食べた時、どこかのお店でだったと思いますが、
柔らかいし、大きくて食べ応えがあるけど、ぱさっとしているような、軽すぎて味わいがおもしろくないような、
やはりショートケーキなどのスポンジを使ったケーキのほうが好きかな~という印象を持ちました。

その後しばらくして、自分で作るようになって、ルミさんやしほさんの、軽いだけではなくしっとりと味わいのあるシフォンに出会い、
かなりのシフォン好きになりました。
今回の津田さんのシフォンも、また新しいタイプのおいしさです。

バターと牛乳を使ったシフォン、コクがあっておいしいですよ~
コクがあるといっても重たくはないので、朝ごはんにもぴったり。
全て20cmの大きなシフォンですが、大きいと中もよりふんわりとするようで、その大きさも好きです。
家族三人ではさすがに食べきれない時もありますが、シフォンが苦手~という方も聞きませんし、
友人知人に差し上げて、一応喜んでいただけたと思っています。

本には、まだまだおもしろそうなシフォンがたくさん載っています。
これからも、作るのが楽しみ~♪


シフォンとは関係ありませんが、先週も12月だというのに、何となく蒸し暑いように感じたヒューストン。
水曜日には、最高気温が27℃にもなって、このまま冬は来ないのかな~と期待してしまいましたが、
木曜日には23℃と少し下がり、そして金曜日には一気に6度にまで下がってびっくり~!
一晩で、いきなり17度も下がるなんて~☆

翌日の土曜日は3℃にまでなって、予定されていた野球のトーナメントもまた中止。
雨も降っていないのに、気温が低いだけで中止になってしまうことに、寒いコロラドに住んでいた私達はまた驚かされました。
雪が降る中の試合で投げたこともあったのにね~と。
それは5月のことで、コロラドでは12月に外で野球すること自体考えられなかったものです。
暖かいヒューストンは暮らしやすいですが、今年の秋は例年よりも雨が多く、特に週末は毎週といってもよいほど雨にたたられました。

でも気温が低くなって、寒い~外に出たくない~と嘆いているなんて、甘えていますね。
今朝のニュースではアメリカの各地にもたらされた大雪の被害の様子が伝えられていました。
南部のテキサスでも、海に近いヒューストンは気温が低いだけですが、少し内陸のダラスでは雪だそうです。
タコは「雪いいな~降らないかな~」なんて言ってますが、私は冗談ではありません。
雪の降りしきる中、夜のハイウェイを走ったときの怖かったこと~ 思い出してもぞ~っとします。
アメリカの道路ってあまり照明がなく、暗い中、雪で全く前が見えなくて、ぼんやり見える前の車の赤いテールランプだけが頼り。
そんな状態でも根っからの雪国育ちで慣れているのか、結構スピードを出す車もあって、
「置いていかないで~」と灯りを見失うまいと、必死で後をついて行ったり...
急な坂道も多く、滑ってのぼれない~とか勢いがつきすぎてスピンしたことも、一度や二度ではありません。
そこはアメリカ、道路が広いこともあり、偶然他の車がいない時ということもあり、大事に至ったことはありませんが...

そういう冬のストレスがないことは、とてもありがたいと思っています。
もちろん、ヒューストンならではの、困ることもあるのですけどね~
それはまた別の機会に...



10種類もよく作ったわね~と思ってくださった方も、同じようなシフォンばかりで飽きてしまったわ~という方も、
↓一日に一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

[PR]
by Wingco | 2013-12-10 03:50 | お菓子 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://wingco.exblog.jp/tb/21605919
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oz55mama at 2013-12-10 11:14
Wingcoさん こんにちは

お久しぶりです。

とっても、美味しそうなシフォンのオンパレード
楽しませていただきました。
黒糖入りが,気になります。南国生まれの私は
子供の頃母が作ってくれた、黒糖の蒸し菓子が大好きでした。
黒糖の粒が、融けかかっているところが、特に好きでした。
それが、美味しさのアクセントになっていて〜思い出しちゃった
シフォンいいですね^^

テキサス在住のじんさんも、アイスストームで、冷凍庫みたい
だと表現されてました。雪や寒さになれていないと
ほんとに、危険だし,困りますね。
どうぞ、気をつけて、お過ごしくださいね。

Commented by i-pota at 2013-12-10 15:04
こんにちは~♪
10種類のシフォン、wingさん凄すぎです^^v
何回もポチってしまいそうです^^
バター入りのシフォンなんですね。食べた事がないので興味あります。
どれもふわふわして美味しそうですね~、頂いてみたいです^^
シフォン、ふわふわに焼きあがったらほんとに幸せな気持ちになりますよね。

雪道、ほんと怖いですよね。
私もこれから雪がストレスです。
雪かきと運転、超恐怖です><
雪の降らない穏やかな冬を過ごしてみたいです^^;
Commented by garjun2 at 2013-12-11 09:29
Wing さん、こんにちは。

やっぱり木曜日から寒かったんですね。
雪やアイスストームにならなくて幸いでした。
・・・ヒューストンでは雪降るんでしょうか?

雪の中の運転、本当に怖いですね。
ユタ州に住んでいた頃の雪の日運転、
テキサスでも、アイスストームの翌日、どうしても出かける用事があり
つるつる滑る氷の上をこわごわ運転したことなど、
Wing さんのお話を読みながら思い出しています。

雪が少ないこちらは、雪かきの車も来ないし。
せめて融雪剤を撒こうよ、と州政府もしくは郡に言いたくなりました。

シフォンケーキどれもおいしそうですねー。
こんなにたくさんの種類を作られて。
わたしは、キャラメル・ミルク、メープル・ミルクが好み。
ヨーグルトもきめが細かくていいな。
風味を増したり、コクも出すバターの力、すごい。
こんなにおいしいお菓子を食べられるご家族はしあわせですね。
Wing さんも、風邪など引かれませんように。
じん
Commented by sunnnari at 2013-12-11 14:21
こんにちは~
わぁ~すごい!シフォンがいっぱい~♥
全然、地味じゃありませんよ~どれもふわふわで美味しそう~(^^♪
サラダ油よりもバターを使った方が美味しいのですか?
出来上がりはどちらも同じくらいにフワフワですか?
具を入れたシフォンだなんて~!すご~いですね♪
こんなのをちゃっちゃっとたくさん作られてるwingさんは、
ほんとうに素敵です~♥凄すぎ~。
Commented by かんな at 2013-12-11 20:07 x
こんにちは。
私も今この本、手元にあります~^^
図書館の本なので、2週間で去ってしまいますが(笑)
ちらほらとブロガーさんの記事でお見かけするこちらの本。私もずーっとずっと楽しみにしています。
やっぱりバター風味も美味しいのか~♪さらに楽しみになってきた☆
私もふわふわした中にジュワっとしっとりさがあるシフォン大好きです。

バターだからなのか、オイル系のシフォンと比べるとトップの焼きあがりが特徴的ですよね。細かくひび割れている・・・というか、オイル系のお花が咲いたような割れ目とは違うのが面白いです。

とりあえずプレーンは焼くとして、キャラメルもごまもヨーグルトも気になりますね~♪
Commented by Wingco at 2013-12-13 16:08
★ひつじさん。
こんにちは♪ こちらこそご無沙汰しておりました。
八ヶ岳の寒いところの印象でしたが、ひつじさんは南国の御出身なのですね~
うちの父は東北の出身ですが、黒糖を使った蒸しパン、がんづきが
ふるさとの懐かしい味ということで、母もよく作ってくれました。
私にも懐かしい味です。
ひつじさんの思い出の蒸し菓子はどのようなものなのでしょうね。
いつか御紹介してくださいね。
黒糖シフォンもふわふわとして、懐かしいような美味しさでしたよ。
同じテキサスでもじんさんのダラスの寒さには驚きました。
随分違うものですね。
寒いと嘆いていては罰が当たりそうです。
掃除にでも精を出して動けば寒くないですよね~♪
Commented by Wingco at 2013-12-13 16:16
★ぽてさん、
こんにちは♪
ぽっちってくさってありがとうございます! 励みになります。
イイネと違って、一つの記事に何回でもクリックできるのですが、
お一人一日に一回だそうです。
ですから、毎日来ていただけるように頻繁に更新したいのですけどね、
のろまなのでなかなかできそうにもありませんが、がんばりますね~
バターを結構たくさん使うので、ヘルシーではないかもしれません(笑)が、
食感は軽いのにとっても味わいが深くておいしいですよ。
お勧めの本です。
雪の運転、日本は道も狭いし、もっと大変そうですね。
今年の冬はどうでしょう、雪が少ないといいですね。
こちらはほとんど雪は降らないそうです。
過ごしやすい冬で、申し訳ない気持ちです...
Commented by Wingco at 2013-12-13 23:22
★じんさん、
おはようございます♪
先週から急に寒くなって、驚いてしまったのですが、
そちらはもっともっと大変な御様子で、また驚いてしまいました。
ヒューストンはちらっと降ることもあるようですが、昨シーズンは雪を見なかったと思います。
ひどい吹雪の中、学校に向ったこともコロラドではあったので、
一昨年かな、道路が凍るかも~程度でお休みになってしまったことに驚きました。
でも滑って動けない車が続出したニュースを見て、
備えが違うから、地域によっては違うのね~と納得。
じんさんも雪の降るユタにお住まいのことがあったのですね。
雪が懐かしくなりませんか?
主人はスキーが出来ない冬がつまらないようです(笑)
はまってしまうとそればかり作る傾向があって、
特にシフォンは大好きなのでまだ飽きないのですが、
家族には「また~」という感じです。
津田さんのバターを使ったシフォンの深い味わいも好きですが、
しほさんの優しい甘さのもっちりシフォンもおいしいですよ♪
Commented by Wingco at 2013-12-13 23:28
★sunnnariさん、
こんにちは♪
地味に見えなくてよかった~ いつも温かいお言葉嬉しいです。
シフォンにバターも使えるってびっくり~ですよね。
ふんわりさはあまり変わらない気がしますが、バターはすごく膨らんでから、
冷めるとしぼむ割合がサラダ油よりも多いかもしれません。
おいしさはそれぞれに違うので、好みもあるかもしれませんね。
お菓子教室でシフォンケーキの予定はあるといいですね~♪
Commented by Wingco at 2013-12-13 23:31
★かんなさん、
他に津田さんのシフォン作られている方、私も探したのですが、
あまり見つからなかったのですよ。
20cmが日本のオーブンではネックになるのかな~と思っていました。
新しいおいしさなので、もっと広まってほしいですね~
かんなさんが作られるのも楽しみにしています。
どれも美味しくて、ハズレはありませんよ~♪
Commented by Omamama at 2013-12-15 11:35 x
色んな種類のシフォン焼かれましたね~!圧巻!!

紅茶のシフォンって、実は未だに焼いたこともなければ食べたこともないんですよ・・・。無償に食べたくなりました!どれも魅力的ですが、黒糖のシフォンが特に美味しそうですね~♪
Commented by Wingco at 2013-12-30 08:17
★Omamamaさん、
ごめんなさい!一つ前の記事にコメントくださっていたのですね。
気が付かなくて、お返事が遅くなってしまいました。
紅茶のシフォンは定番というイメージがありますよ。
軽いシフォンと紅茶の風味はよく合うと思います。
黒糖ならではのコクもとってもよかった! やはりブラウンシュガーとは違いますね♪
Commented by youyou at 2014-05-23 23:15 x
こんばんは。はじめまして!
ケーキとてもお上手ですね!
突然ですがミルクコーヒーのバターシフォンケーキを
焼いているのですが
半分が陥没してしまいます。
原因がわかりませんので何かアドバイスありましたら
よろしくお願いします。
Commented by Wingco at 2014-05-26 19:40
★youyouさん、
こんにちは、こちらこそはじめまして♪
コメントをくださってありがとうございます!
シフォンケーキは最近もよく作りますが、満足のいく出来にはなかなかなりません。
奥が深いですね~
御質問の件ですが、陥没というのは、焼き上がりはよく膨らむのに、
冷めると高さが半分にしぼんでしまうということでしょうか?
それとも底が凹んでしまうということでしょうか?
単純に考えると、メレンゲの立て方が足りなかった、ということはよくあります。
もう少し詳しい状況をお聞かせいただければ、参考になるお返事もできるかもしれません。
どうぞよろしくお願い致します♪
Commented by youyou at 2014-05-27 22:12 x
こんばんは。お返事ありがとうございます。
今日もアールグレイの紅茶のシフォンケーキを焼きました。
今回は成功したかなとウキウキして型から外すと
またまたナイフを入れなくても型から外れてしまい
そこが凹んでいました。ショックでした。
コーヒー、抹茶の時は、半分陥没してました。
本の通りに作業は進めているのですが
メレンゲの立て方の見極めかたに自信がありません。
ピンと角が立つくらいのメレンゲを作っています。
型に生地を入れるのも高い位置から生地が切れないように
流してみたり、型から1cm位の高さからゴムべらを使って
流してみたりといろいろ挑戦しています。
今日のケーキは170℃で40分電子レンジのオーブンで
焼きました。少し短かったのでしょうか。
前日は180℃で35分焼きました。
味は大変おいしいのですが早く上手に焼けるように
なりたいです。長くなりましたがどうかまた良いアドバイス等
お返事くだされば幸いです。どうぞ宜しくお願い致します。
Commented by Wingco at 2014-06-03 10:24
★youyouさん、
こんにちは。お返事が遅くなってすみません!
シフォンは、一見普通に型の上まで膨らむのに、
型から外してみると、底が凹んでいるのですね?
私にも何度か経験がありますが、半分というのはかなりですね。
そこまではなったことがありません。
メレンゲもしっかりツノまで立てているのに、どうしてでしょうね。
やはり底に空気が入り込んでしまったのかと考えますが、
生地を型入れするときには空気が入らないように気をつけていらっしゃるし...
型をトントンと何度も空気を抜く為に打ちすぎてはいませんか?
何度もやるとかえって底から空気が入る...というようなことも聞いたことがあります。
うちはガスのオーブンですので、少し違うかもしれませんが、温度はそんな感じです。
お役に立てなくてごめんなさいね。
お教室を開かれているようなプロの方にお尋ねになってはいかがでしょう?
<< なかしましほさんの豆腐ティラミ... アメリカのお茶 Harney ... >>