多田千賀子さんのケーキ・オ・フリュイ、後ひきチュイル♪
b0108544_954632.jpg

4月もはっきりとしないようなお天気の日が続くヒューストンです。
昨日も今日もどんよりと曇って、寒い! 暖房もまだ回っています。

今回は三月の手芸部のお菓子。
全て多田千賀子さんの、「おやつ新報へ、ようこそ。」からのお菓子でまとめました。
色合いも地味で、お天気同様、あまり春らしいお菓子ではないかもしれませんね。
でもしみじみと、味わい深いお菓子が並びました。 

この日も朝からの雨で、部屋が暗く、写真の写りもぼんやり~
それでも一種類ずつの写真も撮ったのですが、一つはぼやけて何だかわからなくなってしまったので、
こちらの全体写真で御紹介しますね。
右下の、ミッキーとかハートとか、いろいろな形のクッキーです。


ガレット・ブルトンヌ
「フランスはブルターニュ地方の甘じょっぱい厚焼きサブレ。」という多田さんの御説明。
一度だけ、モンサンミッシェルを見たくて、ブルターニュやノルマンディー地方を旅したことがあります。
フランスの北を海沿いにバスで走ったのですが、10月初めでも風は強くて冷たくて、
通り過ぎる小さな町の石造りのような家々も、グレイ一色、地味ながらも力強さを感じたことを覚えています。

有名なシードル、クレープ、海が近いのでシーフード料理も美味しかったのですが、特にこのガレットの味は忘れられません。
バターの味がとっても濃厚で、でもバターが美味しいのか、重たくもなく、くどさは感じません。
塩が効いているせいもあるかもしれません。
美味しい塩がとれるところとしても有名な地方ですからね。








b0108544_954237.jpg

この厚みがまた、美味しさの一つかもしれません
ざっくり、さくさく~とした食感で食べ応えもあります。

自分でも作りたいとは思っていたのですが、これには、一つ一つ、セルクルが必要なのです。
セルクルを付けたままで焼かなくてはならないのです。
でも5センチの大きさのセルクルは持っていなくて、このガレットのために15個も買う...
までの強い思いはなく、なかなか作れないでいました。

今回は、まずお試しに~と家にある、同じような大きさで深さがあるクッキー型で代用。
なので形がバラバラ、全部違ってしまいました(笑)
少し、セルクルをはずして焼いてみたのですが、やはり回りにだら~んと広がってしまいました。
最初の写真の少し斜めに傾いているものです。
型は左端の小さな丸と同じなのですよ。 二倍以上に広がってしまいました。 当然厚みもなく...
やはりセルクルを付けたままでないと、このガレットにはなりませんね。

ベーキングパウダーも使っていないのですが、よく膨らみましたし、さくっさくの軽い食感です。
見た目同様、味のほうも本場のガレットを思い出す美味しさでした。
アーモンドパウダーで味に深みもあります。
でも少しバターの風味は控えめだったでしょうか。
今度はとっておきのバターを使いたいものです。









b0108544_9543452.jpg

ケーク・オ・フリュイ
こちらもフランスの昔ながらのお菓子ですね。
焼き上がりに、ドライフルーツを漬け込んだラム酒を回りにたっぷりしみ込ませて、三日待ちます。
艶っつやで中はとてもしっとり~
こちらも想像以上に美味しくて、お気に入りになりました。









b0108544_9544547.jpg

ラム酒に二週間漬け込んだドライフルーツたちも、つやつやです。
レーズン、クランベリー、アプリコット、プラム、フィグの5種類を使いました。
特に刻むことは書いてなかったので、丸のままケーキに混ぜましたが...




 





b0108544_9545629.jpg

断面、よい感じのところもありましたし、少しフィグなど大きいすぎるような、
量もフィグは控えた方がきれいでしたでしょうか?

フルーツケーキはもっとどっしりと重たくて、甘いもの~と思っていましたが、随分違う印象でした。
きめの細かい生地でしっとりとはしているものの、軽い食感です。
甘さもそれほど強くは無く、ドライフルーツの甘酸っぱさがあって、ちょうどよい感じです。
シナモンの香りもよくて、もちろんたっぷりのラム酒も、酔っ払いそうなほどに効いています~(笑)
フルーツケーキといえば、クリスマスのお菓子ですが、それまで待てないかもしれませんね。
また食べたい~♪








b0108544_955915.jpg

黒糖シフォン
こちらも見た目は地味ですが、とにかくふわっふわで軽い、黒糖の味がしっかりと感じる美味しさでした。
以前にも黒糖シフォンは津田さんのレシピで作ったことがあり、そちらは牛乳やバターを使い、
黒糖と白いお砂糖も使ってマイルドな味わいになっていましたが、こちらは黒糖だけですし、バターも使っていないので、
ストレートに黒糖の味、香りを感じます。
同じ黒糖シフォンでも大分印象が違うのもおもしろいですね。
どちらも私は好きです。

福岡の駄菓子、「黒棒」をイメージしたレシピだそうです。
私はその黒棒を知らないのですが、何となく、そんな素朴だけど力強い味を感じます。
本当は焼きあがりに黒糖グレーズをかけるのですが、甘そうに見えたのでやめておきました。
それでもしっかりとした味、ふわっふわの食感との対比がおもしろいシフォンでした。









b0108544_955297.jpg

和三盆ビスコッティ
日本で買った、貴重な和三盆を使いました。 
ベージュがかった色なので、ビスコッティにもそんなくすんだ色がでています。
バターを使うとほろほろっとした食感で、和風な感じになるそうです。

なるほど、見た目よりも軽い食感ですね。 ベーキングパウダーを使っているせいもあるでしょう。
たくさん入っているカシューナッツがまた、ナッツにしては柔らかめの食感で食べ易い~
和三盆の甘さも控えめで、あっさりとしたおいしさのビスコッティでした。









b0108544_9554339.jpg

チーズのビスコッティ
同じビスコッティでも、和三盆のはバターを溶かして作りましたが、こちらは冷たいバターを粉にもみ込むタイプです。
先ほどのよりばぼりぼり歯ごたえがあります。
細長~く作って、塩味の効いたスナック感覚。 粉チーズと黒コショウもたっぷり。
甘くないお菓子もいいですね。
少し味の印象が薄かったので、粉チーズと塩は多めがよいかな~










b0108544_5455315.jpg

こうして一種類ずつ集めてみても、似通ったようなお菓子が並んでしまったかな?
クリーム系がなくてごめんなさい、なのですが、みなさまにも喜んで食べていただけて、私も嬉しかったです。

私としては、少し手間も時間もかかったケーキ・オ・フリュイが一番好み、次がガレットでしょうか...
みなさまにも同様でしたが、意外にも、見た目がいまひとつで心配した、黒糖シフォンの反応が一番よかったようです。
やはりふわふわの食感でしょうか、みなさんシフォンお好きですね~
好みが人によって違うところも、そんな感想をお聞きするのも、大勢の方に召し上がっていただく喜びです♪











b0108544_958610.jpg

後ひき、ぱりぱりチュイル - 粉チーズ
塩味の効いたクッキーといえば、以前にも作っておいしかったチュイルのチーズがとっても好み!
前回はシュレッドチーズを使ったのですが、今回は粉チーズにしてみました。
 
前回はチーズが溶け切らなくて、なんとなくもっさりとした食感の部分があったのですが、
今回は粉チーズが生地と一体化しています。
ぱりっとした感じの食感になりました。
ただ、少しチーズの風味が弱くなったように感じます。
粉チーズなので、量を増やした方がよいでしょうか。

それでもチーズとアーモンドのコンビは相性よし、少し甘くて、黒コショウもたくさん、ぴりっと辛くて、薄さもいいですね~
これは家族みんなお気に入りのチュイルです!









b0108544_9584160.jpg

小魚アーモンド・チュイル
今度はスライスアーモンドと食べる煮干の組み合わせ。
見た目にインパクトもあります(笑)が、こちらも相性いいですね~
煮干の塩気が効いて、甘みも適度にあって、ぱりっとおいしい~
粉チーズよりもっとかりっと、香ばしい食感です。

カルシウムもビタミンB1もいっしょにとれて、健康にもよさそう。
おうちのおやつに最適~♪










b0108544_959945.jpg

オレンジ・チュイル
こちらのチュイルには、塩気はありませんよ。 オレンジ果汁を使ったオレンジのチュイルです。
他のチュイルは全て卵白を使っているのですが、こちらは卵白無し。
薄く伸ばした飴の様でもあります。

ぽつぽつと穴が開いて、レイシー。 
とっても薄いことが、この写真からも分かるでしょうか?
卵白を使ったチュイルと違って、回りにもよく広がりますし、薄い部分は焦げやすい。
アーモンドとオレンジの部分があまり重なって、厚くならにように気をつけました。

苦く感じないように、なるべく薄く、オレンジの皮も刻んだつもりです。
パリッとカリッと繊細な食感に、オレンジの甘酸っぱい爽やかな香りが広がります。
何やら、春を感じる可愛いお菓子に...なったでしょうか~♪


4月から気分一新! カテゴリーを「手作りお菓子(個人)」に変えてみました。
みなさん、素晴らしいお菓子をお作りになっている方ばかりで、敷居が高いのですが...
ゼロからのスタートになります。
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2014-04-08 03:54 | お菓子 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://wingco.exblog.jp/tb/22366642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kirakiracafe2 at 2014-04-08 07:53
おはようございます♪
焼き菓子盛りだくさんですね!!
どれも美味しそうですが、
小魚アーモンド大好きな私はこのチュイルがいただきたいです^^
手作りお菓子に変更したのですね。応援しますねっぽちっ♪
Commented by oz55mama at 2014-04-08 23:38
こんばんは

またまた、いろんな種類のお菓子がたくさん〜
どれも、とっても美味しそうに焼けてますね。
こんな美味しそうなお菓子がいただけるのなら
手芸部に入部したいくらいです^^
Commented by Wingco at 2014-04-11 07:14
★kirakiraさん、
こんにちは♪
いつも応援をいただきありがとうございます!
小魚アーモンド、そうそう、そんな味わいのチュイルですよ。
甘じょっぱい味にぱりぱりが何とも言えません~
「アメリカ情報」といっても、お役に立てる情報は発信できてないので、
「手作りお菓子」に替えてみたのですが、
いつも焼きっぱなしの飾り気もないお菓子ばかりですし、
みなさん素晴らしいスイーツを作っていらっしゃる方ばかりでしり込みしてしまいます。
kirakiraさんのブログもいつもお邪魔するたびに素晴らしいお菓子がアップされていて、
感激~のクリックは欠かせませんよ♪
Commented by Wingco at 2014-04-11 07:20
★ひつじさん、
こんにちは♪
美味しそうって言ってくださってありがとうございます。
私もひつじさんのお作りになる常備菜を始めとする全てがおいしそうで、
八ヶ岳まで飛んで行きたいですよ。
焼きっぱなしの飾り気もないお菓子ばかりですが、
手芸部のみなさんにも楽しみにしていただいているようなので、
作る張り合いもあります。
このところ毎週集まりがあるので、たくさん作っているのですが、
ブログへのアップがなかなか追いつきません~
がんばりますので、また見にいらしてくださいね♪
Commented by cookie2008 at 2014-04-12 22:42
どれも美味しそうな焼き菓子ばかり!
特に気になったのはミッキーの型で作られたのと
チュイルです。

↓素敵なクロスステッチですね!
根気のいることだと思いますが仕上げることが出来た
ときは達成感と充実感が待っているのでしょうね^^
Commented by Wingco at 2014-04-14 14:04
★cookie2008さん、
チュイルは余りがちな卵白消費にもってこいですね。
こうやってラフな形に作るのなら、あっという間にできてしまいますし、
うちではお助け菓子です。
甘いのもチーズの甘くないのもいいですよ~
ミッキーの形だけでも何だかかわいいですね。
お顔でも描ければよいのですけど、お絵かきは幼稚園児以下の下手さなので...
刺繍は始めてしまうと時間を忘れてしまいますね。
昔は徹夜をしたこともありましたが、いまはとても無理です~
ずーっと気になっていたので、やっとのことで仕上げることができて、
達成感ありますね~すっきりしました♪
<< ヨーグルトケーキ、ベリーのホワ... 10年越しのクロスステッチ ~... >>