【アメリカの学校】 ハイスクールのオープンハウス
b0108544_2133541.jpg

10月ですね~ 今日は6日の月曜日。 
タコの学校では、8月末から新年度が始まっていますが、最初の一学期が終わり、今日から二学期の始まり!
早すぎますよね(笑)  
こちらの学区では6学期制をとっていて、6週間のサイクルで学期が変わるのです。
御丁寧に、レポートカード(通知表のようなもの)も6回いただきます(なくてもいいのに~)。

アメリカの高校が全て6学期制ということではありません。逆に少ないのではないでしょうか。
アメリカの教育制度は州によっても、いえ、同じ州でもその中の学区によって、いろいろなことが違います。
例えば学校の時間も、ここでは7:30から2:35までですが、お隣の学区では8:30から。
春休みの期間もずれていたりするのですよ。

先日、日本から越していらしたばかりの方とお話する機会があったのですが、
お子さんが5歳で、幼稚園に入るということで、「アメリカでは幼稚園から義務教育なのですね~!」と驚かれていました。
学校制度、日本では6・3・3制ですが、アメリカでは少し違います。
州によって違うところもありますが、一般的には...

• Kindergarten(幼稚園)
   Kinder - 5歳

• Elementary school(小学校)
  1st grade-6歳
  2nd grade-7歳
  3rd grade-8歳
  4th grade-9歳
  5th grade-10歳

• Middle school(中学校)
  6th grade-11歳
  7th grade-12歳
  8th grade-13歳

• High school (高校)
   9th grade (Freshman)-14歳
  10th grade (Sophomore)-15歳
  11th grade (Junior)-16歳
  12th grade (Senior)-17歳

キンダーから12年生までが義務教育。 日本より長いですね。
キンダーは独立して書きましたが、普通はエレメンタリーの建物の中に入っています。
ですから、エレメンタリーは5年生までですが、キンダーからの合計6年間、場所的には同じエレメンタリーに通います。
内容も、日本の楽しい幼稚園よりも、小学校の準備といったお勉強中心。 レポートカードもちゃんとありました。

そして小学校が5年までと一年早くミドルスクールに入り、ハイスクールが4年間と長いのですね。
タコは日本でしたら中学三年生ですが、6月生まれと8月から新年度が始まるアメリカでは早生まれ的なところもあり、
こちらではハイスクールも二年目の10年生なのです。

学年の呼び方も、日本のように中学での何年目という呼び方ではなくて、ずっと下から通して8年生とか9年生とか...
そしてハイスクールはさらに、学年毎に別の呼び方があります。 カッコの中に書きました。
タコは10年生なので、今はソフォモアと呼ばれます。 去年はフレッシュマンでした。
こちらの方がよく使われますね。  大学も4年制ですし、同じように呼びます。
「息子さんシニアなの~ もうすぐ卒業ね~」といった感じ。
最初は何だかピンときませんでしたが、さすがに今は慣れてきました。

画像は、タコの通うハイスクールの中央にある入り口です。
初めて入った時、あまりの天井の高さにびっくり!
赤いTシャツの方と比べると、おわかりいただけるでしょうか?








b0108544_21332555.jpg

部分的に2階建てで、校舎は上にではなく、横に広い感じです。
コロラドの小学校は平屋の作りでしたし、こちらでは4階建てという校舎は見ませんね。
土地にゆとりがあるからでしょうか。
タコは、「階段が多いと危ないんじゃない~」と言ってます。









b0108544_21335356.jpg

全体はとても入りきれませんでした。
まだまだこの手前に9年生専用の入り口、そしてまだまだ向こう側にはもう一つの入り口があり、
右側には何百台ものパーキング。
上級生は車で通学する生徒も多いですからね。








b0108544_21395666.jpg

中央の入り口を入ったところ。
このカブトのようなマークが、ハイスクールのマスコットのスパルタン。 ギリシャ戦士らしいです。
でも普通は動物ですね。  
例えば同じ学区のハイスクールは、クーガー、ユニコーン、タイガー、マスタング(馬)、ラム(羊)
など、強そうなイメージのあるものなのでしょうか。

スクールカラーはオレンジとネイビーブルー...









b0108544_2143066.jpg

これはバンドの、「これからのマーチングバンドのシーズンに向けてがんばろー」とピザを食べながらのカジュアルな演奏会。
みんなスクールカラーのオレンジのTシャツを着ていますね。

場所はカフェテリア。 
広くて全体は入りませんでしたが、中央のステージをはさんで、左側も同様に広がっています。
この長いテーブルと丸い椅子とはくっついていて、移動するときやお掃除の時にも便利そう~と思ってしまいました。








b0108544_21502397.jpg

こちらはフランス語の教室。
教室の机と椅子もくっついて固定されているのですよ。
ガタガタ、椅子を引く音などでうるさくなくてよさそうですね。

そして前にはスマートボード。 
これは中学校にも全て備えてありましたが、PCの画面がそのまま大きなスクリーンで見られて、
もちろん、スクリーンタッチでの操作。
授業の内容も膨らむのはもちろん、書く作業も少なくなり、先生も楽ですね。

授業のIT化はどんどん進んでいます。
教科書も、今年はすべてがE-textbookになりました。 オンラインで見られます。
こちらの教科書は百科事典のように大きくて重たく、持ち運びが大変でした。
(ほとんど学校と家に置く分の二冊あるので、通学で持ち歩くことは少なかったのですが)


そうそう、この日は新年度にあたってのオープンハウスでした。
短い時間ですが、1時間目から7時間目まで順番に、保護者が子供のクラスを尋ねて、
先生から授業についての方針や説明を受けるのです。
老けた高校生が座っているのではありませんよ~(笑)









b0108544_21504524.jpg

化学の時間、「補講や再テストのスケジュールですよ~」の先生の言葉に、携帯でパシャ!
メモをとるより簡単ですね(笑)

いえいえ、生徒たちはちゃんとノートをとっているようですよ。









b0108544_2244871.jpg

化学の教室。 シンクを備えた実験台もいくつか、備えてありました。
でも何だか薄暗い~ 画像より実際はもっと暗く感じました。
先生によってはもっと暗い教室もあるそうです。
視力も落ちるはずですよね。








b0108544_2253728.jpg

学校の様子、ということで、こちらは春に行われたバンドのコンサート会場。
オーデトリアムといって、やはり学校の中にあります。

バンド(木管、金管、打楽器)の他にも、オーケストラ(弦楽器)、コーラス、演劇、などのクラスもあるので、
音調を備えた本格的なホールも必要なのでしょう。
卒業式は、とても全員は入りきれないので、学区が持っている別の大きな建物で行われます。









b0108544_2255875.jpg

こちらは、完成したマーチングを保護者にお披露目する...というイベント。
(秋はこういう感じで、いろいろと親も呼び出される機会が多いのです。)

ハイスクールの裏も広くて、ここはフットボールようのフィールド。
でもVersity(一軍)の試合は、大きな専用のスタジアムを学区で持っていて、そちらで行われます。
ここは練習と中学校の試合用でしょうか。

他にも運動用施設で言えば、テニスコート8面、野球場、女子のソフトボール場、サッカーフィールド、陸上競技フィールド、
がそれぞれ別にあり、
体育館(室)も、男子用、女子用、9年生用の3つ、ダイビング用のプールも備えた、
2つのプールを持つ室内プールもあります。
そうそう、いろいろなトレーニングマシーンがずらっと並んだ、アスレチックジム顔負けの広いトレーニング室も。

普通の公立のハイスクールですが、生徒数は約3600人と規模も大きく、創立9年目と新しめの学校なので、
設備も充実している方なのかもしれませんね。
でも基本的にはアメリカの公立高校って、どちらもこんな感じではないでしょうか?








b0108544_2261880.jpg

ヒューストンにもやっと秋の気配を感じられるようになりました。
まだまだ昼間はもくもくとした入道雲がほとんどですが、明け方にはこんな秋らしい雲も...

車を運転していると、きれいな空の景色によく出会うのですが、なかなか写真には撮れません。
朝、タコを学校に送って行く帰り、道が大渋滞で止まってしまうこともたびたび...
でも写真が撮れたのはラッキーでした。









b0108544_2215358.jpg

だいたい7時頃ですが、こちらではまだサマータイムなので、一時間早いのです。
ようやく明るくなって来たかな~という頃ですね。









b0108544_221646.jpg

落ち着いて、ステッチを楽しむ時間もなかなか取れません。
こちらはもうほぼデザインの部分は刺し終わっているのですが、実はこれからが長~いのです。
左下の部分、一部始めていますが、背景を全てサーモンピンクで埋めなくてはいけないのです...(泣)


飽きてしまいそうですが、完成までがんばれ~!と、
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2014-10-07 03:17 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://wingco.exblog.jp/tb/23519934
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oz55mama at 2014-10-07 15:22
wingcoさん こんにちは

生徒数も、びっくりするくらいたくさんですが
校舎や、設備も日本の大学も及ばないくらい大きくて
充実してるようですね^^
学校のシステムも,日本とは、だいぶ違いますね。

早朝の空が、秋らしくて、きれいですね。
先日、ズッキーニのファルシ作りました。
とても美味しかったですよ。ありがとう。
今度は、オイルサーディーンの
代わりにツナでやてみようかと思っています♪

クロスステッチ、完成と思いました。背景時間かかって
大変そう^^;すごい根気のいる作品がんばって^^
Commented by Wingco at 2014-10-12 22:53
★ひつじさん、
こんにちは♪
食べ物でも学校でもアメリカはビックサイズですね~
ちょっと調べたら、一番大きな学校は6000人も生徒がいるとか!
でも逆に、公立でも科学、音楽など専門分野を強化した少数精鋭の学校もあるのですよ。
日本の学校にもよい面がたくさんありますよね。
教育のきめこまやかさは、日本にかなわないと思います。
ズッキーニのファルシ、簡単な説明にもかかわらず、
作ってくださったのですね!ありがとうございます♪
ツナもあっさりとして食べやすそうですね。
食欲の秋、に負けそうですが、ステッチもがんばります♪
Commented by Kei at 2014-10-29 07:30 x
wingcoさん、 
こんんちは、はじめまして、Sugar Landにすんでいるものです。お子さん、Seven Lakes高校に通ってらっしゃるんですね〜! この辺じゃ有名な高校ですよね〜。マーチングバンドも! 実はうちの息子もクレメンツ高校のマーチングバンドやってて、私も先週のArea大会、見に行ってました。日本から遊びに来てる母も一緒で、「みんな一生懸命で 涙でてくるわ〜」と感動してました。バンドにはいってると、10月は超多忙ですよね〜。でもあとちょっとでシーズンも終わり。。。がんばりましょうね〜!Seven Lakesの校舎ってすてきですね〜。Clemenntsはもっと地味〜で平たい感じです。お子さんは来年もバンドやられるのですか? 今度、大会でお会いできたらいいですね。
Commented by Wingco at 2014-11-04 06:37
★keiさん、
こんにちは♪
こちらこそ、はじめまして! コメントをありがとうございます!
わぁ~息子さん、高校でマーチングバンドをなさっているのですね~
しかもクレメンツHS! state進出おめでとうございます♪
確か明日でしたよね? 是非ファイナルまで残ってください!
Areaはファイナルから観に行きました。さすがにどこの高校も素敵でしたね。
クレメンツはカラーガードでなくて、ダンスチームなのが斬新でぴしっと揃っていて素晴らしかったです。
もちろんソロを初めとして演奏もマーチングも!!
息子さんは何の楽器をされていますか?
うちはクラリネット。すっかりコンサートバンドモードに切り替わっていますよ(笑)

<< かぼちゃチーズと黒糖クランブル... 紅茶と洋梨のカットケーキ、クリ... >>