<   2015年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
豆源 ルピシア... 嬉しい 美味しい 冬のいただき物♪
b0108544_4495621.jpg

またまたこの前のランチ会の時のことになりますが、
クリスマスの頃にあれこれ買ったチョコやお菓子、頂き物のお菓子を盛り合わせて、
お茶請けにお出ししました。

右側の、ざらざらっとした表面はコストコのアーモンドチョコなのですが、ダークチョコで甘すぎないこと、
シーソルトの塩気もあって、ついつい手が出てしまう、お気に入りです。
トレジョーにも同じようなのが売っていたので買ってみましたが、
コストコの方が一粒が大きくて、チョコの味もよい気がしました。

下には麻布十番、豆源さんの懐かしいお豆二種類。
甘酸っぱい梅と、きりっと辛い黒胡椒。
それぞれ別の方に、同じような時期に頂いたのですよ。 嬉しい偶然です。

この年末年始には日本に一時帰国されたお友達も多く、みなさまから嬉しい日本のお土産をいただきました。
感謝の気持ちを込めて、一部ですが写真に撮っておきました。









b0108544_4502762.jpg

先ほどの豆源さんの「黒胡椒」、きりっとかなり胡椒が効いています。
七味とはまた違って、シャープな辛さがいいですね~

そして一緒にいただいたこの「いちごティラミスチョコレート」。
中はやはりアーモンドなのですが、コーティングのチョコが、あの人工的な苺の風味とは違って、かなり本物に近い味。
それも見た目ではわかりませんが、苺パウダーがまぶしてあり、それが酸っぱくて、
より苺らしい、美味しいチョコになっています。









b0108544_1620524.jpg

こちらは頂き物ではなくて、自分で買ったお菓子。
インテリアのお店、Crate&Barrelのアフタークリスマスセールで。
直径30cmもある大きな缶に、ホワイトチョコをコーティングしたプレッツェルがいっぱい!

この上の赤いフェルトでできた物をはずすと、赤と白のシンプルな缶で、
また何かに使えるかな~と、かなり安くなっていたこともあり、つい買ってしまいました。








b0108544_16202135.jpg

雪の結晶というよりは星の形に見えるのですが、真っ白で冬らしくてきれい~

ホワイトチョコは好きなので、味も期待したのですが、
チョコよりはどちらかというとアイシングのような砂糖の甘い味が強かったようです。









b0108544_1620365.jpg

「私が作りました!」
と言いたいところですが、違います(笑)
私のお菓子作りは、食べたい一方なので、こういう手の込んだ、見せるお菓子は本当に不得意。

日本でもアイシングクッキーが流行っているようですが、まず甘いし、カラフルすぎるアイシングがたっぷり~
なのはあまり食べたいと思いません。
などと言って本当は、不器用なので、きれいに作れないからなのですけどね。

しかしこちらの、M先生の作られたアイシングクッキーは、美しいだけではなく、食べても美味しいのです!
少し厚めのクッキーそのものがとてもおいしくて、またアイシングも薄くてクッキーの味を邪魔しません。

M先生と言っても、お菓子の先生ではなく、補習校でタコが中二の時に担任をしてくださった、学校の先生なのです。
趣味でクッキーも焼いていらっしゃり、生徒にも配ってくださるのです。
いつも穏やかで上品な先生の人となりが、この美しいクッキーにも表れているようです。
御馳走様でした♪









b0108544_5142471.jpg

こちらはまた懐かしい~ 「銘菓 ひよ子」ですね。
「かわいい~! 食べるのかわいそう~」と言いながら、しっかり頭から...がぶっ(笑)

「鳩サブレー」はサブレーと最後をのばすのですね。
食べるのは初めてでしたが、美味しいのですね!
シンプルな優しい味で、和菓子ではないものの、どこか日本を感じるお菓子です。
こういうサブレが作りたい~と心から思いました。
ちょっと検索すると、本物ではないものの、それらしいレシピもみつかりましたが、どうなのでしょうね...









b0108544_452184.jpg

ついこの間のクラフトの会でも、あれこれ日本のお土産をいただきました。

「半月」は中にクリームが挟んであり、風月堂のゴーフルを思い出すお菓子でした。

柿の種のようなもののチョコがけは、他のメーカーのを食べたことがあって、美味しいと思っていましたが、
ついに本家も出していたのですね。
それも明治チョコとのコラボというのもおもしろい!

「縁」はメリーのチョコですが、出雲大社に参拝された時に買った、御当地チョコだそうです。
「よいご縁がみなさんと今年もたくさんありますように...」  
お心遣いが嬉しいです!    ありがた~く頂きました。









b0108544_6464412.jpg

今はロサンジェルスにお住まいの、コロラド時代からのお友達なのですが、ヒューストンに出張でいらした時に、
お忙しくて、一度夜ごはんをご一緒しただけでしたが、わざわざLAから、私の好きなおかきの詰め合わせとお茶を!

LAには大きな日系スーパーもあり、そこにルピシアも入っているのです。 いいな~
と思っていたら、ハワイにもお店があるそうで、また別の、
「毎年お正月はハワイでゴルフ」という芸能人のような(笑)お友達から、ハワイ店しか売っていないという、
「ライチとストロベリー」、「パッションフルーツとジンジャー」など、トロピカル気分いっぱいのルピシアのお茶も頂きました。

こちらは「いも、くり、かぼ茶」
名前も楽しいですが、本物の、フリーズドライのおいもやかぼちゃがころころ入っています。
茶葉からも、甘~い香りがします。

実はルイボスティは苦手だと思っていたのですが、このかぼちゃたちのおかげで美味しく頂きました。
パウダーではなく、本物のシナモン、クローブなどがごろごろ入っているチャイミックスも嬉しい!
寒い夜には本格的なチャイティーを、ゆったり楽しみたいですね。









b0108544_4524040.jpg

新年早々お会いしたYさん(この前のお花の鉢植えをいただいた方です)には、
これまた縁起のよい「おめでとう」のお茶もいただきました。

緑茶とリンゴの組み合わせというのも面白いですね。
ただのリンゴではありません、日本の「津軽りんご」ですからね。
缶を開けた途端に、甘酸っぱいりんごの香り~!  
幸せ~な気分でいっぱいになりました。

もう二年も日本には帰っていませんが、こうしてしばしば日本の美味しい物を味わえること、感謝しています。
私のつたないお菓子ではあまりお礼にもならないかもしれませんが、
喜んでいただけるよう、また気合を入れて作りますね♪
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-02-28 07:06 | 美味しいもの | Trackback | Comments(4)
ルミさんのフルーツロール ☆イル・プルーのブルベリーのタルト
b0108544_22413624.jpg

前回の続き、持ち寄りランチ会のお菓子4品。
こんな感じでお出ししましたよ~、と実は翌日再現した一枚です。
当日は、いつものことですが、お喋りとおもてなしだけで手一杯! 
写真を撮る余裕がありませんでした。

ひとつひとつが結構大きいですし、お料理の方も御馳走をたくさん頂いた後でしたので、
ブランマンジェとロールケーキの他はお持ち帰りしていただきました。

クリスマス柄のプレートとマグ、相変わらず季節遅れですみません~
1月の事でしたので...さすがに今はツリーも食器もお片づけしましたよ。
好きなお皿なので、一年中使いたいほどなのですけどね♪










b0108544_22422055.jpg

フルーツロール
小嶋ルミさんの「ケーキレッスン」より。
三種類のフルーツがクリームに散りばめられて、見た目にも華やか、おもてなしにもぴったり!と思っています。

キメの細かい生地に、たっぷりの生クリームとフルーツ、
食べても美味しくて、定番にしたいロールケーキなのですが、今まで三度作っても、いつも満足した仕上がりにはならず...

見た目、断面ですね、が良くなかったり、ゆがんで丸くならなかったり...
三回目の時には、のの字にこだわりすぎて、クリームを少なく使ってしまったら、
やはり食べてはクリームたっぷりの方が美味しいと感じました。
加えて、フルーツが少し大きめのカットでしたので、クリームとの一体感がない感じがしました。










b0108544_22424091.jpg

今回はその点、クリームたっぷりですが、はみ出さずに断面もまん丸ですし、
フルーツの散らばり具合もなかなかきれい!と喜んでいます。
(とても柔らかい生地でもあり、スライスが難しく、断面がすぱっときれいに切れなかったのは残念...ナイフが悪い?)

苺ではなく、ラズベリーを使ってみると、想像通り、鮮やかな赤がはっきりとしました。
見た感じはとてもよかったのですが、食べてみると、ラズベリーの主張が強すぎるような...
どれも酸味の強い果物ですし、ラズベリーはこの前のチョコロールにはガナッシュクリームとの相性抜群でしたが、
生クリームには味が強すぎるかもしれません。
やはり苺の方が、食べてはしっくりしたのではないでしょうか。

それに、パイン、キウィと大きさを揃えた方がよいかと、ラズベリーもカットしたのですが、
時間が経ち、特に翌日になると、白いクリームにかなり赤く染み出してきてしまいました。
同じ赤い果物でも、苺とラズベリーの性格は違いますし、扱いも変えなくてはいけませんね。

100%満足までもう少し! 
定番のフルーツロール目指して、また作りたいと思っています♪












b0108544_22431353.jpg

ブルーベリーのタルト
イル・プルーの「お菓子教室」より。  
リンゴのタルトの時に作ったシュクレ生地が半分残っていたので、簡単に作れそう~
と取り掛かったのですが、よく手順を見るとなかなか複雑...

「フィリングは焼いたアーモンドと砂糖をフープロにかけて...」
つまり自分でアーモンドプードルのようなものを作るのですね。
それは省いて、普通のアーモンドプードルを使いました。

それで、アーモンドクリームのようなものを作るのですが、メレンゲを加えるのが普通と違いますね。









b0108544_22521668.jpg

なるほど、ふんわり、しっとりとした食感のフィリング、普通のアーモンドクリームとは違います。

ブルーベリーは缶詰のものを指定ですが、フレッシュなもので代用、
底に敷いたブルーベリージャムにも専用の作り方が書いてありましたが、
それもいつも冷蔵庫にある自家製ブルーベリージャムで代用。

かなりの手抜きで自己流な物になってしまいましたね。
見た目も地味かもしれませんが、食べてみればなかなかの美味しさ!

他にもオレンジピール、はちみつも使っているだけあって、いろいろな味わいがあります。
そしてこのシュクレ生地がさくさくしていてくどくない、とても好みの生地なのです。
余り生地をそのまま、クッキーのように焼いただけでも十分美味しい!
もう一度、レシピに忠実に作ってみたいと思っています。

今回もお菓子4品、無事に作り終えることができてほっとしています。
みなさまにも喜んで頂けましたし、「美味しい~」の一言に背中を押された気分です。
ありがとうございます♪

さぁ、次の集まりでは何を作りましょうか...?
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-02-21 02:25 | お菓子 | Trackback | Comments(6)
ルミさんのはちみつのブランマンジェ ☆気軽に持ち寄りランチ会
b0108544_2236894.jpg

月に一度、比較的御近所にお住まいの日本人仲間で、お魚の共同購入をしています。
テキサスはイメージからも、肉、肉~という感じでしょうけれど、本当にそうで、
スーパーなどで売っている魚介類の種類も限られています。

特に、お刺身など生食できるお魚は、日系スーパーなどで僅かに手に入る程度なのです。
アメリカでもニューヨークやLAなどの大都会では大きな日本のスーパーもあって、それほど困らないのかもしれませんが、
ヒューストンは人口の割りに日本人はそれほど多くないこともあり、不便なことはたくさんあります。

それでもアラスカに日本人向けの魚介類を宅配していただける業者があって、大助かりです。
マグロやイカのお刺身、タラコ、イクラ、シラス、ホッケの干物や西京漬けもあります。
もちろん日本で買うより割り高ですし、送料も結構かかるので、月に一度の贅沢!ですね。

一月はうちがお魚のお当番に当たっていて、参加している皆さんに取りに来て頂いたのですが、
商品の仕分けのお手伝いを兼ねて、お友達三人をお呼びして、簡単に持ち寄りランチ会となりました。


お持ちいただいたお料理は、
・牛肉のたたき
・鮭の味噌マヨ焼き
・アボカドとグレープフルーツ入りグリーンサラダ
・ヤムウンセン(タイ風春雨サラダ)
・ヤリイカの肉詰め蒸し煮(タイ料理)

どれも手の込んだ美味しいお料理!
特にYさんはタイ料理の料理教室に通われているだけあって、本格的な深い味わいのタイ料理二品。
(ヤリイカ料理は遠くて写真によく写っていなくてすみません~)
御馳走様でした♪

私がご用意したのは、簡単な二品。
・きのこ(エリンギ、しめじ、舞茸)の炊き込みご飯
・かぼちゃのポタージュ









b0108544_22312789.jpg

お菓子はこちら、

・はちみつのブランマンジェ
・フルーツロールケーキ
・チョコレートシフォンケーキ
・ブルーベリータルト

4品のバランスはよかったでしょうか。
いつものように時間がなく、全体の写真だけ、慌てて撮って、それぞれ、サーブした時の写真は後ほど...
なのですが、チョコシフォンだけ、撮るのを忘れました。

というのも、出来がよくなかったため。
この前のラ・ファミーユのチョコレートシフォンがココアが濃厚で美味しかったので、以前作ってこれも美味しかった覚えのある、
なかしましほさんのチョコシフォンを作ったのですが、膨らみがよくありませんでした。
こちらはココアの他に、溶かしたチョコも入るので、メレンゲがとても潰れやすいのです。

ラム酒も入って、香りはよいのですが、大人の集まりだからと本の指定にあるようにビターチョコをつかったのですが、
大人な味覚ではない私には、少し苦味が強すぎる印象でした。
以前作ったように、ミルクチョコにすればよかった~

それに引き換え、ロールケーキはとても美味しく、以前作った時の改良点をクリアして、満足の出来!
外観は生クリームもフルーツもたっぷりで、生地も厚めなのでかなりの太っちょさんになりましたね。
断面は...?
もちろん画像もありますよ。 すみません、次回までお待ちださいね。

今回の説明は一品のみ↓








b0108544_22315667.jpg

はちみつのブランマンジェ
小嶋ルミさんの「知りたがりのお菓子レシピ」より。
お友達のリクエストで作りました。
お菓子の会でいただいたのが忘れられなくて~ また開かないの?」

そうでした。 気がつけば、去年はとうとう一度も、我が家でのお菓子の会を開くことができませんでしたね。
今年は...努力致します~








 

b0108544_22324921.jpg

ブランマンジェ、材料もシンプルなお菓子ですが、さすがはルミさん、とても印象的なお菓子になっています。
一番はその食感、柔らかさ加減ですね。
固まるか固まらないか、のぎりぎりな感じが素晴らしいです。

そして単調で重くなりがちな生クリームの味も、ハチミツが入ることで一層味わい深くなっています。
甘さもちょうどよい!

本当はドライアプリコットで作ったソースを添えるのですが、省いて、ちょうど他のお菓子のために作った
ストロベリーソースを使いました。
なくてもそれだけで美味しいのですが、またフルーツの酸味があるとよいアクセントになります。
アプリコットならもっと酸味が強かったでしょうから、もっとおいしくなったのではないでしょうか。










b0108544_2232194.jpg

いかにとろとろ~なのか、お見せしたかったのですが、スプーンですくっても、するする~とすぐに落ちてしまいます。
一人ですくって一人で写真に撮るって難しい~(笑)
それだけ柔らかい~ということなのです。

今回は生クリームをホイップしない「プリンタイプ」の作り方にしました。
以前作ったときにはホイップする「ムースタイプ」、そちらだともっと、弾力があって、ほわんとした感じでしょうか。
お友達に、「どちらが好み?」と訪ねると、「それぞれに食感が違って...美味しい...決められないわ~!」とのこと。
もうお一方にも、「ヒューストンで有名な、(某高級)イタリアンでお気に入りのパンナコッタにそっくり~」
とお墨付きをいただきました。
そうそう、わざわざレストランに食べに行かなくても、おうちで楽しめれば安上がり~?










b0108544_22323122.jpg

素敵なお料理をお持ちくださった他にも、日本の美味しいお蕎麦やお菓子、
そして、春らしい球根で咲くお花の寄せ植えまで頂いてしまいました!

甘いピンクのチューリップがあるだけで、部屋が一気に明るなり、春になったかのよう~
そして紫のクロッカス、この後にもヒヤシンスや黄色い水仙も次々と咲き、長い間楽しむことができました。
とっても嬉しいお心遣いをいただき、ありがとうございます!


今回お招きした御三人、私はみなさんそれぞれにお付き合いがあったのですが、
お客様同士の間ではほとんど初対面~という感じだったのです。
でもみなさん海外経験は長く、お二人はニューヨークにお住まいになったことがある、という共通点もあり、
何となく、波長が合いそうに感じてお招きしたのです。
感は当たって、みなさん最初から話は盛り上がり、とても楽しいランチ会となりました。

そして、その翌週、前任地がアトランタだった方が、御主人の転勤でニューヨークにお引越しされることが決まり...
「本当にNY繋がりだったわね~」と、笑いながらも、寂しくなるお知らせをいただきました。
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-02-18 06:30 | お菓子 | Trackback | Comments(6)
しほさんプリン、ルミさんプリン ♪地区選抜バンドのコンサート
b0108544_3381067.jpg

久しぶりになかしましほさんのお菓子を作りました。
レシピはこちら→”ちいさなレシピを1ダース”の中の一つ、カスタードプリンです。

これが美味しかった!!
プリンは久しぶりのせいかもしれませんが、ぷるぷるっとした食感が懐かしい~
子供の頃に母が作ってくれたプリンに近いものがありました。









b0108544_414337.jpg

卵、牛乳、砂糖だけのシンプルな材料ですし、作り方もさほど違いはないのでしょうけれど、
あれこれたくさんプリンのレシピを試したものの、母のプリンとはどこか違うのです。

しほさんのカスタードプリンは、かなり近いながらも、もう少しプリッとしていたような...
全卵と卵黄の両方を使っているのですが、母はもったいないからと全卵だけで作っていたのかな?
などと思い出しながら頂きました。

バニラも使わず、卵と牛乳の味がストレートに感じられることも新鮮~
しほさんらしいシンプルだけど優しさのある、とても好みのプリンでした。


ただし、型出しすると、表面にはぽつぽつと小さい気泡が!
蒸し焼きする時に、温度には気をつけたつもりだったのですが...
つるつるっと滑らか肌のプリン~! が次回への課題ですね。









b0108544_3384721.jpg

ということで、という訳ではないのですが、タコが風邪をひいて高熱を出したので、またプリンを作りました。
タコは気管支が弱いので、風邪をひくと、必ず扁桃腺と腫らしますし咳が良く出ます。
いつもは風邪をひいても食欲はあまり落ちないのですが、今回は食欲もなく、
ヨーグルトとオレンジジュース、とこのプリンで何とか凌ぎました。
冷たいものでもアイスクリームは「いらない~」とのこと。 冷たすぎるのかな?

今回のカスタードプリンは、小嶋ルミさんのレシピで作ってみました。
ただし、タコはカラメルが苦手なので、今回は無しで。
バニラビーンズも入れるのですが、早く作りたかったので、バニラオイルで代用、ココットで簡単に。

写真に撮るつもりもなかったのですが、とても滑らかできれいな表面になったので、ささっと撮っておきました。










b0108544_339368.jpg

本当に、小さな気泡の一つもなく、膜もはっていません。
これならちゃんとプリン型でつくればよかった~(笑)

さすがルミさん、プリンと言えども工程が細かい!
気持ちに余裕はなかったものの、早く良くなってほしいという気持ちを込めて、丁寧に作ったせいかもしれませんね。
オーブンの温度はもちろん、温める牛乳、出来上がりのプリン生地、湯煎のお湯の温度まで指定があります。
その他にも、「確かに~」と思わせる細かい気配りが...

見た目だけではなく、食べてもとっても滑らかで柔らか~な美味しいプリンになりました。
ルミさんも全卵と卵黄の両方を使い、生クリームも入っているので、コクもあります。
昔懐かしいプリンとは少し違いますが、上品な、お店で頂くようなプリンでした。









b0108544_339181.jpg

黒糖レーズンの蒸しケーキ
こちらもルミさんの「おやつなお菓子」より。
寒い冬には、温かいおやつも嬉しいですね。
牛乳と生クリームが半々なので、普通の蒸しパンよりもしっとりコクがあります。

レーズンの苦手なタコのために、以前プレーン生地での蒸しケーキでおいしかったさつまいもに半分はしました。
生のままでよいのでお手軽にできます。

蒸しあがり、熱々の時には、黒糖だと甘みを強く感じるので、おいもより甘酸っぱいレーズンの方が合う!と感じました。









b0108544_3393683.jpg

でも翌日、冷めたのを食べてみると、甘さも和らぎ、おいもがもっちりとして、こちらもおいしい~
冷めてもぱさつかず、固くならないのも、蒸しケーキならではでしょうか。

バターではなく、サラダ油なので、軽さもあります。
材料を順にぐるぐる混ぜるだけの簡単おやつ。
気軽に作れて、美味しくて、ヘルシーで温かくなる蒸しケーキ...冬のお楽しみですね♪




☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆


ヒューストンでも1月は雪が降りそうな寒い日も多く、朝タコが咳をしだして、”危ないな~”と思った金曜日。
学校から帰ると、「今日はお休みの子が多かったよ。あちこちでゴホゴホしてたし、風邪流行ってるのかな~」とのこと、やっぱりね~  

いつもなら、高校の宿題からもしばし解放されて、補習校の宿題がある程度でほっとする金曜日の放課後ですが、
この日はAll-Region Bandの全体練習が夜に5時間もあり、学校から帰宅後、ちょっとおやつを食べただけで、
すぐに会場の高校へと、車で送って行きました。

10時近くに戻って、さぞかしお腹が空いたことと思いましたが、夜ごはんは半分も食べられず、ぐったりした様子。
熱を計ると38.7度!!
咳こみかたもひどくなっていたので、薬を飲んですぐ寝ました。

翌土曜日は朝からまた練習。
熱を計ると、朝なので38度以下に下がっていましたが、それでも熱はありますし、咳もひどいので、
「休むとか、遅刻するとか...」と私は言ったのですが、
「だめだめ、ちゃんと行かなくちゃ~」とタコ。
夜のコンサートだけでなく、二日間の練習も全て参加しないと、
せっかく合格したAll-Region Bandに資格が次の補欠の人に移ってしまうのだそう。

いつもは根性無しなので、「あら~こういう面もあるのね~」とちょっとびっくり。
↓こんな御褒美をいただけるからでしょうか。







b0108544_3395161.jpg

Tシャツと盾とワッペン。  Tシャツは裏に全員の名前入り。

All-Region Band(地区選抜バンド)に入ることは、テキサスのバンド高校生にとっては一つの目標になっているようです。
でもバンドとはいっても、夏秋のマーチングが楽しくてやっていたり、最初からオーデションは諦めている子も多いようです。
受けるのはタコの高校でも半分もいませんし、最初の予選に通るのは、三分の一以下だそうです。

Freshman Bandは名前の通り、新人である9年生だけのバンドです。
9年生から12年生までの4学年が同じ課題曲、同じ土俵で戦うので、9年生には少し不利かということで、
普通のオーデションに受からなくても、9年生だけでもう一度オーデションの機会があります。

タコは去年この9年生バンドに救われる前に、
普通のオーデションに受かって、Symphonic Windsに入ることができたので、
「もしかして、来年はその上のWind Ensumbleに入って、State(州選抜バンド)に行けたりして~」
と、捕らぬ狸の...をもくろんでいたのですが、もう少しのところでWindには入れず...

選抜バンド合格は嬉しいものの、手放しでは喜べないところもあります。
同じ地区にはヒューストン唯一の音楽学校もありますし、タコ曰く激戦地区なのだそうです。
タコは音楽の道に進む訳でもありませんし、あまり多くを期待しないようにしないと...(笑)
でも、来年もがんばってね♪










土曜の夜のコンサート、三曲のなかの一つです。
選抜バンドといっても、全体での練習は二日間だけですので、途中走りそうになったり、音の始まりがぴしっと揃っていない、
などそれなりの演奏ですが、高校生ともなるとソロで緊張してこける、ということもなく、全体にまとまってはいるような...
曲のタイトルResurgencesとは復活、再生などの意味だそうで、アメリカらしい、伸びやかで爽快、元気の出るような曲です。
もしお時間があれば聴いてみてくださいね♪


何とか夜のコンサートまで乗り切ったタコですが、もうふらふら~熱もまた上がっていました。
翌日は完全にダウン!
いつもは風邪で熱があっても、ちゃんと寝ないでごろごろしていたり、食欲も結構あったりしてあまり心配しないのですが、
今回は無理をしてしまったせいか、一日ほとんど食べずに寝ていました。
そんな中でもプリンは受け付けてくれて、作った甲斐がありました♪


その後も咳はしばらく続きましたが、今は大丈夫...
と思ったら、このところ急に暖かくなったせいか、花粉症の症状が~
心配は尽きませんね~(笑)
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-02-12 01:00 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
続・コストコのゴディバ トレジョーのチョコ
b0108544_6161632.jpg

2月に入って、ヴァレンタインも近づいて来ましたね。
だからという訳ではないのですが、年末にあれこれ買ったチョコの感想。
12月の記事「ゴディバ、リンツ...コストコのグルメなチョコ♪」の続きです。

まずは、パッケージのイラストがおもしろい、トレジョーの7枚セットの板チョコ。
全部味が違って、そのフレーバーと関係あるイラストになっています。
”ココナッツ&キャラメル”、”オレンジ&ハイビスカス”、”チリ&シナモン”など、どれもユニーク。

一番気になった”ソルト&ペッパー ポテトチップス”は、本当に砕いたポテトチップスがチョコに混ざっていて、
ちょっとクランチチョコのような食感でした。
そして黒コショウがピリピリ、とっても効いています!
しょっぱいけど、辛くて、甘い...一度にいろいろな味を感じました。

楽しいチョコで、私は好きです。
ココア分70%と高いので、チョコ自体は甘くないのもいいですね。
ちょっとしたプレゼントにしても、楽しんでいただけそうです。


 







b0108544_6264030.jpg

7枚まとめて1つの箱に、本のように入っています。

他にも少しトレジョーで、目についたチョコを買ってしまいました。
内容は外からはよくわかりませんが、パッケージの印象の好みで選んでいるところがあるかも~

通称トレジョー、本当はTrader Joe’sという名前の、アメリカでは有名なグルメ・スーパーです。 
Whole Foodsほどの高級感はありませんが、オリジナル商品がもっとたくさんあって、
アメリカにしてはユニークな品揃えだと思っています。










b0108544_6165080.jpg

こちらもダークチョコ。 二段に入っています。
箱入りの上に袋までついているので、このまま「どうぞ~」と渡すことができるのはよいかと思って。
バラエティーに富んだフィリングですが、キャラメルやどろりとした甘い物が多かったのと、
ダークチョコ自体があまり美味しくありませんでした。









b0108544_6171228.jpg

長い箱ですが、中身は8個しか入っていません。 一個が大きくはありましたが。
ダーク、ミルク、ホワイトと三層になっているのがおもしろいと思ったのですが、
こちらもチョコ自体の味があまり...なのでもう買うことはないでしょう。










b0108544_6173174.jpg

マシュマロ好きなタコに買いました。
そうは見えないかもしれませんが、丸ごとは口に入らないほど一個が大きいのです。
甘くないダークチョコとマシュマロの組み合わせがいいですね~
そこにミントの爽やかさも加わって、マシュマロはあまり好きではない私も美味しいかな~と思うほど。
もちろんタコもお気に入り。










b0108544_6174587.jpg

大きなヘーゼルナッツが丸のままごろごろ入ったミルクチョコ。
ナッツとチョコの組み合わせは好きなのですが、その中でもヘーゼルナッツは特に好きです。
ミルクチョコ自体もおいしくて、これは当たり!です。

今までヘーゼルナッツのチョコはIKEAの板チョコがお気に入りでした。
そちらはヘーゼルナッツが細かくなって入っていて、ちょっとクランチチョコのようなざくざく一体感のある食感です。
こちらのナッツごろごろチョコも、よりヘーゼルナッツが味わえて、また違った食感のおいしさですね。

スイス製なので、このチョコに浮き出たお花はエーデルワイスでしょうか...?










b0108544_6262320.jpg

そしてコストコ。
前回のチョコタルトはハズレでしたし、コストコのクッキーやお菓子はあまり美味しかった覚えがないのですが、
クレープという写真も何やら美味しそう~ それにベルギーチョコですし。

このクリスマスらしい赤い缶にも惹かれました。
高さ30cmはある大きな缶なので、何かに使えるのでは~と思って。
(こうやって使い道のない空き缶が、どんどんたまる一方...笑)


ゴディバの三段箱もまた売っていました!
10月に一度見かけて以来、全く売っていなくて、あれは幻か、何かの間違いか~と諦めかけていたのですが、
12月のクリスマス前に再度発見!!
今度は4箱買いましたよ~ 同じような大量買いの方もたくさん見かけました。

蓋は少しカラフルなお花が描かれて変わっていましたが、
中身は全く変わっていませんでした。










b0108544_1552987.jpg

前回載せた写真を再度持って来ました(蓋が違いますよね)が、本当に中身はこのまま。

先日のクラフトの会の時、みなさんにお値段を予想していただいたのですが、
「お値打ちだったのよ~」と前置きしたにも関わらず、$30~?、$50~?という声があがりました。
やはり$17には見えませんよね。

でもお値段のせいか、ゴディバってそれほど美味しいかな~と感じてしまったり、有り難味をあまり感じませんでした。
それほどチョコにはこだわりが無いので、違いがよくわからないのかもしれません。
中身が甘~いキャラメルやガナッシュで、私の好みではなかったせいもあるのでしょう。
プレゼントにはよいですが、うち用にはもう買わないかも...?









b0108544_6181578.jpg

少し中身も御紹介。 上はクリームブリュレ、下はラズベリーチーズケーキ。
名前には惹かれますが、そういう風味は僅かに感じる程度、やっぱり甘い!(笑)

真ん中のが、赤い缶に入っていたチョコクレープ。
と~っても薄いさくさくした生地が軽くて、コーティングのミルクチョコも美味しい~
いろいろ買ったチョコ製品の中、うちでは一番の人気でした!!


こちらもゴディバのチョコも、全てホリデーシーズンの季節商品らしく、もう並んではいません。
また年末のお楽しみですね~
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-02-05 02:01 | 美味しいもの | Trackback | Comments(4)