苺のショートケーキ ~さようならとおめでとう!! ヒューストンの樹氷
b0108544_19292481.jpg

苺のショートケーキ
いつもの小嶋ルミさんのレシピで作りました。
がんばって三段に仕上げたのに、みなさんにサーブするのに必死で、断面の写真を撮り忘れてしまいました。
ジェノワーズはよい感じに焼きあがったのですが、生クリームを少しホイップし過ぎて、
見た目も滑らかでなくなってしまい、反省~







b0108544_22281253.jpg

持ち寄りランチでデザート担当は私だけだったので、
ショートケーキだけでは寂しいかと他にも2種類のお菓子を作りました。
こういう時って、同じようなものにならないように、一応、三種類のバランスを考えます。
今回は、生クリームのケーキ、チョコレートのケーキ、タルト。








b0108544_19164945.jpg

フォンダン・オ・カシス
名前の通り、小嶋ルミさんの本ではカシスを使っているのですが、カシスは手に入らないので、
酸味が強くて少しは近いかな~とラズベリーで代用しました。

カカオパウダーが入りますが、小麦粉を全く使わないフォンダン、初めて作りました。
このように、外側は膨らんでしっとりとしていますが、中心部分はとろりとしたまま(断面の写真が撮るのを忘れました!)、
味もチョコレートとそのものの甘くて苦~い味。
チョコレートもセミスイートとビターを混ぜて使っていますので、かなり大人の味ですね。
苺ショートとは好対照です。
一緒に食べるとチョコの濃厚さが和らいで良いかも~

ラズベリーは中にもたくさん入っていて、その酸味が濃厚なチョコ味のよいアクセントになっています。
チョコの好きな方には喜んで頂けましたが、私には少し濃厚すぎたようです。
もう少し軽い、ガトーショコラなら好きなのですけどね。








b0108544_1917894.jpg

うぐいす豆ときび砂糖クランブルのタルト
稲田多佳子さんの「ちょっと和風の焼き菓子レシピ」より。
こちらは何回か作っているお気に入りのお菓子です。
タルトといっても、クランブルを底に敷き詰めるだけと、作るのはお手軽。
本では直径15cmですが、もっと高さを出したいと、二倍量にして、15cmとおまけに家用に12cmにも分けました。

こちらは12cmの小さい方。私が大好きなお菓子なので、冷蔵庫にしまって、大事にいただきました。
冷やしてもおいしいお菓子です。
アーモンドクリームと鹿の子うぐいす豆(お菓子用)の相性が意外ですが、とてもよいのです。
黄身餡のお饅頭を上品にしたような、和風な感じもしますし、ラム酒の香りがおいしさを引き立てます。








b0108544_19281974.jpg

この日の送別会は、お友達のお宅でのランチ・ポットラック。
お赤飯、鶏の南蛮漬け、チャプチェ、ほうれん草のフラン、キッシュ、エビと野菜のゼリー寄せ、
チキンと春菊のサラダ、ゆず大根、かぶとたらこのサラダ...

みなさんお料理上手! どれもおいしくて、作ってみたいものばかりでした。
特に春菊のサラダは、春菊を生のままで、こんなにおいしくいただけるのかと感激!
お醤油ベースで細かく切ったザーサイの風味がぴりっと効いたドレッシング...
もっと詳しいレシピを聞かなくては~ 








b0108544_19185311.jpg

女性だけの集まりなので、いつもの家族が集まったポットラックとはまた違いますね。
お野菜中心のヘルシーなお料理が並びました。
一度に全部の種類はお皿に乗り切らなかったので、おかわりもしましたよ~
それでもデザートの入る余裕もあって、みなさん三種類とも喜んでいただけたようです。








b0108544_19513872.jpg

スイートチョコのフロール
以前にも作ったことのある津田さんのチョコフロールですが、今回は大人数のため、半分のミニフロールにして、
中にはチョコと相性が良く、見た目もアクセントになるかな~とラズベリーを入れてみました。

ミルクチョコレートのガナッシュクリームに、ココア生地...








b0108544_19531548.jpg

それだけではなく、生地にはミニミニのチョコチップが散らしてあります。
このチョコチップはビターなので、きりっと苦味が全体を締めているでしょうか。

以前作った時には、本にスイートチョコのみじん切りとあるので、ミルクチョコレートを刻んだのですが、
べたついて刻むのが大変でしたし、焼くと溶けて見た目も悪くなったしまいました。
今回はチョコチップなのでそのまま散らすだけですし、焼いても形が残ってよい感じに仕上がったでしょうか。

津田さんのフロール、味のことは言うまでもありません。
しっとりとした生地に甘くてまろやかなガナッシュクリーム、ラズベリーの酸味も合ってとっても美味しい~♪

30人近くと大勢が集まる送別会でしたので、もう一つ、また苺のショートケーキも作りました。
前の会とはメンバーもほとんど違いますし、同じ物でもよかったのですが、違うレシピにしてみました。
ルミさんのとはまた違って、きめがもっと細やかで、あっさりとした甘さ。
でも、大きな長方形の型で二倍量で作ったのですが、大きいと中心部分になかなか火が通りません。
焼き時間をかなり長くしてしまったのですが、何となく、周りが固くなってしまったような気もします。
大きくおいしく作るのは難しい~

会場でドタバタしないように、家で個別に切り分けたのですが、手間取って、時間ぎりぎり。
また写真を撮ることができませんでした。
クリームの絞り出しもできませんでしたし、見た目もぱっとしなかったもので...







b0108544_1954720.jpg

遅くなって、ほとんどお料理の方はなくなっていましたが、デザートだけでもおいしそうなものが数々並んでいました。
私のさえない苺ショートも、一応、作りました~ということで。

黄色の丸いケーキは、お店で買われたものだそうです、マンゴーのムースが滑らかで、甘さがアメリカのケーキ
とは思えないほど適度で美味しかった~ お店の名前聞かなくては~
他には、チョコレートケーキ、抹茶のチーズケーキ、プリン、ココナッツの餅粉を使ったケーキというのもありました。
御馳走様でした。

この日はボランティア・グループでの4人の方の送別会。
ヒューストンには2年の滞在と短い方から、10年もの長きに渡る方まで、みなさんお疲れ様でした。
駐在でアメリカに渡って、英語ばかりの学校で不安なお子さんや、新しい環境でお仕事をされる御主人を支える、
生活様式もいろいろと日本とは違いますし、慣れるまでは毎日の生活だけでも大変だと思うのですが、
みなさん、こうしてボランティア活動を精力的になさったり、英語の学校に通われたり、積極的に何かをされている方が多いのです。

私もそういうみなさんとご一緒させていただいて、たくさんの元気をいただいています。
昨日は、タコの補習校で同級生のお嬢さんのママ、Hさんのクラリネットのコンサートに出かけました。
学生時代に吹いていたクラリネットをアメリカに来て、改めて習って、地元のオーケストラに入って...と本格的。
二年前に演奏をお聞きした時とは、驚くほど格段にお上手に、涙が出るほど感動させる美しい音色に感動しました。
たくさんのお友達が駆けつけ、クラリネットのお仲間との楽しい演奏、みなさんからの心のこもった温かいスピーチにも、
Hさんのこちらでの充実した生活ぶりがうかがえました。

Hさん、素敵なコンサートをありがとうございます!! 
日本に戻っても絶対にクラリネット、続けてくださいね~ 
またいつか、聞かせていただく日を楽しみにしています~♪








b0108544_1956170.jpg

また遅すぎの写真になってしまいましたが、三月に入っても、こんな樹氷?の見られる寒い朝の日がありました。
夜中にはとても強い雷雨があり、それからぐっと冷え込んだので、そのまま凍ってしまったのでしょう。



b0108544_2065962.jpg



b0108544_208610.jpg

松の木も凍って枝がだら~んと垂れ下がっています。
全体が斜めに傾いていますね。 折れなくてよかった~ 
お昼には気温も上がって、氷も溶け、元通りになりましたが、車で走ると、
結構太い枝が折れて道路に落ちている箇所も、ところどころにありました。

三月も中盤に入って、最近は暖かい、春らしい日が続いています。
お別れは寂しいですが、一方お祝い事も多いですし、この時期が一年でも一番、
赤と白の苺のショートケーキが似合う季節...のような気がします。

帰国される方、すでにされた方から、入試合格~!!のお知らせも次々に入って、わくわく気分です。
タコの同級生は中二なのでまだ一年ありますが、補習校ソフトで一緒に汗を流したり、
狭い日本人社会なので、いろいろな場面でお会いすることも多かった先輩たちのがんばりには刺激を受けます。
お子さんたちもアメリカで英語の勉強だけでも大変なのに、日本に帰った時に受験準備もしっかりされているのですね~
本人のがんばりはもちろん、サポートされるママさんたちの努力も素晴らしい~
K高校日吉、K高校藤沢、関西ではD大学の付属など有名な学校ばかり@@

そして懐かしい、コロラド時代のお友達、Mさんの双子のお嬢さんも、それぞれT大文1、W大建築合格、
という素晴らしすぎるお知らせが!  ダブルでおめでとうございます~!!
しかも、弟のK君も同時に、関西の超名門N高に合格~!! 
通学に遠いこともあり、中学はあえて公立に進んでバスケットに熱中、全国大会にも出場、
少ない人数しか募集しない高校から入るって...凄すぎて言葉が出ません~ 
トリプルでおめでとう!!!

三人とも小学生の頃から成績もピアノも絵もスポーツも、何にでも秀でていて、かつお手伝いもしっかりとして、
私のつたないお菓子やお弁当を、「おいしい~、かわいい~」と喜んで食べてくれた、とっても優しいお子さんたち。
全くガリガリと勉強をしていた様子もなく、のびのびといつも一緒に遊んでばかりだったような...
でもMさんはお料理上手でいつも栄養にも気をつけていらしたり、いろいろと子育てにも工夫されていて、
その情報のおすそ分けをお聞きするのも楽しみでした。

M家が日本に帰られる時に、車も譲っていただきました。
大事に乗ってきましたが、去年は自動ドアの部分が壊れたり、キーが回らなくなったり、
修理にだいぶかかるようになったので、そろそろ買い替えかな~とダダと話していましたが、
幸せな一杯のM家にあやかって、しばらくはいっそう大事に乗り続けたいと思いなおしていますよ~♪(笑)

アメリカにいると、日本のような一発での入試試験というものは経験しなくてよいので、お気楽~
と思われるかもしれませんが、大学に入るにはまた違った大変さがあるようですよ。
タコもアメリカの大学に行くとなると、あと三年...あっという間かもしれませんね~
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

[PR]
by Wingco | 2014-03-15 02:23 | お菓子 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://wingco.exblog.jp/tb/22236458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kirakiracafe2 at 2014-03-15 12:54
wingさん、こんにちは♪
イチゴショートはやっぱり良いですね~
私も作りたいと思った時に、生クリームを買っておいたのですが
なかなか作るタイミングがなくて・・・生クリームの賞味期限大丈夫かしら!
その他に二種類も作られて素晴らしいですね!
私もガトーショコラはいつも小麦粉は使いません。
とても濃厚になるのですよね~
なのでミルクチョコレートも使い食べやすくしています^^
ラズベリーが入って見た目もとても素敵です♥
和のタルトもおいしそうですね!稲田多佳子さんの本は
手に取ったことがないので、今度本屋さんで見てみますね^^
ラズベリーはアメリカではいつでも手に入るのでしょうか?
羨ましいです~日本ではあってもお値段高くて
なかなか買うことができません。ロールケーキに入れるのも可愛いですね~♪ぽち!
Commented by oz55mama at 2014-03-15 22:26
wingcoさん こんばんは

おひさしぶりです。
きのう図書館で、小嶋ルミさんの本を借りました。
wingcoさんのブログで知った小嶋ルミさんですが
レシピ本を手にとり、ちょっと目からうろこでした。
とってもいいですね。さっそくロールケーキを
作ってみました。きれいな仕上がりではなかったのですが
生地はとっても美味しくできました。ブログに本とwingさんのブログの事を紹介させていただきました。

どのケーキもほんとに美味しそうですね。
まるで、ケーキ屋さんみたいにいつも上手に焼かれていますね。
私も、頑張らなくちゃ^^
Commented by kimagureokayu at 2014-03-16 18:57
こんばんは。
いちごのデコレーションケーキおいしそうです。
やっぱり春になると、いちごのショートケーキが食べたくなりますね。

アメリカで子供時代をすごして、日本の受験戦争に挑戦される皆さんには感心します。
カリキュラムも何もかもちがうなかで、かなり不安もあるでしょうね。
息子さんもあと3年で大学受験なんですね。
きっとあっという間でしょうね。
Commented by cookie2008 at 2014-03-16 20:33
3種類も作られるなんて凄すぎます。
苺のショートケーキ、苺が旬の間に私も作りたくなりました。

お友達の持ち寄りお料理も美味しそうですね!

お友達のお子様たちの喜び事、嬉しいことですね。
そのお子様達がWingcoさんのお弁当やお菓子を
「かわいい~美味しい~」って言われてたこと
きっと現在もそのお味、忘れてないと思います。
私の子供時代ってずいぶん昔のことなのに
手作りの美味しさって格別で、いまだに忘れて
ないですもん^^
Commented by Wingco at 2014-03-21 13:59
★kirakiraさん、
こんにちは~♪
苺ショート、昔ならクリスマスのイメージもありましたが、今はクリスマスには
ブッシュドノエルにシュトレンにいろいろありますしね。
やはり苺のいちばんおいしい春がよいのではないかと...
アメリカではなかなか日本のような高級なおいしい苺は手に入らないのですけどね。
それでも喜ばれるので作る機会も多いのです。
kirakiraさんのようにきれいにデコできるようになりたい~
濃厚ながとショコラ、なるほど、ミルクチョコを使えばもっと食べやすかったでしょうね。
とろりとした食感は新鮮でよかったので、また作ってみたいです。
ラズベリーもブルーベリーもアメリカでは普通のスーパーで一年中売っていますよ。
確かにお値段も高くはありませんね。
夏には1パック1ドルなどとセールになることもありますし、
オーガニックも出回るので、一気にジャムなど作ります。
でもカシス、クロゼイユ、セルフィーユなど、一度も売っているのを見たことがありません。
お菓子の本には良く載っていますが、日本では普通に売っているのでしょうか~?
Commented by Wingco at 2014-03-21 14:05
★ひつじさん、
こんにちは~♪
御紹介いただいて、と~っても嬉しかったです。ありがとうございます。
「おいしい生地」はしろうとにとってお菓子作りのバイブルのような本ですよね。
この本に出合って、一段とお菓子作りが本格的っぽくなった気がします。
ひつじさんがとても丁寧にレシピに忠実に作られているのを拝見して、
ついところどころ適当にしてしまっていることを反省しました。
同じくルミさんの「ケーキレッスン」の本も、お勧めですよ♪
Commented by Wingco at 2014-03-21 14:30
★おかゆさん、
苺の赤は元気になる色ですよね。
春はいろいろとスタートの季節でもありますし、お祝いには苺ショート、
日本人ならではでしょうか。
中学や高校からアメリカにいらっしゃる方も結構多いのですよ。
いきなり英語漬けの毎日、お子さんも見守る親御さんも大変でしょうね~
受験には帰国子女枠をもうけている学校も多くて、メリットもあるのですが、
それだけ努力されて英語などを身につけているので、
その苦労が報われた~という合格のお知らせを聞くと、とても嬉しくなりますね♪
Commented by Wingco at 2014-03-21 14:53
★cookie2008さん、
面倒くさがりなので、一度にたくさん作ってしまいたいのですよ。
たいてい、1つは失敗気味になるので、もう少し一つ一つを丁寧に作らなくては~
といつも思うのですけどね。
苺ショートにはみなさん、それぞれに思い出があるのではないでしょうか。
日本人の方には一番喜んでいただけるケーキ。
一番作る機会が多いですし、もっと完成度をあげなくては~と思っています。
最近ちょっとマンネリ気味だったのですよ(笑・反省~)
タコは男の子のせいか、あまりお菓子の感想など言ってくれないのですが、
さすが女の子さんは、何でも美味しそうに食べてくれるし、お菓子作りにも興味を持ってくれて、
小学生ながらに話していてとっても楽しかったことを覚えています。
今思えば小学生とは思えないほどしっかりしていましたね~♪
<< スイートポテトロール ~なかし... La Balance Cuis... >>