多佳子さんの桜のエンジェルシフォンケーキ 黒糖のフィナンシェ
b0108544_104405.jpg

クラフトの会に持参したお菓子3種。
桜にフルーツの彩りが、春らしさを感じる組み合わせになったでしょうか。

この時でした。
シフォンケーキを作って、予熱していたオーブンに入れようと扉を開けると...
あら、熱くなってない...どうして?
とオーブンが壊れていることに気がついたのです。

うちのオーブンはガスで、アメリカではよくあるタイプの、上が煮炊きをするレンジになっていて、
そちらは全く普通に火が出るのですが、下のオーブンは全く火が付かない...

シフォンケーキは諦めるしかないと思ったのですが、
ふと、オーブントースターに入らないかな~と。
いや、やっぱり無理、上につかえてしまったのですが、下の網を取って、
じかに熱線に型を乗せることになってしまったのですが、
無理やり押し込んで、何とか入りました(汗)
いつもと違って、17cmと小さめの型だったことも助かりました。

温度調節も付いていますが、アナログのダイヤル式で、かなり適当な感じですし、もうダメモト!(笑)
それでもだんだん膨らんで来るのが見えて...もしかして、焼けてる...?

焼き時間も適当でしたが、型から外しても、ご覧のように、凹みもなく、立派なシフォン~
嬉しい~!!
発見しました。 オーブントースターでもシフォンケーキが焼けるのです!!!(笑)










b0108544_10444935.jpg

桜のエンジェルシフォンケーキ
稲田多佳子さんの「ちょっと和風の焼き菓子レシピ」の本からは、久しぶりのお菓子です。
ヒューストンで桜の花が咲いているのを見たことはないのですが、
春らしいお菓子を作りたくて、選びました。
細かく刻んだ、桜の塩漬けが入っています。

名前に”エンジェル”とついていますが、アメリカではなじみのあるお菓子、”エンジェルフードケーキ”
を参考になさったそうです。

エンジェルフードは、形はシフォンと全く同じですが、卵白のみを使った真っ白いケーキ。
こちらではスーパーなどでも売っていますが、一度食べたものの、ふがふがっとしていて、甘~い。
あまり美味しいものではありませんでした。
日本のシフォンケーキの繊細で柔らかいけれど弾力のある食感とは全く違います。

ですので、色は真っ白できれいですが、食べてはどうでしょう...?
と不安でしたが、普通のシフォよりもしっとりと空気感があって、軽~い感じ。
なかなかの美味しさです!









b0108544_10452340.jpg

はちみつのブランマンジェ、アプリコットソース添え
最近何度か作っているブランマンジェがまた登場です。
とっても気に入っているということもありますが、オーブンが使えないので、冷たいお菓子でその代わりに...
ということもありますし、このアプリコットソースとフルーツを添えて、おもてなし風にしてみたかったのです。

実は以前に作ったときにもアプリコットソースも作ったのですが、オーガニックのドライアプリコットを使いました。
それが、多分自然のあんずをそのまま干すとそうなるのでしょうけれど、オレンジではなく、茶色。
ソースにしても茶色のままで、うちで食べるのはは遜色ないものの、やはり見た目がきれいではないので、
よそ様の分には添えませんでした。
今回は普通のドライアプリコットを使いました。

砂糖、レモン汁と共に煮て、ミキサーにかけて、裏ごし。
酸味がきいて、とても美味しく、ミルキーなブランマンジェとよく合います。










b0108544_10455096.jpg

黒糖のフィナンシェ きなこグレーズ
こちらも多佳子さんの、今度は「フィンガーフードと小さなお菓子」の本に載っているお菓子です。
オーブントースターで焼けそうな小さ目の焼き菓子がないかな~と探しました。
本当はミニスクエア型を使うのですが、持っていないので、シリコンの個別のマフィン型に
フィナンシェらしく薄めに生地を流しました。

フィナンシェとありますが、バターは焦がしません。 
溶かすだけなのでお手軽に作れます。
その代わり、黒砂糖を使ってコクを出すのですね。

もちろんアーモンドパウダーもたくさん使うので、しっとりとフィナンシェのような食感です。
そしてきなこも入った、ラム酒だけで溶かすグレーズが大人の味わいです。
洋菓子なのに、黒砂糖にきなこと和の雰囲気を感じる、多佳子さんらしいユニークなお菓子です。









b0108544_1185048.jpg

桜のエンジェルシフォンケーキの断面、ふわっと軽いケーキなのがわかっていただけるでしょうか?
卵白4個に対して、卵黄を1個だけ入っているので、適度なコクもあり、
軽いながらも美味しいシフォンに似た食感になっているのでしょう。

桜の塩漬けが入っているとはいっても、細かいこともあって、花びらのピンクはあまり目立ちませんが、
口に入れた途端に広がる、桜の香り!   
みなさんには、いつもの通り、何が入っているか言わないで召し上がっていただきました。
アメリカにはない素材ですし、これは判りづらいのでは~との予想に反して、すぐ正解が!

「う~ん、この味、懐かしい何かよね...そう、桜餅!」
なるほど、餡は入っていませんが、桜餅の葉っぱの味ですね。
その塩気が効いていることも、よい感じです。
みなさんで、またお話も盛り上がり、どれも美味しくいただいた三種のお菓子でした♪


壊れたオーブンですが、アメリカでは修理を頼んでもすぐには来てくれなかったり、
ちゃんと直らないことも多いし、新しいオーブンの購入も考えました。
アメリカのオーブンは大きすぎるし、どうせなら、日本の多機能なオーブンレンジがよいな~
とも考えたのですが、とりあえず、修理の方にきていただいて(一週間待ち)、
結局、イグナイターという発火装置の交換だけで、無事に済みました(300ドル強)

よかった~これでまたお菓子作りもがんがんできる~
と思ったのもつかの間...
何と、今度はいきなり、冷蔵庫が壊れました~!!(泣)

メーカーに修理を依頼すると、やはり一週間待ち!
冷蔵庫のない生活、オーブンがないよりもっと大変です。
いろいろお友達に聞いても、修理に来てもらっても、モーターの交換が必要なので、かなりの高額だったり、
やはりみなさん、一度は冷蔵庫が壊れた経験をお持ちで、こちらは買い替えた方がよいということになりました。

アメリカの家電は10年が寿命と聞いたことがあります。
なるほどどちらも10年近くなるので、仕方がないのかもしれませんが、
何も続けて壊れなくても...

ということで、トラブル続きのため、ブログの更新も遅くなってしまいました。 
たくさんアップしたい話題はあるのに~!

三度目は...ないですよね??
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-04-29 23:59 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://wingco.exblog.jp/tb/24420446
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kirakiracafe2 at 2015-04-30 07:59
wingさん、おはようございます♪
ハラハラしましたが無事に焼けて良かったですね!
断面もバッチリ!!美味しそうです♪
甘酸っぱいアプリコットソースとミルキーなブランマンジェの組み合わせは
今の季節にピッタリ。想像しただけでもよだれが…
フィナンシェのきな粉グレーズが気になります。
バターを焦がさないフィナンシェなので黒糖を使うのですね。なるほど!!
Commented by Wingco at 2015-04-30 09:49
★kirakiraさん、
こんにちは♪
いつも遊びに来てくださってありがとうございます!
シフォン系は温度とか作ってすぐオーブンに入れなくてはいけないとか、
繊細なケーキだと思っていたのに、
こんな環境でも焼けてしまったことに驚きました。
このままもう少し、オーブントースターで作るお菓子、
を追求したかったですよ(笑)
ルミさんのブランマンジェは大のお勧めです!

すみません~ この記事、まだ書きかけ途中でアップしてしまいました。
最後の部分付け加えたので、よかったら読んでくださいね。
そう、今度は冷蔵庫が壊れてしまったのです(泣)

kirakiraさんのバナナビスコッティ、美味しそうでしたね~
どんな食感なのか気になります。
ココナッツも加わってトロピカルな雰囲気もこれからの季節にぴったり!
そして、塩パン! 
日本は次々に新しい流行がありますね。
普通のパンより塩が効いているのでしょうか...いただいてみたいです♪
Commented by cookie2015 at 2015-05-02 19:14
シフォンケーキの生地が出来上がって
オーブンの不具合はショックですが
臨機応変、オーブントースターで見事に焼きあがって
ますね!流石です。

以前、桜シフォンケーキを頂いたことあるのですが
桜の塩漬けの塩気で「和」を感じ美味しかったことを
思い出しました。

ブラマンジェ、ソースまで作るなんて手間暇惜しんでない
ですね。「裏ごし」という単語を見ただけで尻込みして
しまう私です(笑)

でもオーブンの修理代でも高いですね。
今度は冷蔵庫!暑くなってきたので
さぞかしお困りのことでしょう。
日本の電化製品も以前は10年と言われてましたが
4年前に洗濯機を購入した時、7年以上使用するのは
危険という表示がされてましたので
今は短くなってしまったのかもしれません。
Commented by Wingco at 2015-05-03 22:57
★cookieさん、
シフォンケーキは生地ができてから、トースターに入れるまで、
15分は経っていたのですけど、
結構メレンゲはそのままでも大丈夫なものなのですね。
お菓子作りって、こうでなくてはいけない~と決まりごとも多いですが、
それほどきちきちっとルールを守らなくても、
ゆったり楽しみたいと思った出来事でした。

桜シフォンはお店にもあったりするのですね。
そうそう、塩気がいい感じですよね。
いろいろなシフォンをいただいてみたいです。

私も裏ごしとか面倒~と省いて、出来上がりガいまひとつ~
ということ、よくあります。
ブラマンジェはそれだけでもとても美味しいのですが、
アプリコットソースは最強の組み合わせでした。

アメリカでは修理の人に来てもらうだけで、
労働賃として100ドル以上かかります。
直らなくてもです。
それプラス、交換する部品代とか修理にかかる費用なので、
直すより買ったほうがよいかな~ということも多いですね。
冷蔵庫はいろいろあって、やっと明日来ることになっています。
不便な毎日ですけれど、お友達のお助けがありがたかったです♪

日本のものはもちが良いと思っていました。
7年でも短い気がしますよ~
<< コスプレ、若田さん...ジャパ... 運動会のお弁当 ★商工会ソフト... >>