カテゴリ:ガーデニング( 3 )
秋の収穫
b0108544_1312311.jpg
実りの秋ですね~ うちの小さな菜園からも、一日でこんなにたくさんの収穫が~!!
な~んてこの写真を撮ったのは実は一ヶ月近くも前のこと(笑)、またまたすっかりアップするのが遅くなってしまいました。

以前にも載せましたが花壇作りは一年目ですけど、野菜の方は去年に続いて二年目です。
去年は試にいろいろな野菜を少しずつ植えてみて、大きくなる前にウサギに食べられた枝豆以外はどれも実をつけてくれたのですけど、オクラ、なす、キュウリ、オクラは一本の苗からの収穫が4個~6個と少ない。たくさん本数を植えるならいいけど、そうもいかないし~と今年は植えませんでした。

去年わんさか、それこそ売れるほどに採れたのが小松菜と水菜。
今年ももちろん種を蒔いてたくさん芽もでたのですけど、エ~ン、ちっちゃな黒いゴマのような虫の大発生!! もう穴だらけでとても食べられたものではないので、泣く泣く全部抜きました。
去年はそんなことはなかったのになぜでしょうね?
違うことといえば、去年は日本に6月行ったので種を蒔いたのは帰ってきた7月。もうかなり暑い頃でした。今年は少しでも早く~と5月に蒔いたのですけど、それが虫には好都合だったのかな~? 葉ものは育つのも早いので、来年は7月に蒔いてみよう!

ちょっと前まで、メロン以外は毎日こんな感じで収穫あったのですよ~
[PR]
by Wingco | 2006-10-21 01:27 | ガーデニング | Trackback | Comments(30)
夏の庭
b0108544_522153.jpg
Helen Mount Violaという名前の花、Violaは英語でスミレを指すようです。見た目も三色すみれという感じですね。でも実際はとても小さくて、人差し指の爪ほどのとても可憐な花、今年植えたお花の中で、一番気に入っているのがこれです。

今住んでいる家は、タコが生まれた年の冬に引っ越して来たので、もう7年近くも住んでいるのですが、最初の3年間は仕事をしていたこともあって...といつも言い訳をしていましたが、それよりも植物にはほとんど興味がなかった、ということの方が大きかったかもしれませんね、とにかく全く庭の手入れをしたことがありませんでした(恥) というより裏庭に出たのは一年に数回だけだったような...
たまに日本から訪ねてくれた両親が見るに見かねて、既に植えてあった木の剪定や雑草取りなどしてくれたものです。ありがたや~

おととし初めて庭の手入れを自分でしてみて、結構そういうことを嫌いじゃないって発見し、去年はトマトなどの野菜やハーブを初めて植えたら、そこそこ育ってくれたのでしっかり味をしめ、今年はとうとう初めて花の苗を買ってきて、花壇を作ろうという気にまでなってしまったのでした~!

なんて、花よりだんごの私は今年も野菜など実になる植物しか植える気はなかったのですが、5月に園芸屋さんにトマトの苗を買いに行ったら、た~くさんの人が大きなカートいっぱいにどっさり花の苗を積んでどれにしようかな~と物色しているのに出会い、回りの勢いに押されて私も買ってしまった~というのが本当のところです。
花のことは名前もなんにも知らないので、どれがロラドの気候に合っているか、日光が好きなのか乾燥に強いのかどの程度成長するのか...なんてことはチンプンカンプン。とにかく見た目が好き!という基準だけで選んでしまいました。

それが、こんなお花たちです...
[PR]
by Wingco | 2006-08-25 10:57 | ガーデニング | Trackback | Comments(33)
うちのアイリスたち
b0108544_22532122.jpg

この紫と白の色合いといい姿といい、何となく日本を感じませんか?
でもこれはうちの裏庭に咲いているアイリス(Iris)なのです。そしてうちだけではなくこの周辺の住宅地を車で通ると、よくこの花を見かけます。チューリップが終わってバラが咲き揃う前のこの時期、お庭に彩を与えてくれますね。これは私の手を思いっきりパーで広げたほどの大きな花ですし、ぱ~っと華やかで目立つところがアメリカでも受けるのでしょうか?

b0108544_22554130.jpg

こんな優しい黄色のアイリスもあります。これを見てソフトクリームを連想してしまったのは私だけでしょうか?(笑)

アイリス、日本では菖蒲?それともあやめ? その違いも分からないので検索してみると...ありました!「あやめの仲間の見分け方」
他のところでも背が高くて花の大きなのは花菖蒲とあったので多分そうなのでしょうけど、「湿地に咲く」というのはひっかかります。なにしろコロラドは乾燥していてほとんど水はけのよいところですから。

b0108544_22584667.jpg回りの葉ばかり長く成長して、この花はなぜか短く葉に埋もれてしまったせいもあり、あまりきれいに撮れませんでした。これも優しい色合いで好きなのですけど...



b0108544_230767.jpgこんな色の花もあるのですよ~ チョコレート(また食べ物)を連想させる赤茶色。実際にそばで見ると質感といいビロードのような花です。アップで見るとまだそれなりにきれいなのですが...



b0108544_2315468.jpgb0108544_234505.jpg
たくさん咲いている様はちょっと怖くありませんか?(笑) 
いえいえそれは一生懸命咲いている花に失礼ですよね。最初の紫のアイリスも一本から4つも5つも花をつけるのですよ。時間差もあるのですけど、同時に咲くとこんなすごいことになっています! それよりうちの塀、お見苦しいですよね。来年こそ(今年はもう諦めています)塗り直さないと~

アイリスは私が好きで植えたわけではなくこの家を買った時からあったので、思い入れも無く何の手入れをしたこともありませんでした(ごめんなさい!)。それでも日あたりはとてもよいところにあるし、水はスプリンクラーで一応足りているのでしょう。毎年こうして立派な花をつけてくれるなんてありがたいことです。
でもすっかり根が育って隆起して、上には土もかかっていないような状態なんてだめですよね~ 今年こそ花が咲き終わったら掘り返して株分けをしてみようと思っているのですが...うまくできるでしょうか? そのままにしておけばよかった~なんてことにならないといいのですけどね。来年をお楽しみに!


***********
エキサイトでの初めての記事ということでドキドキしていたのですが、みなさんからたくさんのお祝いコメントをいただいて、今はとても嬉しくありがたいな~という気持ちでいっぱいです!!
今週からタコが夏休みに入ったこともあり、思うように時間が取れず、まだ記事を更新するだけで精一杯、せっかくいろいろなメニューがあるのに使いこなせていませんが、徐々に充実させていくつもりです。お見苦しい点もあるかもしれませんが、これからもよろしくお願い致します!コメントお待ちしていま~す♪


<追記> 今、NHKのニュースで長野県青木村の「アイリスの郷」というところが紹介されていました。色とりどりのアイリスが咲いていましたが、うちのと同じようなものありました。水辺に咲く日本のあやめとは違って、ヨーロッパ生まれで乾燥にも強く、ジャーマンアイリスという名前で日本でも通っているようです。つまりあやめとも花菖蒲とも別な種類なのですね。タイムリーな話題で嬉しい~NHKさんありがとう!
[PR]
by Wingco | 2006-05-31 23:06 | ガーデニング | Trackback | Comments(24)