かぼちゃチーズと黒糖クランブルのタルト、黄桃とヨーグルトのパルフェ
b0108544_0424152.jpg

本格的に、秋! ですね。
日本の秋の味覚の話題、特に、大好きな栗を使ったお菓子や渋皮煮のお話、たまりません~ 
反面、まだこちらでは30℃を越す日もあり、まだまだ半袖で過ごしていますので、冷たいデザートも恋しくなります。
後半はそのお話。 まずは少し秋らく、ということで、かぼちゃを使った、長い名前(笑)のお菓子です。


かぼちゃチーズと黒糖クランブルのタルト
多佳子さんらしい、上のクランブルを下にも敷き詰めて、土台にしてしまう、お手軽なタルト。
おまけに、クランブルも、かぼちゃチーズ生地もフープロで作ってしまうので、本当に簡単~
手間といえば、かぼちゃをあらかじめ蒸しておくこと程度、でしょうか...

このかぼちゃが、日本のようなほっこりと美味し~いものとは少し違って、
少し水っぽいような、味が薄いような...
いえいえ、それでもアメリカのオレンジ色の大きいだけでおいしくはないかぼちゃではなく、
日本的な緑のかぼちゃが普通に買えるだけでも、ありがたいと思わなくては!

色も薄くて、一見かぼちゃが入っているとはわからない感じですね。
でも、かぼちゃの味はしたのですよ。
きび砂糖にはちみつも入って、見た目よりもしっかりとした甘さです。
黒砂糖入りのクランブルがまたしっかりとした味ですので、全体に少し重たい印象でしょうか...

かぼちゃのお菓子といえば、アメリカでは何と言ってもパンプキンパイですね。
特にハロウィンを前にしたこの時期にはつきものです。
先週、お友達のお宅に遊びにうかがった時に、御馳走になったパンプキンパイがとっても美味しくて!
自分では一度も作ったことがないのですが、今年は作ってみたいと思っています。








b0108544_043101.jpg

黒糖のスフレチーズケーキ
こちらも同じ稲田多佳子さんの「和風の焼き菓子レシピ」のほんから。
あらあら、焼きしぼみがすごくて、見た目にはすごいことになってしまいましたが、
味はよかったのですよ。
チーズケーキと黒糖の相性は結構よいことがわかりました。

黒糖は、上のようにクランブルに入れるよりも、チーズ生地に加える方が、かえってくどく感じません。
かえって、優しいスフレチーズの味によい感じでコクが加わるようです。
そしてよりしっとり~ 冷たく冷やしてもおいしいですね。

メレンゲはとろとろに、ゆる~くたてるとあったのですが、ゆるすぎたのかもしれません。
とてもよく、あふれそうになるほど膨らんだのですが、冷めるとひゅ~っとしぼんで...
回りの部分だけ、型の上に乗っかったままになり(くぼんでいますよね)、こんな見た目になってしまいました(泣)








b0108544_044499.jpg

黄桃とヨーグルトのパルフェ
アイスデザートですが、卵は使っていないので、火にもかけません。
黄桃、ヨーグルトなどをフープロでがーっと回して、ホイップクリームと混ぜ合わせて、冷凍庫で固めるだけ!
アイスクリーマーも凍らせる途中でかき混ぜる必要もないのです。

それでもガチガチには凍らないのですよ。
しゃりっとはしていますが、空気感があって、軽くスプーンが入ります。
生クリームをホイップするからなのでしょうね。

イエローピーチを横に置きましたが、本当は瓶詰めの桃を使っています。
缶詰が指定なのですが、トレジョーで買った瓶詰めのほうが美味しいかと思って。
開けてみると、意外に桃がしっかりしていて、甘みが少ない~
甘さ控えめ過ぎたかもしれませんが、上品な優しい味になりました。

多佳子さんの「フィンガーフードと小さなお菓子」の本からですが、これでは"小さなお菓子"ではありませんよね~(笑)








b0108544_0594082.jpg

いかがでしょう?  "小さなお菓子"になりましたでしょうか...
メロンを丸くくり抜く道具を使ってみました。
かなり小さくて、これはどこかで見たような...そうそう「アイスの実」!
ありましたよね? 思い出してしまいました。

家族にも、ころころが大好評!
ちょっと形を変えるだけでも、楽しく食べられて、いいですね~
もちろん、桃にヨーグルト、レモンで酸味も加えて、ピーチリキュールも効かせた、
味の方もとっても美味しかったせいもあります。









b0108544_0442185.jpg

スイートチョコレートアイスクリーム
こちらは卵黄も使ってアングレーズを作る、本格的なアイスクリーム。
柳瀬久美子さんのアイスクリームの本からです。

本ではカヌレ型を使っていました。
濃厚なお味なので、少なめな盛り付けがよいのだそうです。
盛っていないので、シリコンのマドレーヌ型を使ってみました。








b0108544_044447.jpg

本来はスイートチョコを使った大人向けのアイスなのですが、好みでミルクチョコに。
それでもチョコがほどよく濃厚に効いていて、とってもおいしい~!

チョコレートを使うと、焼き菓子など生地がしまった感じになりますが、
アイスでもバニラなどよりしまると言うか、まったり度が増したように感じました。
濃いけど、くどいわけではなく、味に深みがあるような...とにかく、とっても好み!

タコも「かなりおいしい~ もっとない?」と、いつもは反応が弱い(笑)のに、このチョコアイスには大喜びでした♪








b0108544_045251.jpg

ダークチェリーとグレープのゼリー
こちらはまた、多佳子さんの小さいお菓子。
グレープジュースに缶詰のチェリーを入れて、ゼラチンで固めるだけです。
さっぱりとして美味しく、ゼリーもふるふるの柔らかさでちょうどよかったのですが、
缶詰のチェリーというのが、そのままでは私にはあまり美味しいと思えず...








b0108544_0592480.jpg

夏にはフレッシュなアメリカンチェリーがお安く出回っていたので、
一手間かけて、コンポートを作れば、もっと美味しいゼリーになったかもしれませんね。
風味付けにキルシュ、いえ、赤ワインはいかがでしょう?

7月のことになりますが、このゼリーを持ってキルトの会に参加しました。
夏休み中ということもあり、参加者は4人と少ないこともあって、
ホストのNさんからの、「お昼は簡単に用意しますから~」との嬉しいお気遣い♪








b0108544_0452572.jpg

スモークサーモンのちらし寿司、お豆腐としめじのおすまし、きゅうりとわかめとしらすの酢の物、
きゅうりの食べるラー油和え...と全然簡単ではない、手間のかかる嬉しい和食でおもてなしをいただきました。
Hさんのスパイシーなタイ風サラダ、Tさんの具沢山な春雨サラダも加わって、豪華~!
御馳走様でした♪

私ももっとお菓子を作りたかったのですが、一番暑さも忙しさもピークの頃で、気力が足りず...
ゼリーの他には、ホールフーズで買ったお菓子で間に合わせてしまいました。 反省。


これからがますます秋本番、お菓子作りも楽しく感じられる時期です。
新しいレシピ本も届き(嬉!)、またまた作りたいお菓子がたくさん!
がんばって作ってね~、と
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2014-10-12 01:55 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://wingco.exblog.jp/tb/23550623
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dgre1 at 2014-10-13 21:03
今回も私の好みの子見つけた!
かぼちゃチーズケーキは私大好きです
日本は美味しいかぼちゃがあってとってもラッキーなのですね
ぜひ、くりりんを味わってもらいたかったー

新しい本からまた素敵なお菓子を作ってくださいね^^
Commented by cookie2008 at 2014-10-14 20:35
なんて手間のかかってるチーズケーキだろうと思って
見てると、「簡単」という言葉を使われてて吃驚!

私だったら相当時間かかって、形になりそうもありません(><)
すご~く美味しそうです。カボチャの色味が出てないので
見ただけだと判りませんね。

パルフェ、美味しそうだし、固くないのですね。
以前、アイスクリーム作ったら
スプーンがまったく突き刺さらないほど
固くなってしまい、それから作ってないな~(笑)

お友達とのランチ、美味しそうですね!
Commented by Wingco at 2014-10-16 10:52
★りえさん、
くりりんかぼちゃとは色も全然違いますよね。
ほんとに、かぼちゃでもりんごでもぶどうでも、
日本の果物や野菜の美味しさって、すごいな~って思います。
品種も毎年のように新しいものが開発されていますし。
羨ましいことを言ったらキリがないのですが、
そんな限られた素材を使っても、何とか美味しいお菓子を食べたい~
と日々戦っている(大袈裟)というわけなのです。
新しい本、もう眺めているだけで満足してしまって...
早く作らないと~もうクリスマスの足音が聞こえてきそうです♪
Commented by Wingco at 2014-10-16 11:04
★cookieさん、
わぁ~手間がかかっているように見えましたか!
嬉しいですね~
普通のタルトのように、延ばして型にきれいに敷き詰める必要もなく、
クランブルを底にぎゅぎゅって押し付けるだけなのです。
本当にお手軽ですよ。
もう少し、色が濃いと、もっと美味しそうなのですけどね。
しばらく日本のかぼちゃともご無沙汰しているので、味を忘れてしまいそうですが、
こちらのかぼちゃは少し水っぽくて、味も薄いようです。

そうそう、普通に凍らせると、アイスはがちがちになってしまいますよね。
それをフープロでがーっと回すと、また滑らかになりますよ。
このパルフェはその必要もなくて、普通に固めてもしゃりっと柔らかめです。
生クリームをホイップすることと、桃効果ではないでしょうか...
お外のランチもお洒落な気分でよいですが、
くつろいだ雰囲気でのおうちランチも楽しいですね~
あさってもまたクラフトの会なのですよ。
どんなお菓子を作りましょうか...♪
<< 日本のおみやげ、新しいレシピ本~♪ 【アメリカの学校】 ハイスクー... >>