<   2015年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
イル・プルーのリンゴのタルト、ラ・ファミーユのチョコレートシフォン
b0108544_22582045.jpg

お菓子4種盛り合わせ。
シフォン、パウンド、タルトにココットに入っているのはチーズケーキです。
バランスは良かったでしょうか。
お皿が少し小さかったですね。 ぎゅうぎゅうです。

お皿といいクロスといい、いつまでもクリスマスモードですみません! 
でもアメリカではお正月のお飾りなど特にないので、
玄関のリースや外の電飾も1月半ばまでそのままだったりするのですよ。

先週の金曜日は、月一回のクラフトの会、今月は我が家での開催でした。

朝9:30からと早いこともあり、いつも当日ばたばたしてしまうので...










b0108544_22584953.jpg

お菓子は前日の午前中にわ~っと作り、ここまで出来れば余裕~

あとは午後にお料理をだいたい下準備終らせて...
おくはずだったのですが、予期せぬことって、こういう時に限って起ってしまいがちですよね。
結局いつものように、当日の朝にばたばた、お料理とおもてなしを並行して行うことになってしまいました。

お一人、お昼前に帰らなくてはならないということで、お先にデザート。
最初のお菓子4点盛りを食べていただいて、時間稼ぎ...(笑)










b0108544_22593572.jpg

でも結局作れたのはご飯ものと汁物だけ。
みなさまからの差し入れのお料理に助けていただきました。
他のおかずの用意もあったのですが、「お菓子でおなかいっぱい! これ以上作らなくていいわよ~」
という優しいみなさまの声に甘えてしまいました。

・春雨サラダ   
人参もキュウリもチキンも、とっても細く切ってあって食べやすいのです。
丁寧なお仕事に、お人柄が表れる気がしました。 

・切り干し大根とミックスビーンズのサラダ
煮物のイメージのある切り干し大根をサラダに。戻しただけの切り干し大根のしゃきしゃきした食感が好きです。
お豆は缶ではなく、ちゃんと戻して作られたとのこと。
缶臭さもなくて、やはり丁寧に作られると美味しさが違います。

・カリフラワーのピクルス   
生のままを漬けたそうで、こりっとした食感が新鮮! お酢が効いていて、しゃきっと元気になりました。


いつもながら、この会のみなさまはヘルシーな野菜メインのお料理が嬉しいです。
ダダもタコも、きゅうり、豆、カリフラワー苦手なので、私が食べたくてもこういう料理、作る機会がないのです。

・いなり寿司
翌日の土曜日は補習校なので、お弁当にもちょうどよいと思って。
きつねうどんにも使えますし、冷凍もできるので、いつもうちではお揚げを一度にたくさん煮ます。
今回も大きなのを20枚煮ました。

・トマトとモッツァレラのっけ寿司
多佳子さんのフィンガーフードの本より。
意外かもしれませんが、出汁醤油、わさび、オリーブオイルで和えてあるので、寿司飯との相性もよい感じです。









b0108544_2301222.jpg

・鮭のかす汁
大変に寒い日でしたので、温かいかす汁もぴったりでした。 
体の芯から暖まりますね。
少し前に「きょうの料理」で醤油味のかす汁を見ましたが、私は子供の頃の懐かしい味噌味が好きです。
大根、人参、じゃがいも、鮭、ねぎ、エリンギと具沢山に。









b0108544_231762.jpg

リンゴのタルト
4つのお菓子の中で、一番手間のかかっているのがこのリンゴのタルト。
イル・プルーの「お菓子教室」より。
薄く切ったリンゴを三重に並べた姿は、なかなか本物に近く仕上がったでしょうか。

タルトを焼くと、タルト生地の上の部分だけ、焦げすぎてしまうことがあるのですが、
こちらはリンゴで覆われているので、ちょうどよい焼き具合でした。

シュクレ生地もいろいろありますが、イル・プルーのはさくさくの軽い食感がいいですね~
甘さもそれほど強くなく、フィリングの味を引き立てる、それほど主張しないシュクレ生地です。









b0108544_2313342.jpg

フィリングはアーモンドクリーム、その上に手作りのリンゴのコンポットも敷きます。
コンポットといっても、長い時間、たくさん入った白ワインの汁気がなくなるまで煮詰めるので、
ジャムのように濃縮されています。









b0108544_2321658.jpg

黒豆のバターケーキ
多田千賀子さんの「おやつ新報」より。
このケーキのために、お正月に炊いた黒豆を冷凍してとっておきました。
150g、かなりたくさん入っています。
BP入りの軽めの生地に対して黒豆が重たいので、みな底に沈んでしまいましたね。

本当は、このお菓子ように黒豆を固めにヴァニラ風味で煮なくてはいけないのです。
醤油風味の黒豆では少し塩辛く感じるでしょうか。
期待したほどの印象にはなりませんでした。
以前作った黒豆チーズケーキや黒豆ロールケーキの方が好きでした。
黒豆は乳製品との相性がよいようですね。
でもお友達には評判良かったので、もう一度、ちゃんとヴァニラ黒豆で作ってみたいです。









b0108544_2333168.jpg

チョコレートシフォン
前回の生地から引き続いて、小沢さんのシフォンを焼いています。
焼きしぼみもあまりなく、全体きれいに焼けて、手はずしもできました。
ココアには油分があるので、小沢さん曰く、”一番失敗しやすいシフォン”だそうです。
他の方のレシピですが、何回かココアのシフォンは焼いたことがあったので、そうかな~という感じでした。








b0108544_2335082.jpg

でもこちらはココアの比率が高いのです。
いままでは大体、粉対ココアは4対1程度でしたが、小沢さんのは2対1。
なるほど、食べてみるとココア味をしっかり感じます。 
それでいて、ふんわりしっとり、美味しいです。

いつものように20cmで、いつもより高さが出ませんでしたが、きめは全体に均一にできました。
実際はもっと濃いチョコレートそのままの色なのですが、この日は曇りで室内がとても暗く、
断面がよくわかるように~とカメラの照度を上げたら、光って赤っぽく写ってしまいましたね。









b0108544_2341844.jpg

反対にこちらは暗さそのまま、ぼやけてしまいました~(笑)

白ワインのチーズケーキ
こちらも多田さんのレシピ。
材料を鍋に入れて、火にかけながら混ぜる、という作り方、チーズケーキでは初めてでした。
オーブンでは焼きません。 冷蔵庫で冷やします。
でもゼラチンは使っていないので、レアチーズとは違います。
おもしろいですよね~

柔らかくて、形にならないとのことでココット型に入れました。









b0108544_2344059.jpg

まったりとした、ムースのようなクリームのような食感です。
本ではクランブルと合わせていたのですが、今回はタルトもありますし、
生クリームとベリーを合わせました。

白ワインがたっぷり使ってあり、火にかけるのでアルコール分は飛んでいると思うのですが、
かなりワインの辛さ、風味はそのまま感じます。
大人向けの味ですね~


このクリスマス柄のお皿、4枚それぞれ絵が違うのですがわかっていただけたでしょうか?
いくらお気に入りでも、もう季節はずれですよね。
今年のクリスマスまで、大事にしまっておきましょう。
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-01-31 07:26 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
2015年の始まりはプレーンシフォン♪ 小沢のり子さんの「上達するシフォンケーキ」
b0108544_03975.jpg

2015年、今年のブログで最初に載せたお菓子は7日のガレット・デ・ロアでしたが、
実際に今年最初にオーブンで焼いたお菓子は、このシフォンでした。5日のことです。

その前に、2日には朝食にパンケーキを焼いたので、今年の初お菓子はそちらになるのかな?
いえいえ、パンケーキ、うちでは大抵休日の朝には焼くので、パンのようなものですね。

やはり、今年の初焼きはこちらのプレーンシフォン、ということにしましょう!
(今頃、どちらでもいいでしょう~という声も聞こえてきそうですが・笑)

新年を喜ぶお菓子に、まっさらシンプルなプレーンシフォンはぴったり!ではないですか~
年末からずっと曇り空の日が続きましたが、この日はお天気もやっとよくなったのです。
明るい写真も撮れて、幸先も良い!


気持ちも新たに、新しい本のレシピで作りました。

シフォンケーキ専門店『ラ・ファミーユ』の上達するシフォンケーキ (旭屋出版MOOK)

小沢 のり子 / 旭屋出版



シフォンケーキは大好きなので、今までもたくさんの方のレシピで作って来ました。
基本的には同じなのですが、みなさんそれぞれに、少しずつ配合や手順が違いますね。
小沢さんのレシピも、驚くほどの違いはありませんが、新しい発見はありました。
そして、さすがシフォンの専門家らしく、作り方以外の部分、シフォンそのものについての説明がとても詳しくて、
勉強になります。

本の装丁など、今時のお洒落な感じではなく(すみません)、どこか懐かしい雰囲気も感じてしまうのですが、
断面の写真も大きく、作る過程の写真もたくさんあって、本気でシフォンを作りたい方には、お勧めの本です。

シフォンのバラエティーは18種とそれほど多くはないかもしれませんが、
特別に入手が難しいような材料を、使っていないのは嬉しいです。
(海外に住んでいると特に、手に入らない材料ばかり...おかげでお蔵入りのレシピ本もたくさんあります・泣)
でも、難易度の高いシフォンもあるので、全部作ることはできるのでしょうか...??









b0108544_032864.jpg

プレーンシフォン
本ではどのシフォンも17cmと20cmの材料で載っています。
私は、シフォンケーキは大きく焼くほうが、ふわふわのシフォンらしさが活かされると感じています。
今回も20cmで焼きました。
大きく焼くほうが失敗しやすいそうで、いつも型出しするときはハラハラします。

エッジも立って、見た目しっかりしたシフォンになりました。
食べると見た目以上にしっとりと柔らかいシフォンです。
卵、砂糖、粉、油、お湯、だけなので味もシンプル。
軽いので、そのままでも1ホール食べてしまいそうです(笑)が、
ショートケーキのように生クリームでデコしても、美味しくいただけそうですね。








b0108544_034849.jpg

シナモンシフォン
先のプレーンシフォンもそうですが、小沢さんの型出しは手外しです。
うまく手外しできると、気分爽快~!(笑)

回りは比較的きれいに剥がれてくれるのですが、底の部分が何故かくっついてしまいます。
でも、よく見ると、本の写真でも底はこんな感じなので、気にしないことにします。









b0108544_042413.jpg

プレーンの方はレシピ通りにコーンスターチを少し加えたのですが、
「慣れれば入れなくてもよい」とあったので、こちらには入れないでみました。
何となくですが、プレーンはしっかりしすぎている気がしたので...

プレーンより高さが出なかったのは、コーンスターチを入れなかったせいか、
メレンゲの状態のせいか、シナモンのせいか...はわかりません。
でも食感はやはりコーンスターチなしの方が、私は好みです。

シナモン、作るときにはかなりたくさん~と思ったのですが、
食べてみると、それほど強くは感じません。
私にはもっとあってもよい感じでしたが、お子さんにも喜ばれるシフォンですね。
そして写真には撮れませんでしたが、柔らかくたてた生クリームとよく合います♪








b0108544_044145.jpg

バナナシフォン
難易度を少し上げて、固形の具入りに挑戦してみました。
こちらもコーンスターチなしです。
外見も今までの2つとは少し違いますね。

きりっと立っていなくて、ぼよ~んとしています。
やはりバナナで水分量が多かったせいでしょうか、とても柔らかくて、手外しするのが、
つぶれそうで大変でした。 
なので、少しぼろぼろ~(笑)








b0108544_05048.jpg

室内かなり暗かったので、よく撮れていなくてすみません。
見た目より美味しかったのですよ!

ルミさんのバナナシフォンのように、刻んだバナナをレモン処理しないので、色は良くないかもしれませんが、
バナナの味がダイレクトに活きています。

バナナは粗く刻んだものと、細かく刻んで生地に練り混ぜたものと二種類。
シフォン生地もバナナ風味ですし、固形のバナナでよりしっかり味を感じます。

ルミさんのバナナシフォンはまた、上品でとても美味しいケーキでした。
こちらはバナナが力強く感じる、バナナブレッドのような風味、でもほわんほわんでとっても柔らかく、
またまた美味しいシフォンでした。

水分も多くて、大き目の具が入った、難しい感じのシフォンでしたが、
何とか大きな穴も開かず、見た目は地味ですが、満足できるシフォンになりました♪


去年も私の作ったお菓子を、家族以外にも、お友達や知り合いの方などに食べて頂く機会がたくさんあり、
いろいろな感想を頂くのも嬉しいことでした。
ショートケーキなどと並んで、特に喜んでいただけるのがシフォンかもしれませんね。
今年もたくさん焼き続けます~!!
一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-01-22 08:36 | お菓子 | Trackback | Comments(6)
ルミさんの苺ショートケーキ チョコロール 素敵な忘年会♪
b0108544_9354574.jpg

いちごのショートケーキ

赤いリースをイメージしたショートケーキを作りました。
クリスマスも近かった12月のことです。

久しぶりに20cmの大きさ。
イチゴもラズベリーも大きな実でしたので、そう大きくは見えないかもしれませんね。










b0108544_9362837.jpg

ジェノワーズは安心の、小嶋ルミさんレシピ。
新刊のショートケーキは15cmと小さいケーキの割合が載っているので、単純に二倍量にしてみましたが。
20cmにちょうどよい量でした。

何度も焼いているルミさんのジェノワーズですが、慣れてしまった分、あまり手順をよく読んでいなかったかもしれない...
と、今回は慎重に作ってみたつもりです。
今までこんな程度かな~と触った温かさで判断していた、湯煎のお湯や生地の温度まで測ってみました。

食べてみるまで違いはそれほど判らなかったのですが、
いつもよりもキメも細かく、ふんわりしっとり...かなり満足のいくジェノワーズになりました。

そんな時に限って、断面の画像がなくてごめんなさい!
ポットラックに持参したので、よそのお宅では、切り分ける時に、写真に収める余裕がありませんでした。

私のケーキを食べて頂くのは初めて~という方も多かったのですが、
「アメリカで、こんな日本のケーキ屋さんのようなケーキが食べられるとは思わなかった!」
驚くほど喜んでいただいて、私もとっても嬉しかったです。
やはりショートケーキは、日本人にとって特別な思いのあるお菓子なのでしょうか。

飽きっぽいほうですし、作ったことのないお菓子もたくさんあり、日ごろはそちらに目が行きがち。
しばらくショートケーキも作らないでいたのですが、一番喜ばれるケーキですし、
今年はもっとショートを極めていきたい!と思っています。

味だけではなく、デコの方も...
こちらはかなり努力が必要ですね(笑)











b0108544_9364688.jpg

もう一つ、本当は、ブッシュ・ド・ノエルになる予定だったのですが、
外を飾るには、クリームが足りなくなってしまいました(笑)











b0108544_937440.jpg

チョコロール
こちらも小嶋ルミさんのレシピ。
作るのは、まだ2回目なので、”安心の~”とまではいきません。
前回の時のメモによると、
「生地に厚みがあるのに、とても柔らかくて、巻く時に割れてしまった...」と、そして、
「苦味の効いたココア味がしっかりある生地なので、クリームはいっぱいがいい。」

2回目、その辺りは改善されたでしょうか...

薄力粉とココアが同量、本当に苦い! 私には。(笑)
でもガナッシュクリームでかなりマイルドに、そしてラズベリーの甘酸っぱさがとてもよく合います。
これはイチゴより、絶対ラズベリー!
大人にぴったりの美味しさです。











b0108544_9373731.jpg

甘いものばかりでも、どうかしら~
と「きょうの料理」1月号で見て食べてみたかった、
白身魚の南蛮漬け
も作りました。

本当は平目を使うのですが、うちにあった鱈でも、同じ白身だから大丈夫かな~と思ったのですが、
南蛮酢に漬け込んで、冷蔵庫で冷たくすると、鱈は身がしまって硬めの食感になってしまいました。

でも、味付けはとっても美味しくて、こちらも好評でした。
南蛮漬けといっても、少し和風。
柚子果汁なので、マイルドな酸味で香り高いのです。

エリンギに、赤ではなく黄色いピーマンを使ったのもよい感じでした。










b0108544_956770.jpg

お邪魔したお宅は、ヒューストンにはあまり多くない、高層階にあるお部屋。
お隣には、テキサス有数のライス大学と広々としたハーマンパークがある一等地です。

住人もゲストも車は全て、高級ホテルと同じ、バレーパーキングなのですよ~
エントランスで車のキーをボーイさんに預けるだけ。
優雅に車から降りたつもりが、ふと足元を見ると、運転用の靴のままだったことに気がついて...(笑)
慌ててドタバタ、履き替えることに...お恥ずかしい!











b0108544_9381371.jpg

みなさんの持ち寄ったお料理もボリュームがあって、美味しそうなこと!

たくさんの大きなエビフライに、大きな春巻き...










b0108544_938396.jpg

豪華なローストビーフは付け合せの野菜もきれいに盛り付けられていて、
やはりパーティーの花ですね!

わさび醤油味のソースもさっぱり美味しい~










b0108544_9553518.jpg

大きな海老のカクテルも、ソースを下に敷いて、素敵な盛り付けです。

カップに入っているのは可愛らしくて、一見デザートのようですが、前菜。
白ワインの効いたグレープフルーツゼリーに、カニがたっぷり入ったクリームソース。
この組み合わせが、素晴らしく美味しかったです!

梅肉を使ったきゅうりの和え物は、餃子の皮に乗ってお洒落。
マフィン型を使ったそうです。

カリフラワーのカレーマヨソース。
私の南蛮漬けも、器を変えて、ししゃもの南蛮漬けと一緒に盛り付けていただきました。

写真には撮れませんでしたが、この後も、エリンギいっぱいの松茸ご飯風、お好み焼き。
デザートには私の2品のほかにも、マスカルポーネを使ったレアチーズ、チョコレートケーキ。
8人では食べきれないほどの御馳走が並びました。

丸テーブルっていいですね!
10人用の長方形のテーブルになると、両端同士は遠くて、お話もし辛く、
自然に左右2つ、またはそれ以上の会話のグループに分かれてのお話になってしまうことも多いのですが、
丸いテーブルですと、どなたからでも距離がそれほど遠くないので、全員で同じ話題に参加できます。

会話のピンポンが弾み、お昼の12時から長い時間...
気がつけば窓にはきれいな夕陽! 
夜ごはんの時間までお邪魔してしまいました。

慌しい12月でしたが、こんな楽しい息抜きの日もあって、リフレッシュ!
おせち料理を作る気力につながったのかもしれません。

素敵な忘年会をありがとうございました♪


丸テーブルの真ん中には、よく中華料理屋さんにある、回転台。
好きなときに、お料理も取り易くて、とっても便利!
こちらではLazy Susanと呼ぶのですよ。 
同じ名前のお店が青山通りにありましたよね。 今でも健在でしょうか...?
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-01-15 02:30 | お菓子 | Trackback | Comments(12)
ガレット・デ・ロア2015 うちのクリスマスツリー♪
b0108544_16105950.jpg

今年も1月7日(本当は6日でした!七草粥と混同していたのかな~すみません!・追記1月12日)、
エピファニーの日に、ガレット・デ・ロアを作ることができました!

毎年同じことを言っているかもしれませんが、アメリカではこの習慣、全くないようなのですけどね。
ただ、パイもアーモンドクリームも大好きですし、夏の長いテキサスで、気温の低いこの時期に、
折込みパイを作ることができただけでも嬉しい~♪

去年のガレットの方が模様はきれいでしたね。
同じではつまらないかな~と、くるくる曲線が細かく入った、こんな形のを見たことがあったので、
適当に入れてみたら、出来上がりも何だかよくわからない適当な物になってしまいましたね(笑)

でも、去年の記事を読むと、中のアーモンドクリームがはみ出して、薄くなってしまったのが反省点、
と書いてありましたが、そこは今回改善されていました。
進歩もあったでしょうか...

逆に、膨らみすぎて、すごいことに!
高さが5センチ以上はあったと思います。 
直径も20cmと大きめなのですが、高さがあるせいか、画像ではそうは見えないような...

去年は午年で、お馬さんも一緒に写したので、今年は羊さんと...









b0108544_16112038.jpg

ではなく、これはどう見てもアルパカさんですね(笑)

四分の三は夕方、まだ温かいうちに家族でぺろっと食べてしまい...









b0108544_1611388.jpg

残った一切れは翌朝、一人私のお楽しみ~♪

朝陽が反射して、こんな画像になってしまいました。
向こうでぼやけているのは、今度こそ羊さん...
には全く見えませんよね。 

すみません...無理がありました(笑)









b0108544_9551131.jpg

無理ついでに、今頃ですが、うちのクリスマスツリーです。
せっかく撮ってあったので、記録に載せさせて頂きますね。

2014年はうちの基本に戻って、シルバーとゴールドのみの飾りにしました。










b0108544_9581355.jpg

「飾り、付け過ぎ~」と家族に言われてしまいますが、毎年少しずつオーナメント増えてしまっています。
特にこだわりとか、高価なものはないのですけどね。









b0108544_958687.jpg

年によっては、気分で赤いものを買ったこともありました。

タコが小さい頃にはやはり、子供が喜ぶようなおもちゃっぽいオーナメントを買ったことも...
そちらは別に小さいツリーに今でも飾っています。

アメリカの家には、必ずといっていいほど、暖炉があります。
ヒューストンは冬でも比較的暖かなので、暖房で十分。
一度も暖炉は、使ったことがないのです。








b0108544_958406.jpg

動物もののオーナメントも少しずつ増えてきました。
玄関の横に飾っています。
アルパカちゃんも、羊のようなプードルちゃんもいるでしょう~?


今年のクリスマスこそ、タイムリーな話題を更新できますように!
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-01-10 07:01 | お菓子 | Trackback | Comments(6)
おせち 2015
b0108544_034576.jpg

1月6日、凍て付くような寒い朝でしたが、タコは元気に自転車で学校に向いました。
二週間と少しの冬休みも終って、久しぶりに一人で過ごす朝の時間です。

何をしましょう...
今朝気がついたのですが、ジャムの残りが殆どない!
今日は買い物に出たくないので、とりあえず、家にある果物で作るとすると、
りんご、それともキウィ...?

その前にブログの更新ですね(笑)
もうお正月気分でもないでしょうが、おせちの記録を残しておきます。
たいしたものではないのですが、去年のおせちの記事、今回作る時の参考になりました。
一年経つと忘れてしまっていること、結構あるものですね。








b0108544_0262215.jpg

<一の重>

1.如意巻き
豚ひき肉とカニがほぼ同量、ねぎやしょうがも入って少し中華風?
薄焼き卵に肉だねをのせて、両端から巻きます。
孫悟空の頭の模様のようにくるくるっとなってほしかったのですが、もうひとくる~が足りなかったようです。
蒸しあげるので、冷めてもしっとり柔らかめ。

2.みそ松風
こちらは鶏ひき肉、卵、パン粉、赤味噌のしっかり味。
オーブンで焼くのでミートローフ風かな?と思いましたが、フープロで混ぜるので、もっと滑らか、
冷めるとしっかりした食感、ソーセージに近いような...
松の実とドライクランベリーも入っています。
本当はクコの実だったのですが、同じ赤でよいかな~と。
甘酸っぱい味もよいアクセントになりました。

3.黒豆のおひねり揚げ
見た目おせち料理らしくないかもしれませんが、「きょうの料理」に載っていたのですよ。
黒豆とチーズを、ワンタンの皮で包んで揚げたものです。
黒豆には全く手を出さないタコも、これは好きだったようです。
チーズワンタンはよくありますが、それに黒豆の甘さが加わって、より美味しい!
油の温度が高すぎて焦げてしまったのは反省。
私には皮の部分が多すぎる印象だったので、次回は、形を変えて、中の具を増やしてみたいです。

4.焼きしめ鯖
お魚ものが無かったので、しめ鯖なら、味もついているし、すぐに焼けてよいかな~と。
焼くと味が濃縮されて、なかなか美味しい!

5.松前漬け
ダダの好きな松前漬けに、子供の頃の懐かしい味、数の子豆を合体させました。 
数の子のうまみを吸った枝豆がまたおいしいし色合いもよい!
子供の頃、数の子はあまり好きではなかったので、枝豆ばかりひろって怒られた覚えがあります(笑)








b0108544_026730.jpg

<二の重>

6.豆腐だて巻き
去年の伊達巻、どうもはんぺんっぽい味が気になって、違ったレシピが試したかったところ、
「きょうの料理」ではお豆腐を使った伊達巻が紹介されていました。
本当は丁寧にすり鉢ですり混ぜるのですが、大変そうだったのでミキサーで。
とても滑らか、しっとりとして美味しい~
家族には豆腐が入っているとはわからないようで、「しっかりめの玉子焼き~?」と言っていました。
はんぺんを使うよりも、あっさりとしているかもしれません。弾力は少し乏しいでしょうか。
もちろん市販のものよりかなり甘さ控えめ。

7.黒豆
こちらは定番のレシピ、今年も満足の出来。 とっても柔らかくて、シワ一つなく、美味しい~!
私はおせちの中で一番好きかもしれません。
二袋煮たのに、4日には残り少なくなって、慌ててお菓子用に冷凍しました。
お正月ではなくても、また煮ようかな~
と思うのですが、喉もと過ぎればナンとやら...で、いつの間にか忘れてしまうのですよね(笑)

8.菊花かぶ
私しか食べないので、一個しか出していませんが、こちらも大好き!
10個作って、一人密かに楽しんでいます。

9.揚げごまめ
「きょうの料理」で見て、揚げてカレー粉をまぶすだけなので、簡単そう~と作ってみました。
油っぽい感じはしませんし、ぱりぱり、カレー粉のスパイシーな味もよい感じです。
おせち料理って同じような、甘しょっぱい味のものが多いですからね。
でも田作り大好きなタコには、「これもいいけど、去年の方がよかった~」と言われてしまいました。
簡単なので、両方作ってもよいかも? 
青のり、またはとうがらしでのアレンジも試してみたい。

10.竜眼巻き
鶏ささみをひらいて、焼き海苔を敷き、うずらのゆで卵を巻いて揚げて、醤油をからめる...
言葉では簡単そうですが、卵二個でささみ一枚。
小さいし、たくさん数を作ろうとすると、手間もかかりますね。

11.手綱かまぼこ
一昨年は「厚い~」と不評だったので、薄めにスライス。
弾力があるせいか、切れたりしなくて、ちゃんと模様になってよかった!

12.ローストビーフ
市販品です、隙間詰めに。 アスパラを芯にして、グリーンリーフと巻いてみました。 









b0108544_0265443.jpg

<三の重>

13.数の子

手前2つが酒かす漬け、向こう一つがいつもの醤油味です。
酒かす漬けの方が色が白いこと、わかっていただけるでしょうか?
風味がとてもよくて、私には酒かす漬けの方が好みだったのですが、ダダは普通のほうがよいそうです。

14.お煮しめ
ほとんど私しか食べないし、なくてもよいかと思ったのですが、「冷凍和野菜ミックス」というのを見て、
試しに使ってみたのですが、やはり冷凍ものはそれなりでした。
柔らかすぎて、水っぽい。 特ににんじんとごぼうは何だか違う物でした(笑)
唯一冷凍ものでなかった、きぬさやの塩茹でが一番美味しかった!

15.高野豆腐
日系スーパーで見つけて、実は初めて自分で煮てみました。
ダダが好まないので、今まで作ったことがなかったのです。
すぐ戻るし、作るのも簡単!
十数年ぶりに食べましたが、いや~美味しいものですね~ 
来年もまた入れたい!


ということで、数えれば、去年と同じ15品を詰めることができました。
その半分以上が、新作です。
飽きっぽいというか、まだおせちを作った回数が少ないので、定番の品がきちっとは定まってないのです。
来年も作って、年々充実させていけたら...と思っています。


前回の記事に少し書きましたが、今年はおせち、作るのは無理かと思ったことも...
まず、去年ではなく、もう一昨年ですね。 
その冬休みにはダダとタコがしばらくスキーに出かけて留守だったので、
その間に栗仕事など余裕を持って準備をする時間がありました。

しかしこの冬休みはダダが休みを取れず、一人の時間がない上に、パーティーへのお呼ばれや
反対に29日にはお客様を迎えたりして、すっかり楽しく遊んでしまいました。
もう栗は市販の甘露煮で~と日系スーパーに30日に買いに行ったところ、売り切れ!(涙)
そして、御頭のついた海老などを買いに韓国スーパーに向ったところ、何とタイヤがパンク!
のダブルパンチでした。

すぐに業者を呼んだものの、30分で来るというのに、1時間経っても来ない...
もう一度電話してみると、「行ったけれど、いなかった...」
住宅地に留めたので、迷惑になるかとエンジンを切っていたので、夜で真っ暗な中、
普通に駐車している車と区別がつかなかったのでしょうか。
電話をしたというけれど、着信履歴に残っていないし...

また30分待ってやっと来てくれて、よかった~と思ったのもつかの間、
「タイヤのロックがないと外せないよ~」と言われてしまいました。
ロックとは何のことかとわからなかったので、ダダに電話しても「そんなの知らない~」。
あとでわかったのですが、タイヤを固定しているボルトの大きさが普通より小さいらしく、
回す器具にそれを入れないと外せないのです。

結局、ダダに迎えに来てもらって、車はそこに一晩置き去りにすることに...
寒い夜、車の中に3時間以上も缶詰になって、もうぐったり...
悪寒もして、もうおせち作りをする気力もなく...

よく31日は朝からくしゃみ鼻水が止まらず、やっぱりだめかも~と思ったのですが、
朝一番でタイヤ屋さんに行き、ロックをもらって、車もスペアタイヤに取り替えて、家に戻って来て。
ほっとしたのと、紅白の歌の力で気力も出て、何とか一日キッチンに立ち続けることができました。

パンク事件があった前のことですが、
私が、「タコはおせち料理、好きじゃないものも多いし、今年は別になくてもいいよね~」と聞くと、
「え~、作らないの~? おせち作らないと来年縁起悪いかも~」とやさしくないタコの答え(笑)
でも、おせちを待っているのかな~と背中を押された気分でした。

タコと一緒に過ごせるお正月、あと何回迎えられるでしょう。
こんなつたないおせちでも、日本らしさを感じて、記憶に残ってくれると良いのですが...

みなさまも、長々とご覧くださりありがとうございます!
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-01-07 05:06 | うちごはん | Trackback | Comments(12)
謹賀新年2015 ~アメリカでもおせち♪
b0108544_0322787.jpg

新年あけましておめでとうございます♪
2015年、みなさまにとりまして、お健やかで明るい一年になりますよう願っております。

クリスマスの話題も、年末の御挨拶もすることができずに申し訳ありません。
今年こそ、更新の頻度を上げたいと、一応新年の目標に掲げているのですが、
最初の記事も三が日ぎりぎり、ということで、先が思いやられますね...

気負わずに、細く長く続けて行きますので、是非また遊びにいらしてくださいね!
今年もどうぞよろしくお願い致します。


このところ、例年になく寒いヒューストン。
どんよりとした曇り空の日が、もう一週間も続いています。
写真の写りもぼんやり~とした感じになってしまいました。
みなさんはどのようなお正月を迎えていらっしゃいますか?

うちは寒いこともあり、またダダは1日のみがお休みということもあって、ただのんびりとしています。
12月はいろいろとあってみな忙しかったので、やっとほっと一息というところでしょうか...

特に、30日には去年で最大のピンチ!という出来事がありまして、もうぐったり。
もうおせち料理をお重に詰めるのは無理かな~と、寝る時には諦めかけました。
でも31日はTVの紅白で朝早く(生中継ですが、時差がありますからね)から起こされ、
懐かしい日本の歌に元気をいただきながら、何とかおせちの支度を続けることができました。

歌の力って凄い!(笑)
視聴率は去年より下がったそうですが、私は、特に後半楽しく聴いていました。
みなさんはご覧になりましたか?

元日にはゆっくり録画を見直しましたが、最初から、タモリさんと黒柳さんの登場にびっくり!
他の局と間違えたのかと思ってしまいました。 こちらではNHKしかないのですが。
審査員席の、阿部ちゃんと仲間さんのトリックコンビにもニヤニヤ。
みゆきさんや林檎さんはかっこよくて、薬師丸さんはドキドキがこちらにも伝わってくるようでした。
もちろん明菜ちゃんやサザンも本当にサプライズ!でしたね。
来年は是非、オフコース、スピッツ、くるり...といったところに、出ていただけたら、夢のようなのですが~!!








b0108544_0352138.jpg

クリスマス前後にはショートケーキを4個作りました。
それぞれ違うレシピで作ってみました。
久しぶりなショートケーキ。 レシピによる違いもあって、奥が深いな~と改めて思いました。
なにより、食べてくださったみなさんがとても喜んでくださってのが嬉しい!
やはりショートケーキは日本人にとって、ケーキの王道ですね。
苦手なデコを始め、もっと極めていきたいと思っています。

その中の一つ、こちらは先週、クリスマスの後ですが、まだまだクリスマスモードですね、
うちにお客様がいらした時にお出ししたデザート。

生地はイルプルーのちょっと変わったレシピ、でもパインを使うのはルミさんのアイデア、
というパインのショートケーキと、「きょうの料理」で観て気になっていた、
栗原はるみさんのスパイスシフォンケーキです。


おせちとクリスマスケーキのお話は、次回にまた...
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-01-04 00:17 | うちごはん | Trackback | Comments(12)