三代目ホームベーカリー♪
b0108544_23544391.jpg

去年のことになりますが、新しいホームベーカリーがうちにやってきました♪

初めてホームベーカリーを買ったのが...定かではありませんが、10数年前? 
象印の一斤のサイズ。

二代目のホームベーカリーは2011年の夏のことでした。
ということは4年しかもたなかったことになります。
使い方が乱暴だったのでしょうか~?
MKの1.5斤サイズ。
パンケースの中心部のところが緩んだのか、もれるようになってきて、それでもだましだまし使っていたのですが、
とうとう、軸の部分が取れてしまったのです。

本体はなんともなかったので、パンケースを取り替えればまだ使えたと思います。
でも海外ではそれも面倒ですし、調べてみるうちに、やはり新しい物は機能も良さそう~
と買い換えることにしました。

三代目はパナソニックの二斤。 どんどんサイズが大きくなっています。
写真で見たときにはそれほど大きな印象はなかったのですが、実物はかなり存在感があります。
高さがあって、湯沸しポットかと思うほど。

付属品にミトンが左右両方付いているところ、日本らしい細やかさだと感心しました。
(実際に使うと、少し薄手で、少し長く持っていると熱い!のですが・笑)
羽が二種類ついています。 片方は、おもちやうどん用の羽。

そうなのです、お餅がつけるのが嬉しい~!
お友達からホームベーカリーでついたお餅を御馳走になって、つきたてのお餅のおいしさに感動!
次は絶対にお餅がつけるHBを!と思っていたのでした。











b0108544_23551633.jpg

イーストや具の自動投入機能が付いているのも初めてです。

イーストが落ちる時には、バン!、バン!、バン!と凄い音がするのでびっくりしました。
捏ねる音は驚くほど小さくなっていて、こちらも4年での進化、メーカーによる違いがあるのかもしれませんが、
その変化に驚きました。











b0108544_024377.jpg

左が二代目のMK製のHB。
1.5斤でそちらも結構な大きさでしたが、やはりもっと大きいですね。
奥行きはあまり変わらないのですが、特に高さが違います。

見た目はすっきりとして、新しい方がいいですね。
メニュー一覧は横にシールで貼れるようになっています。
できるパンの種類は前以上にいろいろあります。
でもMKはパン生地作りなどで捏ねや焼きの時間を指定できましたが、パナソニックのはできません。
MKの方がパン作りを深く楽しむ方には便利なことでしょう。










b0108544_03440.jpg

パンケース、こちらは1斤サイズのと並べてみました。
MKのはパンケースぼろぼろなので、ちょっとお見せできません。
一斤のはNYに越して行かれたIさんが、「古いのでよければ~」と私の窮状を見て置いて行ってくださったのです。
感謝感激~!

見れば、製造年が1999年!  タコの生まれた年です!
「Wingさんのようにまめじゃなくて、たま~に使っていただけだから...」
とIさんはおっしゃいましたが、外も中もきれいで、丁寧にお手入れしながら使っていたのがわかります。

私も10年は持たせることを目標に、今度こそ大事に使います!
(一時はいろいろなパンが焼けること嬉しくて面白くて、毎日、それこそ一日に何度も、お友達用にも焼いたり、
もっと大きなパンが焼けそうと勝手に量を増やしたり、固い具を入れてガラガラ回してパンケースを傷つけたり...
とかなり酷使していたのです・反省!)










b0108544_032997.jpg

初めて焼く時には、ドキドキわくわく~
きちんと焼けてほっとしました。

2斤といっても、横に長くなったのではなく、全体に拡大した感じなので、こう見てもあまり大きさの実感がありませんが...










b0108544_14014.jpg

上がつかえて、パンガードに入りません!(笑)
高さがかなりあります。

ちなみに、このパンガード(というのかな?)、見た目がかわいい~とクオカでかなり前に買ったのですが、
パンを支える部分が小さくて、しっかり支えてくれないのです。
使い辛かった~ 今はもう売っていないようですが。










b0108544_143073.jpg

やはりこの普通の方が使い勝手がよいです。
以前のは使いすぎて、2つに切れてしまったので、こちらも新調。

切っているパンはさきほどの2斤ではなく、1.5斤で焼いてみた方です。
これなら大丈夫。 ちなみに1斤のパンは焼くことが出来ない、と説明書にはあります。










b0108544_15626.jpg

2斤食パンの断面、やはり大きいですね~
開いた私の手のひらが、すっぽり入ってしまう大きさです。

普通の食パンコースもありますが、こちらはパン・ド・ミ。
説明書の最初に載っているのがなぜかこちらだったので。

普通の食パンコースは4時間半ですが、パンドミは5時間15分とかなり長めです。
ドライイーストが半分で、それだけ小麦本来の味のするパンになるそうです。
確かにイースト臭さもなく、ふんわりしっとり、薄めの耳もぱりっと美味しい~!

今まで、説明書についているレシピで、これだけ美味しいと思ったパンはないかもしれません。











b0108544_153044.jpg

それでもやはり以前からお気に入りの、生クリーム食パンも焼いてみました。
ぐ~んと釜伸びもよく出来ました。









b0108544_155883.jpg

普通の食パンコースでしたが、きめも細かくしっとりと、とっても柔らか。 
クリームの香りが少しリッチな、美味しいパンです。

アメリカのパン用の小麦粉は、粉そのものが少しくすんだ色というか、日本のように真っ白~ではないように見えます。
オーガニックシュガーもベージュがかっているので、パンもご飯のような真っ白~にはなりません。
僅かな違いですし、普段は気になりませんが...










b0108544_162454.jpg

日系スーパーで日本のヨットが売っていたので、日本よりかなりお高いのですが、買ってみました。
やはり透明感のある白さが違いますね。 断面つやつやしていましたし、確かに口どけもよくて、食感の軽いパンでした。










b0108544_1102096.jpg

あまり違いがわからないかもしれませんが、こちらはお餅つきの途中ですよ~

お餅作りなんて、とっても大変そうに思っていましたが、餅米を洗って、お水を計って入れるだけ。
途中、蒸しからつきに変わる時に蓋を開けますが、あっという間に、1時間半で出来上がってしまいます。

ただ、それからが、熱いうちに丸めたりのしたり、時間勝負なのです(なので写真もなく)けれど、
つきたての柔らかいお餅の美味しさは格別~!!

新しいホームベーカリー、大満足です☆☆☆
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-02-04 23:59 | パン | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://wingco.exblog.jp/tb/25328293
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kokoronotaiyou at 2016-02-06 19:52
わ~新しいHB買われたんですね~。
パナソニックさんのは、ふんわり柔らかい食パンが焼けるっていう評判を聞いたような。。。
わが家はwingさんの記事をみてMKさんのを購入しました。
最近あんまり使っていないので、久しぶりに動かそうかな。。。

↓のリンゴのロールケーキおいしそう!!
りんごのコンポートを巻き込むのですね~、なるほど。
まだまだいただきもののリンゴがたくさんあるので、作ってみたいです。
Commented by そうぼりん at 2016-02-09 16:19 x
こんにちは♪

HB3代目ですか!
2斤用は流石に大きいですね~
パナのはお餅が作れるのが良いですよね。
我が家は、初めて7年前に買ったMK1斤用がいまだに現役で働いています。
(一度中央の軸は交換しましたが。)
新しい機種は、どんどん機能も良くなるし味にも差が出そうですね。
これから益々Wingさんの美味しいパンが拝見出来ますね~(*^^)v

Commented by Wingco at 2016-02-16 01:11
★おかゆさん、
いつもありがとうございます!
お返事が遅くなってごめんなさい。

MKのHBはパン作りに慣れた方にも好評ですよね。
いろいろと細かい設定ができたのは便利でした。
パナソニックのは、お決まりのコースはとてもたくさんありますが、
捏ねや発酵時間の設定はできないのは、あら~という感じでした。
でもおまかせパンでもおいしくふんわりと焼けるので満足しています。

ルミさんのリンゴのコンポートが素材の味を活かしたとっても美味しいものなので、
ロールケーキも最高でした!
是非作ってみてくださいね♪
Commented by Wingco at 2016-02-16 01:24
★そうぼりんさん、
こんにちは♪
いつもコメントをくださってありがとうございます!
お返事が遅くなってごめんなさい! ちょっとぱたばたしておりました。

そうぼりんさんのHBもMKなのですね!
モーターが強いことでも有名で、問題なく動いていたのですが、やはり軸の部分が弱いのですね。
日本に住んでいたら、パンケースの交換だけで済ましたと思いますが、
また壊れることを想像して、思い切って新しいのを購入していまいました。
お餅をつけるのもありがたいですし、こねる音が静かなのにも驚きました。
見た目はそれほど変わりませんが、進歩しているのですね~

一時は自家製酵母パンも作っていましたし、お菓子作りよりもパンの方が
記事にすることも多かったのですが、
結局家族はハード系や変わったパンを喜んでくれないし、
とにかくフツ~のふわふわパンならよいという感じなので、気合が入らなくなってしまいました。
でも、せっかく新しいHBも買ったことですし、また楽しんでみたいと思っています♪
<< ゆずピール入りチョコムースケー... 抹茶ミルクのバターシフォン り... >>