<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
クリームパン ~fumiさんのおやつなパン
b0108544_212834100.jpg
今週は月曜日に雪が降りましたし、ずっと最高気温が0度前後の寒い日が続く予報のコロラドです。
寒いと作るパン方も自然に甘いものが多くなる...お菓子も作っているのに...
その上ますます出不精になって体もなまる一方。怖くて体重計にも乗れません。
早く暖かくなってほしい~~

そんな我が家のおやつパンいろいろ。全部fumiさんレシピです。
ヨーグルト酵母パンのしっとりとまろやかな味わいが、これまた甘いおやつパンによく合います。
まずはクリームパン
酵母パン独特のぷつぷつが表面に表れて、何も塗らない自然な焼き上がりの表情が好きです。
丸く伸ばした生地の真ん中にカスタードクリームをこんもりと乗せて、ぱたっと半分に折るだけの
簡単な成形ですが、結構クリームの量も多く、端に付いてしまうときれいに生地がくっつかない、
ということで、気を使いました。
一個もクリームがはみ出すことなく、思ったよりもよく膨らんだので、自分では満足!

クリームパン、といえばグローブの形なのはなぜ?
[PR]
by Wingco | 2009-01-28 21:31 | パン | Trackback | Comments(8)
ルーロ抹茶 &たかこさんのロールケーキ
b0108544_2251367.jpg
大晦日のパーティーの記事で写真だけ載せて「後で詳しく...」と言っていたルーロ抹茶、ふたたびの登場です。
「一流シェフのとっておき ロールケーキ」という本に載っているサダハル・アオキさんのレシピは、さすが~!な美味しさ。
いまのところ、一番気に入っているロールケーキかもしれません。

私が作ってきたロールケーキに比べて、生地も厚めでクリームもゆであずきもたっぷり。
かなりのボリュームなので、巻くのは大変。
くるくる~とはなりませんが、本の写真はもっとずんぐりしているので、私にしては上出来です。
牛乳がたっぷり入っているので、抹茶の緑も強くなくて抹茶オレのような優しい色ですね。
味も色そのままに、苦味はそれほど感じないマイルドな味です。
そしてなんと言っても、スフレのようなふんわりジュワ~っとした生地の食感がユニーク!

ロールケーキの生地の作り方にも卵共立て、別立て、いろいろありますが、
バターで粉を炒めるという、シュー生地を作るような方法+メレンゲでこのような独特の食感になるのですね。
かなりねっちりとしっかり炒めるので、はたして膨らむのかな~と心配になるのですが、
オーブンでみるみるうちに膨らんでいく姿を見るのは楽しいもものです。
工程も道具もたくさんですし、共立てのロールケーキのように気軽には作れませんが、
食べてくださったみなさんの評判も飛び切りなので、このルーロ抹茶はここ一番という時の特別なお菓子になりそう...
ホールのケーキやタルトの見た目の豪華さはないかもしれませんが、食べてみていただければ分かる~かな?

なかなかくるくる~とはいかない...
[PR]
by Wingco | 2009-01-22 23:37 | お菓子 | Trackback | Comments(14)
ミニイギリス食パン ~fumiさんのシンプルなパン
b0108544_0292961.jpg
す、すごい...真っ白~~!
何でもない食パン、それもミニサイズなのですが、切ってみて、透明感のあるあまりの白さに驚いてしまいました。

日本の皆さんにとっては当たり前なのかもしれませんが、
アメリカでホワイト・ブレッドと呼ばれているパンでもこんなに白い色のは見たことない...ような気がします。
少なくても、いつも使っている、アメリカでベイキング好きな人にはまぁ良いと言われるキング・アーサーの粉だと、
少しオフホワイト気味の、くすんだ色になってしまいます。

fumiさんのヨーグルト酵母を使ったミニイギリス食パン
イギリスパンらしくなるように、最強力粉のスーパーキングを使いました。
日本から大事に運んで来た、とっておきの粉です。
こんなに白くなるなんて、さすが日本の粉は違うわ~と感動したのですが、
原産国はアメリカとカナダなのですね。国産(日本という意味)の粉ではなかった!(笑)
ということは、よ~く探せばこんな真っ白い粉(何だか危ない物をイメージしま...せんよね)
もアメリカで手に入るのでしょうか??

ヨーグルト酵母パンも先が見えてきた?
[PR]
by Wingco | 2009-01-16 18:56 | パン | Trackback | Comments(22)
ガレット・デ・ロア
b0108544_0273417.jpg
また一週間遅れのお話になってしまいますが、今年はやっとこれを作ることができました!
フランスでカトリックのお祭り、エピファニーの日(1月6日)に食べるという、ガレット・ド・ロア(王様の焼き菓子)です。

何年か前に小夏さんから、2つの可愛いフェーヴを頂いたので、作りたいとはずっと思っていたのですが、
なにしろちゃんとしたフィユタージュ(折り込みパイ)を作ったことはありません。
クロワッサンと同じように、手間と時間がかかる。
といって市販のパイ生地を使うのではおもしろくないし...
と思っていくつかの本でレシピを探していたところ、

フェーヴが当たったのは...?
[PR]
by Wingco | 2009-01-12 23:10 | お菓子 | Trackback(3) | Comments(17)
2009年 初ケーキ 
b0108544_11175890.jpg
2009年、今年もどうぞよろしくお願い致します!
新年も早いもので一週間が過ぎてしまいました。
みなさまは、どんなお正月をお過ごしだったのでしょうね。
こちらでは二日からダダの仕事、日曜日にはタコの補習校、
そして月曜からは現地校やスイミングなどの習い事も始まり、すっかり普段の生活に戻っています。
思えば11月終わりの感謝祭を迎えるころから、クリスマス、元日までずーっとHoliday Seasonで
ふわふわした気分だったのですから、ここはぴしっと早く切り替えたいところです。(←自分に)

今年最初の画像は、フルーツいっぱいのショートケーキ。
作ったのは大晦日なので、新年の初焼き~とは言えませんが、日本からは17時間遅れのコロラド、
日本だったら元日になっていた...ということで許してください。

おせちもある?
[PR]
by Wingco | 2009-01-07 22:59 | お菓子 | Trackback | Comments(18)