タグ:シフォン ( 82 ) タグの人気記事
ミックスベリーチーズのケーク・オ・マフィン ヨーグルトミルクのシフォン
b0108544_251115.jpg

ミックスベリーチーズのケーク・オ・マフィン

小嶋ルミさんのレシピです。
そう、マフィンなのですよ。 
マフィン生地なのですが、18cmの丸い型で大きく、ケーキのように焼くのです。

三種のベリーを散らして、カラフルでかわいいケーキになりました。
ラズベリー、ブルーベリーと本当はカシスなのですが、冷凍でもカシスはこちらでは見たことがありません。
代わりにブルーベリーを使いました。
マフィンなので気軽に冷凍フルーツでよいのですが、せっかくフレッシュなベリーがいつでも手に入りますからね。










b0108544_253134.jpg

ルミさんのマフィンは、お友達のARIさんのマフィンと似ていて、ブラウンシュガーも使ったコクがあり、しっとりとしたマフィン生地。
上にクランブルを乗せるのも特徴ですね。

いつものマフィンよりちょっと贅沢に、発酵バターも使っています。










b0108544_1533986.jpg

中にはクリームチーズも隠れているのですよ!
とってもよいアクセントになっています。

ざっくりとしたマフィン生地なのが、断面からわかりますよね。
しっとりとコクもあるアメリカンタイプのマフィン生地に、ベリー類の酸味がとてもよく合い、
クリームチーズでまろやかな味。
その上、クランブルの香ばしさ! とても複雑で贅沢な味わいです。

これ以上、余計な添え物は必要ないでしょう。
美味しい紅茶さえあれば、私には幸せ...♪










b0108544_1532358.jpg

Harney&SonsのHarSha。
アッサムと2ndダージリンのブレンドティーで最近のお気に入り。

H&SはParisなどフレーバーティーの種類の多さで知られていますが、
こういう紅茶本来の美味しさを味わえるブレンドティーもたくさんあります。
そちらは日本では販売されていないようですが。










b0108544_235287.jpg

ヨーグルトミルクのシフォンケーキ
津田陽子さんのバターを使ったシフォンです。
いかにもヨーグルトを使った、に見える色の白さですね~
たまたま卵黄の白っぽい卵だったせいもありますが。

20cmの型なので、どっしりとした大きさですね。
でもシフォンそのものはとっても軽~いのですよ。










b0108544_154069.jpg

本当にふわふわと柔らかくて、厚めにスライスしても立っていられないくらい...










b0108544_1541893.jpg

キメも細かい!!

バターシフォンは、シフォンにしてはあっさりしすぎないというか、バターのコクもあって味わいも深いのですが、
ヨーグルトが入ることで爽やかになります。 酸味を感じる訳ではないのですけどね。

お気に入りの津田さんのバターシフォンの中でも、このヨーグルトを使ったシフォンは一番の好みかもしれません♪










b0108544_244572.jpg

マフィンケーキは、今週の火曜日に予定されていたクラフトの会にお持ちするために焼いたのですが、
残念なことに当日の朝、中止になってしまいました。
学校がお休みになってしまったからです。

前回の記事の最後に、雨のために月曜日が休校になったことはお話したましたね。
月曜日の午後には雨も止み、まさか火曜日までお休みになるとは思っていなかったのですが、
ヒューストンのあちらこちらでは、ますます浸水してしまった地区が増えていったようです。
道路も通行止めの箇所がたくさんあり、教職員の安全が確保されないということでお休みになったようです。

実際月曜日の朝には、中学校の先生が水の溢れた交差点に車で侵入してしまい、溺れて亡くなられたそうです。
朝登校する時間はまだ暗いので、水かさが増していたことに気がつかなかったのかもしれません。
おなじように7名もの方が車で溺れて命を落としてしまったそうです。

自宅の周りには全く被害もなかったので、小さな災害、と書いてしまいましたが、
全米のトップニュースにも取り上げられるほど、大事となってしまいました。
木曜日になっても床上浸水の家も1000件ほどあるとか。
何と学校は、今週いっぱいお休みとなってしまいました!

子供たちはもちろんみんな喜んでいて、タコもお友達の家に遊びに行ったり、
今日はテニスや運転のできるお友達にモールに連れて行ってもらったり、すっかり羽を広げています。
でも日本でしたら、いわゆる受験生ですので、もっと勉強して欲しいところです。


いろいろと落ち着かない一週間。
今日はプリンスの訃報にも驚いています。 残念です。
昔は好きで(ルックスではありませんよ)よくCDも聞きました。
横浜球場でのコンサートを思い出します。
背が低いと聞いていましたがステージでは大きく見えたものです。 

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ







[PR]
by Wingco | 2016-04-22 06:09 | お菓子 | Trackback | Comments(2)
いちごシフォン さつまいものフィナンシェ 塩レモン
b0108544_373788.jpg

20cmと17cmトールシフォン、こうやって並べてみると、大きさの違いがよくわかります。
高さは同じですが、トールシフォンはかなりスリムですね。

私は慣れているせいか、20cmのほうがふわふわな部分が多くて好きなのですが、
一切れのボリュームがありすぎるかも...
トールシフォンの方が細長くて、食べやすい大きさなのかもしれませんね。

シフォン2切れにフィナンシェまで。
ここは生クリームを添えるところですが、朝の気分はさっぱりと、甘さのない自家製カスピ海ヨーグルトでした。










b0108544_38368.jpg

さつまいものフィナンシェ
そう、形はミニパウンドですが、フィナンシェなのですよ。
小嶋ルミさんの、「おいしい生地」より。 最近またこのバイブル的な本を見直しています。
乗っているお菓子の半分ほどは作ったことがあったのですが、まだまだ作ってみたいお菓子が残っていました。
作ったことがあるお菓子も、どれももう一度作ってみたいと思いながら、そのままに...










b0108544_382644.jpg

ぷく~っと膨らんだところもパウンドケーキのようですね。
バターの焦がしは控えめに。 
上にはたっぷりの白と黒の胡麻、そしてバターソテーしたさつまいもを乗せました。

さつまいもを、生地に混ぜ込むのではなく、上に乗せるのですね。
そのさつまいも、バターソテーはするものの、それほど柔らかくしなくてよいということです。
食べてみると、なるほど、その微妙なさうまいもの食感がしっとりとしたフィナンシェのよいアクセントになります。
もちろん胡麻のぷちぷちも。

ぎっしり、乗せすぎ~見えるごまも...










b0108544_384256.jpg

一切れになるとほどよい感じ。
さつまいももっと乗せてもよかったかな?と思いましたが、その程度に抑えたほうが
フィナンシェの美味しさが引き立つのかもしれませんね。

もう少しくどい感じになるのかと思いましたが。甘さもそれほど強く感じず、ちょうどよい美味しさでした。
作った当日食べたより、冷蔵庫で数日寝かせた方が、甘さも落ち着いて、よりしっとり、美味しくなりますね。


おばあちゃんのいちごシフォン
なかしましほさんのレシピです。
ですから、きび砂糖のあっさりめのシフォン生地。
そこに、自家製セミドライいちごの甘酸っぱさが加わって、爽やかな春らしい美味しいシフォンになりました。

セミドライいちごは、スライスしたいちごを低温のオーブンでしばらく入れるだけで作ることができます。

以前いちごとヨーグルトのシフォンを作った時に、ヨーグルトで爽やかさは補えましたが、
やはりいちごは果物そのものの味わいがそれほど強くないので、シフォンに入れちょっといちごの印象が弱いかな~
と思ってしまいました。

セミドライいちごにすると、いちごの味と甘さが凝縮されて、そのまま食べても美味しいですし、
シフォンに入れれば、いちごの風味をしっかりと感じるシフォンになります。

ただ、二回目ということもあってちょっと油断が...(笑)
セミドライいちごを作ってからシフォンを作るまでしばらく間が空いてしまい、
いちごから水分が出てしまったようです。
そしてもっと細かく刻まなくてはいけなかったのに、大きくなってしまい、いちごの周りに穴が空いてしまった部分が...










b0108544_317083.jpg

ゆで小豆のシフォンケーキ
こちらは津田さんのバターシフォン。
とらも黄身の色が濃いたまごでしたので、シフォンも
以前作った時に、缶詰のゆで小豆は結構甘いので、コクのあるバターシフォンですから、
全体に甘さが強すぎるかな?という印象がありました。

今回も、シフォンにしてはしっかりとした味でしたが、それほどくどくはないし、小豆カステラのようで、
特に冷蔵庫で冷やしてもふわふわで、より美味しく感じました。


三種のケーキをざざっと詰めて、それと、先日作って美味しかったタピオカミルク餅
もまた作って、お友達のお宅へ...










b0108544_39119.jpg

私の作ったお菓子たちと、ホストのMさんが作ってくださった、シャンパンのしゅわしゅわフルーツゼリー。
素敵な器にテキトーに盛りつけたのは...私(笑)

ファイヤーキングのアンティーク。 
白い色にプレートもティーカップも四角というのが珍しいですね。
Mさんもお気に入りだそうです♪

タピオカミルク餅用に出してくださったのは、ロイヤル・コペンハーゲンのミニミニなお皿。
フルレースでこんなに小さいお皿、初めて見ました。  かわいい~!









b0108544_392639.jpg

順番が逆ですが、デザートの前にはこれまた素敵で美味しいお料理が並びました。
サーモンのポキ丼、クロワッサンのキッシュ、サテ、クリームチーズ揚げワンタン、クレソンのサラダ、
たくわんとかにかまのサラダ、お豆のサラダ。
この他にも、お豆腐の白和え風なお通し、アスパラベーコン、チーズ盛り合わせなどなど...ご馳走様でした!









b0108544_3163420.jpg

お庭はレモンの木があり、た~くさんのかわいいレモンが実をつけていました。
食べきれないから~といただいてきたレモンで、さっそく念願だったレモン塩を作りました。









b0108544_3161528.jpg

いただいたレモン、ぽちっと出た部分がかわいいな~とそのまま飾っておいたのですが、
二日目に気がつけば、くろいぽちぽちが~!
かびとかではなく、ちょっと変色しただけなので、問題はなさそう、と慌ててレモン塩にしました。

これも防腐剤とか農薬など使っていない、自然のままのレモンだからのことなのでしょうね。
貴重なレモンをありがとうございます!



熊本地震の被害についてはこちらでも報道されています。
早く余震が収まってほしいと願っているのですが、今もまだ大きな余震が続いているようです。
被害にあわれたみなさまがどんなにお困りか、
いつになったらみなさんが安心して普通の生活に戻れるのかと思うと、胸が痛みます。

こちらヒューストンでも、昨夜からのひどい雷雨が今も続いており、浸水する家屋や、道路にも水が溜まり、
あちらこちらで通行止めになっています。
ほとんどの学校もお休みになってしまいました。 なるべく家から出ないようにとのことです。
昨日通った交差点が水で溢れて、車が浮いている映像もありました。
熊本地震には比べようもない、小さな災害ですが、それでも不安に思います。

どうか早く余震がおさまり、被害がこれ以上大きくなりませんように...

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ







[PR]
by Wingco | 2016-04-18 23:59 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
なかしましほさんのグレープフルーツシフォン チョコモカクッキー
b0108544_2022983.jpg

ピンクグレープフルーツのシフォン
久しぶりになかしましほさんのシフォンケーキを作りました。
ピンクグレープフルーツの果汁と、細かくほぐした実も一個分、たっぷり入っています。

17cmですが、トールシフォン型を使いましたので、立ち姿もすらっと細身ですね。










b0108544_20222622.jpg

レモンなど柑橘系の果汁を使うと、モクモクと膨らみもよく、じゅわっとした食感のシフォンになります。

しほさん、ピンクグレープフルーツとわざわざ”ピンク”を指定していますが、そう言えば、
子供の頃食べたクレープフルーツは白っぽい実の色でしたね。
アメリカで普通に売っているのはピンクのものばかりなのですよ。
日本では白もピンクも両方売っているのでしょうか...?











b0108544_20251985.jpg

繊細な生地のシフォンケーキ、大きな具や水分の多い具を入れると失敗しやすいのですが、
それほど大きな穴も見当たらず、具もよい感じに散らばってくれてほっとしました。

果汁だけではなく、実も入ることでグレープフルーツの爽やかさが印象的です。
何よりもピンクのぷちぷちがかわいい~!
とシフォンを持参して参加したお茶会でも、みなさまにも好評でした♪

以前オレンジのシフォンを作った時は、オレンジ果汁とオレンジピールの組み合わせでした。
オレンジ果汁だけですと、オレンジの風味をそれほど感じないからピールも入れるのかと想像します。
ピールもよいですが、こちらでは美味しいオレンジピールは売っていませんし、手作りすればよいのですが、
タコはピールの苦味があまり好きではなかったりします。

オレンジも実をほぐして入れたシフォンはどうかな~と考えています。
しほさんのグレープフルーツシフォン、爽やかな美味しさがとても気に入ったので。











b0108544_23281583.jpg

しほさんのクッキーは見た目素朴なので家族用に作ることが多いのです。
バターを使っていないなどヘルシーな素材も多く、普段のおやつにぴったり!
食べればしみじみと美味しいですしね。

チョコモカクッキー
ココアとコーヒーも入って、色も真っ黒!
苦そう~と見た目思いましたが、確かに苦い!(笑)

コーヒーが苦手ですし、苦い味には弱い私ですが、これが結構おいしい~ 
コーヒーとココアがよい具合にマッチしています。 気に入ってしまいました。
きび砂糖が控えめに入っているだけで、甘みがあまりないところが、逆によいのかもしれません。

4mmと薄めでかりっと固めの食感も好きですし、周りのアーモンドもよいアクセントになっています。











b0108544_23283452.jpg

たまごサブレ
卵は黄身だけを使うので、味の印象も卵が強いです。
こちらも薄いのですが、さくっと食感は軽め。
なるほどたまごボーロと似ているかもしれません。

見えますか? バニラビーンズも入っています。
豆乳ときび砂糖の控えめな甘さ。
小さいお子さんには特に喜ばれるサブレだと思います。
小さくはありませんが、タコはこちらの方が好み。 ほとんど一人で食べました。










b0108544_23364472.jpg

呼んでいただいたお茶会の様子も少し...
アフタヌーンティーのスタンド、四角のガラスで三段...というのが珍しい~

お上品なティーサンドにクランベリースコーンは手作り。
トレジョーのマカロンにマドレーヌ(というお店)のフルーツタルトで華やかに。
奥に私のグレープフルーツシフォンもちらっと見えています。











b0108544_23361770.jpg

お皿にお花が咲いています♪
春らしく華やかな食卓で、素敵なおもてなしを頂きました。 
たくさんの紅茶も入れてくださって、ありがとうございます!

チキンやグリルしたかぶやブロッコリーなど具沢山のサラダ、バジルドレッシングも美味しかった!
この後出てきた苺のレアチーズにはフレッシュな苺のソースもたっぷり。
春にはぴったりの爽やかな最高のデザートでした。
御馳走さまでした♪

私もシフォンのほかに、奥に写っているパンも作りました。
そして真ん中のチョコがかかっているケーキも、これは買ってきた物ですが、とても大きかったので半分お持ちしました。










b0108544_20275614.jpg

ボストン・クリーム・パイと言います。
以前、「アメリカのケーキにしてはそれほど甘くなくて、日本人向け...」と聞いたことはあったのですが、
実際売っているのを見たことがなくて、食べたこともなかったのです。

それがセントラル・マーケットという、ヒューストンでは一番のグルメスーパーに並んでいたのです!
どんなものでしょう~?と買ってみました。

スポンジは真っ白。 
しっかりとした食感なところも、多分卵白だけを使った、エンジェルフードケーキのようなものだと思います。
中にはカスタードクリームがたっぷり。
上には苦味の効いたチョコのコーティング。白い模様も描かれていてきれいだったのですが、
ラップをかけたのがいけなかった! べったりくっついて剥がれてしまいました~(泣)

ボストン発祥のお菓子なのか、パイとあるのに何でスポンジを使ったケーキなのか...
はわかっていませんが、アメリカのケーキ(パイ?)にしてはよい感じのお菓子でした。









b0108544_20281691.jpg

翌日のお楽しみおやつ♪  紅茶はピーチ&ジンジャー。

冷え性によいと聞いてから、紅茶にすりおろしたしょうがとハチミツを入れて飲むこともあり、
ぴりりとしょうがの辛味が効いた紅茶は好きでしたので期待したのですが、
クリスタル・ジンジャーの風味にくせがあり、それが強いもので、ドライピーチの甘さとあいまって、
あまり好みではありませんでした。
容器は黄色でかわいいのですが...お好みも人によって違いますのでお好きな方もいらっしゃることでしょう。

今日もたくさんのお菓子に囲まれて、幸せ~!
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ







[PR]
by Wingco | 2016-04-05 23:59 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
シフォンサンド 運動会のお弁当2016
b0108544_5324055.jpg

シフォンケーキはよく作りますが、シフォンサンドを作るのは初めてのことです。

シフォンケーキのスライスに切り込みを入れて、ホイップクリームを絞り出すだけのことなのですが、
私の好んで作るシフォンは、とても柔らかくて軽いものなので、クリームの重さに耐えられないのでは?
と怖くて作れませんでした。

しかし、日曜日に行われた商工会ソフトボール大会のおやつ、去年好評だったカステラの代わりに、
今年はシフォンサンドにしよう~と思いたってしまったのです。

こちらは冷蔵庫に残しておいた方。 
いつものように翌日頂いた、私の楽しみおやつ。

数をたくさん作りたかったので、一切れが薄くなってしまいました。
ふたつで支え合って、何とか立っています。
もちろん量を多くするために20cmの型で焼いたのですが、
数が増えるというより、一切れが一回り大きくなってしまうのですね。
シフォンサンドには17cmの方が、すらりとしてちょうどよい大きさになりそうです。

今日のお茶は、赤みが強いと思いませんか?
紅茶ではなく、ルイボスティーです。










b0108544_534627.jpg

ハーニー&サンズのアフリカン・オータム。
ルイボスティーはアフリカ原産なところからついた名前でしょう。

オータムは...クランベリー風味だからでしょうか?
独特のくせがあるルイボスティーですが、クランベリーとオレンジピールの爽やかな風味がプラスされて、
とても飲みやすくなっています。

それでも私はルイボスティーが苦手なので、あまり好みではないのですが、
先日のお茶会では、みなさんに好評でした。
ポリフェノールたっぷりでカフェインは入っていないので、健康にもよいようですね。










b0108544_6142515.jpg

日曜日のソフトボール大会のお昼、今年も7名による持ち寄りのお弁当でした。
選手と家族、合計30人ほどの人数用ですので、全部並べると豪快ですね。

私のシフォンサンドもどこか...おわかりですか?










b0108544_543122.jpg

コロッケ、筑前煮、ハンバーグ、鶏のからあげ、枝豆。 どれも大量~、そして美味しそう!
他にもみなさんの作ってくださったおかずは、鶏つくね、ポテトサラダ、チキンソテー、春巻き、白菜の浅漬け、
キュウリの漬物、フルーツいろいろ...










b0108544_632224.jpg

おにぎりもずらり。 おこわ風炊き込み、チャーハン、ひじき、きのこ、鮭、こんぶ、おかか、梅干...
おにぎりの内容は打ち合わせ無しでしたが、同じ物がかぶらないのが不思議~!(笑)
奥の焼きそばパンも人気。 ミニキッシュもありました。

みなさま、御馳走様でした♪










b0108544_5315122.jpg

私の作ったは向こう側2つの容器に入ったもの。
いなりずし、玉子焼き、ポテトとソーセージのローズマリー風味、えびしゅうまい(冷凍品でごめんなさい!)
ハムコーンパン、ソーセージパン。
深い容器なので二段、三段に入っています。

朝早い出発でしたので、時間がなく、入れ方もぞんざいになってしまいましたね。
いなりずしの袋詰めはダダとタコに頼んだのですが、ふと見ると、おあげに寿司飯をスプーンで入れているではないですか!
びっくり~@@
ダダには去年も頼んだのでてっきり大丈夫だと思ったのですが、
「そんなの一年も覚えてないよ~ 最初に教えてよ~」と言われてしまいました。
タコも、「何か変だな~と思ったけど、こういうものかな~って。」
気がついた時にはほとんど作り終えていたので、そのままに...(笑)

普段全くキッチンに立つ事のない二人。 これではいけませんよね。
特にタコは家を出る日も近づいているので、少しずつでも教えないと。


去年の大会に比べると、種類は少なくなっています。
去年は打ち合わせなしで、ただ単身者の分も含めて多めに作って来てくださいということにしたのですが、
みなさん、たくさんの種類を作るのが手間だったかと、今年は一人2品の分担を決めて、
それぞれの量を多く作りましょうということにしました。

それでもみなさん、3品、4品...とたくさん作ってきてくださって。
私はちょっと手抜きしてしまったかな~と反省しています(花粉症が酷かったから...と言い訳)。










b0108544_554068.jpg

プレーンの方は、津田さんのバターシフォンなので、少しはしっかりとしていて、サンドにしても大丈夫でしたが、
チョコの方は、溶かしたチョコレートが200グラムも入った濃厚チョコシフォンでしたので、
味はとてもよかったのですが、手で掴んだだけでも潰れてしまいそうに柔らか。
サンドにするのは諦め、高さも半分にカットして詰め込みました。


タイトル、「運動会のお弁当」については去年も触れましたが、案の定、去年も補習校の運動会は
マーチングバンドの大会と同じ日になり、参加することができませんでした。
きっと今年の運動会も出られないことでしょう。
それでもこのソフト大会で、まるで日本にいるかのようにスポーツのイベントを楽しむことができ、
みなさんと手作りのお弁当を味わうことができるのは、とてもありがたいことと感じでいます。

来年でタコが参加できるのも最後になりますが、よいお天気の下みなさんとまた楽しく応援できますように、
できれば3年ぶりの決勝進出も期待しています!
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ







[PR]
by Wingco | 2016-04-03 00:00 | お弁当 | Trackback | Comments(3)
かぼちゃのシフォン あんずのフィナンシェ キャベツとかつおぶしのおやき
b0108544_0261816.jpg

今週は一週間学校が春休み...ということもあって、先週の金曜日の夜からフロリダに出かけていました。
急に決まった旅行でしたので、ホテルの予約も前日、ばたばた~っと準備をしていたので、
ほぼ書きあがっていたこの記事も、もう少しだったのですが、更新出来ずに出かけてしまいました。

日曜日からは、早くも夏時間が始まり、一気に春がやってきた雰囲気です。
ちなみに、夏時間のことをアメリカではDaylight saving timeと呼びます。
本当に、一時間ですが日の入りが遅くなり、7時でも明るいと、何となく得をしたような気分になりますね。

今回のお茶もお菓子も、写真からもおわかりでしょうが、まだ冬のイメージです。
いつも季節遅れになってしまって...
お許しくださいね。










b0108544_027179.jpg

今回のHarney&Sonsのお茶はWinter White Earl Grey
そう、冬にぴったりのお茶だったのです。
水色の缶もすっきりと素敵です。

茶葉の色も薄くて、黒や茶というより、シルバーや緑がかっています。
白茶をベースにしているので、お茶の味わいは軽いのですが、ベルガモットがとても効いていて、
缶を空けると、キューンと鋭い香り。
冬の寒い朝にぴったりの、目の覚めるようなシャープなお茶です。
味というよりも香りを楽しむ印象です。










b0108544_0271771.jpg

パン二種類とシフォンとフィナンシェ、最初全部お皿に乗せてみると、ちょっとボリュームありすぎ?

かと最初の写真のように半分にしてみたのですが、結局美味しくて、こちら全部を平らげてしまいました(笑)










b0108544_634819.jpg

かぼちゃのシフォン
小沢さんのレシピはどれも美味しいですが、特にこのかぼちゃシフォンは大のお気に入りです。
生地にもマッシュしたかぼちゃが入っていて、自然なかぼちゃの甘い風味に、よりしっとりとした食感がたまりません!

繊細なシフォン生地に具を入れるのは、沈まないか、大きな穴があかないか、心配になります。
今回は特に、かぼちゃは重さもありますし、少し大きめにも切ったので、自分ではちょっとチャレンジ気分でした。
よい感じにかぼちゃが散らばり、理想的な断面になったことでも喜んでいます♪











b0108544_055572.jpg

相変わらず雑な型出しですが、一応、全体像も...











b0108544_0544537.jpg

この前のアイスクリーム作りで卵白が余りましたので、消費のために、
あんずのフィナンシェ
小嶋ルミさんの「おいしい生地」から、久しぶりのお菓子です。

ルミさんの普通のフィナンシェとは少し作り方が違い、バターの焦がし具合も浅めに、
淡白は軽くホイップさせて、ふわっとした生地に仕上げたいとのことです。

見た目もフィナンシェというより、マドレーヌに近くはないですか?
少しバターの焦がし具合が足りなかったかもしれませんね。
食べてもマドレーヌとフィナンシェの中間といった印象です。

アーモンドパウダーが入ってしっとりとしたフィナンシェなことには変わりないのですが、
少し軽さがあり、特にアプリコットの甘酸っぱさがバターの重たさを和らげてくれます。
アプリコットが入ることで、単調さがなくなり、これは「厚みのある型で」というのも納得です。
三種類の型を使いましたが、10センチのタルト型で大きく作ったのが一番合っていると感じました。











b0108544_0273138.jpg

キャベツとかつおぶしのおやき
千切りキャベツの塩もみにかつおぶしをたくさんまぶしただけ、と本当に簡単な具です。
ちぎった梅干を入れるのが味の決め手ですね。

あっさりしていますが、これは私の好みの味です。 パンにも意外に良く合いました。
おやきの焼き方、今回はつぶれすぎずに、パンもふっくらと焼きあがったのも嬉しい~♪


高菜とクリームチーズのプチパン
本当は普通の丸パンなのですが、おやきと一緒に焼いたので、こちらもおやき風に少し潰れてしまいましたね。

高菜漬けだけでは塩辛さが際立ってパンにはどうかな?、と思いますが、クリームチーズでまろやかになりました。
あまり漬物は好まないので、今度作る時は高菜少しにクリームチーズたっぷりにしたい感じです。










b0108544_12926.jpg

今回の組み合わせ、いつものクラフトの会でのランチのために作りました。
朝9時すぎには家を出なくてはならないので、いつも朝はどたばたしてしまいます。
お菓子は両方共前の日に作っておけるものですし、パンも冷蔵庫でのゆっくり発酵なので、朝は成形から焼き上げるまで。
いつもよりは余裕があったでしょうか...

思ったとおりに事が進むと、嬉しいものですね!
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ







[PR]
by Wingco | 2016-03-17 22:05 | お菓子 | Trackback | Comments(2)
オレンジのバターシフォン 黒糖ラムレーズンロール コーヒーバナナアイス
b0108544_2355220.jpg

遅くなりましたが、先日のお茶会、お菓子編です。

たくさんの種類のお茶を飲んでいただきたいので、小さめの日本のカップを選びました。 本当はコーヒーカップなのですけどね。
ナルミの定番ミラノシリーズ。 
懐かしい~!と思ってくださる方も多いのではないでしょうか。

洋食器ながらも、青の濃淡の色使いや梅の花の模様がどこか日本を感じさせます。
色使いはシンプルで落ち着きがありますが、金使いで華やかさもあって...好きなのですよね~










b0108544_23591791.jpg

紅茶はエレガンスな器に合わせて、タイタニック・ブレンドを選びました。
いつものハーニー&サンズのものですが、イラストのパッケージもユニークですよね。

タイタニックの事故から100年を記念して、当時に存在した、キーナン(中国紅茶)、アッサム、セイロン、ウーロン
をブレンドしたそうです。
そう言われると、どことなく上品な味わいに思えてきます(笑)
お茶の色も、少し明るめな琥珀色がきれいですね~

とてもバランスのよい、穏やかな味わい。
渋みも少ないので、どなたにも好まれるのではないでしょうか。
お茶会でもみなさんに好評でした。
私にはもう少し、香りにも味にも個性がある方が好みかもしれません。










b0108544_23552030.jpg

黒糖とラムレーズンのロールケーキ
多佳子さんの「和風の焼き菓子レシピ」から。
黒糖を使っている別立ての生地が弾力があって、ちょっと蒸しパンを思い起こさせる味わい。
刻んだラムレーズン入りのクリームととってもよく合います!
見た目は地味かもしれませんが、これは以前にも作って印象に残っているお気に入り。

多佳子さんの、洋菓子なのだけれど、和風の素材を取り入れたお菓子、ほっとする美味しさで好きです。










b0108544_2355374.jpg

オレンジのシフォンケーキ
こちらもお気に入り、津田陽子さんのバターを使ったシフォンケーキです。

バターを使うと、焼き色もしっかりついて、オイルのシフォンとは外見も違いますね。










b0108544_2356396.jpg

シフォンケーキには水分はそれほどたくさんは使いませんので、オレンジジュースだけではそれほどオレンジの味は感じない...

でも、安心してください!
たっぷりのオレンジピールが入っていますので、とってもオレンジの香り高い、爽やかなシフォンになっています。
クオカで買ったとっておき、フランス製のオレンジピールですよ!
この1個のために全部使ってしまいました。 見た目よりたくさん入っています。

オレンジのパウンドケーキもよいですが、シフォンの食感の軽さはまたよいものですね。
バターのコクがあるので軽すぎないし、ふわふわだけどしっとりとした食感も大好きです。










b0108544_23565849.jpg

今回も、アイスクリーム、ジェラート、シャーベットの三種作りました。
一応、3種、彩りとか味わいが重ならないように、バランスを考えて作っているつもりですが、
いかがでしょうか...?










b0108544_23571628.jpg

コーヒーバナナアイスクリーム
潰したバナナが入っているところがユニークです。
よりまったりとした食感になります。
手作りアイスはさらっとした食感になりがちですが、このバナナによって、市販のアイスに近くなりました。
コーヒーはそれほど強くなく、コーヒー牛乳にバナナの風味といった感じ。 タコでも大丈夫でした。


豆乳ときび砂糖のジェラート
しょうがの絞り汁も入って、ぴりっとしています。
卵を全く使わず、水あめでとろみをつけているのですが、やはりしゃりしゃりとした食感ですね。
さっぱり和の雰囲気ですが、私には少しあっさりしすぎた印象です。


ラズベリーシャーベット
こちらも水あめを使ってとろみをつけています。
上の豆乳ジェラートよりはとろっとシャーベットらしくなっています。
何も混ざり気のない、ラズベリーのストレートな美味しさを堪能できます。
あっ、勝手にラズベリーリキュールも入れてしまいました。 香りも最高!

裏ごしするのが、結構大変~!
ラズベリーも二倍量の600g使ったのですが、タネの部分が結構あるものなのですね~
出来上がりは結構少なく。贅沢なシャーベットです。










b0108544_23573359.jpg

昨日の楽しかったお茶会のことを思い出しながら、反省もふまえて、一人じっくり味わうこの時間が、最高に幸せ~


>↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ







[PR]
by Wingco | 2016-03-07 23:59 | お菓子 | Trackback | Comments(2)
抹茶ミルクのバターシフォン りんごのロールケーキ
b0108544_6325341.jpg


前回のお話、ホールの姿だけしか撮れませんでしたが、シフォンも半分だけお持ちしました。
大きショートケーキもありましたし、カップデザートもあって、シフォンは余計かな?と半分にしたのですが、
今回は他の方からのデザートがチーズケーキだけということもあって、シフォンもすぐに売り切れてしまいました。

打ち合わせ無しのポットラック。みなさんがどういうものをお持ちになるのか、重ならないといいけど...
と何を作るのかは悩むところです。
時によっては、ごはん物ばかりだったり、デザートばかりだったり、なぜか気の合ってしまうこともありますよね。

そして翌日のおやつタイム。
前日は私の口に入らなかったシフォンとブランマンジェをゆっくり味わうことができました。 幸せ~♪

シフォンケーキには、この流れるくらいゆるゆるにたてた生クリームを合わせるのが好きです。
大きなブラックベリーも甘酸っぱさがしっかりと感じる美味しいものでした。

ブラックベリー、アメリカではラズベリーやブルーベリーよりも御値段もお安く、一年中出回っています。
日本ではどうでしょう?
でも味も素っ気無い印象で、お飾り以外には進んで買い求めることはなかったのですが、
御友達から、「味がない時は、そのまま常温で置いておくと熟してきて甘くなるのよ~」とお聞きしました。
試してみると、その通り!
ラズベリーなどは一刻も早く食べないと、すぐにカビが発生するのでベリー類はそういうイメージでしたが、
ブラックベリーは違うようです。

熟したブラックベリーは甘みだけでなく、酸味もしっかりとしていて、口に入れるとぷちぷち感も楽しい~♪
そのままで食べるのでしたら、ブルーベリーよりも好みかもしれません。










b0108544_6332063.jpg

抹茶ミルクのシフォンケーキ
津田さんのバターシフォンです。 もちろん20cm。
抹茶の緑が鮮やかに出ました。 牛乳が入っているせいでしょうか?
抹茶が入るとメレンゲが潰れやすい、しかもバターシフォン...失敗したらどうしよう~と不安もありましたが、
高さもでましたし、私にしてはよく出来た方だと思っています。










b0108544_6342058.jpg

型外しも、特にいつも雑になりがちな底の部分がきれいにできたのに...
なぜか前回のホールの写真は上向きでしたね。

バターシフォンはふわふわだけではなくとてもしっとり、じゅわっとした食感も好きです。
抹茶の苦味も牛乳とバターの風味でマイルドになります。
実は抹茶を使ったお菓子って、コーヒー同様それほど好みではないのですが、このシフォンは大好きです♪










b0108544_6343816.jpg

人参のシフォン
こちらは小沢さんのオイルを使ったシフォン、手はずしも上手くできました。
いつも健康に気遣っているお友達Tさんに、おすそ分けしたいと思って作りました。










b0108544_6345720.jpg

冷ます時間があまりなくなってしまい、まだ温かいうちに慌てて切ったら、断面くっついて見た目ぼろぼろ~(泣)
高さがいつもよりも出なかったし、少し失敗気味だったのかもしれません。

人参のすりおろしがたっぷり入っています。
粗めにおろしたほうがよいとあってのでそうしたのですが、結構人参の食感がそのまま~な気がしました。
もちろんおろしてあるのでそれほど気にはならないのですけどね。

人参のクセを消すために、レモン汁と皮のすりおろしも入っています。
なるほど、人参のクセはなく、甘さだけを感じます
キャロットケーキもそうですが、人参が入るとふわふわながらもしっとり、少しもっちりの食感にも思えますね。
よそ行きの美味しさではないかもしれませんが、人参で体がしゃきっと、食べて元気になりそうな、
普段のおやつらしいシフォンです。











b0108544_636022.jpg

りんごのロールケーキ
久しぶりのロールケーキ、くるくるっとまん丸に、上手く巻けてよかった~♪

小嶋ルミさんのロールケーキは生地も厚めで大きいのですよ。
巻く時も重量感があって、よいしょ~っと生地を持ち上げる感じです。

見た目は地味なのですけど、と~っても美味しい!
りんごの角切りコンポートを巻き込むのですが、レモンの酸味も効いて、コンポートそのものが最高なのです。
もちろん手作りなので甘さも控えめで、煮る時間も驚くほど短い。
りんごの新鮮さは活きているのですが、風味は凝縮されているのです。










b0108544_6363086.jpg

珍しく焼き色がきれいについて剥がれなかったので、外巻きにしたのに、
お天気の悪い日だったこともあり、写りがぼんやりとしてしまいましたね。
生地にはバニラビーンズも入っているのですが、見えるでしょうか?

リッチな生クリームのケーキにリンゴの爽やかさがベストマッチ!
果物の種類も少し寂しくなる冬ですが、このりんごのロールケーキなら作りやすいですし、お勧めです!
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-01-30 23:54 | お菓子 | Trackback | Comments(8)
煎茶のカップケーキ ラムレーズンのアイスクリーム
b0108544_10281383.jpg

アラバマからの友人夫妻のために用意した、去年のクリスマスの大人な(と言うより地味な)お菓子たち。
その時に持って来ていただいた自作の器に乗せて。 シックな雰囲気になりました。

こちらの記事にフルーツケーキとジェラート2種は載せましたが、それ以外はまだでしたので。











b0108544_10285831.jpg

渋皮栗のケイク

津田さんの「100のおやつ」より。
栗の渋皮煮は細かく割っていれるのだけど、欲張ってその他に丸のままごろごろと入れたのですが、
そのせいか、時間が経って、外は焼けているように見えたのに、型から外したら中がまだでした。
急いでまた型に入れて焼いたのですが、一部崩れて大失敗!

アーモンドパウダー、生クリーム、ハチミツ、ラム酒といろいろ入ってしっとりと、とっても美味しいケーキだったのに、
見た目が悪くて残念~ リベンジしたい!


ココナッツミルクのシフォン

こちらも津田さんのバターシフォン。  こちらは安定の美味しさ。
ココナッツミルクと牛乳も使うので、それほどココナッツミルクの香りは強くなく、コクが増す程度。
ヨーグルトを入れた時と似ていますが、膨らみも弾力も増すように思えます。
普通のオイルシフォンよりもしっとり、じゅわ~とした食感がバターシフォンの特徴でもあるでしょうか。

バターシフォンは初めて、という友人夫妻にも気に入っていただきました。
「さっそく家に帰ってから作りました~(ご主人が!)二度目で成功!(さすが!)美味しかった~」
という嬉しいメールをいただきました。 ありがとう~♪










b0108544_11203455.jpg

ラムレーズンのアイスクリーム

ジェラート、アイスクリーム、シャーベット―ライト&リッチな45レシピ (セレクトBOOKS)

柳瀬 久美子 / 主婦の友社



お酒好きな友人にはもってこいかと、自家製ラムレーズンたっぷりのアイス。
卵黄の黄色が鮮やかで、見た目もきれいに出来上がっていますが、味も最高!
手作りアイスは変にベタベタしませんし、コクはあるけれどさらっとした後味なところも好きです。

ずっとレーズンものは苦手だったタコにも美味しかったようです。
少しは味覚が大人になってきているのでしょうか...










b0108544_11205256.jpg

新しいアイスクリーマーを買ったので、嬉しくて立て続けに3種作りました。

柳瀬さんの本では、卵を使うのはアイスクリーム、使わず牛乳と生クリームだけなのをジェラートと定義しているようです。
もちろん一般的には卵を使ったジェラートもありますが。

という意味ではアイスはラムレーズンだけで、ホワイトチョコとラベンダー、抹茶と柚子はジェラートになります。
色合いからも何となく、ジェラートはあっさりとした感じに見えますね。

抹茶と柚子の組み合わせも意外によかったのですが、やはりラムレーズンのアイスが一番好みでしょうか。
ラムレーズンというより、卵を使ったアイスのおいしさ。
抹茶と柚子もアイスでも作ってみたいものです。










b0108544_10302067.jpg

抹茶のカップケーキ

多佳子さんのレシピ。
カップケーキとありますが、作り方は卵別立て、シフォンケーキに似ています。
なので、冷めるとしぼんで、何だかぱっとしないように見えるかもしれませんね。

クリームやアイシングなどでカバーすれば華やかになるのでしょうけれど、うちおやつ用なので、そのままで十分!
シフォンと違って小さく焼くので、焼き時間も短く、ささっと作れて、ぱぱっと食べてしまいます。










b0108544_10303798.jpg

断面を見れば、やはりシフォンに近い!
でもバターを使っているので、ふわふわながらもバターのよい香り、抹茶よりも主張しすぎない御煎茶の香りも、
普段のおやつにはぴったりです。

何より嬉しいのは、焼き立ての熱々、ほわんほわんなところを味わえることです。
シフォンと違って冷めるまで待たなくてもよいですからね!











b0108544_10305250.jpg

オーブンから、超速攻で取り出して、撮った一枚!

スフレのように膨らんでいます。
すぐに、あ~っという間にしぼんでしまうのですけどね~

熱々の(シフォンのような)カップケーキ、最高ですよ!
みなさまもお試しを~
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-01-19 23:59 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
初焼きはコーヒーマーブルシフォン ミルクティーバターシフォン
b0108544_8392968.jpg

新年の初めに、今年こそいろいろと、新しいお菓子にも挑戦してみたい!
と意欲だけはい~っぱいなのですが...

2016年の初焼きは、いつものシフォンケーキとなってしまいました。
それでも、こちらの真ん中の三切れのコーヒーのシフォン、小沢のり子さんのレシピでは初めてです。

あまりはっきりとしたマーブルとなっていないのは、両方の生地もコーヒー味となっているからです。
つまり、全体にコーヒーの味わいなのですが、部分的に濃~いコーヒー味。
かなり大人味のシフォンです。 (私がコーヒー苦手な子供味覚、というせいでもありますが。)

両脇のニ切れはミルクティーのシフォンケーキ
何度も作っている津田さんのバターシフォン。 大好きな、私の鉄板レシピ!です。

牛乳で煮出したアールグレーが香り高く、バターのコクで味わい深くなります。
きめ細かくしっとりとなるのもバターシフォンならでは。
茶葉を入れないところも気に入っています。 細かくしても何となく舌触りが気になってしまって...
見た目は茶葉が入った方が、アクセントになってよいのかもしれませんけれど。










b0108544_8395674.jpg

両方とも20cmの型。夏に20cmの型が二つに増えたので、続けて作ることができました。
20cmですとずんぐりした形でかっこよくはないのですが、ふわふわした部分が多く、
やはりシフォンは大きく作るほうが好きです。

またもや型出しが雑に、ひどい姿になってしまいました。 
せっかく美味しく出来たのに、いつも最後のつめが甘すぎ!(笑)

二台とも、月曜日に遊びに来て頂いたお友達のリクエストで作ったのですが、
ランチに引き続いてのお喋りが楽しくて、気がつけばお帰りの時間に。
もともとシフォンは御家族にお持ち帰り用で焼いたのですが、型出しもしていなくて、
慌ててざざっとナイフを入れたらこんな姿になってしまった...という訳です。

写真もキッチンでぱぱっと撮って、中がちゃんとマーブル模様になっているか心配でしたが...










b0108544_8403538.jpg

何とかマーブルに見えなくもないかな~と一安心。
焼き上がりの高さがいつもより1cmも低くて、やはり生地を取り分けて、片方にはコーヒー液をさらに混ぜたり、
それを戻して混ぜたり...と生地をいじる回数が増えたことで、中の状態が心配だったのです。
マーブルシフォンは反省点がありますが、何とかお渡しできるシフォンを焼くことができてよかった!

オイルシフォンの軽さと、バターシフォンのしっとりとコクのある風味と、違いを楽しんでくださいね♪









b0108544_841287.jpg

2015年の焼き納めは、こちらも普通に苺のショートケーキでした。
左側の写真の一番奥の、何だかかっこ悪~いもの(笑)です。

大晦日のポットラック、12人用に大きく18cmの二倍量で作ったのですが、
型が大きくて生クリームも700ml立てても上に絞り出す分がなくなってしまいました。
苺も2パックでも足りずに、ラズベリー、ブルーベリー、ブラックベリーをざざっと乗せただけ。
おまけにいつもと違ったレシピを試してみたら、今ひとつ。 
後でダダとタコにダメ出しされてしまった~(泣)

みなさんの作って来ていただいたデザートが素晴らしくて、助けていただきました!
いろいろなフルーツいっぱいのクラッシュゼリー、
チーズケーキは湯煎焼きで、濃厚な美味しさながらとてもしっとりと滑らか、
そして抹茶のケーキは、抹茶スポンジ、プレーンムース、抹茶のムースと三層になっている、
手間のかかった本格的で美味しいケーキ!

美味しいお料理もまたまたたくさんお持ちいただいたのですが、いつもながらばたばたして、
食べかけのこの一枚しか写真が撮れていなくて、すみません!

スパムおにぎり、トマトとモッツァレラのパスタ、キッシュ、御赤飯、タイ風春雨サラダ、
ほうれん草のホットサラダ、鳥のから揚げ、大学芋...私はちらし寿司とたこ焼き、そしてアイスクリーム三種。
お餅も途中でつきあがったのですが、他にもディップやチーズ、チョコやクッキー類など、
買ったものもたくさん並んでいたこともあって、もうおなかに余裕もなくなり、みなさんにはお持ちかえり頂きました。








b0108544_8415493.jpg

年明けには毎年のように集まっていたのですが、大晦日に集うというのは久しぶり。
コロラド時代は毎年のことでしたので、久しぶりに賑やかな楽しい年越しとなりました。
(テキサスでは年越しに花火がばんばん上がって、テレビの音もさえぎるほどなのですよ。)

紅白歌合戦を観るのは5年ぶり!という方もいらして、感激しながら観ていただけたのも嬉しかったです♪
みな少しずつ歳が違うので、懐かしく思い入れのある歌手も、それぞれ違いがあったり、
歌よりもみなさんの反応やつっこみが面白かったです(笑)










b0108544_8423024.jpg

深夜にも一度食洗機を回したのですが、睡魔には勝てず、残りは翌日に持ち越し~(笑)

元日の朝には、昨夜の後片付けから始まる...ということになってしまいましたが、
きれいになった食器を仕舞う、というのも気持ちの良い時、ではありませんか~

楽しかった大晦日ですが、おせち料理が簡単なものになってしまったことだけは反省しています。
タコと過ごせる御正月も来年で最後かもしれませんし、次回こそ気合をいれて...!?

一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-01-08 11:28 | お菓子 | Trackback | Comments(6)
リリエンベルグのフルーツケーキ 生姜のシフォン オーケストラのクリスマスコンサート
b0108544_271383.jpg

クリスマスも間もなくですね。

いつもとあまり変わらない内容のおやつタイムですが、この季節ならではのマグとトナカイのサンタさんたちと一緒に、
気分だけでもクリスマス♪









b0108544_2104466.jpg

今日の紅茶はハーニー&ソンズの、その名も”Holiday”。
この時期にぴったりですね。 内容も賑やかです。

ブラックティーに、クローブ、シナモン、ヴァニラ、アーモンド、オレンジピール、それに赤い細かい物は、
サフラワー(紅花)。
スパイシーですが、それほどきつくはなく、どこか懐かしいような、暖かい風味。
冬の日の、家族団らんの雰囲気にも似た印象のフレーバーティーです。









b0108544_275846.jpg

9月に仕込んだドライフルーツのラム酒漬けを使って、フルーツケーキを作りました。
ラム酒漬けもケーキもリリエンベルグさんのレシピです。

パウンドケーキを作るのは、以前にいつ作ったのかわからなくなるぐらい久しぶりでしたが、
膨らみもよく、ぱっくりと割れてくれて、よい感じに焼きあがりました。
焼き上がりにシロップ、その上にまたアプリコットジャムも塗るので、きれいな照りが出ています。










b0108544_282125.jpg

18cmのそれも深さのあるマトファーのドロワ型を使ったので、どっしりと迫力のある焼き上がりです。
シフォンもそうですが、何でも大きく焼く方が、中のふわふわな部分が多くて好きなのです。

本では14cmと小さ目のパウンド型2つ使って小さめに焼くようです。
お店に並んでいるケーキもその大きさでしょうか?









b0108544_285811.jpg

きめ細かく、しっとりとした生地。
フルーツの分量も、多すぎず少なすぎず、よい具合でした。

こういう細かく刻んで生地との一体感を味わうフルーツケーキもよいですが、
このラム酒漬けのドライフルーツが美味しいので、今度はごろごろっと大きなままで入れてみたいと思っています。
ダークラム酒に漬け込んだので、みな黒くなってしまいましたが、
レーズンのほかにも、クランベリー、アプリコット、フィグ、それにナッツも。

私にはナッツの固めの食感が、気になるようにも思ったのですが、
食べていただいた方には、「そこがまた良いのでは?」とナッツに好意的な感想をいただきました。
でもやはり私には、くるみはよいけれど、ヘーゼルナッツとアーモンドはどうかな~とまだ思っています。

それから、フルーツケーキですの、甘さはそれなりにしっかりと感じます。
それ以上、外側にシロップやジャムを塗るのが余計な気がしてしまいます。
確かに見た目はつやつやと良くなるのですけどね。

作った翌日に食べてしまったので、もう少し寝かせれば甘さも落ち着いて違った印象を持ったかもしれません。

やはりフルーツケーキはこの時期ならでは。
日持ちもしますし、たくさん作って、しみじみ少しずついただきたいものです。
以前はシュトレンを作ったこともありますが、私にはフルーツケーキの方が好み。
あっ、クグロフは作りたいですね。 もちろん生ケーキも...間に合うでしょうか??









b0108544_291738.jpg

もう一つはやはりシフォンケーキ。
スリムシフォン型を使って、今回は生地量もしっかり普通の17cmより多めにしたのですが、
思ったよりもかなり膨らみました。 多すぎたのかな?

この写真は冷めてから撮ったので、少し落ち着いていますが、真ん中の芯の部分が隠れるほど、膨らみました。
後半は、溢れるのではないかとずっとハラハラ~
結構、溢れないでがんばっているものなのですね(笑)









b0108544_294069.jpg

生姜のシフォンケーキ
小沢のり子さんの本から。 細か~く刻んだ生姜は一週間はちみつに漬け込みました。
漬け込むことで辛すぎず、でもぴりっと生姜らしい風味が効いて、シフォンの甘さを引き締めます。

ハチミツが入ると、よりふわふわで柔らかいシフォンになります。
いつもより空気感のある感じなのが、わかっていただけるでしょうか。

見た目は地味ですが、これはかなり好みのシフォンです。 美味しいです。
甘い物が苦手な方にも喜んでいただけるのではないでしょうか?









b0108544_215474.jpg

毎月恒例のクラフトの会に持参しました。
ちょっと見た目が地味な組み合わせになってしまいましたね。
本当はシフォンサンドケーキにしたかったのですが、柔らかすぎて、とてもクリームの重さに耐えられそうにないと、
今回も断念。 
一度作ってみたいのですけどね、シフォンサンドケーキ。












前回にはハイスクールのバンドのクリスマス・コンサートの一曲をアップしましたが、
その二日後にはフル・オーケストラのコンサートもありました。
フル・オーケストラはバンドとオーケストラのトップグループが一緒になったものです。
ヴァイオリンなど弦楽器が加わると、より重厚な演奏になりますね。











b0108544_2111847.jpg

クリスマス前に、もう一度更新したいと思っていますが...どうなるかわかりませんので(笑)

♪メリークリスマス♪  皆様も素敵なクリスマスをお過ごしください!
一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-12-22 01:19 | お菓子 | Trackback | Comments(8)