タグ:ものもの ( 35 ) タグの人気記事
*イースター* コストコのゴディバ、リンツのチョコ  
b0108544_2322324.jpg

次の日曜日はイースター。 キリストの復活をお祝いする日だそうです。
キリスト教徒の多いアメリカではハロウィンやクリスマスと並んで大きな行事となっていて、
スーパーにはイースター関連のお菓子が並んでいます。

イースターにつきものなのが、イースターエッグとイースターバーニー。
子孫繁栄を願って、子沢山のうさぎと卵がシンボルとなっているようです。
リンツでも卵型のリンドールや、かわいいうさぎなどの動物をかたどったチョコレートを季節商品として出しています。










b0108544_2392794.jpg

コストコでも、こんなゴディバの詰め合わせを売っていました。

クリスマスシーズンのセットがチョコの部分が少なくて、中身が甘くて、その時には、「来年はもう買わない~」と不満でしたのに、
少し雰囲気が変わっていたので、もしかして~と期待して、つい買ってしまいました。

今までは9個×三段でしたが、今度は15個×二段になっていて、見た目のスカスカ感(笑)が減ったでしょうか。

食べてみると内容はあまり変わっていなくて、やはりヌガーやキャラメルなど甘~いフィリングが多いのです。
新しく、キイライムフィリングやホワイトチョコが多くなっているのは、嬉しかったのですけどね。










b0108544_2394888.jpg

箱にもカラフルなイースターエッグを思わせるデザイン。










b0108544_23101584.jpg

うちのイースターエッグたちも玄関に飾りました。










b0108544_23102946.jpg

同じくコストコで発見した、リンツのチョコセット。
うさぎの大好きな人参のパッケージ。 かなり大きいものです。










b0108544_23104447.jpg

中からはたくさんのチョコレートが!

ウサギにヒツジにヒヨコにテントウムシに、なぜかハチは一匹だけ!?
卵のリンドールもごろごろ~

パラソルチョコはにんじんになっています。
「パラソルチョコ、懐かしい~ 日本の?」とダダが言っていましたが、
不二家でお馴染みのパラソルチョコって、もともとはアメリカのものだったのでしょうか...?










b0108544_23112173.jpg

動物さんたちは、中が空洞の普通のミルクチョコでしたが、
テントウムシさんの中は、ヘーゼルナッツペーストにパフのさくっとした感じも楽しい、とっても私好み!

このセットは来年もリピートしたいです。 
ハロウィンバージョンも出して欲しい~♪

こちら、子供用のシリアルボウルですが、柄もかわいいのですよ。









b0108544_23113567.jpg

タコが生まれた頃に揃えたティファニーのベビー用で、マグカップとお皿もあります。
男の子なのにピンクというのも変ですが、デザインが気に入ってしまい、ピンクしかなかったもので...

デンバーのティファニーで購入しましたし、裏にもティファニーの名前があるのですが、
同時に”Made in Japan”と書いてあって驚きました。
品質のよい日本で作らせているのでしょうか。

エッグスタンドはピーター・ラビット...といえばウエッジウッド製ですね。
てっきりピーターラビットだと思ってロンドンのウエッジウッドで買ったうさぎさんたちは、
裏に違うメーカーの名前が書いてありました(笑)









b0108544_23221158.jpg

先日立ち寄ったお宅の玄関が、同じイースタ仕様でもすっきりと白で上品にまとめられていて、素敵~!
と拝見していました。
それに比べて、うちは何だかごちゃっと賑やかすぎかな~と...

イースターはパステルカラーの物が多いこともあって、好きな色合いですので、ついあれこれ並べてしまいます。
春のうきうきとした雰囲気は表れてはいるでしょうか。

春になり暖かくなってきましたし、外にはお花も咲いて嬉しい気分ではいるのですが、
今年は今までになく花粉症が酷く出ています。 この二週間鼻が辛い~
みなさまは大丈夫ですか?
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ







[PR]
by Wingco | 2016-03-24 06:15 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)
叶匠壽庵、ピエール・エルメ、KUSMI... おみやげをありがとう♪
b0108544_7592554.jpg

今回は、今までなかなか機会がなくてまとめてのアップになってしまいましたが、
お友達から頂いた、日本や各国からの旅行のお土産の数々です。

去年は春にシカゴに少し出かけただけで、日本にも行かず、テキサスにこもってばかりでした。
みなさまからの世界の風を感じるお土産が、どんなに嬉しかったことでしょう!


まずは日本の老舗、叶匠壽庵の栗まんじゅうと香煎茶。

お茶の方は、名前から、緑の御煎茶で香りがよいものかな? 栗まんじゅうにもぴったり!
と想像したのですが、ご覧のように白いもの。
飲んでみると、上品な梅昆布茶といったお味でした。
意外に、甘いお菓子にも合いましたよ!









b0108544_81401.jpg

中には大きな栗がごろんと丸のまま~
白餡と共に上品な甘さ、流石の美味しい栗まんじゅう。  
ご馳走様でした♪









b0108544_801931.jpg

同じ頃に頂いたので一緒に撮りましたが、別のロスアンジェルスに住んでいるお友達が、
出張でヒューストンにいらした時のおみやげ、ルピシアのお茶。
他に、LAには和菓子屋さんもあるのよ~と、練り切りのような色鮮やかな和菓子も頂いたのですが、
写真に撮る間もなく、夜のうちに食べてしまいました。

ルピシアはアメリカにも進出していて、LAにはお店もあるのですね。

本当にパイナップルやリンゴの甘酸っぱい香りがする麦茶...
合うかどうかはお好みにもよるでしょうが、面白い味でした。

ルイボスティー、実は苦手なのですが、マンゴーなどで爽やかな風味がついて、飲みやすくなっていました。











b0108544_803613.jpg

こちらはパリとロンドンからのおみやげ。
ピエール・エルメは日本にもお店があり、ケーキやマカロンだけではなく焼き菓子も売っていますが、
こちらのパイ菓子とゼリーのようなお菓子はパリ本店にしか置いていないとか。










b0108544_805045.jpg

パイ菓子はとっても層が薄くてさくさく軽い!
バターが違うのか、何だかパリの香りがするような、普通とは違う美味しいパイでした。

このゼリーのようなお菓子も、見た目甘そうで、やはり甘いのですが、それ以上にフルーツの凝縮された風味がしっかり。
甘酸っぱくて美味しかったです。
カシス、アプリコット、フランボワーズの三種。

ハロッズのお菓子はコーヒー風味のチョコ。 驚くほど甘かった!
その甘さを消すにはぴったりの、ラズベリーとアップルの、色もピンクが鮮やかな、爽やか~なハーブティー。










b0108544_81612.jpg

ペルーからやってきたのは、かわいいアルパカ。
同じお友達がパリにも行かれて、KUSMI TEAも頂いてしまいました。
小さいけれど、蓋ぎりぎりまでぎっしり詰まっているので、結構何回も飲めました。

他の方からも、そちらはニューヨークのおみやげですが、KUSMI TEAの
ブーケ・オブ・フラワーズというクリーム色の缶を頂きました。
その香りが最高に好きで、飲むのがもったいなく、今でも時折缶の蓋を開けては、クンクンよい香りを嗅いでいます(笑)

NYではディーン&デルーカで扱っているそうです。
日本にもお店がたくさんありますが、ヒューストンにはないのです...残念~

奥にぼんやり写っているのは、シンガポールのおみやげ、椰子のみの殻で出来た器。
自然の形なので、よく見ると完全な丸ではないところ、風情があります。










b0108544_812575.jpg

同じ方に頂いた、モロゾフのアルカディアという焼き菓子を入れてみたのですが、
日本のお菓子でも、器のせいでしょうか、どこかエスニックな雰囲気に見えませんか?










b0108544_814353.jpg

こちらでは手に入らない、日本の手の込んだおかきも嬉しいおみやげです。









b0108544_8142514.jpg

形も風味もさまざま、どれも美しくておいしい~










b0108544_815719.jpg

頼んだわけではないのですが、珍しく自主的に、ダダが出張でおみやげを買って来てくれました。
日本からではありませんよ。
カリフォルニアのサンディエゴに行ったのですが、大きな日系スーパーがあったそうです。

海藻類が多かったのは、頭の方が気になっているのでしょうか...(笑)
鮮やかすぎる緑のバームクーヘンにはびっくり@@しましたが、名前の通り、濃いお茶の風味は感じました。

それにしても、30ドルもするバームクーヘン。 私なら買わなかったかな~ 美味しかったけれど... 









b0108544_821139.jpg

私の紅茶好きなのを御存知なお友達から、「日本でヒカリエに行くので、ついでにマリアージュ買ってきますよ~」
という嬉しいお言葉に乗ってしまいました。
アレクサンドリア何とかという、初めてのフレーバーをお願いしたのですが、もったいなくて、まだ開けていません。

それだけではなく、いろいろなお菓子も! ありがとう~
柿の種チョコは以前にもいただいたことがありましたが、進化しているのですね。
こちらは抹茶や苺などいろいろな味が楽しめました。









b0108544_822773.jpg

そして、別の御友達からはレシピ本。 ありがとう~!!

フレデリック・カッセルの本は、実際にお菓子を作るのにはハードルが高そうですが、
全てフランスで撮影したという写真がとにかく美しい!
眺めているだけで幸せ~♪

高橋雅子さんの本も、最初の一冊以外はあまり作ったことがないのですが、どうも気になって買ってしまいます。
これで7冊目?
でも今回の本はとっても身近に感じます。 
すでに何回か作っていて、前回の記事の中のパンもこの本を参考にしました。(パン生地と成形は違いますが)


旅行の限られた貴重な時間を使って、品物を買っていただき、持ち運ぶ荷物も限られているのに、
その中に私へのおみやげも混ぜてくださるだなんて、本当にありがたいことです。

私もみなさんに喜んでいただけるような、素敵なお土産を選びたいものです...
が、まだどこにも旅行の予定がありません~(悲)
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-02-18 23:59 | 美味しいもの | Trackback | Comments(2)
三代目ホームベーカリー♪
b0108544_23544391.jpg

去年のことになりますが、新しいホームベーカリーがうちにやってきました♪

初めてホームベーカリーを買ったのが...定かではありませんが、10数年前? 
象印の一斤のサイズ。

二代目のホームベーカリーは2011年の夏のことでした。
ということは4年しかもたなかったことになります。
使い方が乱暴だったのでしょうか~?
MKの1.5斤サイズ。
パンケースの中心部のところが緩んだのか、もれるようになってきて、それでもだましだまし使っていたのですが、
とうとう、軸の部分が取れてしまったのです。

本体はなんともなかったので、パンケースを取り替えればまだ使えたと思います。
でも海外ではそれも面倒ですし、調べてみるうちに、やはり新しい物は機能も良さそう~
と買い換えることにしました。

三代目はパナソニックの二斤。 どんどんサイズが大きくなっています。
写真で見たときにはそれほど大きな印象はなかったのですが、実物はかなり存在感があります。
高さがあって、湯沸しポットかと思うほど。

付属品にミトンが左右両方付いているところ、日本らしい細やかさだと感心しました。
(実際に使うと、少し薄手で、少し長く持っていると熱い!のですが・笑)
羽が二種類ついています。 片方は、おもちやうどん用の羽。

そうなのです、お餅がつけるのが嬉しい~!
お友達からホームベーカリーでついたお餅を御馳走になって、つきたてのお餅のおいしさに感動!
次は絶対にお餅がつけるHBを!と思っていたのでした。











b0108544_23551633.jpg

イーストや具の自動投入機能が付いているのも初めてです。

イーストが落ちる時には、バン!、バン!、バン!と凄い音がするのでびっくりしました。
捏ねる音は驚くほど小さくなっていて、こちらも4年での進化、メーカーによる違いがあるのかもしれませんが、
その変化に驚きました。











b0108544_024377.jpg

左が二代目のMK製のHB。
1.5斤でそちらも結構な大きさでしたが、やはりもっと大きいですね。
奥行きはあまり変わらないのですが、特に高さが違います。

見た目はすっきりとして、新しい方がいいですね。
メニュー一覧は横にシールで貼れるようになっています。
できるパンの種類は前以上にいろいろあります。
でもMKはパン生地作りなどで捏ねや焼きの時間を指定できましたが、パナソニックのはできません。
MKの方がパン作りを深く楽しむ方には便利なことでしょう。










b0108544_03440.jpg

パンケース、こちらは1斤サイズのと並べてみました。
MKのはパンケースぼろぼろなので、ちょっとお見せできません。
一斤のはNYに越して行かれたIさんが、「古いのでよければ~」と私の窮状を見て置いて行ってくださったのです。
感謝感激~!

見れば、製造年が1999年!  タコの生まれた年です!
「Wingさんのようにまめじゃなくて、たま~に使っていただけだから...」
とIさんはおっしゃいましたが、外も中もきれいで、丁寧にお手入れしながら使っていたのがわかります。

私も10年は持たせることを目標に、今度こそ大事に使います!
(一時はいろいろなパンが焼けること嬉しくて面白くて、毎日、それこそ一日に何度も、お友達用にも焼いたり、
もっと大きなパンが焼けそうと勝手に量を増やしたり、固い具を入れてガラガラ回してパンケースを傷つけたり...
とかなり酷使していたのです・反省!)










b0108544_032997.jpg

初めて焼く時には、ドキドキわくわく~
きちんと焼けてほっとしました。

2斤といっても、横に長くなったのではなく、全体に拡大した感じなので、こう見てもあまり大きさの実感がありませんが...










b0108544_14014.jpg

上がつかえて、パンガードに入りません!(笑)
高さがかなりあります。

ちなみに、このパンガード(というのかな?)、見た目がかわいい~とクオカでかなり前に買ったのですが、
パンを支える部分が小さくて、しっかり支えてくれないのです。
使い辛かった~ 今はもう売っていないようですが。










b0108544_143073.jpg

やはりこの普通の方が使い勝手がよいです。
以前のは使いすぎて、2つに切れてしまったので、こちらも新調。

切っているパンはさきほどの2斤ではなく、1.5斤で焼いてみた方です。
これなら大丈夫。 ちなみに1斤のパンは焼くことが出来ない、と説明書にはあります。










b0108544_15626.jpg

2斤食パンの断面、やはり大きいですね~
開いた私の手のひらが、すっぽり入ってしまう大きさです。

普通の食パンコースもありますが、こちらはパン・ド・ミ。
説明書の最初に載っているのがなぜかこちらだったので。

普通の食パンコースは4時間半ですが、パンドミは5時間15分とかなり長めです。
ドライイーストが半分で、それだけ小麦本来の味のするパンになるそうです。
確かにイースト臭さもなく、ふんわりしっとり、薄めの耳もぱりっと美味しい~!

今まで、説明書についているレシピで、これだけ美味しいと思ったパンはないかもしれません。











b0108544_153044.jpg

それでもやはり以前からお気に入りの、生クリーム食パンも焼いてみました。
ぐ~んと釜伸びもよく出来ました。









b0108544_155883.jpg

普通の食パンコースでしたが、きめも細かくしっとりと、とっても柔らか。 
クリームの香りが少しリッチな、美味しいパンです。

アメリカのパン用の小麦粉は、粉そのものが少しくすんだ色というか、日本のように真っ白~ではないように見えます。
オーガニックシュガーもベージュがかっているので、パンもご飯のような真っ白~にはなりません。
僅かな違いですし、普段は気になりませんが...










b0108544_162454.jpg

日系スーパーで日本のヨットが売っていたので、日本よりかなりお高いのですが、買ってみました。
やはり透明感のある白さが違いますね。 断面つやつやしていましたし、確かに口どけもよくて、食感の軽いパンでした。










b0108544_1102096.jpg

あまり違いがわからないかもしれませんが、こちらはお餅つきの途中ですよ~

お餅作りなんて、とっても大変そうに思っていましたが、餅米を洗って、お水を計って入れるだけ。
途中、蒸しからつきに変わる時に蓋を開けますが、あっという間に、1時間半で出来上がってしまいます。

ただ、それからが、熱いうちに丸めたりのしたり、時間勝負なのです(なので写真もなく)けれど、
つきたての柔らかいお餅の美味しさは格別~!!

新しいホームベーカリー、大満足です☆☆☆
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-02-04 23:59 | パン | Trackback | Comments(4)
コストコのゴディバ トレジョーのベルギーチョコレート
b0108544_838728.jpg

コストコで、ホリデーシーズン(11、12月)にだけ売っているゴディバの三段チョコボックスを、
今回も買ってしまいました。

昨シーズン(2014年)と比べて、箱の模様が少し、中身も少し変化がありました。









b0108544_8384512.jpg

9個、全部違う種類で華やかにみえましたが、三段全部この組み合わせ。
以前のは一段に3種類が3個ずつで三段それぞれ違った内容でしたので、
結局9種類のチョコが3個ずつ入っているのは同じです。

9種類全部を口にしたわけではないのですが、どれも周りのチョコの部分が薄くて、ほとんどフィリングの味しかしません。
それもキャラメルとかヌガーとか甘~いものばかり。
こんなに甘かった~??という印象。 プレーンのチョコだけでいいのに。

1個が普通の二倍はありそうに大きくて、27個入って$16.99というのは、ゴディバにしてはお得な気がしていましたが、
肝心のチョコの部分が少ないようなので、なるほどね~という感じです。








b0108544_839273.jpg

もう一つのボックスセット。 こちらはコストコのブランドKirklandのものなので少し迷いましたが、
5段と箱が少し立派そうだったのと、”ラグジュアリー”の文字に、もしかして~と期待してしまいました。









b0108544_8392055.jpg

5段のうち2段は全部違う種類なので、18種類の味が楽しめます。

見た目は変化もあって楽しいのですが、食べてみるとやはりフィリングに甘い物が多く、
周りのチョコ自体も甘めで、やはりリピートは無しでしょうか...









b0108544_8394467.jpg

前回いろいろ買った中で、唯一リピートしたのがこちらのチョコクレープ。
くるくると幾重にも巻いてある薄いクレープ生地のミルクチョコレートがけ。
とにかくクレープ生地が薄くてさくさくの軽さ。
ミルクチョコですが、それほど甘~いという感じがなくて、一応ベルギーチョコということで美味しいのです。

こちらも箱が、以前の殺風景な赤い缶から、きらきらと模様はついていますが、紙の箱に変わりました。
中身は同じく美味しいままでよかった!










b0108544_8401251.jpg

こちらはトレーダー・ジョーズでの季節商品。
感謝祭につきものの、ターキー・スタッフィング味のポテトチップス。
スタッフィングは全く苦手な味なので、怖い物見たさに買った(笑)のですが、やはり独特のお肉っぽい、スパイスも効いた味。
私にはダメでしたが、いつの間にかポテチ好きの二人が食べきってくれました。

パンプキン味のアイスクリーム。
日本のかぼちゃの味を想像してはいけません。
アメリカのハロウィンでおなじみのオレンジのかぼちゃです。 なので色もオレンジ。

味は、パンプキンパイの味。
オレンジかぼちゃはそれ自体は味があまりないので、シナモンやナツメグなどのスパイスを利かせるのですが、
その味が強いのです。

レディー・フィンガーは、以前にもティラミスを作った時にちらっと触れましたが、
周りにお砂糖のコーティングがびっしり。 
とても甘くてふがふがしていて、美味しくない~  ティラミスには使えませんでした。  

トレジョーでも時には、大ハズレなものもあります。










b0108544_8403294.jpg

箱に本のように並んで入っているカラフルなチョコ。
チョコレート・パスポートということで、それぞれエクアドル、タンザニア、ガーナ...など国別のカカオで作られています。

全くチョコ通ではないので違いはあまりわかりませんし、プレーンなダークチョコですので、
それほど楽しくも、美味しい~と感じるものではありませんでした。
昨シーズンの変わったフレーバーのダークチョコセットの方が好きでした。
でも、甘みがあまりありませんし、お菓子の素材に使えそうです。









b0108544_8405671.jpg

またもやベルギーチョコのセットですが、トレジョーのこちらは、見た目地味ですが一番美味しかった!
まず、周りのチョコ自体の味が美味しくて甘さが強すぎない。
中のフィリングもガナッシュクリームやナッツなど、キャラメルでも歯が浮くように甘くはなくて、どれも食べやすいのです。

30cm四方と大きな箱にたくさん入っていて、10ドル程度だったと思います。
人気があって売り切れてしまったのか、12月からはもう見かけなくなってしまいました。
でもうちには買い占めた(クリスマスのプレゼント用に)うち、まだ2箱残っています♪
私はそれほどチョコは食べないのですが、ダダが好きなので。

もう一つの箱は、外からは何だか全くわからなかったのですが、アマレッティとあるので、
アーモンド系のお菓子かと思って、クラシックな箱にもひかれて買ってみました。









b0108544_8412458.jpg

中は大きなザくザくっとした食感のクッキーのようなもの。
アーモンドというかマジパンのような、イタリアでこんな雰囲気の素朴なお菓子を食べたことがある~
ととにかく強い香りが印象的。 好みではありませんが...










b0108544_8415232.jpg

あれこれ買い込んでしまいましたが、パーティーではお友達にも味見して楽しんでいただきました。

下のお花の形はトレジョーのカラメル・ショートブレッド。
リンツのリンドール5種類ミックスも冬の時期にしか売っていないのですが、うちの定番となっています。 

たまにはお高~い、美味し~いチョコレートも食べてみたいものです。
日本と違って、ゴディバのお店ぐらいしか見当たらず... どこかあったら教えてください~









b0108544_8421250.jpg

10月のことになりますが、こちらもコストコで、ハロウィンに配るために買ったチョコです。
たくさんに見えますが、まだまだ、これは配り終えて余ったチョコなのです。
一袋に500個とか入っていたりします。  さすがコストコ!(笑)

タコもそれほどチョコ好きではないのですが、キットカットとクランチだけは、
ダダもピーナッツ入りのM&Mは食べようかな~ということでより分けて、
あとは学校に持っていったら、放課後のバンドの練習の時に、あっと言う間になくなってしまったそうです。

それにしても、このチョコの種類も見慣れたパッケージも、毎年ほとんど変わり映えがしません。
タコの小さかった頃、10数年前の初めてのハロウィンでもこれと全く同じチョコをもらっていたと思います。

毎年いろいろな新製品のお菓子が出る日本と違って、アメリカではスーパーに並んでいるお菓子、
驚くほどに変化がないのですよ(泣)
なので、トレジョーやコストコで新しい物を見ると、嬉しくて、つい買いたくなってしまいます。
この気持ち、おわかりいただけますか~?(笑)
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-01-12 23:59 | 美味しいもの | Trackback | Comments(6)
かぼちゃのクラフト Happy Halloween♪
b0108544_4521374.jpg

前回の御約束、最後の画像にぼんやり写っていたのはこちらです。
布で作ったかぼちゃ...に見えるでしょうか?

葉っぱのような形に切った布を6枚、二枚ずつペアにして片側を縫い合わせて、
その三組をまた縫い合わせると横長の球状になります。
中に詰め物をして、入り口をまつって、紐をぐるぐるっと放射状に12方に回して(かぼちゃらしい凹凸ができる)、
スティム(へた)をつけて、その縫い目を隠すように葉っぱや木の実などを、ぐるっとグルーガンでくっ付けて...

はい、出来上がり!









b0108544_4531347.jpg

布を裁つところから始めて、最後の仕上がりまで、2時間程度で出来てしまいました。

恥ずかしながら、ミシンを使うのは学校の家庭科の時間以来初めてでしたが、
スイスイとおもしろいように縫えて、楽しいものですね~
これも材料の準備から、とても丁寧に教えてくださったIさんのおかげです! ありがとうございます。

大変に不器用なので、お裁縫はできないと敬遠して来ましたが、今回は途中失敗も苦もなく、
あっという間に素敵な物が出来上がってしまって、嬉しい~
何だかミシンにはまってしまいそうな~予感がしなくもないような...(笑)









b0108544_4533922.jpg

さっそく家に帰って飾ってみました。

黒いドイリー、珍しくないですか?  これもハロウィンの時期ならではでしょうか。
せっかくなので、ダークな雰囲気に玄関横のテーブルを飾ってみました。








b0108544_454993.jpg

とは言っても、ハロウィングッズは、このこうもりとくものキャンドル・スタンドのみです。
ろうそくの煙は苦手なので、ミニかぼちゃで。
Tree Pumpkinという名前で、枝つきで売っていました。
食べられるそうですが、ちょっとその勇気はありません(笑)

額に入っているのは絵に見えるかもしれませんが、厚みのある瓦のような焼き物。
ベルギーのブルージュの行った時に、その静かで美しい風景に感動して、思い出に。









b0108544_4542717.jpg

Lilliput Laneというミニチュアのおうち。
イギリスの田舎の風景が描かれています。 
ぐるっと一周、どこから見ても作りが違います。 
見れば見るほど細かい!









b0108544_4545181.jpg

タコのお気に入りの大グモは結構顔が怖いので、タコが夏に行ったヨーロッパ旅行、
ルーブル美術館のおみやげ、モナリザのマグネットで隠しています。

夏の海への旅行で買った水晶の小亀、ガレ風ランプは箱根のガラスの森美術館、
アンティークの版画...などほとんどが旅行の思い出。
インテリアなどこだわりがないので、普段飾り物を買うことはあまりありませんが、
旅行となるとつい記念に何かしら...となってしまいませんか?









b0108544_5565648.jpg

アメリカでの秋の風物詩、とも言えるのではないでしょうか、スーパー前に並べられたかぼちゃの山!

以前は奥に見えるオレンジのかぼちゃばかりでしたが、最近は様々な色形のかぼちゃを見るようになりましたね。
大抵は、家の前に飾るためのものです。 食べてもあまり美味しくないらしいです。








b0108544_5571384.jpg

トレジョーではパンプキン製品がいっぱい! 店内がオレンジ一色!

パンプキン・パイやクッキーはもちろん、ワッフル、アイスクリーム、パネトーネ、バターにチーズ。
それにお茶やコーヒーまで...と思ったのですが、こちらはPumpkin Spiceということで、
パンプキンパイに使われるスパイス...シナモン、クローブ、ナツメグ、ジンジャー、風味ということのようです。
かぼちゃ味のコーヒー、という訳ではないのですね。








b0108544_5574550.jpg

今回初めて買ってみたもの。

前回の焼いもシフォンに使ったMurasaki Sweet Potatoes。
実はこの紫の文字に、もしかして日本の紫芋のように中もパープルで、これで紫色のシフォンが作れるかな?
と想像して買ってしまったのですが、中は黄色というより薄いクリーム色の、普通のさつまいもでした。
いえ、こちらもSweet Potateは中もオレンジ色で、日本のさつまいと風味も違って美味しくないので、
紫の普通のさつまいもがあるだけて嬉しいのですけどね。

キツネさんのイラストが可愛くてつい買ってしまったハーブティー。
開けた途端にシナモンなどのスパイス、クランベリーの甘酸っぱい香りが広がり、期待したのですが、
飲んでみると、なぜか、しっかり甘い!   (カロリー表示は0なのですが。)
甘いお茶は苦手なので、こだわりのなりダダのアイスティー用となりました。

”ゴースト”の名前も、とびきり辛そうですが、ただ赤唐辛子まみれで辛いだけのとは違って、
ガーリック、オニオン、ハーブなどいろいろな風味が効いていて、厚切りの美味しいチップスでした。

かぼちゃの味ではありませんが、形がかわいいチョコ。
中にはクランチだったり、カラメルだったり、トリュフだったりと味もよくて、こちらも当たりでした。







b0108544_558326.jpg

素朴なダンボールの箱がかえって美味しいのでは? 
と予感がしたのですが、こちらも正解でした。

アメリカのお菓子にしてはかなり甘さも控えめのチーズフィリング、スパイスも効き過ぎていない優しい味です。
グラハムのクラストが厚めで、アメリカらしい甘さなのですが、この程度なら許せる感じ。
冷凍なので好きな時に好きな分だけ切って食べられるのもいいですね。

どっしりとしていないチーズケーキは日本人にも喜ばれるかと、また買って、とある集まりに持参したのですが、
「美味しい! どこで買ったの~」と大変に好評でした♪
(アメリカの市販のケーキでおいしい物って、なかなかないものなのですよ。)







b0108544_6242684.jpg

初めて”ハロウィン”という言葉を知ったのは、子供の頃に好きだったスヌーピーのコミック。
かぼちゃ大王って本当にいるのかな?などと思ったものです。
でも当時はただ、かぼちゃがおばけになって子供を驚かす怖い日かと想像するのみ。
アメリカに来て、初めてTrick or Treatなど、子供にとってはお菓子をもらえる楽しい夜とわかりました。

先ほど渋谷の様子をニュースで見ましたが、
日本でこんなに大盛り上がりなイベントになっているとは、びっくり~@@!!

みなさまもどうぞ、安全で楽しいハロウィンをお過ごしください♪
Happy Halloween!!

一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-10-30 22:24 | 雑貨 | Trackback | Comments(6)
リリエンベルグ、オリーブ油のシフォンケーキ  新しいベイキンググッズ
b0108544_23101044.jpg

ダダが日本で買って来てくれた、新しいレシピ本、新しいシフォン型を試したくて、シフォンケーキをさっそく作りました。

オリーブ油のシフォンケーキ


お菓子とケーキ おいしい生地の基本

成美堂出版




新しいシフォン型は20cm。  私がよく作る大きさです。
今までの20cmのシフォン型、もう何年も前のことですが、実は日本から持ち帰ってくる時、
他の荷物と一緒に乱暴に詰め込んでしまい、側面に大きな凹みを作ってしまったのです(泣)
金属とはいえども、アルミって案外柔らかいのですね~

ダダが手で押し戻して、何とか使える程度にはなったのですが、上から見ると、まん丸ではなく少しゆがんでいます。
シフォンケーキは20cmと大きい方がふわふわと美味しくできると感じていますし、
もう一つ、今度はきちんとした型があってもよいかとお願いしました。

そして、このシフォン型の売りは、真ん中の筒の根元の部分に継ぎ目がないということです。
洗いやすいとか...
確かに型は筒と底が一体化していて、根元の部分がカーブしています。
でも焼けたシフォンは真ん中の筒の周囲がぼんやり、少し凹んでしまったのでは?と間違えそうな姿です。










b0108544_034849.jpg

過去の画像ですが、今までのシフォン型20cmで焼いたシフォン。
私にはこちらの、継ぎ目までくっきり見えるような、きちっとした真ん中の円が好きでした。










b0108544_23103010.jpg

そして、こちらも初めて使ったシフォンナイフ。

わぁ~これでシフォンもきれいに型から取り出せる~と期待したのですが、
意外に薄くてしなるので、ちょっと最初感覚がよくわからなくて、シフォンを傷つけてしまいました。
最初の写真には、上手くできた部分だけを写しています(笑)
少し慣れが必要かもしれません。











b0108544_2311261.jpg

出かける時間がせまってきて、まだ温かいうちに型はずし、スライスしなければなりませんでした。
柔らかすぎるのに、余計に切りにくい~
もう、押さえるだけで潰れそうで、断面ぼろぼろ~
よく反省するのですが、もっと時間に余裕を持って、前もって作っておきましょう!

エキストラバージンオリーブ油を使いました。
それほど強いオリーブ油の香りは感じません。
食べていただいたみなさんにも、言うまでオリーブ油だとは気がつかなかったようです。

と~ってもきめ細やか、ほわっほわな柔らかいシフォンです。
ホールのままで持つと、指の跡が付きそうな、つぶれてしまいそうなほど。

とある集まりのおやつに作ったので、一度試してみたかった、シフォンケーキサンドにしようと思っていたのですが、
とてもホイップクリームの重さに耐えられないような柔らかさでしたので、中にサンドするのは諦めて、
ゆるく立てた生クリームを別に持って行きました。

「口に入れた途端に溶けてしまいそう~」という感想も頂きました。
とっても軽くて美味しいシフォンケーキ♪   
また作ります!










b0108544_2331626.jpg

今回頼んだレシピ本は2冊だけ、いろいろ気になる本もあったのですけどね、
どうしても欲しい~と惹かれるものはありませんでした。
いくつかは、電子書籍化されているものもあり...

そういえば、去年まではNHK「きょうの料理」のテキスト、定価の三倍近くしたのですが、
日系スーパーで定期購読していました。
こちらで唯一見られる料理番組ですし、母もずっと購読していたので、子供の頃から毎月読むのがクセになっています。
手元にないのは寂しい...
でも今年から、思い切って電子版に変えました。

慣れない最初は見づらかったですし、書き込みができないのは不便ですが、
とにかく日本と同じ価格で、発売日も同じなのは有難い!
便利な世の中になりました♪


お洒落な若山曜子さんの本、一冊読んでみたかったのですが、
お菓子の本は、ポップオーバーやジャースイーツなど、アメリカでは以前からあるものですし、
実は以前「きょうの料理」に御出演なさった時のパウンドケーキが好みのものではなくて...
でも大人気のようですし、お料理ならどうかな~と思って。

「フレンチデリ」名前もよいじゃないですか~(笑)
お洒落で美味しそうで、それでいて簡単そうな御料理がたくさん並んでいます。
特に、お野菜料理がたくさん載っています。
野菜料理はマンネリ気味になっていますし、苦手な野菜が多いうちの家族にも、よい刺激になってくれれば~
と思っています。










b0108544_23152620.jpg

著作権に関わってもいけないので、ちらっとですが、本の中身も。  
デザインもおしゃれ~♪

一方、リリエンベルグさんのお菓子の本は、少し時代が前~?かと思ってしまいそう...
いえいえ、真面目でためになる良い本だということが言いたいのですよ!(笑)

とにかく各工程が詳しく、写真もた~くさんです。
とても丁寧に作られた、初心者にもお菓子作りがわかりやすく説明された、お勧めの一冊です。
実際に本屋さんで手に取って見て選ぶのとは違いますので、読むまでは不安でしたが、
今回は二冊とも大成功~!!♪



そして、小さくて判り辛いかもしれませんが、シフォンケーキの焼き上がりの写真、
膨らみが型すれすれ程度です。  表面も平ら。
よく、型から溢れるのではないかと思うような、こんもりと盛り上がったシフォンケーキも見かけますが、
このリリエンベルグさんも、この前の小沢のり子さんも、バターシフォンだからかも知れませんが津田陽子さんも
同じような穏やかな表面、膨らみも型すれすれか、小沢さんは1cmほど出る程度です。

こんもり盛り上がったシフォンの方が見た目もインパクトありますし、
一時はそうなるべきなのかな~と思ったことも一時ありましたが、
プロの方と同じようだから、これでよい!と思うことにしています。
確かに、盛り上がった上の部分は若干目が詰まり気味、その部分は食感も固めだったような...

もちろん、生地量の違いよっても膨らみは違いますよね。
プロのシフォンでも、小嶋ルミさん、なかしましほさんはもう少し型から上にこんもり膨らんでいます。
しほさんは17cmで卵4個使用ですが、リリエンベルグさんは20cmなのに、卵黄4個卵白5個です。











b0108544_23154981.jpg

うちにあるシフォン型を並べてみました。
手前左、がこちらも今回買った、トールシフォン型17cm。
そう、シフォンは20cm!と言いながら、17cmも買ってしまったのです。
流行りものに弱い~(笑)

その右隣、20cmのシフォン型とトールシフォン、高さが同じですよね。
トールの上、小さく見えますが、こちらが普通の17cm。
その右が、以前からの(ゆがんでいる)20cm。
そして一番奥がアメリカのシフォンケーキの型です。
遠くなので大きさがよくわからないかもしれませんが...










b0108544_231686.jpg

ほら、すごい!   お隣は普通の17cm型です。
計ってみましたが、直径25cmありました!

一度だけ、卵10個使って作ってみたのですが、それでも型の上までは膨らまず、生地量が全然足りない感じでした。
それ以上となると、もう作れる大きなボウルがありません~(笑)










b0108544_23281894.jpg

こちらが今回新しく増えたベイキング・グッズたち。
馬嶋屋さんや浅井商店さんから。
もちろん、ダダが合羽橋まで出かけたのではありませんよ~ネットでのお買い物。
他にもクオカさんから、ホシノ酵母や鹿の子豆などを頼みました。

入れ子にならず、しまうのにも場所を取るので、なかなか買えなかった5.5センチのセルクル。
大きなセルクルは、アメリカでも売っているのですが、小さくて、背の高いのは見つからず...
口金も、種類大きさともに日本ほどは充実していません。

オーバル型が欲しいと思ってはいたのですが、”スリム”に惹かれて、こちらのスリムオーバル型にしてしまいました。
想像より小さくて、一口で食べてしまいそうな大きさです。
つい、シフォンのように一度に大きく作って、たくさん食べられるお菓子、を作りがちですが、
小さく可愛いいお菓子も作れるようになれたらよいな~と。
ムースフィルムも買ってしまいました。

ギザギザのナイフは違いますが、それに付けている物、ケーキを均等にスライスするための道具です。
便利そう~と思ったのですが、実際、刃渡りの範囲内の大きさのスポンジでないと切れないので、
18cmがぎりぎりかもしれません。
パーティーなど、20cmやもっと大きなケーキを作る時に使いたかったのですが...









b0108544_2316516.jpg

10切りのきりっと尖って、きちっと揃った口金。
ぴかぴか輝いて美しい~!
これからはクリームの絞りも、おさぼりできませんね~(笑)

セルクルには一個ずつに、値段のシールがついていたのですが、
シールがそのままベタ~っとではなく、上からセロテープで留められていました。
するっときれいにはがせて、セルクルには全く跡も付かず...
日本らしい気遣いだと感心してしまいました。


こちらにもベイキング・グッズを売っているお店はあって、基本的なものは手に入りますし、
変わった模様のケーキの型など、面白いものもたくさんあるのですが、
とにかくどれも大きすぎますし、種類の多さ、仕上がりの美しさ、使いやすさなど、
やはり日本のお店の充実ぶりは、大変に羨ましいものです。
一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-08-04 23:58 | お菓子 | Trackback | Comments(10)
TAKANOフルーツチョコレート♪  Newデジタルスケール
b0108544_2020381.jpg

高野フルーツパーラーのフルーツチョコレートを頂きました。
ダダの日本からのお土産の一つです。

ストロベリー、メロン、マンゴー、バナナ、レモン、ブルーベリー、ミルク、の7つの味。
小さな一粒ですが、食べればフルーツの自然な味、香りが口いっぱいに広がります。
これは、美味しい~!!

糖衣がけではなく、中も全部この色、この味なのです。
どの味も好きですが、特にメロン♪  
日本のマスクメロンを思い出させます。










b0108544_2021689.jpg

その他にもいろいろ、ダダと私のお友達から頂いた、日本の美味しいもの~
(頂いたみなさま、ありがとうございます!!)

和三盆糖はお菓子作りでも使いたいと思っていましたが、こちらには売っていないので、とっても嬉しい!

もともとミルキーは好きでしたが、抹茶ミルキーはまたまた美味しいですね~
味覚が子供のタコにはNGでしたが、それもラッキー! 独り占めしたいです。
抹茶って、本当に乳製品とよく合いますね♪










b0108544_2021262.jpg

素朴な、草加煎餅やおかきがしみじみ美味しいです。
お菓子はある程度自分で作れますが、おせんべいはそうはいきません。

バウムクーヘンは珍しく、ダダが自分で食べたくて買ってきたお菓子。
こちらも私には作ることができませんし、懐かしくて嬉しい~

でも食べてみると、イメージしていたバームクーヘンとは違いました。
いえ、美味しかったのですよ。
昔のバウムクーヘンとは違って、もっと進化している感じでした。
スポンジ生地のように、柔らかくて、しっとり。 ケーキのようなバームクーヘンでした♪

昔のざっくりとした素朴なバウムクーヘンも好きなのですけどね~
ちなみに、タコもドイツでバウムクーヘンを探してくれたのですが、全く見かけなかったそうです。
ドイツでは、一般的なお菓子ではないのかな?










b0108544_2204393.jpg

食品は「面倒くさい~」となかなか買って来てはくれませんが、
100均ショップを覗くのは好きなようで、いつもガラクタ面白いものを買って来てくれます。

自分の物は膨大~にですが、私にもちょこっと。

「餃子、よく作ってるじゃない!」    
「これがあれば、もっと包むの簡単かと思って...」  
そうかな~??

「コーヒー、嫌いでしょう?]
「いや、これで醤油の泡を作って、減塩になるって...」
一ヶ月経ちますが、一回も使っていません。

リモコンカバーは使えました!
弾力のある素材で、リモコンにフィットしますし、ボタンも押しやすいです。
もちろん、リモコンが汚れないのはいいですね~♪

くるくる、すごい首凝りなので、首には痛気持ちよいですし、
ピーンとのばして、自然に背中のストレッチもできてしまいます。









b0108544_20214862.jpg

こちらは私の頼み物、新しいデジタルスケールです。
今まで使っていた物が、うっかりしばらく濡れた所に置いてしまったのに気がつかなくて、
裏の電池が入るとことが錆びてしまい、掃除をしてもつかなくなってしまいました(悲)

タニタ製で小さいながらも0.5グラム単位で計れましたし、約15年間重宝して来ました。 
今までよく働いてくれてありがとう!  お疲れ様でした。

新しいスケールは前のよりも大きいですが、最少0.1グラム単位で、最大3キログラムまで計ることができます。
パンのイーストなどは0.1グラムでも違いますし、ルミさんのレシピも0.1グラム単位での指定もあるので、
これは便利です。
それに今までのは最大1キロまででしたので、ホームベーカリーなど、時々オーバーフローして、慌ててしまうことがありました。

こちらはご覧のように、ケース付きですので、使い終わったら(今のところは)ケースにしまって、大事に使っています。


スケールの他にも新しいベイキンググッズ、まだまだあるのです~!
一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-07-30 23:59 | 美味しいもの | Trackback | Comments(4)
おさぼり女子会♪ 【夜の部】
b0108544_10986.jpg

週末、3泊4日で海にお出かけしていたこともあり、一週間あいてしまいましたが、前回の続きです。
いつもはクラフトの会も夕方までなのですが、夏休みということもあり、
タコがヨーロッパ、ダダが日本に行って、私一人の我が家で、夜は女子会を開くことになりました。

【昼の部】に参加してくださった方のうち、お一人はお子さんがまだ小学生ということで、残念ながらお帰りになりましたが、
新しく3名の方が、夕方から合流~♪

家族が留守の間ぐらい~と料理の方はすっかりおさぼりモードでしたので、
昼間同様、「トレジョー製品買い込んでありますので、是非手ぶらで~」とお誘いしたにもかかわらず、
みなさま手作りの御料理や飲み物を持って来てくださいました。
ありがとうございます!!

(外はまだ明るいですが)夜ですからね、女子会とは言っても、アルコール有り!です。
まずはシャンパンで乾杯~♪









b0108544_102516.jpg

お菓子作りが好きな私に選んでくださったのは、「CUPCAKE」という名前のシャンパン!
嬉しいお気遣い♪ ありがとうございます!

名前のように、フルーティーでほのかに甘い、お酒に弱い私にも飲みやすい、美味しいシャンパンでした。
その後には夏らしくすっきりとした、白ワインが続きました。








b0108544_104126.jpg

・肉味噌のレタス包み
上に乗った揚げ春雨がたっぷりで、肉味噌が見えませんね。お隣のロメインレタスに乗せていただきます。

・ビーツのキンピラ
シャキッシャキの食感が楽しい~初めての味です。

・マンゴーサルサ
ピリっと辛いサルサに、マンゴーの甘さがいいですね。 お隣はランチでもいただいた、カリフラワーのロースト。









b0108544_105999.jpg

・手作りのチャーシュー
とっても柔らか、タレも、付け合せのきゅうりのたたきもとっても美味しかったです。

・生ハム&メロン
アメリカのメロンとは思えないほど美味しいメロンでした。

トレジョーのチャンキー・ワカモレ、トマティーヨ(サルサ用の青くて小さいトマト)のディップ、
パプリカとチーズのディップ。
トレジョーのチーズは、ロックフォール、カマンベール、ゴートチーズwithペッパー、ゴート・ブリー。
トレジョーのチップスは、ブルーコーン、キノア&ブラックビーンズ、ピタチップスwithごま。

写真はありませんが、その後も、カレー入りナン、オレンジ、そしてもちろんデザート4品も召し上がっていただきました。

多くはタコと同級生の高校生ママということもあり、子育ての悩みやグチ、ためになるお話などで盛り上がり、
気がつけば、夜中の1時を回っていました!!(驚)
きちんとしたテーブルセッティングもせず、ろくにおもてなしも出来なくてすみません~

ただ飲んで、食べて、お喋りして...気心の知れた友人達とのお気楽なパーティー、最高です♪♪
「家族抜きでの夜パーティーって初めて! すっかりリフレッシュできて楽しかった~」
とみなさまにも楽しんでいただけたようです。  企画してよかった~!!

アメリカの長い長い夏休み、高校生たちも6月は、サマースクールや習い事などを掛け持ちしていたり、
ママたちも毎日お子さんのお抱え運転手や料理人(笑)として日中忙しくされている方が多いのです。
ひととき、息抜きしてもよいですよね?

御留守番してくださったお子さんにパパさま達も、ありがとうございました!









b0108544_1131056.jpg

そして、翌日はすっかり寝坊~(笑)
一人ののんびりブランチは、昨日のデザートで締めくくり。

思えばタコが生まれて以来、家に一人っきりで10日も過ごすことなど初めてです。
「さみしいでしょう、一人で大丈夫?」とお友達は心配してくださいましたが、平気なものなのですね。
あっという間に過ぎてしまいました。
そうそう、日曜日にはお友達と、アンティークショップ巡り&外ディナーも楽しんでしまったのですよ。
日曜日に自分だけためのお出かけだなんて、私にはとっても贅沢に思えました。










b0108544_142371.jpg

と遊んでいるうちに、ダダが日本から帰って来ました。

今回はそれほど多くはありませんでしたが、あらかじめお願いしてあった物は、もれなく買って来てくれました。
お願いしなかった物もあれこれ...
そして、日本の御友達から頂いたありがたい品々もたくさん~♪
ありがとうございます!!

5日遅れて、無事にタコも、最後はドイツから帰って着ました。
私の充実した(?)夏休みはあっという間に終ってしまいましたが、普通の日常に戻った生活もまた楽しいものですね。
一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-07-28 07:37 | うちごはん | Trackback | Comments(2)
トレーダー・ジョーズ開店!  冷蔵庫、三度目の正直~?☆
b0108544_216634.jpg

全てが通称”トレジョー”こと、トレーダー・ジョーズ(Trader Joe’s)で買ってきた、冷凍食品たち。
上から、ざっと説明しますね。

・クリーンカレーの餃子(タイ)
・野菜団子とピラフ(インド)
・ポルチーニとトリュフのピザ(イタリア)
・カレーサンドナン(インド)
・5チーズ入りパイ(ギリシャ)
・ひじき、おあげ、枝豆のフライドライス(日本)
・チヂミ(韓国)
・ポークしゅうまい(中国)
・グリーンカレーと黒米(タイ)
・レモングラス風味のチキン春巻き(タイ)

家に居ながら、食の世界旅行ができそうですね。
常々気になっていた物を、ダダとタコが留守なのをよいことに、まとまて買ってきました。
普段に冷凍食品を食卓に出すのはためらってしまいますが、私一人なら何でもOK!(笑)

それに家族の留守をよいことに、おさぼり女子会を計画していたので、
御友達にもいろいろ、トレジョー製品を試してみていただきたかったのです。

前回の記事で冷凍庫の下の段をお見せできなかったのは、こんな冷凍食品で満杯だったから...ということもあります。

言い訳ではありませんが、アメリカの食事情は寂しいものがあります。
巨大なスーパーでも並んでいるのはみな同じアメリカ~ンな食品ばかり。
日本のように、ちょっとスーパーで出来合いの御惣菜を買ってくるなんてことはできませんし、
もちろんデパ地下のグルメな食品売り場もないし、コンビニのおにぎりや御弁当、スイーツでも、
こちらから見ると、とっても羨ましい~

魚介類や野菜も日本のようにバラエティーに富んだ種類はなく、
限られた手に入る食材を駆使して、毎日ほぼ三食作り続けている感じです。
たまには手抜きしてもよいですよね~??










b0108544_2162859.jpg

冷凍食品以外にもいろいろ...チーズ、ディップ、お菓子類。
一部、IKEAで買った物も混ざってしまいましたが(笑)

羊さんのイラストのは、ゴートチーズとブリーが合わさったような感じで、とても好みでした。
ブリーは時にクリーミーすぎて、重たく感じる時もあるのですが、
羊のミルクなので、あっさり、酸味もあります。
ロックフォールは塩気がきつすぎましたが、ブルーチーズのブリーもまろやかかつブルー独特の風味があって好み。
カマンベールもとろりと美味しい。
トレジョーはチーズの種類も割りと多くて、御値段も手ごろです。
ワカモレもチャンキーの名の通り、大きなアボカドやトマトがごろっと入って、家で作るような感じ。
(なんて、ダダがアボカド・アレルギーなので、うちでは作ったことありませんが。)










b0108544_2164647.jpg

トレジョー、今までは車で30分以上かかる場所にしかなかったので、頻繁には行けなかったのですが、
今年、5分程度の場所に開店~!
便利になって、行く回数も増えました。

ご覧のように、アメリカにしては広くない店内です。
でも普通のアメリカのスーパーとは違った品揃えが、日本人にも人気です。

アメリカでグルメスーパーと言えば、ホールフーズが有名ですが、トレジョーはそこまでのお洒落感、
高級感がありませんが、とにかくいろいろな、アメリカにしては面白いオリジナル商品が置いてあるのです。
東京で言えば、ホールフーズは紀ノ国屋、トレジョーは成城石井、といった感じ?
(もちろんそこまでの高級感も種類の多さもありませんが・笑)

私が住んでいるのはヒューストンの南西部の郊外にある新興住宅地なのですが、
この1~2年のうちに、ホールフーズ、コストコ、トレジョーと立て続けに開店しています。
その他にもナチュラルハウスのようなスプラウトというオーガニックスーパーもできました。
環境もよく便利な上に、学区も良いと評判なので、駐在の方にも人気らしく、どんどん日本人が増えているようです。









b0108544_217381.jpg

オーガニックの野菜や果物もたくさんあります。









b0108544_2332170.jpg

ドライフルーツやナッツの種類は豊富なアメリカ。
(でも栗や栗製品は滅多に見ません)









b0108544_2434411.jpg

餃子ソースなるものも並んでいました。  どんな味なのでしょうね~?

その上にはお菓子類がずらっと並んでいますが、下のケースの中は冷凍食品。
もちろん、ピザやアメリカンな御料理もたくさんありますが...









b0108544_2461611.jpg

アジアンな冷凍食品もずらり!
ワンタン、フォー、ビビンバ、パッタイ...
普通の巨大スーパーでは見たことがないので、どんなものかと興味深々~

でもね、最初の画像のも含めて、いろいろ試した結果、また買って食べたい~
と積極的に思うものは、私にはありませんでした。

いえいえ、不味かったわけではないのです。
アメリカの普通の冷凍料理は全部食べきるのが苦痛なような物が多いのですが、
こちらは普通に美味しかったです。
タイカレーが甘かったり、味付けが濃いかな~油っぽいかな~、と感じるものも多かったですが。

たまに、手抜きしたい時にとか、今回の冷蔵庫が壊れたり~など
何かの時のお助けに、買っておいてもよいですよね。

また他の食品も試してみますね♪










b0108544_2335434.jpg

日本に一時帰国されていたお友達から頂いたお菓子。
叶匠寿庵の和菓子!! 抹茶のチョコ!!  

こちらでは買いたくても買えないものばかりです。 嬉しすぎます♪  
ありがとうございます!!









b0108544_2341042.jpg

”一壷天”は大納言小豆の中に大きな栗が丸ごと入っています。
もちろん栗も嬉しいけれど、小豆の上品な甘さに感動~
小豆餡を炊いて、寒天で固めたら、似たようなものが作れないかな?
などと考えてしまいます。 
全く違う物になりそうですが...

同じく匠寿庵さんで有名な”あも”の抹茶バージョンというのも、頂く機会があり、こちらも美味しくて感激!
この抹茶チョコも、さくさく、とろとろ、まったり~と三種の食感の違いが楽しく、抹茶の風味も強くて美味しかったです。

そして”あられづつみ”というおせんべいも、別の方に頂きました。
初めて見ましたが、京都のお菓子のようです。
名前が示すように、お醤油味のおせんべいの外は、甘い瓦せんべいで包まれています。
口に入れた最初は、甘い味としょっぱい味が同時に広がって、何だか変?
と思ってしまいましたが、食べていくうちに、そこがおもしろくて、病み付きになりそうな感じでした。

どのお菓子も美味しくて幸せ~! 御馳走さまでした♪









b0108544_2394392.jpg

さて、もたもたしているうちに月曜日になり、予定通り、冷蔵庫の修理の方が来てくださいました。

三台目の冷蔵庫、一ヶ月半ほどは順調に働いてくれていたのですが、
7月に入って、ある日突然、まさかの不調~★
ご覧のように、室内の温度が20℃にもなってしまったのです!

もちろん慌てて修理を依頼しましたが、来てくれるのは10日後~(泣)
それまでどうするの~と思いましたが、もう三回目ですからね(笑)、
それほどショックもなく、冷静に...

それに、今回、冷凍庫は冷えすぎるほどに冷え
(設定温度を-15℃にあげても、-24℃とか、最低温度以下になったりしました)、
冷蔵庫の方も、表示は20℃ですが、実際に温度計を入れて計ってみると、一番上は10℃、
下の方は0℃近いので、下の方だけに物を入れて、大きな氷の袋を毎日とりかえれば、何とか使うことができました。

そして、月曜日に調べていただいた結果、ご覧のファンが壊れて動かなくなっていたのが原因でした。
手のひらに乗るぐらいの小さなファン。
冷蔵庫を直接冷やすためのではなく、電子回路を冷却するためのファンで、
これが動かないために、温度管理がうまく出来なかったようです。
なので、冷凍庫はどんどん冷えすぎて、冷蔵庫には送風されない...

新しい冷蔵庫なのにファンが壊れたのは、落雷など、突然の過電圧があってのではないか?
ということです。
確かに、今年はとっても雷雨が多く、特に壊れた頃に、私の人生の中で一番!かと思ったひどい雷雨がありました。
もうすごかったのですよ~ 
夜中のことですが、5秒おきぐらいに、ピカドン、ピカドン、近所に雷が落ちて、
一人のこともありましたし、生きた心地がしませんでした。

でも、1時間ほどで収まり、警報が出された浸水の心配もなくなったので、ほっとして寝てしまったのですが、
そう言えば、停電にもなりましたし、その後だった気がします、冷蔵庫の温度が上がったのは...

この箱に入っていた、サージ・プロテクターというのをプラグにかませれば、こういう雷の被害を防げるそうです。
でも、今度雷が鳴り出したら、冷蔵庫のプラグ抜いてしまおうかな~(笑)

修理の費用も全くかかりませんでした。 一年間の保障が効いたようです。
一日経った今日も冷蔵庫は元気に働いてくれています。 よかった~
今度こそ、安心していいですよね?

みなさまにも、ご心配をお掛けいたしました。 ありがとうございます!
一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-07-15 05:20 | 美味しいもの | Trackback | Comments(2)
冷蔵庫ドタバタ顛末記★ ~二度あることは三度ある?~
b0108544_253375.jpg

お約束のとおり、前回に引き続き、我が家の冷蔵庫についてのお話...
なのですが、いきなり生活感いっぱいの冷蔵庫の中の画像では、みなさまに引かれてしまいそう(笑)

と言う事で、少し前になりますが、ダダのお誕生日をお祝いして作った苺のショートケーキ。

しかししかし、う~ん、クリームの絞りだしが~...変!
久しぶりにやる気になったのはよいのですが、あれ~どうやるのだったかな~?すっかり抜けてしまいました。
ケーキの方でも、引かれてしまうかもしれませんね。









b0108544_2112592.jpg

あらら~、真ん中に挟んだ苺のほうが小さかった(アメリカの苺はパックに大小揃ってもいなくて、
ごろごろっと入っています。)もので、傾いちゃっていますが、
それだけ、とっても柔らかでほわんほわんなジェノワーズ。  
かなり美味しい生地でした。

リリエンベルグのレシピ。 15cmと小さかったので、三人でぺろりと、すぐになくなってしまいました。
いつものルミさんショートは安定した美味しさなのですが、たまに違うショートもいいですね。
とっても柔らかい生地なのでシロップもうたないのかもしれません。

ただし、生クリームにはバニラオイル。 
いつもはキルシュを加えるので、何となく、物足りなく感じてしまいました。
アメリカの生クリームって、脂肪分がくどいような~ちょっとクセがあるような感じます。
いつもオーガニックのものしか使いませんが、それでもです。
それを消すには、キルシュのようなリキュールがもってこいなのです。
バニラオイルでは、慣れていないせいもあるかもしれませんが、ピンときませんでした。
きっと日本のおいしい生クリームでしたら、また違うのでしょうね。


この日も、冷蔵庫がのトラブル真っ最中、学年末の慌しいこともあり、
ケーキも心を込めて丁寧に~と言うより、間もなくダダは日本に行ってしまうし、今しかないでしょう!
とざざっと作って、その後外出しなくてはならなかったので、お茶もマグカップで、わぁ~っと食べてしまったのです。

それでも喜んでくれてありがとう! 
来年はもっと凝ったケーキを作れるよう精進します。









b0108544_23553683.jpg

そして、新しく買った、冷蔵庫の中。
とりあえず中が冷えたので、小さい冷蔵庫に避難させてあった物を入れたところ。
私にしてはまだ中がスカスカな感じです。

お鍋、普段も入れているわけではありませんよ~(笑)
冷蔵庫を買いに行ったお店で、こういうディスプレイがあったので、マネでみました。
中くらいのお鍋です。 大きさがわかるでしょうか?

奥行きも結構あります。 ミルクのパックが奥から4本入りました。
アメリカのミルクは1リットルではありません。
単位もガロンというのを使います。
これは半ガロン=1.89リットルです。  日本のミルクの約2本分ですね。 
スタバのカップもそうですし、アメリカは何でも大きい~
でもうちではタコがよく飲みますし、カスピ海ヨーグルトも毎日作っているので、常時2~3本はストック。
他に豆乳、オレンジジュースも同じサイズのものが入っています。
ドアポケットも左右4段あるのはよいのですが、ミルクのパックが入るのは一番下の段だけでした。

一番下は日本で言うところのチルド室のようなもの。
温度も低いので、肉、魚、チーズなどを。
その上の左右に分かれているのが、野菜室。 キャベツや白菜も丸ごと入りそうです。

一番違うのが、今まで左側2段は製氷機があり、左のドアポケットも上の部分が入れられなかったのですが、
アイス・ディスペンサー無しのにしたので、冷蔵庫の中が広くてすっきり!

もう一つ、照明がLEDなので、青白い光でとても明るいのに、熱くならない!


...とこの時点では、新しい冷蔵庫に何も不満はなかったのですが、
この画像の冷蔵庫は、今、うちにはありません(笑)


(笑)、ではなくて、(泣)、あるいは(怒)、だったのです。 本当は。
もう大変でした。

まず、冷蔵庫は冷えたものの、2日たっても氷ができない...
水の管に何か不具合でもあるのかと思い、修理を頼んだのですが、またしても一週間後。

3日めから出来てきたので、量は少なかったものの、そんなものなのかな~と思っていると、
冷蔵庫の音がどんどん大きくなってきて、もう絶えられないほどに!(掃除機をかける音ぐらい?)
そして5日目には、ぱたっと音が収まったと思ったら...

中の温度が見るたびに上がっている~!  つまり、動いていない!!!

また中の大事な物は小さい冷蔵庫に移すは、氷10キロ袋を買いに行くは...の一騒動。
そして、これからどうする???

買って一ヶ月以内なら交換できるということで、これは修理より交換!...

したのですが、何と、交換した二台目の冷蔵庫も似たようなことになってしまい...唖然!

このメーカーAが悪いのかと、違うメーカーBの冷蔵庫に買い替えました。
同じお店で買ったので、支払ったのは差額分だけです。
メーカーAのは容量が大きい割にはお値段が安かったのですが、そこがいけなかったのか...
と今度はほぼ同じ容量、デザインですが、お値段は高いものにしました。


つまり、たった一ヶ月の中で、我が家には次々と、3台もの新しい冷蔵庫がやってきたのです!(爆)








b0108544_074319.jpg

こちらが現在の冷蔵庫。
フレンチドアの3ドア、アイス・ディスペンサーがないので、のっぺりすっきりとしていますね。
横幅1メートルぐらいあります。









b0108544_235672.jpg

空っぽの内部を撮っておけばよかったのですが、すっかり忘れてしまいました。
またもや生活感ありすぎでお見苦しいのですが、
(これでもまだ余裕がある方です。この週は一人暮らしだったので。)
中のデザインも基本的にあまり変わりがないことをわかっていただきたくて...

天井の照明と、引き出しのデザインが少し違う程度です。 
段の高さは同じにしていますが、左右で変えられます。

やはり奥行きもあって、特に一番上の段はとても奥まで手がとどかないので、
取り出しやすいように、全て透明のトレイに乗せてあります。








b0108544_071916.jpg

5つのトレイ、必要に応じて順次買い足したので、大きさもバラバラ。
入れてあるものも、ジャム、調味料、保存食、など瓶もばらばら~
統一感全く無く、またもお見苦しいのですが、
一段でこれだけ収納できるのは便利~とお伝えしたかったのです。

一番上から冷気がやってくるようなので、トレイをぴったりとは並べていません。
通り道は確保しています。








b0108544_23564469.jpg

ドアポケットは違いがありました。
最初は4段から3段に減ってしまったわ~と思ったのですが、
ポケットの奥行きがあるので、上二段はミルクパックも2列縦にも横にも並びます。

他にも、水、炭酸水、毎日作るアイスティーのボトルなど、大量の飲み物も、
この右側のドアポケットだけで収まることができました。

この週はタコがいなかったので、ミルク類が少なく、一番下にはダダが日本から買ってきてくれたお菓子とアスパラも。








b0108544_07065.jpg

左のポケットも奥行きがあります。 調味料類の瓶も2列3列で並びます。 
その奥には、冷えピタシートや薬類も。

そうそう、タコの発熱ですが、一日でおさまりました。 
薬も必要なく、冷えピタシートが大活躍です。 額だけではなく、両脇の下(リンパ)にも貼ると早く下がるよう。
扁桃腺が腫れたようでしたが、風邪でもなく、やはり旅行の疲れが出たのかもしれませんね。
ご心配をお掛け致しました。  お騒がせしてすみません!









b0108544_0195779.jpg

氷もたくさんストックできて、嬉しい~!!
お菓子作りには、生クリームをホイップする時、冷たいデザートの荒熱を取る時...
うちでは一日おきに冷たいお茶も作っていますし、氷の出番は本当に多いですからね。

冷凍庫の中はスライド式の2段になっています。
暗くて写っていませんが、右側にも収納部分があります。
上の段は少し浅めで、真ん中は使いかけの物などをとりあえず冷凍しておこう~
ということで、ジプロックには入れてあるものの、ごちゃごちゃですね(笑)

下の段は深い分、もっと雑然としています。
凍らせたペットボトルのお水やクールパックなどもいっぱい。
落ち着いたら、そうぼりんさんのように整然と整理したいとは思っているのですが...


6月の一ヶ月は快調で、何事も無く冷蔵庫のことは気にならなくなっていたのですが、
さぁ、この一連のドタバタをブログにアップしよう~
と思っていた先週の木曜日のことでした。
ふと気がつけば、冷蔵庫の温度表示が ”18℃”~~!!!

我が目を疑いました。
設定温度は”1℃”にしてあったのに~!(泣)

またまた、中の大事な食品を小さい冷蔵庫に移して、10キロの氷を買って来て...の大騒動!
なのは私一人で、家族は「またか~」という感じ(笑)  ひどいでしょう?

それでも修理は頼んでくれて、でも夏で混んでいるのか、来てくれるのは来週の月曜日!(怒)

今回、冷凍庫はなぜか全く大丈夫なので、まだ助かったのですけどね。
一ヶ月油断していただけに、私のがっかり度は半端ありません~

「二度あることは、三度ある」なのでしょうか、それとも、「三度目の正直」と大したことはないのでしょうか...???
月曜日が待ち遠しいです。 (それまでが長い~)
(その前に一つ記事をアップする予定ですが、)みなさまも結果をお楽しみに~(爆)   


何かにたたられているのでしょうか~? お祓いしたいです~(祈)
長々とお付き合いいただきありがとうございます!
一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-07-09 23:34 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(6)