カテゴリ:お菓子( 238 )
抹茶と和三盆のシフォン くるみとコーヒーのマフィン
b0108544_2494147.jpg

11月もすでに後半、あっという間ですね!

いつまでも暑い暑い、冬はこのまま来ないのでは~などと思っていましたが、そんなわけはありませんでしたね。
週末からぐっと気温がさがり、朝には暖房を入れてしまうほどでした。
つい一週間前は冷房が必要だったのに...

毎年思いますが、ここでは暑い時期が長く、夏の次には秋をとばしてすぐに冬が来てしまう様な感じです。
四季の移ろいを楽しむ情緒が、あまりないのは残念です。










b0108544_2502948.jpg

この前の、抹茶スフレケーキベリーの豆乳マフィンはお友達の家への手土産にしたのですが、
いつものように、ひとりおやつでじっくり味見です。

抹茶スフレケーキは底が凹んでしまったものの、シフォンケーキよりもじゅわ~しっとりの食感も好みでした。
ラズベリーとブラックベリーの酸味があっさりとした豆乳マフィンのよいアクセントになります。
形はマフィンですがシフォン生地なので、ふわふわ柔らか。
どちらも好評♪ しみじみとした美味しさはなかしましほさんらしいお菓子でした。

和を感じるケーキでしたので、小豆アイスを合わせてみました。
以前登場した抹茶スフレロールでクリームの中に使った小倉あんの缶詰。
これが甘すぎてそのままでは頂けないので、ホイップした生クリームと合わせて凍らせるだけです。
それだけで小倉アイスのようになるのですね!
あんこが甘いので、砂糖も何も加えません。

若山曜子さんの本にあったものですが、本当はゆであずきの缶を使うのでした。そのほうがもっと美味しくなったと思います。 
アイスにしてもまだ甘かった小倉あん。御汁粉にでもすればよかったかな~











b0108544_2505655.jpg

お茶はハーニー&サンズのデカフェのホット・シナモン
シナモンとクローブがぴりりと刺激的。 オレンジピールの香りも爽やかでよいのですが、なぜか甘い!
H&Sではこの時期人気のお茶だそうですが、私は甘い紅茶がちょっと苦手。 甘くないのも販売して欲しい~










b0108544_2511066.jpg

抹茶のシフォンケーキ
抹茶のスフレケーキと同じレシピを今度はシフォン型で作ってみました。
水分多めのようなので底上げしないか心配しましたが、よい感じに焼きあがって嬉しい~♪
手はずしも成功!










b0108544_2512447.jpg

ただ、和三盆糖に塊があって、そのままハンドミキサーでが~っとすれば溶けるかな~と思ったのですが、
グラニュー糖とは違うのですね。
溶け切らずに粒々が残ってしまいました。
大きな気泡がぷつぷつあるのはその部分。

それでも和三盆のすっきりとした甘さが抹茶の風味をストレートに感じさせるようです。
グレープシード油とあっさりとしていますし、今までで一番抹茶の美味しさを感じるシフォンケーキになりました。









b0108544_2514320.jpg

お気に入りのマフィン型で作るキッシュ風、今度はミニマフィン型で小さく作ってみました。
大、中、小と順に三種類の大きさで作ってきましたが、今回のミニが一番合っているように感じました。
小さいと食べやすくてパーティーにもピッタリですね。 
生地も手作りなので、数をたくさん作るのは面倒ですが。

普通のマフィンの大きさの方は、くるみとコーヒー
うちはみんなコーヒーを好まないので、こちらもキッシュ共々お友達のお宅に持参したのですが、
この組み合わせ、とっても合います!
私も美味しく頂きました♪










b0108544_2515947.jpg

インスタではこういう(もっと凝って素敵なのですが)真上からの写真をよく見ます。
私は上の寄った写真の方が詳細よく見えて好きなのですが、どうなのでしょうね~
と迷ったりして、また更新が遅くなる...(笑)










b0108544_2521953.jpg

断面の写真、全然素敵ではないですが、味わいなどが一番よくわかるのではないかと...
後で見ても味がよみがえります。

ミニキッシュはプチトマトとモッツァレラ、そして長ねぎとアンチョビ
薄い生地ながらパイのような層になっているのも見えますね。
クルミはざざっと刻んで食べやすく、顆粒のコーヒーは溶け切らずにほろ苦いアクセントになっています。

ねっ、断面を見ているだけで、食べたような気分になりませんか??

断面大好き!
↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-11-22 04:42 | お菓子 | Trackback | Comments(2)
オレンジページの生シフォン なかしましほさんの抹茶スフレケーキ
b0108544_23554685.jpg

最近インスタグラムで流行っているらしい、オレンジページの表紙を飾っている、”生シフォン”なるものを作ってみました。

最初、”生シフォン”という言葉を見て、生チョコや生キャラメルを連想し、とろけるように柔らか~いシフォンケーキ!
かと勝手に連想、さっそくオレンジページを買ってしまったのですが、作り方をよく見ると、簡単に言えば、
「パウンド型でシフォンケーキを焼いて、両側からストローで穴を開けて、そこに生クリームを注入する。」というものでした。

普段あまり流行りものは飛びつかないほうなのですが(?)、後ほど触れますが、「パウンド型でシフォンを焼く」
という事をしたばかりで、それもちょっと失敗気味でしたので、もう一度試してみたかったこともあります。











b0108544_2356487.jpg

ついでなので、二本焼く事にしました。
左は普通の18cmのパウンド型、右はマトファー18cmのドロワ型です。

ドロワ型の方が深いので高さが出ますね。 
パウンド型でシフォンケーキ、真ん中が凹むのかな?と思いましたが、一番膨らんだ時から全体に少し沈みましたが、
一部分だけということはありませんでした。

もう一つの違い、オレペでは型にぐるっと紙を敷きこむとあったのですが、ドロワ型にはそうしたものの、
パウンド型には底だけにしか敷きませんでした。
紙を敷かない方が、型どおりのきれいな形になったようです。
ドロワは特に上の部分が、紙にくっついて縮み、ひとまわり小さくなっています。










b0108544_23562825.jpg

普通のホイップクリームと、半分はラズベリークリームにしてみました。
このラズベリークリームが簡単で美味しい~!

今まではラズベリーをピュレにして裏ごしをしてから生クリームと合わせてたてていたのですが、
冷凍のラズベリーをそのまま生クリームと合わせます。
ところどころラズベリーが残るのも味がはっきりとして美味しいですし、種はそれほど気になりません。

一番の難関は生クリームの注入でした。
つい欲張ってしまい、白い方は横から割れてクリームがはみ出しそうになりました。
ラズベリーの方は、まあ、いい感じ~♪










b0108544_2357598.jpg

ドロワ型の方は後でクリームを入れたので、はみ出さないように、慎重に...
しすぎて、今度はラズベリーの方、クリーム少なすぎ! それに真ん中まで入っていない~(泣)

右上から下に向って、次に左上からまた下に向って、切った順番に並べてあります。
もし作ろうと思われている方の参考になれば嬉しいです♪

中が見えないだけに、クリームがどういう感じでどのくらい入っているのかわからず、切ってのお楽しみ!
というわけですね。
こちらは作ってすぐに冷凍したものをスライスしたので、まだかちかち。
生地の表面かたそうに見えるかもしれませんが、解凍していただくと、きめ細かく柔らかな生地で美味しいのですよ。

ベーキングパウダーが入るのと、粉の入れ方など本来のシフォンとは少し違う食感なのですが、
このケーキなりの美味しさがあります。
しばらく冷蔵庫に置いたほうが、クリームと馴染んでしっとりとして余計に美味しくなった気がします。

もちろん、ケーキの中にクリームという見た目のインパクトも楽しいですね!











b0108544_23564832.jpg

こちらがその前に作っていたパウンド型でのシフォンケーキ。
なかしましほさんの抹茶のスフレケーキです。

向こう側の大きく真ん中が凹んでいる方が底になります。 
本ではスライスしたケーキの写真だけで、真ん中が凹んでいました。、
シフォン生地ですから、焼きあがりは逆さまにして冷ませば凹まないのでは~と勝手にひっくり返しておいたのです。
上は手前のようにそれほど焼きしぼみもなく、わぁ~上手く行った!と思ったのですが、
型をはずしてびっくり! 凹むのは底のほうだったのです!(泣)
しかも和三盆糖の塊の溶け残りが、茶色く所々に~



あっ、マフィンの方もシフォン生地ですよ。
同じくしほさんのベリーのマフィンケーキ、てんさい糖と豆乳を使ったあっさりとした優しい美味しさ。
でもアーモンドプードルも入って、しっとりと、熱でとろっとなったベリーの酸味もおいしいマフィンでした。
こちらも焼きしぼみは、ほぼ無し。 底も大丈夫でしたよ(笑)










b0108544_061152.jpg

この底上げのような美しくない外見とはうらはらに、かなり美味しいケーキでした。

すっきりとした和三盆糖の甘みで、より抹茶の味が引き立ったようです。
BPなしですから、じゅわ~しっとり、スフレの食感がやはり私の好みです。

水分多めの配合のようなので心配ですが、もう一度、今度はシフォン型で焼いてみたいと思っています。
↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-11-15 23:58 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
お楽しみひとりブランチ ハーニー&サンズのお茶、イエロー&ブルー
b0108544_2344111.jpg

ハロウィンの前のお話の続きになりますが、持ち寄りランチ会の翌日のお楽しみ、ひとりブランチ。
当日はおもてなしとお喋りに気が行っていましたし、お友達の持ってきてくださったお料理に舌鼓、
自分の作った物は二の次になります。

翌日あらためて、パンとお菓子を9種類、反省しつつじっくりと味わいました。

・フォカッチャ
・馬蹄形ウィンナーロール
・惣菜のせパン
・フルーツ マスカルポーネ
・レモンムース
・ネクタリンのアガーゼリー
・スフレチーズケーキ
・ラズベリータルト
・ハニサワークリーム










b0108544_2331595.jpg

どれも簡単にできて美味しい物ばかりでした。 
特にこちらのフルーツマスカルポーネは見た目も美しく、パーティーにもぴったり! 

デザートの詳細はこちらで。











b0108544_23444961.jpg

いつものハーニー&サンズのお茶。
コレクションの中から幾つかトレイに並べて、みなさまに飲みたいお茶を選んでいただくのでしが、
今回は夏(実際は10月でしたが暑かったのです!)らしく、爽やかな黄色と水色のパッケージをメインに並べてみました。

ブルーの缶はアールグレイ系のお茶が多いようです。 すっきりとした風味も夏に合いますね。
そしてハーブやフルーツティーも爽やかで、夏は特に飲む回数が多くなりました。











b0108544_2330414.jpg

会の最後にお出しした、イエロー&ブルー。
イエローはカモミール、ブルーはラベンダーとコーンフラワー。
カモミールの独特な風味も私は大好きで普段からよく飲みますが、ラベンダーの香りが加わることで、
苦手な方にも飲みやすくなっているのではないでしょうか。
よい香りと風味に、ふっと気持ちが軽くなる気がします。鎮静効果もあるようです。

カフェインフリーですし、夜に頂くのが好きです。
今回の会では、お友達の一人が胃の調子が優れないということで、胃に負担の少ないこのお茶をお出しし、とても喜ばれました♪











b0108544_2345359.jpg

ハロウィンの夜をちょっと不気味に飾っていたトマトスフレチーズケーキですが、
こうして明るさの中で見ると、オレンジ色も鮮やかで、美味しそうに見えませんか?
本当に美味しかったのです!

スフレチーズとは言っても、少し変わっていて、卵黄生地はカスタードクリームを作る要領なのです。
そこにトマトピュレを加えるので、その甘みがとてもチーズと良く合います。
砂糖の甘さは抑え目。 
上にちょこちょこっと乗せたゴルゴンゾーラもぴりぴりと塩気も効いて、一段と印象が強くなります。

お菓子なのですけれど、塩気が効いて、お茶にもワインなどのお酒にもよく合いそう!
小さく作って前菜としてお出ししてもよいかもしれませんね♪









b0108544_23312281.jpg

多佳子さんのマフィンも作っていますよ! 今回は地味にきなこ
きなこは上にふっただけではなく、中にもきび砂糖と混ぜ合わせたものをさいごにぐるーっと混ぜていあります。
完全に生地と混ざりきっていないので、生地はプレーンですが、ところどころにきな粉砂糖が存在感ありです。

バターも油も使っていないので、あっさりとしてはいますが、生クリームでしっとりと美味しい生地です。
普段のおやつに、ほっと優しい美味しさがいいですね~









b0108544_23314055.jpg

少しは季節感を先取り~と、些細な事ですが、クリスマスカラーのペーパーカップを使いましたよ(笑)











b0108544_23315340.jpg

今週は気温も下がってきて、やっと半袖では寒いかな~という感じになってきました。
お気に入りのブルーのガラスの器も、来シーズンまでお休みですね~(ようやく!)

↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-11-11 23:59 | お菓子 | Trackback | Comments(6)
マンゴーパフェ  マンゴーのマシュマロ
b0108544_0561715.jpg

11月に入って、やっと昨日の日曜日にはサマータイムも終わり、時計が一時間戻りました。
昨日は雨も降り、気温も下がって少しは秋らしい雰囲気になって来ました。

お菓子の方はまだ夏のようなマンゴーパフェ。 季節感がなくてすみません!

マンゴーを使った4品で出来ています。













b0108544_0562934.jpg

マンゴーのマシュマロ
マシュマロを作るのは初めて。 稲田多佳子さんのレシピです。
マシュマロってふわふわしているからメレンゲを使うのかと思っていましたが、こちらは違います。
マンゴーピュレと水あめとゼラチンなどで作ります。

あまりにも簡単にできるのにびっくり! そしてマンゴーの味が活きて美味しい~!
市販のマシュマロは苦手でしたが、手作りすると美味しいものですね。
かなりくっつきやすいのでコーンスターチまみれで真っ白になっていますが、
右下にある四角いもののように、中はきれいなクリーム色です。

ぶにゅぶにゅっとした柔らかい食感も楽しい~♪
調べると、市販のマシュマロにはメレンゲを使った物が多いそうです。
フランスのギモーヴはメレンゲではなく、今回のようにフルーツのピュレを使っているそうです。












b0108544_0564148.jpg

ヨーグルトマンゴー
若山曜子さんのレシピ。
生クリームと、ヨーグルトは水きりしてあるので、酸味がマイルドになり、爽やかなジェラートのような美味しさ。
はちみつでコクもあり、マンゴーの半分はつぶして混ぜ合わせてあります。












b0108544_0565281.jpg

キャラメルマンゴーマフィン
マンゴーをキャラメライズさせてマフィンに混ぜ合わせます。
コクと甘さをしっかり感じます。稲田多佳子さんのマフィン型の本より。


マンゴープリン
最後に余ったマンゴーで適当に作ったので、適当な味になってしまいました(笑)
もっとマンゴーも多く、プルプルにしたかった...











b0108544_057791.jpg

マンゴーを使った4品、出来上がり♪

コストコで美味しそうな瓶詰めのマンゴーがあったので、購入。
ライトシロップでマンゴーの味がそのまま活きていて美味しいものでした。
とても大きな瓶でしたので、早く使い切りたくて、一度に4品作ったのですが、
その後コストコでこのマンゴーの瓶詰めを見ることがなくなり...がっかりです。

市販のマンゴーは繊維ばかりでとても食べられような、ハズレに当たってしまうことが多いのです。
何か美味しいマンゴーを見分ける方法でもあるのでしょうか...?












b0108544_0572319.jpg

ふと思い立って、4品を集めてバフェ仕立てにして味わいました。
特に工夫もありませんが、一緒になると、また美味しさも膨らみますね♪



↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-11-08 00:59 | お菓子 | Trackback | Comments(0)
トマトのスフレチーズケーキ 抹茶スフレロール ハロウィン2016
b0108544_2329663.jpg

昨夜はハロウィン。 作ったチーズケーキも何だか怪しそうですね(笑)
トマトが入ってオレンジのような赤いような色の上に、ゴルゴンゾーラチーズがちらほら乗せてあります。

トマトのスフレチーズケーキ
一晩冷蔵庫で寝かせなくてはならなかったので、今朝はまだ食べていません。
青かびチーズは大好きなので、きっと美味しいこととは思いますが、トマトのチーズケーキとは初めてなので、
ちょっと不安も感じます...(笑)












b0108544_23293744.jpg

こちらはとっても美味しかったロールケーキ二本。
ハーフロールをまた半分に切ったものなので、本当はこの4倍の量を作りました。
左右で色が少し違いますが、使った卵と抹茶が違うせいだと思います。

最初に左側、津田陽子さんの抹茶のフロールを作ったのですが、卵黄の色がオレンジが濃かったのと、
抹茶が冷凍庫にあった使いかけの何だかよくわからない物を使ったせいで、色がいまひとつでした。

そこで右側は小嶋ルミさんの抹茶のスフレロールを、普通の黄色い卵黄の卵で、
とっておきの一保堂のお抹茶を使って作りました。
期待通りの抹茶の鮮やかな緑がそのままでました。

同じ卵別立ての生地ですが、作り方はかなり違います。
津田さんのフロールはしっとりとしてバターのコクも効いて美味しい生地なのですが、
抹茶の風味が活かされない気がしました。
ルミさんのスフレロールは作り方は少し面倒ですが、ふっくらあっさり、抹茶の風味も活きています(お抹茶の違いもありますが)。

実は中の餡子も違います。市販のものですが、缶詰の小倉餡が右側、とっても甘かった!
左には「甘さ控えめつぶあん」というのを新しくできた日系スーパーで見つけ、さっそく買ってみました。
確かに甘さ控えめで、それだけでも随分美味しく感じます。

ちょうどうちでクラフトの会が開催された日でしたので、みなさんにも食べ比べていただき、細かい感想を頂きました。
また後でアップしますが、結婚披露宴のお菓子を作ることになり、そのためのお試しロールだったのです。












b0108544_2330343.jpg

こちらはいつものバターシフォン。 20cmで二台続けて。
タコのハイスクールでバンド(吹奏楽部)のパーティーがあり、シニアはお菓子を持っていく担当と言う事で作りました。
市販のお菓子でもよいのですけれど、よい機会なので、アメリカの方にシフォンはどういう反応かな?と知りたくて。

日本のケーキに比べて甘さがきついアメリカのケーキ、プレーンでは物足りないかと、ハチミツレモンとミルクココアにしました。
ハチミツが入ると焼き色もしっかりつきます。
写真を撮る気はなかったのですが、上手く型はずしができたので嬉しくて、、夕方かなり暗くなってにもかかわらず、
無理矢理撮った写真です。ぼけています。

タコによると、ふわふわ~おいしい~と大好評ですぐに売り切れてしまったそうです。よかった♪

学校の中でなのでまだよいのですが、それにしてもパーティーの始まりが夜8時って遅すぎですよね~
セミフォーマルのドレスコードもあったのですよ。
ダンスとかするらしいのですが、とてもタコが踊るとは想像できません(笑)


そうそう、写真に写っているように、今回はシフォンケーキで初めて、アメリカのCake flourを使ってみました。
日本で言うところの薄力粉です。アメリカでは普通に売っている粉は中力粉で日本的なケーキには少し重たいのです。
それでもシフォンには危なさそうなので、今までバイオレット(日本の倍ほどの御値段)を使っていたのですが、
失敗してもよいからと使ってみました。

ふるったにも係わらず、卵黄生地と混ぜる時にダマになりそうであせりましたが、
がーっと混ぜたら何とかなりました。
気持ち生地量が少なかった=高さが少~し足りなかった、軽さがいつもとは気持ち違ったかもしれません。
が一応きめの細かいバターシフォンは出来上がることがわかりました♪










b0108544_23302519.jpg

味見のために残した3切れでシフォンサンド。
寂しいのでかぼちゃたちも並べてみました。
小さいですがどれも本物のかぼちゃです。










b0108544_23555236.jpg

ハロウィンの前になると、スーパーの前にはごろごろと大小さまざまなかぼちゃが並びます。
こちらはトレジョーの前。
大きなのは家の前庭に飾ります。食べる人って滅多にいないのでは...










b0108544_23311416.jpg

trick or treat用に、特大150個入りのお菓子と予備に、こちらはうちでも少しは消費できそうな
チョコ145個入りもコストコで買いました。
日本でも売っているのでしょうか??











b0108544_23553344.jpg

玄関横のテーブル、今年もハロウィンらしく飾ってみました。
並べたものは去年とさほど変わりませんが、かぼちゃたちがあるだけで、ぐっとハロウィンらしくなりますね♪











b0108544_23551276.jpg

夜にはこんな感じ。 キャンドルの炎がゆらゆら、雰囲気も盛り上がります。

間違い探し! 昼間との写真と、結構違いがありますよ!

10月というのに連日30℃にもなる暑さでオレンジの小さなかぼちゃは傷んで、さようなら~
こうもりさんは反対を向いていることが写真を見て気がつきました。
チーズケーキもしっくり収まっていますね~(笑)











b0108544_23561245.jpg

来年はもっと怖~いデコレーションにしたいです♪


↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-11-02 00:00 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
若山曜子さんのフルーツ・マスカルポーネ レモンムース 
b0108544_22185982.jpg

前回のポットラックに引き続き、また違うメンバーでの持ち寄りランチが我が家でありました。
まだまだ暑い夏のような陽気でしたので、デザートもカラフルで全く秋の気配を感じないものとなってしまいましたね。









b0108544_2255695.jpg

若山曜子さんのフルーツ・マスカルポーネ

上に別々に乗せた4種のフルーツが美しいアイスデザートです。
こらは絶対に美味しい~と二倍量で作ったのはよいのですが、この大きな容器のまま冷凍庫で冷やし固めなくてはいけません。
日本からの食材などで混雑している我が家の冷凍庫が大変なことになってしまいました(笑)

実際の美しさを表せる写真がなかなか撮れなかったのですが、断面もきれいなのですよ!










b0108544_226156.jpg

上に乗せたフルーツのマリネと同じ物を、今度はミックスして、中にも散らばせてあります。

マスカルポーネを使ったパルフェというで、ティラミスクリームを凍らせた感じ、普通のバニラアイスよりコクがあるかもしれません。
底には本当はフィンガービスケットを敷き詰めるのですが、ちょうどチーズケーキの土台にしようと
焼いたジェンワーズがあったので、それで代用してしまいました。
もちろんこちらで市販のビスケットよりは美味しいと思いますが、
もう少し軽い食感のビスキュイ生地を焼けばよかったかな?とも思っています。

フルーツのマリネと言っても、ごく薄いシロップ。
どちらかというと、キルシュワッサーの風味付けのためかもしれないと思うほどの甘さですので、
フルーツの酸味はそのままです。
こっくりとしたマスカルポーネアイスとの組み合わせは最高!

食べる時に、はちみつとたらりとかけていただきます♪










b0108544_22193580.jpg

こちらも若山曜子さんのレモンムースに小嶋ルミさんのアガーのネクタリンゼリーを組み合わせました。
前のポットラックのデザートにも似ていますが、あちらはレモンミルクのババロアとプラムのゼリーでした。
前回とは食感も風味も違います。

ぷるっとしたババロアの方が好みかと思っていましたが、レモンムースのほわっとした食感もいいですね~
こちらにはレモン汁も入るので、ババロアとは違って酸味もしっかりと感じます。
その分ネクタリンのコンポートはプラムよりも酸味が弱いので、よい組み合わせになりました。

ネクタリンのコンポート液が鮮やかな赤でしたので、これをデザートに活かしたくて!

ネクタリンの実はオレンジ色なのですが、皮は赤みが強く、種の周りも赤いので、種ごと煮ました。
アイシングなどに使うフードカラーは絶対に自分では使いたくありませんが、
このような素材からでも鮮やかな色が楽しめるのは嬉しいことです。










b0108544_2264728.jpg

焼き菓子は3種ともに、今回も多佳子さんのマフィン型を使ったお菓子です。
それぞれはシンプルなお菓子ですが、こちらもベリーの鮮やかな色のおかげで可愛らしく見えたでしょうか...

ハニーサワークリーム
上に乗っているのは普通のホイップクリームです。生地のほうにサワークリームとハチミツが入っています。
バターも油も使わないのですが、生クリームとサワークリームでしっとりと美味しいケーキです。
バターを使ったきめ細かいふわふわっと柔らかい生地とは違いますが、バター臭くないし、優しい風味の
しっとりとした食感も新鮮で気に入りました。

スフレチーズケーキ
大きく作ると、中まで火が通っているかな~?逆に焼きすぎていないかな~と心配になるスフレチーズも、
小さく作るとお気軽にできます。
小さくてもふわふわと軽い、立派なスフレチーズ。
多佳子さんらしい、甘さ控えめ、チーズも主張しすぎない、優しい美味しさ。
1個では止まらないかも~♪

ラズベリータルトマフィン型で、タルトも作れてしまいます。
タルト生地は、きちんとした形ではなく、底だけに敷くのでこちらもお手軽。
さくさくほろほろのタルト生地にアーモンドクリーム、こちらも優しい美味しさ。
大好きなブラックベリーも真ん中に入れてしまいました。










b0108544_22191889.jpg

やっぱり断面も撮ってしまいます。
こちらの方が焼き菓子のいただいた美味しさが伝わるように思うのですが。
そしてペーパーカップがとっても可愛い物でしたので...ちょっとわかりにくいかもしれませんね。

ハロウィンまであと十日と秋も深まっているのに、いつまでも夏~な画像ばかりですね。
まだまだ30℃を超える日が続いているので、こんなお菓子ばかり作っています。

でも今朝は昨日よりも、いきなり10℃も低くなって寒いくらい~
やっと秋らしくなって来たのでしょうか...??
↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-10-21 23:25 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
アーモンドココアケーキ  焼き菓子8種の断面
b0108544_221564.jpg

恒例、パーティーの翌日はお楽しみの一人ブランチ♪

全部で10種類、作った物をじっくり味見します。
パーティーではお話やおもてなし、そしてゲストのみなさんのお料理を味わうので手一杯。
自分で作ったものまでは楽しむ余裕がありませんでした。いつものことですが。

それぞれの詳細については、前回の記事で...

まだ外は暑い日でしたので、まずは先日おみやげにいただいた「白桃の麦茶」を食事のお供に。
デザートには、いつものハーニー&サンズのお茶の中からきりっとした風味の、アールグレイ・インペリアル。
最後にはノン・カフェインのスパイス・プラム・ハーバル。
プラムの甘酸っぱさにシナモンの香りの加わった、お気に入りのフルーツティーです。色も鮮やか!










b0108544_21544716.jpg

多佳子さんのマフィン型のお菓子とパン。
どれも同じマフィン型で作ったとは思えないほど、それぞれに個性の違う美味しさでした。











b0108544_2155441.jpg

断面からはよりその個性がわかるのではないでしょうか?
(反面、誤魔化せない?・笑)

抹茶マフィンは中にたっぷりのクリームチーズと砂糖を混ぜてクリーム状にしたものが入っています。
ガトーショコラとフィナンシェはとてもしっとり~
シフォンのドライクランベリーの赤もきれいです。

キッシュはやはり大きな型では大きすぎたかもしれません。
それに皮が厚すぎたようですし、チキンの具もぎっしり詰めすぎですね。










b0108544_21551854.jpg

ということで、二回目のキッシュは普通のマフィン型で作ってみました。
それでも深さは結構ありますし、食べてもボリュームがあります。

最近時々、以前からのお友達のIさんのお宅に3人集まってあることを教えていただいているのですが、
その時のランチ用に持参しました。

トマトとモッツァレラのキッシュ風、こちらでも大好評でした。
チーズのとろとろとトマトの甘味が何とも言えない美味しさ!

ハムロール、イースト少な目、冷蔵発酵、オリーブ油のあっさりパンです。ハムマヨとシンプル。

実はもう一種類アイスも持って行きましたし、他の方の水羊羹もあったので、
このココアケーキはその時には食べる余裕がなかったのですが、後で食べたらこれがとっても好みでした。











b0108544_22481490.jpg

アーモンドココアケーキ
卵白のみ使用、ココアだけでチョコレートは入れないのでお手軽にできそうと作ってみました。
薄力粉以上にアーモンドパウダーも入り、ココア味のフィナンシェのような風味でもあります。

でも卵白はメレンゲにして加えるので、ふわっと軽い食感であっさりとした美味しさ
ラム酒の香りもよくて、それほどチョコが得意でない私には、濃厚なガトーショコラよりもこちらの方が好みかもしれません。

よく膨らむというので、このお気に入り、高さのあるペーパーカップも使うことができました♪










b0108544_2213482.jpg

こちらも断面を。
ココアケーキがよく膨らんでいるのがわかりますね。

ハムロールはこのぐるぐる成形よりも、手間はかかりますが、いつもの平たいハムコーンパンの成形の方が食べやすいかな?
キッシュは皮も薄くなり、こちらの方がフィリングとの一体感があってよかったです。










b0108544_21553570.jpg

前回のポットラックパーティーでは嬉しい事に、みなさんから日本のお土産までたくさん頂いてしまいました♪

茅乃舎のだしは以前から愛用していますが、この「極みだし」というのは初めて。
美味しいほうじ茶は、こちらではなかなか手に入らないのでありがたいです。作りたかったお菓子も丁度ありましたし。
黒胡椒は、小さいパックが使い易いですね。かわいい和のポーチに入っていました。
和三盆のポルポローネ、名前からして美味しそうですが、口溶けの良さ、抹茶の味がしっかりと甘さ控えめの美味しさ!
日本のお菓子ならではですね~ これはまねしたくても作れないでしょう。










b0108544_2211469.jpg

フルーツグミ? ゼリーでしょうか? 甘さ控えめ、自然なフルーツの味がしっかりと感じでとても美味しかったのです。
これ全部、形も味も違うのですよ~ たくさんの種類ですね~
買っても食べたいと、いただいた方にお聞きしたのですが、やはり他の方にどっさり頂いた物をおすそ分けしてくださったので、
どこのものかは判らないそうです。

どなたか、御存知の方がいらしたら教えてください!!

みなさま、貴重な日本の美味しい物をありがとうございます!
↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-10-14 23:37 | お菓子 | Trackback | Comments(6)
若山曜子さんのピーチメルバ、レモンババロア マフィン型で焼き菓子5種
b0108544_134398.jpg

前回の、お気軽ポットラックの続き、こちらはデザート編です。

まだまだ暑かったのでひえひえアイスデザートにぷるんとババロア&ゼリー、そしてささっと作れるマフィン型のお菓子5種類。










b0108544_1343178.jpg

ピーチメルバ
ホワイトピーチのコンポートをお菓子に使いたいと思っていたところ、このレシピに出会いました。
本当は白桃の缶詰を使うのですが、残念ながらこちらでは売っていません。

コンポートを作る時に皮も入れたので、かなりピンク色が濃くなってしまいました。
そしてこうやってアップにすると、色が黒っぽくなってしまった部分が目立ってしまいますね。
熟れるのを待っていたら、柔らかくなりすぎた部分が変色してしまいました。

上に散らしたラズベリーの赤で、少しは隠すことができたでしょうか...










b0108544_135251.jpg

底にはラズベリーソースを敷き詰め(種を漉すのが少し手間)、真っ白で美しいのははちみつヨーグルトアイス。
水切りしたヨーグルトを使うので酸味は除かれています。
爽やかだけれど、ヨーグルトアイスと言って想像するよりマイルドな味わいです。
ラズベリーソースと一緒でも酸っぱすぎるということはありません。 大変に美味しい組み合わせです。

若山曜子さんのお菓子は美味しい上に、見た目も、作り過ぎていない華やかさが素敵です♪










b0108544_1352216.jpg

レモンババロア&プラムのゼリー
先日も作って大変に美味しかった組み合わせでふたたび。
曜子さんのレモンババロアはレモン汁は入れずに、牛乳に入れたレモンの皮の香りでレモンを表現。
なのでレモンのよい香りですが、酸っぱくはありません。

その分、プラムのコンポートは酸味が効いていますし、そのコンポート液で作ったアガーのゼリーにはレモン汁も加えています。
色もきれいですし、ババロアのまったり感を爽やかにしてくれます。
こちらは小嶋ルミさんのレシピ。
ゼリーって適当に作ったりもしますが、レシピの分量できっちり作ると味が決まりますね。 やっぱり美味しい~♪

ランチも食べたすぐ後で、私には美味しくても奥の小さいサイズでちょうどよかったのですが、
若いみなさま、結構大きなこのグラスでも、きれいにたいらげてくださいました♪










b0108544_1362327.jpg

さすがに焼き菓子まで全部は入らない~ でも一通り食べてみたい~
ということで、一つを4等分して全種類食べてみました♪


クランベリーのシフォン
細かいドライクランベリーが甘酸っぱくてよいアクセントになっています。
大きく普通に焼いた方が、ふわふわ柔らかい中の部分が多くて、私は好きです。

でも焼きたてを食べられるのはいいですね~
焼きたてはスフレのようにとっても膨らんで、あつあつほわほわの美味しさは格別です!


ガトーショコラ
外はほろほろ、持っただけで崩れそうな柔らかさに中はしっとり。
多佳子さんのガトーショコラはチョコの主張も甘さも程よくて、とっても好みです。
小さく焼いても美味しさに変わりはありませんね♪


抹茶+クリームチーズ
抹茶生地はグレープシード油使用なのであっさり、抹茶の風味が引き立ちます。
中に隠れているのは真っ白なクリームチーズ、色の対比も美しい。
クリチは砂糖で練ってあるので、しょっぱいということはありません。味もよく合っていると思います。


フィナンシェ
バターを焦がさないで使うので、ミルキーでコクのあるマドレーヌのような感じです。
もちろんアーモンドプードルでしっとり。 甘さ控えめなので、焦がしていなくてもバターくどい感じはしません。
深い味わいではないかもしれませんが、かえってあっさりとして私は好きです。


黒糖+バナナ
これもよくある組み合わせですが、全部黒糖だとかなり濃い味ですね。
私には半分グラニュー糖程度が好みかもしれません。
バナナはスライスではなく、長めに切ったのをざくざく差し込むので、存在感があっていいですね♪










b0108544_1364160.jpg

同じマフィン型(キッシュ風2種のみジャンボマフィン型)を使っても、いろいろ違った焼き菓子になるものですね。
稲田多佳子さんのマフィン型で作るお菓子、作りやすくて美味しい物ばかり。 
すっかりはまっています♪




↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-10-08 15:03 | お菓子 | Trackback | Comments(10)
夏のコンポート6種 レモンのババロア&プラムのゼリー
b0108544_1185178.jpg

気がつけば10月に入ってしまいましたね! 
今年も残すところ四分の一となってしまいました。
巷ではすでにハロウィン気分で盛り上がっていますが、まだ夏を感じるお話ばかりですみません。
アメリカンチェリーがそろそろ終わりになるという頃に、お菓子にも使いたいとコンポートを作りました。

ついでに夏ならではの果物、アプリコット、白桃、黄桃、ネクタリン、そして大きなプラムも。
10月に入って、アプリコットとチェリーは見なくなりましたが、ピーチ類はまだお店に並んでいます。
気温もまだ30℃を超える日もあり、何となく秋という実感が湧かないのです。

コンポートにすると、似ているようでも違いが出ますね。
右上のホワイトピーチから時計回りに、アプリコット、ネクタリン、プラム、イエローピーチです。
一番煮えやすいのがアプリコット。以前作った時にすぐに煮えてどろどろになってしまったので、
皮付きで煮てみたのですが

基本的に、小嶋ルミさんの本からのレシピで作りました。
ルミさんは、フルーツによっても違いますが、だいたい砂糖と水しか使わず、煮る時間も短いので、
フルーツそのものの美味しさが活きたコンポートになったと思います。

日本の美味しい桃でしたらそれで十分でしょうが、アメリカの桃、美味しくないのは本当に食べられないほどの味だったりします。
ネクタリンも見た目大きくて皮の色も赤みが入ってとってもきれいなので買ったのですが、味も素っ気もない~
ということで、違うレシピ、白ワイン、レモン汁、バニラビーンズも加えて煮てみました。

どれも皮も一緒に煮るので、その色が液に出て、ネクタリン、プラム、白桃はきれいになりました。
液自体の味も美味しく、これはゼリーにするしかない!









b0108544_1191721.jpg

ホワイトピーチも日本の白桃とは全く別物かと思うような素朴な味、しかもすぐに黒ずんでしまうので、
きれいに煮えたのはこれだけです。
それでも優しいピンクには癒されました。

チェリーは二種、色の濃いのはブラックチェリーでとっても大きくて、甘いけれど大味。
赤っぽい方がほどよく酸味もあり私が好きなアメリカンチェリーです。
こちらはやはりキルシュを加えてあります。










b0108544_1193258.jpg

そして酸味が効いて一番のお気に入りとなった、プラムのコンポートのゼリー
プラムの実はクリーム色のままなのですが、コンポート液がとってもきれいなピンク色!

味をはっきりさせるために少しの砂糖とレモン汁を加えましたが、色は全く自然だけの色なのです。
ゼラチンではなく、アガーを使ったのもよかったと思います。
海草が材料なので、ゼラチンだと時に臭みも感じますが、こういう繊細なゼリーにはあっさりとしたアガーもよいかと思います。

組み合わせた、レモンのババロアもとっても美味しい!
若山曜子さんのレシピです。
色は黄色がきれいですが、これは卵黄だけを使っているからですね。
レモンは皮を牛乳に温める時に入れるだけ。
レモン汁が入っているわけではないので、それほど酸味は感じないのです。
レモンの香りのするババロア、という訳です。










b0108544_1194915.jpg

ブラウニー
たかこさんの「マフィン型のお菓子」も作っています。
溶かしたチョコレートがたっぷり入ったブラウニー。
しっとりと濃厚~ くるみがよいアクセントになっています。
小さく作ると火の通りやすいし、カップを敷くので、型が汚れにくく、洗うのも簡単なのがいいですね♪









b0108544_1110213.jpg

ソーセージ+チェダーチーズのしっとりマフィン 
溶かしバターを使うので、思い立ったらすぐに作れて食べられます。
ヨーグルトの入った生地は、お食事マフィンでもふんわりしっとり軽い生地。
子供も大好きな具で、うちでもあっという間になくなりました♪



↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-10-02 12:58 | お菓子 | Trackback | Comments(3)
なかしましほさんの豆乳シフォン ベリーのショートケーキ 
b0108544_0443866.jpg

ベリーのショートケーキ
このごろのお気に入り、ブラックベリーを使ってショートケーキを飾ってみました。
中に挟んでいるのはさすがにイチゴですが。

熟したブラックベリーはとても甘酸っぱくて、私は穏やかな味の印象のブルーベリーよりも好きです。
見た目もぷちぷち~っとかわいいと思うのですが、全体で見るとやはり黒っぽい部分が多くて、
地味になってしまったかもしれませんね。

それでも私は気に入っています!
ひょろひょろのうちのミントも、頼りなげでよい感じ♪









b0108544_0451131.jpg

生クリームが足りなくなりそうで、生地が透けて見えそうですが...気にしないで~

いつもお世話になっている、私より少し先輩の方への御誕生日のお祝いケーキです。
大人の雰囲気のデコも味の方も、とっても喜んでいただけて、よかった~
ナッペとクリームの絞りだしも、もっと練習しなくては!










b0108544_0453467.jpg

バナナのシフォンケーキ
角もきりっと、きれいに型外しができました。
するするととっても剥がれやすい生地でした。









b0108544_1165871.jpg

膨らみもとてもよく...










b0108544_0462268.jpg

断面もよい感じ。 あまり焼き縮みもなく、キメも均一です。
でも切り口が一部ぎざぎざっぽいところに、不器用さがでてしまいましたね(笑)

バナナはよく潰したものを入れるせいか、それほど存在感がありません。
ふっくら弾力はよくあるのですが、もう少し柔らかい方が好みかな?
それなりに美味しいのですが、あまり印象に残らないバナナシフォンでした。

卵白が多めの配合のようで、よく膨らむのもそのせいかもしれません。
クックパッドのレシピで、つい写真が立派だったり、つくレポが多いのを選んでしまうのですが、
また作りたいと思うシフォンに出合っていないような...
この前のプレーンシフォン比べの時にも思いましたが、どうもクックパッドのシフォンレシピと私の相性はよくないようです。











b0108544_0464347.jpg

豆乳の”もっちり”シフォン
なかしましほさんがおっしゃるほど”もっちり”ではありませよ。
ふわふわし過ぎませんが、しっとり柔らかいシフォンケーキです。

シフォンの本の表紙を飾っているケーキだけあって、しほさんらしい、しみじみとした美味しさが感じられます。









b0108544_047856.jpg

きび砂糖と豆乳で色はぼんやりとしていますが、味わいは深いです。
甘さも控えめなので、パン代わりに朝ごはんにもぴったりです。

しほさんのシフォンレシピはほとんど卵黄と卵白が同量なので、卵の味がしっかりと感じられます。
卵白多めのほうが膨らみもかっこもよいかもしれませんが、私が食べて美味しいと思うのはこちら!


ご覧くださりありがとうございます♪
↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-09-27 09:34 | お菓子 | Trackback | Comments(4)