津田陽子さん *5つのベリーのタルト*
b0108544_17151282.jpg

5つのベリーのタルト
津田陽子さんの、その名もストレートな、「タルト」という本からのお菓子です。

タルト―3つの基本のタルト生地とおいしく焼く秘訣 フランスで出会った本場の味を手作りで

津田 陽子 / ひかりのくに



この本のお菓子を作るのは、とーっても久しぶり。 何年ぶりになるでしょうか。
タルトはそれほどうちの家族には喜ばれないので、何となくつくるのも億劫に感じてしまうことと、
以前作った時、津田さんのパート・シュクレはとても柔らかくて、その上延びにくい、扱いが難しかった覚えがあったのです。

それでもこのタルトを作ったのは、もうすぐ日本に帰ってしまう、Sさんのリクエストにお答えするため。
後ろに前回のフランボアーズシフォンがぼやけて写っていますが、
そちらと一緒にこのタルトもクラフトの会に持参しました。

Sさんがこの会に参加するのも最後なので、「何でもお菓子をリクエストしてね~」とお聞きすると、
「フルーツを使ったお菓子!」と言ってくださいました。
そこで、みなさんお好きなシフォンケーキ、とSさんが以前作ったブルーベリーのタルトを気に入ってくださった
ことをを思い出して、今回はフルーツを入れて焼くタイプのタルトではなく、
フレッシュなフルーツをたくさん乗せるタイプのタルトを作ってみました。








b0108544_1792177.jpg

乗せすぎでしょう~ というほどたっぷりのフルーツ!

”5つのベリー”  本ではストロベリー、ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリー、クランベリー、でしたが、
クランベリーはこの時期、フレッシュなものは見当たらなかったので、見た目が少し似ている(?かなり大きいけれど)
チェリーを代わりに乗せてみました。

外側には薄く削ったホワイトチョコをぐるりと...
ですが、室温30度越えの我が家、冷蔵庫で冷やしたチョコもあっという間に柔らかくなってしまいます。
この程度が限界でした。

ナパージュでおめかしすれば、ツヤツヤ~な美しさなのでしょうけれど、
すぐに食べるから、なくてもよいかな~と、やはり最後のキメの一手間がかけられず...(反省)









b0108544_17205042.jpg

わぁ~断面もきれいでなくて、すみません~
フルーツが盛りだくさん過ぎて、クリームが柔らかすぎて、カットが上手くできない~(涙)

キルフェボンではどうやってきれいにカットしているの~?
という話になりました(笑) 
専用の8(10?)等分になったカッターがあるとか??

本ではクレーム・パティシェールとなっているのですが、作ってみると、生クリームも使っていない、固めのカスタードクリーム。
う~ん、これにホイップクリーム混ぜた方が美味しそうよね~
と勝手に変えてしまったのです。
なのでゆるゆる~なクリーム。
見た目はこんなですが、食べると、「やっぱりこのクリームで正解だと思う!」とみなさまにも喜んで頂けました。

パート・シュクレは甘すぎずにざくざくと美味しく、敷き詰めるのに苦労した甲斐がありました。
そしてシュクレ生地の上のアパレイユがまた美味しい~!
普通のアーモンド・クリームとは違います!
いえ、似ているのですけど、もっと軽い食感。 焼いてもふわっと膨らみました。
メレンゲを加えているからでしょうか。
「実は、タルトのアーモンドクリームって、ちょっと重くて苦手だったの~」という方にも、
「これは美味しいわね!」との嬉しいお言葉! 
ありがとうございます♪









b0108544_17114963.jpg

美しい巻き寿司が、6種類も!
アメリカのお寿司屋さんでよくある、フュージョン・ロールを、Iさんが作ってくださいました。

たくさんお具を用意するだけでも大変だったことでしょう!
スモークサーモン、海老天、ローストビーフ、玉子焼き、きゅうり、アボカド、オクラ、まさご...

上の緑とオレンジの巻いてあるものは、Soyシートといって、湯葉の親戚のようなもの。
海苔とおなじように、そのままで使えるそうです。
カラフルでいいですね~ アメリカの方にも喜ばれそうです。








b0108544_1716245.jpg

他のお料理も珍しく美味しいものばかり。
豆乳も使った枝豆のムース、鶏のつけ焼き、たたきごぼう、切り干し大根とひじきのサラダ。
よもぎ白玉ぜんざい。やはり和のお菓子はほっとさせられます。
両面をぎゅっと焼いたりんごの薄焼きパイは、リンゴの味が凝縮された美味しさに驚きました。

みなさまお料理上手で、いつもランチの時間が楽しみです!
いつも御馳走の写真ばかりで忘れてしまいそうになりますが、本来の目的はクラフトなのですよ~♪(笑)

この日も皆さん、午前中はキルトやステッチなど、時に黙々と、多くはお話に花を咲かせながら、
作業を進めていらっしゃいました。
もちろん、午後も、ランチをささっと済ませて、お仕事、お仕事...(あやしい~)









b0108544_17193329.jpg

こちらでは、毎日のように雨の降り続いた5月でした。
6月に入って、うってかわっての晴天、間もなく夏休みにはいりますし、すっかり夏本番を迎えた雰囲気です。

ご覧くださった皆様にも、ビタミンCいっぱい、フレッシュなベリーの赤で、
夏の暑さを乗り切る、たくさんの元気が出ますように!!


フルーツいっぱいのお菓子、また作りたいですね。
一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-06-03 02:52 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://wingco.exblog.jp/tb/24546160
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kirakiracafe2 at 2015-06-03 09:24
wingさん、おはようございます♪
いつも遊びに来てくださり励みになっています。
ありがとうございます(*^^*)
小沢のり子さんがテレビに出演されるのって珍しいですよね?
その放送観たかったです〜そしたら、たまにはシフォンケーキを焼こうと
思い腰が上がっただろうにな^ ^
断面にラズベリーが見えてとっても可愛く美味しそうです!!
日本ではこんなに素敵なベリーのタルトは作れませんよ。
まずブラックベリーやラズベリーを手に入れることは難しいですしね。
ベリー好きさんにはたまりませんね♡
Iさんが作られた巻き寿司は、生ものが食べれない私にぴったり♪
ぽちっ‼︎
Commented by Wingco at 2015-06-04 20:24
★kirakiraさん、
こんにちは♪
こちらこそ、いつもありがとうございます!
マンゴーのロールケーキも美味しそうでした!
ビスキュイ生地の絞り出し、やってみたいと思いながら、
なかなかできていません~

小沢さんのお店も映っていて、御自分のことについても
語られていました。
お店を始められたのが50歳を過ぎてからということにビックリ!
シフォンの老舗的なお店ですし、それにしてはとってもお若く見えましたよ。
放送を見てすぐ作ろうと思ったのにそのまま...今日こそ作ります!
是非、kirakiraさんのシフォンも拝見したいです~

ベリー類が常にお安く手に入るのは、とても有難いですね。
苺など、形もいびつで酸っぱくて固いのですけど。

あら~お刺身が苦手なのですね~それは日本では不便なこともあるでしょうね。
アメリカのおすし屋さんは握りよりこういう巻き寿司が主流ですよ。
是非遊びにいらしてください♪
Commented by そうぼりん at 2015-06-05 10:09 x
Wingさん、早速遊びに来ちゃいました!
皆さんとわいわいがやがや楽しいランチだったのでしょうね~♪
美味しそうなお料理が沢山に、Wingさんの素敵なスウィーツ。
皆さん楽しい時間を過ごされたこと間違いなしですね!
ベリーのタルト、「The BERRIES!!!」って感じで贅沢なほどの量のベリー達。美味しそう~~~♪アメリカは今ベリーの季節ですか?
削ったチョコレートのアイディアも素敵。皆さんの笑顔が目に浮かびます~。

海外で生活していると、常に友人との別れがありますよね。特に駐在でいらしてる日本人の友人との別れは寂しいです。。。
それは子供達も同じようで、時に泣いてしまったりしてます。
別れがあるから新しい出会いもあるんですけどね…。

美味しいおやつの更新、楽しみにしていますね!
また遊びに来ま~す♪
Commented by Wingco at 2015-06-14 23:21
★そうぼりんさん、
こんにちは♪
遊びに来てくださりありがとうございます!
とっても嬉しかったです!
それなのにお返事が遅くなって本当にごめんなさい。
夏休み前後、いろいろなことが重なって、ブログへの余裕がありませんでした。
こんなゆるゆるとしたブログですが、
どうぞこれからもよろしくお願い致します♪

夏は特にベリー類がお安く出回りますね。
でもブルーベリーもラズベリーも一年中売っているのですよ。
冬にチェリーが売っていて、驚いたこともあります。

ヒューストンも結構日本人の方が多くお住まいで、
5年間でもたくさんの出会いがありました。
長くなるほどお友達とのお別れが辛くなりますね。
特に学校の終るこの時期は、帰国の方が多くて、
今年は特に仲良くしていただいだお二人が同時に帰ってしまい、
とっても寂しいです...
泣いてばかりいないで、ブログの方も更新しますね。
是非また遊びにいらしでください♪

<< 【男子高校生弁当】 肉団子弁当... *小沢さんのフランボワーズシフ... >>