<   2014年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
【クロスステッチ】 Chinese Tower 完成♪ コスコのピスタチオチョコ
b0108544_1452248.jpg

久しぶりに再開したクロスステッチ、新しい作品が何とか完成しました♪

EVA ROSENSTAND というデンマークのメーカーの The Chinese Tower というタイトルの作品です。
25cm四方とこの前の作品よりは小ぶりですね。

前回の作品はほとんど出来かけていたものを仕上げただけでしたが、今回のは何もない生地に初めから...









b0108544_4551542.jpg

何も考えずに、左上の葉っぱのところから刺し始めましたが、あれ?、何だかやりにくい~

そうでした、クロスステッチは下から上へと刺していくものだったのですね~(笑)
10年ぶりなので、そんな初歩の初歩なことまで忘れていました。

おまけに、ぼんやりとして、手元がよく見えない~!
子供の頃は視力がよくて、どちらかというと遠視気味。
ずっと眼鏡要らずなことはありがたかったのですが、その分、老眼が早く進んでしまったようです(悲)









b0108544_1331222.jpg

遠くは見えても、近くがぼやける~  特に夜になるとひどくなります。
それもあって、ステッチなんてもう無理かしら~と諦めかけていたのですが、
ふと、スーパーに売っていた老眼鏡を試してみると...
これがウソのようにはっきり見えるではありませんか!

掛け慣れない眼鏡は億劫ですけど、やはり見えるって嬉しいですね♪









b0108544_1221175.jpg

リネンのしゃきっとした風合いも好きです。
最初の頃は、二目ごとに一刺しするのですが、それを間違えて一目にしてしまったりの間違えもあり、
時間もかかって、面倒に思えていました。

それでも終る頃には、その感覚もつかめてきたでしょうか。
刺すのも楽しくなってきて、思ったよりも早く終わることができました。
アップは遅くなりましたが、5月には完成していたのですよ♪


こちらのキットを買ったのは10年前、カタログを見ていて、デンマークなのにアジアを感じるデザインが面白い~
と選びました。

五重の塔ならぬ、四重の塔? 
でも、赤い色や、反り返った屋根の形は日本というより、やはり中国的ですね。
中国にこんな建物があるのかしら~知らないけど...と思って検索してみると、
この建物があるのは、何と、デンマークでした!

といっても、本物の塔ではなく、コペンハーゲンのチボリ公園という遊園地にあるのです。








b0108544_1241525.jpg

(お写真は拝借致しました)

おぉ~そっくり!!
でも、赤くないわよ~  と思われるでしょうか?








b0108544_1244091.jpg

わぁ~ 夜になると、赤くライトアップされるのですね~
チボリ公園ではレストランとなっているそうです。








b0108544_1461594.jpg

水際に並ぶパラソルや、池に浮かぶボートにも、雰囲気が出ていますね。










b0108544_152090.jpg

次にとりかかっているステッチも、EVAさんの同じシリーズです。
下の部分は緑豊かな木々を表しているようですが、
ここからまたにょっきりと、おもしろい物が現われますよ~(笑)

どんなデザインでしょうか...完成をお楽しみに♪










b0108544_1524729.jpg

お菓子はあまり買いません(アメリカの市販のお菓子ってあまり期待できないので)が、
そんな中でも今年一番のヒット!!

黒地に金のパッケージに、どこか高級感を感じるような...
実はコスコで売っているのですよ~









b0108544_1533616.jpg

ピスタチオのミルクチョコレートがけ、なのですが、ところどころに粗塩も入っていて、
甘い味に塩味も効いて、また回りのミルクチョコが美味しいのです。

アーモンドチョコやピーナッツチョコはありますが、ピスタチオというのは初めて食べました。
本当によくチョコに合いますね~ 固すぎない食感も好みなのかもしれません。
病み付きになるおいしさ!
というのもオーバーですが、回りのお友達にもお勧めして、みなさまにもすこぶる好評です。
日本のコストコでも売っているのでしょうか...?










b0108544_8105435.jpg

同じくコスコで初めて買ってみた物。
オーガニックシュガーはいつも買う、うちでは定番品ですが、Raw Cane Sugarは日本のきび砂糖と似ている、
と聞いて買ってみました。

色は濃くてブラウンシュガーのようですが、それよりもクセの無い味で、なるほど、きび砂糖に似ていますね。
日系スーパーで日本のきび砂糖(もっと色が薄いですよね)は売っていますが、お値段も日本の倍ほどします。
なかしましほさんのお菓子に欠かせないきび砂糖、こちらのCane Sugarならざぶざぶと使えそうです。

そして真ん中のはアーモンドパウダー(フラワー)ですよ!
コスコで売っているのを初めて見ました。
ホールフーズのもトレジョーのも粒が粗くて、いまひとつでした。
こちらには”スーパーファイン”と書いてありますからね~
細かいのでしょうか~期待しています!

とは言ってもまだ開けていないのです。
3パウンド、約1.2キロもありますからね。
アーモンドパウダーは酸化しやすいと聞いたので、一度開けたら冷凍庫で保管しています。
夏ですからね、冷凍庫もぎゅうぎゅう、余裕がありません~










b0108544_8112074.jpg

それに、この前、キングアーサーで注文したばかりでした。
アメリカでベーキング製品といえば、このメーカーさんです。
アーモンドミールも細かいので、いつもこちらのを使っています。

パン用のドライミルクも定番。
今回はその他に初めて注文したのが、ココナッツミルクパウダー、カレボーのホワイトチョコ、
ピスタチオペーストとヘーゼルナッツのプラリネ。









b0108544_8113731.jpg

コスコに戻って、こちらも初めて買ってみた品々です。

一番のヒットは枕~(笑)
今まで羽毛のふにゃふにゃ~と柔らかい枕を使っていたのですが、
朝起きて、寝違えたように肩や首が痛いことがしばしば...
期待はしなかったのですが、ちょっと買ってみたら、何だか調子がよいようです。
出っ張りの部分が首に収まって、しっかり支えてくれているのかもしれません。

それから、キヌア&ケール。 サラダではなく、温かくしていただきます。 
オリーブ油で炒めたようなあっさりとした味付け。
そのままでも、スープの具にしても、キヌアのぷちぷちとした食感もおいしさの一つです。
オーガニックなのも嬉しいですね。

コスコでもオーガニック製品が増えている気がします。
苺やラズベリー、そしてオーガニックのバナナもありました。

リップグロスは使い易い感じの、中間色が4色で惹かれました。
資生堂や、SK-Ⅱのクリームも売っていましたよ。


倉庫のようにだだっ広いコスコ。 歩き回るだけで、よい運動になるかも~
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2014-07-18 16:42 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(8)
ルミさんの抹茶スフレロール、ヴィエノワ、ミックスベリーマフィン
b0108544_07463404.jpg

抹茶の緑が鮮やかに出てくれて嬉しい~♪
小嶋ルミさん、「知りたがりの、お菓子レシピ」からのお菓子です。

スフレロールケーキ・抹茶&小豆
スフレロール、ですよ~ スフレ!
ロールケーキはたびたび作りますが、バターと粉を火にかけて練る、本格的なスフレ生地を作ったことは数回しかありません。
私にとってはハードルの高いスフレ生地。
今回も、無事に膨らむのか、そして、冷めたらしぼんでしまうのではないかと、最後までドキドキでした。

なので、結構厚みのあるちゃんとしたロールケーキになってくれて、いつもよりも嬉しいのです。
半分に切って、ミニロールにするには厚過ぎたようで、クリームがはみだしてしまっても、
そのくらいのマイナスは、自分では気にならないほど、スフレ生地だけで満足してしまっています。

キメも細かく密で、柔らかいけれど、ふわふわしすぎず、しっとりとしてスフレ独特の美味しさです。
抹茶とゆで小豆入りクリームの相性はもちろんのこと、最高ですし...
とは言っても、小さい端っこのを一つつまんだだけで、よく味わってはいないのですけどね(笑)

そうです、今回もポットラックランチのために作りました。










b0108544_80597.jpg

日本に帰国される方の送別ポットラックランチ。
10数名といつもよりも多めの参加者で、しかもぽっとラックをご一緒するのは初めての方がほとんど。
みなさんに行き渡るようにと、小さいミニロールにしました。
エビと鮭のちらし寿司と共に好評のようで、ほっとしました。











b0108544_802278.jpg

参加者も多いので、並んだ料理もたくさん!
シュリンプ・カクテル、ローストビーフのたたき風、ワカモレ風アボカドサラダ、スモークサーモンのマリネ、
肉みそのレタス包み、チキンの黒酢煮、豚の角煮、パスタサラダ、チキンサラダ&クラッカー、オニオンサラダ。

今回も楽しいお喋りとたくさんのお料理、御馳走様でした♪











b0108544_813338.jpg

ヴィエノワ
ルミさんの同じ本から、こちらのクッキーも作りました。
こういうプレーンなお菓子はタコの好みでしょう、と察して家用に。
読みは当たって、結構大きなクッキーが20数枚できたのですが、
焼き上がりが夜だったので、写真は翌日に撮ろうとしたら、一日で半分になっていました。

ヴィエノワとは、「ウィーン風」という意味だそうです。
どのあたりがウィーン風なのかは書いてありませんでしたが。
そう言えば、ウィーンは英語ではヴィエナのように発音しますね。

ではウィンナーソーセージはヴィエナソーセージになるのでしょうか...?
う~ん、そう言えば、アメリカでは何でもソーセージと言ってるような気がします。
ウィンナーって聞いたことがないような...
話がクッキーと関係なくなってしまいました(笑)











b0108544_8203172.jpg

バニラの粒々が見えるでしょうか?
それほどきつすぎないバニラの香りも美味しさの一つです。

発酵バターをふわふわにホイップ、さらに、卵白も入って軽い生地です。
ほわほわの生地なので、絞り出すのも、クリームと同じような感覚で、なかなか私にしてはよく出来ました。
本物はもう少し斜めのくねくねですけど、まあ、その程度ならおまけしてください(笑)

焼きあがり、持っても軽いし、食感も軽~い♪  
サクサク~ だけど、軽いだけではなく、発酵バターの風味もしっかり、爽やかな美味しさ!
どなたにも喜ばれるクッキーだと思います。










b0108544_8135885.jpg

ミックスベリーとチョコレートのマフィン
りんごのマフィン
ルミさんの、こちらは「ケーキレッスン」の本より。

もちろん、4個しか作らなかったわけではありませんよ。
うちの家族はマフィンは焼きたての、あつあつほあほあなところを食べるのを楽しみにしているので、
ゆっくり写真を撮る余裕もなく...気が付けば残り4つとなっていました。










b0108544_8142483.jpg

オーブンから出したてのところは、何とか撮りました。
クランブルが派手に散らばっていますね~(笑)

全部で12個。
ミックスベリー6個、リンゴ3個、リンゴが足りなかったので、残り3個にはキャラメルチョコチップを乗せました。

ルミさんのマフィンは、ブラウンシュガーや牛乳をたっぷり使っているところ、
クランブルやフルーツを使った、ボリュームのあるところも、ARIさんのマフィンとよく似ていると思います。










b0108544_8144379.jpg

ふんわり柔らかいけど弾力のある生地、この食感が好きです。
ブラウンシュガーならではのコクもありますが、ミックスベリー、特にラズベリーの酸味とよく合って、
くどさを感じません。
クランブルのさくさくもよいアクセントになっています。
チョコチップも入っているのですが、一個あたり7グラムとほんの少し。
食べても気づかないような、でも何となく、酸味ばかりではなく、チョコの風味もするような...
そんな隠し味程度の、控えめなところも憎い!...でしょうか。

リンゴは大きめに切ってあって、こちらは生のりんごに少し火が入ったそのしゃりっとしたところがまた美味しい~
こちらにはシナモンのクランブル。 
しゃきっとりんごの風味を引き立てます。



☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆


7月には少し時間に余裕ができるかな~、とこの前の記事の時には思っていましたが、
6月末の春夏シーズンを〆る大きなトーナメントで終るはずだったタコの野球、
7月にも活動する違うチームに誘われて、土曜日は補習校もお休みだし~、夏休みだし~
と野球好きなダダは、ほいほいと参加することにしてしまったのです。

夏休みとはいっても、タコは平日、毎日サマースクール。 
やはり大学レベルの授業は、難しい~というより、世界史なので内容が深くて、量も多いことが大変だそうです。
もちろん、高校のクレジットになるので、成績も気にしなくてはならないし。
毎日小テストに宿題、前期、後期の試験もあります。
それだけでいっぱいいっぱいなようで、補習校の膨大な宿題もほとんど手付かず...

夜は野球の練習、これがまた長い。
そして土日は先週も今週もトーナメント、それもガルベストンという、海に面したこちらでは人気の観光地なのですが、
少し遠いところなので、1泊で...

のんびりとした夏休みは、いつやってくるのでしょうか...?
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2014-07-10 23:57 | お菓子 | Trackback | Comments(5)
なかしましほさんの酒かすカステラ、抹茶ぐるぐるクッキー
b0108544_20531062.jpg

三週間もご無沙汰してしまいました。
少し前のことになり、細かいことを忘れてしまいそうになりますが、手芸部のお菓子、この日は5種類作りました。

津田さん、なかしましほさん、多田さんと三人の方のお菓子ということもあり、
見た目にも統一感がなかったでしょうか。
いろいろと食感も味も違ったお菓子を、楽しんでいただけたかな~と思っています。








b0108544_2121524.jpg

ラムレーズンのフロール
フロールといえば、津田陽子さんの「ふんわりロールケーキ」ですね。
たっぷりのラム酒に漬け込んだレーズンをみじん切りにしてクリームに混ぜ込んであります。

フロールのクリームはいつものホワイトチョコのガナッシュクリーム。
ラムレーズンとの相性がとても良いと感じました。
普通のホイップクリームよりも、しっかりとした味わいでまったりとしたのガナッシュの方が、ラムレーズンに負けません。

ラムレーズンのクリームというと、レーズンウイッチを思い出しますが、クッキーで挟むより、
ロールケーキの方がやはり御馳走感があるでしょうか。
見た目はちょっと地味かもしれませんが、本当に美味しいですよ。
作る前はそれほど期待しなかったのですが(笑)、予想以上のお気に入り度の高いお菓子になりました。








b0108544_2113838.jpg

生地は少し深みのある色になっていますが、それはメープルシュガーを半分使っているからです。
その風味も一層美味しくしているようです。
アメリカのオーブンは大きいせいか、いつも焼き色がつきにくいのですが、
この生地はメープルシュガー効果か、つるっとよい感じに焼き色もついたので、外巻きにしてみました。

いつもより生地が薄めに見えるかもしれませんね。
今回は本に忠実に、ハンドミキサーではなく、手で卵白を立ててみました。
本で紹介されているのとそっくりな、マトファーの大きなホイッパーをウィリアムズ・ソノマで見つけて買ったので、
嬉しくて、ちょっとがんばってみました。

腕の運動にもなったし、思ったよりは大変でもなかった...という印象ですが、やはり時間はかかりますね。
出来上がったメレンゲや焼きあがった生地に、素人の私にはそれほど違いを感じなかったので、
ハンドミキサーの方が手っ取り早くていいかな~と思ってしまいます。








b0108544_21145693.jpg

抹茶のぐるぐるクッキー
チャイクッキー

なかしましほさんのお菓子は、ちょっと地味かな~と思わせる表情のことが多く、
こういう集まりに持って行くのはどうかしら~?、とうち用に作ってしまうことが多いのですが、
こちらは見た目にもインパクトがありますよね。

抹茶の方は、焼いて色がくすんでしまいましたが、焼く前はとっても鮮やかな緑でした。
ぐるぐる渦巻きのクッキーを作るのは初めてでしたが、何とか模様になってくれて、ほっとしました。
結構作るのも楽しい~

それに比べて、チャイクッキーの方は苦戦しました(笑)
回りのプレーン生地の厚さが均一でなかった(後でわかったのですが)ので、
チャイ生地が、きちんと真ん中に収まってくれていませんね~
菜種油使用の生地、とても柔らかくてまとめるだけでも大変だったのです。

でも食べた感じ、私はチャイクッキーの方が好みでした。
チャイといっても、紅茶、シナモン、しょうが汁、豆乳だけなのですが、しっかりとした風味があって、おいしい~
抹茶のほうもしっかり抹茶の味は感じますが、こちらは甘い抹茶というだけで、やはりバターの風味が欲しくなりました。

でもざっくりとした、少しパイのような食感もよくて、菜種油ならではのあっさりとしたおいしさのしほさんのクッキー、
バタークッキーとは違った美味しさがいいですね♪










b0108544_21151194.jpg

酒かすカステラ
もう一つ、なかしましほさんのお菓子です。
カステラとは言っても、作り方はシフォンと似ているので、冷めると真ん中が凹んでしまいますね。
焼いている間はパンパンに膨らんだのに~

しほさんのカステラはプレーンやコーヒーなども作ったことがあって、
その時にはこれほど焼きしぼみがなかったのですが、お湯に溶かした酒粕が結構多くて、
水分多めの生地だったせいでしょうか・・・







b0108544_2120419.jpg

でも端を切り落としてしまえば、キューブ形のカステラに見えてきます。
しほさんのシフォンとカステラの違いは、薄力粉と強力粉、そしてカステラの場合はメレンゲを混ぜた後に
粉を混ぜること、の二点でしょうか。
ふんわり柔らかいのですが、ご覧のようにかなりしっとり、じゅわ~っとしたカステラです。



焼きたては、ものすごい酒粕の香りで強すぎる?とも思いましたが、
冷めてみなさんに食べていただくころにはよい感じに落ち着いたようです。
ハチミツも入っています。
この前の酒粕クッキーとは違って、こちらはどなたにも「酒粕ね!」とわかっていただけました。
お酒や糠漬けにも弱い私にはいまひとつな印象で、持って行こうか迷ったのですが、
「くせになる味~」と気に入ってくださった方も多いようで、ほっとしました♪








b0108544_21152815.jpg

いやしマフィン - 南仏マフィン&おじゃがマフィン
またまた多田千賀子さんらしい、ユニークな名前ですね。
甘くないマフィン...ARIさんでしたらお食事マフィンということですね。

ヨーグルトをかなりたっぷり使っているので、砂糖が少なくてもふんわりした生地になりました。
コーングリッツのぷちぷち感がようアクセントになっています。
イタリアンパセリのみじん切り、味にも見た目にもパンチがきいていいですね~








b0108544_21154919.jpg

具は、じゃがいもの細切りを炒めた「おじゃがマフィン」と、
セミドライトマトとオリーブ、タイムの「南仏マフィン」をミックスさせてしまいました。

具が多すぎ~ということもなくて、なかなかよい組み合わせになったと思っています。
特に、トマトの甘さ、うまみがぎゅっと詰まったセミドライトマトと塩マフィンの組み合わせは最高~!









b0108544_2116624.jpg

柔らかい食感のもの、固いもの。 
洋風の味、和風の味。
甘い物、甘くない物。
今回はバラエティーに富んだ取り合わせになったかな~と思っています♪


夏休みに入って一ヶ月近く、あっという間に経ってしまいました。
少し遠いところまで通っている、タコのサマースクールの送り迎えの毎日。
それに最低2時間、プラスお買い物や他の用事での車の運転が多くて、右腕がだる~くなっています。
土日は毎週野球のトーナメント。
土曜は必ず2試合、日曜も平均2試合あるので、長い間外にいるだけでもぐったり~
その上、負けが多かったり、タコがいまひとつの活躍だったりすると、がっかりしてもう立ち直れません~

などとへばってばかりもいられません。  その間にもしっかり楽しんでいますよ!
お友達とのお洒落なランチ、同級生ママとのポットラックランチ、クラフトの会、ガレージセールのお手伝い...
そのたびにお菓子の方もたくさん作っていますし、写真の方はたまる一方。
PCに向う時間がなかなか取れない~という感じでした。

6月最後の日に、何とかアップできました~
と思いましたが、日本ではすでに7月に入ってしまいましたね。
7月は少し落ち着く予定(?)です。 少しずつでも更新がんばらないと~
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2014-07-01 01:28 | お菓子 | Trackback | Comments(10)