La Balance Cuisine、Da Marco ~ヒューストンのフレンチ、イタリアン
b0108544_164061.jpg

御近所に素敵なフレンチのお店があるのよ~とお聞きして、行ってみました。
La Balance Cuisineという名前のお店。
フレンチとは言っても、気取りのないお料理とお店の雰囲気は、ビストロといった感じですね。

私がメインに頼んだのはこちらのシーフード・リゾット。
エビ、ムール貝、イカ、鯛、大きなシーフードがごろごろ入っています。
火の通り加減が丁度良くて柔らかく、下にはトマトソース味のリゾットがたっぷり。
リゾットもおかゆのようにどろどろ~ではなく、お米がちゃんとアルデンテのような硬さに仕上がっていたのも好みでした。
かなりのボリュームでしたが、あっさりとした味つけでおいしく、ぺろっとたいらげてしまいました。
そしてデザートも...









b0108544_1415988.jpg

アメリカのレストランって、ランチタイムでも店内が薄暗いお店も多いのです。
こちらのお店はとても明るかったので、スマホでも何とか見られる写真が撮れました。











b0108544_1414350.jpg

デザートも、アメリカのレストランにしては凝った盛り付けに、「わ~、かわいい~!」と歓声があがります。










b0108544_1572046.jpg

私の頼んだリゾットは結構なボリュームがありましたが、お友達の頼んだクラブケーキは前菜かと思うほど控えめな量。
でもかに肉がぎっしり入って、とてもおいしかったそうです。

真ん中は私のデザート、チョコレート・スフレ。
またボリュームたっぷりなものを頼んでしまいました(笑)
私のゲンコツがすぽっと入るほど大きく深さも器にスフレがたっぷり~
添えられたカスタードソースをかけて頂きます。
チョコレートのジェラートまでついていて、甘さ控えめ、熱々のスフレと冷たくてミルキーなチョコレートのジェラート。
交互にいただくと飽きが来ません。
全部食べられてしまう...怖いですね~(笑)

ビストロらしく、フランスの伝統的なデザート、タルト・タタンもありましたよ。
こちらも熱々に、バニラアイスを添えて♪

いつものママ友達5人とご一緒。
食べ物もおいしかったし、みなさんお話上手で笑いの絶えない、わいわいと楽しいランチ会でした。









b0108544_4174146.jpg

こちらのお店、雰囲気もお料理もとても良かったのですが、照明が暗~くて、スマホではやはりよくは撮れませんでした。
でも、本格的なイタリアンの素敵なお店でしたので、書き留めておきたくて...

Da Marco
落ち着いたレストランと聞いていたので、美味しいもの好きなお友達と二人で、じっくり静かに(笑)味わいました。
写真の並びの関係で順番が逆ですが、デザートを先に。

真ん中はお友達のパンナコッタのSABAソース。
SABAソースとはバルサミコ酢と同様、ぶどうを濃縮して作ったソースだそうです。
なるほど、バルサミコ酢から酸味を除いたような味、ぷるぷるで甘さ控えめのパンナコッタのよいアクセントとなっていました。
見た目はシンプルですが、これはおいしかった!

私のデザートはライスプディングのリコッタチーズ・ジェラートとアプリコット添え。
ライスプディングというより、甘いミルクリゾットと言った感じ。
全ての味も甘さも強めで、見た目よりも量もあり、少しもてあましてしまいました。









b0108544_4323776.jpg

前菜、メイン、デザートのコースを頼みました。
それぞれメニューに載っているものから選べます。
メニュー以外にも、テーブルに持ってきてくれた、手描きの黒板の「本日のお勧め」の中からも選べます。

前菜は写真撮るのを忘れてしまったのですが、せっかくなのでこの黒板メニューから選びました。
ナスとトマトのグリルのサラダ、ゴルゴンゾーラチーズ添え。
私は青カビチーズが大好きなので決めたのですが、お友達は苦手。
でも食べてみると、何故か温かくてとってもまろやか。
ブルーチーズ特有のくせがほとんどなくて、とても食べやすかったので、お友達にも勧めてみると、
「おいしい~、これなら大丈夫!」と初めてブルーチーズが食べられたということで、意外なところで喜んでいただけました。

お友達の前菜、メニューには「白いサラダ」と書いてあるだけで、「どんなのかしらね~?」と、面白半分頼まれていました。
千切りの梨の上にフレッシュなモッツアレラチーズ。
このモッツァレラが今までに食べたことのないようなふわふわの食感にミルクの風味がしっかりと感じる、
この上ないおいしいチーズ。
自家製なのでしょうか? この日一番感動した美味しいものだったかもしれません。

もちろん、メインの舌平目のソテーも、身がふっくら柔らかくておいしかったです。
二枚重なっていて、食べ応えもありました。
丸いのはタコなのですよ。 
アメリカ人にタコの苦手な方が多いからでしょうか、見た目がタコとはわからないように?丁寧に皮はとってあり、
こちらもタコとは思えないほど柔らか~








b0108544_440935.jpg

お友達が選んだメインはボリュームたっぷり! ポークリブのソースにはパンチェッタも。
リゾットは付け合せなので、こちらは甘くはなかったですよ。

夜はドレスコードもあるそうです。 ランチタイムでもお洒落なみなさんが集っていました。
入り口には氷の上にシーフードが並べられ、白いタキシード着用の給仕さんのきちっとした対応。
昔のことになりますが、ミラノで行った、路地裏にひっそりとたたずむリストランテを思い出す雰囲気。
ヒューストンではなかなか、よいイタリアンレストランにあたらなかったのですが、
やっと、また行きたい~と思うイタリアンが見つかりました。 嬉しい~♪











b0108544_2152779.jpg

おまけに。 こんな、いかにもアメリカらしいお店にも行きました~ということで...

向って左から、Carrabba’sというイタリアンのレストラン・チェーン。
御近所に新しい店舗が出来たので、いつものママ友ランチで。
出来たばかりなので、モダンな店内はきれいでしたが、やはり昼間でも薄暗い(笑)
どさっと乗ったチキンとエビの下は、これまたどっさりのリゾットです。
見た目同様味も大雑把で、少し塩気が強め。別にサラダも付いていました。

右側二つは、タコの野球の試合と試合の間に時間つぶしに入ったOlieve Garden.
こちらのお店も全米中に展開しているイタリアンのレストラン・チェーンです。
よくテレビのCMでも流れています。
初めて入りましたが、かなり広い店内大勢のお客さんで賑わっていました。人気があるのですね。

こちらもボリュームがすごい!
こちらのメインの前にもサラダが出てきたのですが、大きな木のボウルにどっさり、サイドというよりそれがメインのよう。
そしてタコの選んだ、ラザニアとチキンとクリームパスタの三品盛りがまた、一品が一人前あるような量でした。
大きなお皿が、重くて持てない~(笑)


そして私は真ん中の、またもやリゾット(笑) 
どれだけ好きなの~?と思われるかもしれませんが、たまたまですよ~
なるべくシーフードを使ったお料理を~と選んだ結果です。
シーフードミックスのような小さめのシーフードでしたが、スープリゾットのようで濃い目の味ながら美味しくいただきました。








b0108544_3171451.jpg

評判も良かったので、うちの御近所のイタリアン・レストランにも行ってみました。
Hasta La Pastaというお店。
こちらがまた照明が暗くて、写りがいまひとつですが、このシーフードのパスタは大きなホタテやムール貝がごろごろ。
細めのパスタ、エンジェルヘアなのでアルデンテとはいきませんでしたが、ぴりっとあっさり味はよかったです。
白いアルフレッドソースのパスタ、厚めのピザもボリュームたっぷり♪

右側二枚は、補習校の中二クラス、年に一回の保護者の懇親会で行ったカジュアルなお店。
名前が忘れてしまいました。
ミニサンドの三点盛り、と聞いていましたが、全く「ミニ」じゃない~(笑)
チーズバーガーにはアボカド入り、卵サンドが2つにフルーツ。
サンドイッチなのに、また別にパンがついているところが変。
そんなにパンばかり、食べられませんよね~

こちらお味はさておき、三十名近くの参加者が入るお店を探すのが大変だったことでしょう。
幹事役のクラス委員さんありがとうございます。 一年間いろいろと大変お世話になりました。
毎週土曜日に補習校はあるとはいっても、(タコは欠席ばかりでしたし)中学生になると教室までお迎えに行かなくても
よくなることもあり、また放課後には子供たち、そのままソフトの練習に行ってしまうので、
全くお話したことのない、お顔も存じ上げない保護者の方も何人か...
自己紹介も盛り上がって、「まぁ、うちと同じ悩みだわ~」とか「わぁ、もう恋愛のお話~!」(笑)などと、楽しいひと時でした♪



あっという間に三月に入ってしまいました。
二月はもっとたくさん記事をアップしたかったのですが、タコは土曜日ごとに行事が入って、準備に送り迎えにばたばた。
クラリネットのコンクール、ピアノのコンクール、野球の試合、数学コンペ、補習校期末考査...
良い結果を出せたものも、出せなかったものも... それだけをこなすだけでも大変だったのでしょうね~
と思う一方、あきらかに準備不足~なのが残念な結果に出てしまうと、練習もろくろく寝てばかりだったからでしょう~
とも思ってしまいます。
少し結果が良いとそれで満足してしまい、だめでも悔しがるということがなく、結果に一喜一憂しているのは私だけ?(笑)
一人っ子のせいか競争心無さ過ぎ。もう少しガッツを出してくれるといいのに~穏やか過ぎる性格も心配です。

そして春はお別れの季節でもあります。
ヒューストンに来て三年半、たくさんの素敵な方たちとの出会いは嬉しいことでしたが、
駐在でいらしている方も多く、二月だけで送別会が4回、毎年帰国されてしまう方を見送るのは寂しいことです。
他にも二月はお友達の心配なことや、例年よりも寒さも厳しくて、身も心も寒~い月になってしまいました。
ソチ五輪でわくわくしたり、こうやっておいしいランチをいただいたり、もちろん楽しいこともたくさんあったのですけどね。

三月に入って、気が付けば次の日曜からはサマータイムも始まるのですよ!
春の暖かさもそこまで来ていることでしょうね。 元気を出してがんばりましょう。

みなさまにとっても素敵な三月になりますように!
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

[PR]
by Wingco | 2014-03-04 09:05 | 美味しいもの | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://wingco.exblog.jp/tb/22044468
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cookie2008 at 2014-03-09 08:41
美味しそうなランチがズラリ。
日本は朝の8時ですがまだ何も食べてないので
本当にお腹が空いてきました(><)

一人っ子で競争心がないとのことですが
私の妹たちは1人は3人。もう1人が4人いるので
Wingcoさんのように一人を育ててあるのって
理想だな~と思ってしまいますよ。

いつも手作りのお菓子が家にあるって
子供さんにとって、とてもHAPPYなことですよね^^
Commented by kimagureokayu at 2014-03-09 18:40
お気に入りのレストランがみつかると、すごくうれしいですよね。
私も住むところ住むところでお気に入りのお店をさがすのが楽しみでした。

wingさんもお忙しそうですね。
うちのだんなさんも一人っ子ですが、たしかに競争心ないかも。
でも、大人の中で育ってきたからか、一歩ひいて物事をみたりするのが得意かも。
これは一人っ子だからというわけではないかもしれませんが。。。
私は3人兄妹だったので、おやつの取り合い、おかずの取り合いなど、食べ物に対する執着がすごいそうです(旦那さん談)
Commented by Wingco at 2014-03-15 02:49
★cookie2008さん、
日本と違って、こちらではあまり盛り付けにはこだわらないような、
大雑把で量だけはすごい~というレストランが多い気がします。
今回は探せばおいしいお店もあるのね~と嬉しくなりました。
妹さんたち、たくさんのお子さんに囲まれて、もちろん大変なことも多いでしょうけれど、
その分楽しいこともたくさんでしょう? いいですね~
賑やかなおうちって憧れます。
一人っ子は親がかまいすぎて、なかなか自立できない...と聞きますよ。
気をつけないといけませんね。もう遅いかも...(笑)
Commented by Wingco at 2014-03-15 02:58
★おかゆさん、
おかゆさんのところで拝見したレストランも素敵でしたね~
ヒューストンに来て、三年半、数多くの失敗を重ねました(笑)
最近成功が続いて嬉しいですね~
やはり人づてに評判を聞くのが一番のようです。
ご主人様も一人っ子でしたか!
実は私もそうなので、兄弟がいるという感覚が全くわからないのです。
私も小さい頃はとても食が細くて、食べるのも遅かったのですが、
今ではその逆...(笑)
タコもそのうち変わってくるかもしれませんね。
準備のためにも、家族でおかずの取り合い、やってみようかな~(笑)
<< 苺のショートケーキ ~さような... 栗のフロール、多田さんの香港ナ... >>