タグ:ものもの ( 35 ) タグの人気記事
アメリカの冷蔵庫事情~★
b0108544_2373055.jpg

我が家のキッチン...
といっても現在の家ではなく、5年前まで住んでいた、コロラドの家です。
引越し間際、記念に撮りました。

普段はもっと物でごちゃごちゃしていて、もちろん今の家のキッチンもです。
お恥ずかしくて、全体はお見せできません!(笑)

この家を買ったのは、タコが六ヶ月になった頃なので、今から15年以上前。
雪の多いコロラドで、できるだけ室内でも明るく感じるようにと白いキッチンを選んだのですが、
こうして今見ると、少し時代遅れのような気もするでしょうか。

家の売却を頼んだ不動産屋さんにも、「白は売りにくいわね~ 普通のアメリカ人はダークブラウンを好むのよ。」
と言われて、今の家は次に売る時のことも考えて、ダークブラウンのキャビネットにマーブルのカウンターにしています。

アメリカでは日本よりもっと、家を売ったり買ったり、つまり住み替えは気軽に行います。
例えば、子供の学区が良くないから...通勤に便利なように...
という、まあ理解できる理由もあれば、
今住んでいる家に飽きたから、とか、素敵な家を見つけたから、という何だか贅沢な理由もよく聞きます。

そして、冷蔵庫、オーブン、洗濯機、などの大きな家電や照明、ブラインドなども、大抵は付いたままで売買されます。
この冷蔵庫もぴったりサイズのビルドインタイプ。 持ち出す方が大変です。
それに白いですしね。 もちろん置いて来ました。
冷蔵庫、オーブン、食洗機などの家電、今はステンレスが一般的です。
もちろんお金持ちの豪邸では、キャビネットに合わせて同じ表面の特注巨大冷蔵庫~というのも、
(雑誌で)見たことはありますが。

形も、この左半分が冷凍庫で右半分が冷蔵庫、というのはサイド・バイ・サイドと呼ばれるのですが、
それより今の主流はフレンチ・ドアです。









b0108544_23555213.jpg

こちらがその一般的な、ヒューストンに来てから、約5年間お世話になった冷蔵庫です。
フレンチドアの3ドアタイプ、下が冷凍庫になっています。 
ちょうど奥の部屋に続くドアもフレンチドアなので、一緒に撮ってみました。

フレンチドア、この言葉を最初に聞いたのは、やはり最初に家を買った15年前のことです。
「バックヤードに出るのはフレンチドアになっているのよ、素敵でしょう~」
と不動産屋さんに言われて、フレンチドアって何? すごい装飾でもついているのかな~
と妄想してしまったのですが、何のことはない、ただの「観音開き扉」のことでした。

今回日本の冷蔵庫を検索してわかったのですが、日本でもフレンチドアと呼ぶのですね~
何となくお洒落な響きがあるからでしょうか...
それとも、観音開きだと、御仏壇を連想してしまうから...?(笑)


この冷蔵庫が突然壊れてしまったのは4月のことでした。
ある時、ドアを開けると中は真っ暗で、音もしません。
違うコンセントに差し替えてみてもだめ。
真っ青です!

メーカーに修理を依頼すると、一番早くても一週間先!
さすがサービスの悪いアメリカです。

どうしよう...
そこで思い出したのが、6月に帰国が決まったお友達Sさんから、譲っていただくことになっている一人用の小さな冷蔵庫。
それを先に引き渡していただけませんか~と無理なお願いをしていましました。
快く了解していただき、助かりました!
さっそく運んで、大事な物を移したのですが、冷凍庫はほんの少ししか入りません。

スーパーで売っている、10キロ入りの大きな氷の袋を4つ買ってきて、壊れた冷蔵庫と冷凍庫に入れ、
何とか一晩は温度が上がるのを食い止めました。

翌日、もちろん大したことの無い食品は捨てるしかなかったのですが、
冷凍庫には、日本でしか手に入らない私に取っては貴重な食品、魚介類もわんさか入っていて、
捨ててしまうのは辛い...

ガレージにトルネード用の頑丈で巨大な二番目の冷蔵庫をお持ちのお友達Yさんに訳をお話して、
冷凍庫にうちの食品を預かって頂くという、またしても図々しいお願いをしてしまいました。
Sさん、Yさんのおかげで、本当に助かりました。 
ご親切、一生忘れません。  ありがとうございます!!


修理は一応頼んだものの、新しい冷蔵庫を買う方向で準備していました。
というのも、いろいろお友達にも聞いた結果、

・アメリカの家電の寿命は10年ほどらしい。築3年の家を5年前に買ったので、製造してから8年経っている。
・二人のお友達が冷蔵庫が壊れて修理を頼んだが、モーターの交換が必要で、直すには高額。結局買い替えた。

というお話だったからです。

さっそくお店を三軒回りましたが、どこも同じような感じで、同じような冷蔵庫が並んでいました。
日本の冷蔵庫は、機能もデザインも色も大変変化にとんでいるようですが、
アメリカ人はあまりこだわりがないのでしょうか...

もちろん、お高~い、素晴らしい機能(らしい)の、巨大な冷蔵庫はありましたけどね。
きっとまた10年ももたずに壊れてしまうことも考えると、ほどほどなところで手を打たないと...









b0108544_224643.jpg

お店に並んでいる冷蔵庫も、9割はこの表面がステンレスのもの。
そして、やはり向こう側のフレンチドアの3ドアタイプが主流なようで一番多く見られました。

手前の、下の冷凍庫の上にもう一段、チルド室が別ドアになっている、4ドアのもあり、
少し惹かれましたが、その分冷凍庫の容量が少なくなるようなので、選びませんでした。
冷凍庫の中も上がスライド式の二段になっています。
気温の高いヒューストン、うちではスポーツ用などに、ペットボトルの水も半分ほど入れて凍らせておくので、
縦にペットボトルが入る必要があります。
4ドアのでは高さが足りませんでした。









b0108544_22474723.jpg

こちらも新しいタイプなのか、初めて見ました。
一見、ドアにポケットが無いように見えますが、そうではなくて、ドアの部分だけが開いて、
ポケットの物だけが取り出せるようになっているのです。









b0108544_22585726.jpg

同じ冷蔵庫をドアポケットごと普通に開けたところです。
うちも家族は特に、ドアポケットにある水などの飲み物だけのために冷蔵庫を開けることの方が多いので、
確かに、ドアの部分だけ開けられれば、省エネになりそうです。
ドアの内側もステンレスなので、冷え方も違うそうです。

この機能にはかなり惹かれましたが、この機能が付いた冷蔵庫は、全て扉に水や氷が出る所(アイス・ディスペンサー)
が付いた物ばかりでした。
うちのコロラドの冷蔵庫にも、今回の壊れてしまった冷蔵庫にも付いていましたが、
新しい冷蔵庫には、「付いていない方がよい!」と珍しくみんなの意見が揃っていたのです。

というのも、冷蔵庫からの水、フィルターは通しているものの、普通の水ですし、そのまま飲むことはありません。
冷やすための氷を出す時に使うだけです。
それにこの出口が結構汚れやすいですし、ないほうがお掃除がしやすそう。
その上、ドアを通して氷が落ちることもあって、そのドアの裏の部分にはポケットがなくて物が入れられないですし、
製氷機が冷凍庫ではなくて、冷蔵庫の一部を占めてしまっています。
おまけに、氷がストックされている部分があまり大きくありません。
もっと冷蔵庫内のスペースが欲しいですし、氷もたくさんストックできるといいな~

ということで、ディスペンサーが付いているものしかない、この二重ドアのタイプは諦めました。


参考までに、日本で販売されている冷蔵庫も調べてみましたが、
ディスペンサー付きの冷蔵庫は、あまりないようですね。
アメリカでは80%は付いているのではないでしょうか。
お友達のおうちの冷蔵庫も、付いてないのを見た記憶がない...というほど。

この違いはナゼ?
アメリカ人は面倒くさがりの方が多いのか、お水が好きなのか...??



とここまで書いて、まだまだ残り半分あるのですが、
土曜日に無事ヨーロッパ旅行から元気に帰ってきたタコですが、今日は突然高熱を出しまして...
ごめんなさい!  続きは後ほど~

ちなみに、今回のタイトルはそうぼりんさんの”我が家の冷蔵庫事情”のパクリです(笑)
偶然にも同じく冷蔵庫を買い換えられたお話。きちっと整理された庫内、参考になります!
一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-07-07 08:24 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(6)
イースターエッグ  トレジョーの洋梨タルト、チーズサンドクラッカー
b0108544_571967.jpg

日本では、お彼岸を過ぎるといよいよ春!と感じるのではないでしょうか。
こちらではやはり、イースターでしょうか。
スーパーに並んだパステルカラーのチョコやキャンディーを見ると、何となくうきうきした気分になります。

今年のイースターは31日なのですね。  あと一週間もありません。 
[追記3月26日:今年は4月5日でした。何をボケていたのでしょう~(恥)}
先週は毎日曇りだったり雨が降ったり、ぐずついた空模様の日が続いて、どよ~んとしていたのですが、
今週に入って嬉しい青空が! 

気分も晴れ晴れ(単純です)、気温もこのところぐ~んと上がってきました。 
今日も25度ぐらいにはなるようです。  
庭仕事、といっても雑草取りですが、やっとやる気も出ました。
お出かけもしたくなる季節ですね♪


天然石でできたイースターエッグ、24個、全部色が違います。
去年お店で見てひとめぼれ!して買ったものですが、10年ほど前に買った8個もありましたので、
一緒に並べるとごろごろ~
かわいいというより、少し迫力ありすぎかもしれませんね(笑)

でも、私は気に入っています♪
並べるのにちょうど良い大きさのお皿もあって、よかった~











b0108544_573511.jpg

いつもは渋めにきめている(?)玄関横のテーブルも、パステルカラーのイースター仕様に変えてみました。

額はそのままなので、ちょっと無理矢理感が漂っているかもしれませんが...(笑)












b0108544_575051.jpg

イースター(復活祭)につきものなのが、うさぎと卵。
うさぎは子沢山な動物だからだそうですね。

ピーターラビットのファミリー(何故か本人はいませんが)と、雰囲気に合いそうなものを並べてみました。

そうそう、このクロス、正確には、二種類の太いリボンをシルク糸で織り上げたストールなのですよ~
アラバマのお友達の作品で、お宅に遊びに伺ったときに、こちらも一目ぼれして譲っていただきました。

とても繊細に作られているので、身につけてひっかけでもしたら大変~
と使うことはなかったのです。
パステルカラーということで思い出して...











b0108544_581455.jpg

ふんわり、柔らかな雰囲気になったでしょうか。

一番手前の、動物柄の食器は、タコが生まれた時に記念に買った、ティファニーのベビー食器三点のうちの一つ。
男の子なのに何故ピンク?

いえ、女の子のように可愛かったのでピンクでも違和感なかった~
と言いたいのですが、高校生となった今では、当時の面影全く無し!(悲)
この一年でも、どんどんむさくるしさが増してきているような...
子供の成長は、あっという間ですね。











b0108544_6535579.jpg

気を取り直して(笑) 
美味しかったもののお話。
最近買ってみた、Trader Joe’sのスイーツたちです。

小さい箱2つはミント。 タコのリクエストです。
青い箱はよくミントが効いて辛めでよいのですが、
緑のはGreen Tea Mintという名前に惹かれて、緑茶味のミントって想像するに美味しそうだったのですが、
食べてみると、ほとんど緑茶の風味がなく、すーっともしない甘いだけのもので、これはハズレでした。










b0108544_6541481.jpg

洋梨のタルトは当たり!
姿もパッケージの写真とほぼ同じですね。
よく、開けてびっくり~全然違う!ということもあるので、この段階でも嬉しかったのです。

冷凍されていていて、オーブンで焼くだけ。
アメリカでも、フレッシュな色とりどりのフルーツが乗ったタルトというのはよく売っていますが、
洋梨のタルトはそれほど一般的ではないと思います。
箱を良く見ると、やはりこちらの原産国はフランスでした。










b0108544_6543562.jpg

まずは洋梨が甘過ぎず、フレッシュなままではと思うほど、しゃりしゃりと美味しかったのです。
そして中はアーモンドクリームの上にカスタード風のクリーム。
クリームは少し甘めですが、洋梨は甘くないので、ちょうどよい感じ。

アーモンド系の香料が強く、タルト生地も固めですが、
お手軽に洋梨のタルトが味わえてしまうなんて、嬉しいですね♪










b0108544_6545393.jpg

こちらもフランス産の冷凍ケーキです。
アメリカのこういうケーキに比べると、やはり甘さは抑え目ですね。
このまま自然解凍して、冷たいところが美味しい。









b0108544_6553885.jpg

奥から、
キャメル・シブースト
ラズベリー・マカロン
コーヒー・チョコレート・ティラミス(?)

真ん中は四角いのでマカロンには見えませんが、食べてみると、上下の生地がマカロンそのもの。
上にはココナッツでしゃりしゃりと、中にはラズベリーの酸味とたっぷりのクリームで美味しかったです。

見たときには、これは苦手かと思ったのですが、意外にも、私はコーヒーとチョコの組み合わせが新鮮で気に入りました。
チョコの甘さが、コーヒーの苦味でやわらげられているように感じます。

うちの家族、もともとタルトがそれほど好きではないので、洋梨のタルトはあまり喜びませんでしたが、
こちらスイート・バイツは気に入ったよう。
これなら、気軽なお持たせにもよいかもしれませんね。










b0108544_6555816.jpg

チーズスティックは、長いし太いし、がりがりとかなり固い食感で、少し食べにくかったです。

チーズサンドクラッカーは、タコ一番のお気に入り♪
中のチーズクリームがたっぷり、ちゃんとチーズの味がして、クラッカーも塩が効いてさくさく美味しい!
ミニサイズで食べやすいですし。
オーガニックですと、体にも優しいのかな~と期待してしまいます。
もうアメリカは、ジャンクなお菓子だらけですからね。

このクラッカーだけは、もう何回も買っています。
バンドの遠征などの時にも持って行っていますが、アメリカ人の友達にも受けが良いようですし、
日本人のお友達にも、「うちも定番よ~」とおっしゃる方が。

見た目は何気ないですが、アメリカでは数少ないお勧めスナックです♪
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-03-26 01:00 | 雑貨 | Trackback | Comments(4)
豆源 ルピシア... 嬉しい 美味しい 冬のいただき物♪
b0108544_4495621.jpg

またまたこの前のランチ会の時のことになりますが、
クリスマスの頃にあれこれ買ったチョコやお菓子、頂き物のお菓子を盛り合わせて、
お茶請けにお出ししました。

右側の、ざらざらっとした表面はコストコのアーモンドチョコなのですが、ダークチョコで甘すぎないこと、
シーソルトの塩気もあって、ついつい手が出てしまう、お気に入りです。
トレジョーにも同じようなのが売っていたので買ってみましたが、
コストコの方が一粒が大きくて、チョコの味もよい気がしました。

下には麻布十番、豆源さんの懐かしいお豆二種類。
甘酸っぱい梅と、きりっと辛い黒胡椒。
それぞれ別の方に、同じような時期に頂いたのですよ。 嬉しい偶然です。

この年末年始には日本に一時帰国されたお友達も多く、みなさまから嬉しい日本のお土産をいただきました。
感謝の気持ちを込めて、一部ですが写真に撮っておきました。









b0108544_4502762.jpg

先ほどの豆源さんの「黒胡椒」、きりっとかなり胡椒が効いています。
七味とはまた違って、シャープな辛さがいいですね~

そして一緒にいただいたこの「いちごティラミスチョコレート」。
中はやはりアーモンドなのですが、コーティングのチョコが、あの人工的な苺の風味とは違って、かなり本物に近い味。
それも見た目ではわかりませんが、苺パウダーがまぶしてあり、それが酸っぱくて、
より苺らしい、美味しいチョコになっています。









b0108544_1620524.jpg

こちらは頂き物ではなくて、自分で買ったお菓子。
インテリアのお店、Crate&Barrelのアフタークリスマスセールで。
直径30cmもある大きな缶に、ホワイトチョコをコーティングしたプレッツェルがいっぱい!

この上の赤いフェルトでできた物をはずすと、赤と白のシンプルな缶で、
また何かに使えるかな~と、かなり安くなっていたこともあり、つい買ってしまいました。








b0108544_16202135.jpg

雪の結晶というよりは星の形に見えるのですが、真っ白で冬らしくてきれい~

ホワイトチョコは好きなので、味も期待したのですが、
チョコよりはどちらかというとアイシングのような砂糖の甘い味が強かったようです。









b0108544_1620365.jpg

「私が作りました!」
と言いたいところですが、違います(笑)
私のお菓子作りは、食べたい一方なので、こういう手の込んだ、見せるお菓子は本当に不得意。

日本でもアイシングクッキーが流行っているようですが、まず甘いし、カラフルすぎるアイシングがたっぷり~
なのはあまり食べたいと思いません。
などと言って本当は、不器用なので、きれいに作れないからなのですけどね。

しかしこちらの、M先生の作られたアイシングクッキーは、美しいだけではなく、食べても美味しいのです!
少し厚めのクッキーそのものがとてもおいしくて、またアイシングも薄くてクッキーの味を邪魔しません。

M先生と言っても、お菓子の先生ではなく、補習校でタコが中二の時に担任をしてくださった、学校の先生なのです。
趣味でクッキーも焼いていらっしゃり、生徒にも配ってくださるのです。
いつも穏やかで上品な先生の人となりが、この美しいクッキーにも表れているようです。
御馳走様でした♪









b0108544_5142471.jpg

こちらはまた懐かしい~ 「銘菓 ひよ子」ですね。
「かわいい~! 食べるのかわいそう~」と言いながら、しっかり頭から...がぶっ(笑)

「鳩サブレー」はサブレーと最後をのばすのですね。
食べるのは初めてでしたが、美味しいのですね!
シンプルな優しい味で、和菓子ではないものの、どこか日本を感じるお菓子です。
こういうサブレが作りたい~と心から思いました。
ちょっと検索すると、本物ではないものの、それらしいレシピもみつかりましたが、どうなのでしょうね...









b0108544_452184.jpg

ついこの間のクラフトの会でも、あれこれ日本のお土産をいただきました。

「半月」は中にクリームが挟んであり、風月堂のゴーフルを思い出すお菓子でした。

柿の種のようなもののチョコがけは、他のメーカーのを食べたことがあって、美味しいと思っていましたが、
ついに本家も出していたのですね。
それも明治チョコとのコラボというのもおもしろい!

「縁」はメリーのチョコですが、出雲大社に参拝された時に買った、御当地チョコだそうです。
「よいご縁がみなさんと今年もたくさんありますように...」  
お心遣いが嬉しいです!    ありがた~く頂きました。









b0108544_6464412.jpg

今はロサンジェルスにお住まいの、コロラド時代からのお友達なのですが、ヒューストンに出張でいらした時に、
お忙しくて、一度夜ごはんをご一緒しただけでしたが、わざわざLAから、私の好きなおかきの詰め合わせとお茶を!

LAには大きな日系スーパーもあり、そこにルピシアも入っているのです。 いいな~
と思っていたら、ハワイにもお店があるそうで、また別の、
「毎年お正月はハワイでゴルフ」という芸能人のような(笑)お友達から、ハワイ店しか売っていないという、
「ライチとストロベリー」、「パッションフルーツとジンジャー」など、トロピカル気分いっぱいのルピシアのお茶も頂きました。

こちらは「いも、くり、かぼ茶」
名前も楽しいですが、本物の、フリーズドライのおいもやかぼちゃがころころ入っています。
茶葉からも、甘~い香りがします。

実はルイボスティは苦手だと思っていたのですが、このかぼちゃたちのおかげで美味しく頂きました。
パウダーではなく、本物のシナモン、クローブなどがごろごろ入っているチャイミックスも嬉しい!
寒い夜には本格的なチャイティーを、ゆったり楽しみたいですね。









b0108544_4524040.jpg

新年早々お会いしたYさん(この前のお花の鉢植えをいただいた方です)には、
これまた縁起のよい「おめでとう」のお茶もいただきました。

緑茶とリンゴの組み合わせというのも面白いですね。
ただのリンゴではありません、日本の「津軽りんご」ですからね。
缶を開けた途端に、甘酸っぱいりんごの香り~!  
幸せ~な気分でいっぱいになりました。

もう二年も日本には帰っていませんが、こうしてしばしば日本の美味しい物を味わえること、感謝しています。
私のつたないお菓子ではあまりお礼にもならないかもしれませんが、
喜んでいただけるよう、また気合を入れて作りますね♪
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-02-28 07:06 | 美味しいもの | Trackback | Comments(4)
続・コストコのゴディバ トレジョーのチョコ
b0108544_6161632.jpg

2月に入って、ヴァレンタインも近づいて来ましたね。
だからという訳ではないのですが、年末にあれこれ買ったチョコの感想。
12月の記事「ゴディバ、リンツ...コストコのグルメなチョコ♪」の続きです。

まずは、パッケージのイラストがおもしろい、トレジョーの7枚セットの板チョコ。
全部味が違って、そのフレーバーと関係あるイラストになっています。
”ココナッツ&キャラメル”、”オレンジ&ハイビスカス”、”チリ&シナモン”など、どれもユニーク。

一番気になった”ソルト&ペッパー ポテトチップス”は、本当に砕いたポテトチップスがチョコに混ざっていて、
ちょっとクランチチョコのような食感でした。
そして黒コショウがピリピリ、とっても効いています!
しょっぱいけど、辛くて、甘い...一度にいろいろな味を感じました。

楽しいチョコで、私は好きです。
ココア分70%と高いので、チョコ自体は甘くないのもいいですね。
ちょっとしたプレゼントにしても、楽しんでいただけそうです。


 







b0108544_6264030.jpg

7枚まとめて1つの箱に、本のように入っています。

他にも少しトレジョーで、目についたチョコを買ってしまいました。
内容は外からはよくわかりませんが、パッケージの印象の好みで選んでいるところがあるかも~

通称トレジョー、本当はTrader Joe’sという名前の、アメリカでは有名なグルメ・スーパーです。 
Whole Foodsほどの高級感はありませんが、オリジナル商品がもっとたくさんあって、
アメリカにしてはユニークな品揃えだと思っています。










b0108544_6165080.jpg

こちらもダークチョコ。 二段に入っています。
箱入りの上に袋までついているので、このまま「どうぞ~」と渡すことができるのはよいかと思って。
バラエティーに富んだフィリングですが、キャラメルやどろりとした甘い物が多かったのと、
ダークチョコ自体があまり美味しくありませんでした。









b0108544_6171228.jpg

長い箱ですが、中身は8個しか入っていません。 一個が大きくはありましたが。
ダーク、ミルク、ホワイトと三層になっているのがおもしろいと思ったのですが、
こちらもチョコ自体の味があまり...なのでもう買うことはないでしょう。










b0108544_6173174.jpg

マシュマロ好きなタコに買いました。
そうは見えないかもしれませんが、丸ごとは口に入らないほど一個が大きいのです。
甘くないダークチョコとマシュマロの組み合わせがいいですね~
そこにミントの爽やかさも加わって、マシュマロはあまり好きではない私も美味しいかな~と思うほど。
もちろんタコもお気に入り。










b0108544_6174587.jpg

大きなヘーゼルナッツが丸のままごろごろ入ったミルクチョコ。
ナッツとチョコの組み合わせは好きなのですが、その中でもヘーゼルナッツは特に好きです。
ミルクチョコ自体もおいしくて、これは当たり!です。

今までヘーゼルナッツのチョコはIKEAの板チョコがお気に入りでした。
そちらはヘーゼルナッツが細かくなって入っていて、ちょっとクランチチョコのようなざくざく一体感のある食感です。
こちらのナッツごろごろチョコも、よりヘーゼルナッツが味わえて、また違った食感のおいしさですね。

スイス製なので、このチョコに浮き出たお花はエーデルワイスでしょうか...?










b0108544_6262320.jpg

そしてコストコ。
前回のチョコタルトはハズレでしたし、コストコのクッキーやお菓子はあまり美味しかった覚えがないのですが、
クレープという写真も何やら美味しそう~ それにベルギーチョコですし。

このクリスマスらしい赤い缶にも惹かれました。
高さ30cmはある大きな缶なので、何かに使えるのでは~と思って。
(こうやって使い道のない空き缶が、どんどんたまる一方...笑)


ゴディバの三段箱もまた売っていました!
10月に一度見かけて以来、全く売っていなくて、あれは幻か、何かの間違いか~と諦めかけていたのですが、
12月のクリスマス前に再度発見!!
今度は4箱買いましたよ~ 同じような大量買いの方もたくさん見かけました。

蓋は少しカラフルなお花が描かれて変わっていましたが、
中身は全く変わっていませんでした。










b0108544_1552987.jpg

前回載せた写真を再度持って来ました(蓋が違いますよね)が、本当に中身はこのまま。

先日のクラフトの会の時、みなさんにお値段を予想していただいたのですが、
「お値打ちだったのよ~」と前置きしたにも関わらず、$30~?、$50~?という声があがりました。
やはり$17には見えませんよね。

でもお値段のせいか、ゴディバってそれほど美味しいかな~と感じてしまったり、有り難味をあまり感じませんでした。
それほどチョコにはこだわりが無いので、違いがよくわからないのかもしれません。
中身が甘~いキャラメルやガナッシュで、私の好みではなかったせいもあるのでしょう。
プレゼントにはよいですが、うち用にはもう買わないかも...?









b0108544_6181578.jpg

少し中身も御紹介。 上はクリームブリュレ、下はラズベリーチーズケーキ。
名前には惹かれますが、そういう風味は僅かに感じる程度、やっぱり甘い!(笑)

真ん中のが、赤い缶に入っていたチョコクレープ。
と~っても薄いさくさくした生地が軽くて、コーティングのミルクチョコも美味しい~
いろいろ買ったチョコ製品の中、うちでは一番の人気でした!!


こちらもゴディバのチョコも、全てホリデーシーズンの季節商品らしく、もう並んではいません。
また年末のお楽しみですね~
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-02-05 02:01 | 美味しいもの | Trackback | Comments(4)
ガレット・デ・ロア2015 うちのクリスマスツリー♪
b0108544_16105950.jpg

今年も1月7日(本当は6日でした!七草粥と混同していたのかな~すみません!・追記1月12日)、
エピファニーの日に、ガレット・デ・ロアを作ることができました!

毎年同じことを言っているかもしれませんが、アメリカではこの習慣、全くないようなのですけどね。
ただ、パイもアーモンドクリームも大好きですし、夏の長いテキサスで、気温の低いこの時期に、
折込みパイを作ることができただけでも嬉しい~♪

去年のガレットの方が模様はきれいでしたね。
同じではつまらないかな~と、くるくる曲線が細かく入った、こんな形のを見たことがあったので、
適当に入れてみたら、出来上がりも何だかよくわからない適当な物になってしまいましたね(笑)

でも、去年の記事を読むと、中のアーモンドクリームがはみ出して、薄くなってしまったのが反省点、
と書いてありましたが、そこは今回改善されていました。
進歩もあったでしょうか...

逆に、膨らみすぎて、すごいことに!
高さが5センチ以上はあったと思います。 
直径も20cmと大きめなのですが、高さがあるせいか、画像ではそうは見えないような...

去年は午年で、お馬さんも一緒に写したので、今年は羊さんと...









b0108544_16112038.jpg

ではなく、これはどう見てもアルパカさんですね(笑)

四分の三は夕方、まだ温かいうちに家族でぺろっと食べてしまい...









b0108544_1611388.jpg

残った一切れは翌朝、一人私のお楽しみ~♪

朝陽が反射して、こんな画像になってしまいました。
向こうでぼやけているのは、今度こそ羊さん...
には全く見えませんよね。 

すみません...無理がありました(笑)









b0108544_9551131.jpg

無理ついでに、今頃ですが、うちのクリスマスツリーです。
せっかく撮ってあったので、記録に載せさせて頂きますね。

2014年はうちの基本に戻って、シルバーとゴールドのみの飾りにしました。










b0108544_9581355.jpg

「飾り、付け過ぎ~」と家族に言われてしまいますが、毎年少しずつオーナメント増えてしまっています。
特にこだわりとか、高価なものはないのですけどね。









b0108544_958687.jpg

年によっては、気分で赤いものを買ったこともありました。

タコが小さい頃にはやはり、子供が喜ぶようなおもちゃっぽいオーナメントを買ったことも...
そちらは別に小さいツリーに今でも飾っています。

アメリカの家には、必ずといっていいほど、暖炉があります。
ヒューストンは冬でも比較的暖かなので、暖房で十分。
一度も暖炉は、使ったことがないのです。








b0108544_958406.jpg

動物もののオーナメントも少しずつ増えてきました。
玄関の横に飾っています。
アルパカちゃんも、羊のようなプードルちゃんもいるでしょう~?


今年のクリスマスこそ、タイムリーな話題を更新できますように!
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-01-10 07:01 | お菓子 | Trackback | Comments(6)
ゴディバ、リンツ...コストコのグルメなチョコ♪
b0108544_2171374.jpg

クリスマスも近づいて来ましたね!
この時期は、タコの習い事の先生など、お世話になっている方に、何をプレゼントに贈ろうか...
と頭を悩ませます。
コストコで見かけたリンツのチョコのセット。
横幅が35センチもある大きな箱に、これなら見栄えもよいかな~と買ってみました。

ゆとりのある詰め方ですが、たくさん入っていますね。
中がどろっとした甘い砂糖だったりするボンボンは苦手なのですが、説明を読むと、
四角いのは中がキャラメルですが、そのほかはトリュフ系のシンプルなチョコらしく、
これなら喜んでいただけるでしょうか?








b0108544_1563944.jpg

他にも初めて買ってみたお菓子3つ。

真ん中はアーモンドのちょこがけ。
ダークチョコレートで甘すぎなそうなのと、シーソルトに惹かれました、塩チョコ好きです。

最近チョコのお菓子買いすぎなのですよ。 (それほど好きではなかったはずなのに、なぜか...)
買うと、どんなのかな~と開けて、その上味見もしたくなってしまうのですが、
さすがに、これはまだ開けていません。

右はチョコではありませんが、こんなあられのような日本的なものも売っているのね~
とどんな感じなのか試してみたくて買ってみました。
柿の種のようなのや、わさび豆、揚げおかきや唐辛子の効いた辛いもの、ピーナツにアーモンドなどなど、
10種類以上あるので、味の違いが楽しい~
庶民的なフツーの感じのおせんべいでも、海外で見つけると嬉しくなってしまいます。

そして、グラノーラ・ポップコーン。 
名前も読まずに、この絵がコーンフレークに見えてしまい、つい買ってしまいました。
前回の記事でコーンフレークロックを作りましたが、それ以来、チョコフレークが頭から離れなくて~(笑)









b0108544_2165975.jpg

中身はこんな感じ。 コーンフレークではなく、ポップコーンとグラノーラのチョコがけ...
というよりはチョコを吹き付けた、という感じ。それほどチョコ味は強くありません。
アメリカのお菓子にしては甘すぎず、チョコフレークのさくさくの食感とは少し違いますが、
ポップコーンはふが~っとして、グラノーラはぷちぷちっとして、私は結構好きです。

でも、ぷちぷちしたものが苦手なタコには不評。
さすがにこの大きな一袋を食べ終えたら、もうしばらくは見なくてもよいかな~という感じです(笑)








b0108544_1545079.jpg

最初にコストコでチョコを買うきっかけになったのが、この真ん中、ゴディバの箱を見かけたことでした。

アメリカでもGODIVAは高級チョコブランドとして有名です。
大きなショッピングモールには、ゴディバのお店もあったりします。
ちなみに、英語では”ゴダイバ~”な感じの発音です。

コストコで売っている物はなんでも量が多くて、両側の2つのチョコも大きな袋。
リンツのリンドールも50個入り。
ちょっと大きさを感じずらいかもしれませんが、このゴディバの箱、も結構大きく、何より、深さがあります。

たくさん入っていそう~と期待♪








b0108544_1552987.jpg

かなりゆったりとした仕切り(笑)で9個X3段=27個、とまあまあな量でしたが、
確か1箱17ドル程度だったと思います。
かなりお安いですよね~?

四角のは中がキャラメルで、甘~い。 
わたしはちょっと好みではなかったのですが、
楕円形のはシンプルなダーク、ミルク、ホワイトのトリュフ。 美味しい~♪
丸いものは少し凝っていて、中がラズベリーとホワイトガナッシュだったり、クリームブリュレ風だったり...

いろいろな味が楽しめますし、やはりゴディバは名前も通っているので、プレゼントにはぴったりですね!

しかし...次に買いにいった時には見当たらず...
コストコって定番品も多いのですが、結構商品の入れ替えが激しく、いつか紹介したピスタチオのチョコがけも
もう売らなくなってしまったのですよ。
お気に入りが無くなるのは寂しいです...
お買い得なゴディバも一時の夢だったのでしょうか~??








b0108544_1554919.jpg

左、ベルギーのチョコとあるので買ってみました。
ダークチョコなのですが、苦味が強すぎず、甘さも抑えてあり、すっきりと食べやすい印象です。
この薄めなところも、パリッとした食感がいいですね。

フレーバーは4種類。
私はソルトが一番の好み。粗塩の粒々が入っていて、かりっと食べてもわかります。
ラズベリーとチョコの組み合わせは、ルミさんもガトーショコラに入れたりしていますが、最強ですね。
甘酸っぱさがダークチョコの苦味に合います。
他の2つ、プレーンなダーク、ミント(あまり効いていない)はダダが食べてくれました。


右は、日本でもおなじみでしょうか、スイスのリンツのチョコ。
中がとろりとクリーミーなリンドール、5つのフレーバー。
私はホワイトチョコとピーナッツバター、タコはミルクとセミスイート、ダダはダーク...
とよい具合にそれぞれ好みが違うので、助かります♪

リンドールだけは、今回が初めてではなく、何度も買っています。
溶けてしまうからか、夏場には売っていないのですが、売っているときには常時ストックしているような...
50個も入っていて、10ドル以下とお値段も嬉しい~

もしかして、日本のコストコでも売っているかも?
と調べてみたら、同じ物が売っているようです。 しかも1000円ほど!
円安ですからね、日本の方がお安い~?








b0108544_2172981.jpg

また新しいお菓子を買ってしまいました。
チョコ好き~という訳ではないのですが、何だか気になると、
コストコに並んでいる全てのチョコが食べてみたくなったりして...
さすがに最近は飽きてきましたが(笑)

チョコレートタルトは箱が何となく素敵でしたし、フランス製ということで。
でも、タルト生地、というより普通のクッキーのような生地ががりがり固くていまひとつ。
チョコも苦味があって甘くて、これは失敗~と思ったのですが、家族にはまあまあだったようで、
少しずつ減って来ています。

そして右は、「世界のチョコレート」という名前に惹かれました。








b0108544_2174332.jpg

10種類のチョコレート、フレーバーも違えば国も違います。
フランス、ベルギー、アイルランド、ドイツ、カナダ、メキシコ、スペイン...

カルーア、コーヒーリキュールの香りを想像しましたが、中は甘すぎるシロップで香りはほんのりだけ。
ベルギーのチョコはノイハウスなので期待したのですが、苦手なかなりダークなチョコ。
ピスタチオとヘーゼルナッツは好きなので嬉しかったのですが、その他はどれも今ひとつ...

その他はオレンジリキュール、ジンジャーブレッド、モカ、ミルク。
チョコの味そのものがあまりおいしくなかったり、甘すぎたり...
世界のチョコとは言っても美味しいとは限りませんね。

ノスタルジックな絵のサンタさんのペーパーナプキン。
お友達から頂きました。 Tさん、ありがとう~!!
この小ささがいいですね。
それに広げると、ツリーや雪だるまなどだくさんのクリスマスものが登場して、クリスマス気分も盛り上がります。







b0108544_2175838.jpg

新しいレシピ本が増えました。

小嶋ルミのフルーツのお菓子: 季節のジャムとコンポート、ケーキなど86品

小嶋 ルミ / 柴田書店



何冊も持っていますが、やはりルミさんの本は欠かせません。
今回は、タイトルにもあるように、「フルーツのお菓子」ということで、どのお菓子にもフルーツが使ってあります。
ジャムやコンポート、ゼリーにスムージーなど、今までのルミさんのお菓子とはまた違った種類のレシピも盛りだくさん!
どれも作ってみたいお菓子ばかりです。

一時帰国していらしたHさんにお願いして、買って来ていただきました。 ありがとうございます!!
一緒におみやげまでいただいてしまいました。
「麻布かりんと」の”白かりんと”。   こちら、とってもお勧め!!

今まで普通の黒いかりんとうは、黒砂糖が強すぎて甘くて、固くて、好みではないと思っていたのですが、
この”白かりんと”は甘すぎず、油っぽくなく、とても上品な美味しさです。
あまりに美味しいので、少しずつですけど大事に、一人で全部食べてしまいました。

やはり日本のお菓子は美味しいですね~  
お心遣いも美味しさと共に身に沁みます。  
Hさん、貴重な日本からのお菓子を感謝しています! ありがとう~!!!


外は寒さが厳しくなる時期ですが、こうして優しい気持ちに触れると、心は温かくなりますね。
私もプレゼント上手になりたい!
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2014-12-19 03:41 | 美味しいもの | Trackback | Comments(8)
【クロスステッチ】 Chinese Tower 完成♪ コスコのピスタチオチョコ
b0108544_1452248.jpg

久しぶりに再開したクロスステッチ、新しい作品が何とか完成しました♪

EVA ROSENSTAND というデンマークのメーカーの The Chinese Tower というタイトルの作品です。
25cm四方とこの前の作品よりは小ぶりですね。

前回の作品はほとんど出来かけていたものを仕上げただけでしたが、今回のは何もない生地に初めから...









b0108544_4551542.jpg

何も考えずに、左上の葉っぱのところから刺し始めましたが、あれ?、何だかやりにくい~

そうでした、クロスステッチは下から上へと刺していくものだったのですね~(笑)
10年ぶりなので、そんな初歩の初歩なことまで忘れていました。

おまけに、ぼんやりとして、手元がよく見えない~!
子供の頃は視力がよくて、どちらかというと遠視気味。
ずっと眼鏡要らずなことはありがたかったのですが、その分、老眼が早く進んでしまったようです(悲)









b0108544_1331222.jpg

遠くは見えても、近くがぼやける~  特に夜になるとひどくなります。
それもあって、ステッチなんてもう無理かしら~と諦めかけていたのですが、
ふと、スーパーに売っていた老眼鏡を試してみると...
これがウソのようにはっきり見えるではありませんか!

掛け慣れない眼鏡は億劫ですけど、やはり見えるって嬉しいですね♪









b0108544_1221175.jpg

リネンのしゃきっとした風合いも好きです。
最初の頃は、二目ごとに一刺しするのですが、それを間違えて一目にしてしまったりの間違えもあり、
時間もかかって、面倒に思えていました。

それでも終る頃には、その感覚もつかめてきたでしょうか。
刺すのも楽しくなってきて、思ったよりも早く終わることができました。
アップは遅くなりましたが、5月には完成していたのですよ♪


こちらのキットを買ったのは10年前、カタログを見ていて、デンマークなのにアジアを感じるデザインが面白い~
と選びました。

五重の塔ならぬ、四重の塔? 
でも、赤い色や、反り返った屋根の形は日本というより、やはり中国的ですね。
中国にこんな建物があるのかしら~知らないけど...と思って検索してみると、
この建物があるのは、何と、デンマークでした!

といっても、本物の塔ではなく、コペンハーゲンのチボリ公園という遊園地にあるのです。








b0108544_1241525.jpg

(お写真は拝借致しました)

おぉ~そっくり!!
でも、赤くないわよ~  と思われるでしょうか?








b0108544_1244091.jpg

わぁ~ 夜になると、赤くライトアップされるのですね~
チボリ公園ではレストランとなっているそうです。








b0108544_1461594.jpg

水際に並ぶパラソルや、池に浮かぶボートにも、雰囲気が出ていますね。










b0108544_152090.jpg

次にとりかかっているステッチも、EVAさんの同じシリーズです。
下の部分は緑豊かな木々を表しているようですが、
ここからまたにょっきりと、おもしろい物が現われますよ~(笑)

どんなデザインでしょうか...完成をお楽しみに♪










b0108544_1524729.jpg

お菓子はあまり買いません(アメリカの市販のお菓子ってあまり期待できないので)が、
そんな中でも今年一番のヒット!!

黒地に金のパッケージに、どこか高級感を感じるような...
実はコスコで売っているのですよ~









b0108544_1533616.jpg

ピスタチオのミルクチョコレートがけ、なのですが、ところどころに粗塩も入っていて、
甘い味に塩味も効いて、また回りのミルクチョコが美味しいのです。

アーモンドチョコやピーナッツチョコはありますが、ピスタチオというのは初めて食べました。
本当によくチョコに合いますね~ 固すぎない食感も好みなのかもしれません。
病み付きになるおいしさ!
というのもオーバーですが、回りのお友達にもお勧めして、みなさまにもすこぶる好評です。
日本のコストコでも売っているのでしょうか...?










b0108544_8105435.jpg

同じくコスコで初めて買ってみた物。
オーガニックシュガーはいつも買う、うちでは定番品ですが、Raw Cane Sugarは日本のきび砂糖と似ている、
と聞いて買ってみました。

色は濃くてブラウンシュガーのようですが、それよりもクセの無い味で、なるほど、きび砂糖に似ていますね。
日系スーパーで日本のきび砂糖(もっと色が薄いですよね)は売っていますが、お値段も日本の倍ほどします。
なかしましほさんのお菓子に欠かせないきび砂糖、こちらのCane Sugarならざぶざぶと使えそうです。

そして真ん中のはアーモンドパウダー(フラワー)ですよ!
コスコで売っているのを初めて見ました。
ホールフーズのもトレジョーのも粒が粗くて、いまひとつでした。
こちらには”スーパーファイン”と書いてありますからね~
細かいのでしょうか~期待しています!

とは言ってもまだ開けていないのです。
3パウンド、約1.2キロもありますからね。
アーモンドパウダーは酸化しやすいと聞いたので、一度開けたら冷凍庫で保管しています。
夏ですからね、冷凍庫もぎゅうぎゅう、余裕がありません~










b0108544_8112074.jpg

それに、この前、キングアーサーで注文したばかりでした。
アメリカでベーキング製品といえば、このメーカーさんです。
アーモンドミールも細かいので、いつもこちらのを使っています。

パン用のドライミルクも定番。
今回はその他に初めて注文したのが、ココナッツミルクパウダー、カレボーのホワイトチョコ、
ピスタチオペーストとヘーゼルナッツのプラリネ。









b0108544_8113731.jpg

コスコに戻って、こちらも初めて買ってみた品々です。

一番のヒットは枕~(笑)
今まで羽毛のふにゃふにゃ~と柔らかい枕を使っていたのですが、
朝起きて、寝違えたように肩や首が痛いことがしばしば...
期待はしなかったのですが、ちょっと買ってみたら、何だか調子がよいようです。
出っ張りの部分が首に収まって、しっかり支えてくれているのかもしれません。

それから、キヌア&ケール。 サラダではなく、温かくしていただきます。 
オリーブ油で炒めたようなあっさりとした味付け。
そのままでも、スープの具にしても、キヌアのぷちぷちとした食感もおいしさの一つです。
オーガニックなのも嬉しいですね。

コスコでもオーガニック製品が増えている気がします。
苺やラズベリー、そしてオーガニックのバナナもありました。

リップグロスは使い易い感じの、中間色が4色で惹かれました。
資生堂や、SK-Ⅱのクリームも売っていましたよ。


倉庫のようにだだっ広いコスコ。 歩き回るだけで、よい運動になるかも~
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2014-07-18 16:42 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(8)
続・クロスステッチ、All-Cladの鍋セット、ソノマのベイクウェア
b0108544_4551542.jpg

10年越しのクロスステッチ完成の後、次に取り掛かったのがこちらです。
春休み以降、なかなかステッチを落ち着いて刺す時間が取れなくて、まだ半分も進んでいませんが...

この前の物はアメリカの会社でしたが、こちらはデンマークのEva Rosenstandという方(会社?)の作品です。
実は10年以上も昔、子供のプレイグループでクロスステッチが流行った時に、私も~と取り掛かった
記念すべき第一作が同じEvaさんの作品でした。 
もちろん今も大事に飾ってありますよ~ なにしろ、10年もの間、最初で最後の完成作品でしたからね(笑) 
これよりは大きな作品です。 ご覧になってみたいですか?

こちらは刺繍の部分が20cm四方の、ささっと出来てしまいそうな大きさですが、だめですね~
もう一ヶ月以上もかかっています。
時間が空くと、ついお菓子作ってしまうのですよね。 作る機会も多かったので...

ここまでの感じで、緑色を基調にした、何となく、風景のようなデザインであることは察しがつくでしょうか...?

この、真ん中の部分に、少し今までとは雰囲気の違うもの(?)が、ど~んと入るのです。
どうぞ、作品の完成をお楽しみに~!!








b0108544_456998.jpg

すでに大きな間違いをしてしまいました(泣)
アップにすると目立つでしょうか...

この前のものよりは、布地二目で一刺しなので、細かくはないのですが、
この二目、というのも結構間違えやすい~
リネンなので、ところどころ、目が均等でない部分もあったりするので...と言い訳ばかりですが。

でもこうして、少しずつでも仕上がっていくのは楽しいものです。
明日は、久しぶりにお友達と集まって朝からじっくりと刺す予定なので、きっとはかどることでしょう。

少し予習しておこうかな~
やっぱり、持って行くお菓子作ろうっと...(笑)








b0108544_4572657.jpg

少し前のことになりますが、とある土曜日は私の誕生日でした。

その日は朝早くからタコの野球の試合がありましたし、それどころではないと全く期待していなかったのです。
でも、早朝まだ暗い中、朝ごはんの仕度~とキッチンに行くと、目の覚めるような鮮やかな花束が~!
一気に目が覚めました。

買ってきたそのままで、その辺にあったピッチャーに造作なく入れられているところも、ダダらしく笑えます。
カップケーキのカードは私らしい物を、選んでくれたのでしょう。
毎年お花とカードは欠かさずに贈ってくれて、ありがたい事です。
この一年も家族が元気で楽しく過ごせるように、健康に気をつけて、がんばっていかなくては~
と気持ちも新たに引き締めています。









b0108544_13313022.jpg

誕生日プレゼント...というもの、うちでは特になくて、各自が好きなものを買うように、自然になってしまいました。
今年はまだ決まっていません。
あまり欲しい物がない...という訳でもないのですが、これが絶対に~という物がないのも事実。

All-Clad(オールクラッド)の鍋のセットは、去年の誕生日のお買い物。
ウィリアムズ・ソノマでも扱っている、お鍋のメーカーとしてアメリカでは有名どころです。
何だかもったいなくて、まだ使っていないのですが...(笑)

だって、しっかりしているだけあって、結構重たいのです。
もちろんル・クルーゼやストウブほどではありませんけどね。
長く使っていますがIKEAのは、安くても軽くて洗うのも楽だし、まだまだきれいなのですよ~








b0108544_10583066.jpg

ピカピカ光っていますよね~ずっとこのままで見ていたい気もしますが、使ってこそのお鍋ですよね。
少しでも長くこの輝きを長く保てるように、大事に使います。

本当に必要だったのは、大小のフライパンと一番大きな鍋くらいで、こんなにセットで買う必要はなかったのですが、
セットで買うと、別々で買うよりは合計金額もお安くなるし、この右側、全部おまけなのですよ!
どうも、こういう「~買うと、○○が付いてくる~」というおまけに弱いので、ついセットで買ってしまいました。
でも、結局、おまけって必要なものではないので、使わないことも多いのですよね~

オーブンミトンは、赤って好みじゃないわ~と思いながらも使いましたが、
料理本は全く写真もないので興味も湧かず、ぱらぱらっと眺めたがけ。
大きなロースターはターキーを焼くのにぴったりですが、うちはみんな苦手ですし、そういうダイナミックな料理はできないので、
宝の持ち腐れになってしまいそうです。








b0108544_10563051.jpg

こちらもつい、セットで買ってしまいました。
本当に欲しかったのは、マフィン型だけだったのに~

クッキーシートももう一枚あってもよいかな~とは思っていたのですが、
ケーキパンは9インチ(直径約23cm)と大きいので、なかなか出番がなさそうです。 
アメリカではこの大きさが普通なのですよね~ しかも2つ、どうしましょう?

そうそう、チーズケーキなど湯煎焼きにする時の、お湯を入れる方のパンに使えそうですね。
ゴールドタッチという特殊なくっつかないための加工がしてあるそうですが、
そんなことに使ってはもったいないかな。

こちらもウィリアムズ・ソノマで購入。
普通のアルミのものに比べて、厚めですし、しっかりしていそうです。
写真にはよく写っていませんが、クッキーシートと平らなパンは表面がぼこぼこしていて、くっつきにくいようにもなっています。
マフィン型はすでに使っていますが、なんとなく膨らみもよくて、焼きあがりに違いがあるような...
気のせいかもしれませんが(笑)

でも、新しい物を使うって、気持ちがいいですね~
お鍋も使って、お料理にも気合をいれましょう!!








b0108544_13315447.jpg

WECKの瓶、アメリカでは見たことない~と思っていましたが、Crate&Barrelで発見!
嬉しくて、それぞれの大きさを一通り買ってみました。

今までジャムは蓋が一体になったガラス瓶を使っていたのですが、
ゴムのパッキングの部分は外れて洗うことがきるのですが、瓶についている金属の部分は外れません。
どうじても接触部分が気になりますし、開けても重たい蓋がびろ~んとつながっていて、不安定です。

WECKのはみんな、ばらばらになるのがいいですね♪
蓋なしでガラスの容器としても使い道がいろいろとありそうです。







b0108544_4581010.jpg

誕生日だから野球、活躍してね~と期待したのですが、タコの先発した試合はいいとこなく負けてしまって、がっかり~
夜は誕生日ディナーね~と朝は言っていたのですが、負けると2試合外で観戦していた疲れも出て、
おまけに翌日は朝一番の試合になってしまったので、早起きしなくてはならないし、
ゆっくりレストランで食事を楽しむ気分でもなく、うちで残り物ごはん~になってしまいました...(悲)

先週末はイースターの三連休でしたが、日本人の商工会ソフト大会が日曜日にあり、
金、土共にソフトの練習、日曜日朝早くの集合にもかかわらず、そこは日本人の集まりですから、
お昼のお弁当もしっかり作らなくてはならなくて、子供の野球の試合以上に大変~

去年は奇跡の優勝でしたが、今年は予選敗退で残念~今週はその疲れを引きずった前半でしたが、
クラフトの集まりで、また元気に復活~!です。

そして週末はまた野球...土曜日の試合時間は5時からと7時からの2試合となったので、
補習校にまるまる出席できる~ラッキー! (とタコも思っているかどうかはわかりませんが)
中二の時には毎週のように、先生に欠席や早退のお知らせをメールしていたので、
先生には「また~」と呆れられていたことでしょう。
一日出席日数ゲットはラッキーです。 
この幸運を試合にも活かして、是非とも勝って欲しいものですが...


最後の野球シーズン。 がんばって~とタコにも応援を!
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2014-04-25 00:37 | 雑貨 | Trackback | Comments(8)
おせち料理 2014年
b0108544_23304063.jpg

早いもので新年も一週間が過ぎてしまいました。
七草粥、鏡割り、そしてガレット・デ・ロアのお話をあちらこちらで見かけますが、まだおせち料理で引っ張ってます。
すみません。今年も出遅れていますが、料理の話題はこの時ぐらいなので...

元日のご馳走と言えば、お肉よりもやはりお魚が似合いますね~ ただ自分が好きなだけなのですが。
おせち料理を詰めるのに手間取ってしまい、お刺身の方は実際夜に造ることになったのですが、とりあえず素材を並べて。
元日はどんより曇り空で、写りもぼんやりとなってしまいました...と去年も同じ言い訳をしてましたね(笑)

脚が太くて、するっと身が取れやすいキングクラブ。 日本ではタラバガニでしょうか?
私は身よりもかにみその方が食べたいのでダンジネスクラブと思ったのですが、家族の好みでこちら。
尾頭付きの甘エビと生食できるホタテは、そして数の子もお友達と共同購入しているアラスカのお魚屋さんから。
ヒューストンのお店では魚介類の種類もかなり限られていまし、お値段も日本よりお高い物が多いような気がします。
肉より魚介~という私には厳しい~(泣)










b0108544_2352939.jpg

私の実家のお雑煮は、東京風と言うのでしょうか、具は小松菜とかまぼこ、三つ葉と柚子で香りづけしただけのシンプルなものでした。
鶏肉も入ったりするそうですが、母は鶏が苦手だったので、その代わりにかまぼこと言ってました。

小松菜の代わりにほうれん草でもよかったのですが、なくておめでたそうなイクラを乗せてみました。
冷凍しておいた、頂いた柚子の皮がとても有難かったです。 
柚子の香りはお正月気分を引き立てますね~ なますにも菊花かぶにも使いました。










b0108544_23311867.jpg

一の重ですが、本来塩味醤油味、酢の物でまとめるのですが、色合いで黄色い卵を入れてしまいましたが、
後から考えると、数の子がこちらでしたね。 

実家でもおせちを詰めたことはあったのですが、母からの注意は二つ。
一種類の数は奇数にすることと、種類の違う物に味が移らない様に仕切りをすること。
「きょうの料理」によると、今では奇数は気にしなくてもよいということらしいので、そこは気楽になりました。
でも仕切りは自分でも違う味が付くのはいやなので、長い葉っぱを折ったり丸めて器のようにしたり。
見えないかもしれませんが、菊花かぶと昆布巻きも汁っぽいので、小さい器に入っています。

少しお上品に詰めてしまったかな? 隙間が気になります。
もっとたくさんの量をぎゅうぎゅうに詰めた方が、美味しそうだったでしょうか...

紅白なます菊花かぶ、今年ははしょらず別々に味付けをしました。
おなますは砂糖の甘さが効いて、菊花かぶは本当に酸っぱい!
家族は全く食べませんが私は大好きなので、全然平気。

たたきごぼうは、昨年太い~固い~と言われたので、今年は細く柔らかめに。

田作りは何故かタコの大好物。
有元さんレシピでメープルシロップの甘さがよく、しっとりしているのですが、
タコは「おいしいけどもっとパリパリのほうがよい」そうです。

八幡巻き、巻いた牛肉が薄すぎて何重かになって見た目もぼろぼろですが、肉好きの家族には好評。

今年初めて作った昆布巻きと岩石卵。
昆布巻きは思ったよりも作るのが簡単ですね。八幡巻きのように野菜の下煮もいらないし。
中身は鮭、私は昆布もっととろとろに柔らかく煮た方が好きかも~と思ったのですが、家族にはこの程度、
濃すぎない味もよかったそうです。 大好評だったので定番にします。

岩石卵、初めて「きょうの料理」で見たのですが、錦卵よりもお手軽なので作ってみました。
簡単そうに見えたのですが、巻きすで形を作ってから蒸すのですね~
うちの蒸し器は巻き簾が入るほどの長さはありません。
ラップで巻いて、蒸しあがってから巻き簾で巻いて、なんとか形になりました。
ゆで卵の好きなダダには好評でしたが、私はやはり錦卵の繊細さが好きです。









b0108544_23314653.jpg

二の重、は甘い物が入るのですね。
海老はよいとしても、数の子は「開けた時の匂いがおかしくなるでしょう!」と母に叱られそうです(笑)

数の子、濃い口醤油しかなく、色が濃くなってしまいました。塩麹を使うレシピもあったので、来年はそちらを試そうかな。

えびのうま煮、もメープルシロップを使ったまろやかでコクのある味です。
殻付きのほうが冷めても柔らかいままで色も綺麗だと思うのですが、「剝くのが面倒~」と不精な家族です。

黒豆は8時間弱火で煮る定番レシピです。 実際は6時間で柔らかくなりましたが。
前回は日本の大きな黒豆、今年はそれに比べると一回り小さいかな?
それでも日系スーパーで二種類売っていた、お値段もよい方にしました。
今年もツヤよく柔らかく、とても美味しくできました。

伊達巻は毎年レシピを変えていますが、今年のも満足はできません。
切り目を反対に入れてしまい、巻いたら割れて見た目もよくありませんし、
食べてもふんわりとそれらしくはあるのですが、どことなくはんぺんっぽさを感じでしまいます。
お魚のすり身は売ってないし...自分ですってみましょうか...タコは伊達巻大好きですし。

栗きんとんは去年きんとんが白っぽく濁ってしまったので、今年は水あめを使うレシピに変えてみました。
少しツヤよくなったようです。フープロでなく、きちんと漉しました。
栗の甘露煮は前回も言いましたが、冷凍剥き栗を使ったら、煮てもなかなか柔らかくなりません。
でもきんとんに混ぜると、それなりに美味しくなりました。
くちなしの実で色付けもしたので、黄色が鮮やか、それらしく見えますね。

渋皮煮、おせち料理ではないかもしれませんが、せっかく作ったし、よい具合に場所も埋まりました。
こちらはとても柔らかく、ラム酒の香りもよい感じ。

紅白かまぼこ、去年は手綱蒲鉾できれいだったのですが、家族には厚すぎ~と言われてしまったので、
今年は薄めに市松蒲鉾で。

切っただけのかまぼこ以外は、全部一人で手作り。
品数も増えていますし、今年は三の重も使うことができました↓









b0108544_2332568.jpg

いり鶏、全部一緒に煮てしまうのですが、下茹ではそれぞれ別。
鶏肉と人参以外、里芋、ごぼう、たけのこ、れんこん、こんにゃく、干ししいたけ、は普通のスーパーでは売っていませんが、
大きな韓国スーパーがあって、そちらで手に入ります。

こっくり味のいり鶏も好きですが、母はそれぞれ別に煮るお煮しめを作っていました。
白く上品に仕上がりますし、そのほうがご馳走らしいですね。
来年は挑戦したくも思いますが、家族はこういう煮物を全く好みません。
鶏肉と人参しか食べてくれません~(泣)

私は大好きなのでせっせと一人で食べましたし、土曜日の新年会では別の物にリメイク。
全て完食! 精を出して作ったので、もちろん無駄にはしませんよ(笑)

去年三の重がなかったのは、家族が煮物を食べないこともあったのですが、
引越し以来、初めてお重が入っていたダンボールを開けてみると、何と、木箱が一部壊れていて、
中のお重も三段目の一辺がぱっくり外れていました。

ショックでそのまま三段目は使わずにいたのですが、瞬間接着剤で直してみました。
回りも結構厚みがありましたし、木なので、何とか付いてくれました。
接着部は少し白くなってしまいましたが、漆を塗り直すわけにもいかないので、そのまま使うことに...








b0108544_23493897.jpg

松竹梅と三段の模様がおめでたいですし、角に丸みがあって、優しいたたずまいです。
彫った模様に金色が塗られています。
少し光って写ってしまいましたが、実際には金色は控えめで派手な感じはしません。

実家で使っていた、私のも馴染み深いお重です。
何年か前に日本で小さいお重でも買おうかと母に話すと、
「もう家族も少ないし、こんなに大きいのはいらない。持って行きなさいよ~」と言ってくれたのでした。
木の外箱ごとだと結構な大きさでまた重いのですが、思い切ってよかったです。
大きさも手ごろですし、運動会のお弁当用にも活躍してくれたことがありました。

こうして三段、元の形に戻ってくれて、とても嬉しいです♪
これからも大切に使い続けます!








b0108544_23324519.jpg

お出汁には、お友達からいただいた、とっておきのこちらの日本の製品を使ってみました。
焼きあごやかつおぶしなどいくつかの素材が紙パックに入っていてお手軽です。
まろやかながらも深みのあるおいしさでした。

ヒューストンにはコンビにのような小さな日本食料品店が一件あるだけで、
和食を作るのには素材も限られてしまうところもありますが、周りのみなさんの助けもあって、
こうして、うちにとってはとても豊かなお正月の食卓を囲むことができました。
感謝の気持ちを忘れずに、おせちそれぞれの料理に願い込めたように、健康で穏やかなに暮らしたいものです。

重ねまして、皆様にとっても素晴らしい2014年となりますように!


↓今年も一日に一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
どうぞよろしくお願い致します☆
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

[PR]
by Wingco | 2014-01-09 03:03 | うちごはん | Trackback | Comments(10)
アメリカのお茶 Harney & Sons、 コスコで買うのは...
b0108544_22455661.jpg

サンプラーセットに入っていた19種類のティーバッグ、全部色が違うので並べてみたら、色見本のようできれい~
と一人で楽しんでしまいました(笑)

「アメリカでも本格的な紅茶ブランドがあるのよ~」と教えていただいたのが、Harney&Sons。
スーパーでは売っていませんが、ウイリアムズ・ソノマにはアールグレイなど数種置いてあります。
なかなかおいしかったので、もっと他に種類がないのかな~とHarney&Sonsのサイトを覗いて驚きました。

紅茶、中国茶、ハーブティー、とてもたくさんの種類を扱っているのですね~価格もソノマより安い!

さっそく注文してみるにも、いろいろありすぎて迷っていたところ、
サンプラーセットが三種類もあることを見つけて、とりあえずそれらを注文してみました。

ちなみに、日本にも進出しているのですね。 日本のサイトもありました↓ 
日本ではハーニー&サンズと呼ぶようです。






b0108544_22462192.jpg

サンプラーセット以外にも茶葉も2缶。
アールグレーの香りは好きですが、味わいからするとダージリンの方が好みです。
一番摘みなのでとても香り高く、すっきりとした風味で苦味が弱め、とても気に入りました。

この黒地に金色のラベルの缶がリーフティーの入る缶です。
少しマリアージュ・フレールを意識しているかな~とも見えてしまいますが、
創業者のハーニーさんは、イギリスのフォートナム・メイソンで修行されたそうですよ。







b0108544_22465139.jpg

こちらはプレミアムのサンプラーセット。
最初のホイル・サンプラーセットはクラシック、つまり定番のお茶が選ばれていたようです。
プレミアムは、オーガニックティーや少し変わったフレーバーのお茶が入っているようですが、
中には両方に重複するものもいくつかありました。








b0108544_22471914.jpg

「イングリッシュ・ブレックファスト」は、三種類のサンプラーセット、それぞれに入っていたので、
どう違うのかな~と、ティーバックの中身を出してみました。
最初の二つは普通の紙のバックですが、もう一つのサンプラーセットはサシェと呼ばれるテトラパックです。

紙パックの2つは、中身、重さは2gですし、細かい見た目も同じように見えました。
サシェの中身はリーフティーで重さも3g。 
飲んでもやはりリーフティーの方が味わい深くて、おいしい~

ちなみに、「ブレックファスト」って、「朝に合った軽めの紅茶~」と以前は思っていたのですが、
その逆で、「目が覚めるようにカフェインたっぷり、強い紅茶~」なのだそうですね。







b0108544_22473879.jpg

マザーズ・ブーケ、鮮やかな色合いに惹かれました。
お湯を注ぐと、最初はきれいなブルーになって、時間が経つと黄色になります。
ローズやオレンジピールが入っていて本当に、花束のような香りです。

名前にちなんで、自分へのプレゼントに買いました。
実はこのオーダーをしたのは母の日の近くのこと... いつものように遅すぎの話題ですみません。
この後も何回かすでにオーダーしています。
そして今回お知らせしたかったのは、12月2日から3日の夜中(アメリカ東部時間)まで、送料無料の上に、全品25%オフ~!!
のお知らせが来たからなのです。

もう締め切りまで半日しかないので間に合わないかもしれませんが、興味のある方は、サイトでサインアップすれば、
こういうセールや新製品の情報がメールで送られて来ますよ。
日本のみなさまには関係ないかもしれませんね...ごめんなさい!







b0108544_2248465.jpg

さて、こちらも遅くて、9月頃のことですが、日本から越していらしたばかりの方と話していて、
「コスコではどんなものを買うのですか~?」と聞かれて、あら、意識したことなかったけど、
何を買っていたのかしら~と撮ってみました。 全部ではないけど。

まだこの時期には桃が売っていたのですね~ さすがに12月の今はありません。
桃、鶏胸肉、パスタソース...オーガニック製品が多いのも嬉しいですね。

うちではサラダ油ではなく、代わりにグレープシードオイルを揚げ物にも使っています。 からっと揚がりますよ。
変な臭いもなく、すっきりしているように感じます。

バニラビーンズは20cmもあって、しっとりとして、スーパーのスパイスコーナーに置いてあるものより質がよいと思います。
ラップもスライド付きで、すーっと簡単に切れますし、アメリカのラップにしてはつきがよいよう。
もっと巨大な、一年も持ちそうなロールもあって、そちらのほうが割安。
以前はそちらを買っていたのですが、こちらは引き出しに入るので、目立たなくて便利です。

ジプロックは200枚もあってどうする~という感じですが、開けてみると、4つの箱に分かれているので、残りはしまっておけます。
長持ちするものですし、やはりお買い得ですね。

食洗器の洗剤、カスケードでもコンプリートは一番きれいな仕上がりになると思います。
ツナ缶、こちらはみな水煮ですが、これはぱさぱさしていなくてしっとり、もちろん大きな塊チャンクタイプです。
ハイチュウはアメリカでも人気ですよ~専用の工場ができるとか...








b0108544_2343755.jpg

こちらは秋になってからのお買い物。
オーガニックのFujiリンゴが出回りました。

あまり見たことのないキノコ、色がポルチーニっぽいので、おいしいかな~と買ってみたのですが、
味も香りもあまりなくて、これはハズレ(笑)

V8はセールだったので買ったのかな~苦手な野菜の多いダダが埋め合わせによく飲んでいます。
使い捨てハンディモップ(?)はささっとほこりを取るのに便利。

ケープコッドのポテトチップスは厚みがあって塩味も強すぎず、私は好き。
40%オイルカットなので、少しは罪悪感なく食べられるな~と思うのですが、
家族には固い~味がない~と言われてしまいました。
隣の、メスキートBBQ味のほうが、スパイスの効いたしっかりめのバーベキュー味でおいしいらしいです。
巨大な袋も見慣れてしまいましたが、680g入り。  
と言われてもピンと来ないかも知れませんが、裏の表示によると、全部食べてしまうと4000kcalになるそうですよ!
一度に全部食べる人もいないと思いますが、聞いただけでも胸焼けしそうですね(笑)

ちなみにcostco、日本では「コストコ」と言うそうですが、アメリカでは「コスコ」でtは発音しません。
慣れているせいか、コスコのほうが言いやすいよいに思えるのですが、どうしうてコストコなのでしょうね~?
呼び方も違いますが、コストコのほうが、日本ならではの素晴らしい品揃えのようですね。
一度は行ってみたい~!

今回はどちらかというと、よく買うような定番ではないものが多かったかもしれません。
こちらではそれほど品物に変化もないようなので、あまりよく見ずに、いつも同じようなものを買ってしまいます。
何かお勧めがあったら教えてくださいね~♪








b0108544_2345528.jpg

最近パンの記事が少ないことに気が付きました。
HBで同じような食パンばかり焼いていることも大きな理由ですが、ホールフーズが近くにできて、
バゲットやハード系のパン、は結構おいしいのが買えるからです。
そう、パン作りはつい、怠けてしまっています(笑)

タコの好きなシナモン・ツイストに丸い緑のは、チャイブとチェダーチーズのスコーン。
コスコのクロワッサンよりも、ホールフーズのほうが、バターの味がしっかりと感じられてずっと美味しいです。

どれもかなり大きくて、一個を全部一人で食べるには飽きてしまいそうです。
大きいことがわかっていただけるかな~と普通のボールペンを並べてみました。
マフィンも、日本では普通直径7センチの型ですが、こちらではそれに加えて、
5センチのミニと9センチのジャンボマフィン型も普通に売っています。







b0108544_2351255.jpg

甘酸っぱい爽やかなオレンジのマフィン生地に、クランベリーの酸味が効いています。
上に乗ったクランブルと、時々じゃりっとグラニュー糖も食感のアクセント。
しっとりと柔らかな生地は、ARIさんのマフィンを思い出す美味しさです。


気が付けば、「美味しいもの」のカテゴリーは4年ぶり!
なかなかアメリカで美味しい物には出会わない...ということばかりでもないのですけどね。
これからはもっとまめに、「美味しい物」をお伝えできるようにしますね。


今回の話題、美味しそう~と思ってくださった方も、そうでもなかった方(笑)も、
↓一日に一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2013-12-04 04:41 | 美味しいもの | Trackback | Comments(8)