<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
小嶋ルミさんのフルーツロール ☆ありがとうのお菓子
b0108544_14552577.jpg

2013年も残り3日となりました。
お忙しい中を遊びに来てくださってありがとうございます。
クリスマスの話題を期待されたかもしれませんが、今年は何もアップするものがなくて...ごめんなさい。
毎日がクリスマスのような御馳走なので普段と変わりないから~
というのはもちろん大嘘ですが、御馳走と言うとうちではとにかくお寿司。
全くクリスマスらしい雰囲気もありませんでした。

ケーキも最近プレゼントや集まりでいろいろ作ってしまったので、気合が入らず...
それでも気になっていた、ココアだけで粉が全く入らないうえに、溶かしたココアニブもたっぷり入る、しかも混ぜるのは手で~
というハードルの高そうなチョコスフレロールにトライしたのですが、やっぱり~半分失敗(笑)
生地の厚みも足りなかったのですが、そのうえ、無謀にもブッシュドノエルに仕立てようと企てたのが一番の失敗。
かなり繊細なスフレ生地なので、巻いている途中で割れてしまいました。
食べては、しゅわしゅわのスフレがかなり好みだったので、もう一度挑戦してみたいと思っています。


まずは12月の手芸部のお菓子...








b0108544_14555716.jpg

いつもは初めて試すレシピのお味見~のような感じで、美味しいかどうかわからないお菓子を食べてもらっているのですが、
今年もお世話になった感謝を込めて、最後はやはり一番受けがよいかな~と思われる、ロールケーキを2本。









b0108544_14563871.jpg

フルーツロール
小嶋ルミさんの「ケーキレッスン」より。 久しぶりの卵共立て生地でした。
ルミさんのロールと言えば、ボリュームたっぷり生地の卵ロールが代表ですが、こちらはたっぷりのクリームとフルーツを
巻き込むために、生地は少し薄めになっています。

よく膨らみ、かつ、とてもきめ細やかな繊細な生地でした。
ロールにすると、果たして中身の重さに耐えられるのかな~と心配もしましたが、結構くるくる巻きやすかったのです。
巻ききれないのが怖くて、少しフルーツ少なめにしてしまいました。
本の写真は、「の」の字というよりは、一重の丸という感じなのですよ。
これはこれできれいな感じですし、具を巻き込むと、断面が悲惨になりがちなのに、今回はなかなかきれいに見えて嬉しい~♪









b0108544_1457260.jpg

ゆで小豆のフロール
津田陽子さん「ふんわりロールケーキ」より。 こちらは卵別立て、食感の違いを楽しんでいただきたいと思って...
一見チョコ系に見える色ですが、ゆで小豆なのです。 生地にもクリームにもたっぷり入っています...
が、本の分量が思ったほど多くて、ゆで小豆小さい一缶では足りませんでした。
なので色も控えめ。 それにゆで小豆、細かくするのにミキサーを使ってしまったら、粒々がほとんど見えませんね。

でも味はしっかり小豆を感じます。
共立てのふわふわ生地もよいですが、別立てのしっとり生地は小豆に合いますね。和菓子の味わいも感じます。
津田さんのロールはクリームにホワイトチョコを使っているので、コクがあり、まったりとしたところもよいですね♪








b0108544_1457424.jpg

コーヒーとピーカンナッツのビスコッティ
なかしましほさんの「クッキーとビスケットの本」より。
3つ目のお菓子は、かりっと食感の違うビスコッティを組み合わせました。
しほさんのお菓子は全般に甘さも控えめですし、特にこちらはコーヒーの苦味がしっかり効いています。









b0108544_14581253.jpg

時間がなくなってしまい、焼きたてのまだ熱いところを切ったので、一部断面ぼろぼろ~ですね。

ナッツにしては食感の柔らかめで渋みも少ないピーカンが好きです。
しほさんのビスコッティ、がちがちで歯が立たないようなのとは違って、サクサクと軽い食感なのも好きなのですが、
中の具は甘納豆が固くなってしまたり、ドライプルーンがねっちりだったりほうじ茶味がいまひとつだったりしたのですが、
今回の組み合わせは大成功でした。


手芸部はいつも、日本の図書館と補習校の事務局もある商工会の施設の会議室をお借りしているので、
お菓子のおすそ分けをそちらのみなさんにもしているのですが、この日は着付け部(というのもあります)
の方もいらして思いがけず大人数。お菓子が足りなくなってしまいました。

柚子をいただいたり、タコが図書館でボランティアをさせていただいたり、もちろん補習校関係でもいつもお世話になっているので、
日を改めて一週間後、お菓子の差し入れをお持ちすることに...









b0108544_14583532.jpg

最初と同じルミさんのフルーツロールの生地ですが、フルーツ抜きにしました。
手抜き~(笑)というわけではなく、実はフルーツロール、作ったすぐ後に食べた時にはとてもおいしかったのですが、
翌日、冷蔵庫に残しておいた一切れを食べると、細かく切ったフルーツの水分がクリームに染み出してしまった感じが気になって...

お持ち帰りになる方もいらしゃることを考えて、フルーツ無しの方が無難かと思いました。









b0108544_1575643.jpg

クリームだけのほうがやはり巻きやすいですね~
焼く温度も少し上げてみたので、焼き色もしっかりついています。









b0108544_1581761.jpg

生地にはシロップも打つので、生地はふわふわですが、しっとりもしていますし、生クリームだけ、というのもシンプルでおいしい~
とも思ったのですが、う~ん、食べると単調な感じ。 
やはりフルーツの酸味があった方が全体として美味しかったかな...
タコはこちらの方が気に入ったようなので、好みによるのかもしれません。









b0108544_1583986.jpg

ゆで小豆のシフォンケーキ
津田陽子さん「ふわふわシフォンケーキ」より。
小豆ロールケーキが美味しかったので、さっそくまたゆで小豆缶を買って来て、今度はきちんと全量を使いました。

とてもふわふわ~なシフォンですよね。 柔らか過ぎたかも知れません。 
真ん中凹んでますし、満足できない出来栄えです。
それでも美味しかったのでロールケーキと一緒にお持ちしてしまいましたが。

津田さんのシフォンはバターを使うこともあってか、ベーキングパウダーも使います。
ほとんどは小さじ二分の一(20cmで)ですが、この小豆シフォンは小さじ1と多いのです。
誤植ではないかな?と思ってしまいました。









b0108544_159145.jpg

今回は小豆を潰しすぎなかったので、粒々は見えますし、かつ均等に散らばっていて、その点はよかったのですが、
やはり大き目の穴も空いていますね。
かなりふわふわ、綿菓子を思わせるほどの空気感でした。
和の味わいで美味しかったので、次回はBP減らして作ってみたいです。









b0108544_15492256.jpg

バナナのシフォンケーキ
同じ津田さんのシフォンですが、こちらはしっかりと焼きあがって、見た目も違いますよね。
先日、塊の黒糖を使ってしまい、溶け切れない分が沈んで見た目がよくなかったのですが、
日系スーパーで今度はちゃんと粉末の黒糖が売っていました! 嬉しくて早速リベンジ。









b0108544_16010378.jpg

立ち姿もしっかりとしています。 理想的なシフォンになりました。
しっかりとはしていますが、食べるとじゅわっととてもしっとりとしていて、黒糖のコクもきつ過ぎずにバランスのよい美味しさです。








b0108544_16015573.jpg

最後に、ママ友とのクリスマスランチ会の時のプレゼントに作ったお菓子。
(行ったフレンチビストロ風レストランもとても良かったので、後ほど、と言ってもいつになるかわかりませんが、御紹介しますね。)
みなさん先輩ママさんなので、いつもいろいろなことを教えていただいています。
アメリカの学校のことって、わからないことばかり。 こういう情報交換の場があるのはありがたいことです。








b0108544_16022517.jpg

ネージュ
津田陽子さん「100のおやつ」から。 ネージュ、フランス語で雪の意味。スノーボールのことですね。
さくさくほろほろの口溶けのよさがいいですね。
一個5グラムとかなり小さめです。 もう少し大きくてもよかったかな。
焼き立てをすぐに粉砂糖にまぶすのですが、とてもよくついて、ダダには「甘い!」と言われてしまいました。
確かに...次回は冷めてからまぶすことにしましょう。

ダダはしほさんのクッキーのようなあっさりしたほうが好みです。
反対にタコにはしほさんのよりこういったバターたっぷり、プレーンなものが好き。
気に入ってくださる方もいることを願っています。










b0108544_16045170.jpg

モカクレッセント
同じ本から違うタイプのクッキーと思ったのですが、両方ともアーモンドを使っていましたね。
でもネージュはアーモンドパウダーですが、こちらはローストしたクルミを粗く砕きます。
そのざくざくっとクルミの食感が残るところが好きです。 コーヒー味も苦すぎず効いています。

気軽にできるのがクッキーのよいところですが、この三日月の形が上手くできなくて...不恰好~
笑っていただけたかな?









b0108544_16042423.jpg

うならせマドレーヌ
こちらは自信作、以前ベイクセールの時にも作って、抹茶のマドレーヌって美味しい~と気に入っている多田さんのお菓子です。
抹茶のお菓子はパウンドでもシフォンでも、なんでもハズレはありませんが、このマドレーヌはそんな中でもお気に入り。

焼く時間が短いせいか色も鮮やか! (翌日にはくすんで濃い感じに変わってしまいますが)
ふんわりしっとり、甘さ控えめで抹茶の風味をしっかり感じます。 大人のお菓子ですね。








b0108544_16051879.jpg

アルミのパウンド型で可愛さはありませんし、一個一個の包装もなくて相変わらず気配りが足りませんが、
深さのある型なので、クッキーもたくさん入りました。
バナナシフォンはうち用に焼いたのですが、美味しかったのでそちらも少しおすそ分け。
もちろん最後には全体を模様入りビニール袋で包んで、みなさんに配りました。
あまり多すぎても迷惑かな~と思ったのですが、とても喜んでくださったので、来年はもっと量を増やそうかな~

この他、違うお友達、ピアノやクラリネットの先生など、この時期はプレゼントを贈ったり、
また頂くこともたくさんあって、手作りのお菓子はもちろん、市販のお菓子も自分では買うことが少ないので、
新しい味との出会いが楽しいです。 もちろんお菓子以外にもあれこれ嬉しい~
プレゼントは何にしたらよいのか毎年迷いますが、そういう準備の時間もまた楽しみなのですね。


さて、年末も押し迫った忙しい時期なのに、また長々と書いてしまいました。
というのも、昨日から2泊4日(最後はバスの中で明け方帰って来ます)、タコはバンドの旅行で留守。
やっと落ち着いてPCに向う時間ができたという訳です。
お正月の準備は~? なんて、聞かないでください~(笑)

旅行の目的は、31日の夜にサンアントニオで開催されるカレッジ・フットボールの決勝戦、
アラモボウルのハーフタイムショーでマーチングをするらしいのですが、スケジュールを見ると、
最初の日はSix Flagsという遊園地で9時まで遊ぶ、二日目の朝はわざわざハードロックカフェで朝食...
夜にはきちんと着替えてのディナーパーティーとか、お遊び満載の旅行のようです。
泊まるのも、その辺の安宿かキャンプでもよいのにマリオット。ちゃんとしたホテルなのですよ~

昨夜は11時半頃に家の電話が鳴って、こんな遅くに~と思ったらタコ。
何かあったのか、具合でも悪いのかとちょっとあせりましたが、「おうちに帰りたいよ~」とただのホームシック...
のわけありませんよね一応高校生ですから(笑)
「いや~、今ホテルに着いたから...」  一応連絡入れておきたかったらしいです。
タコの声の後ろから、わ~わ~仲間と思われるテンションの高い声が...
とりあえずは楽しんでいるようで、一安心しました。
一人いないとこんなに静かになってしまうのね~と寂しい年末ですが、せっかくの自由な時間ですし、楽しまなくては~


みなさまも楽しい年末年始をお過ごしくださいね。
今年は遊びに来てくださってありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します♪


来年は話をもっと短くしてね~と思われた方も、長くても大丈夫~と思われた方も、
↓一日に一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

[PR]
by Wingco | 2013-12-30 07:35 | お菓子 | Trackback | Comments(11)
タケウチさんのBLTEサンド ♪All Region Band本選と野球
b0108544_0103950.jpg

久しぶりにパンのお話です。
ブランジュリ・タケウチさんの「どこにもないホームベーカリーレシピ」の本。
いつもお世話になっています。普段のパンは大抵この本から。
ホームベーカリーでも十分おいしいパンが焼けるので、時間のかかるパン作りはすっかり怠けてしまっています。


BLTEサンド
一見、成形が下手なバンズパンで挟んだようにも見えますが、これはHBパンの両端、いわゆる耳の部分ですね、
そこを使っています。
ワイルドな感じでいいですね~

歯の弱いダダは普段のサンドイッチも「耳をとってくれ~」と真ん中のふわふわな部分しか喜びませんが、
若いタコはまだ歯は大丈夫なようです。 こういう無骨なものもがっつり食べてくれます。
1.5斤のパンなので、かなりのボリューム☆








b0108544_1424284.jpg

ベーコン、レタス、トマト、にエッグも加わって、BLTEなのですね。
オムレツ、というよりスクランブルになってしまいましたが、卵は2個に生クリームも入ってふんわり、
かりかりベーコンもたっぷりです。








b0108544_011012.jpg

胚芽とはちみつのパン
を使いました。 耳の部分はかりっと、胚芽の香ばしさが活きています。
クラムは普通の白いパンよりふわふわではないかと思うほど。 
はちみつのおかげでしょうか。

膨らみすぎて蓋にくっつき、カッパのようにトップが白っぽくなってしまいましたが、
それだけ膨らみもよくて、クラムも柔らかです。

胚芽が入っているパンというと、ぱさぱさ~だったり、かためだったり、素朴すぎる印象を持ちます。
もちろんその噛み締める感じが好き~という方も多いと思いますが、うちの家族はふんわり柔らかいパンが好み。
でもこのパンは胚芽とハチミツで味わいもよいし、ふんわりと食感もよいので、何度も焼いています。
(好みでないパンには、「二回目は、ないよね~?」と言われてしまう...笑)


胚芽、アメリカの普通のスーパーでもgermという名前で売っています。
最初によくわからないで買ったのは生(raw)で、そのまま使うとパンが膨らまず、どうして~?
と思ったのですが、調べると、生のままではだめだそうで、炒って使うと大丈夫でした。
その後、ローストしてあるgermも売っていることがわかり、お手軽なので、そちらを使っています。










b0108544_0112067.jpg

マルゲリータ風トースト
私のお気に入り、アレンジトースト。
モッツァレラチーズ、プチトマト、バジルを乗せて、オリーブオイルをたらしただけ。
簡単ですが、具を乗せる前にさっとトーストしておくと、具の水分がパンに染み出さず、べちゃっとしません。

トマトの甘みにチーズがとろっとミルキー、そしてバジルの爽やかさが一体になり、言うまでもないおいしさ☆
ピザよりもお手軽で重たくないのも好き。
使っているパンはミルクハースです。









b0108544_0114920.jpg

ミルクハース
うちで食パンと言えば、このタケウチさんのミルクハース。
何度焼いたかわかりません。

水分は牛乳だけ。
栄養もあり、ミルクの風味はやはりおいしい~☆
牛乳を使ったパンはおいしいながらも、少し膨らみが悪かったり、どっしりになったりすることもありますが、
こちらはドライミルクも使っているせいか、膨らみもよく、クラムもふわっふわです。

牛乳パンなので周りの焼き色も濃い目、ですが、その部分は普通よりも薄く...









b0108544_0131048.jpg

クラムは真っ白で、きめ細やか。 
時間が経っても柔らかくて、ミルキーな香りがたまりません!

バターも多めなので、普通の食パンよりはリッチですが、ブリオッシュよりは軽いおいしさです。
バター、1.5斤で50g。 
塊で見ると結構な大きさなので、普段には半分に減らしていますが、その影響はそれほど感じないようです。

とにかく白いふわふわ食パンが大好きな一家なので、今までにもたくさんのレシピを試しましたが、
ホームベーカリではこのミルクハースが今のところ一番のお気に入りです♪









b0108544_0132431.jpg

パン・オ・ハワイアン
今回はうまく膨らんでよかった~!
実は一回失敗しているのです。

材料を3つ添えていますが、マカダミアナッツ、ココナッツファイン、ドライパイン。
タケウチさんがハワイをイメージする材料で作ったパンだそうです。
本当はドライパインではなく、普通のパイナップルをオーブンで水分を飛ばして使うのですが、
一回目その通りにしたら、ふくらみが全然~(悲)

パイナップルの酵素が関係しているのかな? 
ゼリーでも固まりにくいとか聞いた事がありますし...
本にもドライパインでもよいと書いてありますし、今にして思えば、オーブンでの水分飛ばしが足りなかったのかもしれません。
トレジョーでこんなおもしろい、フリーズドライの輪切りパインを見つけたので、二回目に挑戦してみました。

結果、蓋につきそうになるほどよく膨らんで、嬉しい~♪









b0108544_0134259.jpg

クラムもふわっふわです。
こちらも水分は半分牛乳で、ドライミルクは使っていないのに、どうしてこんなにふんわり柔らかくなるの~
と思うほど。
(一回目はどっしり~もちもちし過ぎていました。)

ナッツ類はそれぞれローストして砕いてあります。
本では粗く...とあったのですが、一回目、マカダミアがごろごろし過ぎて、食感、気になってしまいました。
ハード系ではそれでもよいのかもしれませんが、柔らかい食パンにはこのくらいの方がよいかな?

食べてみて、思ったほどハワイを感じない~?と思ったのですが、
トーストすると、ナッツが香ばしくて、パインの甘酸っぱさも何となくトロピカルな雰囲気~♪
ハワイに行きたくなる美味しさ(笑)でした。









b0108544_014020.jpg

3種レーズン
たまにはオーブンでも焼いていますよ。
焼き色もしっかり、よい感じでついていますし、ドライイーストでもがーっと釜伸びもしていて、これぞ食パン~と叫びたい...
と言うのは大げさですが、こういう山食が好きです♪
三分割が適当で、一つだけ山が小さくなってしまいましたが。

どうも最近はお菓子作りの方にばかり気が行ってしまっているよう。
冬にはゆっくり落ち着いて、パン作りも楽しみたいですね~







b0108544_0142097.jpg

普通の大きめな粒のレーズン、小さめのカレンズ、色の薄いゴールデンレーズン、と三種類のレーズンは味わいも違いますし、
ラム酒に漬け込んでおくので、焼いている最中からとても香りがよくて、レーズンの自然な甘さも美味しい。
捏ねの途中でレーズンを加えるので、少しパン生地にレーズンが混ざり合って、でも半分くらいは粒そのままが残っていて、
その混ざり具合、何回か作るうちに、自分好みになってきました☆

こちらには牛乳は入っていません。
牛乳入りのふわふわ柔らかいパン生地だと、レーズンの重さにはには耐えられず、しっとりしすぎてしまうのでしょう。
卵の入ったふんわりだけどさくっとした生地。
バターも砂糖も多めでブリオッシュ...ほどリッチではないけど、似た食感です。

何も付けずに、そのままつまんで食べるのが好きです。
時間がたってからは、フレンチトーストに変身させるのもいいですね。







  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



前回のお話の続き、先週の土曜日はAll Region Band(地区選抜バンド)オーディションの本選が午前に行われました。
月曜日の予選ではやっと通った状態だったので、期待してはいけないと思いながらも、もしかすると~
なんて思ってしまいますよね。 珍しく自分から練習する日もあったので、気合は入っていたのかな?
8時に集合で、午前中には終るけど、はっきりいつかはわからないとタコが言うので、
もしかして、早く終ったら、補習校の中間考査、国語は11:40からなので、一教科でも受けられれば...
と期待して11時頃から待っていました。

会場はタコのとは違う高校でした。
去年の中学校バンドのオーディションの時は、一日で、午前に予選、残った生徒が午後に本選と言う形。
たまたまタコの中学校が会場だったので、私はコンセッション(売店)でボランティアをしていたのですが、
付き添いの先生や保護者もたくさんいて、心配する熱気がむんむんでした。

緊張感もいっぱいだったのですが、高校生ともなると慣れたものなのでしょうか、
大人の姿は会場のボランティアの保護者がちらほら程度。
人数の少ない、バスーンとかオーボエなどの楽器はすでに演奏も発表も終っていて、のんび~りとした空気が漂っていました。

人数の一番多い(?)クラリネットは12時を過ぎても終らないようで、これでは1時からの野球の試合にも間に合わない?
とあせり始めると、これも人数のフルートの子達が帰ってきて、もうすぐかな~と期待してると、
15分過ぎに、やっと出てきました。
結果はどう~と聞いても「まあまあ」といつもの返事。
顔色は悪くないものの、にやにや緩んではいないので、「大失敗はしていないものの、満足できる出来ではなかった」
と読みました。 タコはばか正直というか、気持ちがすぐ顔に出ます。ババ抜きとか下手~なタイプ(笑)
結果発表まで時間がかかることは中学校の時に経験済みなので、待たずにすぐに車で野球に向いました。

何とか野球の試合には間に合ったものの、すでにメンバー表を交換した後だったので、打順は最後。
二打席とも四球で、守備もアップ不足で後半のみで球も来ず...
試合は、タコが出られなかった午前とともに2連勝☆でよかったのですけどね。

帰りにまた会場に戻って、オーデションの結果を見に行くと、フルートを吹いている同じ高校のV君まだいました。
V君、野球もやっていて、補習校でタコと同級生のY君と偶然同じチームなのです。
Y君のママとは「野球のトーナメントで補習校の中間テスト欠席。2教科10%引きは辛いわね~」「うちもよ~」
という話をしていたので、「V君、午後の野球は行かないの?」とタコに聞くと、
「多分、午前のAllは受からなかったから、午後のフレッシュマンを受けたんじゃない?」と彼に確かめに行ったのですが、
その通りで、フレッシュマン・バンドの方は合格していたそうです。
よかった~☆  野球の試合蹴った甲斐がありましたね。

ちょっと待って! それなら、タコも野球の試合に行かないで、Allの結果を確かめて、落ちていたら、
午後のフレッシュマンバンドのオーディションを受けられたのではなかったの...?
「そうだけど。 多分、受かってると思ったから、まあいいかな~ってこと。」
そんな自信ある顔はしていなかったし、事実、合格はしていたのですが、合格者の中では下から4番目。
危なかった~とも言えるのですけどね。

ほとんど上級生ばかりの中での高校生最初のオーディション。 
あがらずに自分の力を出し切る、という目標は何とか達成できて、合格もできて嬉しかったのですが、
そちらのもしも...だった時のことを考えると、変なところが大胆~と驚きとどぎまぎに気が行ってしまいました。

それに、中学校ではRegion Band合格~☆おめでとう~で終ったのですが、高校になるとその先があります。
合格者の上位何名かはArea(地域)オーディションに進むことができ、
そこで選ばれるとAll State Bandに入ることができるそうです。

テキサス州の選抜バンドですからね~、特に音楽の道に進む訳でもないタコにとっては、夢のまた夢~
とてもかなうはずもなく、またその覚悟もないのですが...
そう、オーディションが終って、やれやれ~ということで、ま~ったくクラリネットに触ってもいません。
一月には選ばれたRegion Bandのメンバーでのクリニックとコンサートがあって、その楽譜もいただいたのですが、
中学の時とは違って、4曲共に難しそうなのに~







b0108544_0233321.jpg

去年の中学でのRegion Bandコンサートの時に頂いた、盾とTシャツの写真。
あっ、頂いたというのは嘘で、お金払ってます~(笑)
でも個人の名前入りですからね、Tシャツにも、裏には全員の名前入り。
買わない訳には...こんな晴れがましいことも最後かもしれませんしね~

と思ったものですが、この度も、また頂ける...ではなくて、買わせていただける(笑)のでしょうか~?
楽しみにしています。  
冬休みには練習してね~、なんて悠長なことを言ってるとぎりぎりまでしないので、渇を入れて練習させないと!(汗)


そうそう、野球の方ですが、続く日曜日にはもちろん最初から出られて、打順も4番に復活。
普通のヒットや四球でアウトにならないのはよいのですが、4番にしては長打が出ないのが頼り甲斐がないところ。
接戦で最後のイニング1点差のところ、タコがリリーフして三者三振に抑えての勝利。
盛り上がったところで、次の試合も引き続きタコが先発。

何とか0点に抑えて4対0、あと1イニング抑えれば決勝戦に進める~
あ~でもそうなると、家に戻れるのは10時過ぎてしまう...宿題も残っているそうだし、おなかも空いたし、
寒いし、早く帰れた方がよかったりして~
と一瞬そんな不埒な考えが頭をよぎったのが、よくなかった(笑)

三振~ かと思ったら、キャッチャー取れずに、一塁に投げるも暴投。 つまり「振り逃げ」ですね。
次はセカンドゴロでゲッツーかと思うと、二塁に暴投、ノーアウト一、二塁。
高~い内野フライでこれは大丈夫でしょう、と思ったら、真っ暗な空で見失ったらしく落球。
ここまで不運なことが続くのか~と思うほど。

さすがに動揺してしまったのか、タコは押し出しの四球。
コントロールのよさだけが取り得なので、そこで交代になってしまい、次のピッチャーも急なことで準備もできなかったのでしょう。
打たれてしまって、逆転サヨナラ負けとなってしまいました★

試合の流れが急に変わって思わぬ負け、とか逆に転がり込んで来た勝ちという時もあって、
そういうドラマもまた野球のおもしろいところですが、あの時に、「私が早く帰ったほうが楽なのに~」
などと魔が差したのを神様が見逃さなかった?...のではないかと反省しています。 
ごめんなさい~★


タコががんばっているのにダメな母親~と思われた方も、神様が意地悪~と思われた方も、
↓一日に一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

[PR]
by Wingco | 2013-12-21 08:33 | パン | Trackback | Comments(12)
なかしましほさんの豆腐ティラミス ♪地区選抜バンドオーディション
b0108544_2572831.jpg

雪の結晶にジンジャーマン、ではなくてスカートはいているからジンジャーガールかな?
なかなか12月らしいお菓子のように見えますが、今月ではなく、10月の手芸部のお菓子です。(いつも遅すぎ)

日本人の集まりなのでいつも意識していますが、この月は特に、生姜、黒ゴマ、豆腐...
そして懐かしい日本のあのお菓子!(何でしょうね~?) と和の素材を使ったお菓子を選びました。







b0108544_2575226.jpg

豆腐クリームのティラミス
なかしましほさんの「シフォンケーキの本」から。
いつも飾り気のないお菓子ばかりですが、最後にココアをふる時に、カップケーキ用ステンシルというのを使って遊んでみました。
柄の部分も形が出てしまっていますね~(笑)

豆腐クリーム...どんなものなのでしょうね~ 作る前はちょっと不安...(笑)








b0108544_2582047.jpg

見た感じはなかなかおいしそうではないですか~
白く見えるところが豆腐クリーム、少しクリーム色のほうが、豆乳のシフォン生地です。
ロールケーキ用の天板に平たく焼きますが、とてもよく膨らんで、弾力のあるしっかりめのシフォン生地です。
柔らかすぎないので、ティラミスに組み立てても安心。つぶれません。

インスタントコーヒーと熱湯とお湯とカルーアで作るコーヒーシロップ、かなりの量ができて、
全部使ったらびちゃびちゃになってしまう~と半量にしたのですが、食べてみると、このシロップがおいしくて、かなり効いているので、両面に全部使えばよかった~と後で思いました。

肝心の豆腐クリームですが、おうち用に取り分けておいた方を食べてみると、心配したほど変ではなく(笑)、
滑らかでそこそこおいしかったので、安心してみなさんにも食べていただくことにしました。
手芸部には、生クリームやチーズなど乳製品が苦手~という方がいらして、
その方にもこんなティラミスなら食べていただけるのではないかと思ったのです。

とても喜んで、「おいしい~!」とおかわりもしていただけて、作った甲斐があったというものです。
豆腐クリームは、豆腐をゆで、重石をして水気をきり、メープルシロップとともにフープロで滑らかに仕上げます。
この時点ではかなり豆腐~という味だったので、ラム酒をかなり加えて風味付けをしました。

「マスカルポーネや生クリームではなく、何を使っていると思う?」とみなさんには内緒で食べていただいたのですが、
すぐに「豆腐!」とお答えが~(笑)
やはり普通のティラミスのクリームとは味が違いますが、とても滑らかで優しいおいしさです。
シフォン生地はフィンガービスケットよりおいしいですし、カルーア、ラム酒と香り高いですしね。
特にしばらく冷やした翌日は、全てが一体になって、一段とおいしさアップ☆








b0108544_2584946.jpg

ジンジャーのシフォンケーキ
津田陽子さんの「ふわふわシフォンケーキ」より。
おろししょうがの他に、しょうがの甘煮も入っています。
甘煮は生姜と砂糖と水で、生姜が柔らかくなるまで煮るのですが、なかなか柔らかくならなくて、
すっかり水分がなくなり、ぱりぱりになってしまいました。

固くて細かく刻むのが大変~ まあこんなくらいでよいかな~と妥協してしまったのですが、もっと細かくすべきでしたね。
大き目の粒が底に沈んでしまいました。 膨らみも少し足りなかった...
大きな穴があかなかっただけでもよかったと思うことにします。

生姜の風味はしっかりと効いておいしいのですが、甘煮の粒々の食感はやはり気になってしまうかな~









b0108544_2591726.jpg

黒ごまサブレ、スカッチキャンディーのサブレ
多田千賀子さんの「おやつ新報」から。
以前に作って美味しかった、「黙らせサブレ」のアレンジ版です。

黒ごまはご覧のようにぎっしり~入っています。 ぽろぽろと一つにまとめるのが大変なほどです。
焼き上がりを食べてみると、ほとんど甘みを感じなかったので、これは受けないかな~と思っていたのですが、
「黒ごまだから、このくらい甘くない方が好き~」と意外に好評でした。
なるほど、甘くない方が黒ごまの香ばしさが活きていますね。
ダダも好きなようでしたし、大人向けのクッキー...かな?


スカッチキャンディーって具体的にどういうのだったかな~アメリカに売ってる?
と思うと、小さい字で書いてありました、懐かしいキャンディーの名前!

「あなたに~も、○○あげた~い」のCM、
と言えば、わかる人にはわかる...?(笑)

日系スーパーに売っていましたよ~ 今でも売っているのですね~ 「チェルシー」
パッケージもピンクの花柄、昔とそっくりでした。
バタースカッチ味、しか売っていませんでしたが、私は緑のヨーグルト味が好きでした。
もう一種類、黄色の花はコーヒー味だったでしょうか...?

キャンディーは砕いて、生地に混ぜ込みます。
肉たたきで、結構粉々に砕いたのですが、キャンディーのかりっとした食感はしっかりと感じます。
黒ごまと対極の印象、甘さもしっかりしていますが、サブレとキャンディーの混在したおもしろい味わいです。
ヨーグルト味も食べたいな~♪








b0108544_3153463.jpg

きなこと黒ごまのボーロ、じゃがいもとローズマリーのクラッカー
なかしましほさんの「クッキーとビスケットの本」から。

しほさんのぼーろは、片栗粉と卵黄が基本材料です。
きな粉、豆乳、黒ごま、と和の材料が、懐かしいボーロの素朴な味わいを引き立てます。
焼きたてを頬張ると、片栗粉のもっさりした感じがして、あらら~と思いましたが、
時間がたってからはさっくりに変わりました。
口に入れると勝手に溶けていくのも楽しい。

しほさんのクラッカーもバターでなくグレープシードオイル(本では菜種油)を使うでいか、ぱりっさくっとしていて好き。
これにはおろしたじゃがいももたっぷり入るので、もっちりとした感じもあって、
ローズマリーの香りがまた良くあって、味のアクセントになっています。
塩気はかなり控えめなので、もう少しあっても...粉チーズをプラスしても美味しそう。


今回、お菓子の種類は多くありませんが、みな違う本からなので、レビューするのが少し手間でした。
作ったら、忘れないうちにさっさとアップしないといけませんね~(笑)







b0108544_3155945.jpg

手芸部では、よくこんな日本のお菓子の差し入れもあって、それも楽しみの一つです。
かわいいクリスマスツリーはヨックモック。
紅茶の羊羹なんて珍しい~虎屋です。 あまり羊羹好きではないのですが、これはしっかり紅茶味でおいしかった。
ベルンのミルフィーユ、懐かしい~
Kinder、チョコの中にミルク味のクリームがあって、なるほど子供向けの優しい味でした。スペインのお土産。

個人的に日本のお土産で頂いた物。
濃い抹茶クリームのクレープに、とても塩味が効いたスイカ飴もヒットでした。
丸いのはとても軽いさくさくした生地に、梅、抹茶あずき、ココナッツ生姜...など和の素材のトッピングがとても印象的。
こういうお菓子、自分でも作れないかな~と感動の美味しさでした。

いつも美味しいお菓子、珍しいお菓子をご馳走様です!



  ★  ★  ★  ★  ★  ★


夏からマーチングバンド漬けで忙しかったタコも、11月初めでマーチングバンドコンテストも終わり、
フットボールはプレイオフ進出ならずで応援の必要もなくなった...ということで、突然マーチングシーズンに幕がおり、
学校での練習はほとんどなくなってしまいました。

といってもなくなったのは放課後の練習で、バンドも教科の一つなので、毎日、1コマの授業はあるのですけどね。
マーチングはなくなっても、それからはコンサート活動に切り替わりました。
バンドといってもマーチングは演奏よりも動きの練習ばかりの感じでしたが、やっと肝心の演奏の方に重点が...

今週の火曜日には、クリスマスコンサーがありました。
ビデオに撮るも、手振れがひどく、酔いそうな映像でアップできませ~ん(笑)
クリスマスの曲なんて、一度も家で練習しているのを聞いたことがなかったのですが、
ゆる~い曲だったので、授業中の練習だけで十分だったのでしょう。

その前日の月曜日には、地区選抜バンド(All Region Band)オーディション。
9年生から12年生まで、みな同じ課題曲でおなじ土俵で競うので、最下級生のタコには受かる見込みもないと思ったのですが、
来年以降のためにも、とにかくオーディションを体験したいと、タコは勝手に申し込んでしまいました。
ミドルスクールの時と違って、受けても受けなくても自由なのですけどね。

課題曲3曲もミドルの時とは違って、もちろんですが、難しそうです。
家で練習してるのを聞いても、一度も通して間違えなく吹けたためしがありません。
おまけに、かなりのあがり症。 
案の定、本番では、最初の曲で大失敗をしてしまい、もうだめだ~
と開き直ったのがよかったのか、次の2曲で挽回したらしく、何とか8位で予選通過。
10位までが土曜日の本選に進めたそうなので、ぎりぎりですね。

タコは嬉しいようですが、また困ったことに...
土曜日は補習校の後期中間考査があるのですが、受けることができず、来週追試になるので、また10%点数が減点されます。
また、というのは前回の前期期末考査でも一教科追試だったのですが、今回は2教科です。
しかも後期は授業に出たのは3日だけで7日欠席しています。
中一の始めから6回連続の優等賞(平均90点以上)は残念ながら...

聞けば、9年生だけのフレッシュマンバンドというのもあるそうです。
そちらのオーディションは土曜の午後なので、そちらを受けるなら、午前中の補習校の中間テストは受けられるのですが、
タコは「Allの予選に受かった人は、フレッシュマンの方は受けられない」とか言ってます。
受かる見込みの低いAllより、確率の高いフレッシュマンのほうがいいのに~

もう一つ、野球の試合とも重なってしまいました。
雨で流れてばかりの秋シーズン、最後のトーナメントなのですが、少ない試合に出られないとは、これまた残念です。
こちらは翌日の日曜日にも試合があるのですが、それが最後の試合になるかもしれません。
何だかいろいろ心配することがあり、ブログの方には気が回らず...
でも土曜日にはオーデションが残念な結果、で野球の方も残念だったりすると、またまたがっかりして更新する気合が入らず...
ということが十分予想される(今までそういうことたびたびあり・笑)ので、今日はがんばってアップします!


タコの学校のマーチングバンドのUILコンテストの様子がYouTubeにアップされているのを発見!↓
お時間がある方は覗いてみてくださいね。








少し遠めで見えにくいかもしれませんが、アメリカのマーチングバンドはこんな感じ~というのが楽しんでいただけたら嬉しいです。
UILコンクールは学校の順位を競うのではなく、1~5段階評価をもらうもので、タコのハイスクールは一番高い5の評価でした。

それでも十分だと思うのですが、去年は特に華々しい成果だったのに比べると、今年は普通な感じ。
Band Of Americaという最後の一番大きな大会でも、テキサス州の決勝には残れず、
タコの話では、その結果発表の時に、半分以上の女子も男子も泣いていたそうです。
ほんと~? アメリカの高校生がそんな熱くなるなんて~びっくり!@@

そのBOAの全米大会では、決勝に残った12校のうち、5校がテキサスの高校だったそうです。
テキサス州は全米でもかなりマーチングバンドの盛んな州のようです。
そして優勝したのもテキサスの、それもヒューストン近郊にある高校!

全米大会ともなると、テレビで中継もされたそうで、その時の様子が一部分ですが、YouTubeにアップされていました↓








やはり素晴らしいですね~特に動きが。
演奏の出来はそれほど変わらないと思うのですが、パフォーマンスは全然こちらの方が凝っていてカッコイイです。
これは生徒のがんばりというよりも、もともとのプログラムの違いによるところも大きいのではないかな~
などと、勝手なことを考えてしまいました。

結果はともあれ、始まる前はマーチングバンドのアメリカンな乗りに付いて行けるか心配だったタコですが、
何だか最後まで楽しそうにやっていて、時には熱くマーチングについて語っていたので、来年も続けてくれるでしょう。


最後まで読んでくださって、ありがとうございます!
↓一日に一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

[PR]
by Wingco | 2013-12-13 15:52 | お菓子 | Trackback | Comments(14)
津田陽子さん「ふわふわシフォンケーキ」、10連戦~☆
b0108544_1258155.jpg

今回は画像が地味です(笑)  
特に前回の、色見本のようなティーバッグに比べるとギャップが激しいですね~
最初の一枚だけではなく、どれも同じような、飾り気も何もない、焼きっぱなしのシフォンケーキの写真ばかり。
それも、タイトルにもあるように、シフォンケーキ10個です。

最後まで、飽きずに見ていただけるでしょうか...?





ふわふわシフォンケーキ バターだからおいしい!

津田 陽子 / 文化出版局



この秋は、こちらの本にはまりました。
もともとシフォンケーキは大好きなので、作りやすかったこともありますし、今までと違った、バターを使ったシフォンの風味のよさ。
とても気に入ってしまいました。

津田さんも、本の中で述べていらっしゃりますが、お好きなカステラにバターの風味と香りを加えてもっとおいしくしたかった...
ということで、たどりついたのが、サラダ油ではなく、バターを使ったシフォン、だそうです。
確かに、プレーンシフォンは美味しいカステラのような、でももっとふわふわ柔らかくて軽い食感、
でも普通のシフォンよりしっとり、味わいが深くて...とにかくおいしい!!のです。


1.ミルクティーのシフォンケーキ
一番きれいに型はずしができたので、このシフォンを最初に持ってきました。
いつもこうできればいいのですが、シフォンナイフも持っていないので、たいてい均一にナイフが入らず、
ガタガタな姿になってしまいます。









b0108544_12582116.jpg

撮った角度の関係で、高さがないように写ってしまいましたが、実際はもっと縦長です。
牛乳で煮出したアールグレイの香り風味がとても効いて、上品な味わいです。
紅茶のシフォンでは茶葉もそのまま入れるレシピが多いようですが、私は繊細なシフォンの食感に
茶葉が入ると気になってしまって...
こちらには茶葉が入っていなくて、余計好みのシフォンになりました☆










b0108544_13135112.jpg

2.プレーンシフォン
ほら、型出しが雑ですよね~
本ではもっと焼き色も濃い感じなので、焼きが足りないのかもしれませんが、時間どおり焼いていますし、
オーブンの温度はこれでも指定より10℃上げているのです。
うちのオーブンは大きいでいか、いつも焼き色が付きにくいように思えます。
切ってみると中はしっかり火が通っているので、これ以上焼くと固くなってしまいそうで、いつもこんな感じ。









b0108544_12584410.jpg

ふわふわ~で幸せ♪









b0108544_1302438.jpg

3.キャラメルミルクのシフォンケーキ
キャラメルなので、焼き色もしっかりついていますね。
津田さんのシフォン、基本は水分が牛乳なのですが、こちらは生クリームも使っていて、
キャラメルクリームのまろやかだけどしっかりとした風味と甘さが、これまたおいしい~

キャラメルパウンドだと、ちょっと甘さがくどいかな~重たい印象にもなりますが、
シフォンになると軽い食感にくどさも感じなく、しっとりとしていいですね。
日本で買って、大事に使っていたソフィーチェを使ったこともあり、とても極め細やかにできました。
写真ではよくわかりませんが...
ソフィーチェもこれで最後、寂しい...でもバイオレットはこちらでも売っています☆









b0108544_16194527.jpg

4.ミルクコーヒーのシフォンケーキ
コーヒーは普段飲みませんが、このシフォンは苦味をあまり感じなくて、でもコーヒーの香りはしっかり、
こちらもおいしくいただきました。
牛乳+練乳もは入っているからでしょうか、とてもまろやかで、カフェオレというよりは
高級コーヒー牛乳のような味わいでした。

ミルクティー同様、色が濃い目だと型外しも上手く行ったように見えますね。
しっかり焼きあがって、立ち姿も立派(笑)
と言うほどでもないのですが、こちら↓に比べると...









b0108544_1619254.jpg

5.メープルミルクのシフォンケーキ
柔らかすぎて、スライスの一切れ、厚めなのに立っていられません~
プレーンのと牛乳の量は同じなのに、それに加えてメープルシロップも入って、水分量が多いからでしょうか。
柔らかい上に、かなりしっとり、じゅわーっとしています。

その上メープルシュガーもたくさん使っているので、かなりのメープル風味です。 甘さも強め。
もちろんおいしかったのですが、味が強かったせいか、期待したほど好みのシフォンにはなりませんでした。
メープルにはホットケーキのような、弾力のあるふかふかな生地が好きなのかもしれません。









b0108544_13141318.jpg

6.いりごまのシフォンケーキ
シフォン造りにも慣れてきたので、少し難しい、具入りです。
卵黄生地には練り胡麻と、細かくしたすりごまも入っています。

シフォンは繊細な生地なので、具が入ると穴があいたりしがちなのですが、
とても柔らかくふわふわ~、上のメープルシフォンとは違って、じゅわっとした感じではなく、
空気感があるふわ~なのですが、大きな穴はないようでほっとしました。
でも、柔らかすぎて、型から外した跡が、また悲惨になってしまいました~(汗)

ねりごまの甘さが効いて、でもくどくはなくておいしいのですが、
かなり細かくても、すりごまのぷちぷち感がなかったらもっとよかったのに~と思ってしまいました。
ぷちぷちがお好きな方もいらっしゃるでしょう。 これは好みの問題ですね。








b0108544_16185262.jpg

7.ピーナッツミルクのシフォンケーキ
ごまのと似ていますが、違いますよ。 こちらは細かく刻んだピーナッツ。
大きな穴にもならず、まんべなく散らばっていますね。 よかった~
ほんとに、少し大きな具や水分が多い具を混ぜると、その周りが大きな穴になってしまいます。
ブルーベリーで経験済み~★

牛乳にはピーナッツバターも溶かしています。
でも思ったよりもピーナッツバターの味はしませんでした。 好きなのでもっと多くてもよかったかな。
やはりピーナッツは細かくても、なかった方が私にはよかったかな~と思ってしまいました。
味はおいしかったのですけどね~







b0108544_16201568.jpg

8.ヨーグルトミルクのシフォンケーキ
牛乳に加えてヨーグルトもかなりたっぷり。
水分が多いためか、ベーキングパウダーを小さじ1使っています。
なので他のシフォンに比べて、一段と空気感があって、柔らかいのは言うまでもありません。

ヨーグルトといっても、酸味はそれほど感じません。
爽やかで軽くて、朝食にも最適! とてもおいしいシフォンです。
今回の10種類のシフォン、どれもおいしくて甲乙つけがたいのですが、私はこのシフォンが一番好みでした。
ヨーグルトが好き~!ということもあるかもしれませんけどね。
しかし、この日は雨で暗くて、うまく写真に撮れませんでした...








b0108544_16204160.jpg

9.バナナのシフォンケーキ
ぼやけて遠くに写して誤魔化していますが、底にぼつぼつ穴が開いて、見た目失敗しています。
こちらも具入りで少し難しかった...?
いえいえ、バナナは細かくつぶして中はよい感じだったのですが、失敗の原因はその他に...

熟れたバナナがあったので、ちょうどよいと作ることにしたのですが、よく見ると黒糖も必要でした。
日系スーパーで探したのですが、粉末ではなく、塊のしか売っていませんでした。
フープロで回せば粉になるかな~と甘く見ていた(笑)のですが、実際は水分が出てしまって、
サラサラではなくベタベタの黒糖。
何とか溶けるかな~と使ってしまったのですが、溶けきれない小さな塊が底に沈んでしまい、
その回りに穴が開いてしまいました。

それでもバナナと黒糖の組み合わせはおいしいですね。
バナナケーキでブラウンシュガーを使ったことはありますが、黒糖はよりおいしい気がします。
とてもしっとり、柔らかいけどふんわりとうより、ジュワ~っとしている食感もおもしろいです。







b0108544_1621432.jpg

10.黒糖ミルクのシフォンケーキ
バナナシフォンの失敗に凹まずに、味は良かったので、また塊の黒糖を今度は包丁で細かく刻んで、使ってみました。
それでもところどころに黒糖の小さな塊が沈んでしまいましたね。
そして中心部分が凹んでしまいました。
黒糖はメレンゲを立てる時に加えて、べたべたしているせいか、なかなかしっかりとしたメレンゲにならなかったのですが、
そのせいかもしれませんね。






b0108544_16212444.jpg

この写真が好きなので、最後の〆に持って来ました(笑)
黒糖はメレンゲだけではなく、ミルクにも溶いてあり、たくさん使っているのですが、それほど甘い~
という印象ではなく、黒糖のコクとミルキーさが良く合って、甘さもマイルド、どこか懐かしい和風の味わいも嬉しいのです。
そして黒糖でよりしっとりと柔らか。 こちらもふわふわというよりはじゅわーっとした食感ですね。


かなり前のことになりますが、初めてシフォンケーキを食べた時、どこかのお店でだったと思いますが、
柔らかいし、大きくて食べ応えがあるけど、ぱさっとしているような、軽すぎて味わいがおもしろくないような、
やはりショートケーキなどのスポンジを使ったケーキのほうが好きかな~という印象を持ちました。

その後しばらくして、自分で作るようになって、ルミさんやしほさんの、軽いだけではなくしっとりと味わいのあるシフォンに出会い、
かなりのシフォン好きになりました。
今回の津田さんのシフォンも、また新しいタイプのおいしさです。

バターと牛乳を使ったシフォン、コクがあっておいしいですよ~
コクがあるといっても重たくはないので、朝ごはんにもぴったり。
全て20cmの大きなシフォンですが、大きいと中もよりふんわりとするようで、その大きさも好きです。
家族三人ではさすがに食べきれない時もありますが、シフォンが苦手~という方も聞きませんし、
友人知人に差し上げて、一応喜んでいただけたと思っています。

本には、まだまだおもしろそうなシフォンがたくさん載っています。
これからも、作るのが楽しみ~♪


シフォンとは関係ありませんが、先週も12月だというのに、何となく蒸し暑いように感じたヒューストン。
水曜日には、最高気温が27℃にもなって、このまま冬は来ないのかな~と期待してしまいましたが、
木曜日には23℃と少し下がり、そして金曜日には一気に6度にまで下がってびっくり~!
一晩で、いきなり17度も下がるなんて~☆

翌日の土曜日は3℃にまでなって、予定されていた野球のトーナメントもまた中止。
雨も降っていないのに、気温が低いだけで中止になってしまうことに、寒いコロラドに住んでいた私達はまた驚かされました。
雪が降る中の試合で投げたこともあったのにね~と。
それは5月のことで、コロラドでは12月に外で野球すること自体考えられなかったものです。
暖かいヒューストンは暮らしやすいですが、今年の秋は例年よりも雨が多く、特に週末は毎週といってもよいほど雨にたたられました。

でも気温が低くなって、寒い~外に出たくない~と嘆いているなんて、甘えていますね。
今朝のニュースではアメリカの各地にもたらされた大雪の被害の様子が伝えられていました。
南部のテキサスでも、海に近いヒューストンは気温が低いだけですが、少し内陸のダラスでは雪だそうです。
タコは「雪いいな~降らないかな~」なんて言ってますが、私は冗談ではありません。
雪の降りしきる中、夜のハイウェイを走ったときの怖かったこと~ 思い出してもぞ~っとします。
アメリカの道路ってあまり照明がなく、暗い中、雪で全く前が見えなくて、ぼんやり見える前の車の赤いテールランプだけが頼り。
そんな状態でも根っからの雪国育ちで慣れているのか、結構スピードを出す車もあって、
「置いていかないで~」と灯りを見失うまいと、必死で後をついて行ったり...
急な坂道も多く、滑ってのぼれない~とか勢いがつきすぎてスピンしたことも、一度や二度ではありません。
そこはアメリカ、道路が広いこともあり、偶然他の車がいない時ということもあり、大事に至ったことはありませんが...

そういう冬のストレスがないことは、とてもありがたいと思っています。
もちろん、ヒューストンならではの、困ることもあるのですけどね~
それはまた別の機会に...



10種類もよく作ったわね~と思ってくださった方も、同じようなシフォンばかりで飽きてしまったわ~という方も、
↓一日に一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

[PR]
by Wingco | 2013-12-10 03:50 | お菓子 | Trackback | Comments(16)
アメリカのお茶 Harney & Sons、 コスコで買うのは...
b0108544_22455661.jpg

サンプラーセットに入っていた19種類のティーバッグ、全部色が違うので並べてみたら、色見本のようできれい~
と一人で楽しんでしまいました(笑)

「アメリカでも本格的な紅茶ブランドがあるのよ~」と教えていただいたのが、Harney&Sons。
スーパーでは売っていませんが、ウイリアムズ・ソノマにはアールグレイなど数種置いてあります。
なかなかおいしかったので、もっと他に種類がないのかな~とHarney&Sonsのサイトを覗いて驚きました。

紅茶、中国茶、ハーブティー、とてもたくさんの種類を扱っているのですね~価格もソノマより安い!

さっそく注文してみるにも、いろいろありすぎて迷っていたところ、
サンプラーセットが三種類もあることを見つけて、とりあえずそれらを注文してみました。

ちなみに、日本にも進出しているのですね。 日本のサイトもありました↓ 
日本ではハーニー&サンズと呼ぶようです。






b0108544_22462192.jpg

サンプラーセット以外にも茶葉も2缶。
アールグレーの香りは好きですが、味わいからするとダージリンの方が好みです。
一番摘みなのでとても香り高く、すっきりとした風味で苦味が弱め、とても気に入りました。

この黒地に金色のラベルの缶がリーフティーの入る缶です。
少しマリアージュ・フレールを意識しているかな~とも見えてしまいますが、
創業者のハーニーさんは、イギリスのフォートナム・メイソンで修行されたそうですよ。







b0108544_22465139.jpg

こちらはプレミアムのサンプラーセット。
最初のホイル・サンプラーセットはクラシック、つまり定番のお茶が選ばれていたようです。
プレミアムは、オーガニックティーや少し変わったフレーバーのお茶が入っているようですが、
中には両方に重複するものもいくつかありました。








b0108544_22471914.jpg

「イングリッシュ・ブレックファスト」は、三種類のサンプラーセット、それぞれに入っていたので、
どう違うのかな~と、ティーバックの中身を出してみました。
最初の二つは普通の紙のバックですが、もう一つのサンプラーセットはサシェと呼ばれるテトラパックです。

紙パックの2つは、中身、重さは2gですし、細かい見た目も同じように見えました。
サシェの中身はリーフティーで重さも3g。 
飲んでもやはりリーフティーの方が味わい深くて、おいしい~

ちなみに、「ブレックファスト」って、「朝に合った軽めの紅茶~」と以前は思っていたのですが、
その逆で、「目が覚めるようにカフェインたっぷり、強い紅茶~」なのだそうですね。







b0108544_22473879.jpg

マザーズ・ブーケ、鮮やかな色合いに惹かれました。
お湯を注ぐと、最初はきれいなブルーになって、時間が経つと黄色になります。
ローズやオレンジピールが入っていて本当に、花束のような香りです。

名前にちなんで、自分へのプレゼントに買いました。
実はこのオーダーをしたのは母の日の近くのこと... いつものように遅すぎの話題ですみません。
この後も何回かすでにオーダーしています。
そして今回お知らせしたかったのは、12月2日から3日の夜中(アメリカ東部時間)まで、送料無料の上に、全品25%オフ~!!
のお知らせが来たからなのです。

もう締め切りまで半日しかないので間に合わないかもしれませんが、興味のある方は、サイトでサインアップすれば、
こういうセールや新製品の情報がメールで送られて来ますよ。
日本のみなさまには関係ないかもしれませんね...ごめんなさい!







b0108544_2248465.jpg

さて、こちらも遅くて、9月頃のことですが、日本から越していらしたばかりの方と話していて、
「コスコではどんなものを買うのですか~?」と聞かれて、あら、意識したことなかったけど、
何を買っていたのかしら~と撮ってみました。 全部ではないけど。

まだこの時期には桃が売っていたのですね~ さすがに12月の今はありません。
桃、鶏胸肉、パスタソース...オーガニック製品が多いのも嬉しいですね。

うちではサラダ油ではなく、代わりにグレープシードオイルを揚げ物にも使っています。 からっと揚がりますよ。
変な臭いもなく、すっきりしているように感じます。

バニラビーンズは20cmもあって、しっとりとして、スーパーのスパイスコーナーに置いてあるものより質がよいと思います。
ラップもスライド付きで、すーっと簡単に切れますし、アメリカのラップにしてはつきがよいよう。
もっと巨大な、一年も持ちそうなロールもあって、そちらのほうが割安。
以前はそちらを買っていたのですが、こちらは引き出しに入るので、目立たなくて便利です。

ジプロックは200枚もあってどうする~という感じですが、開けてみると、4つの箱に分かれているので、残りはしまっておけます。
長持ちするものですし、やはりお買い得ですね。

食洗器の洗剤、カスケードでもコンプリートは一番きれいな仕上がりになると思います。
ツナ缶、こちらはみな水煮ですが、これはぱさぱさしていなくてしっとり、もちろん大きな塊チャンクタイプです。
ハイチュウはアメリカでも人気ですよ~専用の工場ができるとか...








b0108544_2343755.jpg

こちらは秋になってからのお買い物。
オーガニックのFujiリンゴが出回りました。

あまり見たことのないキノコ、色がポルチーニっぽいので、おいしいかな~と買ってみたのですが、
味も香りもあまりなくて、これはハズレ(笑)

V8はセールだったので買ったのかな~苦手な野菜の多いダダが埋め合わせによく飲んでいます。
使い捨てハンディモップ(?)はささっとほこりを取るのに便利。

ケープコッドのポテトチップスは厚みがあって塩味も強すぎず、私は好き。
40%オイルカットなので、少しは罪悪感なく食べられるな~と思うのですが、
家族には固い~味がない~と言われてしまいました。
隣の、メスキートBBQ味のほうが、スパイスの効いたしっかりめのバーベキュー味でおいしいらしいです。
巨大な袋も見慣れてしまいましたが、680g入り。  
と言われてもピンと来ないかも知れませんが、裏の表示によると、全部食べてしまうと4000kcalになるそうですよ!
一度に全部食べる人もいないと思いますが、聞いただけでも胸焼けしそうですね(笑)

ちなみにcostco、日本では「コストコ」と言うそうですが、アメリカでは「コスコ」でtは発音しません。
慣れているせいか、コスコのほうが言いやすいよいに思えるのですが、どうしうてコストコなのでしょうね~?
呼び方も違いますが、コストコのほうが、日本ならではの素晴らしい品揃えのようですね。
一度は行ってみたい~!

今回はどちらかというと、よく買うような定番ではないものが多かったかもしれません。
こちらではそれほど品物に変化もないようなので、あまりよく見ずに、いつも同じようなものを買ってしまいます。
何かお勧めがあったら教えてくださいね~♪








b0108544_2345528.jpg

最近パンの記事が少ないことに気が付きました。
HBで同じような食パンばかり焼いていることも大きな理由ですが、ホールフーズが近くにできて、
バゲットやハード系のパン、は結構おいしいのが買えるからです。
そう、パン作りはつい、怠けてしまっています(笑)

タコの好きなシナモン・ツイストに丸い緑のは、チャイブとチェダーチーズのスコーン。
コスコのクロワッサンよりも、ホールフーズのほうが、バターの味がしっかりと感じられてずっと美味しいです。

どれもかなり大きくて、一個を全部一人で食べるには飽きてしまいそうです。
大きいことがわかっていただけるかな~と普通のボールペンを並べてみました。
マフィンも、日本では普通直径7センチの型ですが、こちらではそれに加えて、
5センチのミニと9センチのジャンボマフィン型も普通に売っています。







b0108544_2351255.jpg

甘酸っぱい爽やかなオレンジのマフィン生地に、クランベリーの酸味が効いています。
上に乗ったクランブルと、時々じゃりっとグラニュー糖も食感のアクセント。
しっとりと柔らかな生地は、ARIさんのマフィンを思い出す美味しさです。


気が付けば、「美味しいもの」のカテゴリーは4年ぶり!
なかなかアメリカで美味しい物には出会わない...ということばかりでもないのですけどね。
これからはもっとまめに、「美味しい物」をお伝えできるようにしますね。


今回の話題、美味しそう~と思ってくださった方も、そうでもなかった方(笑)も、
↓一日に一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2013-12-04 04:41 | 美味しいもの | Trackback | Comments(8)