リリエンベルグ、オリーブ油のシフォンケーキ  新しいベイキンググッズ
b0108544_23101044.jpg

ダダが日本で買って来てくれた、新しいレシピ本、新しいシフォン型を試したくて、シフォンケーキをさっそく作りました。

オリーブ油のシフォンケーキ


お菓子とケーキ おいしい生地の基本

成美堂出版




新しいシフォン型は20cm。  私がよく作る大きさです。
今までの20cmのシフォン型、もう何年も前のことですが、実は日本から持ち帰ってくる時、
他の荷物と一緒に乱暴に詰め込んでしまい、側面に大きな凹みを作ってしまったのです(泣)
金属とはいえども、アルミって案外柔らかいのですね~

ダダが手で押し戻して、何とか使える程度にはなったのですが、上から見ると、まん丸ではなく少しゆがんでいます。
シフォンケーキは20cmと大きい方がふわふわと美味しくできると感じていますし、
もう一つ、今度はきちんとした型があってもよいかとお願いしました。

そして、このシフォン型の売りは、真ん中の筒の根元の部分に継ぎ目がないということです。
洗いやすいとか...
確かに型は筒と底が一体化していて、根元の部分がカーブしています。
でも焼けたシフォンは真ん中の筒の周囲がぼんやり、少し凹んでしまったのでは?と間違えそうな姿です。










b0108544_034849.jpg

過去の画像ですが、今までのシフォン型20cmで焼いたシフォン。
私にはこちらの、継ぎ目までくっきり見えるような、きちっとした真ん中の円が好きでした。










b0108544_23103010.jpg

そして、こちらも初めて使ったシフォンナイフ。

わぁ~これでシフォンもきれいに型から取り出せる~と期待したのですが、
意外に薄くてしなるので、ちょっと最初感覚がよくわからなくて、シフォンを傷つけてしまいました。
最初の写真には、上手くできた部分だけを写しています(笑)
少し慣れが必要かもしれません。











b0108544_2311261.jpg

出かける時間がせまってきて、まだ温かいうちに型はずし、スライスしなければなりませんでした。
柔らかすぎるのに、余計に切りにくい~
もう、押さえるだけで潰れそうで、断面ぼろぼろ~
よく反省するのですが、もっと時間に余裕を持って、前もって作っておきましょう!

エキストラバージンオリーブ油を使いました。
それほど強いオリーブ油の香りは感じません。
食べていただいたみなさんにも、言うまでオリーブ油だとは気がつかなかったようです。

と~ってもきめ細やか、ほわっほわな柔らかいシフォンです。
ホールのままで持つと、指の跡が付きそうな、つぶれてしまいそうなほど。

とある集まりのおやつに作ったので、一度試してみたかった、シフォンケーキサンドにしようと思っていたのですが、
とてもホイップクリームの重さに耐えられないような柔らかさでしたので、中にサンドするのは諦めて、
ゆるく立てた生クリームを別に持って行きました。

「口に入れた途端に溶けてしまいそう~」という感想も頂きました。
とっても軽くて美味しいシフォンケーキ♪   
また作ります!










b0108544_2331626.jpg

今回頼んだレシピ本は2冊だけ、いろいろ気になる本もあったのですけどね、
どうしても欲しい~と惹かれるものはありませんでした。
いくつかは、電子書籍化されているものもあり...

そういえば、去年まではNHK「きょうの料理」のテキスト、定価の三倍近くしたのですが、
日系スーパーで定期購読していました。
こちらで唯一見られる料理番組ですし、母もずっと購読していたので、子供の頃から毎月読むのがクセになっています。
手元にないのは寂しい...
でも今年から、思い切って電子版に変えました。

慣れない最初は見づらかったですし、書き込みができないのは不便ですが、
とにかく日本と同じ価格で、発売日も同じなのは有難い!
便利な世の中になりました♪


お洒落な若山曜子さんの本、一冊読んでみたかったのですが、
お菓子の本は、ポップオーバーやジャースイーツなど、アメリカでは以前からあるものですし、
実は以前「きょうの料理」に御出演なさった時のパウンドケーキが好みのものではなくて...
でも大人気のようですし、お料理ならどうかな~と思って。

「フレンチデリ」名前もよいじゃないですか~(笑)
お洒落で美味しそうで、それでいて簡単そうな御料理がたくさん並んでいます。
特に、お野菜料理がたくさん載っています。
野菜料理はマンネリ気味になっていますし、苦手な野菜が多いうちの家族にも、よい刺激になってくれれば~
と思っています。










b0108544_23152620.jpg

著作権に関わってもいけないので、ちらっとですが、本の中身も。  
デザインもおしゃれ~♪

一方、リリエンベルグさんのお菓子の本は、少し時代が前~?かと思ってしまいそう...
いえいえ、真面目でためになる良い本だということが言いたいのですよ!(笑)

とにかく各工程が詳しく、写真もた~くさんです。
とても丁寧に作られた、初心者にもお菓子作りがわかりやすく説明された、お勧めの一冊です。
実際に本屋さんで手に取って見て選ぶのとは違いますので、読むまでは不安でしたが、
今回は二冊とも大成功~!!♪



そして、小さくて判り辛いかもしれませんが、シフォンケーキの焼き上がりの写真、
膨らみが型すれすれ程度です。  表面も平ら。
よく、型から溢れるのではないかと思うような、こんもりと盛り上がったシフォンケーキも見かけますが、
このリリエンベルグさんも、この前の小沢のり子さんも、バターシフォンだからかも知れませんが津田陽子さんも
同じような穏やかな表面、膨らみも型すれすれか、小沢さんは1cmほど出る程度です。

こんもり盛り上がったシフォンの方が見た目もインパクトありますし、
一時はそうなるべきなのかな~と思ったことも一時ありましたが、
プロの方と同じようだから、これでよい!と思うことにしています。
確かに、盛り上がった上の部分は若干目が詰まり気味、その部分は食感も固めだったような...

もちろん、生地量の違いよっても膨らみは違いますよね。
プロのシフォンでも、小嶋ルミさん、なかしましほさんはもう少し型から上にこんもり膨らんでいます。
しほさんは17cmで卵4個使用ですが、リリエンベルグさんは20cmなのに、卵黄4個卵白5個です。











b0108544_23154981.jpg

うちにあるシフォン型を並べてみました。
手前左、がこちらも今回買った、トールシフォン型17cm。
そう、シフォンは20cm!と言いながら、17cmも買ってしまったのです。
流行りものに弱い~(笑)

その右隣、20cmのシフォン型とトールシフォン、高さが同じですよね。
トールの上、小さく見えますが、こちらが普通の17cm。
その右が、以前からの(ゆがんでいる)20cm。
そして一番奥がアメリカのシフォンケーキの型です。
遠くなので大きさがよくわからないかもしれませんが...










b0108544_231686.jpg

ほら、すごい!   お隣は普通の17cm型です。
計ってみましたが、直径25cmありました!

一度だけ、卵10個使って作ってみたのですが、それでも型の上までは膨らまず、生地量が全然足りない感じでした。
それ以上となると、もう作れる大きなボウルがありません~(笑)










b0108544_23281894.jpg

こちらが今回新しく増えたベイキング・グッズたち。
馬嶋屋さんや浅井商店さんから。
もちろん、ダダが合羽橋まで出かけたのではありませんよ~ネットでのお買い物。
他にもクオカさんから、ホシノ酵母や鹿の子豆などを頼みました。

入れ子にならず、しまうのにも場所を取るので、なかなか買えなかった5.5センチのセルクル。
大きなセルクルは、アメリカでも売っているのですが、小さくて、背の高いのは見つからず...
口金も、種類大きさともに日本ほどは充実していません。

オーバル型が欲しいと思ってはいたのですが、”スリム”に惹かれて、こちらのスリムオーバル型にしてしまいました。
想像より小さくて、一口で食べてしまいそうな大きさです。
つい、シフォンのように一度に大きく作って、たくさん食べられるお菓子、を作りがちですが、
小さく可愛いいお菓子も作れるようになれたらよいな~と。
ムースフィルムも買ってしまいました。

ギザギザのナイフは違いますが、それに付けている物、ケーキを均等にスライスするための道具です。
便利そう~と思ったのですが、実際、刃渡りの範囲内の大きさのスポンジでないと切れないので、
18cmがぎりぎりかもしれません。
パーティーなど、20cmやもっと大きなケーキを作る時に使いたかったのですが...









b0108544_2316516.jpg

10切りのきりっと尖って、きちっと揃った口金。
ぴかぴか輝いて美しい~!
これからはクリームの絞りも、おさぼりできませんね~(笑)

セルクルには一個ずつに、値段のシールがついていたのですが、
シールがそのままベタ~っとではなく、上からセロテープで留められていました。
するっときれいにはがせて、セルクルには全く跡も付かず...
日本らしい気遣いだと感心してしまいました。


こちらにもベイキング・グッズを売っているお店はあって、基本的なものは手に入りますし、
変わった模様のケーキの型など、面白いものもたくさんあるのですが、
とにかくどれも大きすぎますし、種類の多さ、仕上がりの美しさ、使いやすさなど、
やはり日本のお店の充実ぶりは、大変に羨ましいものです。
一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-08-04 23:58 | お菓子 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://wingco.exblog.jp/tb/24758323
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 47nori at 2015-08-05 09:07
wingcoさんこんにちは。
シフォンケーキとてもきれいに型はずしされているので、どうやってはずしているのか伺おうと思ったらなんと同じパレットナイフを使っていました。完全に技術の差ですね(T_T)
真ん中の円を気にしたことがなかったのですが、言われてみると違いが出ているのですね〜。私もくっきり角が出た方が好みです。
シフォンケーキも配合で膨らみが変わるのですね。私は下井佳子さんのレシピでしか作ったことがないのですが、17cmで卵白4個なので確かにすごく膨らんで花割れします。仰る通り膨らんだ部分が目詰まり気味です。色々な方のレシピを試してみたくなりました〜
口金、アメリカの方がロイヤルアイシングとか先進な感じなので種類も豊富なのかと思っていました。
色々勉強になります_φ(・_・
Commented by そうぼりん at 2015-08-05 16:28 x
Wingさん、こんにちは!
シフォンナイフ、私も使いこなせません><高い確率でエッジをえぐってしまいます。
なので、最近は手外しが主流になっています。
Wingさんが書かれていた、「シフォンの型すれすれや1㎝程度出るくらい」って、膨らみ不足??って思いがちですよね。
でも、そう言う事ではないんですよね~。ほんとに、盛り上がった所って結局目詰まりしてしまうんですよね。
シフォンはやっぱり奥が深くて難しい!

アメリカも製菓道具、やはりブッブーですか?!
オーストラリアも大きすぎ、繊細さに欠ける、使いづらいetc。だから結局日本のネットショッピングで買ってしまうんですよね。
痒いところに手が届く、日本の細やかなデザインや使い勝手は本当に魅力的ですよね。
5.5㎝セルクル、私も持っていますが、最近出番が全くなくて(汗)。Wingさんの投稿を見て使いたくなりました!
近々セルクル使って、何か作ってみますね♪
Commented by 224sora at 2015-08-05 19:47
素敵なお菓子をたくさん作られるWingcoさんのお家には
お道具もたくさん!!ですね~(^o^)
やはり日本製のものは素晴らしいのですね!
日本人の細やかさや職人さんの心意気でしょうか?
日本人として嬉しくなりますね♪
電子書籍、私も最近気になってます!
Commented by きこ at 2015-08-07 07:59 x
Wingcoさん、お久しぶりです!LAのきこです。コメントはずいぶんご無沙汰になりますが、ブログはいつも読ませてもらっています♪。すごい偶然!私も最近リリエンベルグさんの同じ本を購入したんですよ。ここのケーキは食べたことはないんですが、おいしいケーキ屋さんが出した本だと知って、たまたま日本に行っていた旦那さんに頼んで買ってきてもらったんです。まだ何も作ってないんですが、Wingcoさんを真似してシフォンから作ってみます~。内容は、相原一吉著の「お菓子のなぜが分かる本」に少し似てるな~とは思ったんですが、人気のケーキ屋さんのレシピでいろいろ作れるのが楽しみです!
Commented by Wingco at 2015-08-11 05:10
★noriさん、
こんにちは♪
同じシフォンナイフをお持ちなのですね! 嬉しいです。
ナイフとはいっても鋭くはないし、使い方にコツが要りそうですね。
しばらくはシフォンを手はずしするのが気に入っていたのですが、
バターシフォンやこのオリーブ油を使ったシフォンも、結構型にくっついている感じなので、
シフォンナイフが役立ちそうです。

下井さんのシフォンの本のこと、初めてお聞きしました。
お気に入りのレシピ本があると安心ですよね。私も読んでみたいです。
シフォンケーキは材料も作り方もそれほど差が無いように思いますが、
結構本によってできるシフォンにも違いがあるように感じます。

ケーキデコレーション、もちろんウィルトンなどのお教室はアメリカが本場ですし、
とっても盛んですよ~
口金の種類もたくさんありますが、みんなセット売りになっていますし、細い物が多くて、
普通のクリーム絞ったりの太いものはあまり種類もないようです。
日本の口金はピカピカ輝いて、美しく見えてしまいます♪
Commented by Wingco at 2015-08-11 05:36
★そうぼりんさんm
やはりシフォンナイフ、扱いが難しいのですね~ 練習しなくては!
私も手はずしすることが多かったのですが、津田さんのバターシフォンは結構くっついていて、
手はずしが難しい感じなのですよ。

生地量でふくらみが違うのは当たり前ですよね。
型の淵ぎりぎりまで生地を入れている方のは、やはり膨らみも凄かったです。
リリエンベルグさんのは型の7~8割り程度でしょうか。
先日観たTV番組でもルミさんのシフォンが映っていたのですが、結構よく膨らんでいて...
自分で作ったときはどうだったかな~と、久しぶりに作ってみたくなりました。

オーストラリアも似た状況のようですね。
パリなどヨーロッパですとまた素敵なお菓子の型などありそうですが、
やはりアメリカはケーキ作りに関しては後進国って気がします(失礼!)
色とりどりのフォンダンやアイシングこてこての、見た目にはカラフルで楽しいですが、
口に入れたくないようなケーキばかりですから(笑)
いえいえ、ホームメイドのパイやクッキーなど、美味しいお菓子もありますよ~(汗)
合羽橋などに行って、あれもこれも自分でお買い物したいですね。

そうぼりんさんがセルクルで作られたお菓子、私も参考にしたいです!
楽しみにお待ちしていますね♪
Commented by Wingco at 2015-08-11 05:56
★soraさん、
一時はたくさん道具も揃えたのですが、腕が付いていかずに、全然使っていない物も多くて...
場所も取りますすね、ここ数年は自粛しています(笑)
アメリカの型は、とにかくサイズが大きくて。
ケーキの丸型も一般的なのは22cmなのですよ。
仕上がりの良さに加えて、御値段もそれほどお高くないのが素晴らしい!
電子書籍なんて、本を読んでいる気がしないし、使いにくそう、と思っていたのですが、
索引から直接そのページに飛ぶ機能や、ぱらぱらながら見が出来る機能など
結構慣れてしまえば便利ですよ♪
Commented by Wingco at 2015-08-11 06:03
★きこさん、
お久しぶりです! また遊びにいらしてくださって嬉しいです♪
同じ本を購入されたとは奇遇ですね~
私はNHKの番組で特集されていたのを観て、スタッフのみなさんの雰囲気が良さそうですし、
もちろん素敵なお店とケーキなので、とっても興味を持ちました。
本物のケーキは頂いたことがないのですよ。
実は去年、同じリリエンベルグさんのもう一冊の本を購入したのですが、
そちらも素敵な本ですが、材料も揃えにくいし、難易度の高いお菓子が多くて、
もう一冊、こちらの本もお願いすることにしました。
こちらは初心者にも作れるようなお菓子が並んでいて、やる気になりますよね?
何かお作りになったら、是非教えてくださいね♪
Commented by cookie2015 at 2015-08-12 05:52
何度もシフォンケーキを作られてるからこその着眼点ですね。
確かに円の角が際立ってるほうが美しく感じます。

今回のシフォンもやわらかさが伝わってきて
美味しそう~♪
型もたくさん持ってられるのですね。
ひとつひとつよく覚えられてるので
型も幸せだなぁと思います^^

若山曜子さん、私もきょうの料理のテキストで存在を知り
ブログも数年前から拝見しています。
テキストが3倍のお値段にも驚きでしたが
電子書籍ってそんなメリットがあったのですね。

製菓道具のネット購入。やはり送料も凄い金額に
なってしまうのでしょうか・・・
ついついそんなことも気になってしまいました^^;
Commented by Wingco at 2015-08-13 06:16
★cookieさん、
シフォンケーキは単純なようでバリエーションも限りなくあり、
奥が深いようですね。
まだまだ作り足りない気がします。
シフォン型、本当はまだいくつかあるのですが、型ばかり持っていて、
使いこなせていないことがお恥ずかしくて...

若山さんはブログもされているのですね! さっそくチェックしなくては~
次々とたくさんの本を出されていて凄いですよね。

円安になってきているので、テキストの値段も下がっているかもしれません。
やはり送料や手数料を加えると、日本の定価よりはずっとお高くなってしまいます。
食品もそうですよ。
日系スーパーでいろいろ手に入るのはありがたいのですが、
少し割高になっていると思います。
ネットで買っても、海外発送となるとお高くなると思いますよ。
<< タルト・フランベ ~小嶋ルミさ... TAKANOフルーツチョコレー... >>