しほさんプリン、ルミさんプリン ♪地区選抜バンドのコンサート
b0108544_3381067.jpg

久しぶりになかしましほさんのお菓子を作りました。
レシピはこちら→”ちいさなレシピを1ダース”の中の一つ、カスタードプリンです。

これが美味しかった!!
プリンは久しぶりのせいかもしれませんが、ぷるぷるっとした食感が懐かしい~
子供の頃に母が作ってくれたプリンに近いものがありました。









b0108544_414337.jpg

卵、牛乳、砂糖だけのシンプルな材料ですし、作り方もさほど違いはないのでしょうけれど、
あれこれたくさんプリンのレシピを試したものの、母のプリンとはどこか違うのです。

しほさんのカスタードプリンは、かなり近いながらも、もう少しプリッとしていたような...
全卵と卵黄の両方を使っているのですが、母はもったいないからと全卵だけで作っていたのかな?
などと思い出しながら頂きました。

バニラも使わず、卵と牛乳の味がストレートに感じられることも新鮮~
しほさんらしいシンプルだけど優しさのある、とても好みのプリンでした。


ただし、型出しすると、表面にはぽつぽつと小さい気泡が!
蒸し焼きする時に、温度には気をつけたつもりだったのですが...
つるつるっと滑らか肌のプリン~! が次回への課題ですね。









b0108544_3384721.jpg

ということで、という訳ではないのですが、タコが風邪をひいて高熱を出したので、またプリンを作りました。
タコは気管支が弱いので、風邪をひくと、必ず扁桃腺と腫らしますし咳が良く出ます。
いつもは風邪をひいても食欲はあまり落ちないのですが、今回は食欲もなく、
ヨーグルトとオレンジジュース、とこのプリンで何とか凌ぎました。
冷たいものでもアイスクリームは「いらない~」とのこと。 冷たすぎるのかな?

今回のカスタードプリンは、小嶋ルミさんのレシピで作ってみました。
ただし、タコはカラメルが苦手なので、今回は無しで。
バニラビーンズも入れるのですが、早く作りたかったので、バニラオイルで代用、ココットで簡単に。

写真に撮るつもりもなかったのですが、とても滑らかできれいな表面になったので、ささっと撮っておきました。










b0108544_339368.jpg

本当に、小さな気泡の一つもなく、膜もはっていません。
これならちゃんとプリン型でつくればよかった~(笑)

さすがルミさん、プリンと言えども工程が細かい!
気持ちに余裕はなかったものの、早く良くなってほしいという気持ちを込めて、丁寧に作ったせいかもしれませんね。
オーブンの温度はもちろん、温める牛乳、出来上がりのプリン生地、湯煎のお湯の温度まで指定があります。
その他にも、「確かに~」と思わせる細かい気配りが...

見た目だけではなく、食べてもとっても滑らかで柔らか~な美味しいプリンになりました。
ルミさんも全卵と卵黄の両方を使い、生クリームも入っているので、コクもあります。
昔懐かしいプリンとは少し違いますが、上品な、お店で頂くようなプリンでした。









b0108544_339181.jpg

黒糖レーズンの蒸しケーキ
こちらもルミさんの「おやつなお菓子」より。
寒い冬には、温かいおやつも嬉しいですね。
牛乳と生クリームが半々なので、普通の蒸しパンよりもしっとりコクがあります。

レーズンの苦手なタコのために、以前プレーン生地での蒸しケーキでおいしかったさつまいもに半分はしました。
生のままでよいのでお手軽にできます。

蒸しあがり、熱々の時には、黒糖だと甘みを強く感じるので、おいもより甘酸っぱいレーズンの方が合う!と感じました。









b0108544_3393683.jpg

でも翌日、冷めたのを食べてみると、甘さも和らぎ、おいもがもっちりとして、こちらもおいしい~
冷めてもぱさつかず、固くならないのも、蒸しケーキならではでしょうか。

バターではなく、サラダ油なので、軽さもあります。
材料を順にぐるぐる混ぜるだけの簡単おやつ。
気軽に作れて、美味しくて、ヘルシーで温かくなる蒸しケーキ...冬のお楽しみですね♪




☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆


ヒューストンでも1月は雪が降りそうな寒い日も多く、朝タコが咳をしだして、”危ないな~”と思った金曜日。
学校から帰ると、「今日はお休みの子が多かったよ。あちこちでゴホゴホしてたし、風邪流行ってるのかな~」とのこと、やっぱりね~  

いつもなら、高校の宿題からもしばし解放されて、補習校の宿題がある程度でほっとする金曜日の放課後ですが、
この日はAll-Region Bandの全体練習が夜に5時間もあり、学校から帰宅後、ちょっとおやつを食べただけで、
すぐに会場の高校へと、車で送って行きました。

10時近くに戻って、さぞかしお腹が空いたことと思いましたが、夜ごはんは半分も食べられず、ぐったりした様子。
熱を計ると38.7度!!
咳こみかたもひどくなっていたので、薬を飲んですぐ寝ました。

翌土曜日は朝からまた練習。
熱を計ると、朝なので38度以下に下がっていましたが、それでも熱はありますし、咳もひどいので、
「休むとか、遅刻するとか...」と私は言ったのですが、
「だめだめ、ちゃんと行かなくちゃ~」とタコ。
夜のコンサートだけでなく、二日間の練習も全て参加しないと、
せっかく合格したAll-Region Bandに資格が次の補欠の人に移ってしまうのだそう。

いつもは根性無しなので、「あら~こういう面もあるのね~」とちょっとびっくり。
↓こんな御褒美をいただけるからでしょうか。







b0108544_3395161.jpg

Tシャツと盾とワッペン。  Tシャツは裏に全員の名前入り。

All-Region Band(地区選抜バンド)に入ることは、テキサスのバンド高校生にとっては一つの目標になっているようです。
でもバンドとはいっても、夏秋のマーチングが楽しくてやっていたり、最初からオーデションは諦めている子も多いようです。
受けるのはタコの高校でも半分もいませんし、最初の予選に通るのは、三分の一以下だそうです。

Freshman Bandは名前の通り、新人である9年生だけのバンドです。
9年生から12年生までの4学年が同じ課題曲、同じ土俵で戦うので、9年生には少し不利かということで、
普通のオーデションに受からなくても、9年生だけでもう一度オーデションの機会があります。

タコは去年この9年生バンドに救われる前に、
普通のオーデションに受かって、Symphonic Windsに入ることができたので、
「もしかして、来年はその上のWind Ensumbleに入って、State(州選抜バンド)に行けたりして~」
と、捕らぬ狸の...をもくろんでいたのですが、もう少しのところでWindには入れず...

選抜バンド合格は嬉しいものの、手放しでは喜べないところもあります。
同じ地区にはヒューストン唯一の音楽学校もありますし、タコ曰く激戦地区なのだそうです。
タコは音楽の道に進む訳でもありませんし、あまり多くを期待しないようにしないと...(笑)
でも、来年もがんばってね♪










土曜の夜のコンサート、三曲のなかの一つです。
選抜バンドといっても、全体での練習は二日間だけですので、途中走りそうになったり、音の始まりがぴしっと揃っていない、
などそれなりの演奏ですが、高校生ともなるとソロで緊張してこける、ということもなく、全体にまとまってはいるような...
曲のタイトルResurgencesとは復活、再生などの意味だそうで、アメリカらしい、伸びやかで爽快、元気の出るような曲です。
もしお時間があれば聴いてみてくださいね♪


何とか夜のコンサートまで乗り切ったタコですが、もうふらふら~熱もまた上がっていました。
翌日は完全にダウン!
いつもは風邪で熱があっても、ちゃんと寝ないでごろごろしていたり、食欲も結構あったりしてあまり心配しないのですが、
今回は無理をしてしまったせいか、一日ほとんど食べずに寝ていました。
そんな中でもプリンは受け付けてくれて、作った甲斐がありました♪


その後も咳はしばらく続きましたが、今は大丈夫...
と思ったら、このところ急に暖かくなったせいか、花粉症の症状が~
心配は尽きませんね~(笑)
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-02-12 01:00 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://wingco.exblog.jp/tb/24122154
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by soleiljap at 2015-02-15 00:35
素晴らしい!タコくん具合悪いのによく頑張りましたね!
演奏、力強いですね。人数が多いので迫力もありますね! 力強さの中に時折響く澄んだグロッケン等の打楽器にホッとしたり、初めから最後までとても楽しめました。演奏アップありがとうございました。
タコくん、クラリネットでしたっけ? 探しましたよ~♪(分からなかったけれど^^)
それにしても、娘もそうでしたが、ブラスやっている子は我慢強いし根性あるのですよね・・・ タコくん、もう大丈夫ですか? お大事に!
Commented by dgre1 at 2015-02-15 17:33
プリンってたまにすごーく食べたくなりますよね
たしかに小嶋先生のプリンはすべてが細かいこだわりでした
そのおかげで絶妙なプルプル具合
シンプルな材料ですが作り方で食感が変わるから
面白いですね
Commented by Wingco at 2015-02-18 06:57
★ソレイユさん、
演奏聴いてくださってありがとうございます!
そう、たくさんいますし短い時間でまとめる方も大変だったのでは~と思います。
アメリカらしい曲ですよね。日本のブラスバンドはやはり日本の曲を演奏することが多いのでしょうか。
お嬢さんはどんな楽器でしたでしょう?
グロッケン、よく御存知ですね! 何のことかわからなかったので、タコに聞くと、
「ザイロフォンの金属のだよ~」って鉄琴のことなのですね?
それにもいろいろ種類があるようですが。
タコはクラリネットですよ。今回はクラリネット、なぜか黒髪の男の子が多いので、きっと特定できないかな~と映像アップしてみました。
普段はへなへなしているのですが、バンドとなると気合が入るようです(笑)
高校生活も楽しそうでいいですよね。
うちはみんなアレルギー持ちで困ってしまいます。
こちらではすでに花粉症が出てますよ。
私も先週辛かったです。ソレイユさんは大丈夫ですか?
Commented by Wingco at 2015-02-18 07:03
★りえさん、
そうそう、プリンはやはり王道の懐かしおやつですね。
毎日でも食べたいですよ。好みのプリンなら。
プリンとはいえ、あなどるなかれ、ですね。
ルミさんのプリン、できるだけ手順の通りを心がけて作ったら、
本当においしいプリンになりました。
感謝の気持ちをお伝えしたいです♪
<< ルミさんのはちみつのブランマン... 続・コストコのゴディバ トレジ... >>