初!「天然酵母でつくるお菓子」
b0108544_227065.jpg
買ってからずっと気にはなっていたものの、作るには敷居が高そうだな~と眺めるだけだった、増沢恵子さんの「天然酵母でつくるお菓子」。やっと初めてのお菓子を作ることができました。

グジェールというその名前、聞いたことはなかったのですが、本来はシュー生地にチーズを混ぜて焼いたものだそうです。それを甘くお菓子にアレンジされたそうで、作り方もバター、水、粉を火にかけて練って、卵でのばすというのはシューと似てますね。




なんとなく表面の感じもシューを想像しませんか?
でも中は違って、さっくりしたマフィンのようなスコーンのような...でもやっぱりシューのようなところもあり...おもしろい食感ですね~
冷めてしぼんでしまったのですが、熱々はもっと盛り上がってしっとり、スフレにも似ている!のおいしさでした。


b0108544_2225534.jpg
本ではマロンクリームを使ったモンブラン風のデコレーションやチョコクリームを乗せたりと、秋のアレンジでしたが、実はこれを作った時はまだ暑くて、「アイスクリームをソース代わりに添えて...」とも書いてあったので、大雑把にただアイスを乗せて食べてみました。

フツーのアイスに見えますが、これは乳製品を使っていない、イチゴ、ココナッツミルク、お豆腐、メープルシロップで作ったマクロビのアイスなのですよ。
甘さ控えめ、優しい味同士の組み合わせは○でした。

この本では全てに、発酵力が安定しているという理由でホシノ天然酵母を使っています。
このグジェールは生種を何と4グラムしか使っていません。食パン一斤作るのに25グラム使うので、本当にこんなに少なくていいの~と不安もあったのですが、ちゃんと膨らむものなのですね~
でも本当は6センチのココットを使うのですが、これは8センチのラムカンということで、生地を入れる量が少なかったようです。次回は溢れるほどに、そして秋バージョンでまた作ってみたいな~!


b0108544_2152239.jpg
そして次に作ったのは、いくつかのブログで見かけた天然酵母を使ったスコーンです。
スコーンは他の材料を混ぜた中に、小さく切って冷たくしたバター入れてすり混ぜるだけの準備も要らないラフで簡単なお菓子のはずなのですが、こちらはできた生地を棒状にまとめてから冷蔵庫で1日~4日低温発酵させるというのです! お預けの期間が長い~

でも考えてみれば、一度に生地を作って毎日少しずつ焼いてもいいのですから、毎日焼きたてのスコーンを楽しめるのはいいですよね?
それも1日目はどっしり、4日おくと軽い食感~と変化もあるのです。

外見からも素朴な感じを受けますよね? 外側はクッキーのように」かりっと、それでいて中はしっとり。スコーンといってもアメリカでよく見られるザクザクしたのとは違って、どちらかと言うとイングリッシュ・スコーンに似た感じです。そして酵母を使っているのでパンのような風味なのですよ~

こうしてアップにするとそれなりに大きく見えますが、実は... 

b0108544_2154178.jpg
こ~んなに小さい。下は普通のオーブンミトンですからね。一口...ではちょっと無理?でも二口では大丈夫~(笑)の大きさなのです。
間違えたわけではなく、直径4センチのセルクルで抜くのですからね、やはりクッキー感覚でいただくものなのかな~?
それから今までのスコーンと違って、焼いてもほとんど膨らまないのです。これってもしかして失敗?(笑) 是非この本のスコーンをお作りになった方、どんな感じだったかお聞かせくださいね~!

本当はチョコチップとカランツ(小粒のレーズン)も入れるのですが、タコは両方苦手だし、まずは生地本来の味を確かめたくてプレーンのままにしてみました。ほとんど甘さはないのでそのままでは物足りないかもしれませんが、ジャムやクリームを少し付けるとほのぼのしたおいしさが口に広がります。
見かけも味わいも地味なのでダダには???でしたけど、タコには気に入ってもらえたようで、なくなるまで毎朝「スコーンは?」と聞かれました。よかった~!


b0108544_21401525.jpg
永遠に続くかと思った丸めの作業、直径2センチを50個、それも一度目の分割・丸め・ベンチタイムの後二回目の丸め直しですからね~がんばりました!

一個12グラムずつに分割というので、一応計ったのですよ~
分割も半分過ぎると、感覚を手が覚えるというのか、一回の計測でバッチリ12グラム!となることがほとんど。これってもしかしてすごい~?(誰も誉めてくれないから自分で) パン職人の喜びってこんなとこにあるのかも~などと調子に乗ってしまいました(笑)

なんて実は50個作ったわけではありません。いつものクセで、大きさが変わると食べた感じも違うのかな~と5個ほどは倍の大きさにしてみました。一番手前の2つが大きいの、おわかりですよね~?
それでも大きいの5個+小さいの40個、数もピッタリできたのでまたまた嬉しい~!!

そしてこれをオーブンで焼いて、焼きたてに溶かした発酵バター、ハチミツ、シナモンを混ぜたものを絡めたのがこれ↓です!


b0108544_21414179.jpg
そう、ボッコンチーノというこれまた変わった名前のお菓子。以前「ろんどんらいふ」のmappetさんのところで拝見して以来、「どんな味なのかな~? 食べたい~!」とずーっと虜になっていたのですけど、これも同じ本に載っているのですよ~ 
mappetさんはもっと焼き色も薄くて、きれいに作っていらっしゃいますね!
本には「表面に焼き色をしっかり」と書いてあったので忠実に、こちらは本の写真と同じにできたのですけど、次回は薄めにしてみようかな~

50個は大変そーと作るのは今頃になってしまったのですが、「これ美味しいに違いない!」と睨んだ感は当たってましたね~ 
もう大満足!! 病み付きになりそうなおいしさです。ダダも「洗練された揚げパンのようだけど、どこか違う。 つい食べ過ぎるからマズイよこれ~」と気がつけばどんどん減ってる...
日曜のタコの補習校のおやつ(この前の記事の最後はこれですよ~)の他に、補習校の帰りにみんなで公園でサッカーをする時のおやつに~と土曜日に作ったのですが、結局足りなくて他のお菓子を作るはめになりました。

回りはカリッと、なるほど揚げドーナツのような感じなのですけど、中はしっとりもっちりとしたパンの味わいです。生地の材料も作り方も、発酵は二回あるしリッチなパンそのものです。
そして発酵バターを使っていますからね上品な感じ、揚げているわけではないのでくどさがなくて、ハチミツとシナモンの香りもたまりません!
といっても生地にもバターはたっぷり、食べ過ぎには注意しましょう~(もう遅いけど)
[PR]
by Wingco | 2006-10-12 21:24 | お菓子 | Trackback(1) | Comments(24)
トラックバックURL : http://wingco.exblog.jp/tb/5855629
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Baking Diary at 2006-10-23 08:55
タイトル : 風邪予防
mappetさん、Wingcoさんの美し~くておいしそうなできあがりを拝見し、 やっとこさ作れました! ホシノでボッコンチーノ。「ひとくち」という名前の付いたかわいいお菓子です。 これ成形が大変そうで、今まで腰が引けてたんです。@12gって・・・。 レシピ全量やったら、たぶん発狂するとおもったので、半分で作りました(笑) ↑半分でも結構な量でしょう~。雰囲気も何もない写真ですが・・・^^; お味は・・・想像以上のおいしさ! もっと油っこいのかな~と思ったけど、ごくごくあっさりした揚げ...... more
Commented by assam-milk at 2006-10-13 07:18
Wingさんこんにちはー!
天然酵母お菓子がずらりと勢ぞろい~っっ、またまた興奮なわたしです☆☆
グジェールも気になっていたのですけれど、やっぱりおいしそう!すごく美しいですね~。シューみたいな、スフレみたいな・・・?
やっぱりこれは自分でも作ってみなければ(笑)
ボッコンチーノも、mappetさんのところでみて以来作りたかったのですが。あーーこれも絶対おいしいですよね!!
小さく丸める作業、多分途中で発狂しそうなのが心配で躊躇してたんです・・・^^;
ところで、このシートは、シルパットをお使いでしょうか??
私も欲しいなと思っていて、、検討中なんですが、どうもサイズがいまいち合わないみたいで。。
Commented by jianai_1999 at 2006-10-13 10:58
Wingさんご無沙汰してまーす。
この本、わたしも持ってまーす!! でも作ってませんが(汗)
天然酵母ってところがネックになって、重い腰が上がりません(笑)

グジェールもボッコンチーノも両方とも美味しそう!!
グジェールのモンブラン風のデコはワタシも心惹かれたんですよー
マロンが家にあるから、この秋には必ずトライしなくっちゃ!!
ボッコンチーノはおすそ分けを想定して作らないと、全部身になっちゃいそうですね(笑)
Commented by nonshi at 2006-10-13 17:25
どれもこれも、あんな感じだけどこんな感じでもありちょっと違う、、、という、新鮮なものばかりではないですか!(とちょっと興奮気味) いつも同じようなものばかりできてしまう私としては、もうとっても食べてみたいものばかりです。ボッコンチーノは特に。ふふ 私もmappetさんのところでこれはおいしそう!とうなっていましたよ。ああ、これはやっぱり天然酵母に足を踏み入れるべきでしょうかねぇ。だけど、その後、丸めるがんばりが無理そう。。
↓のお弁当、私も混ぜご飯ものに目がないのです。秋刀魚のもかぼちゃもおいしそうで。だけどあの餃子のおいしそうな焼きっぷりったら!明日は餃子にします。。。
Commented by mappet at 2006-10-13 17:32
Wingさ~ん、 こんにちは  ^^

 リンクありがとうございました!
おいしそうにできていますね~♪ あー また食べたくなったけれど たしかに食べ過ぎてしまって恐いですね、、 (汗)
 私の写真を見たら 確かに白いっぽいですね~ (笑)
実際、結構焼き色がついていたんですが たぶん砂糖のつけすぎと(笑)写真の補正と、そうそう、シナモン入れなかったような、、、
 絶対 しっかり焼いた方がおいしいと思いますよ~。

天然酵母 いいですよね。
最近、すっかりさぼってしまって 冷蔵庫の中で眠っていますが 「素朴がおいしい、天然酵母のパン」を買ったので そろそろやろうかな、、と思っています。 でも フランスパン用の粉がたくさん登場するんですよ~。 日本で1キロだけ買ってきたんですがまだ開けていません、、
こちらでは手に入らないみたいで。。。 
Commented by hawaii_oslo at 2006-10-14 01:03
凄いですね。もう圧巻です。
天然酵母って扱いが難しいから、やっぱりパン!って思ってたけど、お菓子も作れるなんて。
最初のものは、最初スフレに見えました。(スフレ大好きなので...)記事を読むと、本当においしそう。シュー生地も好きなので、絶対美味しいだろうなー。
天然酵母でもスコーンが焼けるのですね。それも手間が掛かってて、すごいです。外側がカリッとしてて、中はしっとりなんて美味しそうですね。うちの冷蔵庫にもホシノ酵母が眠ってるので、そろそろ起してあげなければ。。。。
Commented by おず at 2006-10-15 09:24 x
いつものごとく本当に美味しそう。。。ごっくん!
Wingさんがママだったら。。時々ホンキで思います。。。
途中の研究姿勢もGOOD!どうせ作るんだから、2倍だとどうだろう?なんて思ってやってみるなんていいアイデアですよね。私もまずいスーパーの寿司なんか食ってないで、昼飯作れ。。であります。ダメダメ主婦の代表な自分。。。
Commented by studiopinot at 2006-10-15 10:44
wingさんは理系に強い方なのでしょうか。
ないものねだりをしております。
ポッコチーノが美味しそうで、作ってみたいなーと、でもコロラドから飛んでくるかしらと。
ロンドンライフのmappetoさんを訪問しましたら、大好きなアステイエ・ド・ブイラットの器がありました。ありがとう。
Commented by 子豚のへー at 2006-10-16 00:42 x
きゃぁ~~。素敵。いつもながらにおいしそうです。
やっぱり・・・Wingさんカフェやれますよ。絶対無いもの・・・コロラドに・・!
私、常連になりますからぁ~~。
おいしそう。ポッコチーノ??聞いたことがないのですが、これまたおいしそう。作り方を読んでいるだけでも、食べたくなりますね。
気になったんですが、タコ君のサッカーとかの帰りのおやつは・・・
みんなの分、皆さんで作るのですか?もちより??大変そうです。
Commented by Wingco at 2006-10-17 13:20
★assam-milkさん、
ずらりだなんてとんでもない~assamさんの毎日お作りになるのとは比べ物になりませんよ。今回もまた更新もお返事も遅くなってしまってだめですよね~もう画像だけたまりに溜まって...
グジェールのモンブラン風の写真には惹かれますよね~今まさにぴったりの季節なので作ってみたいのですけど、去年は売っていたマロンペーストが見つからない~
食感は何だか不思議、ボリュームのあるシュー生地というのが近いかな?でももしかして失敗だったかもと思っているので、是非assamさんのお作りになっての感想がお聞きしたいです。
ボッコンチーノは絶対にお勧めです!50個、それも二回丸めるのには私もびびりましたけど(笑)、とても丸めやすい生地なので楽しく感じましたよ~
そうそう、Silmatですよ~何回使っても変わらないし、シリコン製品ではいろいろ失敗していますが、これは重宝しております。
サイズ、こちらでは2種類売っていて小さい方を買いましたが、こちらでうられている天板にちょうど合う大きさでした。だいたいですが42センチ×28センチというところでしょうか。日本で売られているのも同じ大きさなのかはちょっとわかりませんけどね~
Commented by Wingco at 2006-10-17 13:27
★kanaさん、
こちらこそご無沙汰してしまいました。一度伺ったらご旅行でお留守だったのですよ。
まぁ、kanaさんとはダブル本多いですよね~
私も本の装丁が素敵なのでつい買ってしまいましたが、珍しいお菓子のオンパレード、はたして自分で作れるのかな~と半信半疑でしたよ。
ホシノは種を起こせば扱いは簡単ですので、是非試してみてくださいね!
マロンがおうちにあるなんて羨ましい~こちらではあまり一般的なものではないのですよ。自分で茹でて作ればいいのですけどね~
kanaさんのグジェール、是非拝見したいな~
Commented by Wingco at 2006-10-17 13:35
★nonshiさん、
いつも同じようなものになってしまうのは私ですよ~のんしさんはよく洋書から珍しい素敵なお菓子をお作りになるのですごいなっていつも思っています。
この本はどれも聞いた事のないようなお菓子ばかり載っているのですよ~本も素敵だし、眺めているだけで楽しいのですが、作るのには面倒そうなのばかり(笑)
今回作ったのはこれでも簡単そうなものなのですよ~
でも天然酵母、パンだけでなくお菓子に使えるって、また惹かれるところでしょう?
ボッコンチーノは粉も300グラムと多いのにすぐに消費してしまって、かなりヤバイお菓子です。是非お試しを!(笑)
餃子に触れていただいて嬉しい~! 自分でも良く焼けているな~なんて思っていたものですから...今までまっすぐに並べていたのですけど、丸く並べると無駄が少ない気もします。アメリカでも秋の味覚結構楽しめますよね。のんしさんの栗にはノックダウン~自分で作る気力が...
Commented by マドレーヌ at 2006-10-17 20:07 x
わ~っ★
美味しそうなお菓子ばっかり!!
私も、この本を図書館から借りてきて、作ろう作ろうって思っていたんです!
まだ、作ってないですけどね…。
美味しそうなお菓子のレシピが沢山載ってますよね。
しかも、私の好きなホシノ酵母を使ってるし。
スコーンがとっても気になります★
このスコーンは、この本に載っていたのとは違うんですか??
1日から4日も寝かせるなんて変わってますよね。
あ~、私も作りたくなって来た(笑)
Commented by Wingco at 2006-10-18 18:17
★mappetさん、
こんにちは!こちらこそボッコンチーノのおいしさを教えてくださってありがとうございます!
本で見ただけだったらなかなか作る気にならなかったかも、mappetさんがあまりにおいしそうに紹介なさったのでつい禁断の実を摘んでしまったという感じですよ~

確かレーズン酵母を育てていらっしゃいましたよね?元気かな~ また素敵なパンも拝見したいです。
あら、イギリスにもフランス粉ってないのですか~お隣なのに!(笑)
アメリカでもなくって、どうしようかな~と思っていたら薄力粉とのミックスで代用できると教えていただきました。
そして通販でそれらしいのもみつけたのですけど...ちょっと怪しいかも(笑)
Commented by Wingco at 2006-10-18 18:25
★hawaii_osloさん、
いえいえ、バームクーヘンをお作りになるのには負けますよ~
天然酵母を使うお菓子らしく、本に載っているのはどれも素朴だけど深い味わいだろうって感じるのですよ。
ラムカンを使うとスフレのように見えますよね(あ~スフレも食べたい!)。でもふわふわではありませんよ。
スコーンは手間自体はそれほどかからないのですが、冷蔵発酵なので待つ時間が長~い。一日目はちゃんと覚えていて焼いたのですけど、4日目は忘れて、実際は6日後だったのです~(笑)
ホシノ冷蔵庫だからって安心してたら、賞味期限がせまってきました!そちらは大丈夫ですか~?
Commented by Wingco at 2006-10-18 18:32
★おずさん、
画像にすると美味しそうに見えるのですよ~(中には撮るの失敗してまずそうなのもありますが)実際の味はわかりませんよ~(笑)
タコも私がいつも料理とかもそうなのですが、変わったものを作るので、「これには何が入っているの~」とまず確かめてから食べます。迷惑かもしれませんね。
私にはおずさんのようにお仕事もされて、一緒に遊んで、そしてなんといっても裁縫の上手なママが理想ですよ~
針仕事溜まっているのです。助けて~!
Commented by Wingco at 2006-10-18 19:47
★studiopinotさん、
理系ですか~?? きっとボッコンチーノの一個あたりの重さでそう思われたのですね? 12グラムって本に書いてあったのですよ~ おいしそうに見えてよかった! 丸めの作業は結構楽しいですよ、是非作ってみてくださいね。
mappetさんのブログ、素敵で楽しい!ほんと、ろんどんらいふ~という感じですよね。私もお邪魔するたびにワクワクします。
Commented by Wingco at 2006-10-18 19:53
★子豚のへーさん、
いつも嬉しいコメントをありがとう!うちの家族もこのくらい喜びを表してくれると作り甲斐あるのにね~
カフェですか?コーヒー苦手なので無理ですよ~(笑)
日本では次から次へと新しいお菓子が登場しますよね~そのうちボッコンチーノもパン屋に並ぶようになったりしてね!
この前の日曜日も補習校の帰りにテニスとかしたのですけど、おやつは持ち寄りですよ~ 私にはお菓子を消費してもらえるよい機会、せっせと作っています。反応していただけるのって嬉しいですよね~
Commented by Wingco at 2006-10-18 19:58
★マドレーヌさん、
まぁ、もう図書館に並んでいるのですね~なんて発売されてから一年はたってしまったのかな?
素敵な本ですよね。私も眺めているだけで幸せ、すっかり作るのが遅くなってしまいました。
一応、このスコーンも同じ本に載っているものですよ~チョコとカランツを省いたので見た目違うかもしれませんけどね。
ほとんど膨らまなかったので失敗では?とも思っているのです。マドレーヌさんがお作りになった感想をお聞きしたいな!
Commented by assam-milk at 2006-10-23 08:56
Wingさん、やっとボッコンチーノ作りました!!
ただ・・・半量で・・・(笑)
でもすっごくすっごくおいしくて感激でした(朝から・笑)
トラバさせていただきました~。
Commented by Wingco at 2006-10-26 21:21
★assam-milkさん、
さっそく拝見させていただきましたよ。やはり作りたてが一番おいしいので、半量は正解かもしれませんね。
でも次回はもっと多くても~と思いませんでした(笑)
見かけは懐かしいけど、新鮮なおいしさですよね~やはり天然酵母ってすごい!私もassamさんのようにこの本からたくさんお菓子を作ってみたいです。
assamさんからトラバなんて光栄~ありがとうございます!
Commented by soyamilkcafe at 2007-02-22 15:52
はじめまして!!soyamilkcafeと申します。
ブログめぐりをしておりましたら、とっても美味しそうなスコーンにめぐり合えて幸せです♪♪
ワタシは「天然酵母でつくるお菓子」を参考に動物性食材を使わないマクロビオティックを意識したスコーンを作ってみたんです。
ほしの天然酵母も持っていないので苺酵母で作ってみました。
焼きたては苺の香りたっぷりでとっても美味しかったです。
食感はサクサク、ホロホロのクッキーのようでした。
やはり膨らみは少なかったです。
バターの風味のスコーン、美味しいのでしょうね~^~^
今度はバターで作ってみようと思います♪♪
また寄らせていただきますね♪
Commented by Wingco at 2007-02-27 22:30
★soyamilkcafeさん、
こちらこそ初めまして!コメントをくださってありがとうございます。
去年の記事にくださったので見逃してしまいました。お返事がすっかり遅くなってごめんなさい!
これに懲りずに、是非また遊びにいらしてくださいね~
同じ天然酵母の本をお持ちなのですね!私もはまって去年はあれこれ作りましたが、今年は自家製酵母にかかりっきりでまだ一つも作っていませんでした。
天然酵母のスコーン、やはりクッキーのようだったのですね~同じ印象で嬉しいです。
それにいちご酵母なんて、私も挑戦してみたいと思っていたところ。成功のコツをお聞きしたいものです!
Commented at 2017-02-07 16:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Wingco at 2017-02-08 06:35
★鍵コメさん、
こんにちは。
コメントをありがとうございます。
スコーンがお目に留まって嬉しいです!
本のレシピで作りましたので、著作権もありますし、レシピを記してはいけないと思います。
お役に立てずに申し訳ありません。
クックパッドなどで探してみてはいかがでしょう?
<< パネトーネマザー終了! さんま&きのこ弁当 >>