<   2014年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
なかしましほさんのレモンシフォン ☆初めての、お菓子会~
b0108544_23233536.jpg

ふぅ~、今回は最初の画像、すっきりとしたものにしてみました(笑)
前回は、懐かしいお菓子の画像を見ていたら、あれもこれも載せたくなって、欲張りすぎ~?
にぎやか過ぎる画像がいきなり現われて、驚かせてしまったかもしれませんね。

それにも関わらず、たくさんの方に見ていただいて、暖かいコメントも寄せていただいて、本当にありがとうございました!
とっても嬉しかったですし、これからの励みにもなります。
「レシピ本一冊、全て制覇!」は私のベイキングの目標~、と同時に大きなお楽しみとなっています。
また何年もかかるレシピ本もあるかもしれませんし、無理なこともあるでしょうが、長い目で見守っていただければ嬉しいです♪



レモンの”しゅわっと”シフォン
なかしましほさんのシフォンは久しぶりです。
去年の冬から、津田さんのバターを使ったコクのあるシフォンにすっかりはまっていましたが、
5月に入って早くも半分は30℃を超える毎日、気温も高くなってきて、サラダ油をつかった本来のあっさりシフォンも恋しくなった...
という訳です。

特にこちら、レモンのシフォン。 爽やかさではダントツの美味しさです!

レモン汁にレモンの皮の摩り下ろし、そしてあまり多すぎないブルーポピーシードのプチプチ~









b0108544_232427.jpg

膨らみもとってもよくて、ガッツリ割れ目もできていますね。










b0108544_23243512.jpg

久しぶりに手はずししてみましたが、とても柔らかいシフォンなので、つぶれてしまわないか心配しました。










b0108544_2350687.jpg

口溶けがよくて、本当に”しゅわっと”スフレのような感じ。
普通のシフォンはふわふわ柔らかいのですが、ふわふわよりも水分が多いのかしゅわっとして、
その食感も美味しさの一つです。

しほさんならではのてんさい糖を使ったすっきりとした、甘さ控えめなところも大好きです。
まだまだ子供味覚のタコには、いまひとつこのレモンシフォンの素晴らしさかわからないようで、
↓こちらの方を喜んでいました。 2台続けて焼いています。











b0108544_23503059.jpg

プレーンのシフォンケーキ
津田陽子さんの「ふわふわシフォンケーキ」、表紙にもなっている基本のバターシフォンです。

この写真、シフォンの底ではなく、トップを上にしたのですよ。
バターを使ったシフォンは、膨らみ方もサラダ油のシフォンとは違います。
穏やかに膨らんで、それでも焼いている最中はこんもりと丸く膨らむのですが、
逆さまにして冷ましても、その膨らみがかなりおさまって、平面に近い感じになります。
でも焼きしぼみ~というと、ちょっと失敗?と思ってしまいますが、そんなことはありません...










b0108544_23513811.jpg

目の詰まった部分は全くなくて、キメの細かい、ふわふわ~なとても柔らかいシフォンです。
実は、今回作って、気になるところを発見してしまいました(謎)
また作って、改善されたら御報告しますね~(できなかったら、なかったことにしてしまうかな?笑)

味はカステラのように卵とバターの風味がしっかり、でも食感はシフォンの弾力のある柔らかさ。
カステラとシフォン、両方のよいところを合わせた理想的なバターシフォン。
食べていただいた方、みなさんに喜ばれます。

今回も、ある集まりでお邪魔させていただいたお宅への手土産に、プレーンシフォンのリクエストを頂いて作りました。
でも、バターではなくサラダ油を使ったシフォンとの違いを感じていただきたくて、
最初のレモンシフォンも同時に、半分ずつ持って行きました。
食べていただいた3人共、「どちらも違った美味しさで、甲乙つけがたいわ~」とのご感想。
バターvsサラダ油の決着をつける事が出来ませんでした(笑)

そしてまた、両方のシフォンを食べ比べていただく機会がありました。










b0108544_53031100.jpg

津田陽子さんの杏とプルーンのシフォン(20cm)

なかしましほさんのはグレープフルーツのシフォン(17cm)

やはり手はずしすると、焼き色のついた部分が取れるので、きれいに見えますね~
と言いたいところですが、底の部分に水分がたまってしまったのか、くっついていて、無理にはがしたら、
柔らかいこともあってぼろぼろに~(泣)

バターシフォンは、どうも怖くて手はずしができません。
何だか型にぴったりくっついてしまっているように見えるので...
シフォンナイフも持っていませんし、慎重な性格でもないので、ざざっとパンナイフを入れたら、
もっとぼろぼろな姿ですね。










b0108544_5305436.jpg

杏とプルーンのシフォン
こちらも全体に目の詰まった部分がなくて、バターシフォンらしく焼き上がりました。
生地はアールグレーのミルクティー味です。
そこにセミドライのアプリコットとプルーンを刻んで入れるのですが、今回は気持ち大きめに刻んでみました。

シフォンは生地が柔らかくて繊細なので、大きな具が入ると、その周りが大きな穴が開いてしまうと言われます。
5mmほどに刻むことが多いですが、、今回は一部1cmぐらいに...
それでも沈むことがなく、割と散らばってくれました。 よかった~

ドライフルーツはシロップで柔らかく煮てあります。
なのでねっちりとか気になる食感ではありません。
酸味も残っていて、シフォンのよいアクセントになっています。

ミルクティーのシフォン生地そのものが普通のシフォンに比べてしっかりとした甘さなので、
それにシロップ煮の具が加わると、少し甘さが強すぎるかな~という印象も持ちました。
パウンドケーキでも似たような、紅茶生地にプルーンという組み合わせを焼いたことがありますが、
かえってバターケーキのような思い生地の方が、味の強いプルーンという具に違和感がないかもしれません。

シフォンには甘さや食感の強い具は合わない...?
というのは、あくまで私の感想ですけどね。
ダダはにはグレープフルーツシフォンより、こちらのシフォンの方がよかったようです。









b0108544_504613.jpg

グレープフルーツのシフォン
わ~、これは失敗ですね!  
よく焼きあがったシフォンを「お花が咲いたようにきれいに割れて...」と表現されますが、
お花が開きすぎ~ですよね。
今にも下にこぼれそう~と思ってしまったので、この状態でオーブンから出してしまいましたが、
焼きが足りなかったようです。
冷めると結構しぼんでしまいました。
そのしぼんだ部分は目の詰まった感じになってしまって...

でもね、食べてみると、これがおいしい~!
グレープフルーツの酸味がとっても爽やかなのに加えて、食感がじゅわじゅわっとしているのです。
レモンシフォンもしゅわしゅわで似ているのですが、もっと水分が多い感じ、それが「じゅわー」ですね。
例えるのが難しいですが、シフォンというより、美味しくて軽いスフレチーズケーキの食感にも似ている...かな?

多分、水分が多すぎたので開いてしまったのではないかと思うのですが、
そのぎりぎり水分の多さが、独特の食感につながったのでは~と思っています。

グレープフルーツは実をぽろぽろにほぐして、その時に出た水分をともに加えるのですが、
ほぐし難くて、大雑把になってしまったのも良くなかったかと...

実は4人全員、こちらのグレープフルーツシフォンの方がどちらかというと好み~
ということで一致したので、絶対にもう一度、きちんと作り直したいと思っています♪










b0108544_513477.jpg

集合時間に遅れそうになったので、急いでシフォンをざくざくっと切って、詰めて、出かけました。
Iさんのお宅にお友達4人が集まっての、初めての、お菓子会です。

もともとは、Nさんに「シフォンケーキが上手く焼けないので、教えて~」と以前からお願いされていたのですが、
きちんとお菓子教室も通ったことがないし、とても人様になんて教えられない~とお断りし続けていました。
それに不器用なので、作ることに集中しないと失敗しそう。  とてもお話しながら何て作れません~
「じゃあ、私が作るのを見て、どこが変なのかダメ出しして~」
「それならできるかな~ 作るのはNさんね!」と念を押して、一度試してみることにしました。

材料の計り方から、あら~ということがあって、やはりお菓子の作り方って人によって違うものですね~
やはりポイントはメレンゲの立て方、ハンドミキサーの使い方と最後の混ぜ方。
つい手が出て、随分自分でやってしまいました...
そして最後、さあオーブンに入れましょう~という時に、Nさん、シフォン型の真ん中の筒の部分を持とうとしたのには
みんなびっくり!(笑)







b0108544_52736.jpg

お返しに、Nさんお得意の和菓子、生八つ橋を作ってくださいました。
電子レンジを使っての加熱、混ぜるのもスムーズで、べたつく生地もたっぷりのきな粉と砂糖の上に乗せて広げると、
すいすいとくっつかずに作業が出来るのですね。
Nさん、シフォンの時とは別人!(笑)  
和菓子職人のような鮮やかな手つきで、あっという間に50個もの生八つ橋完成~♪

以前にもボランティアで作ったことがありますが、その時はお手ごろなもち粉を使いました。
今回は白玉粉に、きな粉も日本からの高級品、お砂糖もきび砂糖ということで、一層美味しく出来上がりました。









b0108544_531929.jpg

最初にTさんが作ってくださった、オレンジとパンプキンのパウンドもとてもふ~っくら、美味しそうに焼きあがりました!
こちらもバターではなくサラダ油を使ったケーキ、「順番に材料を混ぜるだけ。簡単すぎて申し訳ないぐらい~」
とのことでしたが、驚くほどしっとりとして、サラダ油のせいか、後味が重たくなくて、おいしいケーキでした。
サラダ油を使ったケーキは冷蔵庫で冷やしても硬くならないのもいいですよね。
このケーキは特に、冷たくすると、少しプディングっぽいような食感にもなって、じゅわっとおいしかったです。

このお皿、Iさんが絵付けをなさったのですよ~
写真がぼやけていますが、とっても細かくてカワイイ~!  

一方、Iさんはランチのモダン焼きをささっと作ってくださいました。
モダン焼き、って食べたの初めてかもしれません。大阪では一般的だとか?
お好み焼きの上に、焼きそば、玉子焼きも乗ってボリュームいっぱい、そしておいしい~!
さっそく家でも作って、家族にも大好評でした。









b0108544_531358.jpg

シフォンも無事焼きあがりました!   ほっと一安心~
なかしましほさんのチャイのシフォンのレシピですが、乳製品が苦手なNさん、
豆乳を水に、シナモンやジンジャーなどのスパイスも無しで...ということはチャイではなく紅茶シフォンですね。

うちで作るときには、オーブンのタイマーを眺めに設定しておいて、時間近くになるとちらちら様子を見て、
どこでオーブンから出すのか調整するのですが、
Iさんはきっちり30分で設定してくださり、時間ぴったりで出してしまいました。
見ると、割れ目のところがまだじゅくじゅくとしていて、焼きが足りないような...

とは思ったのですが、また焼いて~とは言えず、そのまま冷ますと、やはり焼き縮みしてしまいました。
それでも空気感のあるふわふわなシフォンが出来て、Nさんも満足気。
味は、私にはチャイでない分、アールグレイの渋みや香りがストレートに強すぎたように感じたのですが、
Nさんにはこの強さがお好みだったそうで、これまた人によって違う物だと参考になりました。







b0108544_5315946.jpg

いつもはキッチンで孤独な作業ですが、こうやってわいわい作るのは楽しいですし、
みなさんの作る様子を拝見するのは、とても参考になりました。

初の試みでしたが、大成功に終わり、さっそく二回目も開催予定!
いまからとっても楽しみです♪  次は何を作りましょう...?


本番に弱い気の弱さ、膨らまなかったらどうしよう~と実は内心どきどきでした!
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2014-05-23 15:08 | お菓子 | Trackback | Comments(8)
稲田多佳子さん「ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピ 基礎ノート」完了♪
b0108544_23232341.jpg



まとめの作業も何とか終わりました~!!

稲田多佳子さんの生活シリーズ5冊目↓


ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピ 基礎ノート

稲田 多佳子 / 主婦と生活社



本に紹介されている41種類のお菓子、全部作って、撮って、食べて...ブログにアップすることができました!
記事にした日付ごとに、リンクと共にお菓子を御紹介しますね~☆
緑の字のお菓子は、私の個人的な感想ですが、特に美味しかった~、また作ってみたい~と特に印象に残ったものです。



11/18/08 チョコとバナナのマフィン

12/9/08 ティーロール  ごま塩クッキー ブラウンシュガーとはちみつのバターケーキ ココアのバターケーキ

12/31/08  レーズンとホワイトチョコレートのドロップクッキー

1/22/09 アーモンドとメープルのロールケーキ 抹茶と栗のロールケーキ ココアといちごのスフレロール あずきクリームロール バタークリームロール きなこと黒糖のロールケーキ 

2/6/09  ミルキー シフォン 抹茶マーブルのシフォンケーキ ココナッツとシナモンのマーブルシフォン ほうじ茶のシフォンケーキ エンジェルシフォンケーキ

4/14/09 紅茶とプルーンのバターケーキ ミックスナッツのクッキー 全粒粉のざっくりクッキー キャラメルマーブルのドロップスコーン キャラメルとレーズンのバターケーキ  

6/2/09  ビクトリアサンドケーキ

7/18/09 ピーナッツのバターケーキ バニラのソフトケーキ

9/3/09  かぼちゃのプリン レモンマフィン 黒ごまマーブルのチーズケーキ

1/27/13  オレンジとチョコレートのバターケーキ クランブルとかけたりんごのケーキ  

2/19/13 コーヒーとナッツのクッキー オレンジピールのクッキー

8/6/13 豆乳のブランマンジェ いちごのスムージー 白ごまプリン ヨーグルトムース かぼちゃクリームロール メープルケーキ バニラのソフトケーキ(2回目)     

4/13/14 レモンとサワークリームのバターケーキ ベリーのホワイトチーズケーキ  コーヒーマーブルのスフレ風チーズケーキ メープルケーキ(2回目) 

5/7/14 ベリーのホワイトチーズケーキ(2回目) バニラのソフトケーキ(3回目) クランブルをかけたりんごのケーキ(2回目)    


以上です☆


初めての登場が2008年の11月...何と、6年前!!(汗)
時間かかり過ぎですが、途中全くこの本から作っていなかった、3年間もありますし、
逆に言えばよく忘れなかったものだと...(笑)

多佳子さんの以前の3冊に比べて、印象の良かったお菓子が少なくなっていることに気がつきました。
ルミさん、津田さんをはじめ、他の方のお菓子もいろいろ作るようになって、
自分なりの美味しいお菓子のハードルが、高くなって来ているのかもしれません。

さて、恒例ベスト3のお菓子の発表!
の前に(引っ張ります・笑)、惜しくもベスト3には入らなかったけれど、入れたいな~と迷ったお菓子たち↓








b0108544_0123921.jpg

オレンジとチョコレートのバターケーキ
オレンジピールとビターチョコの組み合わせがとっても印象深くて、実はもう一度作ったのですが、
型の処理を不精して、PAMをスプレーしただけにしたら、見事、型にくっついて、崩壊しました~★(笑)

そして、最初の時には、日本で買った(でもフランス産の)オレンジコンフィを使って、それが大変においしかったものです。
アメリカでやっと見つけたオレンジピールは、あまり美味しくなくて...
ケーキの印象もかなり違いました。

オレンジピール、手作りしたい~と思いながら、何年か前に一度作っただけ...
今年こそ、がんばりたいものですね~







b0108544_21495181.jpg

メープルケーキ
メープルシロップとメープルシュガーのダブル使い。
とってもメープルの香りがよくて、焼いている最中から幸せ気分になるケーキです。
こういう具の入らないシンプルなケーキは、タコも大好きで何度か作っています。

おうち用にはとてもよいのですが、メープルシュガーはお値段がかわいくありません(笑)
その割りに見た目がちょっと地味で、おもてなし用にはインパクトがあまりないかな~と思ってしまいます。








b0108544_1461774.jpg

いちごのスムージー
本の中で、実はうちにとって一番影響力のあったのが、このスムージーです☆

というのも、それまではうちにミキサーというものがなかったので、スムージーを家で作ったことはありあませんでした。
今でこそ、日本でもスムージーは一般的になってきているようですが、2008年にはそれほど知られてもいなかったのでは?

アメリカでは当時すでに専門店もありましたが、自分で作った方が、甘さも調節できるし、シンプルで美味しい!
多佳子さんのスムージーは凍らせた苺、牛乳、はちみつだけの材料ですが、水は全く使っていなくて、
ストロベリーシェイクにも似ています。

夏には毎日のように作りました。
果物をいろいろ変えて、組み合わせを試すのも楽しい~
タコはバナナ、イチゴ、牛乳、ヨーグルト、が一番のお気に入りです。

あまりにも簡単なので、ベスト3には入れませんでしたが、リピート率ではダントツの一位です!

今度こそ、ベスト3~☆
全て先日作っていますので、説明は簡単に...






b0108544_2234296.jpg

3位 バニラのソフトケーキ
食べていただいたみなさんの反応が、とてもよいお菓子でした。
とてもきめ細やかで、軽い食感に優しい味わい。
こういう感じのお菓子、初めてかもしれません。
見た目も味わいも、とてもユニーク!






b0108544_0133553.jpg

2位 クランブルをかけたりんごのケーキ
見た目はさりげないけど、食べると美味しいな~としみじみ感じるお菓子です。
サクサククランブル、ヨーグルトを使ったしっとり生地、生で入れる爽やかなリンゴ...
この組み合わせがたまりません~

この前のように、大きく薄く焼くよりも、小さく厚みもある方がこのケーキには合っていますね♪






b0108544_12552550.jpg

1位 ベリーのホワイトチーズケーキ
おいしいのはもちろんですが、作るのは簡単なのに、ちょっと手間かかっている~?
と思っていただけるところ。
見た目もよくて、よそ行きのお菓子にもなるかな~というところで1位に決めました☆


多佳子さん、たくさんの作りやすい素敵なお菓子を作り出してくださって、ありがとうございます!


関連記事:
ココットチーズケーキ★たかこ本①完了~
アーモンド粉のケーキ★たかこ本②完了!
ゆずのケーキ ★たかこ本③完了!


4冊目完了!の記事も待ってます~と思ってくださる方はどうぞ、
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2014-05-18 22:56 | お菓子 | Trackback | Comments(16)
Le Ouisie's Table, la Mistral ~ヒューストンのフレンチ、イタリアン(2)
b0108544_23152788.jpg

この春に出かけたママ友ランチより、お洒落なレストランを2件。
全てi-phoneで撮った写真なので、写りがあまりよくありませんが、
美味しかったお料理と、素敵な雰囲気が少しでも伝わりますように~☆


Ouisie's Table
ヒューストンで一番大きなショッピング・モール、The Galleriaを中心にした、商業地域、ギャレリア地区にあります。
近くには高級住宅地も広がり、ヒューストンでは一番都会なショッピングエリアかもしれません。
このレストランへの駐車も、全てがValet Parkingでした。
性格に形容すると、こちらのレストランは「フランス料理」ではなく、「モダンなアメリカ南部料理」らしいのです。

シーフードのメニューが充実しているのでここを選んだのに、「今日のお勧め」の説明を聞いたら、<quailうずら>ですって!
日頃、「あまり肉類は好まない~」と言っていますが、おいしいすき焼きとかしゃぶしゃぶとか、
料理法によっては好きな場合もありますし、うずらの締まった食感と味のあるところが結構好きです。

説明では「タプナードとフレッシュ・モッツアレラの温サラダ、うずらのグリル添え」と聞こえたので、
うずらは添え物程度かと思っていたら...丸ごと一羽~!!(笑)
見た目にもインパクトのある、ボリュームいっぱいのお料理でした。

鶉はシンプルな味付け。 
イエロートマトもソテーすることで甘くなり、とろりとしたモッツアレラと、
オリーブ、ピメント、ケッパーの酸味が効いたタプナードと一緒にいただくと、複雑な味わいになります。
鶉が乗っているミックスグリーンは冷たいサラダなので、温かい部分との対比が楽しい~









b0108544_21451128.jpg

こちらでは、パンではなくて、この三種類のミニマフィンが最初に出て来ます。
シンプルなコーンブレッド、シナモンなどスパイスの効いた少し甘めのもの、チャイブとチーズ。

お友達Tさんはお肉好き。 やはりこの日のお勧めミートローフにしましたが、わらじのような大きさ!(笑)
大量のマッシュドポテトもあって、完食は無理...

それでも、デザートは欲しくなります。
こちらもみんなボリュームありますね~ 
どれにしようか迷った結果...









b0108544_21454163.jpg

Tres Leches Cakeにしました。
私はアメリカに来て初めて、メキシカン・レストラン知ったのですが、日本でもあるのでしょうか?

Tresはスペイン語で3、Lechesは牛乳を意味します。
つまり3つの乳製品をつかったケーキ。 コンデンスミルク、エバミルク、生クリームでしょうか?
普通のスポンジケーキに、その三種類が混ざったような液体がたっぷりしみこませてあります。
サバランのようにしっとり~と言うかぐじゅぐじゅしているのです。
甘いですが、ミルキーな味で結構おいしいですよ。

シンプルな味で、しかもこちらも結構な大きさなので、半分で十分。 Tさんとシェアして正解でした。
ウェイターさん、言わなくても、目の前できちんと二つに切り分けてサーブしてくださいました。
紅茶も、減ったのをこちらが気が付く前に、ささっと継ぎ足してくれて、それも3回も...

アメリカは根強くチップ制度が残っているので、必要以上に何度も「味はどう?」、「何か御用は?」と聞きに来られたり、
料理が残っていても、さっさとお皿を片付けようとされたりすることがよくあるのですが、
こちらではスマートなサービスも気分よく、お話も弾んでつい長居をしてしまいました。
帰り際、夜にはパーティーでもあるのでしょうか、最後の私達が席を立つと、テーブルを移動していました。
お邪魔だったことでしょう。 いつまでもすみません~(笑)










b0108544_2305295.jpg

Le Mistral
先ほどのギャレリア地区よりはうちに近く、補習校のあるメモリアル地区の西の外れにあることもあり、
日本人ママランチの御用達レストラン...との噂がないでもないお店(笑)
私も今年になってからだけでも、2回行きました。

スープまたはサラダ、メイン、デザートも付いて、$20というお得なビジネス・ランチのコースもあります。
そのコース、私はサラダ、お友達二人はマッシュルームのスープ、トマトクリームスープ。
ミストラルの「M」の字がクリームで、ちょっとお洒落~?
メインは一種類だけで選べないのですが、この日はサーモンとほうれん草のパイ包み。
私には当たり~!でした。










b0108544_2311398.jpg

デザートはチョコレートムース。 小さく見えますが底が深くて、結構たっぷり~

別の日のメインは骨付きポークチョップであまり嬉しくなかったのですが、一人だけ違う物を頼むのも気が引けて...
でもお肉はとても柔らかく、たっぷりのポレンタがクリーミィーで好みでした、。
デザートはチョコレートソースの海に泳ぐスワン・シュー。
思わず、「かわいい~!」の声が上がりました(笑)









b0108544_23162092.jpg

D'Amicos's Italian Cafe
こちらはカジュアルなイタリアン・レストラン。
うちから車で5分ととっても近くてちょっとお洒落なモールに、新しく出来たお店です。
同じ学校区のママさんとの情報交換ランチに利用してみました。

ランチには小さなサイズですがサラダも付いて$10以下という、かなりお得なライト・ランチもあります。
私はCrawfishザリガニのラビオリにしました。
もっちりとしたラビオリのパスタの部分はおいしかったですが、クリーミィーなトマトソースは
塩気が強いけど、味に深みがなくて、いまひとつな印象...

ボリュームがあるように見えますが、ラビオリは3個とそれほどでもありません。









b0108544_23165619.jpg

お隣の方、ミートボールは大きいですが一個しか入っていませんでした。
味のほうの印象は薄いですが、新しいお店の明るい雰囲気はよいので、近いことですし、また利用してみたいと思っています。






☆  ☆  ☆  ☆  ☆


この週末もばたばたしていました。
土日はまた野球のトーナメントが予定されていたのですが、金曜日の夜、突然の大雨で中止。
となると補習校に行けるので、考えていなかったお弁当を作らなくては~ということで、
おかずの準備も何もしていなかったので慌てました。

そして、土曜日にはアラバマからお友達が染色のワークショップでヒューストンに来ることになっていて、
でも日帰りなので、会うのは無理かな~と思っていたけど、野球がないなら少しでも~と思って連絡を取ったものの、
夕方まで缶詰ということで、あら~残念。
それではタコの補習校が終って、放課後のソフトボールの練習の間、コスコ、韓国スーパーでお買い物。
さあ、次はピアノのレッスン、と野球がなくても盛りだくさんの土曜日なのですが、そこに突然の電話。
「帰りのフライトが、アラバマの天候不順でキャンセルになったの~」とお友達から。

さあ大変! 
土曜出勤していたダダに電話をして、
「早く家に帰って、できるだけ片付けて、ゲストルームをセットアップして~!」とお願い。
私はちょっと遠い空港までお迎えに行って、帰りは、お客さま用の夜ごはんの用意はなかったので、
そこは楽をして、ベトナムレストランでささっと外食。
家に到着するとすでに9時過ぎでしたが、一年ぶりの再会で話も弾んで楽しい夜でした。

野球も中止で、日曜はすっかりのんびり気分だったのですが、ダダから、
「日曜だけでも試合やるって~」と聞いてまたあたふた。
朝10時からの試合なので、お友達を朝早く空港に送って何とか間に合って、一試合目は勝ってよかった~

しかし、2試合目の前、強風ですごい砂埃、タコのコンタクトにも砂が入って...
しまった! いつも予備のコンタクトと眼鏡は持つようにしているのですが、朝、気がお友達の方にいってしまい、
つい忘れてしまいました。 だめですね~
家まで片道30分はかかるのですが、ダダに取りに戻ってもらい、試合途中でしたが、それまで何とかもたせることができました。
30度を超える暑い日、強い陽射しを浴びるだけでも疲れますね~昨日の月曜日はぐったり~でした。

反省: いつお客様がいらしてもよいように、家の中は常に片付けて(わかってはいるけど、なかなかね~)
     野球の準備(持ち物が多い!)はダブル・チェックで!










b0108544_2214960.jpg

その日曜日の試合、相手チームのユニフォームがピンク! 
ヘルメットは赤でしたし、珍しい色の組み合わせ~と思ってたところ、他にもピンクのユニフォームのチームがいました。











b0108544_22193221.jpg

応援するママさんにもピンクのTシャツがちらほら...










b0108544_22242974.jpg

4チームぐらい見たので、「この辺りでは、ピンクのユニフォームが流行ってるの?」と聞くと、
「え~、母の日だからじゃないの~」、とあっさり。
ま~~ったく思いもつかなかったので愕然としてしまいました。
そうでした、母の日だったのですね~!

それにしても、たった一日のために、チームみんなでユニフォームを作ってしまうなんて!
「お金持ちのチームは、そういうことあるでしょう。」
そうなのですね~ <派手好き>と言われるテキサスらしい一面を見たような気がします。
日曜日は雨で試合が中止にならなくて、せっかくのピンクのユニフォームも披露できて、よかったですね~











b0108544_22244995.jpg

こちらも派手な、カキ氷を売る車。 自分で好きなシロップをかけるのですね。

土地もたくさんありますから、どこの野球場も大きくて、7歳から大人用まで年齢によって広さも違うので、
いろいろの大きさのフィールドが、ここは12個並んでいました。
タコもついに、一番大きなフィールドで試合するようになったのですね~ 早いものです。

あと3つのトーナメントを残すのみとなりました。
何とか雨にたたられず、全て開催されることを祈っています。
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2014-05-11 05:11 | 美味しいもの | Trackback | Comments(2)
多佳子さんのベリーホワイトチーズケーキ、バニラのソフトケーキ
b0108544_22484511.jpg

ゴールデンウィークでのんびりして、更新も遅くなってしまいました...
なんて、アメリカではGW、関係ありませんでしたね(笑)

手芸部、4月のお菓子。 この日はジャパン・フェスティバルの準備も最後だったので、少し気合を入れました。
肝心のイベントには当日タコの用事でお手伝いに行けない予定でしたので、その分の申し訳ありません~の気持ちも込めて。
ちなみに、去年の様子はこちら→ 

そしてもう一つ、「稲田多佳子さんの生活シリーズ5冊目に載っているお菓子の中のベスト3を選ぶ」
という目的もありました。
何とか7年がかり(笑)で全てのお菓子を作ることができたので、1~3冊目同様まとめたいと思っています。
本には作るたびに、あれこれ感想や注意点を書き込んでいるので、それを参考に、ベスト3候補を3品作ってみました。









b0108544_12552550.jpg

ベリーのホワイトチーズケーキ
作ったのは比較的最近で印象も強いのですが、見た目も華やかでパーティー向きですし、簡単なのに美味しくて、
これはみなさまにも食べて頂かなくては~ということで。

材料2倍量にして、大きく作りました。
上に載せたフルーツ、今回は中に入れた冷凍ミックスベリーとは違って、イチゴとミント。
やはりフレッシュなフルーツの方が見た感じもよいですね。

でも中には冷凍のラズベリーやブラックベリー、ブルーベリーの方が、焼くと生地に馴染んでジャムのように
(そこまで溶けないけど)とろんと柔らかくて、美味しいと思います。









b0108544_1255473.jpg

チーズケーキの焼き上がり、ホイップクリームでおめかしする前はこんな感じ。
素朴な表情ですが、こちらも赤いドットがぽわ~っと、可愛くもあります。









b0108544_12564368.jpg

きちんと味を確かめたくて、小さい容器にも取り分けて作りました。
みなさんにも大好評でしたが、後でゆっくり一人で食べても美味しい~

湯煎焼きのしっとりとしたチーズ生地、それに馴染んだベリーの甘酸っぱさ、
そしてとろんと滑らかなクリーム...よい組み合わせですね~♪


b0108544_22481335.jpg

バニラのソフトケーキ
こちらもとても好評でした。
まず、見た目がきれいですよね。 クリーム色が優しくて、きめが細かくて、軽さも表れています。

パウンドともスポンジともシフォンとも違う、独特な食感のおもしろいケーキです。
ほんとに軽い食感で柔らかいのですが、シフォンのような弾力はなく、ほわっ、さくっとしています。
少し入っているコーンスターチの影響でしょうか。

卵別立て、作り方はシフォンケーキに似ていますが、サラダ油ではなく、溶かしバター。
少しのレモン汁に、何と言ってもたっぷり使ったバニラビーンズの甘い香りが最高です。
冷蔵庫で冷やしてもおいしく、これからの暑い季節にもぴったりのケーキです♪









b0108544_2226594.jpg

クランブルをかけたりんごのケーキ
前に作った時は、10cmセンチと小さく4個に作りましたが、今回は21cmと大きく一個に。
大きいと可愛さは半減してしまうでしょうか?

クランブルだからいいかな~と皮付きのアーモンドパウダーを使ったので、
少しワイルドな見た目になってしまったかもしれませんね。








b0108544_22354275.jpg

断面に、たまたまリンゴが見えなかった~★
厚さも、もう少し欲しかったでしょうか? ヨーグルトも入った、ふんわり軽くてしっとりとおいしい生地です。
リンゴは生のまま一個分、こんなに入れてもいいの~と思うほど生地に差し込むように並べるのですが、
食べてみると、もっと入ってもよかったという印象です。

しゃりっとしたリンゴも甘すぎず美味しくて、こちらもバター生地、クランブルと3つの組み合わせがとてもよいのです。 
見た目は地味かもしれませんが、こういうケーキ、私は好きですね~♪









b0108544_22265530.jpg

多佳子さんのお菓子をもっと作ってもよかったのですが、同じような味わいばかりよりも...
と、雰囲気の違うなかしましほさんのお菓子も作りました。

月餅、酒かすクラッカー
酒かすクラッカー、このひとひねりした形が気に入りました!
ちょっとかわいいですし、食べやすいのです。
それに、立体感があることで、焼きむらも出来にくく、薄いのに焦げ過ぎず、ぱりっとよい感じに焼きあがります。
見た目、白っぽくて、焼きが足りなさそうに見えるかもしれませんが、ぱりぱりきちんと焼けているのですよ~

そして、いつものように、「これには何が入っているでしょう?」とみなさんにクイズしてしまうのですが。
みなさん揃って、「チーズでしょう!」とのお答え(笑)

本当に、チーズにしか思えない味なのです。 面白いですね~
同じ発酵食品だから同じような風味を感じるのかもしれませんね。
塩味の効いた甘くないクラッカー、甘い物が続くと、口休めについ一つ、つまんでしまいます。










b0108544_22273168.jpg

月餅ですよ~とはあえて言わなかったのですが、見た目は少しそれらしくないかな~と思ったにもかかわらず、
食べるとすくに、「これって月餅~?」と当てていただきました。

中の粒餡に黒練り胡麻を混ぜてあるのですが、その胡麻の風味が月餅なのですね!
それに、くるみ、松の実、プルーンも刻んで混ぜてあります。
かりっと香ばしかったり、ねちっと酸味があったり、その食感も風味の違いも楽しいのです。

卵の入った生地はとてもべたべたしてるのにのびが悪くて、本当に包みにくい生地でした。
ひび割れてしまったところもあったので、これは失敗かな~と心配したのですが、
焼いても中のあんは、全く染み出したりしないので、大丈夫でした☆









b0108544_22391323.jpg

今回は5種類、どれも違うタイプのお菓子で、組み合わせもなかなかよかったかな~と自分では思っています。
たくさん食べていただいて、嬉しかったです。  ありがとうございました☆



これで週一で集まっていた手芸部(お菓子他にも載せていない回があります...順にアップしますね~)も、
いつもの月一回に戻って少し余裕が...と思ったのもつかの間、学年末が近づき、慌しくなって来ました。

こちらでは現地校、6月の始めに学校が終って夏休みに入るので、5月は学年末ということになります。
早いものでタコもハイスクール最初の年(9年生)も終わってしまうのですね~
今週はSTARといってテキサス州共通学力テストと、APテスト(大学レベルのテスト?)が同じ週に重なってしまったのに加えて、
放課後は6時まで、秋からのマーチングバンドの備えて、今の8年生の体験練習を兼ねてのスプリング・キャンプ。
夜は野球の練習もあって、タコには大忙しの週となっています。
また週末は野球トーナメントが控えていますし...

一方、補習校の方は日本と同じで4月から新年度が始まっています。 こちらではまだ中学三年生。
日本にいたとしても、高校受験を控えて、大変になってくる時期でしょうか。
アメリカの高校生って映画やTVドラマで見ると、車を乗り回して、パーティーとか遊んでばかりいるようなイメージ
もありましたが、実際はかなり違いますよ~

いや、そういう華やかな子ども達もいるのかもしれませんが、残念ながらタコの周りにはそんな雰囲気は全くなく...
せっかく学校でバンドのパーティーがあっても、「面倒だし、友達誰も行かないって~」と参加せず。
きっと地味同士でつるんでいるのでしょう~(笑)

まあそれでも、気の合う友達もいて学校は楽しいらしく、この一年、大きな心配事は何も無かったのはありがたい事です。
あとひとがんばりして、楽しい夏休みを迎えて欲しいものです☆



先週はプロジェクトの締め切りのために、夜中の3時までかかっていたことも。
何となく付き合って起きていたのですが、タコが学校に行くと、ついうとうと...
タコには「学校で寝ないようにね~」なんて送り出したのに、だめですね~(笑)
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2014-05-07 04:04 | お菓子 | Trackback | Comments(8)