タグ:シフォン ( 85 ) タグの人気記事
お菓子会10月

b0108544_06135305.jpg
長い夏休みにハリケーン・ハービーの被害もあり、6月以来久しぶりのお菓子会となりました。

10月といってもまだまだ夏のような気候が続いていましたが、気分だけでも秋らしくと、焼き菓子を中心に。

・市松クッキー
この成形してみたかったので、何とか形になってよかったです。
でも接点がきちっと90度にならないのが残念~

・ココアクッキー
色が薄目ですが、味もやはりココア感が穏やかでした。

・ハーブクッキー
プレーン生地にローズマリーを一片乗せただけですが、風味の強いハーブですので、ちゃんと効いていました。
少し塩気のあるさくさくクッキー。 ハーブと良く合います。

・スパイスパウンドケーキ
プレーン生地に最後、ミックススパイスをざっと混ぜてマーブル模様に。
このミックススパイスがかなり大人味で、辛い~! 味覚が子供っぽい私にはいまひとつでした。

・ラズベリーはちみつフィナンシェ
焼き菓子ではこちらが一番人気でした♪
はちみつで甘め、しっとりめのフィナンシェにラズベリーの爽やかな甘酸っぱさがよく合います!










b0108544_10492083.jpg
甘い物だけでは飽きてしまうので、簡単なおかず...
とは言っても前日当日はお菓子とパン作りで時間がいっぱいいっぱいの予定。
前もって作っておくことができるマリネ類4種にしました。
同じマリネでも食材によって少しずつ風味を変えてあります。

・茄子のサワーオイル漬け
塩と唐辛子の効いた酢でゆでてから、オリーブオイルを足して漬けます。
よ~く味がしみていて人気でした。

・きのこのマリネ
こちらは砂糖の効いた甘酢に漬けこみます。

・赤ピーマンのモロッコ風マリネ
コリアンダーパウダーに刻んだパクチーで、コショウもきかせたエスニックな風味。

・グリーンタブレ
パクチー、パセリ、ミントいっぱいのクスクスのサラダ。
私は大好きなのですが、みなさんにはあまり...食感が苦手などのご意見が。
戻すのが固めだったでしょうか。レモンと塩だけの味付けがあっさりしすぎ?









b0108544_06231290.jpg
9名のお客様と大勢でしたので、パンだけでは足りず、発酵要らずで簡単かな~と作ってみました。

・タルトフランベ
手前、ベーコン、スライスオニオン、チェダーチーズ
向こう、リンゴ、カマンベール、はちみつ

薄くのばすので、焼き立てはぱりっぱり。
アパレイユも美味しくて好評でした。








b0108544_06130326.jpg

パンはいつもの...

・ツナマヨパン
刻んだ玉ねぎと出し醤油、マスタードも混ぜて、シュレッドチーズを乗せて焼きます。

・卵コーンマヨパン
トリーノ型が足りなくて、丸めてみましたが、具だくさんを欲張ったら、いびつになってしまいました。

スタートは今回も冷たいデザートから。

・抹茶ババロア
卵が入らないので、あっさり。抹茶ムースといった方がよいかもしれませんね。
とても柔らかくあっさり味も美味しいです。

・黄桃コンポートのアガーゼリー
ババロアだけでは足りなくなって、二層にしたのですが、あまり相性は良くないかも。
ゼリー自体はとても美味しいのですが、この前のレアチーズと合わせた方が美味しかったです。
見た目は緑とピンクできれいなのですけどね~










b0108544_06240268.jpg
やはりシフォンは欠かせません!

・かぼちゃシフォン
もちろん美味しいのですが、かぼちゃの風味が少し物足りなかったでしょうか。
でも以前、かぼちゃを刻んで入れるよりも、私はピュレだけの方が一体感があって好きです。

・枝豆シフォン
何となくずんだを連想してしまって、枝豆をすり鉢で砕いたのが間違いでした。
大きめの枝豆が残ってしまい、食感がよくありません。

・はちみつカステラ
今回の中でこれが一番の失敗作!
きめが粗いし、底にダマもできてしまいました。
強力粉の扱いが下手だったのと、試したレシピが悪かったと言い訳したい。
以前カステラには凝ったことがあって、その時のレシピでリベンジしなくては~

・ガトーショコラ
ココアに溶かしたセミスイートチョコもたっぷり入って、濃厚ショコラです。
私には少し濃すぎ、苦く感じましたが、甘さも控えめで皆様には好評でした。
しっとり柔らかい食感、どっしりしていないところは好きです。








b0108544_06244344.jpg
冷蔵庫に入っていたのを忘れて、全体写真には写っていませんが、こちらもお出ししました。

・アサイのレアチーズケーキ
アサイのピュレが売っていたので作ってみましたが、アサイそのものって味があまりないのですね~
見た目は紫でインパクトがありますが。
あっさり味に、チョコ味の土台が強すぎたようです。
リコッタチーズを使うのですが、滑らかなチーズでなかったので、レアチーズの食感にも出てしまいました。

・抹茶のトルテ
トルテってなんでしょうね~?
全体からはわかりませんが、スライスすると縦のしましまで面白いです。

相変わらず会の最中はドタバタで、全く写真を撮ることができなかったのですが、恒例の翌日おやつタイムは次回に♪

一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ


[PR]
by Wingco | 2017-10-25 11:57 | お菓子 | Trackback | Comments(0)
お菓子会レビュー チョコレートのシフォンケーキ
b0108544_22592555.jpg
恒例、パーティーの翌日のおやつ時間。
一人でゆっくり、作ったお菓子を味わいレビューをするのが楽しみになっています。

お菓子は全部で12種つくりましたが、抹茶ババロア&いちごムースは取り置きを忘れてしまいました。
こうやって集めてみると、焼きっぱなしの飾り気のないお菓子ばかりですね。

アイス系の方はカラフル! 味もよい取り合わせでした。
いつもの調子でどちらがお好み~?とお聞きしてみましたが、みなさんばらばらなのも面白かったです。
私はグレープフルーツアールグレイのさっぱり爽やかじゃりじゃりの食感が楽しかったのですが、
息子はには苦手だったようで、バナナメープルシナモンがお気に入りでしたが、
私はバナナが苦手なこともあり、いまひとつでした。

練乳イチゴも見た目の濃いピンク同様、イチゴの味がとっても濃くてお気に入り。
抹茶も同じコンデンスミルクを使っていますが、少しあっさりしすぎかな?
卵も入れたアイスを作ってみたいです。








b0108544_22500464.jpg
ケーキの方は秀でたものはありませんでした。
よく言えば、安定のおいしさでしょうか。

アメリカンチェリーはもう少し、チェリーを小さめに刻めばよかったようです。
沈んだわけではないのですが、食べてみると、繊細なシフォン生地に固めのチェリーの食感が気になってしまいました。
タルトの方は、丸ごとでもジューシーで美味しかったのですけどね。
キルシュ入りのシロップに漬けこんだひと手間で香りも風味もぐんとよくなりました。
チェリーには焼き込むタイプのタルトの方が合うと思います。

レアチーズも爽やかながら、軽すぎずまったりとした食感でチーズの味をしっかり感じました。
ブルーベリージャムも手作りなので、甘さ控えめ見た目にもインパクトがありませんが、
全体に混ぜてしまうよりも、マーブル状の方が、味のめりはりがあって美味しいと思います。
私にはこちらが今回のお菓子の中のナンバー1です♪

小嶋ルミさんの紅茶のサブレは卵を使わないあっさりタイプ。
この上なくサクサクの軽い食感はどなたにも喜ばれます。
まったりこくのあるきなこクリームと苦みの利いたコーヒー生地の相性もよくて、ロールケーキも好評でした。









b0108544_22423983.jpg
・枝豆チェダー食パン
・黒豆ミニ食パン
・ルッコラ、ハム、クランベリーのフーガス
・ツナマヨちくわパン
・パテ・ド・カンパーニュ
・カプレーゼ
・ブロッコリーと卵のカレーマヨサラダ

実は今回一番みなさんに「美味しい~レシピを教えて~」と反応が良かったのは、お菓子ではなく、このパテでした(笑)
そしてちくわパンも、私は初めてでしたが、「懐かしい~」とご存じの方もいらして、とても好評でした。

4種のパン、全て焼き立てをお出しするということで、今回もばたばたと慌ただしい~
テーブルセッティングも適当~カトラリーはお客様にセットをお願いするはめに...

初夏ということで、テーブルクロスはブルー系のこちらに決めていました。
お皿は真っ白だと冷たすぎる気がして、アイボリーとベージュに。
大きなお花も飾ったのですが、食べ物が置けないと横に置いてしまいました。
テーブルが大きいこともあって、こうしてみると何だかすかすかに見えますね。
次回はもう少し考えられるとよいのですが...

8名のお客様にはたくさん召し上がっていただき、楽しくお話させていただき、
食べきれなかった分はお持ち帰って頂きました。
みなさんの笑顔に私の疲れもふきとび、あれこれ反省しながらのお片付けも楽しい時間でした。







b0108544_22504417.jpg
お菓子の会の前のことになりますが、チョコレートシフォンの作り比べをしました。

奥は20㎝のバターを使ったココアシフォン。レシピよりココアの量を半分ふやしました。
ココア感は強くなったものの、しっとり感がもう少し欲しいかな?

手前は17㎝のグレープシードオイルを使ったシフォン、ココアと溶かしたチョコレートも入っています。
レシピの二倍の量のダークチョコレートを使いました。
チョコ好きなお友達のために、濃~いチョコシフォンを作ってみたかったのです。
かなりしっとり、型外しもぼろぼろなほど柔らかかったのですが、
食べてみるととても美味しく、みなさんにも大好評!

いつもバターシフォンとバターでないシフォンを食べ比べてもらうと、
バターを使ったシフォンの方が人気なのですが、今回はお一人(チョコをあまり好まない)以外みなオイルのほうでした。
暑くなってきたこともあり、最近はオイルシフォンでの美味しさを求めています。
今回のお菓子の会のシフォンも2つともオイルでしたが、しっとりなかなかよかったと思っています。







b0108544_22511547.jpg
普段シフォンケーキはそのままで頂くのが好きですが、
チョコレートのシフォンはゆるい生クリームをたくさん添える方が好きです。
この日はお気にいりのさっぱりキウィシャーベットとイチゴミルクアイスも一緒に♪


一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ







[PR]
by Wingco | 2017-06-20 06:31 | お菓子 | Trackback | Comments(0)
シフォン、タルト、アイス...お菓子12種
b0108544_22070385.jpg
お菓子とパンの会...
私が作りたい~と勝手に選んだお菓子とパンをお友達のみなさまに召し上がっていただく、
というわがままな会を開きました。

作ったお菓子は12種類。

・抹茶ミルクアイス
・グレープフルーツアールグレイ
・バナナメープルアイス
・イチゴコンデンスミルク
・バニラとラムレーズンのベイクドチーズケーキ
・ブルーベリーレアチーズケーキ
・抹茶ババロアとイチゴのムース
・アメリカンチェリー(ブルーベリー)のタルト
・きな粉クリームのコーヒーロールケーキ
・紅茶のサブレ
・アメリカンチェリーのシフォンケーキ
・チョコレートのシフォンケーキ



それぞれの説明には、
インスタグラムから直接画像を貼れる、という新機能を試してみますね↓




 






b0108544_22020460.jpg
インスタには載せなかったシフォンケーキ。
最近は暑くなってきたこともあり、お気に入りのバターを使ったシフォンではなく、
あっさりグレープシードオイルを使って、それでもしっとりと柔らかい理想のシフォンを求めています。

セミスイートのチョコレートを溶かして混ぜ込んだチョコレートシフォン。
チョコレート多めにしても膨らみは良い感じでした。
季節のアメリカンチェリーを入れたプレーン生地のシフォンケーキは、
もう少し小さめに刻んだ方がよかったかもしれません。
均一には散らばってくれましたが、しっかりとした食感のチェリーが少し気になりました。
どちらも20㎝。







b0108544_21595970.jpg
インスタに写真はポストしなかったのですが、ちくわパンってどんなの~と反応が多かったので。
検索したレシピには中に詰めるツナは炒めるものでしたが、簡単にツナマヨに。
青のりも勝手に。ちくわの磯部揚げを思い出して。

一本は大きいのでみなでちぎりやすいように、エピにしようと思ったのですが、
太目だったことと、みなさんがいらいしてからの成形で、どたばた慌ててしまって、まったく違うものになってしまいました。
大好評だったので、次回は成形をちゃんとしよう~







b0108544_22003007.jpg
真夏のような暑さでしたので、最初にはアイスティーを。
ハーニー&サンズのブラッドオレンジアイスティー。
ピッチャーにはフレッシュなオレンジとレモンのスライス、ミントを加えてより美味しく...



一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ




[PR]
by Wingco | 2017-06-14 22:39 | お菓子 | Trackback | Comments(0)
いちごのゼリー&ババロア いちごと赤ワインのブラウニー
b0108544_02073151.jpg
お友達のお宅でのポットラックパーティー。

夫婦6組、高校生男子2名の合計14名。珍しく男子率高い夜の会でしたので、大人が喜ぶお菓子を作ったつもり...
ですが、こうやって見ると、ハデハデな感じになってしまいましたね。
特にショートケーキのベリー類の乗せ方がかなり微妙です(笑)

ともかく、こうして4種類、大きな失敗もせず作り終えることができ、みなさまにも大変喜んで召し上がっていただき、
今はほっとしています。









b0108544_02193960.jpg

一応、すべて焼きあがったところ。

パーティーは土曜日の夜だったのですが、昼間は補習校で最後のパトロール当番にあたっていたため、
ジェノワーズ以外は前日に焼いておきました。
シフォンは20センチ。 
ジェノワーズは30×20の型ですが、切り分けやすいように高さは低め。
なので生地量は18㎝用の2倍量にしましたが、もう少し多くてもよかったかな~と思っています。











b0108544_02084063.jpg
イチゴのゼリー&ババロア

ババロアって卵黄のみを使います。この写真のほかにもおうち用の分も作ったので、使った卵黄11個!
クレームパティシエールをそのままぷるぷるに固めたような濃厚ババロア。
見えませんがバニラビーンズも一本使って本格的な美味しさでした。

ゼリーはイチゴから作ったシロップを使っています。
ゼリーそのものも自然なイチゴの赤がきれいで、かつ中のベリー類もきらきら。

持ち運びの関係で、ゼリーの上にクリームなどでデコできませんでしたが、このままでもいけてたでしょうか?










b0108544_02200192.jpg
いちごと赤ワインのブラウニー

ココアではなく、ビターなチョコレートを溶かしています。
見た目より甘さ控えめで、大人に好まれるお菓子になりました。
赤ワインも生地に混ぜ込むのではなく、イチゴジャムの方に混ぜて、それを流した生地の上に散らします。

なのでジャムもワインも少な目なのに存在感あり。
ピスタチオも、イチゴシロップを使ったアイシングも良い感じ。
時間が経ってもとてもしっとりとしていて、私にとっては今回一番のお気に入りです♪

丸いのはおうち用の分に試して使ってみた、リンゴの型です。
つるっと型離れもよく、まん丸やリンゴ半分など形がいろいろ違うのも楽しい~
リンゴの季節は終わってしまいましたが、また使いたいですね♪








b0108544_02231425.jpg
うぐいす豆のシフォンケーキ

やはりシフォンケーキは人気なので欠かせません。
他のお菓子が失敗した時のための保険のために作りました。

でもいつも同じようなフレーバーではつまらないかな~
と思い立って、日系スーパーで売っていた、お惣菜用のうぐいす豆煮を使ってみました。
製菓用のと違って色が鮮やかすぎる~(着色料の入っているのは極力使いたくない!)
でもお味の方は、「京のおばんざい」とあって甘さ控えめでした。

バターシフォンにうぐいす豆の半分はすりつぶして、半分はそのままで混ぜてみました。
小豆より粒が大きめでしたので、全部底に沈んでしまったら~と不安でしたので。

以外に良い感じに散らばって、すりつぶした方のおかげで生地はいつもよりしっとり。
少し和を感じる美味しいシフォンケーキになりました!


一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ





[PR]
by Wingco | 2017-05-17 08:44 | お菓子 | Trackback | Comments(0)
イチゴ大福風シフォン 柚子味噌シフォン
b0108544_04181479.jpg

   (字の大きさがばらばらで変ですが、何だか修正できなくて…見づらくてごめんなさい!)

苺大福風シフォンケーキ

きょうの料理の三月号テキストより。

もちろん苺大福を入れた、というわけではなく、ゆであずきとつぶした苺を入れただけですよ。  

見た目苺の存在感はありませんが、苺の風味はしっかり感じます。

トールシフォンはやっぱりスリムですね~♪


いちご大福

白あんにホワイトチョコを溶かした苺大福は、上のシフォンケーキと共にお友達に大好評!

ミルキーな白あんが苺の甘酸っぱさを引き立てます。

白玉粉のお餅は上品で滑らか、時間が経っても固くならないのもいいですね。 

若山曜子さんらしい、ひねりのあるお洒落なお菓子!


美味しかったのですが、白玉粉のお餅はべたべたして包み方が下手すぎででした。

和菓子はたま~にしか作らないですし、勝手がよくわかりません。

春らしいチェリーブロッサムの可愛い器で少しは誤魔化せたでしょうか?!









b0108544_04181583.jpg
気が付けば4月は全く記事を更新できずでした。
お菓子は相変わらずいろいろと作っていたので、今頃ですが、記録しておきます。








b0108544_04181523.jpg

柚子みそのシフォンケーキ

いつものバターシフォン20cmです。

柚子ピールを柚子リキュール(どちらも日本からの頂き物。ありがとうございます!)に漬けた物も入っています。


3月11日は東日本大震災から6年ということで、ヒューストン在住の日本人の音楽家の方たちのチャリティコンサートがあり、

その差し入れ用に日本を感じるお菓子を作りたかったのです。

息子も学生のコーナーで参加させていただきました。



ドライフルーツのチーズタルト

ドライフルーツのスパイス赤ワイン漬けとピスタチオがたっぷり入って大人向け。

クリームチーズと同量のカマンベールを使っていて、そのカマンベールがとても風味の強かったこともあり、

味見をしたら万人受けする感じではないかな~と。  こちらは持って行くのをやめました。








b0108544_04181565.jpg

前回の柚子みそのシフォンとドライフルーツのチーズタルトでいつものひとりおやつ...

ではなく、春休みで息子も一緒、ちょっと嬉しかったです。


市販の柚子みそが甘さが強かったので砂糖を2割減らして。

言われなければお味噌が入っているとはわからない、それほど味噌味は感じませんが、

甘さの中に塩気が効いて、刻んだ柚子の風味が爽やか。

いつもよりもしっとりとして美味しいバターシフォンでした。  


チーズタルトも時間が経つにつれ、カマンベールのくせが和らいでしっとりドライフルーツの赤ワイン漬けとの相性は抜群!

ワインを頂きたくなる濃厚なおいしさです。









b0108544_04181522.jpg

今日のお茶はハーニー&サンズのチャイニーズ・フラワー。

中国茶にお花の爽やかな甘い香りがプラスされています。

マイルドな優しい風味。ゆったり過ごしたい気分の時に似合うでしょうか。

花びらの彩りもきれいな茶葉♪







b0108544_04181582.jpg

日本のみなさまにはお馴染みのことと思いますが、私はアメリカで初めて見ました、デコポン。

こちらでは「Sumoシトラス」という名前。

検索してみると、熊本出身の方が30年をかけてカルフォルニアで量産に成功されたとのこと。

特徴として、手で簡単にむけて食べやすい、とこんなばらばらにしたところの画像が載っていました。

日本ではほかにも甘夏やはっさくなど柑橘類の種類も多いですよね。そのおいしさがアメリカにも広まることを願っています。

今日のお茶はInvigorating Tea。

お茶とは言っても全く茶葉は入っていなくて、シナモン、クローブ、ジンジャー、カルダモン、ペッパーなどのスパイスのブレンド、

そこにミントとオレンジピールが加わって、爽やかに飲みやすくなっています。

チャイティーのスパイスのみと言ったらよいでしょうか。カフェインフリーですし、スパイスがぴりぴり効いてすっきりするところが好きです。

Invigorationには活性化という意味もありますが、まさにやる気が出そうな朝にぴったりのお茶です。

嬉しい頂き物! きれいなチョコはARAYAというヒューストンでは人気の高級チョコ屋さんです。

一つ一つ手作りで、フィリングもユニークで楽しいですし、チョコそのものが美味しいのです。




一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ


[PR]
by Wingco | 2017-05-13 22:52 | お菓子 | Trackback | Comments(0)
イチゴとホワイトチョコのパウンドケーキ メイプルシフォン
b0108544_12095917.jpg

ワンプレートでの一人おやつの時間。
メイプルシフォンケーキは意外にあっさりいていたので、お砂糖なしのホイップクリームとメイプルシロップをたっぷり!
かけたつもりなのですが、はちみつと違ってすぐにシフォンに吸い込まれてしまって、情けないような見た目になってしまいました。

メイプルシロップ、いつもコストコの大きなのを、オーガニックですしお値段も手ごろなので使っていますが、
この瓶の形に惹かれて買ってしまいました。
でも甘~い! メイプルの風味はあまり感じないのに、甘さが強い。
お土産にいただいた小さい熊さんのも、やはり甘い。
すっきりした甘さのコストコのメイプルの方が好みでした。

キウィもコストコで、オーガニックのを最近売り出したのでよく買うのですが、
たまに全部熟れ熟れ状態の時があって、とてもすぐには食べきれないので、ジャムとシャーベットにしました。
どちらも美味しいですが、特にジャムはそれほど煮なくてもとろっとろになり、酸味が効いて、そのまま食べて止まらないほど気に入っています♪









b0108544_12362789.jpg

焼き上がりのケーキ。
バターシフォンは手外しできなそうなので、ナイフを使うのですが、今回は側面はまあ良い感じ。
でもいつも底がきれいにできなくて、遠くてぼやけてもらっています。

パウンドはドロワ型なのでこちらもどっしり、ボリュームがありますね。
若山曜子さんのレシピそのままの量ですが、ドロワ型を意識されたのかな? 普通のパウンド型だと入りきれないのでは。









b0108544_12274230.jpg

メイプルのシフォンケーキ

20センチなので断面もどっしり、でもきめ細やかでふわふわなバターを使ったシフォン。
以前作った時に、甘すぎると感じたので砂糖を40グラム減らしたのですが、減らし過ぎたかもしれません。
かなりあっさりした印象です。でも膨らみには支障なくてよかった!

メイプルシロップのほかにメイプルシュガーも使っているのですが、それほど風味を感じなくて、
今回もクラフトの集まりに持っていったのですが、みなさんもなかなか何のフレーバーのシフォンか正解がでませんでした。

水分になるのでシロップはあまり増やせないと思いますが、メイプルシュガーを増やせばよいのでしょうか。
でもお高いので贅沢にはなかなか使えませんね。









b0108544_12280317.jpg
イチゴとホワイトチョコのパウンドケーキ

苺は刻んだだけで、何も加工しないのであまり味を感じないのでは?と思いましたが、
サワークリームやレモンも使っているからでしょうか、爽やかでしっとり、とても美味しいパウンドでした。

もちろんホワイトチョコレートとの相性もぴったり!
実際の見た目はもっとピンクが美しかったのに、写真にはよく表れないのが残念~
春らしく可愛くて心が浮き浮きするようなケーキ、また作りたいです♪


一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ




[PR]
by Wingco | 2017-05-09 20:27 | お菓子 | Trackback | Comments(2)
フルーツロールケーキ はちみつのブラマンジェ&イチゴのムース

b0108544_23113012.jpg

こんにちは♪

とっても久しぶりの更新となってしまいました。
PCが壊れて過去の画像をすべて無くしてしまったショックや、いろいろと忙しかったこともあるのですが、
一番はインスタグラムの方にポストしてしまうと、それで終わった気持ちになってしまいました。

インスタはお手軽で楽しく、ついついそちらに時間を取られてしまいがちです。
でもインスタはその場その時で流されてしまう感じがします。
インスタでコメントを寄せてくださった方の中からも、「ブログ見ていました~」というお声を聞いたりすると、
細々と続けてきた地味なブログなのに~と嬉しくなります。
大した内容ではありませんが、自分にとって記録を残すという意味でもブログは続けて行きたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。


今回のお菓子三種、親しくさせていただいたお友達の送別ポットラックランチのために作りました。
ロールケーキ、シフォンケーキ、クールデザートの組み合わせもよかったかなと。
こうして並べてみると見た目も、春らしい柔らかい色合い。とても気に入っています♪











b0108544_22360231.jpg

とりあえず、焼きあがったところ。

・ミルクココアのバターシフォン
いつもの20センチ。バターシフォンのレシピにはどれもBPが使われていますが、今回無しで挑戦してみました。
ココアは膨らみが抑えられがちなこともあると思うのですが、1センチ近く高さが出なかったようです。
食感はそれほど変わりはありませんでしたが、気持~ちしっかりめ?

・フルーツロールケーキ
シフォンは卵別立てなので、こちらは共立てで、同じスポンジ生地でも食感の違いを楽しんで頂きたいと思って。
実はこの後に、外でも冷たく頂けるロールケーキを作るための試作でした。
前日に作って冷凍しておきます。

プレーンロールでは見た目寂しいかとフルーツを入れることにしたのですが、解凍しても食感が大丈夫そうということで、
パイナップル、キウィ、ラズベリーを選びました。
どうせまた冷凍するから~と冷凍ラズベリーを使ったのですが、ドリップが出てクリームに染み出し、これは失敗でした。
フルーツは細かく切った方が、クリームとの一体感がありますし、解凍フルーツの食感も気になりにくい...かな?










b0108544_22362741.jpg

・はちみつのブラマンジェ&いちごのムース
甘さははちみつのみ、やっと固まっている程度のとろんとろんのブラマンジェ。
ほわっとしたムースの食感の違い、水切りヨーグルト入りで爽やかだけれど味が薄くない
フレッシュなイチゴの風味のするムースとの組み合わせは大変よかったと思います。

水色の容器に合わせて、あえて苺は乗せずに、クールに決めてみたつもり♪











b0108544_23101118.jpg


あまりに気に入ったので、しつこくブラックベリー側からも(笑)










b0108544_23234311.jpg


ポットラックランチ。
お昼ですし、ママ達だけのお気軽な集まりですが、いつもながらたくさんのご馳走が並びました。
「逃げ恥」で気になっていた”瓦そば”、おそばを焼くって初めて食べましたが、いいですね~!
味の染みた柔らかいお肉と大根おろし入りのつゆがよく合います。
なるほど、これは熱々が美味しいですね♪

他には栗入りお赤飯、鶏の煮込み、水菜と鶏肉の炒め物、揚げ出し豆腐、青梗菜とかにかまのゴマ和え、
オレンジとトマトのサラダ、ポワローネギのマリネ、生ハムメロン、いんげんとトマトのマリネ。
デザートは私の三品のほかチーズケーキ、オートミールのクッキー。
ご馳走様でした♪










b0108544_23240355.jpg


勝手に恒例となっている、翌日の一人おやつタイム。
パーティーではみなさんの作ってくださったお料理を味わうのと、お喋りでいっぱいいっぱい。
こうやって一人で集中して味わい、ロールケーキのクリームはもっとたっぷりがよかった...等々、反省~!

いつものハーニー&サンズの紅茶ですが、この日はフルーツたっぷりに合わせて、ブラックカラント。
日本ではカシスと言った方がわかりやすいでしょうか。
昔ながらの黒すぐりという名もありますね。
ブルーベリーとは違った、香りのよい甘酸っぱさが紅茶にも合います。

ブラックカラントとカシスが全く同じものなのか不安でしたので、今回検索してみました。
Wikiによると、北米ではマツ類のかびとなる菌を持っているということで、1966年まで栽培が禁止されていたそうです!
今でも一部の州では禁止のままだそうで、そのせいか、カシスピュレやカシスを使ったケーキなどこちらでは見たことがありません。
カシスのリキュールは売っていますけどね。

クロゼイユ(赤すぐり)を見ないのもそのせいかと思いましたが、そちらは種類が違うので禁止にはなっていないそう。
ケーキを可愛く演出してくれるクロゼイユ、そしてセルフィーユ...あったら嬉しいのに~!


一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ






[PR]
by Wingco | 2017-05-03 01:15 | お菓子 | Trackback | Comments(0)
25cmハチミツレモンのバターシフォン ノルディックウェアのプチフラワー型



b0108544_01141122.jpg

ノルディックウェアのプチフラワー型は日本でも販売されているようですが、そのアルミの色とは少し違いますね。
こちらはゴールドタッチという特別な加工がしてあるもので、とても扱いやすくなっています。

今回はバターの多いフィナンシェを焼いたので、余計に型ばなれがよいのですが、
試しに、一番左側の列は型に何も下処理をせずに生地を流してみました。
それでもするっと気持ちよく~

オイルをスプレーしたものより焼き色が強いのはなぜでしょうね?
ココナッツファインとココナッツパウダーを加えた、小嶋ルミさんレシピのココナッツフィナンシェのせいか、
普通のフィナンシェより白っぽい焼きあがり。
今回はバターをしっかり焦がしたのですが、それでもです。


津田さんのバターを使ったシフォンの中でもお気に入り、ハチミツレモンのシフォンケーキですが、少しアレンジしてみました。
プレーンシフォンと砂糖の量は同じなのに、ハチミツも入っているので、少し甘さが強く感じていました。
砂糖の量を二割減らしてみました。 それでも膨らみはよくほっとしています。

レモンの風味をもっと出したいと思ったのですが、以前レモン汁の量を増やして、
そのせいかははっきりしないのですが、底上げをしたことがあったので、水分を増やすのは危険?
今回は以前「レモンのお菓子」で作ったレモンピ-ルを、こちらも自家製リモンチェロ(レモン酒)に漬け込んでだものを刻んで入れてみました。












b0108544_01143229.jpg

これは大正解!でした。
細かく刻んだこともあって断面の画像ではよく見えませんが、食感のよいアクセントにもなりますし、
やはりリキュールが入ると香りがよくなりますね。












b0108544_01144039.jpg

今度は大きな25cmの型で焼いてみました。
向かって左がその25cm型、隣が17cmです。
ずいぶん幅が違いますよね。高さはあまり違いませんが。

アメリカではこの25cmの型が普通、というより、それ以外はあまり売っていないのです。
爪が三箇所に出ていて、そのままひっくり返して冷まして置けるようになっているのですが、
今回は膨らみがよすぎて、この爪は全く役に立ちませんでした(笑)

バターシフォンなのに手はずししようとして側面ぼろぼろですが、とてもよい感じに焼き上がりました。
20cmの分量を二倍量で、うちにある一番大きなボウルで何とかできました。
作る過程は多くなってもそれほど大変ではありませんが、よくわからないのが焼き時間です。
卵11個を無駄にしたくなかったので、慎重に、長めに焼いてみました。
もともとハチミツが入ると焼き色が濃くなりますが、やはり焼き時間が長いと周りはかなり濃くなりますね。













b0108544_01145715.jpg

でも、中はとてもしっとりと、大きな気泡もなく、といって詰まった固い感じでもなく、
ふわふわ柔らかに美味しくできました。

断面も迫力がありますね~
葉書くらいの大きさがあるでしょうか。
お友達のお宅でのガレージセールのランチ用に焼きました。
12分割しましたが、一切れがかなりのボリュームになったので、さらに上下半分に切ってちょうどよい感じ。
24切れになりました♪














b0108544_05341241.jpg
先々週の金、土曜日と二日間、とってもよいお天気の下でのガレージセール。
日本ではガレージセールとは言っても、広い場所で多くはプロの方がお店を出しているらしいのですが、
こちらでは自宅の本当にガレージとその前を使って、家庭の不要になったものなどを並べる。
リサイクル目的が多くを占める感じなのです。

お客様もたくさん立ち寄ってくださり、ちょっとしたお店屋さんごっこのようで楽しかったです。
セールは午前中のみで、片付けてからのみなさんとの持ち寄りランチがまた楽しいのですけどね。

しかし、家に帰るととんでもない事態になっていました。
私のPCが突然全く動かなくなってしまったのです。
バックアップを取ったこともなかったので、写真もビデオも10年分くらいが無くなってしまいました。

すぐに新しいPCを買ってもらったのですが、そちらは古いPCと繋げて、
だめもとですが、リカバリーのプログラムを走らせています(現在まだ50%)。
大変なショックでしたし、不便なことこの上ない!
10日経って、やっとブログを更新できるようになりました~

みなさまもバックアップ、お忘れなく!!

一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ









[PR]
by Wingco | 2017-03-08 06:00 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
25cmバニラシフォンケーキ 
b0108544_16550182.jpg
大きなシフォンケーキを焼きました。直径25cmの、これがアメリカでは昔ながらのシフォン型です。
とはいっても、アメリカではシフォン型というより、Rube型とかエンジェルフード型と呼ぶようです。

シフォンケーキはアメリカ発祥ですが、今ではそれほど一般的なお菓子ではないようです。
似たような、卵白のみ使うエンジェルフードは売っているのもよく見かけますが。
こちらでは日本のように小さいサイズのシフォン型を売っていません。
一回り小さい23cmやクグロフ型に似た18cmを専門店で見たことはありますが。

「シフォンを作ってみたいけれど、これでできる?」とこの大きな型をお持ちの方に聞かれることもたびたび。
実は一度も使ったことはないので、これは挑戦してみないと~ということになったのです。
なぜ持っているかというと、日本人のみなさん、たいてい一度はシフォン焼いてみよう~と思われるようで、
でも結局使わないまま日本にお戻りになる、そして型は引き継がれる...という訳。
うちにもいつの間にかこの型がありました(笑)











b0108544_16373614.jpg
とりあえず、一番シンプルだけれどお気に入りのプレーンシフォン(卵、砂糖、粉、グレープシードオイル、水のみ)のレシピに、
バニラビーンズを一本使って風味をつけてみました。
20cm用のレシピを二倍量、ちょうど卵10個使います。

オーガニックの卵しか買いませんし、もったいないので、食べられない物は絶対に作らない!
の覚悟というか願いをかけて作りました。おかげで膨らみもなかなか、手はずしもうまくできました。
もともと何度か作っているレシピですし、二倍量になってもそれほど変わらない。。。?











b0108544_16384125.jpg

いえいえ、いつもより焼き縮みもあり、満足できる出来ではありません。
迷ったのが焼き時間。 
どの程度ふやせばよいのかわからず、生焼けも怖かったので、少し焼きすぎてしまったのかもしれません。

左は日本の17cmの型ですが、筒は17cmのより細いので、その分幅の広い断面になってしまいます。
ずんぐりとした形ですね~食べ応えがありますが、ちょっと大き過ぎ?
真ん中の空洞が狭いので、火の通りも悪いのではないでしょうか?

これだけ大きいと、逆さにして瓶に挿しても安定が悪いためか、型にはつめがついていて、
そのまま逆さまに置けるようになっています。
あらかじめ、おすそ分けすることになっていたので、こちらはその残り、ホールの半分以下です。
たくさんの量が一度に焼けるのはいいですね~♪













b0108544_16393398.jpg
写真は上手く撮れませんでしたが、実際はきめ細かく、ふわふわ柔らかく美味しいシフォンでした。

他に大きなシフォン用のレシピがないか検索してみたのですが、あってもBPを使ったり、卵白の量が多いレシピばかりでした。
きっと膨らみもよく見た目は立派なシフォンができることと思いますが、卵白が多いシフォンの食感は好みではありません。
大きいけれど美味しいシフォンを目指して、また挑戦してみたいと思っています。













b0108544_616324.jpg

今頃ですが、大晦日のお客様と共に頂いた、2016年締めのデザート...の残りによる今年最初のひとりおやつ。
スパイス風味のバターシフォンですが、以前作ってスパイスがもっと効かせたいと、
こちらも以前作って食感は今一つだけれど、スパイスは気に入っていた
栗原はるみさんのスパイスシフォンにスパイスだけ変えました。
そのせいか、おせち作りの合間でばたばたしていたせいか、ふくらみがいまひとつになってしまいました。20cmです。
キャラウェイシードのぷちぷちも以前はよいと思ったのですが、家族からは不評で、周りに穴もあいてしまったし、
スパイスはまた考えないと。
もともとはシナモン、ナツメグ、ブラックペッパー。
今回はオールスパイス、カルダモン、キャラウェイシード。

グレーテルのかまどのかぼちゃのプリン
こちらのかぼちゃは日本ほど甘くないせいか、かぼちゃの味がもっと欲しい感。
マンケ型大きいのしかなくて、薄いプリンになってしまいました。

バニラジェラートは安心の美味しさ。
若山曜子さんの抹茶ミルクアイスはコンデンスミルクを使うので滑らか。
卵を使わず抹茶の風味をよく感じる、すっきりと美味しいアイス。
黒豆との相性もよい感じです。
バニラには丹波黒豆、抹茶には普通の黒豆のシロップ煮、違いがわかりますか~?

一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ






[PR]
by Wingco | 2017-01-25 23:51 | お菓子 | Comments(4)
チョコとオレンジのシフォンケーキ ムースレアチーズケーキ
b0108544_6334820.jpg

20cmの大きなシフォンケーキ2切れ、プラスチーズケーキも2切れ。
ボリュームありすぎ!のひとりおやつ、しかもいまだにクリスマスモードで失礼いたします。

先週から学校も冬休みでゆっくりおやつを味わう時間もありません。
こちらはその前の週、今年最後のひとりおやつの模様です。
レアチーズケーキは大きさが違うだけではなく、色も微妙に違うのがおわかりでしょうか?
どちらもマイルドな酸味でしたので、手作りのレモンマーマレード、ビターとスイートをそれぞれに乗せてみました。









b0108544_63425100.jpg

一度にシフォンケーキ2種とチーズケーキ2種。
恒例になっていますが、お友達のお宅での集まりに、食べ比べていただくのが楽しみになっています。
カットしてお持ちしました。











b0108544_6353582.jpg

こちらは家族のために取り分けて置いた分

右側は、焼き芋のバターシフォンケーキ
前回のかぼちゃが少し大きすぎた気がしたので、焼き芋は存在感はあるものの、穴の開かない程度に...
を意識したつもりです。

なかなかよい感じに具が散らばってくれました。
しかもシフォン生地はきめ細かく、ふわっふわ。

左は、チョコチップとオレンジピールのシフォンケーキ
二種類の具、それもチョコチップは溶けてベタベタになるのでは...と心配しました。
かなり小さなチョコチップだったのです。

同じ20cmのシフォン型なのに、長さが違いますね。
もともとレシピも違って、生地量も違うせいもあると思います。
加えてチョコチップの方は具もかなり多かったので、最後混ぜ合わせる回数が多くなってしまったような気がします。
やはりメレンゲがつぶれてしまったのでしょうか? 
具沢山はやはり難しいですね。 次回は気をつけましょう。

それでもきめは細かく、味も良く。
食べ比べですが、いつもはバターシフォンの方が人気ですが、今回は男性4人には圧倒的にチョコシフォン。
女性4人、私以外は甲乙つけがたいけれど、チョコとオレンジピールの組み合わせがとってもよい~ということでした。
私はそれほどチョコを好まないせいもあるかもしれませんが、お芋とシフォン生地の一体感、
優しい甘さが気に入りました。
かぼちゃほどお芋って、見た目にも味に主張がなくて、みなさんの印象には残らなかったようです。











b0108544_636827.jpg

真っ白でつるっと、お豆腐のようですね~(笑)
よどみが無く滑らかにきれいにできて、自分では地味に喜んでいるのですが...

大きくて白い方はレアチーズケーキです。
クリームチーズの他に、水切りしたヨーグルトも使っていて、爽やか~
でもしっかり水切りしているので、酸味はそれほど強くなく、食感も軽すぎず、まったりとしています。

小さくてクリーム色の方はムースレアチーズケーキ
卵黄と牛乳でカスタードクリームのような物を作り、それにクリームチーズ、ホイップクリームを混ぜ合わせます。

男性4人はムースの方、女性4人は普通のレアチーズとはっきりお好みが分かれました!
面白いですね~
ムースチーズの方がコクがありますし、男性は酸味があまり無い方がお好みなのでしょうか。









b0108544_6365255.jpg

ハーニー&サンズのホワイトクリスマスティー。  
ブラックティーに対してホワイトティーと呼ぶ種類があるのですね。  葉が開く前に摘んでしまうそうです。
なので茶葉の色も薄めで、紅茶とは違った軽い感じ。 
アーモンド(香ばしさ)、バニラ(甘さ)、カルダモン(スパイシー)で風味をつけて、白いのはカモミールのお花です。  
すっきり、だけどどこか懐かしいクリスマスを思い出すような甘さもほのかに感じるフレーバーティーです。

今年もあと二日となりました。
お正月を迎える準備で慌しい中でも、好きなお茶でほっと一息。
リフレッシュしてまたひと働き!

一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-12-30 20:18 | お菓子 | Trackback | Comments(4)