新雪の朝★アカデミー賞2007
b0108544_2141642.jpg
三月一日の朝、こんな澄み渡った青空ですが、歩道には...そうです、前日また雪が降りました。
それでも雪はとっくに止んでいるし、学校も普通に始まるわよね~とまた確認もせずにタコを学校に送って行くと...あら、何だか止まっている車の数が少ない...案の定、授業開始がいつもの7時55分から9時半に変更になっていました。今年に入って早くも4回目です。本当に今シーズンは降雪が多い。日本やヨーロッパから暖冬のお話を聞く度に、何でアメリカだけ~と思ってしまいます。

それでも、お天気がよくなると雪景色ってきれいに見えるもの。学校の途中にある下り坂からは視界も開けるので、遠くの雪化粧をほどこしたロッキー山脈が目に飛び込んできます。
といってもいつも車での送り迎えなので一瞬のことなのですけど、たまには~と車を止めてパチリ! でもこれでは遠すぎて山がわかりませんね~ 



b0108544_20314850.jpg
そこで、そこだけ拡大。画像は粗いですけど、何とか雰囲気だけは伝わるかな~?


b0108544_2034362.jpg
でもその前日は朝からどんより雲って、お昼前には「あらあらとうとう降って来たわ~寒っ!」という感じ。外に出るのもおっくうなので、家の中から窓越しに裏のお宅をズーム...

こんな日は家にこもっているのが一番なのですが、タコの送り迎えだけは仕方ありません。そして夕方にはタコのスイミングクラス。開始時間に遅れそうになり、信号のない結構交通量の多いT字路ではなかなか左折できなくてあせる~
少し車の流れもとまったので、ここしかない!とちょっとスピードを出して曲がってしまったら、勢い余ってそのまま一回転~! 歩道に乗り上げて、その向こう側にあるトレイルの小川に落っこちるのか~!! という寸前で後ろ向きに止まりました。 よかった~ でも通り過ぎる車も多くて恥ずかしい!

もう道路も黒くて雪も溶けてしまったようだし、ジープだから大丈夫~と過信してしまったのですね。でも実際、陽が落ちてぐっと気温が下がり、地面は凍っていたのです。そしてジープとはいえ、四駆にセットしないままで走っていたのでした...またまたマヌケです、これを読んだら出張中のダダはマジで心配することでしょう。今までにも雪の日の運転であわや~ということはよくあったので、なるべくダダに運転してもらうのですけどね。いない時にはどうしようもありません。これからはなお一層気をつけます(ホントかな~?いえ、ホント)
みなさまも気をつけて...と言いたいところですけど、三月にもなって雪の降っているところなんて...あまりありませんよね? 東京ではとうとう一度も積雪がなかったのですって?



b0108544_2036668.jpg
前回の記事から日がたってしまって、アカデミー賞授賞式を見た感動もかなり薄れてしまいました(笑) なので簡単に...

これはこちらの一般紙デンバーポストの一面です。紙面ほとんどを割いて載せているのですから、アメリカ人にとっても大きなイベントであることがわかりますよね~ 何でも一年を通じて二番目の規模、一番はスーパーボウルだそうです。
その一面の写真、上の三人は受賞の喜びの場面ということでいいのですけど、下の二人は何とファッション・チェック!
Hitのペネロペ・クルスはもうバービー人形そのものという細さを際立たせる装いでなるほど~なのですけど、Missのメリル・ストリープは主演女優賞を逃した上に一面に「アクセサリー付けすぎ~」なんて書かれてしまって可哀想...でも確かにそれって言えてる~(失礼) 放送では座っている上半身しか見えなかったのですけど、こうして全体を見るとプラダがプラダに見えないような...こういう場面には難しいブランドかもしれませんけどね。映画「プラダを着た悪魔」に因まなくはならなかったのかな?

他にもOutという感じに見えたのはジェニファー・ロペス。セミロングの髪型がなんとなくオバサンっぽく見えてしまったような...この人はぎゅっと後ろにひっつめた方が、顔もひっぱられてすっきり~
そして離婚してしまったリース・ウェザースプーン。おかっぱをロングにしたような髪型は無理して若作りに見えてしまう。キューティー・ブロンドの時から苦手な顔立ち(特に口元)なので勝手にごめんなさい。
トム・クルーズも何だかふつうのおじさんに見えてしまった...現状って見た目にも表れるものって気がします。

新聞では中でも二面を使って特集していたのですが、司会者のEllenに対して結構厳しい~!
オープニングに20分も使ってのトーク、それも自分のことばかり...だそうです。私は結構おもしろいと思ったし、客席からの笑いも多かったのですけどね~ 特に客席のクリント・イーストウッドと一緒に写真撮影、それも撮るのはその並びに座っていたスピルバーグに頼んでしまいます。しかも一度撮ってもらった後にその写真を見てケチをつけて、もう一度~と今度は立ち上がって本気っぽく撮らせてしまうとこなんてすごい! 
確かに彼女の笑いはシニカルで鋭いことが多いので、カチン!と来る人もいるかもしれませんし、「ブラック、ジューイッシュ、ゲイがいなければ今のオスカーは成り立たない。」とかゲイに関する話は多いのですけどね。自分がゲイであることを武器にしている人って日本でも多くなりましたよね~子供の頃には考えられなかった!

ゲイといえば、って特に気になっているわけではありませんが(笑)、主題歌賞をとったメリッサ・エスリッジのコメントはいきなり「私の妻と4人の子供に感謝します!」。 もちろん、この方女性ですからね~ それは置いておいて、何年か前のグラミー授賞式ではガン闘病中であることを宣言、スキンヘッドで熱唱したのですけど、髪も伸びて元気そうな様子でした。
彼女の歌は今や日本でも話題になっているらしい、ゴア前副大統領の主演したドキュメンタリー映画「不誠実な真実」で使われていたのですけど、「民主党でも共和党でもない、赤でも青でもなく緑が必要なのよ~!」というコメント、おぉ~ナイス!!
アメリカでもこれでやっと地球温暖化への取り組みに動いてくれるのでしょうか? 毎週ゴミの日に一件から出されるゴミの量、日本の方が見たらびっくりされることでしょう。それもデンバーでは分別もなしに(一応リサイクル用のは別に集めに来ますが有料)、何でもかんでも出してしまうのですよ~ 

音楽といえばドリームガールズのパフォーマンスは素晴らしかった!! 三曲もノミネートされていて受賞を逃すというのも不思議な気もしましたけどね。とにかくビヨンセが好きな私には、グラミー賞に引き続き歌が聞けただでけでもいいかなって。
助演女優賞をとったジェニファー・ハドソンの歌の上手さばかり言われますが、こうして三人が歌っているのを聞くと、ビヨンセのは余裕のある熱唱だという気がします。もちろんジェニファーは上手い。でも彼女、こちらでは有名なオーディション番組「アメリカン・アイドル」出身で、そこでは優勝を逃しているのですよね。グラミーの新人賞でもこの番組出身の子だったし、これは見てみたい番組ですね~
ちなみに前日の新聞予想でも彼女でしたが、二番は菊池凛子さんでした。評価高かったのですね~ 映画の中と違ってしっかりメイク、どことなく同じハリウッド進出を目指していた工藤夕貴に似てるな~と思ったのは私だけ?

この予想というのもいろいろ、アメリカ人でも考え方は人それぞれなのだな~と思ったのが「硫黄島からの手紙」に対してです。「敗戦国から見た、ただのお涙頂戴映画。なんでこんなのがノミネートされるのかわからない。」とある新聞に書いてあったと思えば、「戦争の悲壮感、無意味さを大袈裟ではなくしみじみとそう思わせる感動的な作品。とるのはデパーティドだろうけれど、とらせたい、とるべきなのはこの映画。」とある雑誌。
字幕を読んでまで映画を見るなんて~というアメリカ人が、全編日本語のこの映画を見に行く人がいるだけでもすごい~!だなんて思ってしまいます。

今年も子供の映画以外は全然見に行ってないので、当然知らないものばかり...と思ったら、「クイーン」は日本からの帰りの飛行機で見ていました。 
いつものことながら機内では全く眠れないので、ぼーっと三本見てどれもあまりおもしろくなくてようやくうとうとしかけたところで始ったのがこの映画。初めはイギリス王室の話なんて、パロディか二流のゴシップ映画でしょう~と思っていたのですけど、これがどんどん引き込まれてしまって目もパッチリ! 話の筋がおもしろくて、それに見たことがない王室の方々の生活にへぇ~と思うことが多くて...
もう朝食から服装もしっかり整えてきっちり~ 朝起きてから夜寝るまでほんと忙しそう~ 夜中にダイアナの訃報が女王に伝えられるシーンがあるのですが、電話とかではなく、執事(?)が寝室のドアをノックするのですよ~プライベートなんてきっとないのですね。

覗き見的なおもしろさ(笑)もありますが、それよりももっともっとエリザベス女王の心の内や、当時発足したばかりのブレア内閣がダイアナ元妃事故死によるごたごたを利用して国民からの人気と王室からの信頼を得ようとする巧みさ。その反面、ブレア首相は、亡き母対するのと同じような思いを女王に抱いていること、またそれに気付くブレア夫人が超革新的で、「この際、王室なんてなくなってしまえばいい~」なんて発言してしまう。本当にそんな人なのでしょうか?おもしろいですね~

そしてもちろん、主演女優賞をとったヘレン・ミレンの演技。もう映画を見たときはそっくりさん?と思ったのですけど、こうして見ると全然違いますね~ メイクや髪型で変わるのでしょうけど、威厳と品格を持った女王を見事に演じたところはさすがです。でも受賞の瞬間、誰とハグすることも喜びを分かち合うこともなかった...セカンドバック持ったままだったし~ もしかして性格よくないのかな~?お友達少ないのかな~?なんて余計なことを考えてしまいました。

まだまだいろいろあるのですけど、長くなってしまうので、この辺で...
予想はされていたといっても、マーティン・スコセッシの監督賞は思わず「やった~!」と声が出てしまいました(笑) 彼の作品にはマフィアや暴力的なテーマが多く見て楽しい気分にはならないので、すご~く好きというわけでもないのですが、どの映画にも暗さと考えさせる何かがあります。それによくロックを音楽に使うところは嬉しい! 作品賞もとった「ディパーテッド」を紹介していた時にも、ローリング・ストーンズの「ギミー・シェルター」が流れていて、それでけで見たくなってしまいました。
一番有名なのは「タクシー・ドライバー」でしょうけれど、私にとっての一番の作品は「ラスト・ワルツ」。The Bandの解散コンサートの模様をインタビューを交えて撮っていて、エリック・クラプトンを初め豪華なゲストが立ち代り歌っているのを見るだけで楽しいのだけれど、それが撮りかたなのかな~とにかく感動的でまるで映画のよう(笑)
DVDには特別編集で監督がこの映画について語る場面も入っているのだけれど、これがすご~い早口で見た目せかせかした小男という感じ。晴れの舞台では大きく見えるかな~と思ったけど、スピルバーグ、コッポラ、ルーカスの巨匠であり友人三人に囲まれた姿はやっぱり小さかった。
でもオスカーノミネート6回めにしてやっと手にすることができ、無冠の巨匠は返上となったわけで、マーティン・スコセッシも本当に嬉しそう! 舞台そででジャック・ニコルソンと長い間抱き合う姿も感動的! よかった、よかった~
[PR]
by Wingco | 2007-03-02 11:31 | アメリカ生活 | Trackback(2) | Comments(23)
トラックバックURL : http://wingco.exblog.jp/tb/6551214
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ◆nice+ at 2007-03-03 09:23
タイトル : oscar;winners
オスカー79th。 大どんでん返しが二つ! 作品賞、ヴァイオレンスが多すぎる作品はどうかと思ったら、やったね。歌曲賞、あんなに歌わせて、もりあげて、違うなんて驚き。■こちらから見たら憧れの地位の人たちが、始まる前上に設置されてたカメラに向かって手を振る振る。日本であれ出来る俳優裏方いる?ここから違う。 ■凛子ちゃんはabcで最初にドアップで写ってました。華があった! ■あちらの司会者がロジャー・ダルトリー女性版にみえた。 ■ジェームス・テイラーがスーツ着て歌ってたあ。華がなーい(爆)。 ■...... more
Tracked from ◆nice+ at 2007-03-03 09:24
タイトル : そしてthe departed
ずっと観たいと思っていたのに、観逃してしまう映画がとーっても多く、KURIさんが観てこられたのをきっかけに昨日仕事帰り観てきました。観終わる頃には眉間に皺が出来るのではないかと思うほどでした。私は「ゴッドファーザー」を観て寝てしまうタイプなのです。なーんでかっ!なーんでかっ!(堺すすむ)。 私にとってドンパチは家で観る映画ではないんでしょうね。狂気を感じると怖すぎて何か別の事をしてしまい、避けて眠りたいという気になると思われます。これではいかんと18年位前、アル・パチーノ作品は全部観てい...... more
Commented by ymomen at 2007-03-03 04:22
wingさん、
すごい!
後半、写真なしで、ここまで読ませてくれるなんて、すごいです。
長年アカデミー賞には、興味がなかったのですけど、wingさんのこの記事拝見して、来年から観よう、と思うくらいです。
映画界のこと、よくご存知なんですね。
わたしときたら、全く疎いです。
”クイーン”は観たいです。
まだDVDで発売されてませんよね?
この女優さん、わたしは大好きです。
この方はキャリア、長いですよね。
こういう人に賞をあげて、功績をねぎらっているのを見ると納得ですけど、あんまり若い女優さんが、数えるくらいしか映画をつくっていないうちから賞をとるのは、なんだか納得いきません。そんなこと、過去にありましたよね。
コンスタントに映画界で、いい仕事をつみ重ねた業績あってこその、アカデミー賞だと思うのですが?
また降りましたねー。
運転、お気をつけてくださいね。
さぞ、怖い思いをなさったでしょう。
Commented by ymomen at 2007-03-03 04:23
追伸、
桜のおはぎ、今発見!
すてきー。
かわいいー。
桃の節句に、いいですね。
Commented by satoko_us at 2007-03-03 06:16
うちとおんなじで雪ですね~♪
私も今日運転していて滑りそうになりました。(汗)お互いに運転気をつけましょうね~!

アカデミー賞、見たかったのですけれどなんとまだケーブルもディッシュもつけてないので見れなくって義理のお母さんに録画してもらいました。(まだ見てない…)
私は司会はやっぱりビリークリスタルがよかったなぁ~と思ってしまいます。

私もジェニファーロペスのスタイルはちょっとなぁ~と思いました。リースも苦手です。(同じですね~)
Wingさんの文章を読んでいて早く見たくなりました。お義母さんのところに行ってこよっと!
Commented by nice68 at 2007-03-03 09:17
TBありがとーーん♪みてらしたのね、嬉しい♪
今年はスコセッシ以外は興味なかったのに、プレゼンターが豪華で楽しかったですね~。メリル以外も皆ネックレスをしていなかったんだけど、それについて記事になっていませんでしたか?レッドカーペットを歩く前に全員耳と指輪以外のアクセサリーを寄付するといったイベントでもあったのかしらと不思議になりました。
「ドリームガールズ」でのビヨンセは本当に黒人版バービー人形でステキでした。ペネロペも二コール・キッドマンも、グイネスもバービーでしたね~、美しかった。
私もスキンヘッドのメリッサ・エスリッジ覚えてます~~。ガン克服し素敵でしたが、「ドリームガールズ」のどれかにとって欲しかったわ。あの素晴らしいパフォーマンスの後で肩透かしもいいところでしたよね~。でも京都議定書脱退してまで戦争始めた米国はもっともっと真剣に温暖化に取り組んで欲しいからゴアの映画はホントにタイムリーで良かった~。
Commented by nice68 at 2007-03-03 09:22
自分のブログではひかえたのですが、今年は女性のゲイの方が多くてビックリ!エレン、メリッサ、ジョディフォスター、そして、キルスティン・ダンストとケイト・ブランシェットも?自分が女性なので考えられないのですが、男性ゲイには寛容な私、むしろ好きな方がそう(笑)。黒人、ユダヤ人、ゲイがいなければ今のオスカーはない発言は観ながら爆笑して拍手しちゃった、友人ともその話ばっかり。ゲイが世の中動かしてるという人もいますもんね。
毎年司会者はシニカルな発言するので楽しみです。去年もどうどうと政治のこと言ってたし。そういうのが日本にはないんですよね~。当たり障りなく、、ですのでつまんないです。スコセッシの受賞はほんと嬉しかったですね~。ルーカスが取ってないのは謎ですが4大巨匠が集まってステキでした。私もタクシードライバーより、ニューヨーク・ニューヨーク 、ラスト・ワルツ、 レイジング・ブル 、キング・オブ・コメディ あの70年代の作品が好きです♪
Commented by Wingco at 2007-03-03 22:54
★もめんさん、
楽しんでいただけてよかった~!
自分勝手なことを書いてしまって失礼なヤツ~なんて思われるかも~と思っていたのですよ。
映画のこと全然詳しくはないのです。特にハリウッド映画は...
大学の頃まではよく名画座に通っていたのですけど、フランス映画などヨーロッパの映画が好きで、ハリウッド超大作はあまりみていないのですよ。
スターウォーズ、ロッキー、ターミネイター...などなど全然見たことなくて、夫によく呆れられます。
特にアメリカに来てから見る機会もぐっと減りました。料金は安いのにね~(笑) ヨーロッパ系の映画ってほとんど上映されないじゃないですか、デンバーには一件だけそんなマイナーな映画館があることを最近知ったのですけどね。上映時間も遅くて、子供がいるとなかなか行かれませんよね。
ヘレン・ミレン私はこの映画で初めて知りました。TVドラマにも出ていたようですね。The Queenはまだ上映している映画館もあるようなので、DVDにはなっていないと思います。
Commented by Wingco at 2007-03-03 22:54
★もめんさん、続きです。
主演賞は今までの一年に対しての評価なので、若い女優さんでも取っていいのではって思います。でも中には作品に恵まれただけで本人の力かな~と思うこともありますよね。
ピーター・オトゥールも8回ノミネートされて一度も受賞はしていないとか。そういう方のためには功労賞もありますけど、やはり主演賞を一度は取りたいものでしょうね。
Commented by Wingco at 2007-03-03 22:57
★もめんさん、
もう一つコメントをくださっていたのですね。ありがとうございます。
道明寺粉はアメリカでは手に入りませんからね~
でもただのおはぎにお化粧しただけで春の雰囲気になりますね。
お嬢さんがいらっしゃるからお節句にはお祝いなさるのかな~?
Commented by Wingco at 2007-03-03 23:02
★さとこさん、
そちらも降りましたか~やはりお隣ですね!(笑)
さとこさんは暖かいカリフォルニアからいらしたから、雪の運転もあまり経験がないのでは?
私は10年もいるのにまだなれていません~こわい~!

まぁ、お母様録画してくださるなんて優しいですね~
そうですね、お祝いの席にはビリーのなごませる笑いの方がふさわしいのかもしれませんね。
わぁ~やっぱりちょっと~って思いました?同じ感想嬉しいです!!
そういえばさとこさんもフランス映画お好きでしたよね~
去年も結局見た新作映画の本数は1桁なのですけど、何かおすすめがあったら教えてくださいね!
Commented by Wingco at 2007-03-03 23:11
★niceさん、
そうなの~?NHKのニュースでも話題になっていたから日本でも盛り上がっているのかと思ってましたけど、見た人って少ないのですね?
ほんとプレゼンターは豪華でしたね~知ってる人ばかりで楽しかった!
記事では書かなかったけど、Little Miss Sunshineの女の子とウィル・スミスの息子も受けていましたよね~

ネックレスのことは新聞には載っていなかったけど、今年の傾向はメタリック。ウィル・スミスの奥さんとか金ピカだったし、素材にメタリックなものが使われていることが多かったようですね。だからネックレスはなしなのかな~
よくは見えなかったけど、ニコール・キッドマンのドレスにはすごい金額の宝石がちりばめられていたとか...
ドリームガールズは何となく筋が読めるので(笑)あまり見たいと思わなかったのですけど、あのパフォーマンスで一気にみたくなりました。ビヨンセの演技にも興味あり~オファーされたのではなく、自分で売り込んだそうですよ!
ゴアの本は日本でも売れてるそうですね~友人があれを読んで、今まで地球温暖化には懐疑的だったけど、これは真剣に考えなくては~と考え直した、と言ってました。
Commented by Wingco at 2007-03-03 23:22
★niceさん、
いえいえアメリカにはもっともっといますよ~女性のゲイの方。
自分の周りには一人もいない(アメリカ人の知人も少ないので)し、私もよくわからないのですけどね~日本の芸能界でも噂はありますよね。
まぁ、国籍とか人種とか何でもマイノリティーが小さくなって生きていかなくてもよい世界になるのは嬉しい~
そういえば日本の芸能人ってあまり自分が支持する政党の話とかしませんよね。やはり万人に好かれなければ~というのがあるのかな?
アカデミー賞はSFとコメディアンには厳しい!とよく言われます。名前もアカデミーですしね(笑) だから人気と関係ない受賞というのもよくありますね。スコセッシお好きなのですね~私は昔の、アリスの恋が好きだったりします。
Commented by nice68 at 2007-03-04 08:32
スターウォーズ、未知との遭遇、ターミネイター、ET,バックトゥーザフューチャー等私も若い頃ハリウッド映画は観てません~。それにクイント・イーストウッドとジャッキーチェーンも、毎週のようにTV映画劇場で放映されてましたが一度も観た事ないんですよーー。
コメント頂いた時の「ラストワルツ」で思い出したのですが、スコセッシの撮った「ボブディランノー・ディレクション・ホーム」は観られましたか?私は長いので避けているのですが。コメディ俳優が二人で出てきて、後から客席から一人加わり、コメディアンに厳しいというミュージカルパフォーマンスも笑いましたね~。こちらではWOWOW独占なので加入してない人は観られないんですよー。少しワイドショーで流れてたらしいですが、ショーはミッチリ観た方が面白いですよねー。
Commented by jasmineteatree at 2007-03-05 16:05
はじめまして!
ブログ拝見させていただいています。
私は6年アメリカに住んでいたんですが、コロラド、素敵なところと聞いてます。でも行ったことない~!

私のブログにブックマークさせていただきました。
もし、問題があったらおしえてください。
Commented by ユキティ at 2007-03-05 21:36 x
こんばんは。コロラド、、、また雪降ったんですね。寒そうです。
今年は寒さの当たり年でしたね。今日、こちらは20℃ほど気温が
上がりました。Tシャツでオッケーだったんです。
でも、ちょうど夫と「暖かいのもいいけど、やっぱコロラドだよね」
そんな話になったんです。カラッとして気持ちいいもの。
これから日本の梅雨のジトジトを思うと、憂鬱になりますよ。苦
Commented by nonshi at 2007-03-06 17:43
まあ、きれいな青空&雪、と思ったら。車、回転してしまったのですね、危ない危ない。その後大丈夫でしたか?私も(よく)交差点でくるりとやってしまったので、それを思い出して読んでいるだけでどきどきしちゃいましたよ。
さて、どきどきといえば。オスカー。スコセッシ、興奮しましたね。やっぱりあの4人の顔が並ぶとなると!このごろはぜんぜん映画を観ていなかったのだけど、いつものこととはいえWingさんの解説すばらしい。観ずにいられないですもの、これから映画三昧になりそうです。。
Commented by nonshi at 2007-03-06 17:44
ああ、それから!
お見舞いのコメント、うれしかったです。もうすっかり元気、ちょっともてあまし気味なくらいです(これも困ったものですよねぇ、、)。
どうもありがとうございました。
Commented by Wingco at 2007-03-07 22:39
★niceさん、
また反応してくださってありがとう!若い頃って大勢に背を背けたい、自分は違うんだぞ~なんて気負いもあったりしましたよね?歳を重ねるにつれて、丸くなったり...しませんか?(笑)
でもアメリカの映画も楽しければいい、お金をかけらばいい、という感じではないのも多くなって来て、観たいな~と思うのも毎年いろいろあります。でもなかなか観られませんけどね。niceさんを見習って今年こそ映画も音楽も復活したいです。
ボブ・ディランのドキュメンタリーのことも聞いてはいたのですが、まだ観てません。もともとTV用だったのですって? DVDになったら~という感じですね。去年のコンサートもCDもよかった~大御所が元気なのって嬉しいです。そうそう、今日はクラプトンのコンサートなのですよ。また?って言われそうですけどね。
コメディアン二人、一人はSchool of Rockの人で、もう一人はウィル・フェレル。ニコール・キッドマンと一緒に奥様と魔女のリメイクに出ていた人。主役二人とも好きだけどこの映画はいまいちでしたね~
Commented by Wingco at 2007-03-07 22:43
★jasmineteatreeさん、
こんにちは!こちらこそはじめまして。コメントをくださってありがとうございます!
アメリカはどちらにお住まいでしたか?広いだけに、場所によっても違いますよね。コロラド、住んでいる者にとっても評判いいですよ。観光にはスキーや山以外観光の名所はあまりないのですけどね。
ブックマークをしていただいたのですね?ありがとうございます!私もこれからそちらにお邪魔させていただきます~
Commented by Wingco at 2007-03-07 22:50
★ユキティさん、
おはようございます!かなり暖かくなって油断してた頃にやられました!(笑)統計でも三月ってよく降るらしいですから、まだまだ春遠しという感じです。
今から梅雨だなんて早すぎですよ~(笑) その前に美しい桜も咲くし今からいい季節ですよね!
御主人様は本当にコロラドがお気に入りだったのですね~! 是非いつかまた戻って来てくださるって信じてますよ。私も「to フォート・コリンズ」の看板を見るたびにユキティさんを思い出します。今年こそお出かけしてみたいと思っています。
Commented by Wingco at 2007-03-07 23:21
★nonshiさん、
雪の降った翌日は雪の白に映えて特に青空がきれいなのですよね。
運転は慎重にしなければならないのですけど、ついつい景色に気をとられてしまいます(笑)
あら、そちらでも雪が降ることが...と思いかけて思い出しました。札幌でのことですね~道路も広いし他の車も気をつけてスピードをおさえているから大きな事故にはならないけど、この日も何度か右折で滑っている車を見ました。
オスカーご覧になったのですね!やはりアメリカでは盛り上がりますよね~私もよく映画知らないくせにいろんなこと思い浮かぶままに書いてしまいました。今年こそ映画もっと見に行きたいです!お勧めがあったら教えてくださいね~
Commented by Wingco at 2007-03-07 23:26
★nonshiさん、
更新のストップ、私にはとっても長く感じてしまって、心配していましたよ。だってのんしさんって繊細で風が吹いたら倒れそうなイメージあるし...(笑)
元気になられてよかった~!! でも、季節の変わり目ですからね、油断なさらずしっかり治してくださいね~
Commented by jasmineteatree at 2007-03-09 01:07
私は、カリフォルニアに2年。アイダホに4年住みました。
もっともっとアイダホにいたかったのですけど、急に夫の仕事が日本で決まってしまい、やむなく・・・・。
デンバー、一度いってみたかったなぁ。
Commented by Wingco at 2007-03-14 00:55
★jasmineteatreeさん、
こちらにもコメントをくださってありがとうございます!
おぉ~カリフォルニアよりもアイダホの方がお好きだったのですね?
行ったことがないのですけど、何となくコロラドと同じように自然が美しいようなイメージがあります。
デンバー自体はそれほどおもしろいところもないのですけど、山はいいですよ!スキーにでも一度いらしてくださいね~
<< 桜餅とチョコレートロール いろいろきいろじゃむ >>