タグ:おやつぱん ( 66 ) タグの人気記事
zopfのツイストドーナツ ハムタマゴパン
b0108544_21581367.jpg


前回のたくさん作ったハムコーンパンとかあんぱんとか、実はパン生地、2種類違う物が混ざっています。
定番お気に入りのZopfのリッチな生地。こちらは卵、バターがたっぷり、少し甘味もありふわふわでとっても柔らかい。
最近よく作る高橋雅子さんのお惣菜パンの生地。こちらは牛乳オリーブ油にはちみつほんの少し。
ふんわりもっちり、甘さはほとんど感じません。

ハムコーンパンはもともとZopfさんのレシピで作り始めたのですが、バターに苦手なお友達がいて、
彼女には雅子さんのパン生地がとても気に入っていただいていたので、
今回は彼女のために、雅子さんのあっさり生地でもハムコーンパンやあんぱんも作ってみることにしました。

向こう側の白いお皿の上の二つのパンがリッチな生地。
手前の賑やかなお皿のパンは全部雅子さんのあっさり生地です。
見た目にはあまり違いが出なかったのですが、やはりリッチ、と言うかふんわり軽さのある生地の方が、
ハムコーンパンやあんぱんにも私には合っているように感じました。
お友達にはバターの入っていない生地の方を喜ばれていましたが...人それぞれお好みも違うのかもしれませんね。











b0108544_21582932.jpg

今回は紅茶ではなく、ハーブティーです。
あまりパンとは合わせませんが、デトックスとペパーミントの組み合わせ、実は毎朝一番最初に飲んでいます。

デトックスのお茶もアメリカではたくさんの種類が出ていますが、薬臭いというか草っぽいというか、
独特の風味であまり美味しいと感じるものはありません。
その中でもこちらは、薬っぽくはあるのですが、何だか効きそうな味で、ミントと合わせると爽やかで美味しくなります。
これにレモンを絞るのがお気に入り♪

紅茶が大好きで、たびたび記事にも載せていますが、朝一など空腹の時に飲むと胃がむかむかしてしまうことがあります。
コーヒーや抹茶を飲んでも、ムカムカ~はかなり来るので、カフェインと合わない体質なのかな~と思ったりもします。
普段胃が痛くなることは全くないので、胃は丈夫だと思うのですが...

カフェインのないハーブティーはその心配がありません。
ペパーミントでしゃきっと目が覚めますし、胃もスッキリ~気分爽快!
ミントティーもいろいろありますが、お気に入りHarney&Sonsのはドライでもとっても風味が強いのです。
毎朝欠かせません!










b0108544_21585099.jpg

少しハムタマゴパンも作りました。 
タマゴサンドなど大好きなのですが、タコはゆで卵が苦手なので、なかなか作る機会がなかったのです。
やっぱり美味しい~  半分だけ食べる予定でしたが、残すことなんてできません(笑)

白いのはソフティーチーズ。
切り込みをうっかり長く入れてしまったら、焼いている最中にもりもりチーズがあふれ出てしまいました(反省)










b0108544_21591398.jpg

クリームチーズを包み込んだだけなのですが、これがとっても美味しいのです。
みなさんにも「これ美味しいけど、何が入っているの?」すぐにはクリームチーズとわからない。
ベーグルなどにクリームチーズを塗るのも美味しいですが、焼くとまた違った感じになりますね。
クリーミィーさと塩気が効いたところがとっても好み。
あんぱんとの相性も良いことに今回気がつきました。

空気が入ってしまっているほうが、リッチ生地+大納言あん。
手前の丸い方が、もっちり生地+小豆あん。
大納言あんの方が丸のまま粒の形が残っているようですね。
甘さ控えめですし、やはり手作りのあんこを使ったあんぱんは、最高に美味しい!











b0108544_22122818.jpg

同じリッチな生地で、タコの大好きなドーナッツも作りました。(6月のことです)

最初に揚げた方は焦げてしまいましたね。
リッチで甘い生地は焦げやすいのに、油の温度が高すぎたようです。
といって温度が低くて揚げ時間が長くなると、からっと揚がらないような気がします。
揚げ具合がいつも難しいな~と思います。ドーナッツ。










b0108544_22131083.jpg

でも揚げたてあつあつのドーナッツの美味しさは格別ですね!
1個で止めることができません。
卵は卵黄のみを使っているので、コクもありクリーム色がかった生地、引きもよいですね。

パウダーシュガー、きなこ、チョコレートがけ...などいろいろ試しましたが、うちはシナモンシュガーが一番人気。
「変なアレンジはいらないから、いつもこれだけにして~」と言われています。
たまにはオールドファッションのようなケーキドーナツも作りたいのですが、うちでは不人気なのです。
何だかもっさりとして重たいとか...
いつも同じようなパン生地でのドーナツばかり。 
作っても記事にはなりませんでした(笑)










b0108544_22124739.jpg

今回は新しい成形に挑戦してみました!
そう、ねじねじとしたツイスト形なのですが、単純なようで難しい~
Zopfの本では一気にくるくる~っとなるはずなのですが、なかなかそうはいきません。
おまけに、やっとできた形も揚げて膨らむとゆるんできてしまったり...

リング形の方も、実は棒状の生地をくるくるとねじってから丸くつなげているのです。
よく見ないと判らないかもしれませんね。

いろいろと工夫したのに、「おもしろいけど、いつもの丸い方が、ふんわりとしていいかも~」と言われてしまいました。

もぅ~、苦労をもっといたわって~と思いましたが、食べてみるとなるほど、そうかも~と納得。
うちでは見た目より、味で勝負しないといけません。
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-07-17 00:00 | パン | Trackback | Comments(3)
大納言と小豆 七夕イベント
b0108544_23332790.jpg

お友達のお宅でのランチ、夏休みで子供たちも一緒でしたので、子供受けのよい定番ハムコーンパン、
あんぱん、それにクリームチーズの入ったソフティチーズを持参しました。

やはりパンは焼きたてが一番美味しいかと、出かける直前に焼きあがるように朝早くから作ったのですが、
最後はいつものようにばたばたして、塗りたまの雑なこと~

でもふわふわで美味しい~!
あんぱんの餡は手作りなので、なおさらそう感じます。

桜餅を作った時にも手作りのあんはやっぱりおいしい~と思ったのですが、結構煮ても小豆の皮の食感が気になりました。
”古い小豆だと柔らかくなりにくいらしい”と聞いて、今回はなるべく新しい小豆で作りたいと買いに行きました。












b0108544_23343248.jpg

日本と違って、産地がどことかこだわりのある小豆と手に入れることができないのですが、
それでも日系スーパーには普通の「小豆」と「大納言小豆」の二種類が売っていました。
大納言の方が少し値段も高かったのですが、どう違うのか比べようと、両方買ってみました。
やはり大納言の方が粒が大きいですよね。

ふたつのお鍋で同時に、同じ方法で炊いてみたのですが...見た目だけでは、あまり違いがわかりませんよね?
袋の並びとは逆に、向って右が「大納言」、左が「小豆」です。
大納言の方が、何となく、粒がそのまま残っているよう、小豆のほうが皮がやぶれ気味になっていると思いました。

予想では大納言の方が美味しい餡になるのではないかと思ったのですが、
大納言は粒が大きい分皮もしっかりとしていて、食べてみると皮の存在感が少し気になります。
小豆の方が皮が少し薄いのか粒餡としての一体感があります。
粒餡を作るには普通の小豆の方がよいようです。

大納言はせっかくの大きな粒ですし、煮崩れしにくそうなので、鹿の子甘納豆など作ってみたいですね。












b0108544_23454127.jpg

次の週にも同じお宅に、またまたお邪魔してしまいました。
チャイナペイントをちらっと体験させていただくためです。

左端の写真、もちろん私の作った物ではありません~
「初心者にはこんな感じの作品はいかが~」と見せていただいた物です。

かわいい~! でもこんなに細かい模様、とても描けそうもありません。
きっとただの体験だけで終ってしまいそうです...

ちなみに、
雪だるまのような形の物は何かな~と思ったのですが、ケーキサーバーだそうです。
でも結局使い勝手が悪くて、ただの飾りになっているそう。納得です。
息子さんの御希望で作ったキャラクターのカップ、絵は転写シートを使うので、
「意外に簡単」とおっしゃいすが、色も複雑で、私には全く簡単には見えません。

教えてくださる合間に、ささっと作ってくださったご馳走。
私だったらお料理にかかりきりになってしまいそう。手芸もお料理も手際がよくていつも感心してしまいます。
豚フィレのソテー、温かいクスクス、マンゴーサルサ。
もう一人のお友達の野菜の寒天寄せも夏らしい爽やかなお料理でした。

私は前回の記事に出てきた、ココナッツミルクシフォンとチョコレートシフォン。
フルーツとラムレーズンアイスでおめかししていただきました。
実は午前中に待ちきれなくてシフォンの味見をみんなでしてしまい、それでも午後のお茶でもまた食べたくなり、
半分に切って控えめに...
今回のシフォンは「どちらも甲乙つけがたい~」と大好評でした♪











b0108544_012064.jpg

7月7日にはダウンタウンにあるチルドレン・ミュージアムで七夕にちなんだイベントが行われ、
私もボランティアとして参加させていただきました。

七夕にちなんだ織姫と彦星のお話を紙芝居で上映したり、日本舞踊もありましたし、折り紙を教えたり。
私の担当は、短冊に願い事を書いていただいて、笹につける御手伝いをすること。
もちろんアメリカにはこういう風習はないと思うのですが、小さいみなさん、すぐにわかってみな真剣に御願い事を考えて、
一生懸命書いてくださいました。
本当にどのお子さんも素直で、このくらいの年頃ってこんなに可愛かったのね~ととっても癒されました。
普段、生意気な高校生ばかり見ていますから、余計にそう思うのかもしれませんね(笑)

女の子は、
「パピーが欲しい」 「ポニーが欲しい」 「プリセスになりたい」 「ユニコーンになりたい」
など夢見がちなお願いが多いのに対して、

男の子の願いは、
「プロのサッカー選手になりたい 」「リッチになりたい」 「ゲームが欲しい」 「弟が欲しい」
など現実的なものが多いような気がしました。

でも中には、「ママとずっと一緒にいたい!」と泣けてくるようなお願いを書いた男の子もいて、
もう胸がキュンキュン、心が洗われる思いがしました。

7月頭から4週間、タコは一人で日本に行くことになり、行く前にはその準備でばたばた、
行っても日本で無事にやっているのか心配になったり、やはり寂しさでぼんやりしていたのですが、
思い切ってボランティアに出かけてみてよかったです。 
みなさんに元気をいただきました! 
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-07-13 23:59 | パン | Trackback | Comments(5)
Zopfのスイートサワーブレッド、フォカッチャ
b0108544_6553423.jpg

こんにちは♪ 
またまた更新が遅くなってしまいました。
そして、いきなりですが、久しぶりにパンのお話。

二週間ほど前に、NHK「きょうの料理」にZopfの伊原さんが登場! ライ麦パンを作っていらっしゃいました。
秋らしくしみじみ美味しそうなパンでした。
そして懐かしいZopfのお店に、実際にパンを作っていたのはZopfのパン講習会が行われている場所でした。
私も二回だけですが、日本に一時帰国した時に参加したことがあります。  (その時の記事はこちら。)

未だに忘れられない、一生のよい思い出となっています。
手際の素晴らしさはもちろん、パンに対する情熱がすごい! 
お話もお上手で、どんな質問をしても、即座に、丁寧に御返事をしてくださいました。
日本に住んでいたら、ずっと通い続けたかったのですけどね...

残念ながら、その後は機会に恵まれず、パン作りの方もホームベーカリーが壊れてしまったこともあり、
しばらくはいつもの食パンしか作っていませんでした。

久しぶりにZopfのパンを拝見して、作りたい~!気分が高まってきました。 
夏の長いヒューストンにも、ちらちら秋の気配が見えて来ましたしね♪


スイートサワーブレッド

ぜったいに失敗しないパンづくり(DVD付き特別版): ツオップ 伊原シェフに教わる

伊原靖友 / 柴田書店



ふわっふわに焼きあがりました!
中には、サワークリームとバターがメインのスイートサワーペーストがくるくると巻き込んであります。

バター多め、卵黄も入った少しリッチめのパン生地が、ふわふわながらもデニッシュのようなコクもあり、
とってもおいしいおやつパンです。









b0108544_6555531.jpg

平たく伸ばしたパン生地に、ペーストを塗り、くるくる巻いて棒状にしてから、
下を残して切り目を入れるのです。

本当は型に入れるときに寝かせて少しずらすと、デニッシュ食パンのような雰囲気になるのですが、
型が小さくて、ずらす余裕がありませんでした。
ちょっと反省。 それでも美味しさには変わりなし...
ということにしておきましょう。










b0108544_6561750.jpg

フォカッチャ風食事パン

同じパン生地ですが、ふわふわながらも砂糖の量はそれほど多くないので、
こちらのような食事パンにも応用できます。

ざっくりとしたパン生地、上にはオリーブ油を塗り、塩水をふりかければフォカッチアの出来上がり!

中にも具がたっぷり入っています。
この大き目の具を均一にパンに混ぜ込むのが、意外に難しかったりします。









b0108544_7155790.jpg

特にこちら、ほうれん草、生ハム(本ではベーコン)、ピザチーズは、
具を少し欲張って多めに入れてしまったら、ほうれん草からの水分が出て、チーズも溶けて、
パンの膨らみが少し悪くなってしまいました。









b0108544_7154147.jpg

オリーブ、セミドライトマトのオイル漬け、生ハム、の方は、
よく具の水分を取ったので、膨らみも良かったようです。

どちらも美味しいですが、特にセミドライトマトの甘さがいいですね~
具沢山なので、このフォカッチャだけで立派なランチにもなります♪









b0108544_7161496.jpg

何年か前の写真になりますが、アップする機会がなかった、スイートサワーブレッド等、本物のZopfのパンたちです!

わかり辛いですが、長いのはミルククリームの細長いステックパン、
ハート型のチョコパン、そしてパイナップルデニッシュ。
フルーツを使ったきれいなデニッシュにも、様々な種類がありました。








b0108544_7275183.jpg

ホーンの形は塩の効いたリーンなドイツパン、だったと思います。
ヘルシーなマルチグレインのベーグル、クラタンデニッシュにコーンコロッケパン...

初めてお店に入った時には、本当に狭い店内で驚きましたが、
ぐるりと四方一面に並んだパンの種類の多さ、本格的なハードパンから、昔ながらの日本のパン屋さんにあったような、
桜あんぱん、グローブ型のクリームパン、チョココロネ。
御惣菜パンにサンドイッチに、ドイツパンに今時のスタイリッシュなパン...などなど、本当にびっくり!
毎日通っても飽きないでしょうね~  大好きなパン屋さんです♪

本物のZopfのパンにはしばらくお目にかかれませんが、伊原シェフの本でまたパン作りを楽しみたいと思っています。







   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆




先週末...のお話のつもりが、あっという間に一週間が経ち、先々週末のお話になってしまいました。
金曜日の夜でしたが、ダダと二人で外食...


b0108544_7173746.jpg

天ぷらそばと、遠くにちらっと見えるのが天丼です。
お蕎麦がのびているのではなく(笑)盛りがよいだけなのですよ。

麺は普通ですが、汁が日本の御蕎麦屋さんと同じ味、それだけでも嬉しかったのです。
かごに入った別盛りの天ぷら(よく見えませんが)は、カラッと揚って、エビもみずみずしくて、そちらも美味しい!
よく衣ぼってりのフリッターのような天ぷらにお目にかかるので、久しぶりにちゃんとした天ぷらを頂きました。

ヒューストンにもさまざまなジャパニーズ・レストランがありますが、二回目はないよね~というお店が多いのです。
こちらのTaikoレストラン(ホームページがないので、Yelpにリンクします)は日本人御夫妻が営まれていて、
小さいながらも、懐かしい日本のお料理が味わえるお店です。

ただ、家からは遠く、不便な場所にあるので、なかなか行くことができないのです。
この日は、ハイスクールのフットボールに試合がこちら方面のスタジアムでしたので、久しぶりに行くことが出来ました♪
ただし、時間がなかったので、早くできるおそばと丼物...
次回は是非ゆっくり味わいたいものです。









b0108544_7273014.jpg

結構な田舎にあるのですが、新しそうな感じの立派なスタジアムでした。
アメリカで一番人気のあるスポーツはアメリカン・フットボール。
ハイスクールでもアメフトだけは別格扱いです。
学区ごとにアメフト専用の、こんなスタジアムがあるのですよ。
もちろん各高校にも、フルサイズのアメフト場はあるのですが、そちらは練習や二軍以下専門に使われます。

そして、学校あげて応援に行きます。 生徒や親は希望者だけですが、バンド、チアリーダー、ダンスチームは必須です。
そう、タコはとてもアメフトなどできませんが、バンドで参加しなくてはならないのです。
試合中の応援演奏のほか、ハーフタイムには下でマーチングも披露するというので、私達も行ったのですが、
この試合、うちの高校はビジターでした。
マーチングはホーム側に向って行うので、後ろから見ても、何をやっているのか、何だかよくわからず...(笑)

おまけに、試合途中に突然の大雨。 
最後は一点差で負けてしまい、がっかり... 疲れも倍になります。

まだサマータイムなので薄明るいですが、試合は7時開始で終わるのが9時半。
バンドは現地解散が許されないので、みなで片付けてスクールバスで学校に戻ると11時を過ぎます。
もちろん、行きもスクールバス。
放課後ただちにリハーサル、食事、ユニフォームへの着替え、道具の準備などあり、家には戻れません。
学校の行事なのに、夜遅くまで、長い拘束時間です。
11月まで週一度はアメフトの試合があるので、週末はこんな感じが続きます。秋は大忙しです。


その上、この次の日の土曜日には、マーチングバンドの競技会が午前中にあったため、
バンドの生徒たちは、家に戻らず、そのままバスで3時間ゆられて、会場のあるオースティンに向かいました。
ホテルに泊まったそうです。
バンドは総勢300人ほどいるのに...同じテキサス内とはいえ、広いですから移動も大変です。

タコはもちろん補習校も欠席。
放課後にはダラスとのソフトボール大会の打ち上げの試合もあったのに、残念です。
夜には、大人の関係者による打ち上げもありました。
大会当日にはすでに、中高生たちと親の打ち上げは済んでいるのですが...
何かと集まるのが好きなようです(笑)









b0108544_7181790.jpg

初めてのお店でしたが、庶民的なチャイニーズ・レストランで楽しめました。
餃子、サンラータンのスープ、枝豆は八角風味でした。
その後も、エビチリ風、チンジャオロースー風、八宝菜風...と日本で馴染みの御料理が続々と出てきました。
おこげやあんまんもありましたね。
アメリカのチャイニーズ料理って、少し日本と違った雰囲気の料理が出ることが多いのですよ。
こちらのお店は結構日本的なチャイニーズで嬉しかったです。









b0108544_7564897.jpg

そしてお酒類は出さないので、料金もお安い!
もちろん大人の宴会に、お酒無しで済む訳はありません(笑)
アルコール類は何でも持ち込み可!なのです。  おもしろいですね。

今年はヒューストンの活躍が目立った大会、特にメインの中高生男子は2試合ともに勝利でしたので、
監督、コーチ、運営委員にリーダーの関係者は夜中まで大盛り上がり!
(奥までずっとソフト宴会のみなさまです。)
ダラス側をお迎えする今年は、大会までの準備が大変でしたが、やはり勝利で終ると嬉しいものですね~ 
私達夫婦もタコが補習校でもがんばっているおかげで、いろいろな方との出会いや経験をさせていただいています。

そうそう、忘れていましたがこの日、午前中には補習校高校生保護者の懇親会なるものもありました。
高1だけでも17人も、かつ高1になってからの転入生が4人もいらっしゃるとのことで驚きました。
補習校は土曜日だけで、平日はアメリカのハイスクールに通うのですからね、大変なことでしょう!
みなさん、こちらでの生活が楽しく充実したものとなるように願っています。
一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-10-10 20:30 | パン | Trackback | Comments(8)
桜ガトー、黒みつマカロン ☆eパン工房さんのアーカイブ
b0108544_154216.jpg

恒例となっています手芸部のお菓子、三月は週一で集まりがあったので、これはその何回目だったでしょう...
お菓子作りに追われて、忘れてしまいました(笑) 
いつもは作った全部のお菓子を集めた全体画像から始めますが、同じ多田さんのお菓子ばかりのせいか、
この前の手芸部のお菓子と似通った画像になってしまいました。
そちらは最後に回して、今回は、お一人さま用プレートからにしてみましたが...いかがでしょう?

全部で6品ですね。
去年は多くても4品だったのですが、今年は人数も多くなったこともあって、じんわり増えているでしょうか。
とは言っても、簡単な焼き菓子ばかりですが...







b0108544_1462028.jpg

桜ガトー
これこれ、いつも季節にのかってないお菓子になってしまうことが多いのですが、少しでも、
桜の季節が終る前に、春らしいケーキをアップしておきたかったのです。
間に合ったでしょうか...それとも、桜はもう散ってしまいましたか?

桜の花の塩漬けを上に乗せただけでも、かわいらしい~春らしい~と単純に思ってしまいますが、
もちろん、それだけではありませんよ...






b0108544_1243357.jpg

中にも桜が潜んでいます...







b0108544_1245662.jpg

桜の葉の塩漬けをみじん切りにして、白あんと混ぜたものですが、これが甘じょっぱくてバターケーキとよく合います。
「ゆかりの味がする~」との感想をいただきました。 なるほど~ですね。

生地はシンプルなカルトカール風ですが、牛乳がたっぷり入っていることもあって、とてもしっとり~
きめも細かく、少しバターは控えめなせいか、バターの重たさを感じず、桜あんとけんかしません。

バターケーキもパウンド型でなくて、こうやって丸く焼くと、かわいく見えるような...
どこか和のお菓子の雰囲気も感じるお菓子、生地と中身のバランスも、よく考えられていますね♪









b0108544_125164.jpg

ロールケーキ ― クリームチーズクリーム
多田さんのロールケーキは、クリームにマスカルポーネチーズをつかっていることが特徴なのですが、
こちらにはマスカルポーネではなく、クリームチーズをサワークリームでのばしたクリーム。
ぽってりとしたクリームで巻きやすい~

のはよかったのですが、生地がかなり水分多めで重め。 パーチメント紙でも少しくっついてしまいました。
というのも、にんじんの擦りおろしが100gも入っているから。
クリームチーズのクリームなので、クリームチーズのフロスティングがつきものの、キャロットケーキをイメージされたそう。

なるほど~そんな味わいの、しっとりと人参の自然な甘みがおいしいロールケーキ。
オレンジの色も鮮やか。
すりおりした人参の水分を絞れば、もう少し軽くてくっつかない生地になったかな~と反省。









b0108544_1465819.jpg

黒みつマカロン
マカロンとは言っても、ちゃんとした本物ではありません~作り方もアバウト。
それでいて、メレンゲに手作りの熱々黒蜜を混ぜ合わせる、という何だか難しいこともやらなくてはいけない。
そんな、メレンゲつぶれないのかな~本物のマカロンも作ったことがないのに~失敗するに違いない...

案の定、生地がゆるめになってしまい、絞り出しても広がる~★
それでも薄めですが、何とかマカロンっぽいものになってくれて、ほっとしました。
もちろん、お店のマカロンとは見た目も違いますが...
本ではもっと小さくて、どんぐりのようにころっとした形です。 
もう一度挑戦すべきかもしれませんが、私はマカロンって食べたい~と思うお菓子ではないので、
もうこれでいいかな~と(笑)

でも、みなさんには「わぁ~、マカロンって作れるのね~」と結構喜んでいただけたようです。 
マカロンをお好きな方は多いのですね。
特に中にはさんだ、おさつペーストが好評でした。 
これは私もおいしくて、これだけを舐めたい!(笑)

焼いもを作って、それにジンジャパウダーとお砂糖を少し加えてマッシュしただけなのですが、
このジンジャパウダーのパンチが効いています。 (少し多く入れてしまったのですが)
おろした生姜とはまた違って、風味が濃くてぴりぴりスパイシー☆
さつまいもによく合いますし、それがまた、マカロンの黒蜜の味ともぴったりですね。
こちらも和を感じるお菓子なので、余計みなさんに喜んでいただけたのかな?







b0108544_1534441.jpg

塩チョコのタルトレット
え~、最初に言い訳させていただきます(笑)が、このチョコクリームが固~くてしかもべたべた、
タルト型に詰めるのに四苦八苦。
お見苦しい姿となっております★

ビターなチョコ、ヌッテラ、有塩バターを混ぜ合わせた、濃厚チョコクリーム。
上に乗せたのはヒマラヤのピンクソルト。
ピンクソルトはマイルドな塩味なので、そのままでもよいかと乗せましたが、少し大き過ぎたでしょうか...

多田さんのタルト生地は素朴な印象です。
さくさくと軽めの食感で、バターのくどさがあまりありません。粉が勝っている感じですね。
フランスの地方のお菓子屋さんのイメージ。
華やかなフルーツタルトの生地よりは、リンゴとカスタードだけの素朴な焼きタルトが似合うでしょうか。

甘味がほとんどなく、塩気がとてもきいています。
このチョコクリームのような濃い味のフィリングと合わせるのもよいのですが、
私は次のタルトの方がより好みでした↓









b0108544_1464275.jpg

ジュラ風ガレット
ジュラ風ってどういう意味でしょうね? 本に説明はなかったので、わかりません(笑)
タルト生地を薄めにのばして、上にアーモンドスライスを乗せ、グラニュー糖、シナモンパウダーをかけて焼きます。
本ではきれいに焼き目がついていて、こんな白いグラニュー糖は見えないのですが...どうして溶けないの?

でも、食べてはアーモンドの香ばしさとシナモンも効いて、シンプルだけどおいしくて、つい手が伸びます。
実は全体の写真には入れて撮ったものの、お砂糖は溶けなかったし、実際かなり薄めで切り分けたら、
ぼろぼろと崩れ気味になって、あまりきれいな三角にならなかったので、手芸部には持っていかなかったのです。
他に結構たくさんありましたしね。
うちでさくさく、あっという間に食べてしまいました♪









b0108544_1475914.jpg

マロンブレッド
以前チョコシートをいただいた手芸部のお友達から、「こんなものを見つけたわよ~」と今度はマロンシートをいただきました。 
日本で買って来れられた貴重な物を☆☆!  ありがとうございます!!

前回のチョコブレッドよりは、少しはかっこよく焼きあがったでしょうか...?

チョコブレッドの時は少し層の数が少なく、チョコの部分がくっきり厚めになってしまった~と反省。
層がたくさんになるようにしてみました。
断面を見てみても...








b0108544_1542087.jpg

場所によって違いはありますが、層はあきらかに増えていて、折込パンらしくなっています。
見た目は成功~♪

ただ、マロンは色も薄めですし、薄すぎて印象が薄くなってしまったでしょうか。
食べても、おいしいのですが、もう少しマロンの味が強くてもよいかな~とも。
みなさんにも「おいしいけれど、何の味かな~さつまいも?」などと、なかなか栗と当てていただけませんでした。
(いつも変わった材料をつかったお菓子には、「何が入っているでしょう?」と当てていただいて楽しんでいます・笑)

マロンシートの場合はそれほど層を増やさなくても、チョコシートのような色も味も濃いものは、
層を増やしたほうがよかったのかもしれません。
でもパンのおいしさは大好評!
ふわっふわで柔らかいパン、アメリカではなかなかお目にかかれませんからね。

今回もeパン工房さんのレシピを参考に、冷蔵発酵で時間がかかっているだけのことはある美味しさです。
サイトですが、この前のリンク先はアクセス禁止。
新しくこちらに引っ越されていました。
まだ工事中のようで、一部のパンのレシピ以外はアクセス禁止になっていますが、毎日変わっているようなので、
どんどんたくさんのパンのレシピが戻ることでしょう。

たくさんの素晴らしいパンレシピを公開してくださった、管理人のつなちゃんは、お亡くなりになっていらしたようです。
心より御冥福をお祈りいたします。
本当に残念です。 つなちゃんのパンレシピには何度もお世話になりました。
アメリカに住んでいて、日本の情報は入りにくいですから、eパン工房さんの存在はとてもありがたく、
掲示板ではパン作りについて、質問させていただいたこともあります。
その時から体調はお悪かったようですが、たくさんの質問にもひとつひとつ、
とても丁寧に答えてくださっていらしたこと、印象に残っています。

つなちゃんのファンの方はたくさんいらっしゃることでしょう。
こうして有志の方が志を引き継いで、アーカイブという形でレシピを公開してくださること、心から感謝しています!







b0108544_146340.jpg


「今回もたくさん作ったわね~」と思ってくださる方も、「まだまだでしょう~」と励ましてくださる方も、
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2014-04-17 23:58 | お菓子 | Trackback | Comments(6)
アメリカのお茶 Harney & Sons、 コスコで買うのは...
b0108544_22455661.jpg

サンプラーセットに入っていた19種類のティーバッグ、全部色が違うので並べてみたら、色見本のようできれい~
と一人で楽しんでしまいました(笑)

「アメリカでも本格的な紅茶ブランドがあるのよ~」と教えていただいたのが、Harney&Sons。
スーパーでは売っていませんが、ウイリアムズ・ソノマにはアールグレイなど数種置いてあります。
なかなかおいしかったので、もっと他に種類がないのかな~とHarney&Sonsのサイトを覗いて驚きました。

紅茶、中国茶、ハーブティー、とてもたくさんの種類を扱っているのですね~価格もソノマより安い!

さっそく注文してみるにも、いろいろありすぎて迷っていたところ、
サンプラーセットが三種類もあることを見つけて、とりあえずそれらを注文してみました。

ちなみに、日本にも進出しているのですね。 日本のサイトもありました↓ 
日本ではハーニー&サンズと呼ぶようです。






b0108544_22462192.jpg

サンプラーセット以外にも茶葉も2缶。
アールグレーの香りは好きですが、味わいからするとダージリンの方が好みです。
一番摘みなのでとても香り高く、すっきりとした風味で苦味が弱め、とても気に入りました。

この黒地に金色のラベルの缶がリーフティーの入る缶です。
少しマリアージュ・フレールを意識しているかな~とも見えてしまいますが、
創業者のハーニーさんは、イギリスのフォートナム・メイソンで修行されたそうですよ。







b0108544_22465139.jpg

こちらはプレミアムのサンプラーセット。
最初のホイル・サンプラーセットはクラシック、つまり定番のお茶が選ばれていたようです。
プレミアムは、オーガニックティーや少し変わったフレーバーのお茶が入っているようですが、
中には両方に重複するものもいくつかありました。








b0108544_22471914.jpg

「イングリッシュ・ブレックファスト」は、三種類のサンプラーセット、それぞれに入っていたので、
どう違うのかな~と、ティーバックの中身を出してみました。
最初の二つは普通の紙のバックですが、もう一つのサンプラーセットはサシェと呼ばれるテトラパックです。

紙パックの2つは、中身、重さは2gですし、細かい見た目も同じように見えました。
サシェの中身はリーフティーで重さも3g。 
飲んでもやはりリーフティーの方が味わい深くて、おいしい~

ちなみに、「ブレックファスト」って、「朝に合った軽めの紅茶~」と以前は思っていたのですが、
その逆で、「目が覚めるようにカフェインたっぷり、強い紅茶~」なのだそうですね。







b0108544_22473879.jpg

マザーズ・ブーケ、鮮やかな色合いに惹かれました。
お湯を注ぐと、最初はきれいなブルーになって、時間が経つと黄色になります。
ローズやオレンジピールが入っていて本当に、花束のような香りです。

名前にちなんで、自分へのプレゼントに買いました。
実はこのオーダーをしたのは母の日の近くのこと... いつものように遅すぎの話題ですみません。
この後も何回かすでにオーダーしています。
そして今回お知らせしたかったのは、12月2日から3日の夜中(アメリカ東部時間)まで、送料無料の上に、全品25%オフ~!!
のお知らせが来たからなのです。

もう締め切りまで半日しかないので間に合わないかもしれませんが、興味のある方は、サイトでサインアップすれば、
こういうセールや新製品の情報がメールで送られて来ますよ。
日本のみなさまには関係ないかもしれませんね...ごめんなさい!







b0108544_2248465.jpg

さて、こちらも遅くて、9月頃のことですが、日本から越していらしたばかりの方と話していて、
「コスコではどんなものを買うのですか~?」と聞かれて、あら、意識したことなかったけど、
何を買っていたのかしら~と撮ってみました。 全部ではないけど。

まだこの時期には桃が売っていたのですね~ さすがに12月の今はありません。
桃、鶏胸肉、パスタソース...オーガニック製品が多いのも嬉しいですね。

うちではサラダ油ではなく、代わりにグレープシードオイルを揚げ物にも使っています。 からっと揚がりますよ。
変な臭いもなく、すっきりしているように感じます。

バニラビーンズは20cmもあって、しっとりとして、スーパーのスパイスコーナーに置いてあるものより質がよいと思います。
ラップもスライド付きで、すーっと簡単に切れますし、アメリカのラップにしてはつきがよいよう。
もっと巨大な、一年も持ちそうなロールもあって、そちらのほうが割安。
以前はそちらを買っていたのですが、こちらは引き出しに入るので、目立たなくて便利です。

ジプロックは200枚もあってどうする~という感じですが、開けてみると、4つの箱に分かれているので、残りはしまっておけます。
長持ちするものですし、やはりお買い得ですね。

食洗器の洗剤、カスケードでもコンプリートは一番きれいな仕上がりになると思います。
ツナ缶、こちらはみな水煮ですが、これはぱさぱさしていなくてしっとり、もちろん大きな塊チャンクタイプです。
ハイチュウはアメリカでも人気ですよ~専用の工場ができるとか...








b0108544_2343755.jpg

こちらは秋になってからのお買い物。
オーガニックのFujiリンゴが出回りました。

あまり見たことのないキノコ、色がポルチーニっぽいので、おいしいかな~と買ってみたのですが、
味も香りもあまりなくて、これはハズレ(笑)

V8はセールだったので買ったのかな~苦手な野菜の多いダダが埋め合わせによく飲んでいます。
使い捨てハンディモップ(?)はささっとほこりを取るのに便利。

ケープコッドのポテトチップスは厚みがあって塩味も強すぎず、私は好き。
40%オイルカットなので、少しは罪悪感なく食べられるな~と思うのですが、
家族には固い~味がない~と言われてしまいました。
隣の、メスキートBBQ味のほうが、スパイスの効いたしっかりめのバーベキュー味でおいしいらしいです。
巨大な袋も見慣れてしまいましたが、680g入り。  
と言われてもピンと来ないかも知れませんが、裏の表示によると、全部食べてしまうと4000kcalになるそうですよ!
一度に全部食べる人もいないと思いますが、聞いただけでも胸焼けしそうですね(笑)

ちなみにcostco、日本では「コストコ」と言うそうですが、アメリカでは「コスコ」でtは発音しません。
慣れているせいか、コスコのほうが言いやすいよいに思えるのですが、どうしうてコストコなのでしょうね~?
呼び方も違いますが、コストコのほうが、日本ならではの素晴らしい品揃えのようですね。
一度は行ってみたい~!

今回はどちらかというと、よく買うような定番ではないものが多かったかもしれません。
こちらではそれほど品物に変化もないようなので、あまりよく見ずに、いつも同じようなものを買ってしまいます。
何かお勧めがあったら教えてくださいね~♪








b0108544_2345528.jpg

最近パンの記事が少ないことに気が付きました。
HBで同じような食パンばかり焼いていることも大きな理由ですが、ホールフーズが近くにできて、
バゲットやハード系のパン、は結構おいしいのが買えるからです。
そう、パン作りはつい、怠けてしまっています(笑)

タコの好きなシナモン・ツイストに丸い緑のは、チャイブとチェダーチーズのスコーン。
コスコのクロワッサンよりも、ホールフーズのほうが、バターの味がしっかりと感じられてずっと美味しいです。

どれもかなり大きくて、一個を全部一人で食べるには飽きてしまいそうです。
大きいことがわかっていただけるかな~と普通のボールペンを並べてみました。
マフィンも、日本では普通直径7センチの型ですが、こちらではそれに加えて、
5センチのミニと9センチのジャンボマフィン型も普通に売っています。







b0108544_2351255.jpg

甘酸っぱい爽やかなオレンジのマフィン生地に、クランベリーの酸味が効いています。
上に乗ったクランブルと、時々じゃりっとグラニュー糖も食感のアクセント。
しっとりと柔らかな生地は、ARIさんのマフィンを思い出す美味しさです。


気が付けば、「美味しいもの」のカテゴリーは4年ぶり!
なかなかアメリカで美味しい物には出会わない...ということばかりでもないのですけどね。
これからはもっとまめに、「美味しい物」をお伝えできるようにしますね。


今回の話題、美味しそう~と思ってくださった方も、そうでもなかった方(笑)も、
↓一日に一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2013-12-04 04:41 | 美味しいもの | Trackback | Comments(8)
パーベイクのピザ ~zopfのパンで夏休みランチ
b0108544_2310481.jpg

夏休みのランチ、何にしようか迷うことも多いですよね。
うちの場合はもっぱら麺類に頼ってしまいました。
そば、うどん、そうめん、ラーメン、冷やし中華、の繰り返し...はっきり言って、手抜きです(笑)
一応、タコには何がよいか聞くのですよ。
シンプルな麺類が好きなようで、助かります。

麺類でもパスタや焼きそばなどは、学校のある時にもお弁当に持たせることがあるので、
正式には、お弁当にはできない、「つゆのある麺類」が多かったのです。
普段だったら一人のお昼なので、残り物などで適当に済ませてしまうので、う~ん面倒...
なんて思ってしまうこともあります。 だめですね~
ちなみに、ダダには夏休みがないので、朝お弁当を作らなくてはいけないし、
夏休みは二重手間...ということもあるのですよ。

そんな時にお手軽なのが、やはりパンのランチです。
特にこちら「ツオップ 失敗しないパンづくり」に載っているパーベイクのピザは、
生地を半焼きの状態まで、一度にたくさん作っておけます。
冷凍しておいて、食べたい分だけ冷凍庫から取り出して、冷凍した生地のまま、具を乗せて焼くだけ。 
お手軽ですし、ピザはやっぱり焼きたてがおいしいですからね。
食べる分だけささっと焼くことができるのは、ありがたいです。









b0108544_2311914.jpg

モッツァレラと2色のプチトマト
下にはトマトソースを敷いてあります。
バジル、一枚はうっかり焼く前に乗せてしまい真っ黒に。 やはり焼いた後に乗せないと~ですね。
ちゃんとしたモッツァレラチーズを使ったので、ミルキーで甘い。
このシンプルな組み合わせだけで十分おいしかったのです。

チーズがとろ~りとしたところに、焼いて甘さが際立ったトマト、バジルの爽やかさ。 
赤、白、緑のイタリアンカラー(黄色も入ってますが)も鮮やか~








b0108544_23112942.jpg

ブルーチーズとじゃがいも
ゆでたジャガイモなので、そんなに薄くなくてもいいかな~と思いましたが、もう少し薄い方がよかったと食べて感じました。
ブルーチーズとの相性はとてもよくて、塩味がよく効いて、大人な風味。
なのでタコにはだめでしたが、私はもう一度試したいですね。 薄めの生地の方が合うかな。

もう一種類、牡蠣とカマンベール、ねぎの組み合わせにもとっても惹かれますが、
牡蠣の時期になるまでお預け...でしょうか。









b0108544_23114774.jpg

実は同時に二種類のパンを焼いたので、半焼きより、少し焼きすぎてしまったのです。
本当は、パーベイクの段階では、焼き色がつかないようにしないといけないのです。

手前がもう一種類のパン。 ちょっと粉ふりすぎですね。
パーカーハウスロールと言って、アメリカ生まれの形だそうです。
楕円形に広げた生地に溶かしバターを塗って、半分に折りたたんで焼きます。
周りのふちの部分を少し厚めに仕上げるのが、かっこよく焼きあがるコツだとか...









b0108544_23121275.jpg

バターを塗ってあるので、焼いた後でも、パカッと元のように開きます。
ここにいろいろな物をはさんで、ガブッと食べるのですね。









b0108544_23123615.jpg

タコの好きなヒレカツサンド。
カツにはつきものの千切りキャベツも、パンの片方が閉じているので、ぽろぽろこぼれずに食べやすいようです。

もちろんハンバーガーやオムレツバーガーにもいいですね。
現地校のお弁当は、ランチタイムが短くて、手早く食べられるものというリクエストでパン類を持たせることが多く、
普通のサンドイッチの他にもこのパンやドッグパンで、少しは変化を持たせています。
朝はいつもばたばたして余裕がなかったり、暗かったりで写真はなかなか取れないのですが、
今回はそんなパンたちを御紹介しています。









b0108544_23125985.jpg

こちらもお弁当パンの定番、フランキーボーイ
定番と言う割には、かっこよく焼きあがっていないのですが、
太いソーセージしかなくて、たて半分に切ったら、パンとのバランスが悪くなってしまいました。








b0108544_23181448.jpg

一見楕円形のパン生地にソーセージを乗せただけのようですが、
実際は、細長く延ばした生地を半分に折って、Uの形になった上に乗せているので、
ピタっと収まっているのです。

フランキーボーイはzopfの最初の本、「zopfのおうちパン テーブルロール」に載っています。
この本、残念ながら今は絶版らしいのですが、プロのパン屋さんのお惣菜パン、
成形パンもあれこれ紹介されていて、とても参考になっています。








b0108544_23183328.jpg

ハムロールもその本から。
こちらも成形がちょっと凝っていて、一つずつ、広げた生地にハムをのせてくるくる巻いて、
押して、たたんで、輪の部分に切り込みを入れて、そこそ広げて上にマヨコーンを乗せる...というもの。
言葉だけだと難しそうですね。

たっぷりのコーンにマヨネーズがとろりと、たまりませんね~
こういうお惣菜パンはアメリカで見ないし、私は大好きなので、自分のために時々作りたくなります。
本当はハム抜きで、代わりにチーズを入れたいところです。









b0108544_215053.jpg

あんこ食パン
こちらも自分のためのパン...でしょうか。
あんこ物も、もちろんこちらでは普通には売っていないので、食べたければ自分で作るしかない~のです。

このパンも成形に手間がかかります。
あんこをパン生地に折り込まなくてはいけないし、その生地を細長く切って、三つ編みにしたものを丸めて
食パン型に入れる...
デニッシュ食パンのような作り方ですね。
でもバターシートと違って、普通のあんこをパン生地に薄く伸ばすのは結構難しい~
あんこって固くてなめらかにはのびないのです。
それに一斤の食パンにあんこ300g! これはけっこうな量なのですよ。

もう少したくさんの層になって欲しい気もしますが、これが限界?
それでも角食パンらしくはなりましたし、食べればなかなかのもの。 
ふわふわなパン生地と、あんこの一体感がよい感じです。
あんぱんとはまた違ったおいしさですね。




 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  




b0108544_231938.jpg

来週の月曜日から、タコも高校生になります。
といっても、日本なら中学の二年生ですし、まだ全然しっかりしていないので、とてもそうは見えません...
と思っていましたが、夏休み明けの補習校や野球チームの練習など、最近あちこちで「背が伸びたね~」と言われます。
いつの間にかダダの背に並んで、超えてしまいました。
外でスポーツしているか~昼寝しているか~のどちらか、のような夏休みだったので、
「寝る子は育つ」の言葉を実証したのかもしれませんね。

中学校で卒業式がなかったように、高校にも入学式のようなきちっとしたセレモニーはありません。
在校生が新入生について校舎の中を案内する、Fish Campというイベントや、
ロッカーの番号や授業の時間割をもらいに行く、オリエンテーションのような日があるだけです。
学校初日は1時限目から7時限目までびっしり、いきなり授業が始まります。

画像は、新入生の親対象の説明会。
こういう学校関係の集まり、現地校では大抵夜にあります。
ですのでお父さんの姿も多く見られます。

校長先生も、仕切るカウンセラーの先生も、みなさんお話がおもしろい。
とにかく笑を取らなくては~という感じで引き付けるのはアメリカらしいですね。
内容は真面目なのですが、お笑いのおかげでお話がすっと入って来ます。

今時の高校生の特徴を一言で表すと、Digital Native
生まれたときから、周りにネット環境が備わっている世代。
忍耐強くない、一度に複数のことを同時にする(集中しにくい)、面と向かってコミュニケーションをとるのが苦手...
などのデメリットが目立つそうです。
なるほど~ タコにも思い当たることが多いですね。

この高校、建物も大きくて、人数も多いとは聞いていたのですが、実際の数字を聞いてびっくり~
全校で3636人だそうです。 9年生は825人
新興住宅地にあるので、毎年すごい勢いで生徒数が増えてきたそうです。
今年度から近くに新しい高校ができて、これでも少しは新入生が少なくなったのですよ。
最上級生の12年生は1000人以上。 

もしかして、アメリカで一番多かったりするのかな~と調べてみると、
数ある高校の中で、2桁には入る多さのようですが、上には上があるようで、一番の学校は8000人もいるそうですよ。







b0108544_23191911.jpg

8月に入って平日は毎日、夏休み返上でマーチングバンドの練習に励んでいます。
こんな駐車場のコンクリートの上で猛暑のなか、大変そうですね~
手前に数人座っている子がいますが、バンドとは関係ないそうで、練習時間はずーっと、
自分の出番ではないときにも、後ろで立って見ていないといけないそうです。
ランチの時間以外は立ちっ放しなので、毎日帰ってくると、足の裏や足首が痛い~と訴えています。
今まではスポーツでも音楽でも、アメリカの練習ってゆるいな~と思っていましたが、
ハイスクールになったら突然厳しい~! その違いに驚いています。

マンモス学校なので、バンドも大きくて300人もいるそうです。
マーチングにもトライアウトがあって、3割ほどの生徒は出られないとか。
バンド(吹奏楽部)は芸術系の授業なのに、マーチングは完全に運動系の内容ですね。
演奏の上手い下手ではなく、マーチングが上手くなかったり、体力がないと、出ることができない、というのも変な気がします。

中には、中学の時にとても演奏が上手でいつもファーストチェアだったのに、マーチングが嫌でバンドを取らない、
という生徒さんもいるそうです。  もったいないですね~
私から見るといつももっさりとしていて、機敏さのかけらもないタコですが、今のところは楽しいようです。
トライアウトにも受かってポジションをもらって...
バンドからすでに、新しい高校生活がスタートを切っているのですね。
この調子でこれからも、楽しく充実した4年間を過ごして欲しいと願っています。
[PR]
by Wingco | 2013-08-23 14:27 | パン | Trackback | Comments(14)
クロワッサン・ダマンド ~苦労わっさんと「鳥」 
b0108544_0144472.jpg

一週間の春休みも終った月曜日の朝、タコは元気に学校に行きました。 
松葉杖をつく後姿はちょっと痛々しかったですが、十日も経つと結構見慣れるものですね。
土曜日には補習校もあり、タコの姿を見かけたらしい友人知人から、「どうしたの~とっても大変そうね~お大事に~」
とお電話やメールをいただきました。 
みなさまにも、御心配いただきありがとうございます。

この一週間がお休みで助かりました。 家でごろごろしていられましたし。
最初は何もしなくても痛いようでしたし、足を高くしていないと、浮腫んで圧迫されてまた辛かったようです。
家の中でも最初は松葉杖で動くのが、立ち上がるだけでも大変そうでしたが、
足にキャスターの付いた椅子を使ってみたら、片足でスーっと滑らせるだけで一階はどこにでも移動できるようになりました。
意図した訳ではないのですが、うちはかなりオープンな間取りで、ほとんど段差のないバリアフリーのような感じです。

もし車椅子生活になることがあっても、生活しやすそうなのはよいのですが、空間が広い分、冷暖房代は高くつきそうです。
今日は久しぶりに、やっと一人の自由な時間が取れたので、クロワッサンを作りたいと思ったのですが、
今日の最高気温の予想は何と31度!!
クロワッサンを作るには、バターが溶け出さないように、室温20度以下がよいらしいのです。
冷房を入れてまで作ろうという気合もなく、三回目のクロワッサン挑戦は、秋以降に持ち越しとなりそうです。

そう、春休み前に二週続けてクロワッサンを作ってみたのですが、満足できるものはできませんでした。
それでも二回目、この画像のクロワッサンの時には、何となく改善すべき点がわかったような気がしたので、
もう一度、作ってみたかったのですけどね~
室温が高いと余計にうまく行かないのは経験済みなので、無理はしません。
去年も結局作ったのは一度きりでしたし、
あ~、もっと早くから寒い時期に作ってみなかったのだろう~と後悔、毎年のようにしているような...(笑)

後には恐ろしい画像も...(笑)
[PR]
by Wingco | 2013-03-19 07:50 | パン | Trackback | Comments(6)
ワッフル ~稲田多佳子さんのイーストのお菓子
b0108544_2313075.jpg

ワッフル
稲田多佳子さんの通称◎本、「ちいさな焼き菓子とおすそわけスイーツ」の中では、
イーストを使ったお菓子も4種紹介されています。 全部続けて作ってみました。
というのも、タコの「ワッフル食べたい~」の一言がきっかけで、ワッフルのレシピ、確かどこかで見たような...
と探してこの本で見つけたからです。

土曜日には大抵補習校があるので、一週間でのんびりと朝ごはんを食べられるのは日曜だけ。
うちでは何となく日曜の朝の主食は、ホットケーキとかフレンチトーストなど、甘いものなってしまいます。
ワッフルももっと頻繁に作ればいいのですが、ついワッフルメーカーを出すのが面倒だったり。
それに、この”BAM!”という模様!  何でこんなの買ってしまったのでしょう...(笑)

もちろん、知っていたら買わなかったのですが、感謝祭後のセールで何と70%オフ!になっていたもの。
”安い!”とよく見ないで飛びついてしまったのです。  間抜けですよね。
一応言い訳しますと、箱の写真にはそんな模様が写っていなかったのです。
もう10年近く前のことで、それ以来、必ず買うときは、箱から出して、中を確かめてから買うようにしています。

余談ですか、アメリカではそれは簡単に返品できるし、返品する人も多くて、
中には使った物や着た服を返してしまうことも当たり前、お店もその品をそのまままた売ることも当たり前なので、
買うときにはよ~く品物をチェックしないと、部品が足りなかったり、服が汚れていたり、などということもあるのです。
もちろんそういう不良品をつかまされた時には、また返品すればよいだけのことなのですけどね。
そういうのって面倒~と思ってしまいます。

このワッフルメーカーも壊れていたわけでもないし、ホットサンド、プレッツェル用それぞれのプレートもついているので、
まあいいかな~とそのまま使っています。

最後にはあらあら~なお話も...
[PR]
by Wingco | 2013-03-11 16:05 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
マーブルブレッド ~上田まり子さんのホシノ酵母パン
b0108544_22513734.jpg

久しぶりに、上田まり子さんの「ホシノ酵母のホームベーカリー・パンレシピ」を開いて、いくつかパンを作ってみました。
私はいつも本にたくさん書き込みをしてしまうのですが、作った日付を見ると、2008年から2009年ばかりです。
もう5年も経っていることに驚いてしまいました。

そしてホームベーカリーでのパンだけではなくて、同時にレーズン酵母などの自家製酵母でのパンも作っていたのです。
がんばっていましたね~(笑)
自家製酵母パンもまた作ってみたいのですけど、ホシノ酵母もまだまだたくさんあるし、
ホシノ酵母のパンは手軽なのにおいしくて、それで満足してしまっているところもあります。
最近はどちらかというとお菓子作りの方が作る機会も多くて、そちらで楽しんでいるのかな...

パンはあれこれ作ったものの、変わったものを作りすぎたのか、家族が警戒するようになり(笑)、
普通の食パンがあればよい~という感じなので、作るにに気合が入らないのかもしれません。
食べてくださる方を募集中~(笑)

作りやすいパンばかり...
[PR]
by Wingco | 2013-03-01 10:20 | パン | Trackback | Comments(8)
パン・ド・ブラン~シニフィアン・シニフィエの高加水パン&ドイツパン
b0108544_16301965.jpg

一月も下旬に入ってしまいまいたが、前回の初焼きお菓子に続いて、今年のパンの初焼きはこちらでした。

パン・ド・ブラン
全粒粉にシードミックスがたっぷり入った、雑穀パン。
おいしいことばかりを求めてしまいがちですが、家族の健康のためにも、体に良さそうな素材を
できるだけ取り入れて行きたい、という思いを込めての初焼きパンです。

健康も大事、おいしさも大事...
[PR]
by Wingco | 2013-01-21 23:12 | パン | Trackback | Comments(20)