おせち料理 2014年
b0108544_23304063.jpg

早いもので新年も一週間が過ぎてしまいました。
七草粥、鏡割り、そしてガレット・デ・ロアのお話をあちらこちらで見かけますが、まだおせち料理で引っ張ってます。
すみません。今年も出遅れていますが、料理の話題はこの時ぐらいなので...

元日のご馳走と言えば、お肉よりもやはりお魚が似合いますね~ ただ自分が好きなだけなのですが。
おせち料理を詰めるのに手間取ってしまい、お刺身の方は実際夜に造ることになったのですが、とりあえず素材を並べて。
元日はどんより曇り空で、写りもぼんやりとなってしまいました...と去年も同じ言い訳をしてましたね(笑)

脚が太くて、するっと身が取れやすいキングクラブ。 日本ではタラバガニでしょうか?
私は身よりもかにみその方が食べたいのでダンジネスクラブと思ったのですが、家族の好みでこちら。
尾頭付きの甘エビと生食できるホタテは、そして数の子もお友達と共同購入しているアラスカのお魚屋さんから。
ヒューストンのお店では魚介類の種類もかなり限られていまし、お値段も日本よりお高い物が多いような気がします。
肉より魚介~という私には厳しい~(泣)










b0108544_2352939.jpg

私の実家のお雑煮は、東京風と言うのでしょうか、具は小松菜とかまぼこ、三つ葉と柚子で香りづけしただけのシンプルなものでした。
鶏肉も入ったりするそうですが、母は鶏が苦手だったので、その代わりにかまぼこと言ってました。

小松菜の代わりにほうれん草でもよかったのですが、なくておめでたそうなイクラを乗せてみました。
冷凍しておいた、頂いた柚子の皮がとても有難かったです。 
柚子の香りはお正月気分を引き立てますね~ なますにも菊花かぶにも使いました。










b0108544_23311867.jpg

一の重ですが、本来塩味醤油味、酢の物でまとめるのですが、色合いで黄色い卵を入れてしまいましたが、
後から考えると、数の子がこちらでしたね。 

実家でもおせちを詰めたことはあったのですが、母からの注意は二つ。
一種類の数は奇数にすることと、種類の違う物に味が移らない様に仕切りをすること。
「きょうの料理」によると、今では奇数は気にしなくてもよいということらしいので、そこは気楽になりました。
でも仕切りは自分でも違う味が付くのはいやなので、長い葉っぱを折ったり丸めて器のようにしたり。
見えないかもしれませんが、菊花かぶと昆布巻きも汁っぽいので、小さい器に入っています。

少しお上品に詰めてしまったかな? 隙間が気になります。
もっとたくさんの量をぎゅうぎゅうに詰めた方が、美味しそうだったでしょうか...

紅白なます菊花かぶ、今年ははしょらず別々に味付けをしました。
おなますは砂糖の甘さが効いて、菊花かぶは本当に酸っぱい!
家族は全く食べませんが私は大好きなので、全然平気。

たたきごぼうは、昨年太い~固い~と言われたので、今年は細く柔らかめに。

田作りは何故かタコの大好物。
有元さんレシピでメープルシロップの甘さがよく、しっとりしているのですが、
タコは「おいしいけどもっとパリパリのほうがよい」そうです。

八幡巻き、巻いた牛肉が薄すぎて何重かになって見た目もぼろぼろですが、肉好きの家族には好評。

今年初めて作った昆布巻きと岩石卵。
昆布巻きは思ったよりも作るのが簡単ですね。八幡巻きのように野菜の下煮もいらないし。
中身は鮭、私は昆布もっととろとろに柔らかく煮た方が好きかも~と思ったのですが、家族にはこの程度、
濃すぎない味もよかったそうです。 大好評だったので定番にします。

岩石卵、初めて「きょうの料理」で見たのですが、錦卵よりもお手軽なので作ってみました。
簡単そうに見えたのですが、巻きすで形を作ってから蒸すのですね~
うちの蒸し器は巻き簾が入るほどの長さはありません。
ラップで巻いて、蒸しあがってから巻き簾で巻いて、なんとか形になりました。
ゆで卵の好きなダダには好評でしたが、私はやはり錦卵の繊細さが好きです。









b0108544_23314653.jpg

二の重、は甘い物が入るのですね。
海老はよいとしても、数の子は「開けた時の匂いがおかしくなるでしょう!」と母に叱られそうです(笑)

数の子、濃い口醤油しかなく、色が濃くなってしまいました。塩麹を使うレシピもあったので、来年はそちらを試そうかな。

えびのうま煮、もメープルシロップを使ったまろやかでコクのある味です。
殻付きのほうが冷めても柔らかいままで色も綺麗だと思うのですが、「剝くのが面倒~」と不精な家族です。

黒豆は8時間弱火で煮る定番レシピです。 実際は6時間で柔らかくなりましたが。
前回は日本の大きな黒豆、今年はそれに比べると一回り小さいかな?
それでも日系スーパーで二種類売っていた、お値段もよい方にしました。
今年もツヤよく柔らかく、とても美味しくできました。

伊達巻は毎年レシピを変えていますが、今年のも満足はできません。
切り目を反対に入れてしまい、巻いたら割れて見た目もよくありませんし、
食べてもふんわりとそれらしくはあるのですが、どことなくはんぺんっぽさを感じでしまいます。
お魚のすり身は売ってないし...自分ですってみましょうか...タコは伊達巻大好きですし。

栗きんとんは去年きんとんが白っぽく濁ってしまったので、今年は水あめを使うレシピに変えてみました。
少しツヤよくなったようです。フープロでなく、きちんと漉しました。
栗の甘露煮は前回も言いましたが、冷凍剥き栗を使ったら、煮てもなかなか柔らかくなりません。
でもきんとんに混ぜると、それなりに美味しくなりました。
くちなしの実で色付けもしたので、黄色が鮮やか、それらしく見えますね。

渋皮煮、おせち料理ではないかもしれませんが、せっかく作ったし、よい具合に場所も埋まりました。
こちらはとても柔らかく、ラム酒の香りもよい感じ。

紅白かまぼこ、去年は手綱蒲鉾できれいだったのですが、家族には厚すぎ~と言われてしまったので、
今年は薄めに市松蒲鉾で。

切っただけのかまぼこ以外は、全部一人で手作り。
品数も増えていますし、今年は三の重も使うことができました↓









b0108544_2332568.jpg

いり鶏、全部一緒に煮てしまうのですが、下茹ではそれぞれ別。
鶏肉と人参以外、里芋、ごぼう、たけのこ、れんこん、こんにゃく、干ししいたけ、は普通のスーパーでは売っていませんが、
大きな韓国スーパーがあって、そちらで手に入ります。

こっくり味のいり鶏も好きですが、母はそれぞれ別に煮るお煮しめを作っていました。
白く上品に仕上がりますし、そのほうがご馳走らしいですね。
来年は挑戦したくも思いますが、家族はこういう煮物を全く好みません。
鶏肉と人参しか食べてくれません~(泣)

私は大好きなのでせっせと一人で食べましたし、土曜日の新年会では別の物にリメイク。
全て完食! 精を出して作ったので、もちろん無駄にはしませんよ(笑)

去年三の重がなかったのは、家族が煮物を食べないこともあったのですが、
引越し以来、初めてお重が入っていたダンボールを開けてみると、何と、木箱が一部壊れていて、
中のお重も三段目の一辺がぱっくり外れていました。

ショックでそのまま三段目は使わずにいたのですが、瞬間接着剤で直してみました。
回りも結構厚みがありましたし、木なので、何とか付いてくれました。
接着部は少し白くなってしまいましたが、漆を塗り直すわけにもいかないので、そのまま使うことに...








b0108544_23493897.jpg

松竹梅と三段の模様がおめでたいですし、角に丸みがあって、優しいたたずまいです。
彫った模様に金色が塗られています。
少し光って写ってしまいましたが、実際には金色は控えめで派手な感じはしません。

実家で使っていた、私のも馴染み深いお重です。
何年か前に日本で小さいお重でも買おうかと母に話すと、
「もう家族も少ないし、こんなに大きいのはいらない。持って行きなさいよ~」と言ってくれたのでした。
木の外箱ごとだと結構な大きさでまた重いのですが、思い切ってよかったです。
大きさも手ごろですし、運動会のお弁当用にも活躍してくれたことがありました。

こうして三段、元の形に戻ってくれて、とても嬉しいです♪
これからも大切に使い続けます!








b0108544_23324519.jpg

お出汁には、お友達からいただいた、とっておきのこちらの日本の製品を使ってみました。
焼きあごやかつおぶしなどいくつかの素材が紙パックに入っていてお手軽です。
まろやかながらも深みのあるおいしさでした。

ヒューストンにはコンビにのような小さな日本食料品店が一件あるだけで、
和食を作るのには素材も限られてしまうところもありますが、周りのみなさんの助けもあって、
こうして、うちにとってはとても豊かなお正月の食卓を囲むことができました。
感謝の気持ちを忘れずに、おせちそれぞれの料理に願い込めたように、健康で穏やかなに暮らしたいものです。

重ねまして、皆様にとっても素晴らしい2014年となりますように!


↓今年も一日に一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
どうぞよろしくお願い致します☆
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

[PR]
by Wingco | 2014-01-09 03:03 | うちごはん | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://wingco.exblog.jp/tb/21813109
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oz55mama at 2014-01-09 12:29
Wingcoさん こんにちは

あらためて、あけましておめでとうございます。
すてきなおせち料理〜とても、アメリカとは思えないくらい
ちゃんと作っていらしゃるのに、驚きです。
彩りもよくて、品のいいお重箱がまたいいですね。
どんな素敵な洋食器にも、ひけをとらない日本の漆器に
日本人の誇りを感じます。年の初めは、こんなふうに祝いたい
ものだと、つくづく思いました^^ほんと素敵です。

茅の舍のだし、美味しいですね。ちょっとお高いけど
いいだしが、手軽に出来てすごいと思います。
今年も、Wingco,さんご一家にとって、素晴らしい一年に
なりまように。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by sunnnari at 2014-01-09 18:13
こんばんは~
どれを見ても、なんと素晴らしいお節なんでしょう~♥
もう、すべて手作りされていて・・感動、感動で~(涙)ですよ・・・。
昆布巻きまで、いとも簡単に作られるのですね・・
ご実家で使われていた、重箱・・。とても品があり良い色の
立派なお重箱ですね♪ 何もかもが、丁寧なお料理・・最高に
素晴らしいです!海老の旨煮はメープルシロップを使うんですね・・
わ~、食べてみたいですよ(笑)・・。
もう、素晴らしくて何も言えないくらい感動です~~♥
Commented by ぽて at 2014-01-10 22:33 x
wingさん こんばんは♪
何度見ても素晴らしいおせちですね。
お雑煮、盛り付け綺麗で美味しそう。ゆずもいいですね。
勉強になります^^
重箱、大切に使われてるのが伝わります。
ねじり梅、来年は挑戦してみようと思いました(^^;
Commented by 224sora at 2014-01-13 16:12
こんにちは~♪
材料を揃えるのもたいへんだったでしょうに心のこもったおせち、
素晴らしいです~☆
ご家族も日本のお正月を食で体感出来て喜ばれたでしょうね(^_-)
お母さまから引き継がれた思い出が詰まったお重もとても素敵
です!
私は主人が転勤族で年末年始はいつも新幹線で両方の実家へ
帰るというパターンだったので、ほとんどおせちを作ることなく
過ごして来てしまい恥ずかしいダメ主婦なのです(^^;)
Commented by Wingco at 2014-01-15 02:41
★ひつじさん、
こんにちは♪
こちらでは新年のご挨拶がすっかり遅くなってしまいましたが、
どうぞ今年もよろしくお願い致します。
おせち料理に暖かいお言葉をありがとうございます。励みになります!
来年も見ていただけるよう精進いたします~
アメリカでも結構素材は手に入る物なのですよ。
黒豆、栗、蒲鉾も数種類売っていました。
出来合いのおせちもありましたが、お高い割にはそれほどに見えないような...
田作りのごまめはなかったので、普通の煮干。曲がってますけどね(笑)
漆器はいいですね~お重の箱を開いた途端、お正月気分でいっぱいになりました。
長く使っていたと思うのですが、ほとんど傷もなく、丁寧に使っていたのね~
としみじみしてしまいました。
芽の舎のお出汁、私は初めて聞きましたが、有名なものなのですね?
お手軽だけど、味はとってもよくて、感激しています。
日本行ったら買いたいですが、いつになることでしょう...
Commented by Wingco at 2014-01-15 02:50
★sunnnariさん、
こんにちは♪
いつまでもおせちでひっぱってすみません~(笑)
暖かいお言葉嬉しいですよ。来年も作ろうって励みにもなります。
まだまだ中身は足りない気がします。
定番にこだわらず家族の好きな物をもっと入れたいかな。
昆布巻きは難しそう~と思っていましたが、昆布を戻す手間だけで、
巻くのもくるくる、ロールケーキよりは楽に巻けるのですね~
メープルシロップ使いは有元葉子さんのお得意、なようです。
まろやかな甘さがいいですね。
でも飽きっぽいので、来年はまた違う味で作ってみようと思っています。
Commented by Wingco at 2014-01-15 02:56
★ぽてさん、
こんにちは♪
またまたおせちでひっぱってすみません~
いつも季節行事に疎いので、この時とばかりに同じような写真を...
今年は柚子のおかげでお正月気分も盛り上がりました。
こちらでは売っていないので、とても貴重なのですよ。
重箱にはかわいそうなことをしてしまいましたが、何とか修復できましたし、
これからも大事に使い続けたいと思います♪
Commented by Wingco at 2014-01-15 03:06
★soraさん、
こんにちは~♪
私も若い頃はおせちを送ってもらったり、お正月を日本で過ごしたり...
で自分で作ろうだなんて、あまり思わなかったのです。
始めるのが遅すぎなのですが、結構楽しい物ですね~
混雑する時に御実家に行かれるのも大変でしょう。
御両親様も賑やかなお正月で喜んでいらしゃることでしょう。
親孝行なさっていますね♪
うちの両親には寂しい思いをさせてしまったと申し訳ない気持ちでいっぱいです。
せめて残してくれた物と思い出を大切にしていきたい...と思っています♪
Commented by garjun2 at 2014-01-15 16:56
Wing さん、こんばんは。
完璧なおせち料理、すばらしいです。
どれも心を込めて手作りされたんですね。
ひとつひとつに工夫があって、見るだけで楽しい。
クラシックな重箱もステキ。お母さまが大切にして来られたもの
でしたか。宝物ですね。
食材もよくここまで揃えられたなあ、と感心するばかり。
ヒューストンには日系のスーパーがありますか?
野菜や調味料など、どうなさっていますか?
こちらには中国系スーパーがあるのですが、日本のものは
品ぞろえが今ひとつです。
魚貝類はアラスカの魚屋さんから、とのこと。
インターネットで申し込めますか?よろしければ教えてください。
じん

Commented by Wingco at 2014-01-18 16:40
★じんさん、
こんばんは♪
こちらにもコメントをくださってありがとうございます。
おせちに温かいお言葉をありがとうございます。
去年はいつもより時間があって、何とか作ることができましたが、今年はどうでしょう。
私もじんさんのように、定番のおせち料理だけではなく、
家族の好みに合わせた物も作りたいですね。
日系のスーパー、小さいけれどありますよ。
調味料は大抵のものは揃います。
野菜は韓国系のHマートでもいろいろ売っていますし、
日本人の農家さんがいらして、今の時期だと、小松菜、水菜、瑞々しい大根、
高菜に蕪も作っていらっしゃいます。
ありがたい事です。
お魚屋さんについてはそちらにコメント致しました。
参考になるとよいのですが...
<< ガレット・デ・ロワ、マロンのシ... 謹賀新年2014♪ ~アメリカ... >>