ヘルシー素材のパン☆パネトーネマザーで
b0108544_2228145.jpg
白神こだま酵母を使いきった後、今度はパネトーネマザーの出番です。
賞味期限も近づいて来たので、早く使い切らないと~ こちらではなかなか手に入らない天然酵母ですからね、無駄にはできません!

いつもお世話になっているまりまりさんの本から、ちょっと体にも良さそうな素材を組み合わせたパンということで、まずはヨーグルトパンです。





b0108544_22465253.jpg水は使っていなくて、ヨーグルト90グラムと牛乳100グラム、味わい深くとてもしっとりとしたパンになりました。

夏には特に濃厚になる、うちのカスピ海ヨーグルトがたくさん入っていますが、酸味はそれほど感じなくて、どこか爽やかだな~程度、甘みも少し増したようにも思えるのです。

ヨーグルトを使ったパンは好みで食パンはよく作るのですが、こうして丸く成形すると目先も変わるし、なにしろスライスすることを考えなくていいので、焼きたてのあつあつふわふわを食べられるのが嬉しいですね。特にタコは大喜びで食べていました。

本では16等分したものを二つで一組にするふたごパンなのですが、ちょっとサンドイッチにはしにくい形・大きさかな~といろいろに変えてみました。奥のふたごパンが本来のものです。


b0108544_22294435.jpg
次はコーンフレークブレッド。コーンフレークは最初から入れてしまうので、全く形は残りませんね。
少し耳の焦げが強くて中が黄色っぽくなる程度でしょうか、味は何だか素朴で食感はちょっとパサパサした感じ。トーストするとサクサク感を楽しめるとありましたが、そうでもなかったような...結局あまり好みではありませんでした。
考えてみると、使ったコーンフレークはホールフーズで量り売りしている、オーガニックだけど甘みもなにもついていない、そのまま食べてもあまりおいしくないような物を使ったせいかもしれません。

トーストに乗せたのはチェリーとキルシュのジャムです。これはさらさらしていてジャムというより濃厚なコンポートといった雰囲気なのですけど、とってもおいしかった~! 
もう一度作りたいと思っていたのですが、いつの間にかお店からチェリーの姿は消えてしまいました。


b0108544_22325263.jpg
こちらは真っ白な生地の大豆ブレッドです。といってもいつも無漂白の粉を使っているので、厳密には真っ白とは言えないのですけどね。
水煮の大豆を入れてしまうなんておもしろい! それもミックスコールでなくて、ある程度発酵が進んだ段階で一度生地をパンケースから取り出して広げて大豆を包み込むので、かなり粒そのもののまま残っています。
焼くことによって水分が抜けて何かのナッツのような食感になるのですよ! 固さもほどよくていいな~と思ったのですけど、もともとナッツはあまり好きでないタコには残念ながら不評。このパンで作ったサンドイッチのお弁当、見事に大豆だけほじくって残してありました(苦笑)

大豆といえば相性のいいのは豆乳ですよね。そちらも入っているのですよ~ その他にスキムミルクも入って結構濃い味になるのかな~と思ったたのですが、いえいえかなりあっさりしています。
画像のスライスのように伸びもよくて、焼きたてはふんわりしているのですが、若干ぱさつくのが早いような気がしました。風味も乳製品を使ったパンの方が好みのような気がします。
豆乳は75グラムだけなのですけど、水分の全部を豆乳にしてみたいような気もします。豆乳自体は嫌いではなく、健康のために牛乳代わりに毎日飲んでいるのですけどね~


b0108544_22333380.jpg






b0108544_22361723.jpg
最後はライ麦ブレッド。真夏の暑い時期に作って過発酵させてしまったのを覚えていてくださる方もいるかもしれませんね。
その後パネトーネマザーでもまた作ってみて、その時過発酵はしなかったのですが、他のパンに比べて高さも出ないし、なんとなくどっしりとしたパンになってしまったのです。
いつも中の具以外のことでは文句を言わない、全粒粉でも文句も言わず食べたタコも何だか食べづらかったらしく、何とかもう少しふんわりしたパンにならないものかな~と他のライ麦パンのレシピを試したりもしました。

見つかるレシピはカンパーニュのようなハードなパンが多かったので、もともとライ麦を使ってふんわりしたパンを作ろうというのが間違いなのかも~とも思ったのですが、「ヨーグルトにはライ麦の発酵を促す効果がある...」という記述を見て、もしかしたら~と試したらこれが成功でした!

まりまりさんライ麦ブレッド、水分は牛乳だけ、卵も入ったどちらかというとリッチさでライ麦独特のクセを和らげようと工夫されているような気がします。
もともとライ麦を使った素朴なパンって酸味が強いですよね? それにヨーグルトでは余計に酸っぱくなってしまうかな~と心配したのですが、酸味はほとんど感じません、やはりヨーグルトって優れものですね。卵も牛乳も入れませんでした、まりまりさんの全粒粉ブレッドの粉ををライ麦に変えたのです。このレシピではヨーグルトを使っているので。糖分はコクのあるブラウンシュガーにしました。

何と表現すればよいのか言葉が見つからないのですけど、ライ麦パン独特の味わいが大好きです。小麦の全粒粉とはまた違うのですよね。
おいしいので10グラム増やしてライ麦70グラム、強力粉180グラムにしてみても大丈夫、ふわふわのおいしさでした。
スーパーで、最初に買ったArrowheadとは違ったメーカーHodgsonのライ麦粉を見つけたので買ってみたら、前のはかなり細かい粉だったのに比べてこちらは粒々が混ざっている見た目にも違うもの、食べてもこちらの方がよりライ麦らしさを感じられて気に入りました。画像でも粒々が見えるかな~?


b0108544_22475194.jpg
ある日の夕方、ふと気がつくと、裏庭全体が金色に染まっていました。
空も同様、美しいような怖いような...

また一週間も更新が滞ってしまいましたね。土曜日にはタコ初めてのサッカーの試合、日曜のお昼には送別会夜は日本に帰国されてから一年ぶりにまたいらしたお友達を囲んでの夕食会、月曜も同様~とそこそこ忙しかったせいもあるのですけど、突然舞い込んだ訃報に気持ちが沈んでいました。
職場で知り合った私達夫婦にとって、日本で働いていた頃の上司でもあり、こちらに来ることができたのも彼のおかげ、恩人でもあります。同時に職場で一番仲の良かった私の先輩と結婚されたこともあって、家族ぐるみで親しくさせていただいた方でした。
移動先のサンフランシスコやシドニーにも遊びに行ったし、逆にコロラドにも何回かスキーなどで来てくださって思いでもたくさんあります。
二年前家族三人で赤坂のお住まいにお邪魔させていただいたのが最後になるとは思ってもみませんでした。奥さんと一年前にお会いした時にも病気の話などなかったのに...それから何故か一度もメールを出さなかったのです。悔やまれてなりません。

日曜日の送別会も、私達がコロラドに来た時からの長いお付き合いの方、日本に帰国なさるなんて思いもしなかった方なので、寂しい限りです。
海外に住む限り、こういう出会いと別れを繰り返すのは当たり前と覚悟しているのですけどね、何だかここ数年新しい出会いの方はさっぱりで、別ればかりのような気がします。
そして今日はこれまた急なお知らせをいただいて、頭がガ~ン!! これは立ち直るのに時間がかかるかも...
[PR]
by Wingco | 2006-09-12 22:36 | パン | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://wingco.exblog.jp/tb/5672789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miki3998 at 2006-09-13 22:39
いろんな素材でお作りになっているのですね。
 私も息子たちがまだ小さかった頃、毎朝パンを作って食卓に出しておりました。美味しいよ、ママ!と言ってくれると、また明日も作ろう・・・と思ったものです。
 食べ盛りの今は、ひとりで一斤も食べられるので、あっという間になくなります。作るのがおっつかなくなってから、パン作りの道具もしまうようになりました。お財布も軽くなりがちなので(笑)。我が家には白いご飯が一番安上がりのようです。(笑)
 お友達とのお別れ、辛いものがありますね。ブログでの出会いは、それに勝ることはないかもしれませんが、私はとってもいい出会いをいただきました。これからもよろしくお願いします。
Commented by studiopinot at 2006-09-14 13:02
ヨーグルト入りはしっとりしておいしそうですね。大豆入りも私には好みなのですが、タコ君はだめなのね。
これだけ出来たら、嬉しくて配りまくってしまうかも。パン作りいっさいしない[おいしいパン探検隊}に徹しております。

海外で生活すると、別れはつらい物がありますよね。
お友達以上のお付き合いでらした方との別れは、応えますね。
きっと時間が解決してくれますよ。
Commented by 子豚のへー at 2006-09-14 18:31 x
パネトーネマザー・・・・いったい?酵母の名前ですかぁ~?
Wingさんのところに来るといつもわからない名前がいっぱい・・・
ふむふむ、と思いながら読んでます。いつか、話がかみ合うように
ガンバリマスからねぇ~。
最初のその、パネトーネマザーのぱん、一瞬みたら、うん?
マッシュルーム??ってくらいきれいなパンですね。
ハイジのパンみたい・・・(わかりますか?)
ライ麦パンも・・・作れるようになりたいぃぃです。
うちの、相方?になるひとが好きなので、がんばってみようと思います。

お友達のお別れ・・・ほんと残念でしたね、つらいですよね。
でも、がんばってください。
いつか、Wingさんの新しい・・・お友達になれるか?なれないかわかりませんが、入れてください。 お願いします。m(_ _)m
Wingさんが癒されるまで、時間がかかるかもしれませんが、
ムリせず、Wingさんのペースで進んでください。やはり、ムリは禁物です。
Commented by ユキティ at 2006-09-15 04:33 x
こんにちは、お久しぶりになってしまいましたから、
一気読みさせていただいてます。
相変わらず美味しいもの天国ですね~。全部食べたいです。
パン。もうこのところずっと夫が出張で出たり入ったりの日々ですから
パン焼きはしてません。私だけじゃ食べきられないし、私は犬を連れて
外で食べる事が多いし、苦 この時期のコロラドの風ってとっても
気持ち良いですよね。きっとすぐに寒くなるのでしょうけど。。。
Commented by Wingco at 2006-09-16 23:40
★mikiさん、
毎朝パンを作られていたのですか~!それは凄い!焼きたてほかほかのパンをいつも食べられるなんて、息子さん方もお幸せですね~
一人で一斤!うちの子もこれからそんな感じになるのでしょうか?食べっぷりのいいのは嬉しいことですけど、実際大変ですよね。
何だかうちの家族はパンでもお菓子でもあって当たり前、あまり感謝の言葉がないのがちょっとむっとします(笑) しばらく作るのやめてみようかな~
日本でもお友達との別れってありますよね。海外暮らしだとほんと出入りが多い感じなのですよ。あまり親しくなるとあとで寂しくなるのも辛いので、一時はあまりお友達を作らないようにしようなんて思っていました。
でもこうやってプログでたくさんの方とお話ができるの、本当にありがたく思っています。現実逃避かもしれないのですけど、私にはかかせない存在になりつつあります。こちらこそこれからもよろしくお願いいたしますね!!
Commented by Wingco at 2006-09-17 12:55
★studiopinotさん、
タコはいまだにいろいろ嫌いな食べ物があるのですが、豆類は特にだめなのです。コーンや枝豆など子供の好きそうなな物も。だから大豆も食べてくれないかなと思ったらその通りでした。豆腐は大好きなのですけどね。
パン屋さんに並んでいるパンの種類だけを見ても、いかに日本人って食べることにこだわりを持っているかがわかりますよね。早く日本に行ってパン屋さん巡りがしたいです!
コロラドには適度に日本人も住んでいるのですけど、大都市とは違って狭い世界だし、最近新しい出会いがあまりないのですよ。お友達も次々と帰国されてさみしくなるばかりです。
Commented by Wingco at 2006-09-17 13:08
★子豚のへーさん、
パネトーネマザーは天然酵母の一種ですよ。イタリアで見つけられたそうで、何となくそんな雰囲気がします~ということもないのですけど(笑) 甘みがあってこれでパネトーネを作ったらおいしいのだろうな~って思っています。
フィアンセ様はパンがお好きなのですね~なんていきなりごはんの方が好きだったら驚きますよね。もしかしてデンバーでもおいしいパンが売っているお店とかご存知なのではないでしょうか?是非教えてくださいね!
日本人が好むふわふわのパンにはお目にかかれないですけど、ハードなものやベーグルなどは結構おいしいお店があるので安心してくださいね。
いろいろと心配をおかけして申しわけありませんでした。暖かいお言葉嬉しかったです!
楽しいこともいろいろとあって、いつまでも沈んでばかりいるわけではないのですけどね、反対に忘れてはいけないとも思っているのです。
Commented by Wingco at 2006-09-17 13:20
★ユキティさん、
長旅のお疲れもなくいつものようなクリエイティブなお料理、楽しませていただきました!
そんな~うちは相変わらずのHBおまかせパンばかりで進歩がありませんよね。暑くもなくなってベーキングをする気にもなっているのですけど、逆に毎日お天気がいので、家にこもるのももったいない気がしてしまいます。
毎にお外ごはんですか~?羨ましい!うちは最近夫の出張もないし、面倒がってレストランにも連れていってくれないのですよ。そちらにはおいしいお店がいろいろありそうですね、一度行ってみたいのですが、なかなか...ボウルダーにももう何年も行ってませんからね~
<< イチゴのムース バルサミコ風味 ルバーブのムースグラッセ☆Ta... >>