夏のクロワッサン
b0108544_603122.jpgb0108544_624281.jpg
タイトル「夏のクロワッサン」から、暑い夏向きのさっぱりしたクロワッサンでもあるのかな~と想像した方...ごめんなさい! 全然違います(笑)
いえ、タコも学校が夏休みに入ってサマーキャンプの送り迎えやら何やら、これからしばらく一日中家にこもっていられる日はない予定なので、何か時間のかかるものを作ってみたかった~それがクロワッサン!というわけなのですけど、コロラドでも連日30度を超える暑い日が続いていますからね、ちょっと無謀だったようです。

クロワッサンといえば、発酵させたパン生地にのばしたバターを折り込む作業が面倒。のばしては三つ折にして90度方向を変えて、またのばしてたたんで...を2回繰り返して冷蔵庫にいれて30分寝かせる...を3回繰り返す~とたっぷり半日はかかるのですよね。それだけでも私には大仕事~、午前中ならまだそれほど暑くもないから大丈夫かと思ったのが甘かった! もう最初ののばし作業の最中でさえバターが柔らかくなって、下の部分がべたついてしまいました。でも途中でやめるわけにもいかないので、のばし一回ごとに冷凍庫にいれて寝かせるを6回くらい(もう適当~)繰り返して、何とかそれらしくならないかな~と半分諦めながらも作りました。

う~ん、やっぱり違いますよね。理想のクロワッサンにはほど遠い~! 
まあ、中も一応層にはなっていますし、食べればバターたっぷりあのクロワッサンの味です。外のカリカリはよかったのですけど、中がもっとしっとりしてほしかったですね。見かけといい、ちょっとパイに近いかな~ でもうちはみんなこういうくどいリッチな味が好き、特にタコはこんなものでも大喜びしてくれました。

でも私はこのまま食べるのでは納得できない~せっかく苦労して作った生地をもっとおいしく食べたい~と半分はこんなものにしてみました...

b0108544_3241778.jpg
フランス系のパン屋さんでよく見かけるパン・オ・レザンです。のばした生地にカスタードクリームをのばしてレーズンを散らしてくるくる巻く... でもレーズンが苦手なタコのために、代わりにドライクランベリーをキルシュに漬けて戻したものにしました。だからレザンではなくて、オ・クランベリ?か何かになるわけですね。

これはびっくりするくらいに美味しくなって、嬉しさに比例して画像のほうも必要以上に大きくなってしまいました(笑)
外側適度にカリッと、中の生地とカスタードクリームがなじんだところも何とも言えません! そしてラズベリーの酸味が爽やか~リキュールも効いて何だか本格的~(?)
クロワッサンには「暑い時に家じゅうバターの匂いっていうの、ありがたくないかも~」という感想だったダダもこれには満足、あっという間になくなってしまいました。


b0108544_3272468.jpgこんなにたくさんあったのに~ 
こうして並べて見ると目が回りそう~ 
くるくるころらど(意味なし)

本当は焼く前にグラニュー糖をふりかけるのですが、忘れてしまって、焼き時間半分ほどたったところで慌てて半分にだけかけたのですけど、溶けませんでしたね。でもなくてもよかった。カスタードクリームも甘さ控えめ、普通のとちょっと違ってもったりした感じ、このパンは合っていたようです。

わざわざカスタードクリームを作って~と思われるかもしれませんが、いえいえ、残り物があったからこれを作る気になったのですよ~
それは前回のロールケーキでしょう?と思われた方…また違います(笑) それは次回の記事になる予定ですけど、何だかお分かりになるでしょうか~
[PR]
# by WIngco | 2006-06-10 03:29 | パン | Trackback | Comments(33)
優雅なホームパーティー
b0108544_1345285.jpg


庭に咲いたお花をあしらって、テーブルのセッティングも整いました。
[PR]
# by Wingco | 2006-06-06 13:14 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(31)