紅茶のシフォン三種 新しょうがのチーズケーキ
b0108544_23264631.jpg

本題からは反れますが、お友達Nさんと二人で昨夜の残り物を適当に持ち寄ってざざっと並べた割には、
何だかとっても美味しそうなまかないランチになったので、こちらをトップに。

Nさんは、嬉しい甘栗入りかやくごはん、蓮根入りかぼちゃのサラダ、さつまいもの甘煮。
私は、きのこクリームシチュー、鶏ごぼう揚げ、きゅうりの一夜漬け、ミニトマト。

野菜、それも根菜たっぷり~で幸せ♪


そしてこの日の本題はこちら、「紅茶シフォンを作ってみよう~!」です。
Nさんの大学生になるお嬢さんが、紅茶シフォンの大ファンで、でもアメリカでは売っていないし、
作るしかないとお二人で二度作ってみたけれど、上手く出来ない...教えて~!
というお頼み。

お菓子作りはきちんと習ったこともありませんし、緊張してしまって、とても人様に教えるなんて無理~
とどなたにもお断りをしてきました、
でも、Nさんにはクラフトをいろいろ教えていただいているので、少しでもお役に立てるならば...
と、うちで実際に作っていただいて、何かアドバイスできることがあれば...ということになりました。












b0108544_23531964.jpg

一番手前の20cmのは、もしも失敗した時のために、前日に焼いておいた、ミルクティーのバターシフォンです。

真ん中のはNさんに作っていただいた、紅茶のシフォン
本に載っている説明が一番詳しかった、小沢さんのレシピにしました。
高さが出ていなくて、一見失敗? に見えるかもしれませんが、型が大きかっただけです。
アメリカで売っている型を持ってきてくださったのですが、真ん中の芯の部分がかなり細くて、
側面も真っ直ぐではなく、クグロフ型のように下に行くほど広がっているのです。











b0108544_23533380.jpg

Nさんと御一緒に私もなかしましほさんのチャイのシフォンを作ってみました。
トールではない方の17cmです。 
膨らみもよく、手はずしもよい感じにできて、Nさんの前で恥をかかずにすみました(笑)

底にスライスアーモンドを敷き詰めるのですが、以前作った時に、なんだかぱりっとしなくていまひとつでしたので、
今回はあらかじめ乾煎りしてみたのですが、やっぱりなくてもいいかな~的な存在でした(笑)
シフォンそのものは、シナモンとショウガ汁がきいて、豆乳でまろやか、あっさりとおいしいのですよ。













b0108544_2353513.jpg

Nさんのシフォンも、小さいものの、空気感があってふわふわなのが見てもわかりますね。

他の2つは紅茶の茶葉そのものが入っていますが、バターシフォンには茶葉が入っていません。
濃~いミルクティーとバターのコクがお気に入りのシフォンです。
三品ともお持ちかえり頂きましたが、ご家族もやはりミルクティーシフォンが一番人気のようでした。


Nさんの作っている様子を拝見して、気になったところは、メレンゲをたてる時にじっとしてハンドミキサーを
ほとんど動かさないことと、最後の混ぜ方が足りない?
メレンゲをつぶすのが怖くて、ささっと何となく混ざればよいかな~と思ってしまうのでしょうね。

その後、さっそくお嬢さんとシフォンを作ってみて、見事に成功~!
との嬉しいお知らせを頂きました。
お役に立てて、私も嬉しい~♪













b0108544_2354925.jpg

新ショウガのチーズケーキ
久しぶりに多田さんのお菓子です。
クリームチーズと同量のサワークリーム。
卵別立てのスフレタイプなので、ふんわりと軽い食感、爽やかなチーズケーキです。

湯煎焼きにすると火の通り具合を迷うのですが、カップで小さく焼くと余り気を使わなくてよいので、気楽に作れます。










b0108544_235424100.jpg

そして、千切りにした新ショウガを砂糖で煮た物と、本ではカシューナッツですが、代わりにピーカンナッツを上に乗せます。

チーズケーキに合うのでしょうか?
と不安もありましたが、新しょうがですので、食感も辛さも軽くて、ナッツとともに、よいアクセントになっています。
これはよい組み合わせですね。 おいしいチーズケーキになりました。

そしてrペーパーカップのブルーのラインもよい感じ。
地味かな?と思ったチーズケーキの印象が変わりました。











b0108544_23563068.jpg

この日のお茶は、アールグレーの香りに負けない、大好きなよい香りのお茶。
KUSMIの花束という意味の名前です。
お花でもバラのような(甘い香水のような)香りは苦手なのですが、こちらはすっきりとした香りなのです。

そしてこのマグ、こういう可愛い華やかな絵は私の好みではないのですが、
一緒に旅行した時にどこかの売店(富士屋ホテル?)で母の目に留まり、購入したもの。
中に茶漉しと蓋も付いて気に入っていたのです。
アメリカまでわざわざ持って来て、自分専用にね、と使っていました。










b0108544_23544278.jpg

こちらでは現地校の最終登校日が6月4日。
それ以降は二ヵ月半の長い夏休みに入るので、ママ友に会うと「夏休みの予定は~?」というお話になります。
やはり日本に一時帰国される方がほとんど。

「特に用があるわけではないけれど、一年に一度は親に顔を見せないとね~待ってるから。」
私も以前は毎年夏には帰っていましたが、待っていてくれる人がいなくなると、何となく、帰りたい気持ちも薄らいできます。

みなさんもたくさん、親孝行をなさってくださいね!
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-05-16 23:59 | お菓子 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://wingco.exblog.jp/tb/25805764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by そうぼりん at 2016-05-18 19:42 x
Wingさん、こんばんは♪
お菓子教室、お疲れ様です~(*^^)v
人に教えるのって簡単じゃないですよね。
アドバイスするのも言葉を選んだりしますし。
お友達からの成功のご連絡が何よりのご褒美でしたね!
3種のシフォン美味しそうです。
こちらで売っている型も、シフォンのような形ですが
馬鹿でかくて筒が細い。
とてもじゃないけれど使いこなせません><

新生姜とチーズケーキ、意外な組み合わせです。
サワークリームも入っているしサッパリって感じでしょうか?
kusumi tea最近色んな所で見かけます。
流行っているのかしら??
アールグレイ、大好きなので試してみたいな~
お母様が持ってきたカップも素敵ですね♪
親孝行…私は出来ているのかな。。。
Commented by Wingco at 2016-05-26 05:19
★そうぼりんさん、
こんにちは♪
お返事が遅くなってごめんなさい!
学年末でばたばたしております。

本当に、教えるのって性格にもよるのかもしれませんが、
私にはとっても難しく思えます。
特に作りながらしゃべるのって苦手。
お教室開いているかた、尊敬いたします~

Nさんは何にでも器用で上手くこなしてしまうので、
シフォンが上手くできないなんて不思議でしたが、
やはり慣れというのもあるようですね。
せっかく成功されたので、また作って欲しいです。

そちらも大きなシフォン型しか売っていないのですね。
卵10個は使うと思うのですが、
使いこなす方がいらっしゃるのか見てみたい!(笑)

チーズケーキとショウガは合うと思いますよ。
食感は軽いですが、サワークリームはヨーグルトよりはコクが出ますね。
KUSUMI、以前はこちらでも見かけたのですが、
最近は全く...ニューヨークなど大都会に行かないとだめなようです。
でも最近、マリアージュをそろえているセレクトショップをみつけて喜んでいます♪
カップ、素敵だなんてありがとうございます。
海外に暮らしているだけでも親不孝って思ってしまいますよね。
御電話など声が聞けるだけでも喜ばれることと思いますよ。
是非~♪
<< 黒糖バナナのバターシフォン レ... 小嶋ルミさんのフルーツケーキ ... >>