タグ:チーズケーキ ( 45 ) タグの人気記事
たかこさんの、抹茶のパンドジェンヌ 
b0108544_22493142.jpg

夏は特に時間が早く過ぎて行くような気がします。
もう9月も目の前ですね。

月に一度のクラフトの会も、8月はメンバーの方々の都合が合わずにお休みでした。
日本に一時帰国された方が一番多いのですが、ペルー旅行、アラスカ旅行、お引越し、
夏休みでお子さんのお世話...などみなさんそれぞれにお忙しくも楽しい夏をお過ごしのようです。
みなさんはいかがお過ごしでしょうか...?








b0108544_22502683.jpg

6月のクラフトの会に持参したお菓子2種。
6月も現地校は夏休みに入っていたこともあり、参加者は4人と少なめでした。
ですので両方のお菓子共に、会用のとうち用の分も、しっかり作ることができました。
チーズケーキは中小2台、抹茶のケーキはココット4個と15cmと小さいバント型です。

どちらも、稲田多佳子さんの「”さりげなく喜ばれる” フィンガーフードと小さなお菓子」の本からのお菓子です。
こちらの本から作るのは初めて!
お友達が日本から買って来てくださいました。 
Tさま、ありがとうございます!!   しっかり活用させていただきます~♪








b0108544_6434296.jpg

抹茶のパンドジェンヌ
おうち用にはシンプルに生地だけで焼きましたが、会に持参した方は銘々ココットに入れて、
五色鹿の子甘納豆を乗せておめかし...
したつもりでしたが、焼いている途中で下に沈んで見えなくなってしまったので、後でまた乗せました(笑)

抹茶のグリーンが鮮やかですよね~
とてもしっとりとしている生地なのですが、断面からもおわかりでしょうか。

しっとりとしているのもそのはず、アーモンドパウダーがたっぷり使っているから。
その他は普通のパウンドケーキと同じような感じなのですが、粉が違います。
薄力粉よりもアーモンドパウダーの方が多いのです。








b0108544_6442062.jpg

それだけアーモンドパウダーが多いと、少し重たく、くどくなりそうに思いますが、そうでもありません。
同じアーモンドパウダーを多く使ったフィナンシェほどではありません。
パウンドとフィナンシェの中間、といった感じです。

くどくなりそうな味の印象を、抹茶が引き締めているようです。
たかこさんの新しい本、最初から好みにお菓子に巡り合えて、嬉しい~♪








b0108544_22504656.jpg

ほうじ茶マーブルのスフレチーズケーキ
スフレチーズの優しいクリーム色とほうじ茶の茶色のコントラストがはっきりとして、
見た目も、よい感じに焼きあがりました。

スフレタイプのチーズケーキは久しぶりでしたし、メレンゲはゆるく立てるとあるので、
うまく膨らむか不安でしたが、オーブンでは溢れるかと思うほどよく膨らんで、一安心。
シフォンケーキとは違って、メレンゲはツノが立つほど~ではないのですね。








b0108544_225228.jpg

マーブルの部分は、取り分けたチーズ生地にほうじ茶パウダーを混ぜ合わせるだけなのでお手軽なのですが、
私には何となく、ほうじ茶の香ばしい風味がチーズケーキにはどうかな~と思ってしまいました。
というより、ほうじ茶パウダーそのものがあまり美味しくなかったような...
せっかく日本に行った時にクオカで買って、大事にとっておいたのに~

スフレチーズ自体は、柔らかくてしっとりと軽い美味しさでよかったのですけどね。
代わりに抹茶を使ってみるのはどうでしょう?  
色も緑できれいかも~と想像してしまいます♪








b0108544_22511551.jpg

お楽しみのランチは、中華風おこわとサンラータン、おうちで育てている日本のきゅうりで作った
ぬか漬けとキャベツとの浅漬け、クスクスのサラダ、カリフラワーのサラダ。
女性の集まりならではのお野菜いっぱい、ヘルシーなランチとおいしい紅茶、御馳走様でした。

お邪魔させていただいたお宅のEさんはアンティークがお好き。
シャドウボックス、キルト、刺繍、チャイナペイント、等々たくさんの素晴らしい作品も飾られていて、
しっかり目の保養をさせていただきました。
下にろうそくをともしてのウォーマー付きのティーポットも素敵!

そうそう、この日はちょうどサッカーのワールドカップ、日本の試合もあって、
作業もそこそこに、みなさんでサッカー観戦。 テレビにかじりついてわいわい~
うちではアメリカの放送でしか見られなかったのですが、
Eさんのお宅では日本の放送がリアルタイムで見られる!
やはり日本語の解説だと盛り上がりますね~

この日のステッチはあまり進みませんでしたが...







b0108544_22515641.jpg

次のステッチはこんな感じです。
何を描いているのか、想像できますか?
ヒントは、この前のチボリ公園と同じシリーズ...


長い長い夏休みも終わって、今週の月曜日から、現地校も始まりました~(嬉)
日本と違って、始業式などというものはありません。
ハイスクールは入学式もありませんでしたしね~
初日の最初から7時限、きっちり授業がありました。
しかも放課後はバンドの練習も6時まで~
もちろんその後、家に帰って一段落~する間もなく、タコは宿題に追われていました。

そして、昨日の木曜日には、最初のフットボールの試合。
バンドも最初のお仕事です。
試合の最中の応援の演奏と、ハーフタイムにはフィールドに降りて、マーチングしながらの演奏も披露します。
試合は6時からでしたので、家に戻って来たのは10時近く。 
そしてまた宿題...  待っている私の方が眠くなってしまいました(笑)

フットボールの試合はほぼ週に一回、全部で10試合もあります。
その試合全部に、バンドも付いて行かなくてはならないのです。
その他にも土曜日にはマーチングコンテストなどが何回もあり、もちろん平日には放課後の練習も週4日。
バンドをやっている子にとっては怒涛の秋が始まりました。

何とか乗り切ってね~!
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2014-08-30 01:34 | お菓子 | Trackback | Comments(7)
稲田多佳子さん「ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピ 基礎ノート」完了♪
b0108544_23232341.jpg



まとめの作業も何とか終わりました~!!

稲田多佳子さんの生活シリーズ5冊目↓


ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピ 基礎ノート

稲田 多佳子 / 主婦と生活社



本に紹介されている41種類のお菓子、全部作って、撮って、食べて...ブログにアップすることができました!
記事にした日付ごとに、リンクと共にお菓子を御紹介しますね~☆
緑の字のお菓子は、私の個人的な感想ですが、特に美味しかった~、また作ってみたい~と特に印象に残ったものです。



11/18/08 チョコとバナナのマフィン

12/9/08 ティーロール  ごま塩クッキー ブラウンシュガーとはちみつのバターケーキ ココアのバターケーキ

12/31/08  レーズンとホワイトチョコレートのドロップクッキー

1/22/09 アーモンドとメープルのロールケーキ 抹茶と栗のロールケーキ ココアといちごのスフレロール あずきクリームロール バタークリームロール きなこと黒糖のロールケーキ 

2/6/09  ミルキー シフォン 抹茶マーブルのシフォンケーキ ココナッツとシナモンのマーブルシフォン ほうじ茶のシフォンケーキ エンジェルシフォンケーキ

4/14/09 紅茶とプルーンのバターケーキ ミックスナッツのクッキー 全粒粉のざっくりクッキー キャラメルマーブルのドロップスコーン キャラメルとレーズンのバターケーキ  

6/2/09  ビクトリアサンドケーキ

7/18/09 ピーナッツのバターケーキ バニラのソフトケーキ

9/3/09  かぼちゃのプリン レモンマフィン 黒ごまマーブルのチーズケーキ

1/27/13  オレンジとチョコレートのバターケーキ クランブルとかけたりんごのケーキ  

2/19/13 コーヒーとナッツのクッキー オレンジピールのクッキー

8/6/13 豆乳のブランマンジェ いちごのスムージー 白ごまプリン ヨーグルトムース かぼちゃクリームロール メープルケーキ バニラのソフトケーキ(2回目)     

4/13/14 レモンとサワークリームのバターケーキ ベリーのホワイトチーズケーキ  コーヒーマーブルのスフレ風チーズケーキ メープルケーキ(2回目) 

5/7/14 ベリーのホワイトチーズケーキ(2回目) バニラのソフトケーキ(3回目) クランブルをかけたりんごのケーキ(2回目)    


以上です☆


初めての登場が2008年の11月...何と、6年前!!(汗)
時間かかり過ぎですが、途中全くこの本から作っていなかった、3年間もありますし、
逆に言えばよく忘れなかったものだと...(笑)

多佳子さんの以前の3冊に比べて、印象の良かったお菓子が少なくなっていることに気がつきました。
ルミさん、津田さんをはじめ、他の方のお菓子もいろいろ作るようになって、
自分なりの美味しいお菓子のハードルが、高くなって来ているのかもしれません。

さて、恒例ベスト3のお菓子の発表!
の前に(引っ張ります・笑)、惜しくもベスト3には入らなかったけれど、入れたいな~と迷ったお菓子たち↓








b0108544_0123921.jpg

オレンジとチョコレートのバターケーキ
オレンジピールとビターチョコの組み合わせがとっても印象深くて、実はもう一度作ったのですが、
型の処理を不精して、PAMをスプレーしただけにしたら、見事、型にくっついて、崩壊しました~★(笑)

そして、最初の時には、日本で買った(でもフランス産の)オレンジコンフィを使って、それが大変においしかったものです。
アメリカでやっと見つけたオレンジピールは、あまり美味しくなくて...
ケーキの印象もかなり違いました。

オレンジピール、手作りしたい~と思いながら、何年か前に一度作っただけ...
今年こそ、がんばりたいものですね~







b0108544_21495181.jpg

メープルケーキ
メープルシロップとメープルシュガーのダブル使い。
とってもメープルの香りがよくて、焼いている最中から幸せ気分になるケーキです。
こういう具の入らないシンプルなケーキは、タコも大好きで何度か作っています。

おうち用にはとてもよいのですが、メープルシュガーはお値段がかわいくありません(笑)
その割りに見た目がちょっと地味で、おもてなし用にはインパクトがあまりないかな~と思ってしまいます。








b0108544_1461774.jpg

いちごのスムージー
本の中で、実はうちにとって一番影響力のあったのが、このスムージーです☆

というのも、それまではうちにミキサーというものがなかったので、スムージーを家で作ったことはありあませんでした。
今でこそ、日本でもスムージーは一般的になってきているようですが、2008年にはそれほど知られてもいなかったのでは?

アメリカでは当時すでに専門店もありましたが、自分で作った方が、甘さも調節できるし、シンプルで美味しい!
多佳子さんのスムージーは凍らせた苺、牛乳、はちみつだけの材料ですが、水は全く使っていなくて、
ストロベリーシェイクにも似ています。

夏には毎日のように作りました。
果物をいろいろ変えて、組み合わせを試すのも楽しい~
タコはバナナ、イチゴ、牛乳、ヨーグルト、が一番のお気に入りです。

あまりにも簡単なので、ベスト3には入れませんでしたが、リピート率ではダントツの一位です!

今度こそ、ベスト3~☆
全て先日作っていますので、説明は簡単に...






b0108544_2234296.jpg

3位 バニラのソフトケーキ
食べていただいたみなさんの反応が、とてもよいお菓子でした。
とてもきめ細やかで、軽い食感に優しい味わい。
こういう感じのお菓子、初めてかもしれません。
見た目も味わいも、とてもユニーク!






b0108544_0133553.jpg

2位 クランブルをかけたりんごのケーキ
見た目はさりげないけど、食べると美味しいな~としみじみ感じるお菓子です。
サクサククランブル、ヨーグルトを使ったしっとり生地、生で入れる爽やかなリンゴ...
この組み合わせがたまりません~

この前のように、大きく薄く焼くよりも、小さく厚みもある方がこのケーキには合っていますね♪






b0108544_12552550.jpg

1位 ベリーのホワイトチーズケーキ
おいしいのはもちろんですが、作るのは簡単なのに、ちょっと手間かかっている~?
と思っていただけるところ。
見た目もよくて、よそ行きのお菓子にもなるかな~というところで1位に決めました☆


多佳子さん、たくさんの作りやすい素敵なお菓子を作り出してくださって、ありがとうございます!


関連記事:
ココットチーズケーキ★たかこ本①完了~
アーモンド粉のケーキ★たかこ本②完了!
ゆずのケーキ ★たかこ本③完了!


4冊目完了!の記事も待ってます~と思ってくださる方はどうぞ、
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2014-05-18 22:56 | お菓子 | Trackback | Comments(16)
多佳子さんのベリーホワイトチーズケーキ、バニラのソフトケーキ
b0108544_22484511.jpg

ゴールデンウィークでのんびりして、更新も遅くなってしまいました...
なんて、アメリカではGW、関係ありませんでしたね(笑)

手芸部、4月のお菓子。 この日はジャパン・フェスティバルの準備も最後だったので、少し気合を入れました。
肝心のイベントには当日タコの用事でお手伝いに行けない予定でしたので、その分の申し訳ありません~の気持ちも込めて。
ちなみに、去年の様子はこちら→ 

そしてもう一つ、「稲田多佳子さんの生活シリーズ5冊目に載っているお菓子の中のベスト3を選ぶ」
という目的もありました。
何とか7年がかり(笑)で全てのお菓子を作ることができたので、1~3冊目同様まとめたいと思っています。
本には作るたびに、あれこれ感想や注意点を書き込んでいるので、それを参考に、ベスト3候補を3品作ってみました。









b0108544_12552550.jpg

ベリーのホワイトチーズケーキ
作ったのは比較的最近で印象も強いのですが、見た目も華やかでパーティー向きですし、簡単なのに美味しくて、
これはみなさまにも食べて頂かなくては~ということで。

材料2倍量にして、大きく作りました。
上に載せたフルーツ、今回は中に入れた冷凍ミックスベリーとは違って、イチゴとミント。
やはりフレッシュなフルーツの方が見た感じもよいですね。

でも中には冷凍のラズベリーやブラックベリー、ブルーベリーの方が、焼くと生地に馴染んでジャムのように
(そこまで溶けないけど)とろんと柔らかくて、美味しいと思います。









b0108544_1255473.jpg

チーズケーキの焼き上がり、ホイップクリームでおめかしする前はこんな感じ。
素朴な表情ですが、こちらも赤いドットがぽわ~っと、可愛くもあります。









b0108544_12564368.jpg

きちんと味を確かめたくて、小さい容器にも取り分けて作りました。
みなさんにも大好評でしたが、後でゆっくり一人で食べても美味しい~

湯煎焼きのしっとりとしたチーズ生地、それに馴染んだベリーの甘酸っぱさ、
そしてとろんと滑らかなクリーム...よい組み合わせですね~♪


b0108544_22481335.jpg

バニラのソフトケーキ
こちらもとても好評でした。
まず、見た目がきれいですよね。 クリーム色が優しくて、きめが細かくて、軽さも表れています。

パウンドともスポンジともシフォンとも違う、独特な食感のおもしろいケーキです。
ほんとに軽い食感で柔らかいのですが、シフォンのような弾力はなく、ほわっ、さくっとしています。
少し入っているコーンスターチの影響でしょうか。

卵別立て、作り方はシフォンケーキに似ていますが、サラダ油ではなく、溶かしバター。
少しのレモン汁に、何と言ってもたっぷり使ったバニラビーンズの甘い香りが最高です。
冷蔵庫で冷やしてもおいしく、これからの暑い季節にもぴったりのケーキです♪









b0108544_2226594.jpg

クランブルをかけたりんごのケーキ
前に作った時は、10cmセンチと小さく4個に作りましたが、今回は21cmと大きく一個に。
大きいと可愛さは半減してしまうでしょうか?

クランブルだからいいかな~と皮付きのアーモンドパウダーを使ったので、
少しワイルドな見た目になってしまったかもしれませんね。








b0108544_22354275.jpg

断面に、たまたまリンゴが見えなかった~★
厚さも、もう少し欲しかったでしょうか? ヨーグルトも入った、ふんわり軽くてしっとりとおいしい生地です。
リンゴは生のまま一個分、こんなに入れてもいいの~と思うほど生地に差し込むように並べるのですが、
食べてみると、もっと入ってもよかったという印象です。

しゃりっとしたリンゴも甘すぎず美味しくて、こちらもバター生地、クランブルと3つの組み合わせがとてもよいのです。 
見た目は地味かもしれませんが、こういうケーキ、私は好きですね~♪









b0108544_22265530.jpg

多佳子さんのお菓子をもっと作ってもよかったのですが、同じような味わいばかりよりも...
と、雰囲気の違うなかしましほさんのお菓子も作りました。

月餅、酒かすクラッカー
酒かすクラッカー、このひとひねりした形が気に入りました!
ちょっとかわいいですし、食べやすいのです。
それに、立体感があることで、焼きむらも出来にくく、薄いのに焦げ過ぎず、ぱりっとよい感じに焼きあがります。
見た目、白っぽくて、焼きが足りなさそうに見えるかもしれませんが、ぱりぱりきちんと焼けているのですよ~

そして、いつものように、「これには何が入っているでしょう?」とみなさんにクイズしてしまうのですが。
みなさん揃って、「チーズでしょう!」とのお答え(笑)

本当に、チーズにしか思えない味なのです。 面白いですね~
同じ発酵食品だから同じような風味を感じるのかもしれませんね。
塩味の効いた甘くないクラッカー、甘い物が続くと、口休めについ一つ、つまんでしまいます。










b0108544_22273168.jpg

月餅ですよ~とはあえて言わなかったのですが、見た目は少しそれらしくないかな~と思ったにもかかわらず、
食べるとすくに、「これって月餅~?」と当てていただきました。

中の粒餡に黒練り胡麻を混ぜてあるのですが、その胡麻の風味が月餅なのですね!
それに、くるみ、松の実、プルーンも刻んで混ぜてあります。
かりっと香ばしかったり、ねちっと酸味があったり、その食感も風味の違いも楽しいのです。

卵の入った生地はとてもべたべたしてるのにのびが悪くて、本当に包みにくい生地でした。
ひび割れてしまったところもあったので、これは失敗かな~と心配したのですが、
焼いても中のあんは、全く染み出したりしないので、大丈夫でした☆









b0108544_22391323.jpg

今回は5種類、どれも違うタイプのお菓子で、組み合わせもなかなかよかったかな~と自分では思っています。
たくさん食べていただいて、嬉しかったです。  ありがとうございました☆



これで週一で集まっていた手芸部(お菓子他にも載せていない回があります...順にアップしますね~)も、
いつもの月一回に戻って少し余裕が...と思ったのもつかの間、学年末が近づき、慌しくなって来ました。

こちらでは現地校、6月の始めに学校が終って夏休みに入るので、5月は学年末ということになります。
早いものでタコもハイスクール最初の年(9年生)も終わってしまうのですね~
今週はSTARといってテキサス州共通学力テストと、APテスト(大学レベルのテスト?)が同じ週に重なってしまったのに加えて、
放課後は6時まで、秋からのマーチングバンドの備えて、今の8年生の体験練習を兼ねてのスプリング・キャンプ。
夜は野球の練習もあって、タコには大忙しの週となっています。
また週末は野球トーナメントが控えていますし...

一方、補習校の方は日本と同じで4月から新年度が始まっています。 こちらではまだ中学三年生。
日本にいたとしても、高校受験を控えて、大変になってくる時期でしょうか。
アメリカの高校生って映画やTVドラマで見ると、車を乗り回して、パーティーとか遊んでばかりいるようなイメージ
もありましたが、実際はかなり違いますよ~

いや、そういう華やかな子ども達もいるのかもしれませんが、残念ながらタコの周りにはそんな雰囲気は全くなく...
せっかく学校でバンドのパーティーがあっても、「面倒だし、友達誰も行かないって~」と参加せず。
きっと地味同士でつるんでいるのでしょう~(笑)

まあそれでも、気の合う友達もいて学校は楽しいらしく、この一年、大きな心配事は何も無かったのはありがたい事です。
あとひとがんばりして、楽しい夏休みを迎えて欲しいものです☆



先週はプロジェクトの締め切りのために、夜中の3時までかかっていたことも。
何となく付き合って起きていたのですが、タコが学校に行くと、ついうとうと...
タコには「学校で寝ないようにね~」なんて送り出したのに、だめですね~(笑)
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2014-05-07 04:04 | お菓子 | Trackback | Comments(8)
ヨーグルトケーキ、ベリーのホワイトチーズケーキ...久々たかこさんお菓子
b0108544_21475977.jpg

ラズベリーの赤とアイシングの白...気持ちだけですが、今回は春らしい雰囲気をお届けできたでしょうか?

久しぶりに、たかこさんお菓子をいくつか作りました。
稲田多佳子さんの生活シリーズの5冊目、「ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピ 基礎ノート」より。

レモンとサワークリームのバターケーキ
本の写真ではラズベリーは乗っていなくて、アイシングをかけたうえに、さらに粉砂糖でお化粧してあり、
繊細で雪景色のように美しかったのです。
し、か、し、アイシングがゆるかった上に、太くなってしまい、繊細さのかけらもなく、笑える姿になってしまいましたね。
アイシングだけでも甘そうに思えたので、粉砂糖がやめにして、ラズベリーを乗せてみると...
あら、カワイイかも~(笑)








b0108544_21482265.jpg

断面からも、軽くて爽やかなケーキであることが伝わるでしょうか?

基本的にはカルトカールの基本的なパウンドケーキの配合のようでもあるのですが、
バターの半分をサワークリームに替えているところが大きな特徴でしょうか。
レモン汁と皮も入って爽やかな味にしてあるのですが、軽さだけではなく、
アーモンドパウダー、卵二個の他に卵黄一個分多く入っているので、しっかりコクもあります。

一見シンプルなようで、実は奥の深い味...と言えるでしょうか。

また、作り方は、パウンドのように、バターと砂糖を擦り混ぜて...ではなく、
卵と粉砂糖をもったりするまで泡立てて...なのでふんわりとかなり柔らかい生地です。

そして、レモン汁だけで粉砂糖をのばした、レモンアイシングがまた効いています。
普通のアイシングはあまり好きではないのですが、レモンアイシングの酸っぱさはこの優しい味のケーキにぴったり!
これならもっとたくさんかけてもよかった~と思うほど。 
より美味しいケーキになりました♪









b0108544_22204943.jpg

ベリーのホワイトチーズケーキ
こちらは本来のレシピの中でも、ラズベリーを使っています。
上に乗せただけではなくて、冷凍のミックスベリーをチーズケーキの中に混ぜてあります。
ゆるく立てた生クリームでおめかしすると、少しよそ行きな感じになりますね。









b0108544_21484524.jpg

材料を順にぐるぐる混ぜ合わせるだけなのですが、最後にメレンゲを加え、
また、湯煎焼きにするので、とっても滑らかで軽くてしっとりと美味しいチーズケーキです。

まったりとコクのある生地にベリーの酸味もきいて、かつ生クリームまで! トリプルでおいしい~

こうやって器に入れて焼くので、形を気にしなくていいし、作るのは簡単なのに、手間もかかっているように見える(?)、
いろいろな味も絡み合って、こちらも印象に残る美味しさのケーキになりました♪









b0108544_22201973.jpg

コーヒーマーブルのスフレ風チーズケーキ
スフレタイプなのに、湯煎焼きではなく、そのままオーブンへ...なのです。
大丈夫かな?と思いましたが、オーブンの中ではとてもよく膨らんだので、ほっとしたものの、
オーブンから出すと、みるみるうちにしぼむ~
縁だけ高く残って、こんな形になってしまいました(笑)

メレンゲはゆるく立てるとあったのですが、もう少ししっかりさせたほうがよかったかな?
それから、竹串でくるくるっと混ぜて作るマーブル模様、表面はそれらしくなったかと思ったけど、
中はあまり混ざっていませんでしたね。

でも、食べてみると、柔らかくて、スフレっぽい食感です。
コーヒー味も、リキュール好き(笑)のたかこさんのこと、カルーアももちろん入っています。
まったりとしたチーズの味にコーヒーの苦味が効いて、大人のスフレチーズ...でしょうか。









b0108544_21495181.jpg

メープルケーキ
こちらは以前にも作って、美味しかったので、また...
メープルシロップとメープルシュガーのダブル使い。
焼いている最中もメープルの甘~い香りが漂って、幸せ~♪

パウンド型で焼いていますが、手順は卵と砂糖類をホイップするジェノワーズの要領なので、ふわっふわの生地、
ポットケーキを繊細にした味わいのケーキです。
たかこさんのお好きなアーモンドパウダー(笑)も風味付けに少し、それに生クリームも入っています。

二回目もやっぱり美味しかったので、定番にしたいほど気に入っているのですが、
メープルシュガーはお値段もよいので、そうざぶざぶとは使えないのが残念~









b0108544_22195970.jpg

ポピーシードとレモンのスフレチーズケーキ
これ以降3つのお菓子はたかこさんの生活シリーズ4冊目、
「ちいさな焼き菓子とおすそわけシリーズ」から作りました。

パウンド型を使っていますが、最後にメレンゲを加える、ふんわりとしたスフレタイプのチーズケーキです。
こちらにもサワークリームを使っています。
クリームチーズだけよりも、軽く爽やかになりますね~
卵白も1個分多めなので、しっかり膨らみ、少しかるかんを思い出す、軽い食感です。

レモンとよく合わせるポピーシードですが、実はプチプチ感があまり好みではないので、指定の半分の量に減らしました。
それでも結構たくさんに見えますよね。 
このくいらが、私にはほどよいプチプチです。
グランマニエの香りも効いて、これはあっさりと美味しい~♪


実は今回の今までのお菓子で、4冊目、5冊目ともに、本に載っているお菓子を全部作って、
ブログにもアップし終わったことになるのです。
がんばりました~!!

とは言っても、最初に作ったのは2007年のこと、この前の10年越しのクロスステッチまでは行きませんが、
それにしても、時間かかりすぎですよね~(笑)
忘れずに、最後までやり遂げただけでも、私としては満足しています。

過去の3冊同様、こちらの本たちについても、「最後のまとめ」のために、時に印象に残ったお菓子をまた作ったりしています。

こちらもその一つ↓








b0108544_22212087.jpg

チーズスティックサブレ
塩気の効いた甘くないお菓子は、うちの家族にも、よそでも喜ばれることが多いのです。

これもたかこさんお得意の、フープロ使いのクッキー。
材料をざざっと混ぜて、平たくのばして、棒状に切って焼くだけ...とお手軽。
どなたが作っても同じように美味しくできると思います。

ただし今回、もっとチーズ味を強くしたいと、上にふる粉チーズの量を増やしたら、少し多すぎたようです。
表面がぱりっとしなくて、みしっと、しっとり感が勝ってしまいました。









b0108544_22215546.jpg

中にもチェダーチーズがたっぷり、黒コショウと粗塩も効いて、お酒のおつまみにもぴったり!
(...でしょう。私は飲めませんが)

前回の記事の中にも似たような、多田さんのチーズのビスコッティがありましたが、
食感もチーズの効き具合も違いますね。
それぞれに美味しさは違いますが、私には少しソフトな食感でチーズ味の強い、こちらの方が好みです。









b0108544_22225091.jpg

ヨーグルトケーキ
本では15cmの角型で小さめに可愛く作っているのですが、美味しいのはわかっているので、
倍量で18cmの角型を使って、大きく、高さを出したのも思いの通りだったのですが、
高さがある分、ラズベリーが沈んでしまって、見えにくくなってしまいましたね。

本当はもっと表面にぽつぽつと赤いドットが見えてかわいいケーキなのですよ~









b0108544_2223822.jpg

とてもきめ細やかで、しっとりと柔らかいケーキです。
ヨーグルトの味や酸味は感じません。 
言われなければ、ヨーグルトが入っているとは気づかれないと思います。

ふわふわ生地になるヨーグルト効果...
ライ麦パンに入れてもそうですし、うちのパンケーキにもヨーグルトは欠かせません。

そしてたかこさんお得意の、というか、結果として、私がそういうお菓子を好んでしまっているのかもしれませんね、
見ても食べてもあまりわかりませんが、アーモンドパウダーも入っていますし、レモンの皮の擦りおろしも。
熱が入って少しジャム状になったラズベリーの酸味がまたよく合います。
赤が効いて、焼きっぱなしでも何だか可愛く見えて、かつ、味も好み。
二回目も、大満足のケーキとなりました♪



この前の記事で、「4月に入っても曇りばかりで、何だか寒い~」と言いましたが、その直後からよいお天気(笑)
気温もぐんぐん上がってきました。
先々週と先週末は野球のトーナメント、朝早くの試合では寒くて毛布にくるまっての、震えながらの応援でした。
結果も負け越しと、お寒い~(笑)
昨日の土曜日は、今度は日本人のソフトボール大会に向けての練習試合があったのですが、
もう日差しが厳しくて暑く感じるほどでした。

スコアブックをつけるお役目を引き受けてしまったのですが、スローピッチのソフトって野球と違って、
みなさんばんばん打ってどんどん得点が入ります。
一時間ほどの試合なのに、16対8とかになって、集中しないと追いつかない~
日頃ぼーっとしている私にとっては、結構大変~
暑い中、連続2試合つけただけで、ふらふら~(笑)
来週の日曜日が本番。 
勝ち続けると一日で5試合することになるのですが、大丈夫でしょうか...?



皆様の応援のおかげで、新しいカテゴリー「手作りお菓子(個人)」でも素晴らしいスタートとなっています。
ありがとうございます!!
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2014-04-13 18:00 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
なかしましほさんのバナナブレッド 『観たぞ、ソチオリンピック!』
b0108544_0502413.jpg

抹茶シリーズ(笑)も一段落、しばらく少しよそ行きのお菓子が続きましたが、今回はほっと一息、うちおやつ。
なかしましほさんのお菓子は、基本的にバターや白いお砂糖を使わない、体にも優しいお菓子。
下準備もあまりいらず、ささっと気軽に作れることもあって、普段ちょこちょこ作っています。


バナナブレッド
「ちいさなレシピを1ダース」より。
15cmと小さめなので、3人であっという間に食べてしまいました。
温かいバナナブレッドはほわほわで、とてもおいしかったです。 冷めてもきっとおいしかったことでしょう。

アメリカでも一般的なバナナブレッドは、バナナが濃厚でブラウンシュガーの甘さもしっかり、
しっとりかつどっしりしたものを思い浮かべます。
それはそれでおいしいのですが、こちらはしほさんらしく、控えめの量のきび砂糖、グレープシードオイルで
あっさりとしたおいしさになっています。

小さい割にはバナナは2本とたっぷり使っているので、ふわふわなのにしっとり。
最初に卵と砂糖をよ~く泡立てるので、パウンドタイプのケーキというより、スポンジに近い食感になっています。
飽きの来ないおいしさですね。
うちでバナナはいつも常備しています。
熟れすぎになりそうになったら、このバナナブレッドにパッと変身させましょう♪







b0108544_0504827.jpg

バナナケーキ
しほさんの一冊目の本にも、バナナケーキが載っていました。
でも、「ちいさなレシピ」のシンプルな材料とは違って、こちらはいろいろと入っています。








b0108544_0511528.jpg

全粒粉、アーモンドパウダー、てんさい糖、インスタントコーヒー、豆乳、ココナッツファイン、くるみ...
それぞれが少しの量なので、想像したような変わった味ではなく、全体に風味が増したような、一体感のあるおいしさでした。
断面を見ても、そんなにいろいろ入っているの~?とわからないような感じですよね。

バナナは2本とやはりたっぷりなので、とてもしっとり、見た目よりも柔らかくて、こちらもまたおいしいケーキでした。
ちなみに横においてあるココナッツフレーク、これを使ったのではありませんよ。
ココナッツファインがこのバナナケーキでなくなってしまったので、買わなくては~と思ったのですが、
ずーっと前に買った、このココナッツフレーク、使い道がなくて、これをフープロにかければファインになるかな~
試してみたいけれど、どうでしょう? 悲しい結果になるのがちょっと怖い...(笑) 
他にこの大きなココナッツフレークの使い道があればよいのですが...御存知の方、教えてください!








b0108544_0513236.jpg

焼きチーズケーキ
しほさんのチーズケーキといえば、以前にも「ちいさなレシピ」に載っていたヨーグルトチーズケーキがとてもおいしく、
その後も何度か作っています。
「おやつですよ」にもチーズケーキが載っていたのですね。今回はそちらを作ってみました。








b0108544_0515291.jpg

こちらもヨーグルトは使っていますが、量は半分ほどで、水切りもしません。
その分クリームチーズの量が多くなっていて、卵も2個、レモン汁も入っています。

ヨーグルトチーズケーキは、焼くのにレアチーズのような柔らかさ爽やかさでした。
そこまで柔らかくはありませんが、普通のベイクドチーズケーキのようなどっしりとしたものではなく、
ヨーグルトのせいか、味も食感も軽めです。

材料を順に混ぜるだけなのに、湯煎焼きではないのに、しっとりと柔らかくて、甘さも控えめの優しいおいしさ。
このチーズケーキにボトムのクッキー生地がいらない、というのもよくわかります。
簡単でおいしい~! 気取らずにぱくぱく食べたい、しほさんらしいお菓子です。








b0108544_0522064.jpg

ハニージンジャークッキー
「クッキーとビスケットの本」より。
全粒粉も入っていますし、ナッツなどの具も入っていなくて見た目も地味?(笑)
アメリカでも売っているジンジャークッキーを想像して(スパイスもきつくて甘くて、あまり好きではないので)、
どうかな~?とあまり期待しなかったのですが、予想を裏切るおいしさでした。








b0108544_0541513.jpg

しょうがのすりおろしは辛味が抜けて、よい風味だけを感じます。
はちみつの甘さとよく合いますね。
7ミリと少し厚めなところが、ガリっとした食感でまたよい感じです。
意外にクセになるクッキーかもしれません。








b0108544_0543983.jpg

おからとチョコのドロップクッキー
おから...それは手に入らないわ~としばらく作るのを諦めていました。
でも最近、サンサン豆腐というお豆腐屋さんがあることを聞いて、さっそく行ってみました。
日本人ではなく中国系(?)の方の経営のようで、お豆腐はどちらかというと堅めな感じでしたが、
厚揚げ(何故か油揚げはありませんでした)や日本で言う豆腐花のような、おぼろ豆腐のような、
お玉ですくって容器に入れてくれる、熱々で柔らかいスープトウフというものが美味しかったです。

おからは見当たらなかったのですが、せっかく来たのだからとお店の方に、聞いてみたのですが、
やはり「おから」ではわからず、「大豆からソイミルクを作る時に出る、余った物...」とか何とか説明したら、
わかっていただけたようで、奥からまだ温かいおからを、こんなに~というほど袋に詰めて持ってきてくださいました。
「あなたは日本人?」と聞かれたので、「そう」と答えると、「これ、日本語で何と言うのだったかな?」、
「お・か・ら」、
「そうそう、おからだ。思い出した。いつでもあげるよ~」と嬉しいお言葉。
前にも探しに来た、日本人の方がいらしたのでしょうね。
他の国では使わないのでしょうか? 卯の花煮とかおいしいのにね~♪

嬉しいおからとの出会いもあり、作ることができたこのクッキー、薄力粉と同量の、たっぷりおからを使っています。
バーキングパウダーも使っているので、がちがちではなく、しっとりとして、みしっとしたような食感がおもしろいですね。
おからとはもちろん相性のよい豆乳で風味を出していますし、でもそれだけでは素朴すぎる味になりそうなところを、
チョコレートで美味しさを増しています。








b0108544_055913.jpg

甘栗と黒ごまのドロップクッキー
大好きな栗なので、期待したのですが、結果はちょっと残念。
甘栗の食感が固めになり、あまりクッキーには合わないような...
もう少し大きく切った方がよかったかもしれませんね。
メープルシロップの甘さと黒ごまの香ばしさはとても合って、BPでさくさくとおいしい生地だったのですが...








b0108544_0552849.jpg

こちらもおから同様、手に入らないかな~と思っていた素材だったのですが、
セントラル・マーケットというヒューストンではグルメなマーケットとして有名なお店で発見!
フリーズドライの苺です。

そのまま食べても、苺のおいしさがぎゅっと詰まっていて、酸っぱくておいしい感じ。
すり鉢で細かく砕いて、何に使うのかというと...








b0108544_0554830.jpg

いちごぼーろ
こちらもしほさんの同じクッキーの本から。
焼く前は、こんなにピンク色が鮮やか! 
ころころ丸くてかわいらしくて、このまま食べてしまいたいくらいです(笑)








b0108544_056115.jpg

焼いてしまうと、色が褪せて変わってしまいますね。
それは予想されたので、焼く前に写真を撮っておいて正解でした?(笑)

でも味のほうは焼いてもしっかりとドライイチゴの味、酸っぱさが残っています。
片栗粉と卵黄を豆乳でまとめた素朴なボーロ。
私はほろほろっとした食感のあっさりしすぎたところがあまり好きではないのですが、
タコは口溶けのよいボーロが好きなので、こちらも喜んで全部食べてくれました。


さて、ソチオリンピック。日本でもメダル獲得した方が3人も出て、連日盛り上がっていることでしょうね。
もちろんアメリカでもニュースはオリンピックか中東部の大雪の話題か、という感じで盛り上がっています。
昨日はスキーの何とかという競技でアメリカ人が金・銀・銅を独占したそうですね。
今朝のTODAYというNBCのモーニングショーでは、その三人の爽やかなハンサム君たちが登場してお話していました。

オリンピックの放送権はNBCが持っているということで、熱が入っています。
TODAYは朝7時から10時まで三時間の番組なのですが、お天気おじさんを含めて6人ほどのキャスター全員が、ソチ入り。
聖火台をバックにした特設スタジオまで作ってしまったようで、今週は毎日、ずーっとソチからの放送です。

もちろん、オリンピック以外の話題もたくさんあって、「ニューヨークでは雪で学校がまた閉鎖...」という話題のバックで、
暖かそうなソチの様子が映っていて、緊張感がありません。
次の話題、クロスカントリーではノースリーブで走る選手まで出るほど!
日本でも関東での大雪のニュース。 一度だけだはありませんものね、
異常気象に地球中あちこち振り回されているようです。 これも地球温暖化の一端でしょうか? 

日本での放送とは違って、こちらではアメリカ選手の活躍が中心ですので、
日本人選手が出る試合でも放送されなかったりします。
NHK国際放送が流れるTVジャパンというチャンネルがあるのですが、アメリカでのオリンピックの放映権がないため、
ニュースでもオリンピックのところだけカットされて、いつもより短い放送。
スノボーでのダブルメダルをとったときも、日本での喜びようはどんな物だったと想像するのですが、
全くこちらではわからないのです★

そんな、少しもやもやとしたオリンピックTV観戦ですか、今回なかしましほさんの「ちいさなレシピ」を見ていて、
同じ「ほぼ日刊イトイ新聞」の中に、おもしろいコンテンツを発見!
それはこちら↓

  『観たぞ、ソチオリンピック!』  

日本では時差の関係でメインの競技が夜中になることが多いのですね。
眠い目をこすりながらTVで応援している一般の方々からの一言投稿をまとめているのです。
感動したこと、驚いたこと、発見したこと、などをみんなで共有しようという主旨。
まじめなものから、選手が誰かと似てる~とか、笑える投稿も多くて、とっても楽しい!!
こちらを読んで、日本のみなさんと一緒に応援している気分になっています。

などと書いていながら男子フィギュアのフリーも見ていたのですが、やりましたね~

羽生選手、日本選手初の金メダル~☆☆!! 

おめでとうございます!
日本のみなさまにも、土曜の朝一番での嬉しいビックニュースとなりましたね♪

オリンピック応援のついでにこちらにも~(笑)
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

[PR]
by Wingco | 2014-02-15 04:29 | お菓子 | Trackback | Comments(2)
ヨーグルトチーズケーキとガレット・デ・ロア
b0108544_2152211.jpg

今年初めてオーブンを使った...という意味での今年の初焼きは、前回の記事のバジルピザでしたが、
ピザではお菓子でもパンでもありませんしね、あっ、生地から手作りですし、パンの一種ではあるのでしょうけれど、
「パン焼きました~」と気合が入った感じにはなりませんよね。
そこで、今年初めてのオーブンを使ったお菓子は、こちら...
と前置きを長くするほどのことはない、シンプルな、ただ材料を順に混ぜて焼くだけのチーズケーキです。

ヨーグルトチーズケーキ
なかしましほさん、”ちいさなレシピを1ダース” からのレシピ。
この外観のラフな感じも、自然体なしほさんのお菓子らしくて私は好きです。

15センチと小さいのですが、日本だと大きなパックのプレーンヨーグルト、丸々1パック使うことになります。
200グラムまで水切りするのですが、その水、乳清にも栄養が一杯。
酸味が効いて、酸っぱいものが好きな私にはおいしく感じます。 
これを冷蔵庫にためて、ちょびちょび飲むのも、おまけの楽しみだったり...(笑)

それだけたくさんのヨーグルトを使っていますが、チーズケーキに酸味は驚くほど感じません。
ヨーグルトの酸味は乳清の方にいってしまって、
水切りしたヨーグルトは、滑らかであっさりとした生クリームのようになるのですね。

アメリカでは全く見たことありません、ガレット・デ・ロア。
[PR]
by Wingco | 2013-01-16 16:54 | お菓子 | Trackback | Comments(10)
星条旗ケーキ ☆タコ13歳
b0108544_14443338.jpg
久しぶりに苺のショートケーキ。
独立記念日も近かったので(7月4日、かなり前ですね・汗)、アメリカ国旗を真似てみました。
なので星条旗ケーキ

こちらでは日本のように粒の揃った苺がきれいに並べて売られているのではなく、
大きいのも小さいのも、一緒に、ごろごろ~っとパックに入っています。
不恰好なのも多くて、きちっとは並べられませんでした。

おまけに、星型の口金~と思って搾り出したのに、見ると8個に分かれている菊型(?)であらあら....
口金を取り替えるのも面倒なので、そのまま...(笑) 
ブルーベリーの上の☆もありませんし、これでは星条旗になっていませんね。

それでも、「わぁ~、おもしろい~」と家族も喜んでくれたので、来年もまた、今度はきっちりと作ろう!

前のカメラが壊れて、新しいのを買うまでの間、ダダのコンデジだと何だか要領がつかめず...
写真はいまひとつかもしれませんが、おいしかったお菓子ばかりなので覚えておきたくて。
今回でコンデジの写真は全部出し終わりの予定です。 
すでに旅行の写真は新しいデジ一で撮ってますが、次回からは、パンもお菓子もデジ一で。
なのに見た目、違いなかったりして...(笑)

コンデジだとはっきり写りすぎるのかな。
[PR]
by Wingco | 2012-09-27 02:54 | お菓子 | Trackback | Comments(8)
アコさんのレア&ベイクドチーズケーキ
b0108544_17144694.jpg
アコさんの「乙女なお菓子とおふくろごはん」から3つのお菓子。
どれも日本に行く前に作ったものですが、すっかりアップが遅くなってしまいました。
最初はレアチーズケーキです。
アメリカのブルーベリーのパック、いちご同様大きさもまちまちなのですが、
大きな粒だけ選んで並べてみると、一見ぶどうかな~? なんて...
いえ、それほどでもないですよね。

真っ白なレアチーズケーキ。
型からもすっきりきれいにはずれてくれて、嬉しい~
いつまでも、このまま見ていたくなります。

寒~~~っ!
[PR]
by Wingco | 2009-10-12 08:21 | お菓子 | Trackback | Comments(20)
モカモカ&かぼちゃシナモンナッツマフィン
b0108544_21354458.jpg
コロラドではこの一週間、毎日お天気もよく、暑くも寒くもなく過ごしやすい日々が続いています。
オーブンの熱もうっとおしくなくなって、夏にはすっかりさぼり気味だったベイキングも、やる気だけは戻ってきました!

そう、「やる気」、だけなので、凝ったものは作っていない...のはいつものことですよね(笑)
まずは、コーヒー、かぼちゃ、クルミの素材も、渋い色の見た目も秋を感じさせる、
A.R.Iさんの大きなマフィンから...

新しいことも始めました。
[PR]
by Wingco | 2009-09-03 22:10 | お菓子 | Trackback | Comments(18)
オレオレアチーズケーキ ★スイムミート終了
b0108544_21261886.jpg
多佳子さんの◎本から、正しくはオレオ台のプレーンレアチーズケーキという長い名前のお菓子。
オレオを砕いて敷き詰めた真っ黒な土台に真っ白なチーズ生地が映えて、お花のようなラズベリーとミントもキュート!(笑)

材料を混ぜてゼラチンで固めるレアチーズ。
卵を全く使わないのでこの白さが出るのですが、同時に火にかける必要もなくて作るのが楽。
暑い夏にはぴったりですね。
味もクリームチーズとヨーグルトが半々に生クリームも入って、爽やかさとコクのバランスがとてもよいのです。
レモン汁も入っていますが酸っぱさを感じるほどでもなく、グランマニエの控えめな香り付けも上品。
うちではみんなに好評だったのですが...

いつもどこか失敗してしまいます。
[PR]
by Wingco | 2009-07-18 02:44 | お菓子 | Trackback | Comments(12)