タグ:テキサスの風景 ( 10 ) タグの人気記事
ハイスクールのフットボールゲーム★
b0108544_3305562.jpg

フットボール(日本で言うところのアメフトですね)の試合は、アメリカのハイスクールで一番盛り上がるイベント、
と言ってもよいのではないでしょうか。

選手入場も、ダンスチームがずらっと並んで御出迎えの中、このオレンジの戦士のヘルメットのようなのは、
学校のシンボルをかたどっているのですが、それをくぐって、颯爽と登場。
アメリカ、というか、派手好きなテキサスらしい光景~といつも思ってしまいます。








b0108544_315270.jpg

タコの通うS校、円陣を組んで気合を入れています。
旗はテキサス州の旗。 
テキサスは”Lone Star State"と呼ばれるように、独立心が高く、テキサスが一番~と思っている、
テキサスLoveの人が多いそうです。
(そこがちょっと鼻につく...と他の州からは疎まれがちな面もあるらしいです・笑)

Versity(一軍)チームだけでもこれだけたくさんの人数。
アメフトって守備と攻撃でメンバーががらっと入れ替わったり、予備のセットにキック専門の人など、
とにかくたくさんの人数が必要だそうです。









b0108544_318979.jpg

この日のお相手は、超、超強豪のK校。
何度もテキサス・チャンピオンになったことがあり、去年も準優勝しました。
アメリカのハイスクール・フットボールでは、州のチャンピオンが最高で、そこから先、全米大会というのはありません。
ただ、戦績などで全米ランキングというのは発表になり、一位になったこともあり、毎年シングルランキングに入っています。

もちろん、プロの選手もたくさん輩出していて、今年8勝0敗と絶好調のベンガルズのクォーターバックも
このK校の出身。
日本でしたら、甲子園での有名校、早実とか昔でしたらPL学園のような感じの有名校です。
選手も一軍だけ(二軍、三軍もあります)で100人もいるそうで、体格も一回り違う感じ。
大勢の応援団も、スクールカラーの赤一色に統一されています。










b0108544_4204388.jpg

こちらのスクールカラーはオレンジ。 
赤対オレンジ...見るからに、熱い戦いですね♪

後ろの保護者たちは座って観戦ですが、手前のバンドの生徒たちはもちろん、
向こうの前の方の普通の生徒たちも、ずっと立ち上がったままでの応援です。











b0108544_3313271.jpg

大きな学校なので、バンドにもたくさんの生徒がいます。 300人以上?

試合時間が半分を過ぎたところで、ハーフタイムといって長い休憩時間があります。
選手たちはロッカールームに引き上げてしまい、休憩するのか、作戦を練るのか...?

その時間を利用して、フィールドでは両校のマーチングやダンスが披露されます。
つまり、タコがバンドにいるので、私はそちらメインで観戦に行くわけですね。

ちなみに、フットボール以外にもたくさんのスポーツ部がありますが、
こんなに大袈裟な応援がつくのはフットボールだけだそうです。
バスケットボールにはチアーが行きますが、ベースボールだって何もありません。地味らしいです。
フットボールだけ、高校生でもTV中継があったり、とにかく別格扱いです。










b0108544_3315059.jpg

しかし、この日はこちらがビジターのゲームでしたので、マーチングも裏から見ることになり、
何をやっているのか、よくわかりません(笑)

マーチングはホーム側の客席(写真では向こう側のK校)に向って行われるのです。
このスタジアムはホーム側とビジター側の客席がぴしっと二つに分かれていて、行き来が出来ないようになっているのです。
出入り口もそれぞれにあります。
興奮した観客同志が乱闘になるのを防ぐためでしょうか??










b0108544_3321196.jpg

マーチングのプログラム、今年のテーマは”海の中”ということで、パネルには表から見るとお魚など描いてあるのです。
クラゲもいますね。

このパネルやクラゲを操作しているのも、バンドの生徒達。
トライアウトがあって、楽器のポジションをもらえないと、それ以外の役目になり、それもいただけないと、
手前に数人立っていますが、補欠となってしまうのです。 厳しいですね。










b0108544_3323636.jpg

別の試合、T校のハーフタイムですが、こちらはもっと人数も多くて、補欠の生徒さんが
写っていない左側にもずらっと並んでいました。

T校、去年からマーチングを指揮する先生が変わって、すごく力が入っているとは聞いていましたが、
素晴らしいものでした。
毎日7時までの練習に加えて、朝練まであるそうです。
日本ではそういうのが当たり前かもしれませんが、何でもゆる~いアメリカでは驚きです。










b0108544_1633546.jpg

T校のダンスチームにはお友達のお嬢さんも参加しているので、御一緒に観戦。

フットボールの応援というとチアーを連想しますが、チアーは少人数で試合中ずっと飛んだり跳ねたり、
観客に向って応援を華やかにします。
こちらのダンスチームも試合中はもっと人数も多くて、スタンドでバンドの演奏に合わせての振り、
ハーフタイムではフィールドでダンスを披露します。

こちらも常日頃から練習をしている、アスレチックの科目の一つでもあり、こうやって踊るために、
毎週トライアウトで合格しなければならないそう。
それ以外にも、女の園なのでいろいろと、厳しい世界だそうです。

この日はこちらがホーム側でしたので、マーチングも表からちゃんと見ることができる~
と思ったのですが...











b0108544_341574.jpg

ホームカミングのゲームでしたので、ハーフタイムはこのキング&クイーンの発表、とダンスで時間いっぱい。
ホームチームのマーチングはありませんでした。 がっかり。

ホームカミング、夜にダンスパーティーがあったり、ハイスクールで一番大きなイベントでしょうか。
他に体育祭も文化祭のようなのも、こちらにはありませんしね。

キング&クイーンは候補5人ずつから、生徒の投票で一人のキングとクイーンを選びます。
写真はちょうどクイーンが発表になったところ。
キングはダウン症をお持ちの男子。 ひときわ大きな温かい拍手で迎えられていました。












b0108544_3421448.jpg

クラリネットだけでも40人近くいるそうで、帽子もあって、どれがタコなのかちょっと判らず...












b0108544_4212358.jpg

レギュラーシーズンは、学校の新年度が始まる8月最後の週から11月の第一週までで、ほぼ週一度、
木、金、土曜のいずれかの夜に行われます。
毎年だいたい同じ、近くの学校と戦うので予想もつきます。
最初のK校はもちろん負けましたが、こちらのT校、去年は圧勝でしたので、お気楽にしていたら、
追いつ追われつの接戦。 最後に何とか逆転で勝ちました。

やれやれ~とそのまま帰宅し、いつもより帰りが遅かったタコに後で聞くと、
試合の後で、S校のマーチングがあったそうです(!)
アナウンスもあったそうですが、御友達とのお話に夢中で全然わかっていませんでした(笑)
もう自分のマヌケさにがっかりしてしまいました。











フットボールの試合中のバンドの様子を、TVのニュースで取材した時の映像をリンクしておきますね。
踊ったり楽器を振り回したり、とかなりクレージーです(笑)
もちろん、演奏も真面目にしている時もあるのですよ。

三時間ぐらいこんなハイテンションでいて、試合が終れば片付けがあり、
みな一緒にスクールバスで学校まで戻って来なくてはなりません。
家にたどり着くのは、夜の11時などと遅くなるのですが、木曜の試合だと、それから宿題をしなくては~ということに。
毎日宿題が結構な量出ますし、テストも頻繁に行われるのですよ。

バンドの高校生たちにとって、秋は本当に目の回る@@忙しさです。
一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-11-16 23:59 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
かぼちゃのクラフト Happy Halloween♪
b0108544_4521374.jpg

前回の御約束、最後の画像にぼんやり写っていたのはこちらです。
布で作ったかぼちゃ...に見えるでしょうか?

葉っぱのような形に切った布を6枚、二枚ずつペアにして片側を縫い合わせて、
その三組をまた縫い合わせると横長の球状になります。
中に詰め物をして、入り口をまつって、紐をぐるぐるっと放射状に12方に回して(かぼちゃらしい凹凸ができる)、
スティム(へた)をつけて、その縫い目を隠すように葉っぱや木の実などを、ぐるっとグルーガンでくっ付けて...

はい、出来上がり!









b0108544_4531347.jpg

布を裁つところから始めて、最後の仕上がりまで、2時間程度で出来てしまいました。

恥ずかしながら、ミシンを使うのは学校の家庭科の時間以来初めてでしたが、
スイスイとおもしろいように縫えて、楽しいものですね~
これも材料の準備から、とても丁寧に教えてくださったIさんのおかげです! ありがとうございます。

大変に不器用なので、お裁縫はできないと敬遠して来ましたが、今回は途中失敗も苦もなく、
あっという間に素敵な物が出来上がってしまって、嬉しい~
何だかミシンにはまってしまいそうな~予感がしなくもないような...(笑)









b0108544_4533922.jpg

さっそく家に帰って飾ってみました。

黒いドイリー、珍しくないですか?  これもハロウィンの時期ならではでしょうか。
せっかくなので、ダークな雰囲気に玄関横のテーブルを飾ってみました。








b0108544_454993.jpg

とは言っても、ハロウィングッズは、このこうもりとくものキャンドル・スタンドのみです。
ろうそくの煙は苦手なので、ミニかぼちゃで。
Tree Pumpkinという名前で、枝つきで売っていました。
食べられるそうですが、ちょっとその勇気はありません(笑)

額に入っているのは絵に見えるかもしれませんが、厚みのある瓦のような焼き物。
ベルギーのブルージュの行った時に、その静かで美しい風景に感動して、思い出に。









b0108544_4542717.jpg

Lilliput Laneというミニチュアのおうち。
イギリスの田舎の風景が描かれています。 
ぐるっと一周、どこから見ても作りが違います。 
見れば見るほど細かい!









b0108544_4545181.jpg

タコのお気に入りの大グモは結構顔が怖いので、タコが夏に行ったヨーロッパ旅行、
ルーブル美術館のおみやげ、モナリザのマグネットで隠しています。

夏の海への旅行で買った水晶の小亀、ガレ風ランプは箱根のガラスの森美術館、
アンティークの版画...などほとんどが旅行の思い出。
インテリアなどこだわりがないので、普段飾り物を買うことはあまりありませんが、
旅行となるとつい記念に何かしら...となってしまいませんか?









b0108544_5565648.jpg

アメリカでの秋の風物詩、とも言えるのではないでしょうか、スーパー前に並べられたかぼちゃの山!

以前は奥に見えるオレンジのかぼちゃばかりでしたが、最近は様々な色形のかぼちゃを見るようになりましたね。
大抵は、家の前に飾るためのものです。 食べてもあまり美味しくないらしいです。








b0108544_5571384.jpg

トレジョーではパンプキン製品がいっぱい! 店内がオレンジ一色!

パンプキン・パイやクッキーはもちろん、ワッフル、アイスクリーム、パネトーネ、バターにチーズ。
それにお茶やコーヒーまで...と思ったのですが、こちらはPumpkin Spiceということで、
パンプキンパイに使われるスパイス...シナモン、クローブ、ナツメグ、ジンジャー、風味ということのようです。
かぼちゃ味のコーヒー、という訳ではないのですね。








b0108544_5574550.jpg

今回初めて買ってみたもの。

前回の焼いもシフォンに使ったMurasaki Sweet Potatoes。
実はこの紫の文字に、もしかして日本の紫芋のように中もパープルで、これで紫色のシフォンが作れるかな?
と想像して買ってしまったのですが、中は黄色というより薄いクリーム色の、普通のさつまいもでした。
いえ、こちらもSweet Potateは中もオレンジ色で、日本のさつまいと風味も違って美味しくないので、
紫の普通のさつまいもがあるだけて嬉しいのですけどね。

キツネさんのイラストが可愛くてつい買ってしまったハーブティー。
開けた途端にシナモンなどのスパイス、クランベリーの甘酸っぱい香りが広がり、期待したのですが、
飲んでみると、なぜか、しっかり甘い!   (カロリー表示は0なのですが。)
甘いお茶は苦手なので、こだわりのなりダダのアイスティー用となりました。

”ゴースト”の名前も、とびきり辛そうですが、ただ赤唐辛子まみれで辛いだけのとは違って、
ガーリック、オニオン、ハーブなどいろいろな風味が効いていて、厚切りの美味しいチップスでした。

かぼちゃの味ではありませんが、形がかわいいチョコ。
中にはクランチだったり、カラメルだったり、トリュフだったりと味もよくて、こちらも当たりでした。







b0108544_558326.jpg

素朴なダンボールの箱がかえって美味しいのでは? 
と予感がしたのですが、こちらも正解でした。

アメリカのお菓子にしてはかなり甘さも控えめのチーズフィリング、スパイスも効き過ぎていない優しい味です。
グラハムのクラストが厚めで、アメリカらしい甘さなのですが、この程度なら許せる感じ。
冷凍なので好きな時に好きな分だけ切って食べられるのもいいですね。

どっしりとしていないチーズケーキは日本人にも喜ばれるかと、また買って、とある集まりに持参したのですが、
「美味しい! どこで買ったの~」と大変に好評でした♪
(アメリカの市販のケーキでおいしい物って、なかなかないものなのですよ。)







b0108544_6242684.jpg

初めて”ハロウィン”という言葉を知ったのは、子供の頃に好きだったスヌーピーのコミック。
かぼちゃ大王って本当にいるのかな?などと思ったものです。
でも当時はただ、かぼちゃがおばけになって子供を驚かす怖い日かと想像するのみ。
アメリカに来て、初めてTrick or Treatなど、子供にとってはお菓子をもらえる楽しい夜とわかりました。

先ほど渋谷の様子をニュースで見ましたが、
日本でこんなに大盛り上がりなイベントになっているとは、びっくり~@@!!

みなさまもどうぞ、安全で楽しいハロウィンをお過ごしください♪
Happy Halloween!!

一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-10-30 22:24 | 雑貨 | Trackback | Comments(6)
コスプレ、若田さん...ジャパン・フェスティバル2015
b0108544_1625616.jpg

KA・WA・I・I~ 
アニメそのもののキャラクターが、目の前に現れた感じです。(どんなアニメかは知りませんが)
4月に行われた、ヒューストンのジャパン・フェスティバルでは、あちらこちらにこんなコスプレが見られました。

アメリカのティーンズの間にも、日本のアニメは大人気。
タコのハイスクールにも、MANGAサークルがあり、たくさんのオタクのみなさんで活動も盛んだとか。
タコはそれほど関心はないようですが、日本語ができるということで引っ張り込まれているそうです。








b0108544_1631118.jpg

ピカチュー、今でも人気なのですね。
DOZOという名前が怪しい~(笑)  このベンダーさんはきっと日本の方ではなさそう。
たくさんの食べ物のお店も出ていましたが、半分以上はなんちゃって~な感じの、
アメリカナイズされたジャパニーズ・フードでした。
TERIYAKIはBBQの味付けなどで、アメリカでも良く知られています。








b0108544_15283025.jpg

こちらは昔ながらの日本の味。 お祭りでのたこ焼きや焼きそばの屋台が懐かしい~
共食いではありませんが、たこ焼きはタコの大好物!
カツカレーも大人気。 30℃を超す初夏のような陽気でしたので、抹茶のカキ氷も美味しそうでした。
私も食べたかったけれど、どこも長い行列で、並ぶ根性がありませんでした.


 







b0108544_15284264.jpg

よく見ると、ドラ焼きを売っているからどらえもんなのですね~
その隣の、パイナップルで造ったフクロウがおもしろい! 








b0108544_163262.jpg

桃太郎にかぐや姫? 
ボクにも楽しい思い出となって、日本によい印象を持ってくれますように。









b0108544_1633950.jpg

コミックの古本、日本語のでもアメリカの方に結構売れるそうです。







b0108544_15163774.jpg

切り張りしたような真っ青な空。 雲ひとつありませんね。
会場となったハーマンパークはヒューストンの中心部、ダウンタウン近くにあります。







b0108544_15285728.jpg

緑豊かでとても広い公園なのですが、たくさんの人であふれかえっていました。
日本に興味を持っていただいている方が多いことは、やはり嬉しいですね。








b0108544_1624457.jpg

人ごみは苦手ですが、タコが日本人仲間と5人でステージで演奏させていただくことになったので、
三年ぶりに出かけることになりました。

「花は咲く」を最初は5人だけでの演奏、続いてはコーラスのみなさんとご一緒に。
演奏することに決まってから、本番まで日にちもなく、準備が大変でした。

最初はみなで同じメロディーの部分を演奏するだけ、ということだったので、
それなら簡単だしリハーサルも必要ないかと思っていたのですが、
楽器もクラリネット3人、トランペット1人、フルート1人と個性が違うので、せっかくだからと、
コーラスの御指導をされている音楽家の先生が、5人のためのアレンジを考えてくださり、
楽譜が出来上がったのが本番三日前!

みんな学校でブラスバンドを取っているとはいっても、中高生のことですから、
そんなすぐに演奏できるものかと親たちは不安になり、急遽金曜の夜に集まって練習。
そこそこ吹けて、安心したのですが、翌日は先生を交えてのリハーサル。
みんなで歌って、歌詞の意味をよく考えるところから始めるのですね。
さすがプロの方の御指導は違います。
みるみる演奏が素晴らしくなるのが素人の私にもわかりました。
本番もみなさん自信を持って、楽しく演奏することができたようです。

現地校の仲間と演奏するのとはまた違って、日本人同士で演奏するのは初めてのことですし、
大勢の方の前でのステージ、子供たちにとってよい経験になったことでしょう。
一応お世話役をさせていただいた私も、無事に終ってほっとしました。








b0108544_15281566.jpg

コーラスの次は日本舞踊。
ステージに向われるみなさまの艶やかなお着物姿が目を惹きます。
その後も文楽のお人形や、琉球太鼓、合気道など、たくさんの日本文化が紹介されました。








b0108544_1641432.jpg

お散歩しているかわいいワンコちゃんたちに、ついつい目が行きます。








b0108544_1643051.jpg

本当に暑い様なお天気のよい日でしたので、真ん中の池ではワンコも子ども達も水に入って涼んでいました。








b0108544_1635515.jpg

オタク文化、ジャパニーズフードと並んで、もう一つの目玉は、若田宇宙飛行士のサイン会! 
こちらにも長い長い行列ができていました。








b0108544_1621117.jpg

たくさんの人でしたのに、一人一人にサインをしながら言葉を交わして、握手をして、記念撮影も輝く笑顔!
とっても丁寧に対応されていらしたご様子に、やはり大きなことを成し遂げる方は違うわ~
と改めて感心してしまいました。


先日NHKニュースでも取り上げられていましたが、次に宇宙に飛び立つのは油井宇宙飛行士。
息子さんが補習校でタコと同級生です。
冬に行われた学習参観日に、お忙しい中、参観にいらしていました。
すらっとハンサムで見るからに優しそうな、素敵な方でしたよ~
今月末に予定されている打ち上げ、ミッションの大成功を心よりお祈りしております!
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-05-10 22:49 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
【アメリカの学校】 ハイスクールのオープンハウス
b0108544_2133541.jpg

10月ですね~ 今日は6日の月曜日。 
タコの学校では、8月末から新年度が始まっていますが、最初の一学期が終わり、今日から二学期の始まり!
早すぎますよね(笑)  
こちらの学区では6学期制をとっていて、6週間のサイクルで学期が変わるのです。
御丁寧に、レポートカード(通知表のようなもの)も6回いただきます(なくてもいいのに~)。

アメリカの高校が全て6学期制ということではありません。逆に少ないのではないでしょうか。
アメリカの教育制度は州によっても、いえ、同じ州でもその中の学区によって、いろいろなことが違います。
例えば学校の時間も、ここでは7:30から2:35までですが、お隣の学区では8:30から。
春休みの期間もずれていたりするのですよ。

先日、日本から越していらしたばかりの方とお話する機会があったのですが、
お子さんが5歳で、幼稚園に入るということで、「アメリカでは幼稚園から義務教育なのですね~!」と驚かれていました。
学校制度、日本では6・3・3制ですが、アメリカでは少し違います。
州によって違うところもありますが、一般的には...

• Kindergarten(幼稚園)
   Kinder - 5歳

• Elementary school(小学校)
  1st grade-6歳
  2nd grade-7歳
  3rd grade-8歳
  4th grade-9歳
  5th grade-10歳

• Middle school(中学校)
  6th grade-11歳
  7th grade-12歳
  8th grade-13歳

• High school (高校)
   9th grade (Freshman)-14歳
  10th grade (Sophomore)-15歳
  11th grade (Junior)-16歳
  12th grade (Senior)-17歳

キンダーから12年生までが義務教育。 日本より長いですね。
キンダーは独立して書きましたが、普通はエレメンタリーの建物の中に入っています。
ですから、エレメンタリーは5年生までですが、キンダーからの合計6年間、場所的には同じエレメンタリーに通います。
内容も、日本の楽しい幼稚園よりも、小学校の準備といったお勉強中心。 レポートカードもちゃんとありました。

そして小学校が5年までと一年早くミドルスクールに入り、ハイスクールが4年間と長いのですね。
タコは日本でしたら中学三年生ですが、6月生まれと8月から新年度が始まるアメリカでは早生まれ的なところもあり、
こちらではハイスクールも二年目の10年生なのです。

学年の呼び方も、日本のように中学での何年目という呼び方ではなくて、ずっと下から通して8年生とか9年生とか...
そしてハイスクールはさらに、学年毎に別の呼び方があります。 カッコの中に書きました。
タコは10年生なので、今はソフォモアと呼ばれます。 去年はフレッシュマンでした。
こちらの方がよく使われますね。  大学も4年制ですし、同じように呼びます。
「息子さんシニアなの~ もうすぐ卒業ね~」といった感じ。
最初は何だかピンときませんでしたが、さすがに今は慣れてきました。

画像は、タコの通うハイスクールの中央にある入り口です。
初めて入った時、あまりの天井の高さにびっくり!
赤いTシャツの方と比べると、おわかりいただけるでしょうか?








b0108544_21332555.jpg

部分的に2階建てで、校舎は上にではなく、横に広い感じです。
コロラドの小学校は平屋の作りでしたし、こちらでは4階建てという校舎は見ませんね。
土地にゆとりがあるからでしょうか。
タコは、「階段が多いと危ないんじゃない~」と言ってます。









b0108544_21335356.jpg

全体はとても入りきれませんでした。
まだまだこの手前に9年生専用の入り口、そしてまだまだ向こう側にはもう一つの入り口があり、
右側には何百台ものパーキング。
上級生は車で通学する生徒も多いですからね。








b0108544_21395666.jpg

中央の入り口を入ったところ。
このカブトのようなマークが、ハイスクールのマスコットのスパルタン。 ギリシャ戦士らしいです。
でも普通は動物ですね。  
例えば同じ学区のハイスクールは、クーガー、ユニコーン、タイガー、マスタング(馬)、ラム(羊)
など、強そうなイメージのあるものなのでしょうか。

スクールカラーはオレンジとネイビーブルー...









b0108544_2143066.jpg

これはバンドの、「これからのマーチングバンドのシーズンに向けてがんばろー」とピザを食べながらのカジュアルな演奏会。
みんなスクールカラーのオレンジのTシャツを着ていますね。

場所はカフェテリア。 
広くて全体は入りませんでしたが、中央のステージをはさんで、左側も同様に広がっています。
この長いテーブルと丸い椅子とはくっついていて、移動するときやお掃除の時にも便利そう~と思ってしまいました。








b0108544_21502397.jpg

こちらはフランス語の教室。
教室の机と椅子もくっついて固定されているのですよ。
ガタガタ、椅子を引く音などでうるさくなくてよさそうですね。

そして前にはスマートボード。 
これは中学校にも全て備えてありましたが、PCの画面がそのまま大きなスクリーンで見られて、
もちろん、スクリーンタッチでの操作。
授業の内容も膨らむのはもちろん、書く作業も少なくなり、先生も楽ですね。

授業のIT化はどんどん進んでいます。
教科書も、今年はすべてがE-textbookになりました。 オンラインで見られます。
こちらの教科書は百科事典のように大きくて重たく、持ち運びが大変でした。
(ほとんど学校と家に置く分の二冊あるので、通学で持ち歩くことは少なかったのですが)


そうそう、この日は新年度にあたってのオープンハウスでした。
短い時間ですが、1時間目から7時間目まで順番に、保護者が子供のクラスを尋ねて、
先生から授業についての方針や説明を受けるのです。
老けた高校生が座っているのではありませんよ~(笑)









b0108544_21504524.jpg

化学の時間、「補講や再テストのスケジュールですよ~」の先生の言葉に、携帯でパシャ!
メモをとるより簡単ですね(笑)

いえいえ、生徒たちはちゃんとノートをとっているようですよ。









b0108544_2244871.jpg

化学の教室。 シンクを備えた実験台もいくつか、備えてありました。
でも何だか薄暗い~ 画像より実際はもっと暗く感じました。
先生によってはもっと暗い教室もあるそうです。
視力も落ちるはずですよね。








b0108544_2253728.jpg

学校の様子、ということで、こちらは春に行われたバンドのコンサート会場。
オーデトリアムといって、やはり学校の中にあります。

バンド(木管、金管、打楽器)の他にも、オーケストラ(弦楽器)、コーラス、演劇、などのクラスもあるので、
音調を備えた本格的なホールも必要なのでしょう。
卒業式は、とても全員は入りきれないので、学区が持っている別の大きな建物で行われます。









b0108544_2255875.jpg

こちらは、完成したマーチングを保護者にお披露目する...というイベント。
(秋はこういう感じで、いろいろと親も呼び出される機会が多いのです。)

ハイスクールの裏も広くて、ここはフットボールようのフィールド。
でもVersity(一軍)の試合は、大きな専用のスタジアムを学区で持っていて、そちらで行われます。
ここは練習と中学校の試合用でしょうか。

他にも運動用施設で言えば、テニスコート8面、野球場、女子のソフトボール場、サッカーフィールド、陸上競技フィールド、
がそれぞれ別にあり、
体育館(室)も、男子用、女子用、9年生用の3つ、ダイビング用のプールも備えた、
2つのプールを持つ室内プールもあります。
そうそう、いろいろなトレーニングマシーンがずらっと並んだ、アスレチックジム顔負けの広いトレーニング室も。

普通の公立のハイスクールですが、生徒数は約3600人と規模も大きく、創立9年目と新しめの学校なので、
設備も充実している方なのかもしれませんね。
でも基本的にはアメリカの公立高校って、どちらもこんな感じではないでしょうか?








b0108544_2261880.jpg

ヒューストンにもやっと秋の気配を感じられるようになりました。
まだまだ昼間はもくもくとした入道雲がほとんどですが、明け方にはこんな秋らしい雲も...

車を運転していると、きれいな空の景色によく出会うのですが、なかなか写真には撮れません。
朝、タコを学校に送って行く帰り、道が大渋滞で止まってしまうこともたびたび...
でも写真が撮れたのはラッキーでした。









b0108544_2215358.jpg

だいたい7時頃ですが、こちらではまだサマータイムなので、一時間早いのです。
ようやく明るくなって来たかな~という頃ですね。









b0108544_221646.jpg

落ち着いて、ステッチを楽しむ時間もなかなか取れません。
こちらはもうほぼデザインの部分は刺し終わっているのですが、実はこれからが長~いのです。
左下の部分、一部始めていますが、背景を全てサーモンピンクで埋めなくてはいけないのです...(泣)


飽きてしまいそうですが、完成までがんばれ~!と、
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2014-10-07 03:17 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(4)
補習校親善ソフト大会 @ダラス2014
b0108544_539186.jpg

今年もやってきました。 年に一度の、ダラス補習校とのソフトボール親善大会。
開会式での勢ぞろいした子供たち。
4年前に、コロラドから越してきて初めて参加した時には、「こんなにたくさん日本人がいるなんて~」
と驚いたものです。

補習校同士の対戦、とはいっても、補習校の行事ではないので、参加するのも自由です。
毎週土曜日の補習校の授業の後、3時から5時半までの練習。
大会直前の8月には日曜日にも練習がありました。
遠くから通っている(中には片道2時間というご家庭も)方には参加が難しかったり、
コーチも運営も保護者で、みな何かの係りにつかなくてはならないので、保護者にも負担はそれなりにあります。
もちろん、ソフトボールなんで興味ない~、運動は苦手~というお子さんもいらっしゃいます。
ヒューストン補習校全体の生徒数は(どんどん増えて)430人ほどですが、
今年のソフト大会への参加生徒は90人ほどでした。

タコの学年、中三は中でも参加者が多く、男子だけでも8人。
学年があがると普段はなかなか忙しいですし、家が近いというわけでもないので、
遊ぶ機会もあまりありませんが、ソフトの練習が遊び代わりでしょうか。
ソフトのおかげで(わざわざ休みの日に)補習校に通うのも楽しく感じられるようです。

特に今年はダラスでの開催なので、前の日にホテルで1泊。
中高生は子供4人で1部屋、ちょっとした修学旅行気分ですね。









b0108544_5215737.jpg

ダラスへの移動も、生徒は一緒に豪華観光バス2台で。
親たちはそれぞれの車で向います。
同じテキサスとはいっても、広いですからね~ 片道4時間のドライブです。
ほとんど同じような景色ばかりですし、道中退屈してしまうのですが、
今年はお友達が同乗してくださって、彼女とのお話が弾み、睡魔と闘うことも無く、行き帰りの時間もあっという間でした。









b0108544_1359523.jpg

景色に変化の乏しいハイウェイ45号の途中、唯一、この像にはどっきりさせられます。
今回は、車を降りて、近くから見てみることにしました。









b0108544_5221436.jpg

サム・ヒューストン...ヒューストンの地名の元にもなった、歴史でも必ず習うテキサスの偉人です。









b0108544_5222954.jpg

ぐるっと一周眺められましたし、裏にはちゃんとしたビジターセンターやギフトショップもありました。
他に4、5組の方も見ていらして、観光スポットにもなっているようです。









b0108544_5594766.jpg

きゃー、頭の部分のレプリカだと思うのですが、それだけごろんと地面に置いてあると...怖い(笑)
私の身長近くの大きさです。

気を取り直して...








b0108544_5525077.jpg

やはり楽しみは美味しいものですよね~ 
彩りも鮮やかななちらし寿司。
日本では当たり前かもしれませんが、アメリカのお寿司屋さんでは、これは何~?的な
不思議なちらし寿司も多いのですよ。








b0108544_541388.jpg

一昨年にも行ってお気に入りになった、鮨酒
ヒューストンではお目にかかれないレベル(怒られるかな?)のお寿司屋さんです。








b0108544_5413474.jpg

せっかくカウンターに座ったので、握りもあれこれ。
お寿司は大好きですが、実はまぐろなど赤身のお刺身は好まないので、
ほたて、甘エビ、イカ、ウニ...

特に、透明感のあるヒラメと、新鮮なアジはこちらでは珍しいのでパチリ!
そして食べかけですが大きな牡蠣フライ、火の通り具合がちょうどよくて柔らかいホタテとキノコのソテー
もおいしかった!







b0108544_5411739.jpg

ドランゴンロール...はお友達のチョイス。
食べ物には少し保守的なところのある、私達だけでしたら頼まなかったでしょう。
サーモン、鯛、アボカド、マグロとカラフルなだけではなく、中のカリフォルニアロールとも合って美味しかった!

カウンターから、どうやって作るのか見ていましたが、ラップにお刺身を斜めに並べて、
中にカリフォルニアロールを巻き込むのですね。
うちでも作れるかな~??   
見てわかった気にはなっているものの、実際は難しそう...

久しぶりの美味しいお寿司に、幸せなひと時でした。
再来年も、また訪れることができるでしょうか?








b0108544_5415490.jpg

翌日の日曜日は、ホテルを朝7時に出発。
小学生の男子も女子もそれぞれ午前に試合がありました。
男子は2試合の勝利で頼もしかったです。 

午後には試合も終って、ほっとしている様子。
夏の炎天下のもとでの練習で、みんな良い色に日焼けしていますね~
楽しい夏の思い出になったかな?








b0108544_5515626.jpg

中学生男子の試合は、残念ながらサヨナラ負け。
せっかくピッチャーをさせていただいたのに、最後タコの締まらないピッチングのせいで三点差を守りきれず(悲)
野球と違ってスローピッチの投球はコントロールが難しい~、守備のエラーも多かったし~
と慰めていただきましたが、勝てる試合だっただけに、みなさんにも申し訳ない。
打つほうでは、三打席とも全てヒット、うち二塁打二つと貢献できたのですけど...
やはり勝たないとがっかり~ですね。

一番のメインは最後の高校生男子の試合。
といっても高校生は7人しかいないので、中学生も入っているのですが、去年は34対6と大差で負けてしまい、
ダラスとの力の差は明らか。
今年はどうなることかと心配しましたが、追いつ追われつの緊張した熱戦でした。
私はスコアブックをつける大事なお役目をいただいてしまったので、
間違えないように~と緊張して試合内容だけに集中していたので、他を見る余裕がなかったのですが、
ダダによると、周りの観衆も大勢で、応援の熱気もすごかったらしいです。

こちらも最後は残念ながらサヨナラ負けとなってしまいましたが、ここまで戦えたことが予想外。
みんながんばったね~と観衆からは大きな感動の拍手、そして何人かの選手は涙...でした。

心配したお天気にも恵まれて、男女8試合、無事にソフトボール大会も終了~
終わったのは5時近く、そこからまた4時間かけてヒューストンに戻りました。
熱戦の余韻も残り、帰りもお話に花が咲いて、短く感じましたが、
運転したダダは、大会中は写真係としても活躍、大変にお疲れ様でした!


楽しいソフト大会も終って、補習校、続く2週は楽しくない(笑)期末考査。
どちらも前日の金曜日にはフットボールの試合があり、帰宅は11時過ぎ。
試験勉強、一夜漬けをする時間もありません~
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2014-09-11 02:39 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
Le Ouisie's Table, la Mistral ~ヒューストンのフレンチ、イタリアン(2)
b0108544_23152788.jpg

この春に出かけたママ友ランチより、お洒落なレストランを2件。
全てi-phoneで撮った写真なので、写りがあまりよくありませんが、
美味しかったお料理と、素敵な雰囲気が少しでも伝わりますように~☆


Ouisie's Table
ヒューストンで一番大きなショッピング・モール、The Galleriaを中心にした、商業地域、ギャレリア地区にあります。
近くには高級住宅地も広がり、ヒューストンでは一番都会なショッピングエリアかもしれません。
このレストランへの駐車も、全てがValet Parkingでした。
性格に形容すると、こちらのレストランは「フランス料理」ではなく、「モダンなアメリカ南部料理」らしいのです。

シーフードのメニューが充実しているのでここを選んだのに、「今日のお勧め」の説明を聞いたら、<quailうずら>ですって!
日頃、「あまり肉類は好まない~」と言っていますが、おいしいすき焼きとかしゃぶしゃぶとか、
料理法によっては好きな場合もありますし、うずらの締まった食感と味のあるところが結構好きです。

説明では「タプナードとフレッシュ・モッツアレラの温サラダ、うずらのグリル添え」と聞こえたので、
うずらは添え物程度かと思っていたら...丸ごと一羽~!!(笑)
見た目にもインパクトのある、ボリュームいっぱいのお料理でした。

鶉はシンプルな味付け。 
イエロートマトもソテーすることで甘くなり、とろりとしたモッツアレラと、
オリーブ、ピメント、ケッパーの酸味が効いたタプナードと一緒にいただくと、複雑な味わいになります。
鶉が乗っているミックスグリーンは冷たいサラダなので、温かい部分との対比が楽しい~









b0108544_21451128.jpg

こちらでは、パンではなくて、この三種類のミニマフィンが最初に出て来ます。
シンプルなコーンブレッド、シナモンなどスパイスの効いた少し甘めのもの、チャイブとチーズ。

お友達Tさんはお肉好き。 やはりこの日のお勧めミートローフにしましたが、わらじのような大きさ!(笑)
大量のマッシュドポテトもあって、完食は無理...

それでも、デザートは欲しくなります。
こちらもみんなボリュームありますね~ 
どれにしようか迷った結果...









b0108544_21454163.jpg

Tres Leches Cakeにしました。
私はアメリカに来て初めて、メキシカン・レストラン知ったのですが、日本でもあるのでしょうか?

Tresはスペイン語で3、Lechesは牛乳を意味します。
つまり3つの乳製品をつかったケーキ。 コンデンスミルク、エバミルク、生クリームでしょうか?
普通のスポンジケーキに、その三種類が混ざったような液体がたっぷりしみこませてあります。
サバランのようにしっとり~と言うかぐじゅぐじゅしているのです。
甘いですが、ミルキーな味で結構おいしいですよ。

シンプルな味で、しかもこちらも結構な大きさなので、半分で十分。 Tさんとシェアして正解でした。
ウェイターさん、言わなくても、目の前できちんと二つに切り分けてサーブしてくださいました。
紅茶も、減ったのをこちらが気が付く前に、ささっと継ぎ足してくれて、それも3回も...

アメリカは根強くチップ制度が残っているので、必要以上に何度も「味はどう?」、「何か御用は?」と聞きに来られたり、
料理が残っていても、さっさとお皿を片付けようとされたりすることがよくあるのですが、
こちらではスマートなサービスも気分よく、お話も弾んでつい長居をしてしまいました。
帰り際、夜にはパーティーでもあるのでしょうか、最後の私達が席を立つと、テーブルを移動していました。
お邪魔だったことでしょう。 いつまでもすみません~(笑)










b0108544_2305295.jpg

Le Mistral
先ほどのギャレリア地区よりはうちに近く、補習校のあるメモリアル地区の西の外れにあることもあり、
日本人ママランチの御用達レストラン...との噂がないでもないお店(笑)
私も今年になってからだけでも、2回行きました。

スープまたはサラダ、メイン、デザートも付いて、$20というお得なビジネス・ランチのコースもあります。
そのコース、私はサラダ、お友達二人はマッシュルームのスープ、トマトクリームスープ。
ミストラルの「M」の字がクリームで、ちょっとお洒落~?
メインは一種類だけで選べないのですが、この日はサーモンとほうれん草のパイ包み。
私には当たり~!でした。










b0108544_2311398.jpg

デザートはチョコレートムース。 小さく見えますが底が深くて、結構たっぷり~

別の日のメインは骨付きポークチョップであまり嬉しくなかったのですが、一人だけ違う物を頼むのも気が引けて...
でもお肉はとても柔らかく、たっぷりのポレンタがクリーミィーで好みでした、。
デザートはチョコレートソースの海に泳ぐスワン・シュー。
思わず、「かわいい~!」の声が上がりました(笑)









b0108544_23162092.jpg

D'Amicos's Italian Cafe
こちらはカジュアルなイタリアン・レストラン。
うちから車で5分ととっても近くてちょっとお洒落なモールに、新しく出来たお店です。
同じ学校区のママさんとの情報交換ランチに利用してみました。

ランチには小さなサイズですがサラダも付いて$10以下という、かなりお得なライト・ランチもあります。
私はCrawfishザリガニのラビオリにしました。
もっちりとしたラビオリのパスタの部分はおいしかったですが、クリーミィーなトマトソースは
塩気が強いけど、味に深みがなくて、いまひとつな印象...

ボリュームがあるように見えますが、ラビオリは3個とそれほどでもありません。









b0108544_23165619.jpg

お隣の方、ミートボールは大きいですが一個しか入っていませんでした。
味のほうの印象は薄いですが、新しいお店の明るい雰囲気はよいので、近いことですし、また利用してみたいと思っています。






☆  ☆  ☆  ☆  ☆


この週末もばたばたしていました。
土日はまた野球のトーナメントが予定されていたのですが、金曜日の夜、突然の大雨で中止。
となると補習校に行けるので、考えていなかったお弁当を作らなくては~ということで、
おかずの準備も何もしていなかったので慌てました。

そして、土曜日にはアラバマからお友達が染色のワークショップでヒューストンに来ることになっていて、
でも日帰りなので、会うのは無理かな~と思っていたけど、野球がないなら少しでも~と思って連絡を取ったものの、
夕方まで缶詰ということで、あら~残念。
それではタコの補習校が終って、放課後のソフトボールの練習の間、コスコ、韓国スーパーでお買い物。
さあ、次はピアノのレッスン、と野球がなくても盛りだくさんの土曜日なのですが、そこに突然の電話。
「帰りのフライトが、アラバマの天候不順でキャンセルになったの~」とお友達から。

さあ大変! 
土曜出勤していたダダに電話をして、
「早く家に帰って、できるだけ片付けて、ゲストルームをセットアップして~!」とお願い。
私はちょっと遠い空港までお迎えに行って、帰りは、お客さま用の夜ごはんの用意はなかったので、
そこは楽をして、ベトナムレストランでささっと外食。
家に到着するとすでに9時過ぎでしたが、一年ぶりの再会で話も弾んで楽しい夜でした。

野球も中止で、日曜はすっかりのんびり気分だったのですが、ダダから、
「日曜だけでも試合やるって~」と聞いてまたあたふた。
朝10時からの試合なので、お友達を朝早く空港に送って何とか間に合って、一試合目は勝ってよかった~

しかし、2試合目の前、強風ですごい砂埃、タコのコンタクトにも砂が入って...
しまった! いつも予備のコンタクトと眼鏡は持つようにしているのですが、朝、気がお友達の方にいってしまい、
つい忘れてしまいました。 だめですね~
家まで片道30分はかかるのですが、ダダに取りに戻ってもらい、試合途中でしたが、それまで何とかもたせることができました。
30度を超える暑い日、強い陽射しを浴びるだけでも疲れますね~昨日の月曜日はぐったり~でした。

反省: いつお客様がいらしてもよいように、家の中は常に片付けて(わかってはいるけど、なかなかね~)
     野球の準備(持ち物が多い!)はダブル・チェックで!










b0108544_2214960.jpg

その日曜日の試合、相手チームのユニフォームがピンク! 
ヘルメットは赤でしたし、珍しい色の組み合わせ~と思ってたところ、他にもピンクのユニフォームのチームがいました。











b0108544_22193221.jpg

応援するママさんにもピンクのTシャツがちらほら...










b0108544_22242974.jpg

4チームぐらい見たので、「この辺りでは、ピンクのユニフォームが流行ってるの?」と聞くと、
「え~、母の日だからじゃないの~」、とあっさり。
ま~~ったく思いもつかなかったので愕然としてしまいました。
そうでした、母の日だったのですね~!

それにしても、たった一日のために、チームみんなでユニフォームを作ってしまうなんて!
「お金持ちのチームは、そういうことあるでしょう。」
そうなのですね~ <派手好き>と言われるテキサスらしい一面を見たような気がします。
日曜日は雨で試合が中止にならなくて、せっかくのピンクのユニフォームも披露できて、よかったですね~











b0108544_22244995.jpg

こちらも派手な、カキ氷を売る車。 自分で好きなシロップをかけるのですね。

土地もたくさんありますから、どこの野球場も大きくて、7歳から大人用まで年齢によって広さも違うので、
いろいろの大きさのフィールドが、ここは12個並んでいました。
タコもついに、一番大きなフィールドで試合するようになったのですね~ 早いものです。

あと3つのトーナメントを残すのみとなりました。
何とか雨にたたられず、全て開催されることを祈っています。
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2014-05-11 05:11 | 美味しいもの | Trackback | Comments(2)
クロワッサン・ダマンド ~苦労わっさんと「鳥」 
b0108544_0144472.jpg

一週間の春休みも終った月曜日の朝、タコは元気に学校に行きました。 
松葉杖をつく後姿はちょっと痛々しかったですが、十日も経つと結構見慣れるものですね。
土曜日には補習校もあり、タコの姿を見かけたらしい友人知人から、「どうしたの~とっても大変そうね~お大事に~」
とお電話やメールをいただきました。 
みなさまにも、御心配いただきありがとうございます。

この一週間がお休みで助かりました。 家でごろごろしていられましたし。
最初は何もしなくても痛いようでしたし、足を高くしていないと、浮腫んで圧迫されてまた辛かったようです。
家の中でも最初は松葉杖で動くのが、立ち上がるだけでも大変そうでしたが、
足にキャスターの付いた椅子を使ってみたら、片足でスーっと滑らせるだけで一階はどこにでも移動できるようになりました。
意図した訳ではないのですが、うちはかなりオープンな間取りで、ほとんど段差のないバリアフリーのような感じです。

もし車椅子生活になることがあっても、生活しやすそうなのはよいのですが、空間が広い分、冷暖房代は高くつきそうです。
今日は久しぶりに、やっと一人の自由な時間が取れたので、クロワッサンを作りたいと思ったのですが、
今日の最高気温の予想は何と31度!!
クロワッサンを作るには、バターが溶け出さないように、室温20度以下がよいらしいのです。
冷房を入れてまで作ろうという気合もなく、三回目のクロワッサン挑戦は、秋以降に持ち越しとなりそうです。

そう、春休み前に二週続けてクロワッサンを作ってみたのですが、満足できるものはできませんでした。
それでも二回目、この画像のクロワッサンの時には、何となく改善すべき点がわかったような気がしたので、
もう一度、作ってみたかったのですけどね~
室温が高いと余計にうまく行かないのは経験済みなので、無理はしません。
去年も結局作ったのは一度きりでしたし、
あ~、もっと早くから寒い時期に作ってみなかったのだろう~と後悔、毎年のようにしているような...(笑)

後には恐ろしい画像も...(笑)
[PR]
by Wingco | 2013-03-19 07:50 | パン | Trackback | Comments(6)
zopfのバターロール ★補習校ソフト大会@ダラス
b0108544_3185865.jpg
ツオップの伊原シェフの本、「失敗しないパンづくり」の最初に載っているバターロールを作りました。
よく膨らんでくれたのはよかったのですが、成形に問題が...
しましまが左右対称に同じ幅でできていませんね。

バターロール、最後に作ったのはいつだったか覚えていないほど...
たま~にしか作らないのだから、上手くなるはずがありませんね。 また練習しないと。

半分には溶き卵を塗り、半分には粉をふりました。
本によると、粉をふったほうは食感が柔らかになるそうです。
なるほど、表面が柔らかですね。 でも粉っぽくなるし、溶き卵のほうが好みかな?

パンはコンデジでの写真です。
[PR]
by Wingco | 2012-09-19 09:14 | パン | Trackback | Comments(4)
タケウチさんのブリオッシュ
b0108544_2136390.jpg

ブリオッシュのパン・ペルデュ、シナモン風味
いわゆるフレンチトーストなのですけど、贅沢にアパレイユを使っています。
じゅわ~っとたっぷりアパレイユを含んだリッチなおいしさ。
いつも適当に作ってしまうフレンチトーストとはやはり違いますね。

一枚のために卵一個、牛乳250cc(!)
読み間違いかと思いましたが、やはり一枚でこの量のようです。
最初に牛乳をしみこませた後に、といた卵にくぐらせます。
もともとがリッチなブリオッシュに加えてたっぷりの卵液に砂糖もたっぷり、バターで香ばしく焼く...
おいしいけど砂糖100g(!)はやはり甘すぎました。おまけに粉砂糖までふってしまって...(笑)
次回は半分にしましょう。ブリオッシュも、厚切りにしたつもりでしたが、もっと厚くてもよかったかな。

テキサスにいきなり注目が...
[PR]
by Wingco | 2012-01-21 15:01 | パン | Trackback | Comments(10)
ヒューストンへの道
b0108544_21382358.jpg
遠くに山々の見えるコロラドの風景。懐かしい~
デンバーからヒューストンに越してきて、早くも10ヶ月近く経とうとしています。
高低差が全くないと言ってもよいヒューストン。
なのでハイウェイの乗り降り以外は坂道というのもなくて、ドライブしていても見晴らしはあまり...
緑は結構豊富なのですけどね。
コロラドのことで一番懐かしく思い出すのは、そんな、山と広い空が広がる風景です。

ということで、今頃ですが、デンバーからヒューストンに移動する時に撮った写真を今頃ですが、整理しました。

ヒューストンはすっかり夏!
[PR]
by Wingco | 2011-05-25 14:55 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(8)