<   2016年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
抹茶ミルクのバターシフォン りんごのロールケーキ
b0108544_6325341.jpg


前回のお話、ホールの姿だけしか撮れませんでしたが、シフォンも半分だけお持ちしました。
大きショートケーキもありましたし、カップデザートもあって、シフォンは余計かな?と半分にしたのですが、
今回は他の方からのデザートがチーズケーキだけということもあって、シフォンもすぐに売り切れてしまいました。

打ち合わせ無しのポットラック。みなさんがどういうものをお持ちになるのか、重ならないといいけど...
と何を作るのかは悩むところです。
時によっては、ごはん物ばかりだったり、デザートばかりだったり、なぜか気の合ってしまうこともありますよね。

そして翌日のおやつタイム。
前日は私の口に入らなかったシフォンとブランマンジェをゆっくり味わうことができました。 幸せ~♪

シフォンケーキには、この流れるくらいゆるゆるにたてた生クリームを合わせるのが好きです。
大きなブラックベリーも甘酸っぱさがしっかりと感じる美味しいものでした。

ブラックベリー、アメリカではラズベリーやブルーベリーよりも御値段もお安く、一年中出回っています。
日本ではどうでしょう?
でも味も素っ気無い印象で、お飾り以外には進んで買い求めることはなかったのですが、
御友達から、「味がない時は、そのまま常温で置いておくと熟してきて甘くなるのよ~」とお聞きしました。
試してみると、その通り!
ラズベリーなどは一刻も早く食べないと、すぐにカビが発生するのでベリー類はそういうイメージでしたが、
ブラックベリーは違うようです。

熟したブラックベリーは甘みだけでなく、酸味もしっかりとしていて、口に入れるとぷちぷち感も楽しい~♪
そのままで食べるのでしたら、ブルーベリーよりも好みかもしれません。










b0108544_6332063.jpg

抹茶ミルクのシフォンケーキ
津田さんのバターシフォンです。 もちろん20cm。
抹茶の緑が鮮やかに出ました。 牛乳が入っているせいでしょうか?
抹茶が入るとメレンゲが潰れやすい、しかもバターシフォン...失敗したらどうしよう~と不安もありましたが、
高さもでましたし、私にしてはよく出来た方だと思っています。










b0108544_6342058.jpg

型外しも、特にいつも雑になりがちな底の部分がきれいにできたのに...
なぜか前回のホールの写真は上向きでしたね。

バターシフォンはふわふわだけではなくとてもしっとり、じゅわっとした食感も好きです。
抹茶の苦味も牛乳とバターの風味でマイルドになります。
実は抹茶を使ったお菓子って、コーヒー同様それほど好みではないのですが、このシフォンは大好きです♪










b0108544_6343816.jpg

人参のシフォン
こちらは小沢さんのオイルを使ったシフォン、手はずしも上手くできました。
いつも健康に気遣っているお友達Tさんに、おすそ分けしたいと思って作りました。










b0108544_6345720.jpg

冷ます時間があまりなくなってしまい、まだ温かいうちに慌てて切ったら、断面くっついて見た目ぼろぼろ~(泣)
高さがいつもよりも出なかったし、少し失敗気味だったのかもしれません。

人参のすりおろしがたっぷり入っています。
粗めにおろしたほうがよいとあってのでそうしたのですが、結構人参の食感がそのまま~な気がしました。
もちろんおろしてあるのでそれほど気にはならないのですけどね。

人参のクセを消すために、レモン汁と皮のすりおろしも入っています。
なるほど、人参のクセはなく、甘さだけを感じます
キャロットケーキもそうですが、人参が入るとふわふわながらもしっとり、少しもっちりの食感にも思えますね。
よそ行きの美味しさではないかもしれませんが、人参で体がしゃきっと、食べて元気になりそうな、
普段のおやつらしいシフォンです。











b0108544_636022.jpg

りんごのロールケーキ
久しぶりのロールケーキ、くるくるっとまん丸に、上手く巻けてよかった~♪

小嶋ルミさんのロールケーキは生地も厚めで大きいのですよ。
巻く時も重量感があって、よいしょ~っと生地を持ち上げる感じです。

見た目は地味なのですけど、と~っても美味しい!
りんごの角切りコンポートを巻き込むのですが、レモンの酸味も効いて、コンポートそのものが最高なのです。
もちろん手作りなので甘さも控えめで、煮る時間も驚くほど短い。
りんごの新鮮さは活きているのですが、風味は凝縮されているのです。










b0108544_6363086.jpg

珍しく焼き色がきれいについて剥がれなかったので、外巻きにしたのに、
お天気の悪い日だったこともあり、写りがぼんやりとしてしまいましたね。
生地にはバニラビーンズも入っているのですが、見えるでしょうか?

リッチな生クリームのケーキにリンゴの爽やかさがベストマッチ!
果物の種類も少し寂しくなる冬ですが、このりんごのロールケーキなら作りやすいですし、お勧めです!
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-01-30 23:54 | お菓子 | Trackback | Comments(8)
はちみつのブランマンジェ ハムコーンロール 高1新年会
b0108544_373693.jpg

お気に入りの、小嶋ルミさんのはちみつのブランマンジェ、今回はプルプルのプリンタイプで作りました。
上にはふるふるとこちらも柔らかいオレンジのクラッシュゼリー。
そしてフレッシュなフルーツ、パイン、キウィ、オレンジ、ラズベリーも乗せて。

ブランマンジェははちみつの風味をしっかりと感じますので、
レモン汁、グランマニエもプラスして酸味と香りを増したオレンジゼリーの爽やかさとマッチするのでは...
と期待したのですが、本当に、思った以上によい組み合わせ! とっても美味しい~!!
私としては今回の満足度、かなり高いです♪


先週末は三連休ということもあり、Hさんのお宅で、近くの高1が集まっての新年会を開いてくださいました。
そのために、ブランマンジェも12個とたくさんお持ちしたのですが、
今回は20人と大勢でしたので、こちらはママと女子にしか行き渡らず。
男子のみなさん、ごめんなさい!








b0108544_38172.jpg

今回こそ、当日ばたばた慌てないようにと、前日にシフォンを焼いて、ブランマンジェまでは作っておきました。
パンはやはり焼きたての方が美味しく食べていただけるかと、当日はそれだけ作ればよいかと思ったのですが、

前日に、Hさんから「Mさん(ママのお一人)が誕生日なのですって!ケーキお願いしてもよい?
ろうそくは用意できると思う...」と突然のことで、急遽ジェノワーズも焼きました。

前回、大晦日のうちでのパーティーでは、実はジェノワーズの出来がよくなくて、
後でダダやタコにダメ出しをされていたのです。
他に部屋の片付けや、おせち料理の準備などに気が行っていて、ジェノワーズを作る時に、
ボンヤリしていたのだと思います。
今回は気を入れて作ったつもりです。

大きく作る時は、高さがあると持ち運びや切り分けるのにも大変なので、この程度の厚さに焼いて二段にしています。









b0108544_382230.jpg

ハムコーンロール
以前に違うメンバーのパーティーでも作って子供たちに好評でしたので、今回も子供向けに。
前回好評だったものの、パン生地はホームベーカリーに付いていたレシピブックに載っていたものを試してみたのですが、
私にはフツーの美味しさに思えたので、やはりお気に入りのZopfのレシピにしました。
やはり、今回の方が美味しい~!

ただパンの成形は、本当は一個ずつに分けて、丸めてからまだいくつか工程のある作り方なのですが、
今回は簡単に、大きく広げた生地にハムを広げて、それをくるくる丸めて、いわばロールケーキのように作って、
焼く前にマヨコーンを乗せるものにしました。

真ん中は太く、端っこは小さくなってしまいましたね。
コーンが苦手な方もいるかな~とチーズを乗せたのも作りました。

パーティは土曜の夕方からの開催でしたが、土曜は補習校の送り迎えもあり、
急遽頼まれたショートケーキ用に苺などフルーツも買いに行かなくてはならないし...
朝から始めたパン作りも、途中で中断しなくてはならず、時間のやりくりが大変~(笑)









b0108544_384470.jpg

ウィンナーロール
もう一種類はこちらも同じく簡単成形の、ウィンナーロールにしてしまいました。

フランクフルトのような太いウィンナーでしたので、三つでも結構大きく食べ応えのあるパンに。
巻くときにケチャップと粒マスタードも塗りました。
発酵時間も計らず、何となく見た目で...チーズも乗せたり乗せなかったりと適当~(笑) 
でもトレジョーで買ったウィンナーが美味しいものでしたし、パンもよ~く膨らんでふわっふわに焼きあがってくれました。










b0108544_310298.jpg

オレンジゼリーは当日、適当に作ったので固まらなかったらどうしよう~と心配しまいましたが、何とか出来てよかった!
フルーツを切って乗せるだけなのに、のろまなので時間があっという間...










b0108544_31134.jpg

最後にショートケーキが仕上がったのは、もう照明がないと写真が撮れない時間。
写りがよくないですが、デコの粗がめだたなくて、かえってよかったでしょうか...(笑)

御誕生日のMさんは、都会的なかっこよい雰囲気の方なので、赤だけではなく、ブルーを効かせてクールに...
したつもりですが、時間に追われて額縁絞りも、フルーツの並びもきちっとできていない~(反省)

この容器、上の黄色い物と色違いの同じ物です。
横のナッペが要らないので、作りやすかったですし、持ち運びも楽でした。
30x20cmと大きいので、どう持ち運ぶか迷ったのです。

お宅の冷蔵庫には入らないかもしれません。 
ケーキを頂くのは後のことですし(実際9時過ぎていました)、常温に出しておくと、生クリームを使っていますし、
美味しさが半減しそうです。
一番大きなクーラーボックスに入るのはこの容器の大きさが最大でした。
本当はもっと大きく、できれば丸く作ってみたいのですけどね。










b0108544_3112468.jpg

焼きあがったパンがおいしくて、タコといくつか食べてしまい、お留守番のダダの分も残しておいたらこれだけに。
パーティーではすぐに売り切れてしまいました♪

こういうお惣菜パンのようなのって、こちらではあまり売っていないので、珍しいのかもしれませんね。










b0108544_3114923.jpg

パーティーではたくさんの美味しいお料理が並びました。  
大人数ということで、やはりどれも大量~

韓国料理のチヂミ、トッポギ、ジャーマンポテト、パエリア、チキンとパプリカの炊き込みごはん、
ブロッコリーとエビとゆで卵のサラダ、写ってはいませんが、ミートローフ、豚の角煮、鶏のねぎソース、
トマトサラダ、御赤飯...









b0108544_323298.jpg

10人前以上ありそうなチンジャオロースーも豪快! 
お肉を細切りにするだけでも大変そう~なんて思ってしまいます。

食べ盛りの高校生の胃袋も満足な、食べ応えのある美味しい御料理ばかり。
みなさま、御馳走様でした♪










b0108544_3233564.jpg

満腹のお腹ごなしに、夜のプール遊び(笑)
暖冬のヒューストンにしては気温の低い夜でしたが、もちろんプールは温水。
外で写真を撮っていた私はぶるぶるでしたが、プールに入っていると全然寒くなかったそうです。
2時間も遊んでいました。

よ~く見ると、水面がかなり波打っているのが分りませんか?
さすが体力が余っている高校生男子。 大変なあばれようで、大嵐の海のようになっていました。
こんな大騒ぎができるのも、個人の家の裏庭ならではですね。









b0108544_3281594.jpg

ぶくぶく泡の出るジャグジーでゆったり入るのもいいですね。

本当はママたちも入りたかった~!?










b0108544_312826.jpg

私の作ったショートケーキも、キャンドルでおめかししていただいたら、何だか素敵に見えて来たような...

何と、お誕生日はMさんだけではなくて、一昨日、昨日、今日、明日と4日連続で4人の方が~
という偶然にもびっくり~@@!
この一台のケーキで4人の方を、大勢のみなさんで囲んでお祝いすることが出来ました。
ケーキ冥利につきるというものです。

お話も楽しくて、時間の経つのがあっという間。 
またもや午前様~(笑)
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-01-23 23:57 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
煎茶のカップケーキ ラムレーズンのアイスクリーム
b0108544_10281383.jpg

アラバマからの友人夫妻のために用意した、去年のクリスマスの大人な(と言うより地味な)お菓子たち。
その時に持って来ていただいた自作の器に乗せて。 シックな雰囲気になりました。

こちらの記事にフルーツケーキとジェラート2種は載せましたが、それ以外はまだでしたので。











b0108544_10285831.jpg

渋皮栗のケイク

津田さんの「100のおやつ」より。
栗の渋皮煮は細かく割っていれるのだけど、欲張ってその他に丸のままごろごろと入れたのですが、
そのせいか、時間が経って、外は焼けているように見えたのに、型から外したら中がまだでした。
急いでまた型に入れて焼いたのですが、一部崩れて大失敗!

アーモンドパウダー、生クリーム、ハチミツ、ラム酒といろいろ入ってしっとりと、とっても美味しいケーキだったのに、
見た目が悪くて残念~ リベンジしたい!


ココナッツミルクのシフォン

こちらも津田さんのバターシフォン。  こちらは安定の美味しさ。
ココナッツミルクと牛乳も使うので、それほどココナッツミルクの香りは強くなく、コクが増す程度。
ヨーグルトを入れた時と似ていますが、膨らみも弾力も増すように思えます。
普通のオイルシフォンよりもしっとり、じゅわ~とした食感がバターシフォンの特徴でもあるでしょうか。

バターシフォンは初めて、という友人夫妻にも気に入っていただきました。
「さっそく家に帰ってから作りました~(ご主人が!)二度目で成功!(さすが!)美味しかった~」
という嬉しいメールをいただきました。 ありがとう~♪










b0108544_11203455.jpg

ラムレーズンのアイスクリーム

ジェラート、アイスクリーム、シャーベット―ライト&リッチな45レシピ (セレクトBOOKS)

柳瀬 久美子 / 主婦の友社



お酒好きな友人にはもってこいかと、自家製ラムレーズンたっぷりのアイス。
卵黄の黄色が鮮やかで、見た目もきれいに出来上がっていますが、味も最高!
手作りアイスは変にベタベタしませんし、コクはあるけれどさらっとした後味なところも好きです。

ずっとレーズンものは苦手だったタコにも美味しかったようです。
少しは味覚が大人になってきているのでしょうか...










b0108544_11205256.jpg

新しいアイスクリーマーを買ったので、嬉しくて立て続けに3種作りました。

柳瀬さんの本では、卵を使うのはアイスクリーム、使わず牛乳と生クリームだけなのをジェラートと定義しているようです。
もちろん一般的には卵を使ったジェラートもありますが。

という意味ではアイスはラムレーズンだけで、ホワイトチョコとラベンダー、抹茶と柚子はジェラートになります。
色合いからも何となく、ジェラートはあっさりとした感じに見えますね。

抹茶と柚子の組み合わせも意外によかったのですが、やはりラムレーズンのアイスが一番好みでしょうか。
ラムレーズンというより、卵を使ったアイスのおいしさ。
抹茶と柚子もアイスでも作ってみたいものです。










b0108544_10302067.jpg

抹茶のカップケーキ

多佳子さんのレシピ。
カップケーキとありますが、作り方は卵別立て、シフォンケーキに似ています。
なので、冷めるとしぼんで、何だかぱっとしないように見えるかもしれませんね。

クリームやアイシングなどでカバーすれば華やかになるのでしょうけれど、うちおやつ用なので、そのままで十分!
シフォンと違って小さく焼くので、焼き時間も短く、ささっと作れて、ぱぱっと食べてしまいます。










b0108544_10303798.jpg

断面を見れば、やはりシフォンに近い!
でもバターを使っているので、ふわふわながらもバターのよい香り、抹茶よりも主張しすぎない御煎茶の香りも、
普段のおやつにはぴったりです。

何より嬉しいのは、焼き立ての熱々、ほわんほわんなところを味わえることです。
シフォンと違って冷めるまで待たなくてもよいですからね!











b0108544_10305250.jpg

オーブンから、超速攻で取り出して、撮った一枚!

スフレのように膨らんでいます。
すぐに、あ~っという間にしぼんでしまうのですけどね~

熱々の(シフォンのような)カップケーキ、最高ですよ!
みなさまもお試しを~
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-01-19 23:59 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
コストコのゴディバ トレジョーのベルギーチョコレート
b0108544_838728.jpg

コストコで、ホリデーシーズン(11、12月)にだけ売っているゴディバの三段チョコボックスを、
今回も買ってしまいました。

昨シーズン(2014年)と比べて、箱の模様が少し、中身も少し変化がありました。









b0108544_8384512.jpg

9個、全部違う種類で華やかにみえましたが、三段全部この組み合わせ。
以前のは一段に3種類が3個ずつで三段それぞれ違った内容でしたので、
結局9種類のチョコが3個ずつ入っているのは同じです。

9種類全部を口にしたわけではないのですが、どれも周りのチョコの部分が薄くて、ほとんどフィリングの味しかしません。
それもキャラメルとかヌガーとか甘~いものばかり。
こんなに甘かった~??という印象。 プレーンのチョコだけでいいのに。

1個が普通の二倍はありそうに大きくて、27個入って$16.99というのは、ゴディバにしてはお得な気がしていましたが、
肝心のチョコの部分が少ないようなので、なるほどね~という感じです。








b0108544_839273.jpg

もう一つのボックスセット。 こちらはコストコのブランドKirklandのものなので少し迷いましたが、
5段と箱が少し立派そうだったのと、”ラグジュアリー”の文字に、もしかして~と期待してしまいました。









b0108544_8392055.jpg

5段のうち2段は全部違う種類なので、18種類の味が楽しめます。

見た目は変化もあって楽しいのですが、食べてみるとやはりフィリングに甘い物が多く、
周りのチョコ自体も甘めで、やはりリピートは無しでしょうか...









b0108544_8394467.jpg

前回いろいろ買った中で、唯一リピートしたのがこちらのチョコクレープ。
くるくると幾重にも巻いてある薄いクレープ生地のミルクチョコレートがけ。
とにかくクレープ生地が薄くてさくさくの軽さ。
ミルクチョコですが、それほど甘~いという感じがなくて、一応ベルギーチョコということで美味しいのです。

こちらも箱が、以前の殺風景な赤い缶から、きらきらと模様はついていますが、紙の箱に変わりました。
中身は同じく美味しいままでよかった!










b0108544_8401251.jpg

こちらはトレーダー・ジョーズでの季節商品。
感謝祭につきものの、ターキー・スタッフィング味のポテトチップス。
スタッフィングは全く苦手な味なので、怖い物見たさに買った(笑)のですが、やはり独特のお肉っぽい、スパイスも効いた味。
私にはダメでしたが、いつの間にかポテチ好きの二人が食べきってくれました。

パンプキン味のアイスクリーム。
日本のかぼちゃの味を想像してはいけません。
アメリカのハロウィンでおなじみのオレンジのかぼちゃです。 なので色もオレンジ。

味は、パンプキンパイの味。
オレンジかぼちゃはそれ自体は味があまりないので、シナモンやナツメグなどのスパイスを利かせるのですが、
その味が強いのです。

レディー・フィンガーは、以前にもティラミスを作った時にちらっと触れましたが、
周りにお砂糖のコーティングがびっしり。 
とても甘くてふがふがしていて、美味しくない~  ティラミスには使えませんでした。  

トレジョーでも時には、大ハズレなものもあります。










b0108544_8403294.jpg

箱に本のように並んで入っているカラフルなチョコ。
チョコレート・パスポートということで、それぞれエクアドル、タンザニア、ガーナ...など国別のカカオで作られています。

全くチョコ通ではないので違いはあまりわかりませんし、プレーンなダークチョコですので、
それほど楽しくも、美味しい~と感じるものではありませんでした。
昨シーズンの変わったフレーバーのダークチョコセットの方が好きでした。
でも、甘みがあまりありませんし、お菓子の素材に使えそうです。









b0108544_8405671.jpg

またもやベルギーチョコのセットですが、トレジョーのこちらは、見た目地味ですが一番美味しかった!
まず、周りのチョコ自体の味が美味しくて甘さが強すぎない。
中のフィリングもガナッシュクリームやナッツなど、キャラメルでも歯が浮くように甘くはなくて、どれも食べやすいのです。

30cm四方と大きな箱にたくさん入っていて、10ドル程度だったと思います。
人気があって売り切れてしまったのか、12月からはもう見かけなくなってしまいました。
でもうちには買い占めた(クリスマスのプレゼント用に)うち、まだ2箱残っています♪
私はそれほどチョコは食べないのですが、ダダが好きなので。

もう一つの箱は、外からは何だか全くわからなかったのですが、アマレッティとあるので、
アーモンド系のお菓子かと思って、クラシックな箱にもひかれて買ってみました。









b0108544_8412458.jpg

中は大きなザくザくっとした食感のクッキーのようなもの。
アーモンドというかマジパンのような、イタリアでこんな雰囲気の素朴なお菓子を食べたことがある~
ととにかく強い香りが印象的。 好みではありませんが...










b0108544_8415232.jpg

あれこれ買い込んでしまいましたが、パーティーではお友達にも味見して楽しんでいただきました。

下のお花の形はトレジョーのカラメル・ショートブレッド。
リンツのリンドール5種類ミックスも冬の時期にしか売っていないのですが、うちの定番となっています。 

たまにはお高~い、美味し~いチョコレートも食べてみたいものです。
日本と違って、ゴディバのお店ぐらいしか見当たらず... どこかあったら教えてください~









b0108544_8421250.jpg

10月のことになりますが、こちらもコストコで、ハロウィンに配るために買ったチョコです。
たくさんに見えますが、まだまだ、これは配り終えて余ったチョコなのです。
一袋に500個とか入っていたりします。  さすがコストコ!(笑)

タコもそれほどチョコ好きではないのですが、キットカットとクランチだけは、
ダダもピーナッツ入りのM&Mは食べようかな~ということでより分けて、
あとは学校に持っていったら、放課後のバンドの練習の時に、あっと言う間になくなってしまったそうです。

それにしても、このチョコの種類も見慣れたパッケージも、毎年ほとんど変わり映えがしません。
タコの小さかった頃、10数年前の初めてのハロウィンでもこれと全く同じチョコをもらっていたと思います。

毎年いろいろな新製品のお菓子が出る日本と違って、アメリカではスーパーに並んでいるお菓子、
驚くほどに変化がないのですよ(泣)
なので、トレジョーやコストコで新しい物を見ると、嬉しくて、つい買いたくなってしまいます。
この気持ち、おわかりいただけますか~?(笑)
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-01-12 23:59 | 美味しいもの | Trackback | Comments(6)
初焼きはコーヒーマーブルシフォン ミルクティーバターシフォン
b0108544_8392968.jpg

新年の初めに、今年こそいろいろと、新しいお菓子にも挑戦してみたい!
と意欲だけはい~っぱいなのですが...

2016年の初焼きは、いつものシフォンケーキとなってしまいました。
それでも、こちらの真ん中の三切れのコーヒーのシフォン、小沢のり子さんのレシピでは初めてです。

あまりはっきりとしたマーブルとなっていないのは、両方の生地もコーヒー味となっているからです。
つまり、全体にコーヒーの味わいなのですが、部分的に濃~いコーヒー味。
かなり大人味のシフォンです。 (私がコーヒー苦手な子供味覚、というせいでもありますが。)

両脇のニ切れはミルクティーのシフォンケーキ
何度も作っている津田さんのバターシフォン。 大好きな、私の鉄板レシピ!です。

牛乳で煮出したアールグレーが香り高く、バターのコクで味わい深くなります。
きめ細かくしっとりとなるのもバターシフォンならでは。
茶葉を入れないところも気に入っています。 細かくしても何となく舌触りが気になってしまって...
見た目は茶葉が入った方が、アクセントになってよいのかもしれませんけれど。










b0108544_8395674.jpg

両方とも20cmの型。夏に20cmの型が二つに増えたので、続けて作ることができました。
20cmですとずんぐりした形でかっこよくはないのですが、ふわふわした部分が多く、
やはりシフォンは大きく作るほうが好きです。

またもや型出しが雑に、ひどい姿になってしまいました。 
せっかく美味しく出来たのに、いつも最後のつめが甘すぎ!(笑)

二台とも、月曜日に遊びに来て頂いたお友達のリクエストで作ったのですが、
ランチに引き続いてのお喋りが楽しくて、気がつけばお帰りの時間に。
もともとシフォンは御家族にお持ち帰り用で焼いたのですが、型出しもしていなくて、
慌ててざざっとナイフを入れたらこんな姿になってしまった...という訳です。

写真もキッチンでぱぱっと撮って、中がちゃんとマーブル模様になっているか心配でしたが...










b0108544_8403538.jpg

何とかマーブルに見えなくもないかな~と一安心。
焼き上がりの高さがいつもより1cmも低くて、やはり生地を取り分けて、片方にはコーヒー液をさらに混ぜたり、
それを戻して混ぜたり...と生地をいじる回数が増えたことで、中の状態が心配だったのです。
マーブルシフォンは反省点がありますが、何とかお渡しできるシフォンを焼くことができてよかった!

オイルシフォンの軽さと、バターシフォンのしっとりとコクのある風味と、違いを楽しんでくださいね♪









b0108544_841287.jpg

2015年の焼き納めは、こちらも普通に苺のショートケーキでした。
左側の写真の一番奥の、何だかかっこ悪~いもの(笑)です。

大晦日のポットラック、12人用に大きく18cmの二倍量で作ったのですが、
型が大きくて生クリームも700ml立てても上に絞り出す分がなくなってしまいました。
苺も2パックでも足りずに、ラズベリー、ブルーベリー、ブラックベリーをざざっと乗せただけ。
おまけにいつもと違ったレシピを試してみたら、今ひとつ。 
後でダダとタコにダメ出しされてしまった~(泣)

みなさんの作って来ていただいたデザートが素晴らしくて、助けていただきました!
いろいろなフルーツいっぱいのクラッシュゼリー、
チーズケーキは湯煎焼きで、濃厚な美味しさながらとてもしっとりと滑らか、
そして抹茶のケーキは、抹茶スポンジ、プレーンムース、抹茶のムースと三層になっている、
手間のかかった本格的で美味しいケーキ!

美味しいお料理もまたまたたくさんお持ちいただいたのですが、いつもながらばたばたして、
食べかけのこの一枚しか写真が撮れていなくて、すみません!

スパムおにぎり、トマトとモッツァレラのパスタ、キッシュ、御赤飯、タイ風春雨サラダ、
ほうれん草のホットサラダ、鳥のから揚げ、大学芋...私はちらし寿司とたこ焼き、そしてアイスクリーム三種。
お餅も途中でつきあがったのですが、他にもディップやチーズ、チョコやクッキー類など、
買ったものもたくさん並んでいたこともあって、もうおなかに余裕もなくなり、みなさんにはお持ちかえり頂きました。








b0108544_8415493.jpg

年明けには毎年のように集まっていたのですが、大晦日に集うというのは久しぶり。
コロラド時代は毎年のことでしたので、久しぶりに賑やかな楽しい年越しとなりました。
(テキサスでは年越しに花火がばんばん上がって、テレビの音もさえぎるほどなのですよ。)

紅白歌合戦を観るのは5年ぶり!という方もいらして、感激しながら観ていただけたのも嬉しかったです♪
みな少しずつ歳が違うので、懐かしく思い入れのある歌手も、それぞれ違いがあったり、
歌よりもみなさんの反応やつっこみが面白かったです(笑)










b0108544_8423024.jpg

深夜にも一度食洗機を回したのですが、睡魔には勝てず、残りは翌日に持ち越し~(笑)

元日の朝には、昨夜の後片付けから始まる...ということになってしまいましたが、
きれいになった食器を仕舞う、というのも気持ちの良い時、ではありませんか~

楽しかった大晦日ですが、おせち料理が簡単なものになってしまったことだけは反省しています。
タコと過ごせる御正月も来年で最後かもしれませんし、次回こそ気合をいれて...!?

一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-01-08 11:28 | お菓子 | Trackback | Comments(6)
謹賀新年 おせち2016
b0108544_1254946.jpg

あけましておめでとうございます♪

みなさまはどのようなお正月を過ごされたのでしょうか?
アメリカでは元日のみが祭日で、大晦日も2日も普通にお仕事というのが例年でせわしなく、
御正月気分も味わう暇もないのですが、今年は元日が金曜日でしたので、
昨日の日曜日まで三連休となり、のんびりとすることができました。
明日からは学校も始まります。

ここ数年、三段のお重に詰めていたおせち料理ですが、今年は大晦日に昼間から深夜まで、
うちで紅白を観る会、などを開いてしまったこともあり、簡単なものになってしまいました。
それでも黒豆や数の子など、お祝いの気持ちを込めて作ることができましたし、
アメリカでも日本の御正月気分を味わうことができるのは、ありがたいことです。










b0108544_1261014.jpg

・えびのつや煮(Aさん作、ありがとうございます!)
・牛肉の八幡巻き(Mさん作、ありがとうございます!)
・変わりきんとん(Tさん作、ありがとうございます!)
・御赤飯(Aさん作、ありがとうございます!)
・紅白かまぼこ(市販品)
・黒豆
・数の子
・伊達巻、豆腐伊達巻
・栗の渋皮煮
・松前漬け
・ローストビーフ
・豚とさつまいも、干しあんずの煮物

全部で12品。
今年は大晦日に集まった4家族で、おせち料理の持ち寄りもしてみました。
ポットラックの御料理とは別に作ることになったので、みなさんにも大変だったかもしれませんが、
みなさんの美味しい御料理のおかげもあって、何とかおせちらしい形になりました。
御馳走様でした!

私の分担は黒豆でしたが、伊達巻も何とか大きいのが2本できましたので、みなさんにもお分けしました。








b0108544_1262718.jpg

ちらし寿司は大晦日のパーティーにもお出ししたので、載せた具も同じ物を取り分けておきました。
エビは白ワイン蒸し、カニは出汁とレモン汁と少しの塩に浸しておきました。
アラスカ産のイクラはとっても新鮮、醤油とみりんで少し味をつけてあります。
スモークサーモンは回りに胡椒またはディルがまぶしてあるので切っただけ。
寿司飯にも白煎りごまとガリのみじん切りを混ぜ込んで。









b0108544_126421.jpg

伊達巻、向って左は普通のはんぺんを使ったもの。
二倍量で大きい方の玉子焼き器をつかいましたが、思ったよりも大きく膨らみ、
ぎゅ~っと押して一重に巻くのがやっとでした。
でも切ってみると、今までで一番市販の伊達巻の断面に近い感じに見えました。
日本の黄身がオレンジ色の卵でしたら、もっときれいな色合いになったのでしょうけれど、
アメリカの卵って、オーガニックの卵でも黄身の色が薄めなのです。

右側ははんぺんの代わりに茹でて水切りをした豆腐を使った豆腐伊達巻。
こちらはくるくる巻きやすかったのですが、鬼すだれが一枚しかなかったので、
2本目の伊達巻が焼けた時点ですだれをはずしてしまったこともあり、外側の模様がくっきりとは出ませんでした。

見た目も似ていますが、食べた印象も結構似ています。
でもやはり、はんぺんを使った方が弾力があり、風味も近いでしょうか。
どちらも甘さ控えめで、食べていただいた御友達からも、「市販のは苦手だったけれど、これならいける!」
と言っていただきました。









b0108544_127150.jpg

黒豆も二種類。
ひとつはいつもの、必ず柔らかくきれいに煮える、私にとって鬼レシピ(笑)
今年も満足の仕上がり、みなさんにも喜んでいただきました。
上の汁いっぱいの方です。 わからないので、小皿にお豆だけ乗せました。
しわも寄らずにつやつやです。

去年その黒豆を入れて、パウンドケーキやチーズケーキも作り、
黒豆って乳製品ととても相性がよくておいしかったのですが、少~し御醤油の風味が気になりました。
おせち料理としてそのまま頂くには、少し塩が効いた、御醤油の風味も美味しさの一つなのですが、
洋風のお菓子に使うと、気持ちくどいかな~という印象。
それに柔らかすぎる気もしたので、今年はお菓子用に、塩や御醤油を入れない、
砂糖と風味付けにバニラビーンズを入れた黒豆も煮てみました。
煮る時間も短くして、柔らかすぎない黒豆です。 
といっても芯が残るほどではなく、普通にいただいてもすっきり美味しいのですけどね。









b0108544_12713100.jpg

私はお肉よりお魚を好みますが、家族は肉も好きなので、今年は全くおせち料理らしくはないのですが、
ローストビーフとこちらの豚の煮物も作りました。

若山曜子さんの「フレンチデリ」より、豚とさつまいもと干し杏の煮込みです。
味付けは塩コショウ、にんにく、白ワインのみ。
白っぽい見た目同様あっさりとはしていますが、ローズマリーとレモンタイムのハーブも効いて、なかなか美味しい。
フィレ肉を使ったこともあり、とても柔らかです。

ローストビーフ、ダダは生っぽいのが苦手なので、見た目はよくありませんが、しっかり中まで火を通してあります。
見た目は固そうですが、中は柔らか。 
回りを焼き付けてから、煮る時間は短く、冷めるまで蓋をとらずにむらすことで、柔らかくなるそうです。
こちらはみりんと醤油で和風の味付け。










b0108544_14299.jpg

うちのお雑煮は、水菜を乗せただけのとてもあっさりとしたもの。
でも今年はお餅も自家製(新しいホームベーカリーはお餅がつけるのです!)、
お出汁をいつもよりよい素材で濃い目にとったら、大変に美味しくできました。

品数は少なくなってしまいましたが、今年も”アメリカでもおせち”を何とか継続できました。
ささやかではありますが、おせちと共に家族でゆったりとした時間を過ごすことが出来、幸せを感じています。

2016年、今年もどうぞよろしくお願い致します。
みなさまにとっても素晴らしい一年となりますように!!


一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-01-04 23:59 | うちごはん | Trackback | Comments(10)