<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
たかこさんの、抹茶のパンドジェンヌ 
b0108544_22493142.jpg

夏は特に時間が早く過ぎて行くような気がします。
もう9月も目の前ですね。

月に一度のクラフトの会も、8月はメンバーの方々の都合が合わずにお休みでした。
日本に一時帰国された方が一番多いのですが、ペルー旅行、アラスカ旅行、お引越し、
夏休みでお子さんのお世話...などみなさんそれぞれにお忙しくも楽しい夏をお過ごしのようです。
みなさんはいかがお過ごしでしょうか...?








b0108544_22502683.jpg

6月のクラフトの会に持参したお菓子2種。
6月も現地校は夏休みに入っていたこともあり、参加者は4人と少なめでした。
ですので両方のお菓子共に、会用のとうち用の分も、しっかり作ることができました。
チーズケーキは中小2台、抹茶のケーキはココット4個と15cmと小さいバント型です。

どちらも、稲田多佳子さんの「”さりげなく喜ばれる” フィンガーフードと小さなお菓子」の本からのお菓子です。
こちらの本から作るのは初めて!
お友達が日本から買って来てくださいました。 
Tさま、ありがとうございます!!   しっかり活用させていただきます~♪








b0108544_6434296.jpg

抹茶のパンドジェンヌ
おうち用にはシンプルに生地だけで焼きましたが、会に持参した方は銘々ココットに入れて、
五色鹿の子甘納豆を乗せておめかし...
したつもりでしたが、焼いている途中で下に沈んで見えなくなってしまったので、後でまた乗せました(笑)

抹茶のグリーンが鮮やかですよね~
とてもしっとりとしている生地なのですが、断面からもおわかりでしょうか。

しっとりとしているのもそのはず、アーモンドパウダーがたっぷり使っているから。
その他は普通のパウンドケーキと同じような感じなのですが、粉が違います。
薄力粉よりもアーモンドパウダーの方が多いのです。








b0108544_6442062.jpg

それだけアーモンドパウダーが多いと、少し重たく、くどくなりそうに思いますが、そうでもありません。
同じアーモンドパウダーを多く使ったフィナンシェほどではありません。
パウンドとフィナンシェの中間、といった感じです。

くどくなりそうな味の印象を、抹茶が引き締めているようです。
たかこさんの新しい本、最初から好みにお菓子に巡り合えて、嬉しい~♪








b0108544_22504656.jpg

ほうじ茶マーブルのスフレチーズケーキ
スフレチーズの優しいクリーム色とほうじ茶の茶色のコントラストがはっきりとして、
見た目も、よい感じに焼きあがりました。

スフレタイプのチーズケーキは久しぶりでしたし、メレンゲはゆるく立てるとあるので、
うまく膨らむか不安でしたが、オーブンでは溢れるかと思うほどよく膨らんで、一安心。
シフォンケーキとは違って、メレンゲはツノが立つほど~ではないのですね。








b0108544_225228.jpg

マーブルの部分は、取り分けたチーズ生地にほうじ茶パウダーを混ぜ合わせるだけなのでお手軽なのですが、
私には何となく、ほうじ茶の香ばしい風味がチーズケーキにはどうかな~と思ってしまいました。
というより、ほうじ茶パウダーそのものがあまり美味しくなかったような...
せっかく日本に行った時にクオカで買って、大事にとっておいたのに~

スフレチーズ自体は、柔らかくてしっとりと軽い美味しさでよかったのですけどね。
代わりに抹茶を使ってみるのはどうでしょう?  
色も緑できれいかも~と想像してしまいます♪








b0108544_22511551.jpg

お楽しみのランチは、中華風おこわとサンラータン、おうちで育てている日本のきゅうりで作った
ぬか漬けとキャベツとの浅漬け、クスクスのサラダ、カリフラワーのサラダ。
女性の集まりならではのお野菜いっぱい、ヘルシーなランチとおいしい紅茶、御馳走様でした。

お邪魔させていただいたお宅のEさんはアンティークがお好き。
シャドウボックス、キルト、刺繍、チャイナペイント、等々たくさんの素晴らしい作品も飾られていて、
しっかり目の保養をさせていただきました。
下にろうそくをともしてのウォーマー付きのティーポットも素敵!

そうそう、この日はちょうどサッカーのワールドカップ、日本の試合もあって、
作業もそこそこに、みなさんでサッカー観戦。 テレビにかじりついてわいわい~
うちではアメリカの放送でしか見られなかったのですが、
Eさんのお宅では日本の放送がリアルタイムで見られる!
やはり日本語の解説だと盛り上がりますね~

この日のステッチはあまり進みませんでしたが...







b0108544_22515641.jpg

次のステッチはこんな感じです。
何を描いているのか、想像できますか?
ヒントは、この前のチボリ公園と同じシリーズ...


長い長い夏休みも終わって、今週の月曜日から、現地校も始まりました~(嬉)
日本と違って、始業式などというものはありません。
ハイスクールは入学式もありませんでしたしね~
初日の最初から7時限、きっちり授業がありました。
しかも放課後はバンドの練習も6時まで~
もちろんその後、家に帰って一段落~する間もなく、タコは宿題に追われていました。

そして、昨日の木曜日には、最初のフットボールの試合。
バンドも最初のお仕事です。
試合の最中の応援の演奏と、ハーフタイムにはフィールドに降りて、マーチングしながらの演奏も披露します。
試合は6時からでしたので、家に戻って来たのは10時近く。 
そしてまた宿題...  待っている私の方が眠くなってしまいました(笑)

フットボールの試合はほぼ週に一回、全部で10試合もあります。
その試合全部に、バンドも付いて行かなくてはならないのです。
その他にも土曜日にはマーチングコンテストなどが何回もあり、もちろん平日には放課後の練習も週4日。
バンドをやっている子にとっては怒涛の秋が始まりました。

何とか乗り切ってね~!
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2014-08-30 01:34 | お菓子 | Trackback | Comments(7)
ココナッツミルクのシフォンケーキ ~津田陽子さんの夏シフォン♪
b0108544_23254392.jpg

ココナッツミルクのシフォンケーキ
サラダ油ではなく、バターを使った津田陽子さんのシフォンケーキ。
焼き上がりの、表面の感じも違うでしょうか。 
膨らみも、サラダ油使用より穏やかなように思えます。

今年の夏は例年に比べて、暑さがそれほど厳しくないかな~と思っていました。
と言うのも、天気予報で夏の間に何度かは、最高気温100度を超える日があって、
それを見るたびに、「わぁ~、今日は暑くなるぞ~」と身構えるのです。
マーチングバンドも100度を超えると外ではなく、建物の中の練習になるとか...
でも今年は3桁を超える日がまだありません。 
この夏の最高気温、97度で留まっています。

あっ、もちろん100度というのは、アメリカでの気温を表す華氏の温度のことですよ。
摂氏でしたら、38℃ぐらいでしょうか。
でも気温の上下があまりなく、6月、いえ5月からかな?、毎日30℃から35℃と夏が長いヒューストンです。
9月いっぱい、暑い夏が続くことでしょう。

冷房が効いていても、熱いオーブンの前にはあまり立ちたくない~
と作るほうはあまりやる気がないのですが、「ケーキとか、何かないの~?」と家族にはせかされます。
そんなときには、やっぱりシフォンケーキ。
下準備もほとんど要りませんし、焼きっぱなしでよいですからね。
21cmと大きく作れば、三人で2~3日は持つでしょうか。
冷蔵庫に入れても、少し締まる程度で柔らかさはそれほど変わらず、冷たくても美味しくいただけますしね。









b0108544_23261660.jpg

シフォンケーキのバリエーションはいろいろ試していますが、ココナッツミルクというのは初めてでした。
ココナッツミルクの独特の香り...
タイカレーとか私は好きですが、タコはあまり好きではないのか、
以前ココナッツミルクプリンというのを作った時はだめでした。

でもこのシフォンケーキはおいしかったようです。
確かに、それほどココナッツミルクの風味は強くありません。
ほんのり、何か甘い香りが~という程度でしょうか。
ココナッツミルクだけではなくて、牛乳も使っているので、マイルドな風味になったのかもしれませんね。
津田さん、さすがです~♪








b0108544_23375089.jpg


b0108544_23263365.jpg

そして、クリーム色もきれいですし、普通のプレーンシフォンよりも一層柔らかくて、しかもしっとり。
ふわふわ...それよりも、ふわじゅわ~な感じでしょうか。

トロピカルな夏を感じる風味の、おいしいシフォンでした。
ココナッツミルクが入ることによって、味だけではなく、食感も変わってしまうこと、おもしろいですね~










b0108544_23373627.jpg

アップルピールのシフォンケーキ
シナモンパウダーも入っているので、全体に濃い目の焼き上がりですね。

ケーキとは関係ありませんが、キッチンクロス、涼やかなブルーの色合いが好きです。
夏らしい雰囲気ですが...








b0108544_23372286.jpg

よく柄を見ると、トナカイとか雪らしいものも...
そう、クリスマスシーズンに買ったものなのですよ。

写真ではわかりにくいですが、トナカイの部分だけ刺繍になっているのです。
お菓子に戻って...







b0108544_23365974.jpg

アップルピールというのが見つからなかったので、こちらのdiced pineappleなるものを代わりに入れました。
結構細かいものなのでで、断面を見ても、あまり存在感がありませんね。
そのもの自体が食べてみて、甘さが強くて、あまりパインの風味がない~(悲)
ということで、ただの甘いシナモン味のシフォンということになってしまいました(笑)

それに、シナモンと相性のよいのはやはりリンゴですよね。
リンゴの季節になったら、自分でアップルピールを作って、もう一度作ってみたいです。









b0108544_2338129.jpg

イチゴ、確か日本ではきちんと一つずつ同じ方向に並べられて、ケースに入っていたと思いますが、
アメリカでは大抵こんな大雑把な感じ。
大きさも形もばらばらです。
なので、イチゴのショートケーキを作る時に、困ってしまうのですよね。
きれいな形で同じ大きさのイチゴを揃えるのは、至難の業。

アメリカは日本よりも農薬の規制もゆるいらしくて、イチゴは特にたくさん農薬を使うらしい...
と聞いたので、なるべくオーガニックのイチゴを買うようにしています。
夏でもオーガニックイチゴが、それもそんなに値段も高くなく、手に入るのは助かります。
2パウンド、約900グラムでしょうか、8ドル程度でした。

そして、1粒が大きい~
お隣はアメリカンチェリーなので、こちらもこちらも結構な大きさなのですが、並べると小さく見えてしまいますね。
でも、味のほうはいまひとつ...固くてあまり甘くない~
そういう時は、スムージー用に冷凍庫行き。
そして、ジャムも作りました。

チェリーは夏の果物...と思っていたら、クリスマスの時期にも売っていたりしますが、
やはり夏はお値段も安いし、たくさん出回っています。
こちらは甘くて、そのままでもおいしい~
のですが、うちの家族には、「種を出すのが面倒~」などと言われて、あまり喜ばれません。
私一人では食べきれないので、残ったチェリーもジャムにしました。








b0108544_23382968.jpg

ジャムはいつもの、いがらしろみさんの作り方です。
糖度が高めですが、強火で比較的短い時間で仕上げます。
ですので、黄色のイエローピーチのように、色も鮮やかに仕上がります。

でもその下のイチゴのジャムは、いつもと違って、きれいな赤ではありません。
というのも、きび砂糖を使ってジャムを作る...という記事を見かけたので、
どんなものかと、Raw Cane Sugerを使ってみたのです。
やはり砂糖の色が濃いですから、ジャムの色も濃くなってしまいましたね。

色だけではなくて、食べてみても、何だかくどい味に感じました。
なかしましほさんのお菓子などは多くがきび砂糖使用で、素朴な焼き菓子にお菓子によいコクを与えていますが、
ジャムにはすっきりとしたグラニュー糖の甘さの方が合うようですね。

こんな、いまひとつなジャムが出来てしまった時、私はカレーに使ってしまいます。
マンゴーチャツネの代わりですね。 甘み付けにいいですよ。
他にも何か使い道があるでしょうか...?

チェリーのジャムの方は、キルシュワッサーの風味も効いて、おいしくできました。
甘さもそれほど強くなく、炊く時間も短いので、ジャムというより、コンポートのような食感です。
こちらのシフォンに使いました↓









b0108544_2351924.jpg

チェリーのシフォンケーキ
本ではグリオットチェリーの洋酒漬けを使っています。
チェリーのジャムでは甘くなるかな~と思いましたが、ちょうどよい感じでした。
細かく刻んだせいか、あまり存在感がなくて、もう少し量を増やしてもよいかも~と思うほど。

シフォンに具を入れるのは、特に水分のある具の場合、大きな穴が開いたり、具が底に沈んでしまったり...
と失敗しやすいのですが、今回はなかなか良い感じに焼きあがってほっとしました。
いつもより空気感を感じる、ふわふわ~なシフォンです♪









b0108544_23512777.jpg

チェリーのシフォンだから...と赤いクロスを敷いてみましたが、
暖かい感じになってしまい、夏には合わなかったでしょうか?(笑)









b0108544_23514782.jpg

スパイスミルクのシフォンケーキ
涼やかに見えるのは、やはり寒色~?と水色のお皿に置いてみました。
シフォン自体はいつものように21cmなので、かなり大きなお皿です。
ミルキーな水色、回りのお花のようにカーブしているところも好きなお皿なのですが、
こうやって写真で見ると、あまり良さが表れていませんね~(笑)








b0108544_2352332.jpg

同じ素材の小鉢にも入れてみましたが、全体が赤っぽく、ぼんやりと写ってしまうようです。







b0108544_23522028.jpg

お皿を変えてみました。
あまり違わない...って~?(笑)

こちらの方がスパイスの粒々まで見えるような...
気がするだけかもしれませんね。

見た目は地味かもしれませんが、私はこのシフォン、とっても気に入りました。
ぴりっとスパイスが効いて、甘さの中に辛さがあって、美味しいのです。
シナモン、が多め、他にナツメグ、ジンジャーパウダー、白コショウも少しずつ入っていて、
そのミックス具合が絶妙かも~!

アメリカではクリスマスの頃によく出回る、ジンジャーブレッドのような味を想像したのですが、
もっと、ずーっと美味しいものでした。
甘さもずっと控えめですし、あのようなきつい味ではありません。
そこはシフォンですから、味も食感も軽くて、夏にも食欲が増すような刺激的な美味しさです。

とは言っても、すごく辛い、という訳ではなく、タコも気に入っていたようです。
小さいお子さんにも喜んでいただけると思います。


今回は(も?)飾り気のない写真ばかりになってしまいましたが、
津田さんのバターシフォンは、クリームなど添えなくても、そのままで十分においしいのですよ~
暑い夏にも食べたくなるようなシフォン...と感じてくださったでしょうか?
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2014-08-12 23:59 | お菓子 | Trackback | Comments(10)
苺のミルクプリン アレルギー検査 Pappas Burger
b0108544_0291563.jpg


8月に入りましたね。 暑さもまだまだ、しばらくは厳しい日が続くのでしょうか... 
この時期、毎年言っている気がしますが、オーブンを使うのが億劫~
ベイキングもさぼり気味です。(だめですね~)
ということで、かろうじて作っているのは、スムージーやゼリーなどの冷たいお菓子です。

苺ミルクプリン
クックパッドのレシピを参考に作りました。
プリン、とは言ってもゼラチンで固めるのでオーブンは使いません。
生クリームもホイップしませんし、材料を順番に混ぜるだけなので、気楽に作れます。

ゼラチンの量も少なめなので、トロンとした食感、練乳も入って、どこか懐かしいような、優しい味がいいですね~
私はどちらかというと、プルプル~やつるんとした食感が好みですが、このミルクプリンも家族にはとても好評でした。
甘さ控えめですし、するするっと入ってしまうようです。
「もう一個食べたい~!」とのリクエストも嬉しい~♪

2倍量で作ったのですが、三人で丁度よい量でしたよ。
うちが大食いなせいかもしれませんが...









b0108544_0293268.jpg

ずぼらな私には珍しく、おうち用のお菓子なのに、ホイップクリームも添えて、ちょっと可愛らしくしてみたつもりです。
セルフィーユはこちらでは見たことがないので、いつもならミントで代用するところですが、
今回は、バジルなのですよ。
普通のバジルとは少し違って、全体に小さな葉が密集した、面白いバジルの鉢を見つけて、つい買ってしまいました。

スープなどにも、ちょっと摘んで散らすだけ、刻まなくてよいし、小さい葉の形も可愛くて気に入っています。
風味も大きな葉っぱのバジルよりマイルドなので、デザートに添えても爽やか~違和感ありません。






 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



またまた三週間もご無沙汰してしまいました。
6週間のタコのサマースクールも無事に終って、やっと毎日の長~い運転生活からも解放されてやれやれ...
でしたが、すぐに一週間、テキサスの東の端の、Beaumontという街に滞在していました。
のんびりバカンス~だったらよいのですが、大きな野球の大会のため。
炎天下のもとで毎日野球の練習や試合ばかり...全部で7試合。
今回はキッチン付きのホテルに滞在したので、料理に洗濯に、やはり送り迎えの運転。
それでも、家から離れただけでも、非日常を味わえましたし、楽しかった!

そして帰って来て、ど~っと疲れが出ました。
歳とともに、回復に時間がかかるようになりますね。一週間ぐらいだめでした。
とは言っても一応主婦なので、家事もありますし、ごろごろしている訳にもいかず。
タコにとっては夏休み中、唯一フリーな一週間ということで、病院関係やボランティアの予定を入れてありましたし、
もちろん習い事などもあって、相変わらず送り迎えの運転の毎日でした。
おまけに、7月だけはお休みだった補習校も土曜日からは始まってしまったのですが、
たくさんの宿題が全然終っていなくて、はっぱをかけるのにも、また疲れる...










b0108544_0425269.jpg

アレルギー検査を受けた時の写真です。 こんなにたくさん反応するなんて~とびっくり!

春先に急に目が赤く晴れて痒くなったり、秋にくしゃみ鼻水が出たり、とアレルギーらしい症状が出たことがあって、
気にはなっていたのですが、それほど深刻な症状ではなかったように見えたのと、
1、2週間で収まってしまうのが常だったので、病院に行かないままだったのですが、
頻繁にではないものの、必ず一年に何度かは花粉症らしい症状が出るので、一度診ていただきたいと思っていました。

アレルギー検査をするのには、症状の出ていない(薬を服用していない)時がよいとのことで、丁度よかったようです。
木、雑草、草、カビの70種類以上ものアレルギー源を検査していただきました。
ほとんどの物に反応しているように見えますが、溶かす生理食塩水にも反応してしまう体質(2番がそうです)らいしです。
顕著にでているのは三分の一強。

日本に多い、スギ、マツ、ひのき、ブタクサなどには反応しなかったのですが、
カバ、ニワトコ、ムギ、その他聞いたことのない名前の草たくさんに反応が出ていました。
一番大きかったのはロシアアザミ。
そしてネコとイヌにも大きな反応が...
あら~、そろそろイヌを飼いたい~と思っていたのに...がっかり~


アレルギー検査の後には、歯科の半年に一回の定期健診も入れていました。
間に時間があったので、たまにはタコと二人で外ランチ。









b0108544_030921.jpg

お友達から、「ヒューストンで一番おいしいハンバーガー屋さん!」
と聞いていて、一度行ってみたかったPappas Burger
ポップで明るい内装。 いかにもアメリカのダイナーといった感じですね。









b0108544_0302511.jpg

普通のハンバーガーより一回り大きい!
おいしさがよく表れていない写真になってしまいましたが、タコ曰く、
「肉のところが、今まで食べた中で一番美味しい~」そうです。
私もちょこっと味見しましたが、なるほど、パテが厚みもあってとってもジューシー!

タコのお気に入りハンバーガー屋さんは、今までFive Guysというお店だったのですが、
そこを抜くお店となったようです。
少し細めのフレンチフライは普通~な感じで、こちらはFive Guysの太めでかりっと香ばしいほうが好みかな。

おなじようなハンバーガーではおもしろくないかと私はチリチーズドッグにしましたが、
ソーセージは塩気が強くてそれほどではありませんでした。
オニオンフライは軽く揚がっていて、こちらは好み♪

フレンチフライ付ですが14ドル前後と、ハンバーガーにしてはお値段もよいですが、
それなりのことはあるわね~と二人共納得。
隣に同じ系列の、こちらも味で評判のステーキ屋さんがあって、
そこから出るステーキ用の肉の端っこのところなどを使っているので、やはり美味しさも違うようです。
うちから40分以上はかかるのですが、タコは「近くだったら毎週通いたい~」そうです。
毎週...はちょっとね...  お寿司ならよいけど、こういうアメリカンなものは胸焼けしそう...
近くになくてよかった~(笑)









b0108544_0431575.jpg

こちらは別の日ですが、パパスバーガーと同じ系列の、Papadeaux Seafood Kitchenというレストラン。
シーフードがメインなので店内も船のキャビンを連想させる、落ち着いた雰囲気。
土曜のお昼過ぎでしたが、広い店内、多くのお客さんで賑わっていました。









b0108544_0433042.jpg

タコの補習校のお友達も一緒にランチ。
Catfish(なまず!)のフライを注文したのにはちょっとびっくり~
でも、こうやって出てきたお料理を見ると美味しそうですね。
味にもクセがなく、普通の白身のお魚フライのようらしいです。

うちの家族、特にタコ、は食べ物に保守的(笑)なところがあって、あまり新しい料理や食材を食べてみよう~
という気がないこと、つまらないな~と思ってしまいます。
私も食べ物に好き嫌いが多くて、あまり大きなことが言えないのですけどね。









b0108544_04417.jpg

タコはシュリンプのPo-Boy。
Po-Boyとは、こういう長いドッグパンを使ったサンドイッチのことを言います。
私はパスタ・マルディグラ。
シュリンプ、辛いソーセージ、ザリガニなどが入ったクリームソースのパスタです。
エビも大きくて美味しいのですが、どれも大量~
お昼からおなかいっぱいで苦しい~ といった感じです。


あっという間に、また一週間が過ぎ、長いと思ったタコの夏休みもすっかり終ってしまった気分です。
いえ、実際にハイスクールは8月の最後の週から授業が始まるのですが、
先週の木曜日からマーチングバンドの練習が早くも始まってしまいました。
8月いっぱいは月から金まで毎日、朝7:45集合で夕方5:30までの長~い練習。
これも高校によって違いがあるようで、同じ学区の高校でも、ある学校は今週からで時間も3時までだったり、
またある学校ではそれほど暑くない夜の6時から9時まで、とばらばら。

夜遅い練習というのもどうかな~と思ってしまいますが、練習時間が短いのは楽そう。
タコの高校は厳しいな~と思ってしまいます。
というのも、おととしは学校創立8年目にして、初めてマーチングバンドのコンクールで州大会にまで進んだので、
気合が入っているらしいのです。
でもタコによると、「州大会で優勝するような学校は、朝から夜の9時まで毎日練習するって~」
え~、ホント~??
部活など、日本に比べて練習がゆる~いと思っていたけど、やるところはやっている...のでしょうか?

私にも久しぶりに自由な時間が増えて、嬉しい~♪
昨日の月曜日はさっそく同じようなお友達からのお誘いでお出かけ、
近くの高校生ママ達とお喋り...じゃなくて、情報交換会(笑)
本当に、先輩ママさんからはいつもいろいろなことを教えていただいるのですよ。
今回診ていただいたアレルギー専門医のこともそうですし、アメリカの高校のことはわからないことばかりです。

それにしても、11時に集まって、気がつけばもうすぐお迎えの5時過ぎ...って6時間~!!(笑)
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2014-08-06 03:20 | お菓子 | Trackback | Comments(6)