大納言入り抹茶ミルクシフォン 初めてのシャルロット 送別高2会
b0108544_1352024.jpg

大納言入り抹茶ミルクのシフォン
いつもの津田さんのバターシフォン、20cm。 今回は抹茶ミルクですが、そこに鹿の子大納言を入れてみました。
クオカの製菓用の鹿の子は甘さもほどよく、しっかりとした大粒。 シフォンに入れても目立ちます。

シフォンに大きな具を入れるのは、私にとってはチャレンジでした。
底に沈むこともなく、大きな穴もできずにほどよく散らばってくれて、期待通り!

パーティー用に作ったので、家族用に残したのはこの3切れのみ。
実はそれほど抹茶味を好まない(苦いから)ので、一口味見をするだけでよいと思ったのですが、
食べてみるとそれは美味しかった!
やはり抹茶に小豆は最高の組み合わせですね~
このアレンジシフォンは定番にしたいと思うほど気に入りました。











b0108544_1543258.jpg

シフォンの全体はこちら。
バターシフォンなので手はずしはできませんが、ぼろぼろしていませんし、まあまあの出来でしょうか。

この日はお昼からものすごいサンダーストームとなり、家の中は午後の3時なのに真っ暗~
照明をつけての撮影になってしまいました。
でも以前はオレンジっぽい暗い照明で、よく写らなかったのですが、電球取替えたら、写りも変わりました。
ちょっと光りすぎることは気になりますが。

ダダが日本の蛍光灯のように白い光のLED電球に変えて、
その時は、「まぶしすぎる~ 雰囲気がよくない~」と文句を言っていたのですが、慣れると平気になるものですね。
アメリカの照明って、家でもレストランでも薄暗いことが多く、それに慣れてしまっていて、
日本に行くとどこもまぶしすぎる印象です。
でもやはり薄暗いのは目に悪いようで、タコもたいそう視力が悪いですし、私も老眼の進みが早い~(悲)











b0108544_2221485.jpg

今回のパーティーにはこの三品。
高校生とママ達のパーティーなので、両方に好まれそうで、少し華やかに見える内容にしたつもり。











b0108544_1562063.jpg

カップショートケーキ
やはり少し白く光りすぎてしまいましたね。
子供達用に、ショートケーキをカップに入れて作りました。
バッフェ形式なので、大きなケーキだと切り分けるのにぐちゃぐちゃになりそう~と思って。

全く中身が見えていませんが、一番底には刻んだ苺に手作りジャムをからめたもの、ハチミツと練乳のソース、
ゆるめにたてた生クリーム、キルシュシロップをうったジェノワーズ、ホイップクリームの絞りだし、フルーツ、の順です。

「カップデザート」という本に載っていたものを、美味しそうな組み合わせかと初めて作ってみたのですが、
底の方はいろいろ入っていて、甘さが強かった印象です。
小さめのカップなので仕方なかった点もあるのですが、ジェノワーズは二枚にして間に挟むようにすれば、
バランスがもっとよくなるかな?と思いました。

見た目も華やかですし、子供たちにも好評。 カップケーキ、パーティーにもってこいですね♪












b0108544_1564094.jpg

バヴァロアのシャルロット
シャルロット、ずっと作ってみたいと思っていたのですが、作るのが大変そう~と手をだせなかったのです。
初めてにしては、何とか形にもなってよかった!

ビスキュイの絞り出しが、まっすぐ均等にできるのかが一番心配だったのですが、上手くできなくても、
それなりには見えるものですね。

デコはまだまだ。 本当は上を一面ベリーで飾りたかったのですが、使える苺が少なく、
適当にホイップクリームで空間を埋めることになってしまいました。











b0108544_157093.jpg

7組の親子での持ち寄りパーティー。
今回もたくさんのご馳走!
品数もですが、アメリカらしく、一品の量も多いのです。
いつものように打ち合わせなしてすが、バランスもいいですよね~

シュウマイは2名かぶってしまいましたが、それぞれ個性があって楽しいのです。
チキンウィング、チャーシュー、煮込みハンバーグ、ポークと筍のパイ、ポテトサラダ、レタスとチーズのレイヤーサラダ...










b0108544_1571638.jpg

新玉ねぎのサラダ、ちらし寿司、ライスサラダ。
この野菜スティックのディップソースが、和風味なのにこっくりと美味しくて! 
さっそくレシピを教えて頂きました↓
セブンの野菜スティック☆味噌マヨディップ

このほかに、キッチンには大きな寸胴なべいっぱいの、熱々おでんと鶏つくねのスープまで!
何品作られたのか、ホストのYさんのおもてなしは素晴らしすぎて、みなさまも感動~












b0108544_28282.jpg

デザートも充実!
プレーンシフォン、フルーツいっぱいの杏仁豆腐、バナナと洋梨のパイ、写っていませんがクリームブリュレ。
抹茶シフォンの色が...やはり普通の照明の下ではこのような写りになってしまいますね。

食べて、飲んで、遊んで、お喋りして、親子共々楽しい夜でした。
でも2組の方は日本に本帰国が決まってしまっての送別会、最後はしみじみとしたお別れとなりました。

たくさんの楽しい思い出をありがとうございます。 日本でもお元気で、また会える日まで...
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-06-14 23:59 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://wingco.exblog.jp/tb/25912606
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by そうぼりん at 2016-06-18 15:52 x
Wingさん、こんにちは!
今回のお抹茶のシフォンも凄く美味しそうですね~
大納言が良い感じに散らばって、ふわふわの中のアクセントになってますね♪
シャルロットも綺麗★
いちごはシドニーも苦労します。綺麗な物を探すの一苦労です><
皆さんのお料理もすごいですね~
誰かが作ってくれたお料理って、特に美味しく感じるんですよね(笑)

海外に居ると、必ず別れの時がやってきますね。。
私の知り合いも、ここの所立て続けに帰国です。
駐在でいらっしゃるとしょうがないのだけど、子供達がいつも辛そうです。。。
Commented by cookie2015 at 2016-06-19 06:46
おはようございます♪
シャルロットの中身の断面も見てみたかったです~
ババロア美味しかったでしょうね。

表面のビスキュイも綺麗~。
やっぱり器用です!

大納言が均等に綺麗に散らばってて
彩りもキメもふわっとしてますね。

皆様の持ち寄りの料理も美味しそうなこと!

お別れは寂しいですね。でも皆様充実した日々を
お過ごしになられて、良き思い出を胸に帰国
されてるんだと思います。
Commented by Wingco at 2016-06-19 13:51
★そうぼりんさん、
こんにちは♪
抹茶シフォン、結構大粒な大納言なので、このままで大丈夫かな?
と不安でしたが、理想的に焼きあがりで嬉しいです♪
シフォンに具を入れるのって意外に平気なのですね~
なんて油断していると、大変な失敗をしそうですが(笑)

シャルロット、思っていたよりも作りやすかったです。
でも食べてはビスキュイ生地よりやはりジェノワーズのほうが好みかな~
ババロアもまだ改善点あり、ですね。

苺は逆に日本のように同じ大きさ形のがぴしっと整列して
箱に入っているほうが特別かもしれませんね。
最近は甘くて美味しい苺にも当たるようになりましたし、
何よりオーガニックでもお安いのはありがたいです。

食べ盛りの高校生ママということもあり、海外生活も長い方が多く、
お料理も豪快ですよね。
お友達とのお気楽なパーティーは本当に楽しいです。
反面、親しくなればなるほど御別れは辛いものですね。
子どもたちは高校生くらいになると慣れてきたのか、
さっそく夏休みには日本で同窓会も企画しているみたいですよ。

Commented by Wingco at 2016-06-19 15:24
★cookieさん、
リクエストにお答えして(笑)シャルロットの断面もアップしましたよ~
上下で違う種類のババロアにしてもよいですね。
ビスキュイはまだまだ精進が必要ですし、また作ってみたいです。
抹茶と大納言の組み合わせは最高!
パンやパウンドでもいいですね。

同じ料理でもご家庭によって味が違ったり、
初めて見るお料理があったり、ポットラックは楽しいですね。
特に日本人同士ですと、和を感じるお料理が並んで、
外では食べることができない味が、とっても嬉しいです♪

駐在の方は限られた海外生活ということもあって、
とても精力的に毎日を過ごされている方が多いです。
私から見ると、環境も変わって、毎日の生活だけでも慣れるのに大変だと思うのですが、
運転もすぐに遠くまで、英語などの習い事に、
学校などでのボランティア等々、お忙しそう。
怠け者の私は反省ばかりです...
<< アメリカンチェリーのシャルロッ... かぼちゃのガレット ラムレーズ... >>