栗の渋皮煮、甘露煮
b0108544_6392248.jpg
秋の一時期、いつもお邪魔しているあちらこちらのブログで栗の渋皮煮のおいしそうな話題を拝見したので、私もつられて作ってみました。

こちらでも韓国スーパーで生栗を売っています。値段も1パウンド3.99ドルと手ごろですよね。それが先週行った時は1.99とセールになっていました~(嬉)
今まで気がつかなかったのですが、ホールフーズやローカルのキングスーパーでもこの時期栗を売っているのですね~ でも痩せてちょっと干からびたような、あまり買う気が起こらないような品質でした。それでも6.99とかなりお高い~
Thanksgivingにかかせないターキーのスタッフィングに栗を使うと聞いたことがあるので、そのためでしょうか? でもそれほど食べ物に感心が強くないようなイメージのあるアメリカ人が、あの面倒な栗の皮剥きをするのかな~?なんてちょっと思ってしまいました。

それに比べて、韓国スーパーのは結構粒も大きく立派なのも売っています。「も」というのは、小さいのや虫が食っているの、中にはカビが生えかかったようなのもあるので、もうじっくり選びました。
実は最初に作ったのは甘露煮の方なのですが、その時は適当に袋に詰めたらハズレもいくつか...粒の大きさも違うでしょう? 渋皮を厚くしか剥けなかったから小さくなってしまったわけではありませんよ~(笑)





b0108544_6394840.jpg
実は渋皮煮を作るのは初めて。どうやって作るのかも分からなかったのでネットで検索すると、いろいろあるものですね~ その中で参考にさせていただいたのがこちらです。工程も複雑なのでその分おいしいのではないかな~と期待。
結果は予想以上の出来でとっても嬉しい~!!

手作りの渋皮煮って本当においしいのですね。みなさんが手間隙かけてお作りになる気持ちがよ~くわかりました。何回も水を変えて弱火でことこと煮るので、ほとんど煮崩れもせず柔らかくて渋みも全く感じません。
砂糖750グラムの量が凄かったので、気持ち控えめに600グラムにしましたが、水が6カップと多めなので甘さ控えめに感じるくらいです。最後に入れたのはブランデーではなくダークラム酒を結構たくさん(下戸なくせに)。だからこのシロップがまたおいしくて量もたくさんなので、何かに使えないかな~と思っています。

手間? やはりかかりますね~ 欲張って1キロ以上の栗を使ったので、50個以上の栗の鬼皮は剥いたでしょうか。そして水を変えて煮る時に一個ずつブラシで栗の掃除をしてあげるのですよ~ でも黒い筋などが気持ちよく取れて結構楽しい~ その甲斐あって色も薄めで綺麗に仕上がりましたしね。

甘露煮は渋皮剥きがありますからね、もっと大変~ この前栗ごはんを作った時にオーブンで焼くと渋皮もつるっと簡単に取れたので、今回も半分そうしてみたのですが、なぜかきれいに剥けない栗が多かったのです。それも火が通りすぎて煮崩れしてしまったり... なんとかできたのも、この三つのうちの奥の一つのように見ためシワシワ、天津甘栗みたいですよね~
やはり労力を惜しむとおいしいものは出来ない、のでしょうか? でも渋皮って剥きにくい~残った半分、数は20個程度なのにもうやりたくないわ~という感じでした。
日本では栗剥き専用のハサミが売っているのですけど、あれだと渋皮も簡単に剥がれるのでしょうか? それなら欲しいですね~

甘露煮のレシピは「きょうの料理」10月号に載っているものです。こちらは砂糖の量もかなり控えめ、何度も煮る必要もないし、時間もこれでいいの~と思うほど短いのです。でも渋皮を剥く手間がありますからね~
こちらも市販の甘露煮と違って甘さもちょうどいいし、少しこりっとした歯ごたえも渋皮煮と違ってまたおいしいものです。

本当はみょうばんを入れて煮るそうですが、なかったのでそのまま、煮崩れてしまったのがあったのはそのせいもあるのかな~? 色もくちなしの実はお正月に栗きんとんを作った時の残りがあったので、それを使ったのですが、アクのせいかな?鮮やかな黄色というよりはちょっとくすんだ黄色になってしまいましたね。
渋皮煮の方ででは重曹を入れて下茹でしているので、もしかして、みょうばんって重曹で代用できたのでは~?と後になって気がつきました。試してみたいけど、き、気力がいまひとつ...(笑) 


b0108544_22541250.jpg
その煮崩れた甘露煮(笑)をホイップクリームに混ぜて、ロールケーキを作ってみました。生地はたか子本①に載っているカフェオレロールです。
卵は別立てのシフォン生地なので本の写真ではふわふわおいしそう~作りたいな~とは思っていたのですが、うちでは誰もコーヒーを飲まないので、多分作っても喜ばれない。なかなか作ることはできなかったのですが、先々週の土曜日にタコがお世話になっているピアノの先生のお宅でパーティーがあったので、これはよい機会!と持って行きました。

本の写真のいかにもカフェオレ~といったベージュ色とは違って、かなり濃い茶色になってしまいました。使ったインスタントコーヒーの違いでしょうか? でも生クリームで溶いているし、見た目よりもマイルドな苦味でダダにも好評でした。コーヒーリキュール、カルーアの香りもいいのですよ~
そしてもちろん栗。モンブランというのも売ってないし、こちらではなかなかお目にかかれない栗ですからね、それでだけでも嬉しくなってしまいます。食べた方にも「この栗はどうしたの~?」と聞かれてしまいました。コーヒーとの相性もいいようですね。

でもやはりコーヒー苦手な方がいらっしゃるかもしれない、ともう一本、こちらもたか子さんの本からいちごロールも作りました。共立てのスポンジ生地。中のイチゴを欲張ってたくさん入れてしまったらごちゃごちゃ、見た目いまひとつですね~何でも多ければいいってものではない~(反省)
でも最初になくなったのは、無難な(笑)いちごロールの方でした。巻きもいちごの方がまん丸で綺麗だったからかな~ このカフェオレロールは真ん中の一番よいところ(これでも)を残して後で写真を撮ったのですけれど、


b0108544_6431227.jpg
端の方は巻きが甘くて、横広がりの形になってしまいましたね。それでも割れなかったし、まあ何とかなりました。いつも最後、切る時はハラハラドキドキです。ロールケーキを作るのは半年ぶりかな? もっと数をこなせば巻きももっと上手くなるのでしょうか...


b0108544_8133778.jpg
そのパーティーに並んだ御馳走の一部。もっともっとあったのですけど、とても全部は入りきれない~!
感謝祭も近いということで先生が焼かれたメインの大きなターキーを中心に、アメリカ~ンなところをご紹介! といっても集まったのはみな日本人ばかりなのですけどね(笑)
今回は珍しく、というより初めてかもしれません、子供抜き~!!(強調したい)、同世代の日本人女性ばかり十数人が集まったパーティー。初めてお会いした方のほうが多かったのですけど、やはり共通点も多いですからね、あちらこちらで話も盛り上がったし、ほんと、とっても楽しいひと時でした~!!


b0108544_7534082.jpg
一方の渋皮煮を使ってはモンブラン...と行きたいところですが、マロンペーストにするのももったいなくて(と言うより面倒だから?)、こんなお菓子に使ってみました。またまた最近お気に入りの本「天然酵母でつくるお菓子」から、パッケです。

パッケ、という名前からも想像できますが、上のトッピングが違うだけではなく、中にもそれぞれ違ったものが包まれています。丸い外見はこの前作ったボッコンチーノのよう、あれは50個丸めるのが大変~と思ったのですけど、これは中身を包み込む分、それに三種類ですからね、もっともっと大変~なのですよ。そうは見えないかもしれませんけどね~(笑)
それに生地には前もって作って冷蔵庫で冷やした、クリームチーズペーストも加えるのです。天然酵母なのでいつものことなのですが、一次発行に6時間以上もかかる。早朝まだ暗いうちに起きて生地を作り出したのはいいのですが、ボーっとして強力粉200グラムのところを300グラム入れてしまいました!(笑) 他の材料も1.5倍にして作るしかないのですが、あらかじめ用意しておいたクリームチーズペーストはすぐには作り直せないのでそのまま、またまた大雑把なところが出てしまいましたね~


b0108544_7544810.jpg
だから味も違ってしまったかもしれません。それでもおいしい~ ボッコンチーノのしっとり少しもっちりの生地とは違って、外はさくっと少しスコーンのようなパンのような食感と味わいです。
あっさりした生地なので、トッピングや中の具があってもくどくなりません。

黒ごまには小倉あんとセミドライアプリコット、クレーム・ダマンドには栗の渋皮煮、粉砂糖にはクリームチーズと砂糖を混ぜたものです。
私の勝手な印象ですけど、アプリコットはねっちりと固めの歯ごたえがいまひとつ、たっぷりまぶした黒ごまも香ばしすぎて苦味を感じるというかちょっとくどい、もっと少ない方がよかったかな~ 渋皮煮はもちろんおいしいのですけど、クレーム・ダマンドは外側だとかりかり固くなるし、たっぷり乗せても下に流れてしまいました。

実は一番おいしいと感じたのがクリームチーズ。暖かいうちは中身もとろっと、ほのかな酸味と甘みが生地に染み込む感じがまたいいのです!
でもべたべたした中身なので、生地に包み込むのが難しい~ 少しでも外に出た部分があると、そこから流れ出してしまいます。これこそ冷蔵庫で冷やし固めたのを包めばよかったのかな~
といろいろありましたが、これも初めて出会ったおいしさ。改良してまた作ってみたいと思っています。渋皮煮がなくならないうちに...
[PR]
by Wingco | 2006-11-21 22:54 | お菓子 | Trackback | Comments(30)
トラックバックURL : http://wingco.exblog.jp/tb/6076941
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ユキティ at 2006-11-23 03:55 x
こんにちは。先日はリバティの手術にお見舞いのお言葉を
ありがとうございました。おかげさまで順調に回復に向かっています。
ところで、栗。渋皮煮とかマロングラッセには目がないです。
とっても綺麗で美味しそうに出来上がってますね♪たべたい。。。
こちらでも、栗はこの時期のホリデーディナーで、ターキーの
ドレッシングやサイドディッシュでグリーン物と一緒に煮込んだり
ソテーしたりで使いますね。私はいつもメキャベツやきのこと一緒に
煮込むんですけど、美味しいですよ~
でもやっぱり栗ごはんの方がいいけど。。。笑
Commented by おず at 2006-11-23 11:14 x
Wingさん、すごいです~~!栗って本当に手間が掛りますよね。私はDowntownで仕入れたんですが、ちょっとはずれがあったかな、くらいで割りと少なかったです。まだ売ってるかしら~~。栗はかなりシーズンモノですから、手に入る間に使ってみたいですよね♪それにしてもまたまた全部美味しそう!
Commented by barbarabest at 2006-11-23 14:05
渋皮煮、昔作った覚えがあります。若かったのと、日本にいた事もあって、感動が今一歩でした。今作ったら、もっと感激したのに。
物凄く手間がかかったのだけは、鮮明に覚えているので、今は作る気になれないんですよね。だから、Wingさんのご苦労、とても良く分かります。

パーティ、お料理がおいしそう。同年代の方が集まったとの事、楽しさもひとしおですよね。美味しいお料理と楽しいおしゃべり、どちらかが欠けたら、やっぱりちょっとつまりませんよね。
読んでいる私まで、楽しい気持ちになりました。
Tomi
Commented by nonshi at 2006-11-23 17:02
今ちょうど栗を仕込んでいるところなんですよー(明日のために!)。
で、モンブランの予定だったのですが、Wingさんの渋皮煮でやっぱり食べたくなったので、変更!と思ったのだけれど、どうも雑すぎたみたいで、今お鍋の中の栗は粉々です、、、結局ペーストにするしかなさそうですね!
リンクのあったレシピ、私も参考にさせていただきました。ほんとーにすごいタイミングで、ありがとうございました。
ロールケーキもあいかわらず美しいし(美しいんですよ!)、またなんですか、新しいものが、、パッケ!このサイズって、ついもうひとつと手がのびそうで、まったくもっておいしそうです。
さて、私はこれから栗のしあげをしてきますよ(って、実況中継のようですね!)。
Happy Thanksgiving Day!
Commented by assam-milk at 2006-11-23 20:26
うわ~、渋皮煮!たくさん作られたのですね。ロールケーキもとってもきれい。
私も、かなり苦労して辛い思い出になってますが、、、やっぱりおいしかったなあと。
手作りはまた格別のおいしさですよね!
そして・・・またまたとても素晴らしいパーティのメニュー!こういうのを拝見すると、ほんとに羨ましいです。参加したい・・・!
バッケ、も、きちんと3種類作られるところが、Wingさんの細やかさが伺えるなと思いました。
私、、、作るなら1種類だなーって思ってましたので^^;
Commented by miki3998 at 2006-11-23 21:37
こんばんは~、北鎌倉からお邪魔しま~す。

 忙しさと目から来る肩こりで、最近早く寝ています。こちらに伺うのもお久しぶりですね。伺った途端、美味しいものが目白押し・・・みんな食べたいものばかり、特にこのコーヒーロール、疲れているときって甘いものが欲しくなりますよね。
  明日はレッスンでお出しするランチ用に色々と準備しなければなりません。久々にビスコッティを焼きます。
Commented by smallmandarin at 2006-11-23 22:02
Wing様、嬉しいコメントをどうも有り難うございました。とっても美味しそうな栗の渋皮煮ですね。カフェオレロールもとってもお洒落で美味しいそうです。どれも作るのが大変だったでしょう。こちらまで素敵なパーテイーに呼ばれたような気持ちにさして頂きました!
Commented by ろっころん at 2006-11-24 08:58 x
Wingさん(アメリカにお住まいなんですね♪)
先日は、私のブログにコメントを残してくださってありがとうございました。
アメリカでは生栗は一粒一粒自分で選ぶことができるんですね。
新鮮なものを必要なだけ買うことができていいですね。

栗の渋皮煮、美味しそうに作られましたね。
私がこの秋作った渋皮煮はあちこちに配ってしまい我が家にはもうないのです。
また作りたくなってきたけど、日本は栗の季節はもう終わり。
スーパーで見つけるのはもう難しいかな~?
Commented by yossy at 2006-11-24 21:11 x
栗の渋皮煮に甘露煮まで!凄いですね~。私は虫が大嫌いで、万が一虫が出てきてしまったらと考えるとどうしても栗の皮がむけません・・・。
毎年一回は夫が栗ご飯用に栗を剥いてくれますが(笑)、さすがに渋皮煮や甘露煮のための栗を剥いてくれとは頼めない・・・ので、この二つは私の永遠の憧れになってます(笑)
そしてロールケーキ、とってもキレイに丸くなってますね~。私が作るといつもだら~んと横に広がってしまうので、とっても羨ましいです。。。何かコツがあるのでしょうか?
そうそう、息子はようやく夜通し寝るようになってくれたんですよ~。おかげで私の生活も大分楽になりました!ご心配おかけしました~。
Commented by ymomen at 2006-11-25 02:38
パッケって、おいしそうですね。作りたいです。
栗、なんて安い!韓国のスーパーマーケットもないようなところに住んでいるのは不便です。スプリングスまで40分で行けるんですが、出不精です。どうせ、不自由なところに住んでいるのなら、栗、柿、山芋、なんでも自作したくなるけど、気候があいませんねー(涙)。
Commented at 2006-11-25 03:20
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-11-25 16:13
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hawaii_oslo at 2006-11-26 10:49
私も今晩は栗を剥いて、相変わらずの栗ご飯でした。
渋皮煮、とってもおいしそう。食べてみたいけど、行程を読んでると、私には絶対出来ないな〜なんて思いました。手が込んでますね。
感謝祭のパーティー、豪華ですね。カナダの感謝祭はアメリカより一ヶ月早いので、とっくに終わってるんですよ。で、アメリカ程の盛り上がりはありません。やっぱりそちらが本場ですね。
ロールケーキもとってもおいしそう。きっとパーティーでも人気だったのでは? 
Commented by ピカのり at 2006-11-26 11:15 x
オー! マロン・グラッセ、うまそー!!(^○^)
ワタシも一昨年前に大量にいただきものしたときに作ってみました。
ぃやー、秋だナ~。。って、ここ何日か超寒くなりましたが。(O.O;)
晩秋だす。
Commented by Wingco at 2006-11-27 19:20
★ユキティさん、
こんにちは!手術は成功して一安心ですね。コメント残したかったのですが、あまりの多さに躊躇しているうちにまたまたびっくりのお知らせ!寂しいです~
タコは苦手でも、栗はお好きなのですね~ 芋、南京もお好きかな?(笑)
今まで気がつかなかったのですけど、キングスーパーでもこの時期は栗が売っているのですね~ ちょっと痩せた感じだったけど、煮込みなどならそれでもいいのかもしれませんね。
私もグルメだったかな?雑誌で栗とめきゃべつの料理が載っていておいしそう!と思ったのですよ。伝統的なお料理なのですね。
お忙しくて、今は渋皮煮なんてお作りになる暇もないのでしょうね。おすそ分けさせていただきたかったですよ~
Commented by Wingco at 2006-11-27 19:24
★おずさん、
先々週サクラに行った時には栗ありましたね~でも値段は韓国スーパーの方が安かったかな?
質も結構よかったのですけど、かなり大量にあるのが売り切れるまでおいてありますからね。確か年を越しても売っていたような...
段々状態が悪くなるので、やはり買うなら今のうちですよね。
ってそんな余裕、もうありませんよね~(笑)
Commented by Wingco at 2006-11-27 19:30
★Tomiさん、
わぁ、日本でお作りになるなんてすごい~お料理お好きなのですね~
私は日本にいたら一生作ることも無かったかも。。。
でも手作りだとおいしさも感動も違いますね。去年は某有名料亭の渋皮煮の瓶詰めを日本から買って帰ってきて、それももちろんおいしかったのですが、もっと甘かったし、自分で作ったほうが自分の好みの味なのですよね。
今回はいつもよりアメリカ度が高いお料理が並びましたね~
日頃は駐在の方と集まることの方が多いのですけど、国際結婚の方が多かったこともあるのかもしれません。みなさんたくましくて(外見じゃありませんよ)圧倒されっぱなしでした(笑)
Commented by Wingco at 2006-11-28 03:15
★nonshiさん、
栗のペースト、私も作りたいのですよ~ やっぱりモンブランってこちらで売ってないから食べてみたくなりますよね。
のんしさんが以前お作りになった渋皮煮はどんなレシピだったのかな~と気になっていたのですよ。私は初めて作ったのによいレシピに当たってラッキーでした!
ロールケーキ、フォローしてくださってありがとう! のんしさんの暖かい一言で救われることが多いです。生地の割りにクリームも具も多いので余計に巻きにくくなってしまうのですよね~今度はもっとシンプルに作ってみようかな~
パッケ、ボッコンチーノよりは大きいのですけどね、こういうお菓子ってついつい摘んでしまうの、ちょっと怖いです。
のんしさんの栗、今度は何に変身するのか楽しみ~!
Commented by Wingco at 2006-11-28 03:29
★assam-milkさん、
せっかくその気になったので、このさい一気に~とたくさん作ってしまいました。あれこれ渋皮煮を使ったお菓子を考えていたのですけど、そのままでおいしいのでついつまんでしまうのですよね~
日本で売られている栗の皮剥き器って使えるのかな?購入しようかどうか迷っています。
日本でもポットラックが広まりつつある...とも聞いたのですけど。それほどでもないのでしょうか。持ち寄りだと、主催するお宅の負担も少なくなるので、パーティーも気軽に開けます。
assamさんが参加してくださったら、もう夢のようですね~ こちらのみなさんにもassamさんのパンやお菓子、大人気になること間違いなしです。私もいつも指をくわえて見ているだけなので、一度でいいから食べてみたい~!
Commented by Wingco at 2006-11-28 03:41
★mikiさん、
こんにちは!来てくださって嬉しいです~!
息子さんのお怪我、早くよくなりますように~と思っていたのですけど、あまりのコメントの多さに書き込めず、失礼をしてしまいました。
mikiさんも体調が思わしくなかったのですね。肩こりは寒い季節には余計に辛いですよね。私も以前は背中までバリバリでしたが、子供と早く寝るようになってからかなりよくなりました。お大事になさってくださいね!
コーヒーロール、お気に召していただいてよかった~ 生クリームが入っているので、見た目よりマイルドなカフェオレ味、苦いのが苦手な私にもおいしく感じました。
レッスンの様子拝見しに伺わないと~! ビスコッティ楽しみにしています~
Commented by Wingco at 2006-11-28 03:47
★smallmandarinさん、
いえいえこちらこそ、美味しそうって言ってくださってありがとう!苦労も報われた気分です。
カフェオレロール、本ではもっと淡い、ベージュ色だったのですけどね~
アメリカのインスタントコーヒーって濃いのかな? 自分ではコーヒー飲まないのでよくわからないのですよ。でも味は苦味もそれほど強くなくておいしかったのです。
これからの時期、パーティーも多くなりますよね。楽しいけど何を持って行くのか悩むところです。
Commented by Wingco at 2006-11-28 03:55
★ろっころんさん、
まぁ!こちらにもコメントくださるなんてとっても嬉しいです!!
大変な時にコメントしてしまってよかったのかどうかと思っていたのですよ。素晴らしいレシピを教えてくださって、本当にありがとうございます!
日本ではもう生栗は売っていないのですね? アメリカでは(そう、アメリカはコロラド州に住んでおります~)感謝祭のつきもののターキー料理に栗が使われることもあって、この時期に出回るのですよ。
韓国スーパーでは冬の間中売っていたような...
そういえば日本のスーパーではお野菜などみなパッキングされて並んでいますよね~
こちらではブロッコリーでもマッシュルームでも好きなものを選んで袋に詰める、ということが多いようです。その分よ~く見ないと! 変なのも混ざってますからね~
Commented by Wingco at 2006-11-28 04:07
★yossyさん、
なかなか腰が重くてやる気になるまで時間がかかるのですが、やる時にはついでにあれもこれも~となってしまいます。
虫!子供の頃、茹で栗を食べていたら遭遇しましたね~(笑)
今回は全くいませんでしたよ~ もしかして強い薬をつかっていたりして...
まぁ、御主人様が剥いてくださるなんてすご~い!! うちでは絶対にありえないことです~ きっと栗がお好きなのですね、羨ましい~
ロールケーキ、yossyさんの方がきれいに丸く巻けているじゃないですか~!
トップのキャラメルロール(?)拝見してはどうやってこんなにまん丸に~と思っていたのですよ。
息子さん、寝てくれるようになってよかったですね~ 成長していっても各段階で大変なことはありますが、睡眠時間が取れるようになると精神的にも楽ですよね。一歳を過ぎていろいろな食材を食べてもよくなると、また作る楽しみも増えますよ~
Commented by Wingco at 2006-11-28 04:12
★もめんさん、
パッケ、おいしかったのですが、ちょっと間違ってしまったこともあり、今度はちゃんと作ってみたいな~と思っています。比較的あっさりした生地なので、中身で遊べそうなのですよ。
40分というと、うちからデンバーのダウンタウンまでより少しあるくらいかな~?
わぁ~実の生る木もいいですね~ 山芋は何となく栽培しやすそうなイメージだけど、どうでしょうね。私が欲しいのはモロヘイヤとか茗荷です。
Commented by Wingco at 2006-11-28 04:13
★鍵コメ、その1さん、
そんな、全然気にしてませんよ~ こちらこそ遅くなってごめんなさい!
是非次回をお待ちしています!
Commented by Wingco at 2006-11-28 04:16
★鍵コメ、その2さん、
来てくださってとっても嬉しいです!!
こちらこそ、すっかりご無沙汰してしまってごめんなさい...
相変わらず食い気ばかりでお恥ずかしい~
次回は是非そのままおいでくださいね~お待ちしています!
Commented by Wingco at 2006-11-28 04:22
★hawaii_osloさん、
焼き栗おいしそうでしたね~ 栗ご飯、うちではまだ一度きりなのですよ。
渋皮煮、やってみるとそれほど時間もかかりませんよ。それに手作りはまた格別の味、是非お試しくださいね~
なんでカナダでは一ヶ月早いのでしょう? これまたお隣といえども違った雰囲気なのですね。でもクリスマスの方が盛り上がるのかな?
ロールケーキはスライスしたものを持って行くので、取りやすいから売れ行きもいいですよね。パーティーにはみなさん手作りのいろいろな味を楽しめて、とっても参考になります!
Commented by Wingco at 2006-11-28 04:25
★ピカさん、
わぁ~渋皮煮をお作りになったことがあるなんて~素晴らしい~!
考えれば皮剥きって結構ハードなので男性向きですよね~今度是非私にも分けてください!!
こちらはもう冬ですよ~今朝は霜が降りてましたからね~
Commented by Mima at 2006-11-30 11:55 x
お久しぶりです。ニューメキシコのMimaです。先週は私も夫の実家があるデンバー郊外にサンクスギビングで行っていましてWingさん御用達の韓国系スーパーに行ってしっかり栗を買ってきたところでした。そして私もさっそく全部の栗を(4パウンド近く)全部栗の渋皮煮にしました!昨年これをやってもう二度とやりたくないと思ったのにHMartで見た栗があまりにもつやがあっておいしそうだったので今年もやりました(笑)。爪ぼろぼろ・皮むきで肩こり指の炎症などの犠牲を払いつつも完成品はやはりとても美味。やってよかったと思いました!もう栗には本当に目がないのでおいしく食べられる方法に固執しているのだと思います(笑)。やはり手をかけるだけいとおしくなりませんか(笑)?
Commented by Wingco at 2007-03-01 23:13
★Mimaさん、
本当にごめんなさい!!今、次の記事のことでここを読み返したら、お返事がまだだったことに今頃気がついてしまいました。もうバカバカバカ~!
でも内容は覚えているので、他の記事の下にお返事をしてしまったのかもしれません。本当に申しわけありません!!

ハナルンでは今でも栗を売っていますよ~すっかり一時の熱も冷めて全然買っていませんけどね。生栗、冷蔵庫に入れれば一年でももつらしいのですけどね。
Minaさんも渋皮煮をお作りになったのですね!そうそう、指や爪が真っ黒になるのは困り物です。それに不器用な私は必ずといってもいいほど血を流してしまうので...(笑)
本当に手間をかけただけのおいしさはありますよね~私は渋皮煮は初めて作ったのですけど、今度は日本で栗剥き機というのを買って来ようかと思っています。冷凍庫にも渋皮煮が眠っているのですけど、そろそろ出してみようかな~
<< ターキー弁当 初めてのカンパーニュ >>