<   2006年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
運動会のお弁当
b0108544_5585887.jpg
日曜日は日本語補習校の運動会でした。去年は初めてということもあって気合充分、早起きをしてお弁当を作ったのですが、今年は目が覚めたら7時!それでも家を出るまでには2時間あるのですけど、朝シャワーを浴びる習慣はスキップできないし、いつもより作る量も多いので間に合うはずはありません。

思えば去年もそうだった...
[PR]
by Wingco | 2006-09-27 22:49 | お弁当 | Trackback(1) | Comments(26)
三色アイス2006
b0108544_2122855.jpg
紅葉も始っていつの間にかすっかり秋模様のコロラド、きのう山の方では雪~という映像をニュースで見て震え上がってしまいました。今朝はどんよりと雲って気温も低く、うちでは早くも暖房の出番となってしまいました。

アイス、見るだけぶるぶる~~
[PR]
by Wingco | 2006-09-23 21:22 | お菓子 | Trackback | Comments(26)
象弁当☆野球のサマーキャンプ
b0108544_2231543.jpg
「象弁当」...名前の響きからしても、おいしくなさそう~(笑)
「ぞうさん弁当」とか可愛らしく呼べばよいのかもしれませんけど、まあタコも一年生ということで、赤ちゃん言葉も恥ずかしい年頃になって来ました。

そういえばこの前、「モーモーちゃん、飲む?」と聞いたら、「そんなふうに言わないでよ。牛乳でしょ!」なんて生意気に言われてしまいました。うちで買っている牛乳はHorizonとういうオーガニックメーカーのものが多いのですが、それは真っ赤なパッケージに牛のイラストが描かれていて、赤ちゃんの頃から牛乳が大好きだったタコ、「ダダ」や「マミー」の次に口から出たのが「モーモー」だったのですよ~
何だか最近急に大きくなったような気がして、小さかった赤ちゃんの頃が懐かしく思い出されます。

今日はタコの話が多い...
[PR]
by Wingco | 2006-09-20 20:06 | お弁当 | Trackback | Comments(12)
イチゴのムース バルサミコ風味
b0108544_2014419.jpg
イチゴなんて秋らしくもないですね~ 
日本では夏から秋にかけてイチゴを売っていなかったような気もするのですが、今ではそんなこともないのかな? アメリカでは一年中ほとんど同じ値段で手に入ると思います。しかも今週はオーガニックのイチゴなどがセールだったもので、買わずにはられませんでした。
そこで作ったのは、また登場「杉野英実のデザートブック」からイチゴのムース バルサミコ風味です。

これまた簡単そうに見えて...
[PR]
by Wingco | 2006-09-16 20:15 | お菓子 | Trackback(1) | Comments(18)
ヘルシー素材のパン☆パネトーネマザーで
b0108544_2228145.jpg
白神こだま酵母を使いきった後、今度はパネトーネマザーの出番です。
賞味期限も近づいて来たので、早く使い切らないと~ こちらではなかなか手に入らない天然酵母ですからね、無駄にはできません!

いつもお世話になっているまりまりさんの本から、ちょっと体にも良さそうな素材を組み合わせたパンということで、まずはヨーグルトパンです。

以前白神こだま酵母で作ったヨーグルトブレッドとは違って、
[PR]
by Wingco | 2006-09-12 22:36 | パン | Trackback | Comments(8)
ルバーブのムースグラッセ☆Taste of Colorado
b0108544_12735100.jpg
早いものでもう9月、コロラドでは晴れても暑いとは感じない、今週は爽やかな日が続いています。
ルバーブ、もうお店では見られなくなりましたね。少し前に作ってあったルバーブのムースグラッセ、季節遅れにならないようにと杉野英実さんの本のように組み立ててみました。
さっさと作ればよかったのですけどね、これはさすがパティシエのレシピだけあってちょっと手間のかかるものだったのです...

そうは見えないかな~
[PR]
by Wingco | 2006-09-06 01:22 | お菓子 | Trackback | Comments(29)
白神こだま酵母終了!☆サッカー観戦
b0108544_19234927.jpg
う~ん、この真ん丸くておへそのあるようなパンは何でしょうね~? あんぱんでしょうか...
いえいえ、これはベーグルなのですよ~ ベーグルって真ん中に穴の空いているドーナツ型が普通ですからね、そうは見えないかもしれませんね。
でも、いつもお世話になっているまりまりさんの本でもこんな、ほとんど穴のない形のお写真なのですよ~ 本をお持ちの方そうですよね~(と強制的)

棒状にする時の長さが12センチと短めなのでこうなっただけで、大きな穴にしたければもっと細長く成形すればよいだけの話なのですけど、このふっくらした形、私は気に入ってます。
いつものようにお弁当のサンドイッチにするにも、穴の空いてない方が具を挟みやすいし、食べやすいですからね~

ベーグルを作る時の一番の特徴は、焼く前に生地をお湯で茹でることです。その時のお湯が煮立っていると生地にシワができるということで、気をつけたのですけど、仕上がりはどうでしょう?
ちゃんとモルトシロップをお湯に入れたのですけど、まりまりさんのお手本に比べるとちょっとツヤが足りないかな~もっと沢山入れればよかったかな~?
でも食べてみれば、外はパリっと中はもちっとベーグル特有のおいしさです! 嬉しい~

ベーグルといえばアメリカを代表するパンですよね。でも発祥は東欧らしいのですが、ニューヨークに渡ったユダヤ人たちが広めて今や日本でも専門店ができているとか?
もちろんコロラドでもベーグルはスーパーなどどこでも売っているし、専門店もいくつかあります。日本人の口に合うふわふわのパンにはなかなかお目にかかれませんが、ベーグルはなかなか美味しい物が売っているので、自分で作るのはこれで二度目です。
天然酵母で作るとおいしさもまた違いますね。ベーグルは本来油脂、砂糖、バターも使わない素朴なパン、そういうヘルシーなところがニューヨーカーなどに受けたそうなのですが、天然酵母にも合っていますね~味わいに深みが加わったようです。

まりまりさんの本と同じように白神こだま酵母を使いました。砂糖とバター(本ではショートニング)も少し使っています。白神こだまは今まで試した三種類の天然酵母のうちでも一番個性が強い思いますが、パンによっては気になる匂いも今回は大丈夫でした。


b0108544_2044107.jpg
同じ白神こだま酵母で作ったバタートップブレッド
焼きに入る10分前に生地のトップに真一文字にクープを入れて、そこにバターを搾り出すのですが、うちの象さんのホームベーカリー、表示されるのは焼き上がりまでの残り時間だけで、焼きに入るまでの時間なんてわからないので、焼きに入った直後にクープを入れました。

一応真ん中に入れたつもりなのですけどね~焼きあがったらこんな横っちょに切込みが移動していました(笑) 釜伸びが良すぎたせいでしょうか?それともうちが傾いているせい? ほんと、いつも炊飯器の目盛りが左右で水の位置がずれてるし、焼きあがったパンの山がいつも右に寄ってできてしまうのですよ~日本で言うところの欠陥住宅なのかな~(笑)

やはりトップの、バターがたっぷり生地に染み込んだ部分がたまりませんね~
全体にもバターは多め、卵も入ったリッチな生地、これも白神こだま独特のクセに合っています。この画像はまりまりさんのをまねっこしましたが、こうやって厚めに切ってふかふかなところを楽しむのは幸せ~と感じてしまいます。


b0108544_2045972.jpg
最後にお見せするのは不気味な表情のパンですね~ こんなものでも自分が作ったとなると愛着も湧くのです。
まりまりさんの「上田まり子のMKホームベーカリーレシピ」でも表紙を飾るデニッシュブレッドなのですけど、「全然違う~!」とあちこちから苦情が飛んできそうですね~(笑)

たくさんの簡単で美味しいパンを紹介してくださっているこの本の中で、一番手間のかかったパンに思えました。白神こだま酵母、50グラム入りのを買ったのですが、一回の使用量は5グラムといういことで、10斤のパンしか焼けないのですね。大事に使ってきたのですがいよいよ最後、それを飾るパンになるかな~と期待してこの難しそうなデニッシュに挑戦したのですが、結果はこの通り...
くるくる巻いた生地を4つ切りにしてケースに並べる時に、向きは自由に~と書いてあるのに、みんな同じ上向きに並べてしまったせいもあるようです。もっと細かくてきれいな層にならないといけませんね~

でも味は一緒(多分)。これまた牛乳、卵、ブラウンシュガー(本では三温糖)、折込用のバターもたっぷりとそれこそリッチリッチ~なパン、おいしくないわけはありません!
実はリッチ過ぎたのか、パンケースから出した時に余った(?)溶けたバターも流れ出してきました。そして焼きたてはバターがくどいような気がしたのですが、よく朝は落ち着いて美味しくなっていました。

捏ねあがった生地を取り出して、のばしておいたバターを包み込み、三つ折を二回、冷蔵庫で休ませて、のばしてくるくる巻いて四つ切、パンケースいれてHBに戻した時点での残り時間が1時間45分になっているように...と私にとっては目の回るような手順なのですが、つきっきりでおればよいものを、つい発酵の間に庭仕事などしてしまったら予定時間をすっかりすぎてしまった~! 発酵時間が長くなってしまったのも仕上がりに影響したのかもしれませんね。
でもホームベーカリーでデニッシュができてしまうなんてすごい!って思いませんか~?

というわけで有終の美、は飾れませんでしたが、大きな失敗もなく白神こだま酵母を使った10斤のパンを焼くことができました。
この三種類のパンの他に、最初のヨーグルトブレッドとカレーブレッド、先日のホワイトブレッド、と計6個しか紹介していませんが、あとの4個のうち2つは気に入ったヨーグルトブレッドでした。

そしてオニオンブレッドという炒めたみじん切りの玉ねぎを入れたパン、見た目は普通の白いパンで載せなかったのですが、玉ねぎの甘さと香りで酵母のクセが気にならずにおいしかったのです。ベーコンやコーンを入れてもよさそうですね。
もう一つ米粉食パンはちょっと失敗。米粉はグルテンがありませんからね、そのために最強力粉を使うと指定してあったのですが、アメリカで見たことはない。普通の強力粉でもなんとかなるかな~と焼いてみたのですが、膨らみはしたものの、きめの粗いざっくりとした感じのパンになってしまいました。よい風味というのも感じなかったような...日本では米粉のパンというの売っているのでしょうか?きちんと作ればおいしのかもしれませんね。一度本物が食べてみたいな~

今週はダダが出張でいなかったので、
[PR]
by Wingco | 2006-09-02 19:24 | パン | Trackback | Comments(12)