<   2016年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
杏仁リコッタ&マンゴープリン  感謝祭のターキー
b0108544_22481327.jpg

先週の木曜日、アメリカではサンクスギビングの祝日でした。
今年はお友達からターキーディナーに御招待をいただき、久しぶりにアメリカらしい感謝祭を過ごすことができました。


杏仁リコッタ&マンゴープリン
杏仁豆腐にリコッタチーズを入れてしまうというレシピ。しかも白ワインたっぷり。
リコッタだけではなくもちろん牛乳の方がたくさん使いますし、リコッタですからチーズチーズした感じにはなりません。
普通の杏仁豆腐よりコクがあり、あっさりしすぎずによい感じです。
ただ寒天の配合が多かったのか固めだったので、もう少しするするな食感の方が好みでした。

マンゴープリンも以前とは違うレシピで、今回はフレッシュなマンゴーを使いました。
完全なピュレではなく、ざっと手でつぶしたので、ところどころにマンゴーそのものを感じるのが好みでした。
もっと甘いマンゴーだったらよかったのに~

両方共あっさりめの味でしたが、乗せたたっぷりのフルーツ、そしてアガーとグラサージュのゼリーにはグランマニエをたっぷり。
量が足りなくて、おうち分にはゼリーがなくなってしまいましたが、このゼリーが効きました。
全体の組み合わせは最高~♪

高校生以上の大人な集まりでしたので、持参いたデザートも大人っぽい雰囲気に、一応したつもりです。











b0108544_22483339.jpg

その他に作ったお菓子全て、カットやデコをする前に勢ぞろい。
いつものことですが、この後がトダバタで、持って行く状態になってからの全体写真が撮れませんでした(泣)

新しく買ったチーズケーキの本が気になり、上のリコッタ杏仁とともに、下の2つもその本からのチーズケーキ。
でもそれぞれ味わいはかなり違います。

そして右上のスポンジケーキ風ですが、高さがある型ですよね?
そう、20cmのシフォン型、中の筒は外して使っています。
冷ます時にうっかり中心をぶつけてしまって残念でしたが、筒がなくても真ん中が凹むことはなく、
普通のスポンジのようにとてもふっくらと焼きあがりました。
津田さんのバターシフォン(BP使用)のせいもあるかもしれません。











b0108544_22485225.jpg

コーンブレッド
は甘くはないですし、お菓子ではなくパンのような位置で感謝祭ではつきもののようです。特に南部では。
スーパーにもコンーンブレッドミックスのようなお手軽に出来る粉がたくさん並んでいます。
小嶋ルミさんのレシピで作ってみました。

コーングリッツという粗挽きのとうもろこしの粉も沢山入って、本来は素朴な物ですが、
さすがルミさん、しっとりふんわりで美味しい~
ホールコーンも入ってみなさんにも好評でした♪











b0108544_2314891.jpg

苺ショート風シフォンケーキ
デコに時間がなくてガタガタ、お恥ずかしい~
高すぎて潰れる恐れがあるからでしょうか、上下1cmづつはカットすることになっています。
それでもかなりの高さ。クリームと苺の重さが心配でしたが、何とか持ちこたえてくれました。
ふわふわな部分が多いですし、やはりジェノワーズよりもシフォンは柔らかくてこちらも大好評でした♪


クランベリーミルクチーズケーキ

こちらにもリコッタチーズを使用、クリームチーズは使いません。
コンデンスミルクでとってもミルキーな美味しさ。
ベイクドタイプ(湯煎なし)なのにとっても滑らかでソフトな食感です。

クランベリーは中にも刻んだ物がたっぷり入っています。
この甘酸っぱさが、ミルキーなチーズ生地に良くあっていて美味しい♪
土台のパートサブレも手作り、これくらい薄~い方が主張しずぎずによい感じでした。










b0108544_230131.jpg

ターキー、大きくてびっくり! 
20パウンドなので、10キロ近くあります。
オーブンから出すにも、熱いし重いし、二人がかりの大仕事でした。

焼きあがってからすぐに食べられるわけではありません。
中の詰め物を出して、ターキーは保温しながら休ませます。
その間に詰め物(スタッフィング)を煮込んでグレービーソースを作るのですが、
それまで待てない~ということで、急遽ミキサーにかけてとろみをつけました。

スタッフィングはターキーの内臓と他は各家で違ったりしますが、お友達はリンゴ、ニンジン、セロリ、セージなどの
ハーブをいろいろ使っていました。
内臓のクセを感じなくて、美味しいグレービーでした。










b0108544_2302713.jpg

手前に並んだのも典型的なサイドデッシュ3つ。
インゲンとマッシュルームのソテー
スイートポテトをバターソテーして甘めに煮て、マシュマロを乗せて焼いた物
リンゴとラズベリー入りクランベリーソース

本来はかなり甘かったり日本人にはちょっと口に合わないようなお料理だったりするのですが、
アメリカ生活の長いお友達、経験から工夫を重ねていらしたようです。
実はターキーは苦手だし、他のお料理も今まで美味しいと思ったことがなく、今まで作るのは避けて来ました(笑)
今回はどのお料理も美味しく、ターキーもくせがなくジューシーでした。










b0108544_231743.jpg

ターキーは御主人がテーブルで切り分けるのが普通だそうです。
なるほど、みていても結構な力仕事です。女性一人では無理かもしれませんね。

他にもみなさんの持ちよりお料理、ラザニア、煮豚、アスパラソテー&プラムベーコン巻き、梅ごはん、
洋梨くるみ入りグリーンサラダ、パンプキンパイ... 御馳走様でした♪









b0108544_2313121.jpg

お家に入ると、天井近くにあるこのターキーにいつもギョッとさせられます。 
ご主人様が初めて行ったハンティングで、見事に射止めたそう。
ご本人はビギナーズラックとおっしゃっています。 野生のターキーもいるのですね~

こちらもかなりの大きさで、目が合うとちょっと怖い...
↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-11-30 00:01 | お菓子 | Trackback | Comments(3)
抹茶と和三盆のシフォン くるみとコーヒーのマフィン
b0108544_2494147.jpg

11月もすでに後半、あっという間ですね!

いつまでも暑い暑い、冬はこのまま来ないのでは~などと思っていましたが、そんなわけはありませんでしたね。
週末からぐっと気温がさがり、朝には暖房を入れてしまうほどでした。
つい一週間前は冷房が必要だったのに...

毎年思いますが、ここでは暑い時期が長く、夏の次には秋をとばしてすぐに冬が来てしまう様な感じです。
四季の移ろいを楽しむ情緒が、あまりないのは残念です。










b0108544_2502948.jpg

この前の、抹茶スフレケーキベリーの豆乳マフィンはお友達の家への手土産にしたのですが、
いつものように、ひとりおやつでじっくり味見です。

抹茶スフレケーキは底が凹んでしまったものの、シフォンケーキよりもじゅわ~しっとりの食感も好みでした。
ラズベリーとブラックベリーの酸味があっさりとした豆乳マフィンのよいアクセントになります。
形はマフィンですがシフォン生地なので、ふわふわ柔らか。
どちらも好評♪ しみじみとした美味しさはなかしましほさんらしいお菓子でした。

和を感じるケーキでしたので、小豆アイスを合わせてみました。
以前登場した抹茶スフレロールでクリームの中に使った小倉あんの缶詰。
これが甘すぎてそのままでは頂けないので、ホイップした生クリームと合わせて凍らせるだけです。
それだけで小倉アイスのようになるのですね!
あんこが甘いので、砂糖も何も加えません。

若山曜子さんの本にあったものですが、本当はゆであずきの缶を使うのでした。そのほうがもっと美味しくなったと思います。 
アイスにしてもまだ甘かった小倉あん。御汁粉にでもすればよかったかな~











b0108544_2505655.jpg

お茶はハーニー&サンズのデカフェのホット・シナモン
シナモンとクローブがぴりりと刺激的。 オレンジピールの香りも爽やかでよいのですが、なぜか甘い!
H&Sではこの時期人気のお茶だそうですが、私は甘い紅茶がちょっと苦手。 甘くないのも販売して欲しい~










b0108544_2511066.jpg

抹茶のシフォンケーキ
抹茶のスフレケーキと同じレシピを今度はシフォン型で作ってみました。
水分多めのようなので底上げしないか心配しましたが、よい感じに焼きあがって嬉しい~♪
手はずしも成功!










b0108544_2512447.jpg

ただ、和三盆糖に塊があって、そのままハンドミキサーでが~っとすれば溶けるかな~と思ったのですが、
グラニュー糖とは違うのですね。
溶け切らずに粒々が残ってしまいました。
大きな気泡がぷつぷつあるのはその部分。

それでも和三盆のすっきりとした甘さが抹茶の風味をストレートに感じさせるようです。
グレープシード油とあっさりとしていますし、今までで一番抹茶の美味しさを感じるシフォンケーキになりました。









b0108544_2514320.jpg

お気に入りのマフィン型で作るキッシュ風、今度はミニマフィン型で小さく作ってみました。
大、中、小と順に三種類の大きさで作ってきましたが、今回のミニが一番合っているように感じました。
小さいと食べやすくてパーティーにもピッタリですね。 
生地も手作りなので、数をたくさん作るのは面倒ですが。

普通のマフィンの大きさの方は、くるみとコーヒー
うちはみんなコーヒーを好まないので、こちらもキッシュ共々お友達のお宅に持参したのですが、
この組み合わせ、とっても合います!
私も美味しく頂きました♪










b0108544_2515947.jpg

インスタではこういう(もっと凝って素敵なのですが)真上からの写真をよく見ます。
私は上の寄った写真の方が詳細よく見えて好きなのですが、どうなのでしょうね~
と迷ったりして、また更新が遅くなる...(笑)










b0108544_2521953.jpg

断面の写真、全然素敵ではないですが、味わいなどが一番よくわかるのではないかと...
後で見ても味がよみがえります。

ミニキッシュはプチトマトとモッツァレラ、そして長ねぎとアンチョビ
薄い生地ながらパイのような層になっているのも見えますね。
クルミはざざっと刻んで食べやすく、顆粒のコーヒーは溶け切らずにほろ苦いアクセントになっています。

ねっ、断面を見ているだけで、食べたような気分になりませんか??

断面大好き!
↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-11-22 04:42 | お菓子 | Trackback | Comments(2)
オレンジページの生シフォン なかしましほさんの抹茶スフレケーキ
b0108544_23554685.jpg

最近インスタグラムで流行っているらしい、オレンジページの表紙を飾っている、”生シフォン”なるものを作ってみました。

最初、”生シフォン”という言葉を見て、生チョコや生キャラメルを連想し、とろけるように柔らか~いシフォンケーキ!
かと勝手に連想、さっそくオレンジページを買ってしまったのですが、作り方をよく見ると、簡単に言えば、
「パウンド型でシフォンケーキを焼いて、両側からストローで穴を開けて、そこに生クリームを注入する。」というものでした。

普段あまり流行りものは飛びつかないほうなのですが(?)、後ほど触れますが、「パウンド型でシフォンを焼く」
という事をしたばかりで、それもちょっと失敗気味でしたので、もう一度試してみたかったこともあります。











b0108544_2356487.jpg

ついでなので、二本焼く事にしました。
左は普通の18cmのパウンド型、右はマトファー18cmのドロワ型です。

ドロワ型の方が深いので高さが出ますね。 
パウンド型でシフォンケーキ、真ん中が凹むのかな?と思いましたが、一番膨らんだ時から全体に少し沈みましたが、
一部分だけということはありませんでした。

もう一つの違い、オレペでは型にぐるっと紙を敷きこむとあったのですが、ドロワ型にはそうしたものの、
パウンド型には底だけにしか敷きませんでした。
紙を敷かない方が、型どおりのきれいな形になったようです。
ドロワは特に上の部分が、紙にくっついて縮み、ひとまわり小さくなっています。










b0108544_23562825.jpg

普通のホイップクリームと、半分はラズベリークリームにしてみました。
このラズベリークリームが簡単で美味しい~!

今まではラズベリーをピュレにして裏ごしをしてから生クリームと合わせてたてていたのですが、
冷凍のラズベリーをそのまま生クリームと合わせます。
ところどころラズベリーが残るのも味がはっきりとして美味しいですし、種はそれほど気になりません。

一番の難関は生クリームの注入でした。
つい欲張ってしまい、白い方は横から割れてクリームがはみ出しそうになりました。
ラズベリーの方は、まあ、いい感じ~♪










b0108544_2357598.jpg

ドロワ型の方は後でクリームを入れたので、はみ出さないように、慎重に...
しすぎて、今度はラズベリーの方、クリーム少なすぎ! それに真ん中まで入っていない~(泣)

右上から下に向って、次に左上からまた下に向って、切った順番に並べてあります。
もし作ろうと思われている方の参考になれば嬉しいです♪

中が見えないだけに、クリームがどういう感じでどのくらい入っているのかわからず、切ってのお楽しみ!
というわけですね。
こちらは作ってすぐに冷凍したものをスライスしたので、まだかちかち。
生地の表面かたそうに見えるかもしれませんが、解凍していただくと、きめ細かく柔らかな生地で美味しいのですよ。

ベーキングパウダーが入るのと、粉の入れ方など本来のシフォンとは少し違う食感なのですが、
このケーキなりの美味しさがあります。
しばらく冷蔵庫に置いたほうが、クリームと馴染んでしっとりとして余計に美味しくなった気がします。

もちろん、ケーキの中にクリームという見た目のインパクトも楽しいですね!











b0108544_23564832.jpg

こちらがその前に作っていたパウンド型でのシフォンケーキ。
なかしましほさんの抹茶のスフレケーキです。

向こう側の大きく真ん中が凹んでいる方が底になります。 
本ではスライスしたケーキの写真だけで、真ん中が凹んでいました。、
シフォン生地ですから、焼きあがりは逆さまにして冷ませば凹まないのでは~と勝手にひっくり返しておいたのです。
上は手前のようにそれほど焼きしぼみもなく、わぁ~上手く行った!と思ったのですが、
型をはずしてびっくり! 凹むのは底のほうだったのです!(泣)
しかも和三盆糖の塊の溶け残りが、茶色く所々に~



あっ、マフィンの方もシフォン生地ですよ。
同じくしほさんのベリーのマフィンケーキ、てんさい糖と豆乳を使ったあっさりとした優しい美味しさ。
でもアーモンドプードルも入って、しっとりと、熱でとろっとなったベリーの酸味もおいしいマフィンでした。
こちらも焼きしぼみは、ほぼ無し。 底も大丈夫でしたよ(笑)










b0108544_061152.jpg

この底上げのような美しくない外見とはうらはらに、かなり美味しいケーキでした。

すっきりとした和三盆糖の甘みで、より抹茶の味が引き立ったようです。
BPなしですから、じゅわ~しっとり、スフレの食感がやはり私の好みです。

水分多めの配合のようなので心配ですが、もう一度、今度はシフォン型で焼いてみたいと思っています。
↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-11-15 23:58 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
お楽しみひとりブランチ ハーニー&サンズのお茶、イエロー&ブルー
b0108544_2344111.jpg

ハロウィンの前のお話の続きになりますが、持ち寄りランチ会の翌日のお楽しみ、ひとりブランチ。
当日はおもてなしとお喋りに気が行っていましたし、お友達の持ってきてくださったお料理に舌鼓、
自分の作った物は二の次になります。

翌日あらためて、パンとお菓子を9種類、反省しつつじっくりと味わいました。

・フォカッチャ
・馬蹄形ウィンナーロール
・惣菜のせパン
・フルーツ マスカルポーネ
・レモンムース
・ネクタリンのアガーゼリー
・スフレチーズケーキ
・ラズベリータルト
・ハニサワークリーム










b0108544_2331595.jpg

どれも簡単にできて美味しい物ばかりでした。 
特にこちらのフルーツマスカルポーネは見た目も美しく、パーティーにもぴったり! 

デザートの詳細はこちらで。











b0108544_23444961.jpg

いつものハーニー&サンズのお茶。
コレクションの中から幾つかトレイに並べて、みなさまに飲みたいお茶を選んでいただくのでしが、
今回は夏(実際は10月でしたが暑かったのです!)らしく、爽やかな黄色と水色のパッケージをメインに並べてみました。

ブルーの缶はアールグレイ系のお茶が多いようです。 すっきりとした風味も夏に合いますね。
そしてハーブやフルーツティーも爽やかで、夏は特に飲む回数が多くなりました。











b0108544_2330414.jpg

会の最後にお出しした、イエロー&ブルー。
イエローはカモミール、ブルーはラベンダーとコーンフラワー。
カモミールの独特な風味も私は大好きで普段からよく飲みますが、ラベンダーの香りが加わることで、
苦手な方にも飲みやすくなっているのではないでしょうか。
よい香りと風味に、ふっと気持ちが軽くなる気がします。鎮静効果もあるようです。

カフェインフリーですし、夜に頂くのが好きです。
今回の会では、お友達の一人が胃の調子が優れないということで、胃に負担の少ないこのお茶をお出しし、とても喜ばれました♪











b0108544_2345359.jpg

ハロウィンの夜をちょっと不気味に飾っていたトマトスフレチーズケーキですが、
こうして明るさの中で見ると、オレンジ色も鮮やかで、美味しそうに見えませんか?
本当に美味しかったのです!

スフレチーズとは言っても、少し変わっていて、卵黄生地はカスタードクリームを作る要領なのです。
そこにトマトピュレを加えるので、その甘みがとてもチーズと良く合います。
砂糖の甘さは抑え目。 
上にちょこちょこっと乗せたゴルゴンゾーラもぴりぴりと塩気も効いて、一段と印象が強くなります。

お菓子なのですけれど、塩気が効いて、お茶にもワインなどのお酒にもよく合いそう!
小さく作って前菜としてお出ししてもよいかもしれませんね♪









b0108544_23312281.jpg

多佳子さんのマフィンも作っていますよ! 今回は地味にきなこ
きなこは上にふっただけではなく、中にもきび砂糖と混ぜ合わせたものをさいごにぐるーっと混ぜていあります。
完全に生地と混ざりきっていないので、生地はプレーンですが、ところどころにきな粉砂糖が存在感ありです。

バターも油も使っていないので、あっさりとしてはいますが、生クリームでしっとりと美味しい生地です。
普段のおやつに、ほっと優しい美味しさがいいですね~









b0108544_23314055.jpg

少しは季節感を先取り~と、些細な事ですが、クリスマスカラーのペーパーカップを使いましたよ(笑)











b0108544_23315340.jpg

今週は気温も下がってきて、やっと半袖では寒いかな~という感じになってきました。
お気に入りのブルーのガラスの器も、来シーズンまでお休みですね~(ようやく!)

↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-11-11 23:59 | お菓子 | Trackback | Comments(6)
マンゴーパフェ  マンゴーのマシュマロ
b0108544_0561715.jpg

11月に入って、やっと昨日の日曜日にはサマータイムも終わり、時計が一時間戻りました。
昨日は雨も降り、気温も下がって少しは秋らしい雰囲気になって来ました。

お菓子の方はまだ夏のようなマンゴーパフェ。 季節感がなくてすみません!

マンゴーを使った4品で出来ています。













b0108544_0562934.jpg

マンゴーのマシュマロ
マシュマロを作るのは初めて。 稲田多佳子さんのレシピです。
マシュマロってふわふわしているからメレンゲを使うのかと思っていましたが、こちらは違います。
マンゴーピュレと水あめとゼラチンなどで作ります。

あまりにも簡単にできるのにびっくり! そしてマンゴーの味が活きて美味しい~!
市販のマシュマロは苦手でしたが、手作りすると美味しいものですね。
かなりくっつきやすいのでコーンスターチまみれで真っ白になっていますが、
右下にある四角いもののように、中はきれいなクリーム色です。

ぶにゅぶにゅっとした柔らかい食感も楽しい~♪
調べると、市販のマシュマロにはメレンゲを使った物が多いそうです。
フランスのギモーヴはメレンゲではなく、今回のようにフルーツのピュレを使っているそうです。












b0108544_0564148.jpg

ヨーグルトマンゴー
若山曜子さんのレシピ。
生クリームと、ヨーグルトは水きりしてあるので、酸味がマイルドになり、爽やかなジェラートのような美味しさ。
はちみつでコクもあり、マンゴーの半分はつぶして混ぜ合わせてあります。












b0108544_0565281.jpg

キャラメルマンゴーマフィン
マンゴーをキャラメライズさせてマフィンに混ぜ合わせます。
コクと甘さをしっかり感じます。稲田多佳子さんのマフィン型の本より。


マンゴープリン
最後に余ったマンゴーで適当に作ったので、適当な味になってしまいました(笑)
もっとマンゴーも多く、プルプルにしたかった...











b0108544_057791.jpg

マンゴーを使った4品、出来上がり♪

コストコで美味しそうな瓶詰めのマンゴーがあったので、購入。
ライトシロップでマンゴーの味がそのまま活きていて美味しいものでした。
とても大きな瓶でしたので、早く使い切りたくて、一度に4品作ったのですが、
その後コストコでこのマンゴーの瓶詰めを見ることがなくなり...がっかりです。

市販のマンゴーは繊維ばかりでとても食べられような、ハズレに当たってしまうことが多いのです。
何か美味しいマンゴーを見分ける方法でもあるのでしょうか...?












b0108544_0572319.jpg

ふと思い立って、4品を集めてバフェ仕立てにして味わいました。
特に工夫もありませんが、一緒になると、また美味しさも膨らみますね♪



↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-11-08 00:59 | お菓子 | Trackback | Comments(0)
トマトのスフレチーズケーキ 抹茶スフレロール ハロウィン2016
b0108544_2329663.jpg

昨夜はハロウィン。 作ったチーズケーキも何だか怪しそうですね(笑)
トマトが入ってオレンジのような赤いような色の上に、ゴルゴンゾーラチーズがちらほら乗せてあります。

トマトのスフレチーズケーキ
一晩冷蔵庫で寝かせなくてはならなかったので、今朝はまだ食べていません。
青かびチーズは大好きなので、きっと美味しいこととは思いますが、トマトのチーズケーキとは初めてなので、
ちょっと不安も感じます...(笑)












b0108544_23293744.jpg

こちらはとっても美味しかったロールケーキ二本。
ハーフロールをまた半分に切ったものなので、本当はこの4倍の量を作りました。
左右で色が少し違いますが、使った卵と抹茶が違うせいだと思います。

最初に左側、津田陽子さんの抹茶のフロールを作ったのですが、卵黄の色がオレンジが濃かったのと、
抹茶が冷凍庫にあった使いかけの何だかよくわからない物を使ったせいで、色がいまひとつでした。

そこで右側は小嶋ルミさんの抹茶のスフレロールを、普通の黄色い卵黄の卵で、
とっておきの一保堂のお抹茶を使って作りました。
期待通りの抹茶の鮮やかな緑がそのままでました。

同じ卵別立ての生地ですが、作り方はかなり違います。
津田さんのフロールはしっとりとしてバターのコクも効いて美味しい生地なのですが、
抹茶の風味が活かされない気がしました。
ルミさんのスフレロールは作り方は少し面倒ですが、ふっくらあっさり、抹茶の風味も活きています(お抹茶の違いもありますが)。

実は中の餡子も違います。市販のものですが、缶詰の小倉餡が右側、とっても甘かった!
左には「甘さ控えめつぶあん」というのを新しくできた日系スーパーで見つけ、さっそく買ってみました。
確かに甘さ控えめで、それだけでも随分美味しく感じます。

ちょうどうちでクラフトの会が開催された日でしたので、みなさんにも食べ比べていただき、細かい感想を頂きました。
また後でアップしますが、結婚披露宴のお菓子を作ることになり、そのためのお試しロールだったのです。












b0108544_2330343.jpg

こちらはいつものバターシフォン。 20cmで二台続けて。
タコのハイスクールでバンド(吹奏楽部)のパーティーがあり、シニアはお菓子を持っていく担当と言う事で作りました。
市販のお菓子でもよいのですけれど、よい機会なので、アメリカの方にシフォンはどういう反応かな?と知りたくて。

日本のケーキに比べて甘さがきついアメリカのケーキ、プレーンでは物足りないかと、ハチミツレモンとミルクココアにしました。
ハチミツが入ると焼き色もしっかりつきます。
写真を撮る気はなかったのですが、上手く型はずしができたので嬉しくて、、夕方かなり暗くなってにもかかわらず、
無理矢理撮った写真です。ぼけています。

タコによると、ふわふわ~おいしい~と大好評ですぐに売り切れてしまったそうです。よかった♪

学校の中でなのでまだよいのですが、それにしてもパーティーの始まりが夜8時って遅すぎですよね~
セミフォーマルのドレスコードもあったのですよ。
ダンスとかするらしいのですが、とてもタコが踊るとは想像できません(笑)


そうそう、写真に写っているように、今回はシフォンケーキで初めて、アメリカのCake flourを使ってみました。
日本で言うところの薄力粉です。アメリカでは普通に売っている粉は中力粉で日本的なケーキには少し重たいのです。
それでもシフォンには危なさそうなので、今までバイオレット(日本の倍ほどの御値段)を使っていたのですが、
失敗してもよいからと使ってみました。

ふるったにも係わらず、卵黄生地と混ぜる時にダマになりそうであせりましたが、
がーっと混ぜたら何とかなりました。
気持ち生地量が少なかった=高さが少~し足りなかった、軽さがいつもとは気持ち違ったかもしれません。
が一応きめの細かいバターシフォンは出来上がることがわかりました♪










b0108544_23302519.jpg

味見のために残した3切れでシフォンサンド。
寂しいのでかぼちゃたちも並べてみました。
小さいですがどれも本物のかぼちゃです。










b0108544_23555236.jpg

ハロウィンの前になると、スーパーの前にはごろごろと大小さまざまなかぼちゃが並びます。
こちらはトレジョーの前。
大きなのは家の前庭に飾ります。食べる人って滅多にいないのでは...










b0108544_23311416.jpg

trick or treat用に、特大150個入りのお菓子と予備に、こちらはうちでも少しは消費できそうな
チョコ145個入りもコストコで買いました。
日本でも売っているのでしょうか??











b0108544_23553344.jpg

玄関横のテーブル、今年もハロウィンらしく飾ってみました。
並べたものは去年とさほど変わりませんが、かぼちゃたちがあるだけで、ぐっとハロウィンらしくなりますね♪











b0108544_23551276.jpg

夜にはこんな感じ。 キャンドルの炎がゆらゆら、雰囲気も盛り上がります。

間違い探し! 昼間との写真と、結構違いがありますよ!

10月というのに連日30℃にもなる暑さでオレンジの小さなかぼちゃは傷んで、さようなら~
こうもりさんは反対を向いていることが写真を見て気がつきました。
チーズケーキもしっくり収まっていますね~(笑)











b0108544_23561245.jpg

来年はもっと怖~いデコレーションにしたいです♪


↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-11-02 00:00 | お菓子 | Trackback | Comments(4)