タグ:チーズケーキ ( 45 ) タグの人気記事
カッテージチーズケーキ ~fumiさんのお菓子
b0108544_21272162.jpg
佐原文枝さんの二冊目、「自家製酵母のパンとお菓子の本」には、
おまけのような感じで、自家製酵母とは関係ない、チーズケーキとゼリーも4種ずつ紹介されています。
以前にチーズミルクゼリーやクリーミーチーズケーキを作って、簡単でおいしくて好評だったので、
残りの4種類もすべて作ってみました。

その中で一番のお気に入りが、このカッテージチーズケーキです。

ゼラチンで固めるレアチーズケーキ。カッテージチーズを使ったチーズケーキは初めてですが、その軽さがいいですね~
軽いといっても卵黄2個とレモン汁であっさりだけではない、コクとババロアのようなやわらかさもあるし、
生クリームはホイップして最後に加えるので、ふわふわムースのような食感にも感じます。

夏休み、楽しんでます。
[PR]
by Wingco | 2009-06-21 18:07 | お菓子 | Trackback | Comments(14)
ルーロ抹茶 &たかこさんのロールケーキ
b0108544_2251367.jpg
大晦日のパーティーの記事で写真だけ載せて「後で詳しく...」と言っていたルーロ抹茶、ふたたびの登場です。
「一流シェフのとっておき ロールケーキ」という本に載っているサダハル・アオキさんのレシピは、さすが~!な美味しさ。
いまのところ、一番気に入っているロールケーキかもしれません。

私が作ってきたロールケーキに比べて、生地も厚めでクリームもゆであずきもたっぷり。
かなりのボリュームなので、巻くのは大変。
くるくる~とはなりませんが、本の写真はもっとずんぐりしているので、私にしては上出来です。
牛乳がたっぷり入っているので、抹茶の緑も強くなくて抹茶オレのような優しい色ですね。
味も色そのままに、苦味はそれほど感じないマイルドな味です。
そしてなんと言っても、スフレのようなふんわりジュワ~っとした生地の食感がユニーク!

ロールケーキの生地の作り方にも卵共立て、別立て、いろいろありますが、
バターで粉を炒めるという、シュー生地を作るような方法+メレンゲでこのような独特の食感になるのですね。
かなりねっちりとしっかり炒めるので、はたして膨らむのかな~と心配になるのですが、
オーブンでみるみるうちに膨らんでいく姿を見るのは楽しいもものです。
工程も道具もたくさんですし、共立てのロールケーキのように気軽には作れませんが、
食べてくださったみなさんの評判も飛び切りなので、このルーロ抹茶はここ一番という時の特別なお菓子になりそう...
ホールのケーキやタルトの見た目の豪華さはないかもしれませんが、食べてみていただければ分かる~かな?

なかなかくるくる~とはいかない...
[PR]
by Wingco | 2009-01-22 23:37 | お菓子 | Trackback | Comments(14)
コーヒーナッツマフィン ~fumiさんのお菓子
b0108544_12565892.jpg
またマフィンなの~と言われそうですが、何となくこの写真、好きなので最初にしてしまいました。
ヨーグルト酵母の元種の力で膨らんだコーヒーナッツマフィン
前回のブルーベリーマフィンとは全然違ってよ~く膨らんでいます。
ということは、この前のは失敗だったということですよね(爆)
発酵してもあまり膨らまないということで、見極めが難しかったのですが、
発酵時間を2時間ほど長く、7時間とったのがよかったのかもしれません。

食感も違います。
[PR]
by Wingco | 2008-12-15 23:06 | お菓子 | Trackback | Comments(10)
ニューヨークチーズケーキ
b0108544_15205815.jpg
石橋かおりさんの「おいしいチーズケーキの作り方。」より、クリーミーニューヨークチーズケーキ
大きなサイズのこの本。
多くのケーキが1ページ全部を使った、大きくて、シンプルだけど素敵な写真で紹介されていて、
チーズケーキの写真集といった感じ。眺めているだけで楽しい本です。

買ってからしばらく経つのに、ほんとに眺めて喜んでいるだけだったのですが、
せっかくなので、何か作ってみましょう...と混ぜて焼くだけの簡単なこのケーキにしました。
ニューヨークチーズケーキと言えば、湯煎焼き。
しっとりとなめらか。その上、粉を全く使っていないので、重たく感じません。
「ギリギリ固まる柔らかさ」...なるほど~の絶妙な食感です。

それでいて軽すぎない味なので、食べていただいた日本人のお友達にも、アメリカ人のご主人二人にも好評でした。
クリームチーズ400グラムにサワークリーム200グラム。
卵もたくさんだし、生クリームも入って、18センチの型に溢れそうになるほどの生地量。
しっかり高さが出るところも好きです。

最後に少し、秋のお買い物の話も...
[PR]
by Wingco | 2008-10-23 17:44 | お菓子 | Trackback | Comments(6)
ちょっとしっぱいおかし
b0108544_21593043.jpg
お菓子作りに興味を持つようになってから、早いもので5年になるでしょうか...
この数年はどちらかと言うとパン作りに時間を割くことの方が多く、お菓子作りも初心者のまま。
でも思い起こせば、初めて作ったスポンジは型の半分までも膨らまない悲惨なものでした。
他にも材料を入れ忘れたり、量を間違えたり、型から外れなくてぼろぼろになったり、と失敗は数知れず...

それでもお菓子やパン作りをこうして楽しみで続けているのも、食い意地が人一倍張った性格のおかげ。
いくらコロラドで日本のようなパンやお菓子が売っていないとはいっても、こちらなりにおいしいお菓子もたくさんあるわけですし。
でも長年慣れ親しんだ味はやはりほっとします。嗜好というのもなかなか変わらないもののようです。いい加減、アメリカの味に慣れてもいいように思うのですが、反対に、歳を重ねると共により日本の味が懐かしくなって来ているような気がします。
少しの手間で自分の好みの物が作れるなら、その手間も惜しくはならない。もちろん自分で作ったものは安全度も高い...ということもあるのかな。

進歩はあまりしていませんが、最近はようやく、食べられないような大失敗をすることはなくなった~(?)と思っています。もちろん相変わらず、ちょこちょこ失敗はしてしまいますけどね。
と言うより、完璧に満足~!という出来なのってほとんど作ったことないような...(笑)

そしてこのショートケーキ。頼まれて作ったのですが、生クリームが足りなくなって、上に搾り出すことができませんでした。キウィでゴマカシています(ごめんなさい)。
その上、この前日本で買った花の形のラウンドパンを初めて使ってみたのですが、ま~ったく花の形だなんてわかりませんよね?

失敗度もアップしていきます(笑)
[PR]
by Wingco | 2008-03-21 21:59 | お菓子 | Trackback | Comments(12)
ブラッドオレンジマフィン
b0108544_19425242.jpg
うわっ、ほんとに真っ赤っかですね。それも、まるでアメリカンチェリーのジャムを塗ったような濃い赤。
でも、スライスしたフレッシュブラッドオレンジを乗せて、バニラシュガーを振っただけなのですよ。

A.R.Iのマフィンにはまって作りに作ったのは2006年のことでした。熱しやすく冷めやすい性格(?)、気がつけば最後に作ったのはもう一年半前のことになるのですね。
年末に日本で青山のA.R.Iさんのお店を訪ね本物をいただき、「あ~やっぱりこのマフィンが好き! 今年はまた作りたい~」と思っていたところ、今度はassam-milkさんの素晴らしいマフィン!
重い腰も上がりました(笑)

今回はアメリカらしいお菓子ばかり?
[PR]
by Wingco | 2008-02-20 19:48 | お菓子 | Trackback(1) | Comments(22)
黒豆チーズケーキ
b0108544_22583376.jpg
おせち料理の残った黒豆で...と言うにはもう遅すぎますね。
でも黒豆って以前どこかの健康番組で、何かにいいって特集されていたのを見たことがありますが...
あれっ?何によいのかは忘れてしまいました(笑)
でも柔らかく美味しく煮えたツヤツヤの黒豆なら、お正月に限らずいつでも食べたいですよね~
と、私は思うのですが、豆類を喜んでくれないうちの男子二人。お菓子に使ってみたらどんな反応でしょう?

タコはもう「この黒いのは何~?!」と嫌な顔をしましたが、チーズケーキは大好きなので、黒豆だけ残して食べました。
ダダは子供じゃないので、全部食べて、「チーズケーキでもかなり美味しい~」と言うので、「そう、チーズケーキと黒豆って結構合うわよね~?」と喜んで聞くと、「豆は別に無くてもいいかな~」だなんて可愛くないですよね。

でも私はとっても黒豆がよいアクセントになっている、美味しい~!と感激して食べました。
それにチーズケーキそのものがおいしい~!! これはみんなの一致した感想でした。
たかこさんの本にはチーズケーキもいろいろ載っていますが、生活シリーズ三冊目の本に載っている黒豆チーズケーキ、そのなかでも一番好みのチーズ生地かもしれません。




b0108544_2256562.jpg
クリームチーズのほかにはサワークリームと生クリーム、卵、コーンスターチ、レモン汁...同じような材料、でも配合のちょっとした違いで印象も変わります。
今回のは順番にがーっと混ぜ合わせて行くだけの簡単な手順なのですが、湯煎焼きにするのでしっとり柔らかい、少しスフレのようなチーズ生地です。
しかもこのように焼きしぼみもあまりなく、焼き色もちょうどよい感じに付いてくれたのも嬉しい~

ただ、土台に加えたジンジャーパウダー、黒豆と共に和風の印象を出したかったのでしょうけれど、私は無い方がよかったかな~なんt思ってしまいました。
たかこさんも「しょうがよりもごまを入れた方が好きな人もいた」書いてあります。
でもごまというのも何となくさっぱりしないような...しょうがそのものは好きなので、おろししょうがはどうかな?オレンジピールもおもしろいかも~と想像してしまいます。

もう一つ、これは16センチの型を使っています。
アメリカ生活が長いせいか何でも大きいものに慣れてしまって、16センチだとおままごとみたい~とつい倍量にしてしまうことが多かったのですが、今回はそのまま16センチを使いました。
高さがある割には火が均等に入って、小さい方が作りやすいし、カットしてもころんとかわいいかな~と気に入ってしまいました。
あっという間になくなってしまって、家族には「もっと食べたかったのに~」なんて言われてしまいましたが、いつまでも冷蔵庫に残っているより、華のあるうちに散ってしまった方がお菓子も幸せかも...(笑)




b0108544_0191712.jpg
こちらも同じたかこさんの三冊目の本から、少し色の濃いのはシナモンキューブクッキー
黒いつぶつぶが見えるのは紅茶のキューブクッキーです。

アップにしていますが、実際は2.5cm四方に生地をカット、焼いても少し膨らむ程度、厚みもありコロンとした一口サイズのクッキーです。
このきちっと直線のキューブ型になったのが何だかうれしい~!
形も材料も似ていますが、シナモンにはアーモンドプードルも入って香ばしく、紅茶にはスキムミルクでマイルドな味になっています。
たかこさんお得意、フープロ使用なのでほろほろの食感、卵なしなのであっさり甘さも控えめ。ついつい口に放り込んでしまう、危な~いクッキーでもあります(笑)

この画像をご覧になって、「どこかで見たような...」と思ってくださった方、ありがとうございます!!




b0108544_23253770.jpg
そう、たかこさん、三冊目の本の表紙を真似してみたのですけどね、また企画倒れかな...(笑)
ここには少ししか写っていませんが、それぞれ36個×2とた~くさん焼きあがったのですよ。
お友達におすそ分けしたのですけど、気にっていただけたかな?
一緒に押し付けた不出来なパンのお話はまたこの次に...




       * * * * * * *


b0108544_0204273.jpg
昨日はアメリカでも当たり前ですがヴァレンタインデー。
もてもてのタコはこんなにたくさんのカードとお菓子をもらって来ました~!!
なんて、もちろん人気があるからではなく、こちらの学校ではクラス全員にお菓子を配ることになっているのです。
もちろん女の子からだけではなく、男の子からもです。
そしてチョコレートだなんて決まっていません。むしろハート型のキャンディーやラムネ菓子のほうが多いですね。

今回初めてだったのですが、手作り風カラフルハートクッキーも二人から頂きました。
女の子ならもうベーキングに興味を持つお子さんもいる年頃ですよね~
いいな~タコは食べるばかりで作ることには全く興味を示しません(悲)

カードには今年何が人気のキャラクターなのかが反映されますね。
真ん中の同じ女の子が二枚。今アメリカですごい人気のアイドルだそうです。
タコのクラスにだってもっと綺麗な女の子もいるのに~なんて思ってしまいますが、アメリカでも美人系より親近感を持てる隣のお姉さんタイプの子がアイドルになることが多いようですね。

タコが選んだのはトランスフォーマー。今まで全くヒーロー物や変身もの、こちらで放送しているポケモンなどにも興味を示さなかったのですが、この映画は好き、やっぱり男のだったのですね~(笑)
クラス全員に配るっていつまで続くのでしょうか?
まさか中学生になっても...なんてこと、ないですよね??
いつかはタコも試練の時迎えるのかな~かわいそうに~(笑)
[PR]
by Wingco | 2008-02-16 13:25 | お菓子 | Trackback(1) | Comments(26)
ヴァン・オ・ルヴァン
b0108544_21562439.jpg
高橋雅子さんの’「自家製酵母」のパン教室’の本からもせっせと作っているうちに、残すところ四分の一ほどになってきました!
といっても残っているパンは、作り方も材料を揃えるのもハードルの高そうなものが多くて、全部作るのはちょっと無理かもしれませんね...
でも、ずーっと食べてみたいと思っていたヴァン・オ・ルヴァンはやっと作る事ができました。ハードでしかも具がいろいろ入っているパン、うちの家族は喜んでくれないのですけど、お友達のお宅にランチにお呼ばれされたので、手土産に丁度よい~

これで今年のパンは作り納め?
[PR]
by Wingco | 2007-12-17 21:52 | パン | Trackback | Comments(26)
キャラメルマーブルのチーズケーキ
b0108544_23422674.jpg
お邪魔するブログの先々で、栗、かぼちゃ、お芋など秋の味覚を使ったお菓子を拝見してはおいしそ~と思ってはいたのですが、もたもたしているうちに結局何も自分では作らないまま12月になってしまいました。
芋、南京の類をうちの家族が喜んでくれないから...と言う事もあるし、それでも去年は栗の渋皮煮も甘露煮も作ったのですけどね~ ちょっと早いですが今年一年振り返ると、お菓子作りよりもパン作りに私の興味がより行っていたような気がします。といってもこだわって追求する性格でもないので、どちらも初心者のまま、なかなか進歩がないのですけどね~

キャラメルを使ったお菓子も秋に似合いますよね。でもタコに言わせると「プリンにはなんでこんな黒くて苦いのがついてるの? ないほうがいいのに~」だそうですし、ダダも、実は私もあまりプリンのカラメルって好きではない、カラメル不要派~(勝手に)の家族なのです。
でもキャラメルクリームはまた別物ですね。特にそれを使ったお菓子はうちでも評判がいいのです。以前作ったキャラメルマドレーヌも、マフィンにフルーツと合わせてキャラメルクリームを使ったのも喜ばれました。

そしてこのキャラメルマーブルのチーズケーキ
控えめですが、マーブル模様らしきものが見えるでしょうか...





b0108544_23461276.jpg
型に流す前にボウルでチーズ生地にキャラメルクリームを加えるので、流す時にマーブルが崩れてしまうのではないかと心配しました。
チーズ生地はただ材料を順番に混ぜていくだけの簡単なベイクドタイプなのですが、湯煎焼きなのでとても柔らかくて軽いのです。生クリームたっぷりにサワークリームも入っているからかもしれません。もちろんたかこさんのお菓子なので優しい甘さ、なのでキャラメルクリームが味でもよいアクセントになっています。





b0108544_9261029.jpg
キャラメルクリームは一度にたくさん出来てしまうので、引き続きキャラメルマーブルのパウンドケーキも作りました。
生地の三分の一にキャラメルクリームを混ぜなくてはいけないのに、うっかり半分の量に混ぜてしまったので、少し色が薄くなってしまいましたね。それでもマーブル模様もそれらしくできてほっとしたのもつかの間、写した写真はマーブル模様があまりはっきり見えてなくてがっくり。

味はおいしかったのですよ。しっかりした甘さですがくどくはありません。キャラメルクリームのちょっと苦くて甘~い風味っていいですね~ ラム酒も入るところがたかこさんらしいのですが、香り高くて甘さを少し締める感じ...とにかくおいしい~!

キャラメルではありませんが、マーブルケーキと聞いて思い出すのが子供の頃に食べた不二屋のスコッチケーキです。子供の頃からチョコがあまり好きではなかったので、一緒に入っていたフルーツケーキの方が好きだったのですけどね~





b0108544_9365494.jpg
こちらは直接キャラメルクリームをクッキーではさんだ、名前もそのままキャラメルクリームサンドクッキー
クッキーにはアーモンドパウダーも入って香ばしい~ でも他には卵もクリームも入らずシンプルな味でほろほろの食感がキャラメルクリームと合います。直径2センチと丸ごと口に入る小ぶりな大きさももいいですね。タコ以外には好評でした。
タコはキャラメルクリームの苦味をダイレクトに感じてしまったようです。上2つのお菓子の時は喜んで食べてくれたのですけどね。たかこさんのアドバイスにもありますが、キャラメルクリームにバターを混ぜ込んでマイルドにすればタコにも大丈夫だったかもしれません。このクッキー生地自体はタコもお気に入りでした。





b0108544_9444397.jpg
一見上のクッキーと同じに見えますが、味は全然違うミルクコーヒークッキーです。
スキムミルクとインスタントコーヒーが入っていて、焼いている最中からコーヒー牛乳のようなよい匂いがたまりません!
こちらにはアーモンドプードルではなくクルミ。フープロで細かくしてしまうのですが、アーモンドプードルよりもっとワイルドな香ばしさ、そしてほろほろの食感がいいですね。
コーヒーの香りはしますが、味は苦いほどではないので、こちらはタコにもOKでした。





b0108544_9362136.jpg
ココナッツとレーズンのクッキーは失敗してしまいました。
レーズンはラム酒漬けでもいいとあったので、香りもよくなるし~とそうしてみたのですが、水分をよく切らなかったのがいけなかった! フープロではあっという間にレーズン細かくなりすぎてしまうし、べたべた~の生地はとてもまとまりにくいし、焼いてはだれて横に広がってしまうし...
クッキーに入れたレーズンってねっちりした食感になってしまって、ちょっと好みではないかもしれません。ココナッツの細切りとレーズンとの味の相性はよいのですけどね。


クッキー作りって単純なようですけど、奥が深いって思いませんか? よく失敗するのは私だけ?
今回のようにちょっとした水分量の違いでだれたり、ちょっと焼き時間が長くなって焦げすぎてしまったり、成形だって不揃いになりがち...小さく、きれいに、たくさん作るってこと自体が大雑把な私の性格に向いていないのかもしれません。
いえいえ、これからもっとクッキー作りに励んで、そんな性格改善を図った方がいいかもしれませんね~





b0108544_2393929.jpg
最後はごまごまチュイール。以前作ったアーモンドチュイールと全く同じ生地であっさりしているのですが、アーモンドよりもごまの方が香ばしくていいですね~! 印象も違ったものになりました。ご覧のように、黒ごまに白ごまもたくさん入っています。欲を言えば、もう少し薄く広げてパリッと焼き上げたかったのですが...これ以上は私には無理?

今日のお菓子は全てたかこさんの生活シリーズ2冊目の本からのレシピです。ここに来てまとめて作っているというのも...そうです、1冊目に引き続き2冊目のお菓子も間もなく完全制覇~! 次回は記事はその話題になるのでしょうか~??
[PR]
by Wingco | 2007-12-03 23:38 | お菓子 | Trackback | Comments(10)
ミックスベリーのベイクドチーズケーキ
b0108544_0212185.jpg
石橋かおりさんの「4つの季節のシンプルチーズケーキ」、お気に入りの本で以前はよくこの本に載っているチーズケーキを作ったのですが、しばらくご無沙汰してしまっていました。
でも、お菓子作りのお上手なmimiさんがこの本からお作りになったというケーキがとってもおいしそう! それも「一週間に三度もリピ!」なんて書かれると、もう私も食べたい! 作るしかない~!

ということで作ったミックスベリーのベイクドチーズケーキ。その名前のように、ラズベリーとブルーベリーが生のまま入っています。見た目もかわいいですよね。
ベイクドとありますが、メレンゲを最後に加えるし蒸し焼きにするし、ちょっとスフレっぽいような柔らかい生地。サワークリームも入ってフレッシュなフルーツが爽やか~軽い食感のチーズケーキが夏にピッタリのおいしさでした!

また、ロッキーズの話もあります~
[PR]
by Wingco | 2007-10-10 22:18 | お菓子 | Trackback(1) | Comments(18)