She Knows Muffin
b0108544_2056134.jpg
日本の本屋さんで、小ぶりなサイズとかわいい表紙に思わず手に取った
「She Knows Muffinオリジナル・レシピ集―We Love Muffin!」
いまさらマフィンだけの本なんて...と思いながらも、99レシピも紹介されているなんてすごい!
ほんわかした写真も楽しそうな本~と買ってしまいました。

気負わず手軽に作れるマフィン。
さっそく、最初に紹介されている、マフィンといえばのブルーベリーマフィンを作ってみました。






b0108544_2184664.jpgb0108544_2111384.jpg
冷凍してあった大粒のブルーベリーを凍ったまま最後に加えたので、
ほとんど生地へ紫が染まることはありませんでした。
焼きたての、ふんわりほわんほわんのマフィンはたまらないおいしさ!
ほんと、ブルーベリーとはどうしてこんなに相性がいいのでしょうね。
タコがブルーベリーを苦手なので、半分はプレーンのままにしましたが、
同じ生地なのに、ブルーベリーマフィンの方がしっとりするような気がします。

マフィンの作り方というと、バターと砂糖をすり混ぜてから液体、粉、と加えるのが一般的だと思うのですが、
こちらでは、まず卵と砂糖なのですね。スポンジケーキのような方法。
なのでふわ~っと柔らかい食感になるのでしょう。

「She Knows Muffin」は、「Bagle & Bagle」の姉妹店のマフィン専門のお店だそうです。
どちらも行ったことはないのですが、本物のマフィンをいただいてみたいですね~
そしてずらっと並んでいることでしょう、たくさんの種類のマフィンを眺めてみたいものです。





b0108544_211613100.jpg
次に作ったのが蜂蜜。プレーンよりぷく~っとよく膨れます。
そしてその半分はレモン&ポピーにしました。
本では蜂蜜に合わせているわけではないのですが、相性よいに決まってますよね!

同じ生地なのに、膨らみ方が違うのはおもしろいですね。
蜂蜜はキノコのようにぷっくり膨らんでいますが、レモン汁が加わるとすーっと富士山のよう...
私はスナフキンの帽子を思い出してしまいました(笑)

本当は、レモン汁やブルーベリーなどの具を加えた後に、粉を混ぜ合わすのですが、
同時に二種類作るために、粉のあとに具を混ぜてしまったので、本物とは違ったマフィンになってしまったかも...





b0108544_21195043.jpg
そして、アップル&シナモン。これは見た目といい、△の印象でした。
本の写真ではこんなにシナモンの色はついていないのですけどね。
シナモン10gって結構な量です。今までパンでもお菓子でもこんなたくさん使ったことありません。
食べても何だかすごくシナモンを感じます。八つ橋のように(笑)
本の間違いなのかな~?





b0108544_21523040.jpg
気を取り直して、いちご
画像のように、いちごジャムをトッピングするので見た目もかわいい...
のはずでしたが、手作りのいちごミントコンフィチュール、市販のジャムよりゆる~い仕上がりなので、
流れ落ちそうになって大変!
でも味はOK。 
色はあまり出ませんでしたが、生地にもいちごジャムといちごのピュレも混ぜ込んであるのですよ。
甘いだけではなく、フレッシュないちごの香りが楽しめる、これはなかなかのマフィンです。





b0108544_21283347.jpgb0108544_21301556.jpg
お食事マフィンだってもちろん!
ハム&チーズ。ハムもチーズも小さめに、パセリも入ってお上品なおいしさです。
お食事マフィンの生地にも砂糖が入って甘みもあるし、ふんわりしているので、
パンケーキのモーニングセットを食べているような感覚?...にもなったり...

A.R.I.さんのお食事マフィンを初体験した時は、甘くないマフィン!、コーングリッツのプチプチ~が新鮮な驚きでした。
こちらのお食事マフィンはまた違った印象、コーングリッツも入っていませんが、
それはそれでおいくて、他にも試してみたいバリエーションがたくさん載っています。





b0108544_22233838.jpg
バナナ&ウォルナッツ、も半分はタコのためにクルミなしで作りました(面倒~)
クルミは中にも入っていて、バナナはつぶして生地に混ぜ込む...のでバナナブレッドに似ていますが、
バナナの量が少ないので、ふんわりと上品な仕上がりですね。
私はもっとバナナを感じる、しっとりどっしりめのが好みです。
そういえば、A.R.Iさんのバナナを使ったマフィンでは、バナナをそのまま生地に差し込む...
なんてワイルドなものありましたね~(笑)

この写真を撮っている時に、ちょうど朝日がマフィンに差し込んできました。
SKMの特徴のもう一つに、溶かしバターを使っていることがあります。
バターを室温に戻すという面倒さがいらないし、時間も早くできるので、
うちでは朝食としての出番が多いSMKのマフィンです。

サイズも小さめ、優しい味のものが多く、一日の軽やかな始まりにいいですね~
(朝から甘い物~?という声も聞こえますが...)
A.R.I.さんの見るからに元気が出そう~!な大きな具の入ったしっかりした味のマフィンも好きですが、
こちらはまた違った楽しみができるマフィンのようです。
とても99種類全部は作れませんが、いろいろとユニークなマフィンもあるので、
また次回をお楽しみにしてくださいね~!



 * * * * * *


NHKの「英語でしゃべらナイト」という番組。
スタジオを飛び出して、出演者のパックンの故郷でもあるコロラドへ行こう~!という回がありました。
パックンが育ったのはデンバーではなく、コロラド州第二の市のコロラド・スプリングスというところだったのですが、
そこに向かう途中で少しコロラドの観光をしていて、ふ~ん、なかなかコロラドにもよいところがあるのね~
なんて思ってしまいました。
こちらに来た当初はそれなりに名所にも行ってみたのですが、住むのも長くなると、改めてってところありますよね。

そして、八嶋さんが、デンバー空港から市内に向かう道で、「景色が広い! 道がまーっすぐ。」
なんて驚いていたようですが、確かに真っ直ぐに続く道は多いですね。
運転していても緊張感がなくて、眠くなってしまうこともしばしば...(笑)



b0108544_22213836.jpg
家からタコが通う日本語補習校への送り迎えのため、毎週日曜日に通るこの道。
アラパホArapahoeという道の名前も何となくネイティブ・アメリカンを連想させますが、
ずーっとずーっと、20分ほど西に向かって一直線に走ります。
ロッキーの山々まで、このまま走るとついてしまいそうですね。
(実際はかなり遠くにあって、道も続いていませんが...)

デンバーは海抜1マイル以上と高地ですが、なだらかな平野にあります。
でもこの道はところどころに急なアップダウンがあって、
この一番高いところに来ると、急に視界が開けるのが好きです。
眠気も覚めます(笑)

この写真は二週間ほど前に撮ったので、今ではもっと紅葉が進んで、きれいですよ~
運転していると、山だったり、緑だったり、空だったり...いい景色だな~と思うことはよくあるのですが、
運転しているので、なかなかカメラに収めることはできません。残念ながら...




b0108544_22172668.jpg
「思ったより人もいっぱいいますね~」とダウンタウンでNHKのアナウンサーの人が言っていました。
コロラドって田舎~な印象があるのでしょうか?

州の人口は500万人ほどいるのですよ!
確かにアスペンなどのスキーリゾートで有名だし、自然には恵まれているので、その印象が強いのかもしれませんが、
デンバー近郊は結構な都会(?)ですよ~
車だってたくさん走っているでしょう? 交通渋滞だってあるときにはあります。
皆さまにはどんなコロラドの印象をお持ちなのでしょうね~是非お聞きしたいものです。


それから、前の記事の中で、ジャムの果物当てクイズに参加してくださった皆様、ありがとうございます!
引き続き、月曜日(コロラド時間)までお答えをお待ちしています~
[PR]
by Wingco | 2008-10-10 20:56 | お菓子 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://wingco.exblog.jp/tb/9663143
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by studiopinot at 2008-10-11 09:45
お 一番ですね。
拝見していたらマフィンを作りたくなってきました。

圧力鍋の事ですが、日本製は無く(多分一社、以前作っていたところがありましたが現在は分かりません)、今回はフィスラーのをお借りし、
家のラゴステイーなと二つの圧力鍋をフル回転させたのです。

フィスラーのがいいですよ。
そちらでもあるのでは、しかも日本よりお安いはず。
Commented by tomshore2 at 2008-10-11 17:15
マフィンがこんなにたくさん〜〜。どれも美味しそう。
いろんな種類をたくさん作られていて素晴らしいです。
SNMは本屋で見かけた事はあると思うけれど....。溶かしバターで作れるって、忙しいときには良いですよね。今度、手にとって中を見てみますね。
私はついついつくりやすい同じものばかり作っちゃうのですが-
......実はWilliams-SonomaのMuffinの本までもっているのに作った事なかった。(汗).....Wingさんを見習って、いろんな種類に挑戦してみたいです。

コロラドのイメージ....確かに大自然で山があって....車とかも走ってなさそうなイメージでした(ごめんなさい!)確かに渋滞してますね(笑)山に向かってまっすぐに、でもアップダウンのある道路が延びている風景、いいですね〜。
Commented by 小夏 at 2008-10-12 00:50 x
うわぁ~、一枚目のお写真って超クール~! そういえば↓のジャム瓶も
光が透けてきれいだったわ~(書き忘れていました)
今度のマフィンたちも素敵な子たちが出来上がりましたね^0^
どれにも興味があるのですけど、手作りのいちごミントコンフィチュール
入りミントがマフィンにはオリジナルっぽくてナイスアイデァ賞~☆食べた
いです!!
A.R.I.さんのは衝撃だったけど、今度の溶かしバターですか!!こちら
もいいわ~♪
「英語でしゃべらナイト」最初を見られなくって残念だわ~。名所とか見た
かったなぁ~、、グスン。
でーーーも、ビックリモノの美しい景色をありがとうございます!実物はさ
ぞやと想像致します!!
それに、渋滞のを見ると・・車がポンコツがあまりいないのかしら?(笑)
コロラドの印象は、お山よりもどこよりも、ケーキパンお料理家事子育て
などなど、カリスマブロガーのWing様ご一家が住んでいらっしゃる街な
んだけどな・・・(爆) 真面目なのよ~。
澄んだイメージをを感じるかな、コロラド^0^
Commented by kickpop at 2008-10-13 01:24
「Bagle & Bagle」は、まだ東京に住んでいた頃、うちの夫も好きだったので、よく買いに行きました。パンプキンベーグルがおいしかったなあ~。「She Knows Muffin」。まるでWingさんのことみたい~。昨日いただいたマフィン、とってもおいしかったです。
Wingさんが写真を撮ると、Arapaphoeもなんだかステキな道路に見えてきます(笑)。
Commented by assam-milk at 2008-10-14 10:02
きゃ~、かわいい、かわいい!
本そのままのマフィンがいっぱいですね^^
A.R.Iさんのが、ボリューム満点なのにくらべて、こちらはふんわり軽やかなイメージですよね。作り方も違うからでしょうけれど。
溶かしバター、かなり朝は助かりますしね(笑)
フィリングによって、レシピ使い分けるのも楽しいですよね。

コロラド・・・Wingさんとお知り合いになるまでは、全然未知の土地でした。
Wingさんの素敵なお写真を見せてもらっているからか、自然がとても美しい、空気のきれいなところなんだろうなぁって。
アメリカと言っても、ほんとうに広くて、見どころもたくさんですが
コロラドも、一度は訪れてみたいなと思います!
Commented by peanuts_miso at 2008-10-14 22:31
こんばんは!
かわいいマフィンが沢山紹介されていて、拝見しているだけでも楽しくなってしまいました~^^
作り方も普通のとは違うんですね。断面図を見ても確かにキメが細かくてふんわり♪
スナフキンの帽子・・・とゆう表現には思わず笑ってしまいましたが、私もそう思いました^^

コロラドの印象。。。
コロラドは漠然と「寒い所」とゆう印象を持っていました。
田舎とゆう印象は無かったかなぁ。
あとは「空が青い所」だと勝手に思ってますけど、合ってますか??
Commented by Wingco at 2008-10-17 12:47
★studiopinotさん、
マフィンは気負わずに作れるのがいいですね。
圧力鍋、てっきり日本製かと思っていましたが、びっくり~アメリカ製とは...
玄米を炊くのにいいと思って買ったのがもう二年前のことになります。
でも一度も使ってなくて...
子供の頃に母がちょっと操作を誤って、すごい蒸気が噴出したのを
目の前で見てトラウマになっているせいかも...
今のはよくできていて、そんなことはないって聞いてはいるのですけどね。
これを機会に使ってみますね~
Commented by Wingco at 2008-10-17 12:56
★tomshoreさん、
そ、そんな~どれも作り方同じ、簡単にできるマフィンですからね。
最近パンの方に気がいっていて、お菓子の方は手抜き...かな?
パウンドだと、溶かしバターだと何かが良くないってどこかの本で読んだことがあったのですが、
マフィンだとそれほど影響ないみたい。翌日になってもガチガチにはなりませんでした。
是非この本もご覧になってみてくださいね。
ソノマのマフィンの本ですか、それは知りませんでした。
写真とか、こちらのお料理の本って素敵なのも多いですよね~
でも作ると...ってこともありますが(笑)

私もこちらに来る前には、隣の家まで車でしばらく走らないと着かないような田舎を想像していましたよ。
適度に都会で田舎で、住みやすいところです。
ハワイの海もあこがれますが、お山もいいですよ~
是非遊びにいらしてくださいね!
それから、クイズ、一番近いで賞(笑)おめでとうございます!
粗品をお送りしますので、待っていてくださいね~
Commented by Wingco at 2008-10-17 14:36
★小夏さん、
いちごミントコンフィチュールはそのままだとミントのクセが気になって、いまひとつだったのですが、マフィンにするとよい感じになりました。
ジャムマフィンは水っぽくならないけど果物の香りが効いていいですね~
私も気にいってます。
溶かしバターで大丈夫かな~?と心配だったのですけど、柔らかさ、翌日まで保ちましたよ。
私は後編見逃してしまったのですよ!
コロラドも広くて、知らないところだらけなので、見たかった~
前半の名所といっても、クアーズフィールドとか赤い岩がごろごろしているようなところ、レッドロックスのようなものなのですけどね。
そういえばこの車の写真はきれいな車ばかりうつっているようですね。
ぼけてそう見えるだかかもしれませんが(笑)乗るのが怖いようなおんぼろ車もよく走っていますよ~車検ありませんからね。
ま~! いつもありがたいのですけどね、嬉しいお言葉をまたまたありがとうございます!
カリスマはやめてくださいよ。全然そんなじゃないし、何だかカマキリを思い浮かべます(意味不明)
こちらはとにかく空が広くって、車で走っていても視界がどんどん開けて気持ちがいいのですよ。
Commented by Wingco at 2008-10-17 14:40
★kickpopさん、
わ~その当時からパンプキンベーグル!ほんとにお好きなのですね~かぼちゃ。
マフィンはお手軽で作りやすいですけど、もっとちゃんとしたお菓子をおもちすればよかった~と後悔してます。
アラパホも走って行くと、どんどん表情が変わりますよね。
ホールフーズはいつできるのだろう...
Commented by Wingco at 2008-10-17 14:52
★assam-milkさん、
いや~何だか私が作ると、ど~んと迫力が出てしまって...
本のお写真は小さくてかわいらしいですよね。
溶かしバターってそんな~、アメリカのお菓子らしく手抜きなのか~(笑)
って思いましたが、そこはお店のレシピだけのことはありますね。
ちゃんとふわふわに柔らかくできて、それが持続するのですもの!
具が小さかったり、SKMの方が子供には食べやすいようですが、
やはり梨さんのガツンとしたマフィンも食べたいですよね~

どうも風景の写真は苦手で、実際はもっときれいなのに~と思ってしまうのですが、
そうおっしゃっていただけると、嬉しいです。
少しでもコロラドの素敵さを知っていただけて。
あまり有名な観光地もないし、スキーや高地トレーニングをする方以外には
それほど楽しいところでもないかもしれませんが(爆)
のびのびとした気持ちになれることは間違いなし!
是非いらしてくださいね~
Commented by Wingco at 2008-10-17 14:59
★chihoさん、
こんにちは!
楽しさが伝わっているのですね、私も嬉しいです。
特にスナフキンに共感してくださって、ありがとう!
子供の頃、理想の人でした(爆)
溶かしバターなのにふんわりしっとり、スポンジケーキのような作り方のおかげかもしれませんね。

そうそう、空が青いのですよ。
晴天率も全米でトップだそうです。
雪が多いのに意外なようですが、雪は夜に降る事が多くて、朝からぱーっと晴れる、というパターンだからかもしれませんね。
一日の温度差も激しくて、もう夜は暖房がまわっているのですよ。
秋もきれいですが、日本に比べると短いのです。
<< クイックヨーグルト酵母、再び ブリオッシュ >>