初めてのカンパーニュ
b0108544_23221917.jpg
このごつごつした岩のような感じ、フランス田舎風パン、パン・ド・カンパーニュに見えるでしょうか? いつものホームベーカリーにおまかせパンから一歩進んで、初めてのカンパーニュに挑戦してみました。
といっても違うのは丸く成形をしてオーブンで焼いたということだけ、肝心の捏ねはいつものホームベーカリーでなのですけどね(笑) 



b0108544_23233158.jpg
中も真っ白ではなくちょっと色づいているところが、カンパーニュっぽい? それはいつものように粉が無漂白なのとライ麦粉が一割ほど入っているからなのですね。ほんの少量ですがモルトシロップのせいもあるのでしょうか?
本来はクーシェのような発酵カゴに入れて発酵させると、中に敷いた粉で丸い模様が出来たりするのですが、もちろん持っていないので、普通のボウルを使いました。でも敷いたライ麦粉とクープを入れた表情だけでもそれらしく見えるものだな~なんて喜んでいます。

フランスパンといえば、オーブンで蒸気を出すことであの独特のパリっとした皮になるのですけど、まだそんな高度なことはできません。それでも皮は香ばしく中はしっとり、ホシノ酵母の味わいが深いパンになりました。
ふわふわが好きなうちの家族にはだめかな~と思っていたのですけど、カンパーニュにしてはそれほどクセが強くないし固くもないので大丈夫、翌日のお弁当のサンドイッチもこれでOKと言われてほっとしました。

レシピはいつもお世話になっている、まりまりさんの「MKホームベーカリーレシピ」。ハード系なパンも好きだし、HBでカンパーニュができるなんて!とずっと作りたいと思っていたのですけど、フランス粉というのをこちらでは見たことがありませんでした。
聞くところによると、強力粉と薄力粉をミックスしたもので代用できるらしいので、それで作ってみようとも思ったのですが、もしかして~とKing ArthurのHPで探してみたら、それらしいのがありました!


b0108544_637364.jpg
French-Style Flour、バケットやブールを作るのに適してると説明してあるし、たんぱく質が11.5%と中くらいなのもフランス粉らしいし、灰分が0.70%とかなり高いところが日本でも人気のフランス粉TYPE ERと似ている~と勝手に喜んでしまい、2袋注文してしまいました。

実際に届いた袋を見ると、材料のところにHard Wheat Flour、これはいいですよね? その次にMalted Barley Flourと書いてあります。
これって発芽大麦? 日本のフランス粉には大麦なんて入っているのでしょうか~? やっぱりちょっと違うのかもしれませんね。今度日本に行ったらフランス粉買ってみて、比べてみようと思っています。

こちらで売っている粉の中では一番良いと聞くキング・アーサーの粉はスーパーでも売っているのですが、種類は普通のAll-purpose、Whole Wheat、 Baking Flour(強力粉)程度です。でもHPでは何だかたくさんの商品があって嬉しい~ 
とりあえずもう一つ、Italian-Styleの粉、ピザやフォカッチャにいいらしいので買ってみました。他にはやはりパン作りに使うスキムミルクと、珍しいなあ~と思ったヘーゼルナッツの粉。たか子さんの本に載っている紅茶のクッキーはこれを使うと書いてあったので、作るのが楽しみです。
そしてアーモンドパウダー。こちらのスーパーで売ってるのは粒子が粗くて、クッキーやタルト生地などには構わないのですが、パウンドなどちょっと繊細なお菓子に入れると、ざらざら舌触りが気になります。ここのはどうでしょうね~まだ開けていないのですが期待しています!


b0108544_6382236.jpg
そして同じフランス粉で作った、こちらは三つ編みパン。少し進歩して、細長い棒状の生地を三本作っての三つ編みに挑戦です。
網目が分からなくなりそうなほどよく膨らんくれましたが、何とかそれらしいのはわかっていただけるかな?
同じフランス粉を使っても先ほどのカンパーニュとは表情がかなり違いますね。卵も入ってバターも砂糖もちょっとだけ多め、少しリッチだけどさっくりしているところはフランス粉ならではでしょうか。
もちろん子供にも食べやすい。本ではあられ糖をトッピングしていますが、ないのでスライスアーモンド(合います!)とメープルシュガー(焦げただけでダメ~)にしてみました。


b0108544_834637.jpg
調子に乗ってもう一つ、こちらはまりまりさんのHPの方に載っているヨーグルトトップも作ってみました。

本当は縦長の紙のマフィンカップを使うのですが、ないので普通のマフィンカップでいいかな~なんていつもの適当さが出てしまいましたね。上には焼く前にメロンパンのような、もっとソフトなトッピングを搾り出すのですが、本来ならマフィンカップで下に落ちないように支えられるのでしょうけど、短いので支えにならない~ ずれたり傾いたりしてしまいましたね。でも下に落ちないだけまだよかった~
このトッピングにはヨーグルトたっぷり、レモン汁も入って爽やかでサクサク、とってもおいしいのです!


b0108544_8593229.jpg
パン生地にもヨーグルトがたっぷり、ふわっふわでトッピングがないとこんなに膨れてくれます。
マフィンパンの型処理が面倒だったので、シリコンのマフィン型を敷いたのですが、マフィンと違ってバターの割合が少ないせいでしょうか、いつものようにするっと簡単には型からはがれませんでした。そして何だかシリコンの臭いが気になる~ 
マフィンの時も何だかするな~とは思っていたのですけど、甘~い他の香りの影に隠れてそれほど気にならなかった(気にしないようにしていた)のですけど、パンのような穏やかな香りの中だと気になって仕方がありません。型からはずしても、パン自体に臭いがついてしまっているような... 体に悪い成分でも溶け出していたらどうしよう~やっぱり高温にする物には使わない方がいいのかな~などと思ってしまいました。


b0108544_840554.jpgb0108544_8453129.jpg
最後はパン・ド・ミ、久々の蓋付き食パン型の登場です。
この型を買ったのはそれこそホームベーカリーを買う前、まだパン作りもしたことがない頃でした。
そもそも最初にパンを作ってみたいな~と思ったのは、アメリカではこんな真四角の角食パンを売っていないからでした。サンドイッチでもみんな山型のパンを使っているのですね。
子供の頃からなじみのある四角いパンが食べたい~といきなり本格的な型、それも大は小を兼ねると一番大きな2斤用のを買ってしまったのです。でも実際三人家族でそんなにたくさん焼いてもね~ やはり焼いて美味しく食べられるのは一日から二日まででしょう? 二回ほど使っただけでHBを買ったこともあり、しばらくしまい込んだままでした。

でも最近では少しはパン作りにも慣れてきたかな~(気のせいかも)なんて。半分はお友達に食べていただけるかな~やはりオーブンで焼いたパンはおいしいし~と型を引っ張り出しました。
眺めるだけで満足していた「パンの教科書―ブランジェリーコム・シノワ」、この本から作って見たかった~!ということもあります。
写真も美しくて、どのパンもおいしそう! 作ってみたいものばかりなのですが、手順も細かくてミキサーやホイロなど使っている道具もプロならではです。シロウトにはとってもハードルが高いのですが、ここのパンが作りたいということもあって誕生日にキッチンエイドのプロフェショナルを買ってもらったのですからね~ とりあえず一度は作ってみないと!

手捏ねでないので力はいらないのですが、ミキシングの時間が短い~ それも最初に液体を入れてから粉を入れると本の初めに書いてあるのに、パン・ド・ミのページに載っている写真のままに後で液体を入れてしまったものだから、何だかよく混ざっていないような気がして勝手に時間を延ばしてしまいました。
そして発酵が終わってもベタベタとても扱いにくい生地~ ベンチタイムも二次発酵の時間も何だか適当、長くなってしまって、最後の焼きではオーブンの上火と下火の温度設定が違う! そんな機能は付いてないので、真ん中の温度でいいかな~とまたまた適当(笑)

それでも何とか焼けました。真ん中ちょっときめの粗くなってしまった所はありますが、しっとりと柔らかくておいしい~! あ~日本の食パンだわ~それもちょっとおいしいパン屋さんのって感じ~(ほんと?)と嬉しくなってしまいました。
もちろん反省点はいろいろ、ちゃんと手順通りに作らないといけないし、本の写真では皮はもっと色が濃くてパリッとして見えるので、今度は温度を上げて焼いてみようと思っています。
半分食べていただいたお友達にも好評だったし、作るのも思ったより大変じゃなかった。HBに全部おまかせのパンでも結構おいしいものだと思っていましたが、やはりオーブンで焼いたパンは違うな~もっとおいしいなって思います(気のせいかもしれませんけれど・笑)。忘れないうちにまた作らないと~!
[PR]
by Wingco | 2006-11-17 04:01 | パン | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://wingco.exblog.jp/tb/6045777
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ymomen at 2006-11-17 05:37
オーブンで焼いたパンのほうがおいしいと、わたしも思います。HBで仕上げたパンは中身が乾いているというか・・・?
キング・アーサーからいいもの、たくさん届いたんですね。わたしはこの数日、Mappetさんの使ってらした、スペルト・フラワーを試してみています。おいしいです。
シリコン型のにおいが気になるって、気になりますね。
Commented by ナオコ at 2006-11-17 15:27 x
パン・ド・カンパーニュ、美味しそう♪
まりまりさんのは私も愛読(?)してるんですが、ヨーグルトトップ、見逃してました。可愛い~私も作ってみようっと
Commented by yossy at 2006-11-17 18:44 x
お久しぶりです~。覚えていますか?
久々に時間ができたので遊びにきたら、美味しそうなパンがどっさり!
どれもこれも食べに行きたいくらいです~。
特に角食がとっても美味しそうでビックリです~。私もパンを焼き始めた頃、いつか角食を焼いてみたいな~と思っていたのですが、最近HBばっかりで角食に挑戦するのはまだまだ大分先のことになりそうです・・・。
Commented by smallmandarin at 2006-11-17 22:51
何て美味しそうなパンなんでしょう!私はパン作りでは何回も失敗していて、現在は自信をなくしているところです。でも、またパン作りにチャレンジしたいという気持ちになりました。
Commented by hawaii_oslo at 2006-11-18 02:24
すご〜い。カンパーニュはお店と同じの、本格的なカンパーニュが焼けましたね。そして次々と色々なバリエーションのパンが....。
粉も色々な種類があるんですね。King Arthurというメーカーは、こっちでは観た事ありませんでした。
ヨーグルトトップが可愛いです。最初はメロンパンかと思いました。絶対、私も作ってみたいなー。
Commented at 2006-11-19 10:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by studiopinot at 2006-11-20 21:29
今度はパン屋さんを始めるおつもりですか。
パン・ド・カンパーニュとってもいい出来具合のようですね。
Commented by assam-milk at 2006-11-21 15:30
こんにちは!
今回はおいしそうなパンがいっぱいー!
カンパーニュのクープ、いいですね。素朴でかっこいい。
ホシノのカンパーニュ、香ばしくってもちもちで、私も大好きです^^
みつあみパンや、クッキー生地がのっているようなかわいいパンも、この冬は作りたいなぁと思っています。
そうそう!コム・シノワの食パン生地、水分多いですよねー!私もベッタベタになったことがあります^^;
でもそれだけ、ふわふわもちもち~になるのでしょうけれどね。難しいです!
・・・キッチンエイド、うらやましいな☆キッチンに置いてあるだけでも満足できちゃうかも(笑)というかそれ以前に、置き場所がないんですけど・・・
Commented by nona at 2006-11-22 05:58 x
おいしそうに焼けてますねー。 私もカンパーにゅ挑戦したことあるのですが、こんなにカンパーニュっぽく(?)できあがりませんでした!!

まりさんのヨーグルトトップは私も作ってみたいなーと思ってたとこです。トップを搾り出すのが面倒そうでちょっと躊躇してたのですが、Wingさんのお勧めならば、私もがんばって作ってみようかな~。

生地がべたべただと成型しにくいですよね。。それでついつい粉を足したりして、柔らかくないパンになってしまったりしてます。
まりまりさんの本もいくつかためしたのですが、HBで発酵させるからか、いつも成型できないくらい柔らかい生地になっちゃうんです~。
パネトーネとかはそのままクグロフ型に入れて焼いちゃいましたけど、成型したい時には困りますよね。。。 
うーん。まだまだ修行がたりなさそうです。。。^^
Commented by Wingco at 2006-11-23 12:33
★もめんさん、
やはりオーブンで焼くと違うものですか?クラストのカリカリはやっぱりオーブンならではと思うのですけど、中は結構HBでもしっとりふんわりおいしいな~と思っているのですよ。まりまりさんのレシピのおかげもあるし、アメリカ製のHBではアメリカっぽいパンしか焼けない(笑)と聞いたこともあります。うちのは日本製だから日本人好みのパンが焼けるのかしら~

スペルト粉は健康にいいと聞いたので一度試してみたのですけど、想像したよりクセが無くて食べやすいですね。私は結構ライ麦や全粒粉の個性の強さが好きなので印象少なかったのですけど、また焼いてみます。
シリコンでもいろいろ、うちにも数種類ありますが、臭うのはマフィンカップだけなのですよ~
Commented by Wingco at 2006-11-23 12:39
★ナオコさん、
パン、美味しそうに見えてよかった~素朴さはカンパーニュらしいですけど、もう少しふんわりしている方が子供には食べやすかったかな~
パリパリのバケットにも挑戦したいです。
おぉ~ナオコさんもまりまりさん仲間(?)ですね~嬉しいな~ヨーグルトの入ったパンはと~ってもふわふわになるのでうちのお気に入りです!
Commented by Wingco at 2006-11-23 12:45
★yossyさん、
お久しぶりです~!また遊びに来てくださってとっても嬉しい!!
ちょくちょく覗いてはまだかな~と思っていたのですよ。息子さん、夜通して眠ってくれるようになったのかな~?まだまだ子育てに大変な時期でしょう、無理をなさないでくださいね。
角食、蓋をするだけが違いかな~と思っていたのですけど、甘かった(笑)生地量とか温度とか気をつけることがたくさんあるようです。
まだまだの出来ですけど、それでもじわーっと味わいがあってもっと極めたいな~と思いました。アメリカでは角食って見ないので特に!なのですよ~
Commented by Wingco at 2006-11-23 12:51
★smallmandarinさん、
美味しそうに見えますか?それならよかった~
パン作りってお菓子より単純に見えそうで奥が深いですよね~
私もHBでのおまかせパンばかりなのに失敗することもありますよ。
パン教室にでも通って本格的な手ごねを習得したいのですけど、アメリカのパン教室ってどうなのでしょうね~
Commented by Wingco at 2006-11-23 12:58
★hawaii_osloさん、
まだまだお恥ずかしい出来なのですけど、何だか少しずつでも新しいことができるのって嬉しいですよね。
カナダではキングアーサーはないの?お隣でも違うものですね~ 普通のGold Medalとかはあるのかな?
ヨーグルトトップ、メロンパンよりもソフトなトッピングなのですよ。北欧パンってありあすよね?あれに似てるかな~作り方ももっと簡単です。是非作ってみてくださいね!
Commented by Wingco at 2006-11-23 12:59
★鍵コメさん、
消すのが遅くなってごめんなさい!
TBが失敗することってあるのですね~せっかくしてくださったのに残念です!
Commented by Wingco at 2006-11-23 13:03
★studiopinotさん、
あはは、うちの夫もよく「売れば~」と言いますが、とんでもない! 100年早いですよ~(笑)
素朴な外見はカンパーニュらしいですよね。ライ麦粉がいい味わいです。
Commented by Wingco at 2006-11-23 13:18
★assam-milkさん、
こんにちは~!
assamさんに誉めていただけるなんて嬉しい~けどお恥ずかしい~(笑)
カンパーニュといえどももう少しふんわりさせたいのですけどね。assamさんのまん丸カンパーニュ、理想なのですよ~ 
私も少しだけ、成形する楽しさを感じています。パン生地ってとっても気持ちがいい~癒し効果ありますよね?(笑)
でも大雑把な性格なので、二次発酵が終わったパンをいじってしまったり、つい発酵時間が長くなったりのミスばかりです。
assamさんもコム・シノワの食パンお作りになったのですね~それは知りませんでした。また探さないと~!
べたべたの生地でいいのですね?よかった~また何か間違ってるのかと思っていたのですよ。
キッチンエイド、大は小を兼ねると大きいのを買ってしまったらすご~く重いのですよ。普段あまりキッチンに物を置きたくないと隠しているのですが、取り出すのに一苦労~だから出番も少ないのですよ。
Commented by Wingco at 2006-11-23 13:29
★nonaさん、
わぁカンパーニュ、すでに挑戦されていたのですね~
見た目の素朴さはそれらしくて、家でもできるのね~と嬉しくなりました。
今度は皮パリパリのバケットにも挑戦してみたいです。なんてカンパーニュもまだまだなのですけどね~
ヨーグルトトップ、搾り出すのはやりやすかったですよ。途中で足りなくなったので、もう少し多めに作ればよかったかな~

そうそう、私も以前、あまりにもべたべた生地なので、これは何か間違ってるに違いない~と粉を足してしまったことありました!
でもそういうパンもあるのですよね。捏ねているうちに段々とまとまってきたり、今回のはベンチタイムの後になってようやくまとまった感じの生地になったのですよ。
まりまりさんの生地もどちらかというと柔らかめですよね。だからパンもしっとりおいしくなるのかな?
同じような材料で工程も出来上がった物もかなり違う、パン作りって奥が深いですよね(なんてまだ何もわかっていませんが)。ますますはまりそうです~
<< 栗の渋皮煮、甘露煮 Cherry Creekファー... >>