タグ:デコレーションケーキ ( 35 ) タグの人気記事
ルミさんの苺ショートケーキ チョコロール 素敵な忘年会♪
b0108544_9354574.jpg

いちごのショートケーキ

赤いリースをイメージしたショートケーキを作りました。
クリスマスも近かった12月のことです。

久しぶりに20cmの大きさ。
イチゴもラズベリーも大きな実でしたので、そう大きくは見えないかもしれませんね。










b0108544_9362837.jpg

ジェノワーズは安心の、小嶋ルミさんレシピ。
新刊のショートケーキは15cmと小さいケーキの割合が載っているので、単純に二倍量にしてみましたが。
20cmにちょうどよい量でした。

何度も焼いているルミさんのジェノワーズですが、慣れてしまった分、あまり手順をよく読んでいなかったかもしれない...
と、今回は慎重に作ってみたつもりです。
今までこんな程度かな~と触った温かさで判断していた、湯煎のお湯や生地の温度まで測ってみました。

食べてみるまで違いはそれほど判らなかったのですが、
いつもよりもキメも細かく、ふんわりしっとり...かなり満足のいくジェノワーズになりました。

そんな時に限って、断面の画像がなくてごめんなさい!
ポットラックに持参したので、よそのお宅では、切り分ける時に、写真に収める余裕がありませんでした。

私のケーキを食べて頂くのは初めて~という方も多かったのですが、
「アメリカで、こんな日本のケーキ屋さんのようなケーキが食べられるとは思わなかった!」
驚くほど喜んでいただいて、私もとっても嬉しかったです。
やはりショートケーキは、日本人にとって特別な思いのあるお菓子なのでしょうか。

飽きっぽいほうですし、作ったことのないお菓子もたくさんあり、日ごろはそちらに目が行きがち。
しばらくショートケーキも作らないでいたのですが、一番喜ばれるケーキですし、
今年はもっとショートを極めていきたい!と思っています。

味だけではなく、デコの方も...
こちらはかなり努力が必要ですね(笑)











b0108544_9364688.jpg

もう一つ、本当は、ブッシュ・ド・ノエルになる予定だったのですが、
外を飾るには、クリームが足りなくなってしまいました(笑)











b0108544_937440.jpg

チョコロール
こちらも小嶋ルミさんのレシピ。
作るのは、まだ2回目なので、”安心の~”とまではいきません。
前回の時のメモによると、
「生地に厚みがあるのに、とても柔らかくて、巻く時に割れてしまった...」と、そして、
「苦味の効いたココア味がしっかりある生地なので、クリームはいっぱいがいい。」

2回目、その辺りは改善されたでしょうか...

薄力粉とココアが同量、本当に苦い! 私には。(笑)
でもガナッシュクリームでかなりマイルドに、そしてラズベリーの甘酸っぱさがとてもよく合います。
これはイチゴより、絶対ラズベリー!
大人にぴったりの美味しさです。











b0108544_9373731.jpg

甘いものばかりでも、どうかしら~
と「きょうの料理」1月号で見て食べてみたかった、
白身魚の南蛮漬け
も作りました。

本当は平目を使うのですが、うちにあった鱈でも、同じ白身だから大丈夫かな~と思ったのですが、
南蛮酢に漬け込んで、冷蔵庫で冷たくすると、鱈は身がしまって硬めの食感になってしまいました。

でも、味付けはとっても美味しくて、こちらも好評でした。
南蛮漬けといっても、少し和風。
柚子果汁なので、マイルドな酸味で香り高いのです。

エリンギに、赤ではなく黄色いピーマンを使ったのもよい感じでした。










b0108544_956770.jpg

お邪魔したお宅は、ヒューストンにはあまり多くない、高層階にあるお部屋。
お隣には、テキサス有数のライス大学と広々としたハーマンパークがある一等地です。

住人もゲストも車は全て、高級ホテルと同じ、バレーパーキングなのですよ~
エントランスで車のキーをボーイさんに預けるだけ。
優雅に車から降りたつもりが、ふと足元を見ると、運転用の靴のままだったことに気がついて...(笑)
慌ててドタバタ、履き替えることに...お恥ずかしい!











b0108544_9381371.jpg

みなさんの持ち寄ったお料理もボリュームがあって、美味しそうなこと!

たくさんの大きなエビフライに、大きな春巻き...










b0108544_938396.jpg

豪華なローストビーフは付け合せの野菜もきれいに盛り付けられていて、
やはりパーティーの花ですね!

わさび醤油味のソースもさっぱり美味しい~










b0108544_9553518.jpg

大きな海老のカクテルも、ソースを下に敷いて、素敵な盛り付けです。

カップに入っているのは可愛らしくて、一見デザートのようですが、前菜。
白ワインの効いたグレープフルーツゼリーに、カニがたっぷり入ったクリームソース。
この組み合わせが、素晴らしく美味しかったです!

梅肉を使ったきゅうりの和え物は、餃子の皮に乗ってお洒落。
マフィン型を使ったそうです。

カリフラワーのカレーマヨソース。
私の南蛮漬けも、器を変えて、ししゃもの南蛮漬けと一緒に盛り付けていただきました。

写真には撮れませんでしたが、この後も、エリンギいっぱいの松茸ご飯風、お好み焼き。
デザートには私の2品のほかにも、マスカルポーネを使ったレアチーズ、チョコレートケーキ。
8人では食べきれないほどの御馳走が並びました。

丸テーブルっていいですね!
10人用の長方形のテーブルになると、両端同士は遠くて、お話もし辛く、
自然に左右2つ、またはそれ以上の会話のグループに分かれてのお話になってしまうことも多いのですが、
丸いテーブルですと、どなたからでも距離がそれほど遠くないので、全員で同じ話題に参加できます。

会話のピンポンが弾み、お昼の12時から長い時間...
気がつけば窓にはきれいな夕陽! 
夜ごはんの時間までお邪魔してしまいました。

慌しい12月でしたが、こんな楽しい息抜きの日もあって、リフレッシュ!
おせち料理を作る気力につながったのかもしれません。

素敵な忘年会をありがとうございました♪


丸テーブルの真ん中には、よく中華料理屋さんにある、回転台。
好きなときに、お料理も取り易くて、とっても便利!
こちらではLazy Susanと呼ぶのですよ。 
同じ名前のお店が青山通りにありましたよね。 今でも健在でしょうか...?
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-01-15 02:30 | お菓子 | Trackback | Comments(12)
謹賀新年2015 ~アメリカでもおせち♪
b0108544_0322787.jpg

新年あけましておめでとうございます♪
2015年、みなさまにとりまして、お健やかで明るい一年になりますよう願っております。

クリスマスの話題も、年末の御挨拶もすることができずに申し訳ありません。
今年こそ、更新の頻度を上げたいと、一応新年の目標に掲げているのですが、
最初の記事も三が日ぎりぎり、ということで、先が思いやられますね...

気負わずに、細く長く続けて行きますので、是非また遊びにいらしてくださいね!
今年もどうぞよろしくお願い致します。


このところ、例年になく寒いヒューストン。
どんよりとした曇り空の日が、もう一週間も続いています。
写真の写りもぼんやり~とした感じになってしまいました。
みなさんはどのようなお正月を迎えていらっしゃいますか?

うちは寒いこともあり、またダダは1日のみがお休みということもあって、ただのんびりとしています。
12月はいろいろとあってみな忙しかったので、やっとほっと一息というところでしょうか...

特に、30日には去年で最大のピンチ!という出来事がありまして、もうぐったり。
もうおせち料理をお重に詰めるのは無理かな~と、寝る時には諦めかけました。
でも31日はTVの紅白で朝早く(生中継ですが、時差がありますからね)から起こされ、
懐かしい日本の歌に元気をいただきながら、何とかおせちの支度を続けることができました。

歌の力って凄い!(笑)
視聴率は去年より下がったそうですが、私は、特に後半楽しく聴いていました。
みなさんはご覧になりましたか?

元日にはゆっくり録画を見直しましたが、最初から、タモリさんと黒柳さんの登場にびっくり!
他の局と間違えたのかと思ってしまいました。 こちらではNHKしかないのですが。
審査員席の、阿部ちゃんと仲間さんのトリックコンビにもニヤニヤ。
みゆきさんや林檎さんはかっこよくて、薬師丸さんはドキドキがこちらにも伝わってくるようでした。
もちろん明菜ちゃんやサザンも本当にサプライズ!でしたね。
来年は是非、オフコース、スピッツ、くるり...といったところに、出ていただけたら、夢のようなのですが~!!








b0108544_0352138.jpg

クリスマス前後にはショートケーキを4個作りました。
それぞれ違うレシピで作ってみました。
久しぶりなショートケーキ。 レシピによる違いもあって、奥が深いな~と改めて思いました。
なにより、食べてくださったみなさんがとても喜んでくださってのが嬉しい!
やはりショートケーキは日本人にとって、ケーキの王道ですね。
苦手なデコを始め、もっと極めていきたいと思っています。

その中の一つ、こちらは先週、クリスマスの後ですが、まだまだクリスマスモードですね、
うちにお客様がいらした時にお出ししたデザート。

生地はイルプルーのちょっと変わったレシピ、でもパインを使うのはルミさんのアイデア、
というパインのショートケーキと、「きょうの料理」で観て気になっていた、
栗原はるみさんのスパイスシフォンケーキです。


おせちとクリスマスケーキのお話は、次回にまた...
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-01-04 00:17 | うちごはん | Trackback | Comments(12)
日本のおみやげ、新しいレシピ本~♪
b0108544_4381092.jpg

日本からのお菓子たち。
きれいで、可愛くて、見ているだけでも幸せな気分になります。
もったいないな~と思いながらも、やっぱり、味の方も気になるので、パクリ!
美味しい~!!

まず初めに食べてみた、栗がサンドしてある和ケーキな雰囲気のお菓子が最高に美味しくて、感激でした。真っ白なスポンジのようなものが、じゅわっ~しっとり。 大好きな食感! 
卵白だけを使っているのかな? 
あっさりしているけれど、細かい栗が散らばっていて、中のこしあんも上品な甘さですし、
大きな栗が柔らかくてまた美味しい~♪

こんなお菓子を作ってみたい~と思わせるお菓子でした。
自由が丘の「蜂の家」というお店。 栗饅頭とかわいいうさぎさんの和三盆糖もこちらのもの。

緑色が鮮やかなものは、”お濃い茶ラングドシャ”。
名前に偽りなく、口に入れた途端、濃~い緑茶のよい香りと味が広がります。
中にはラングドシャより深い緑の緑茶チョコレートが挟んであるのですよ...







b0108544_4383175.jpg

”茶都利”と書いて、”さとり”という名前の、静岡のお菓子です。
北海道のホワイトチョコは中にミルククリーム入り。
レモン塩あめも、酸っぱくてしょっぱくて甘くて...一粒で三度おいしい!

9月のことになりますが、ダダが二週間ほど日本に行っていて、そのお土産です。








b0108544_4385053.jpg

箱を開けた瞬間は、もなか、かな? と思ったのですが、
よく見ると、「麩」と書いてあります。
お湯を注げばよいだけの、味噌汁とお吸い物のようです。
こちらはもったいなくて、まだ食べていませんが、中にはどんな具が入っているのでしょうね~?








b0108544_439912.jpg

お高そうな金箔も2箱、いただいてしまいました。
金箔が似合うような、美しいケーキが作れる日は、いつ来るのでしょうか!(一生無理かも...)
お正月のおせち料理には出番があるかもしれませんね。

箱も素敵なものが多くて、捨てられません~
何かに使えるかな~と取っておくのですが、結局、使える機会ってあまりなかったり...(笑)
そうやって物が増えてしまいがちになること、いけませんよね~
でも、箱を見て、美味しかった思い出に浸ったり...しませんか?


実は、日本のおみやげとは言っても、ダダがまめにあちこちのお店から買って来てくれたわけではなく、
全部、日本のお友達から頂いたもの。
一年ぶりの日本でしたので、あちらこちらのお友達と、毎日のように飲み会に繰り出していたらしいのです(笑)
こちらでは車通勤ということもあり、会社帰りに飲みに行く~ということはほとんどないので、
久しぶりに羽を伸ばすことが出来て、とっても楽しかったようです。

お付き合いいただいた上に、素敵なお土産までいただき、
ダダのお友達のみなさま、お気遣い、本当にありがとうございます!!







b0108544_4392445.jpg

こちらはお一人の方からいただきました。
デンバー時代に私もお世話になったKさん。
今は日本に戻っていらっしゃいますが、アメリカでの生活も長かったこともあり、
立派な昆布、ゆずのフリーズドライ、金時豆にわさび豆...など、さすが、どれも嬉しい日本の食材!

今年も本当にたくさんの貴重な品をありがとうございます! 
大事においしく頂きます♪








b0108544_4394259.jpg

新しいレシピ本も三冊買って来てくれました。
タコの本もありますし、「重いから3冊まで!」とダダからは厳しい制限が~
秋は続々と新刊が出ていて迷いました。

シフォンケーキの本は小沢のり子さん。
有名なお菓子教室、イル・プルーも、TV「プロフェッショナルの流儀」で楽しそうな雰囲気が印象的だった
リリエンベルグの本も初めてです。

もう、載っているケーキの写真が美味しそうで、本を眺めているだけでも幸せ~♪

リリエンベルグのお菓子は、やはり材料など手に入れるのが難しそうなものもあり、
ハードルも高そうですが、一つでも、せっかくなので作ってみたいと思っています。
まずはシフォンケーキからでしょうか...








b0108544_452477.jpg

こちらは夏の初めに手に入れたレシピ本。
日本に一時帰国していらしたお友達に、厚かましくも打診してしまったのですが、
快く引き受けてくださって、とっても感謝しています!

稲田多佳子さんの本からは、すでにたくさん作っていて、ブログでも紹介していますよね。
何冊も持っている多佳子さんの本ですが、今回は少し久しぶり。
やはり作りやすさは一番ですね。
それでいて、ちょっと変わった素材の組み合わせがあったり、いつも新しい発見があります。
こちらの本は特に、”小さい”ことがテーマなので、見た目もかわいらしいお菓子やお料理が楽しいですし、
ポットラックなどに持って行く物の、よいヒントになります。

セントルの本は話題になっているのでつい...
相変わらずHBにおまかせのパンばかりなので、まだ一つも作っていません~(汗)









b0108544_4524816.jpg

いつもお世話になってばかりのお友達Sさんに、イチゴのショートケーキでお返しを。
安心の(笑)小嶋ルミさんレシピ。
久しぶりのショートケーキでしたが、15cmと小さめなので作りやすく、失敗もなくて、ほっ...

ご主人様のお誕生日ということで、手作りのお赤飯を、お返しにいただいてしまいました。
きちんと蒸して作られただけあって、とてもふっくら、お豆も柔らかくて、最高に美味しいお赤飯!
お嬢さんお二人は日本の大学に進まれたので、御夫婦お二人での駐在ですが、
こうやってお誕生日をきちんとお祝いされていて、日曜日にはいつもご一緒にゴルフ...
仲のよい、理想の御夫妻です。

ついでに...と言うのは失礼ですが、ケーキをお届けに行くお宅の、すぐ近くにお住まいのお友達Hさんにも、
もう一つのケーキをお持ちしました。  
Hさん、今年初めに大きな病気が発見され、治療にも大変な日々をお過ごしでしたが、
頑張られた甲斐もあり、9月には日本に一時帰国できるほどに回復なさいました! 
日本の御家族も、元気なHさんにお会いして、安心なさったことと思います。
毎日の通院に付き添い、闘病を支えられたご主人様にも頭が下がります。
これからも、またケーキ食べてくださいね♪









b0108544_45361.jpg

5月に寄せ植えしたお花、テキサスの猛暑を乗り切り、9月になってもこんなに元気に咲いていました。
10月の今はまた少し変わってきて、右側の淡いピンクのお花はさすがに終わりかけています。
でも左のピンクのお花(植物には疎くて、名前が全然わかっていません~恥)はまだまだ元気。

前庭のガレージの横に、大きな壷のようなものがあって、スプリンクラーの水もちょうど撒かれるところだし、
これって、お花を植えるためにあるのよね~と思いながらも、ずっとそのままになっていたのですが、
今年は初めて、小さなお花の苗を5種類買って、植えてみました。
壷が見えなくなるほど増えてくれて、嬉しい~♪

本当に適当に選んで植えたので、どう成長するかもわからず...
種類によって、わさわさと横に増えるのや、背が高く伸びるもの。
暑いとお花がたくさん咲くものや、反対に夏は咲かず、気温が下がってくるにつけ元気になった紫の花、
など性格がいろいろ違いますね。

すぐに枯らしてしまうかな~と恐る恐るでしたが、こんなに長い間目を楽しませてくれるとは意外~
来年はもっと考えて植えようかな~と思っています。

その前に、御近所さんではすっかり秋模様の前庭の様子です。
ハロウィンのかぼちゃを置いたり、秋の花といえば、こちらでは菊が多いのです。
オレンジや黄色が目立ちますね。


うちのピンクのお花たちはまだ元気なのでもったいない気がしてしまうけれど、
秋らしく、菊に植え替えした方がよいのかな~?
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2014-10-16 02:19 | 美味しいもの | Trackback | Comments(4)
苺のショートケーキ ~さようならとおめでとう!! ヒューストンの樹氷
b0108544_19292481.jpg

苺のショートケーキ
いつもの小嶋ルミさんのレシピで作りました。
がんばって三段に仕上げたのに、みなさんにサーブするのに必死で、断面の写真を撮り忘れてしまいました。
ジェノワーズはよい感じに焼きあがったのですが、生クリームを少しホイップし過ぎて、
見た目も滑らかでなくなってしまい、反省~







b0108544_22281253.jpg

持ち寄りランチでデザート担当は私だけだったので、
ショートケーキだけでは寂しいかと他にも2種類のお菓子を作りました。
こういう時って、同じようなものにならないように、一応、三種類のバランスを考えます。
今回は、生クリームのケーキ、チョコレートのケーキ、タルト。








b0108544_19164945.jpg

フォンダン・オ・カシス
名前の通り、小嶋ルミさんの本ではカシスを使っているのですが、カシスは手に入らないので、
酸味が強くて少しは近いかな~とラズベリーで代用しました。

カカオパウダーが入りますが、小麦粉を全く使わないフォンダン、初めて作りました。
このように、外側は膨らんでしっとりとしていますが、中心部分はとろりとしたまま(断面の写真が撮るのを忘れました!)、
味もチョコレートとそのものの甘くて苦~い味。
チョコレートもセミスイートとビターを混ぜて使っていますので、かなり大人の味ですね。
苺ショートとは好対照です。
一緒に食べるとチョコの濃厚さが和らいで良いかも~

ラズベリーは中にもたくさん入っていて、その酸味が濃厚なチョコ味のよいアクセントになっています。
チョコの好きな方には喜んで頂けましたが、私には少し濃厚すぎたようです。
もう少し軽い、ガトーショコラなら好きなのですけどね。








b0108544_1917894.jpg

うぐいす豆ときび砂糖クランブルのタルト
稲田多佳子さんの「ちょっと和風の焼き菓子レシピ」より。
こちらは何回か作っているお気に入りのお菓子です。
タルトといっても、クランブルを底に敷き詰めるだけと、作るのはお手軽。
本では直径15cmですが、もっと高さを出したいと、二倍量にして、15cmとおまけに家用に12cmにも分けました。

こちらは12cmの小さい方。私が大好きなお菓子なので、冷蔵庫にしまって、大事にいただきました。
冷やしてもおいしいお菓子です。
アーモンドクリームと鹿の子うぐいす豆(お菓子用)の相性が意外ですが、とてもよいのです。
黄身餡のお饅頭を上品にしたような、和風な感じもしますし、ラム酒の香りがおいしさを引き立てます。








b0108544_19281974.jpg

この日の送別会は、お友達のお宅でのランチ・ポットラック。
お赤飯、鶏の南蛮漬け、チャプチェ、ほうれん草のフラン、キッシュ、エビと野菜のゼリー寄せ、
チキンと春菊のサラダ、ゆず大根、かぶとたらこのサラダ...

みなさんお料理上手! どれもおいしくて、作ってみたいものばかりでした。
特に春菊のサラダは、春菊を生のままで、こんなにおいしくいただけるのかと感激!
お醤油ベースで細かく切ったザーサイの風味がぴりっと効いたドレッシング...
もっと詳しいレシピを聞かなくては~ 








b0108544_19185311.jpg

女性だけの集まりなので、いつもの家族が集まったポットラックとはまた違いますね。
お野菜中心のヘルシーなお料理が並びました。
一度に全部の種類はお皿に乗り切らなかったので、おかわりもしましたよ~
それでもデザートの入る余裕もあって、みなさん三種類とも喜んでいただけたようです。








b0108544_19513872.jpg

スイートチョコのフロール
以前にも作ったことのある津田さんのチョコフロールですが、今回は大人数のため、半分のミニフロールにして、
中にはチョコと相性が良く、見た目もアクセントになるかな~とラズベリーを入れてみました。

ミルクチョコレートのガナッシュクリームに、ココア生地...








b0108544_19531548.jpg

それだけではなく、生地にはミニミニのチョコチップが散らしてあります。
このチョコチップはビターなので、きりっと苦味が全体を締めているでしょうか。

以前作った時には、本にスイートチョコのみじん切りとあるので、ミルクチョコレートを刻んだのですが、
べたついて刻むのが大変でしたし、焼くと溶けて見た目も悪くなったしまいました。
今回はチョコチップなのでそのまま散らすだけですし、焼いても形が残ってよい感じに仕上がったでしょうか。

津田さんのフロール、味のことは言うまでもありません。
しっとりとした生地に甘くてまろやかなガナッシュクリーム、ラズベリーの酸味も合ってとっても美味しい~♪

30人近くと大勢が集まる送別会でしたので、もう一つ、また苺のショートケーキも作りました。
前の会とはメンバーもほとんど違いますし、同じ物でもよかったのですが、違うレシピにしてみました。
ルミさんのとはまた違って、きめがもっと細やかで、あっさりとした甘さ。
でも、大きな長方形の型で二倍量で作ったのですが、大きいと中心部分になかなか火が通りません。
焼き時間をかなり長くしてしまったのですが、何となく、周りが固くなってしまったような気もします。
大きくおいしく作るのは難しい~

会場でドタバタしないように、家で個別に切り分けたのですが、手間取って、時間ぎりぎり。
また写真を撮ることができませんでした。
クリームの絞り出しもできませんでしたし、見た目もぱっとしなかったもので...







b0108544_1954720.jpg

遅くなって、ほとんどお料理の方はなくなっていましたが、デザートだけでもおいしそうなものが数々並んでいました。
私のさえない苺ショートも、一応、作りました~ということで。

黄色の丸いケーキは、お店で買われたものだそうです、マンゴーのムースが滑らかで、甘さがアメリカのケーキ
とは思えないほど適度で美味しかった~ お店の名前聞かなくては~
他には、チョコレートケーキ、抹茶のチーズケーキ、プリン、ココナッツの餅粉を使ったケーキというのもありました。
御馳走様でした。

この日はボランティア・グループでの4人の方の送別会。
ヒューストンには2年の滞在と短い方から、10年もの長きに渡る方まで、みなさんお疲れ様でした。
駐在でアメリカに渡って、英語ばかりの学校で不安なお子さんや、新しい環境でお仕事をされる御主人を支える、
生活様式もいろいろと日本とは違いますし、慣れるまでは毎日の生活だけでも大変だと思うのですが、
みなさん、こうしてボランティア活動を精力的になさったり、英語の学校に通われたり、積極的に何かをされている方が多いのです。

私もそういうみなさんとご一緒させていただいて、たくさんの元気をいただいています。
昨日は、タコの補習校で同級生のお嬢さんのママ、Hさんのクラリネットのコンサートに出かけました。
学生時代に吹いていたクラリネットをアメリカに来て、改めて習って、地元のオーケストラに入って...と本格的。
二年前に演奏をお聞きした時とは、驚くほど格段にお上手に、涙が出るほど感動させる美しい音色に感動しました。
たくさんのお友達が駆けつけ、クラリネットのお仲間との楽しい演奏、みなさんからの心のこもった温かいスピーチにも、
Hさんのこちらでの充実した生活ぶりがうかがえました。

Hさん、素敵なコンサートをありがとうございます!! 
日本に戻っても絶対にクラリネット、続けてくださいね~ 
またいつか、聞かせていただく日を楽しみにしています~♪








b0108544_1956170.jpg

また遅すぎの写真になってしまいましたが、三月に入っても、こんな樹氷?の見られる寒い朝の日がありました。
夜中にはとても強い雷雨があり、それからぐっと冷え込んだので、そのまま凍ってしまったのでしょう。



b0108544_2065962.jpg



b0108544_208610.jpg

松の木も凍って枝がだら~んと垂れ下がっています。
全体が斜めに傾いていますね。 折れなくてよかった~ 
お昼には気温も上がって、氷も溶け、元通りになりましたが、車で走ると、
結構太い枝が折れて道路に落ちている箇所も、ところどころにありました。

三月も中盤に入って、最近は暖かい、春らしい日が続いています。
お別れは寂しいですが、一方お祝い事も多いですし、この時期が一年でも一番、
赤と白の苺のショートケーキが似合う季節...のような気がします。

帰国される方、すでにされた方から、入試合格~!!のお知らせも次々に入って、わくわく気分です。
タコの同級生は中二なのでまだ一年ありますが、補習校ソフトで一緒に汗を流したり、
狭い日本人社会なので、いろいろな場面でお会いすることも多かった先輩たちのがんばりには刺激を受けます。
お子さんたちもアメリカで英語の勉強だけでも大変なのに、日本に帰った時に受験準備もしっかりされているのですね~
本人のがんばりはもちろん、サポートされるママさんたちの努力も素晴らしい~
K高校日吉、K高校藤沢、関西ではD大学の付属など有名な学校ばかり@@

そして懐かしい、コロラド時代のお友達、Mさんの双子のお嬢さんも、それぞれT大文1、W大建築合格、
という素晴らしすぎるお知らせが!  ダブルでおめでとうございます~!!
しかも、弟のK君も同時に、関西の超名門N高に合格~!! 
通学に遠いこともあり、中学はあえて公立に進んでバスケットに熱中、全国大会にも出場、
少ない人数しか募集しない高校から入るって...凄すぎて言葉が出ません~ 
トリプルでおめでとう!!!

三人とも小学生の頃から成績もピアノも絵もスポーツも、何にでも秀でていて、かつお手伝いもしっかりとして、
私のつたないお菓子やお弁当を、「おいしい~、かわいい~」と喜んで食べてくれた、とっても優しいお子さんたち。
全くガリガリと勉強をしていた様子もなく、のびのびといつも一緒に遊んでばかりだったような...
でもMさんはお料理上手でいつも栄養にも気をつけていらしたり、いろいろと子育てにも工夫されていて、
その情報のおすそ分けをお聞きするのも楽しみでした。

M家が日本に帰られる時に、車も譲っていただきました。
大事に乗ってきましたが、去年は自動ドアの部分が壊れたり、キーが回らなくなったり、
修理にだいぶかかるようになったので、そろそろ買い替えかな~とダダと話していましたが、
幸せな一杯のM家にあやかって、しばらくはいっそう大事に乗り続けたいと思いなおしていますよ~♪(笑)

アメリカにいると、日本のような一発での入試試験というものは経験しなくてよいので、お気楽~
と思われるかもしれませんが、大学に入るにはまた違った大変さがあるようですよ。
タコもアメリカの大学に行くとなると、あと三年...あっという間かもしれませんね~
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

[PR]
by Wingco | 2014-03-15 02:23 | お菓子 | Trackback | Comments(8)
秋のポットラック ~キミなしでも幸せお菓子♪
b0108544_15181183.jpg

前回の記事、ベイクセールの翌日は、Y家でのポットラックパーティーのお呼ばれ。
「できれば生ショートをお願い~」されていたので、前日の夜にジェノワーズは焼いておきました。
当日は料理も作らなくてはならないので、前もってジェノワーズさえ焼いておけば安心~
と思ったのですが、ケーキの組み立てにも結構時間がかかるものですね。
もう遅刻~になってしまったので、フルーツも適当に並べてしまいました。

夏のポットラックの時とは違って、気合が入っていないデコですみません~
よい苺が見つからなかったので、他のフルーツで何とかしなくてはならず、パイナップル、キウィ、ラズベリーでまとめてみました。
色合いは秋というより夏のようですよね。
実際、10月中ごろのこの時期、気温もまだ30度近くあったのですよ。

Hさんのフルーツゼリーもキラキラきれい~ 一部しか写っていなくでごめんなさい。
フルフル絶妙の固まり具合もすばらしくて、子供たちにも大人気。

奥の丸いのはYさんの力作、フランス人のお友達秘伝のラズベリームースケーキ。
彩りがとてもきれいでかわいいケーキだったのに、これまた写りがぼやけていてごめんなさい!







b0108544_15183462.jpg

ピンクの色がとても鮮やかにでていますよね。 
ラズベリーの酸味をしっかり感じておいしい!
ラズベリーは裏ごしなさったそうで、種の粒々もなく、滑らか~な舌触り、手間をかけると違いますね~

私の生ショートはいつもの小嶋ルミさんのレシピですが、三段にすると高さが出て、
切り分けると、どうしても倒れてしまいます。
人数も多いし、他にいろいろと御馳走もあるので、一人分は薄めのスライスになるので。

そこで今回は18cmの材料で21cmの型で焼いて、二段にしてみました。
ケーキ立ってますよね!
三品盛り付けても、色合いもよくてよい感じになりました。 

でもね、食べてみると、やはりジェノワーズは厚く焼いたほうが美味しく感じるような...
ロールケーキと違って、ショートケーキは厚みのある生地のふわふわ~としたところを味わえるのが一番~
と私は思っています。
不二家とかコージーコーナーとか、懐かしい昔の苺ショートのイメージなのですけどね(笑)
みなさんには今回も喜んでいただけたようでほっとしています。







b0108544_151955.jpg

「ランチなので簡単なもので~」
と言いながらも、今回もまたたくさんの美味しいお料理が並びました。
夏に行かれたニューヨークのお土産の焼酎の瓶も見えますね。
もちろんお昼から飲んでいます(笑・私は残念ながら飲めませんが)

お酒のおつまみにもぴったりな、スモークサーモン&チーズとタラモサラダ風のカナッペ、生春巻き、きんぴらごぼう、
ズッキーニのソテーにはおかか味噌が乗っていたのかな?

私が持参した、揚げ茄子のピリ辛香味漬けは、きょうの料理10月号に載っていた栗原はるみさんのレシピです。
私は大好きですがうちの家族は茄子が苦手なので、ここぞとばかりに作ってしまいました。
ナスだけでは寂しいかとかぼちゃとエリンギも使いました。
3つともおいしかったけれど、やはり揚げた茄子の甘さが活きて一番美味しかったです。
3センチは厚すぎ?と思ったのですが、食べてみると、このぐらいあった方が食感がよいようです。
見た目はいまひとつかもしれませんが、豆板醤も入って、濃い目の甘しょっぱいピリ辛味が良く染みて、
ジュワーっと、冷たくしてもまたおいしいです。

揚げたて鳥のから揚げは、きちんとした性格のYさんらしく、きちんと整列していました。
Y家も素敵なお宅で、いつもすっきりときれいに片付いていて、お邪魔するたびに清々しい気持ちになります。
このキッチンの大きなカウンターも、余計なものが置かれていないので、本当に広々~







b0108544_151933100.jpg

大きなお皿がたくさん並んでも余裕があります。
キッシュ、ラタトィユ、きゅうりの漬物、チキンの煮物、ドライトマトのパスタサラダ。

ぼやけてよく見えなくてよかった~(笑)私のエビチリ。
お子さまも多いので辛すぎないように、最後に溶き卵を全体にからめて、味はよかったのですが、
見た目が濁った感じになってしまいました。
そして、本当はカツサンドにする予定が時間がなくて、ヒレカツだけになってしまいました。







b0108544_15201997.jpg

こちら、初めて飲みましたがレモン風味の炭酸水。
ヒューストンではグルメなお店として有名な、セントラル・マーケットのもの。
全く甘味料が入っていないので、さっぱりとしてとてもおいしいです。
食事のお供にもぴったり、普段にもいいですね。

それから、炊飯器に入っていたのですが、栗おこわにも感激~!
たくさんの栗の固い殻を一つ一つむいて、Yさんが作ってくださったのです。
この秋初めての栗、ありがたく味わいました。

今回も4家族で集まったのですが、みなさんお料理上手で、どれもおいしい!
他のご家庭の味が楽しめるのはポットラックならではですね。
ご馳走様でした~♪







b0108544_161742100.jpg

おつまみクラッカー 明太子、粒マスタード
ほとんど写っていませんでしたが、お酒のおつまみに、こちらも作りました。
またまた多田千賀子さんの「おやつ新報」から、甘くないお菓子です。

バターを柔らかくしすぎてしまったためか、冷蔵庫で冷やしてもかなりベタベタした生地で、
均一5ミリにのばすのに一苦労でしたが、何とかそれらしく形になってくれてほっとしました。

塩気が効いているうえに、明太子の辛さもぴりっときいておいしかったです。
半分には粒マスタード、こちらも酸味のある辛さが刺激的です。
お子様向きではなくて、ごめんなさい。

ただ、焼きたてはぱりっとして本当にクラッカーらしかったのですが、
少し家に残しておいたのを夜に食べたら、湿気てみしっとした食感に変わってしまっていました。
きちんと蓋をしておけばよかったですね。
またトースターで少し温めると、パリッと活き帰りました。


多田さんのクッキー類、他にもいろいろ作りました↓






b0108544_1632072.jpg

後ひき、ぱりぱりチュイル チーズ
スプーンで大雑把にのばすので、形も不ぞろい、薄かったり厚かったりもあって、焦げ具合もまちまち、
くるっとカーブしたおすましチュイルとは違って、見た目は悪いかもしれませんが...






b0108544_16323187.jpg

食べてみれば、名前に嘘はありません!  
あと一枚、もう一枚...と手が伸びてしまいます。

みしっとした卵白だけを使ったしっとりめの生地に、チーズの塩気、
かりっとしたスライスアーモンドの香ばしさがよいコンビネーションです。
粒コショウもたっぷり振って、ドライタイムやバジルも香り付けに。
作り方は簡単ですが、味は複雑で美味しいのです。  

ただ、チーズが多かったのか溶け切らずに、もっさりしっとりの食感。
もう少しぱりっとさせたほうがよかったのでは~とも私は思ったのですが、
こういうあまり甘くないスナックのようなお菓子はダダの好みです。 
大好評でした♪






b0108544_161807.jpg

後ひき、ぱりぱりチュイル アーモンド
チュイル大好評につき、続けてアーモンドも作りました。
チーズの代わりにバニラビーンズです。

こちらはうす~く広げましたよ。
アーモンドもたっぷり、パリッサクッの私好みの食感になりました。
薄すぎると、すぐ焦げすぎてしまって、焼きムラが出来がち。 気をつけないと~
黄色をバックにしたせいか、写真はぼやけてよく写っていませんが、見た目以上においしかったのですよ~







b0108544_1651646.jpg

ヴィエノワ アールグレー&コーヒー
こちらはサブレですが、卵白使用なのでしっとりあっさり、卵黄だけを使った黙らせサブレとはまた違った
さくさくとした軽い食感とおいしさです。

ヴィエノワとはウィーン風という意味だそうです。
ウィーンにはこういうお菓子が売っているのでしょうか?
一度だけ行ったことがありますが、名物ザッハトルテのことしか覚えていません~

とてもゆるい生地なので、星型で絞り出そうとしたのですが、インスタントコーヒーがフリーズドライのもので粒が大きかったのか、
口金にひっかかって、スムーズに出て来ない~
力任せにぎゅうぎゅう押し出そうとしたら、途中で袋が縫い目から裂けてきて、あらら~
何とか手で押さえながら絞りましたが、よれよれになってしまいましたね。

コーヒーは粒がそのままですから、苦味もしっかり効いて、塩気も強くて美味しい。
アールグレーは見た目たくさん入っていますが、それほど風味は強くなくて、穏やかな美味しさです。






b0108544_165392.jpg

ナッツごろごろクロッカン
クロッカン、以前にも違う方のレシピで作ったことがありますが、多田さんのは粉の割合も多く、
アーモンドパウダーもたっぷり使っていて、カルメ焼きのような以前の印象とは違い、
もう少しクッキーに近い感じです。

それでもメレンゲのふわふわが活きて、しっとりと軽い食感ですね。
何と言っても、くるみとヘーゼルナッツのごろごろがいいですね。
刻まずに、丸のまま入れます。 粉よりもたくさん入っています。
ナッツを美味しく食べるために、メレンゲの衣をまとっている、と言った方がよいかもしれませんね。


ということで、多田さんの「キミなしでも幸せお菓子」いかがでしたでしょう?

アイスクリームやカスタードクリームなどを作ると、卵白が余ってしまい、利用法に困ることもしばしばでしたが、
これからは大丈夫!
チュイル等をを作るために、また卵黄だけを使うお菓子を作りたくなってしまうかもしれませんね~♪


にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

[PR]
by Wingco | 2013-11-21 06:38 | うちごはん | Trackback | Comments(6)
夏のポットラック ☆野球、準優勝~
b0108544_5235054.jpg

10月に入って(もう中旬ですね)、やっとヒューストンにも秋らしい季節がやって来ました。
今週は最高気温も30度を切っています。
爽やかで過ごしやすい陽気に外出の機会も多く、また、家にいる時間には、
オーブンを使うのも苦にならなくなったので、毎日のように何かを焼いています。

お菓子の画像ばかりは溜まっているのですが...すみません、アップが遅くなって。
PCに向う時間と気力がこの二週間足りませんでした。
そうそう、先週は約半年ぶりに、二回目のおうちカフェも開いたので、その準備にかかりっきりだったのです。

今回のこのケーキはその時の...ではなく、また少し前のことになりますが、
夏にお招きを受けた、ポットラックパーティーに持参したものです。

4家族が集まり人数も多かったので、30×20センチ強。
いつも時間がなくてデコレーションが適当になってしまうのですが、今回も...(笑)
でも、クリームの絞り出しで周りを飾れただけでも進歩です。
長方形なので、額縁のように絞り出してみましたが、長くではなく高くこんもりと絞った方がよかったですね。

丸と違って、写真の収まりが難しい~







b0108544_5311159.jpg

こちらの方がおいしそうですね。
でも光ってしまって、絞り出しがどんな感じなのか見えにくくなってしまいました。

オーガニックの、アメリカにしては甘さもあって美味しめのイチゴ。
中にもぎっしり入っているので、2パック分(約1キロ弱)でも足りず...
ラズベリーとブルーベリーを買っておいてよかった~







b0108544_5313418.jpg

うち以外は女の子ばかりだったので、一度作りたいと思っていた、おすしケーキにも挑戦。
お花に見えるかな? スモークサーモンで出来ています。
桜の花はスライスチーズ。 中にもはさんだのですが、結構合いますね、酢飯にチーズ。








b0108544_5315831.jpg

一段目は鶏そぼろ、二段目はスライスチーズ、海苔、プリーツレタス。

食パン用の一斤型にラップを敷いて、そこに酢飯と具を重ねました。
型に深さがあったので、つい高くしてしまいましたが、型から出したときに、倒れそうになり慌てました。
切り分けるのにも、もっとごはんの量を減らして、低くした方がよかったようです。
押し寿司のように、ぎゅーっとご飯を押し付けないといけませんね。








b0108544_633867.jpg

巻き寿司を作るのも何年かぶり。 
要領を忘れてしまって、一本目は具が多すぎて失敗~
ロールケーキは慣れているものの、お寿司はまた違いますね。







b0108544_6332510.jpg

玉子焼き、スモークサーモン、しめじの煮物、アスパラ塩茹での具です。
私は普通の太巻きが食べたいな~と良く思うのですが、ダダもタコもかんぴょうやしいたけ、キュウリも苦手。
カリフォルニアロールを作りたくても、アボカドも苦手。
巻き寿司の具には何がよいか迷います。








b0108544_6335073.jpg

おまけに、お酒の肴になるかな~と子持ち昆布とオクラのポン酢和えも作りました。
わさびもぴりっと効いています。
子持ち昆布、アメリカで普通には売っていないので、「久しぶり~」と喜んでいただきました。
お一人、関西の御出身の方なのですが、「子持ち昆布は初めて~」とのこと。
関西では、子持ち昆布ってあまり普及していないの?







b0108544_6344432.jpg

お招きいただいたH家の、夏らしい爽やかで素敵なテーブルセッティング!
時々こういうポットラックパーティーはあるのですが、なかなかカメラは取り出せず...
でも今回は、フェイスブックに載せたいから~という方がいらして、「撮ってもいいですか?」とお許しをいただいていたので、
私も~と便乗させていただきました。 







b0108544_741228.jpg
写真上の左から、皮を細く刻んで回りにつけたのと、もち米と二種類のしゅうまい。ポテトサラダも。
そうめんは取りやすいように個別に小さい器に。横にはトッピングの細ねぎや錦糸卵、揚げたナスなどの具がお洒落です。
その他のそうめんはキュウリで巻いて。
撮り忘れましたが、鶏の煮物に良く味のしみた煮玉子、フルーツゼリー、リンゴのケーキもありました。
Hさんの気配りのあるお料理の数々、私も見習いたいものです。

他のお二人もとてもお料理上手。
鶏のから揚げ、細く切ると上品ですね~きんぴらごぼう、生春巻き。
ミートソースのペンネ、エビピラフ、牛肉のたたき、アボカドとトマトのサラダ、ミニトマトのマリネ、スペアリブ。

夜中までお話も楽しく弾みましたし、みなさん持ちよりのお料理もどれもおいしくて、幸せなひとときでした。








b0108544_7391150.jpg

H家でのパーティーのさらに少し前、我が家にも3家族をお呼びしてのポットラック。
さっそくおなかの空いた子供たちに食べてもらった後ですが、何とか並んだお料理を撮る事ができました。
夜、こちらの家は照明が暗いこともあり、よい写真が撮れませんでしたが、料理の備忘に記しておきます。

みなさんからは、ハムサラダ(お子さんにも取り易いように、ポテトサラダをハムで巻いてあります)、
鮭の南蛮漬け、豚の角煮、鶏のから揚げ、生春巻き、お赤飯、ラザニア、フルーツゼリー。
うちは、ちらし寿司(鮭、うなぎ、いくら)、バジルペーストのパスタ、いなり寿司、かぼちゃの胡麻煮、
イチゴショート、ベイクドチーズケーキ、バナナのフロール。

この日も(こちらの方が先でしたが)バラエティーにとんだ美味しいお料理が並び、おなかいっぱい。
子供はゲームで、大人はお話に夜中まで盛り上がりました。






b0108544_746468.jpg

自然光の中のほうが、やはり美味しそうに見えますね。
次の日、明るくなったところで、大事に取り置きしておいた一切れずつを、改めてカメラに納めてから私のおなかへ...(笑)
冷蔵庫で冷たくしても、しっとりさはそのまま、おいしい~! 

津田陽子さんのバナナのフロール
一見チョコにしか見えませんが、生地にはペースト状にしたバナナが入っています。
いつもはメレンゲ立てすぎなのか良く膨らみすぎて、生地が厚くなってしまいがちですが、
今回はそのバナナのおかげか、気持ち膨らみが抑えられていますね。
しっとりした感じも本の写真と似ています。

口に入れた最初は、それほどバナナを感じませんが、後からふわ~っと甘いバナナの香りがかなり来ます。
ココア生地ですが、言わなくても、バナナが入ってる~という味がするのですよ。 
おもしろいロールケーキです。
ミルクチョコのガナッシュクリームも、とろりと甘くて生地とのバランスもちょうどよいのです。


小嶋ルミさんのベイクドチーズケーキ
材料を順番に混ぜるだけの簡単なベイクドチーズですが、ルミさんのレシピはさすがです。
とても口当たりが滑らかで、ベイクドなのにスフレのようにも感じる軽い食感です。
湯煎でじっくり焼いた後、火を消したオーブンにそのまま入れて蒸らすのもコツでしょうか...

レモンは入っていないので、酸っぱすぎず、でもサワークリームで爽やかさを出し、
甘さもほどよくて、これは絶対にまた作ってじっくり味わってみたいチーズケーキでした。






  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



タコはハイスクールのフレッシュマンになって、大忙しの秋。
早くも学年度の六分の一に当たる、1学期が終ってしまいました。
このあたりの学区では6学期制をとっていて、レポートカード(通知表のようなもの)も一年に6回いただきます。
一学期は大抵6週間なので、あっという間に終ってしまいます。

よく「ストレートA」と言って、全部の教科がA(90点以上)の評価だと学年末に表彰されますが、
この学区では6学期それぞれで全教科Aを取らないといけないのです。
全部で7科目ですから、7x6=42個ものA。 大変そうですね~
一年中勉強に気が抜けないようになっているのかな?

でも、そういう基準も州や学区によって違いがあるようです。
一年の平均で90点以上取ればストレートAになるところもあるようで、ここの学区は厳しいらしい。
宿題も、多い多いとは聞いていましたが、本当に多くて、毎日必ず出ます。それも何教科も。
毎日マーチングバンドの練習があって、家に帰るのは7時頃。
その他に週に一度はフットボールの試合があり、バンドも応援に行かなくてはならないので、
試合の場所によりますが、10時は過ぎますし、遅いときは12時近くのことも...
そんな日でも宿題は出てるので、それから取り掛かり、睡眠時間3時間ということも。

「眠らないように見ていて~」と言うので私も付き合うのですが、さすがに翌日はお昼寝をしないとふらふらです。
タコも学校で寝てしまわないかな~と心配になりますが、何とか帰って来るまでは持たせているようです。
う~ん、高校生は想像していたより大変! とこの先が思いやられますが、
先日参加した補習校の中二の保護者懇談会ランチでのみなさんのお話を聞くと、
「暇でゲームばかりしていて困る」とか「宿題なんて全くない~」という方までいて、逆にびっくり。
学校によっても大分違いが有るようですし、日本からいらして間もない方はESLクラスに入るので、
カリキュラムも全く違うようです。
でも、慣れない英語での授業ですからそれだけでも大変でしょうし、日本に帰る時に備えて、受験勉強もあるでしょうし、
それぞれに立場は違っても、忙しいですね子供たちは。





b0108544_15591139.jpg

大きなハイスクールなので、バンドもたくさんいますね~300人ぐらいとか? 
フットボールの試合では、対戦中のスタンドでの応援演奏だけではなく、ハーフタイムにはフィールドに降りて、
マーチングも披露します。
でも、短いし、何だか簡単そうな動きだったので、これだけのために、8月から毎日猛練習していたの~
拍子抜けかも...と聞くと、これはフットボールの時のためだけのマーチングで、マーチングコンテスト用の
もっと別なものだそうです。

コンテストは毎週土曜日に、いろいろな場所で開催され、生徒はスクールバスで向うので、親は行く必要がありません。
先週の土曜日は野球のトーナメントもあり、コンテストの会場から直行すれば間に合ったので、ダダが迎えに行きました。
マーチングを見るよい機会だったのですが、私はおうちカフェの疲れでダウン...
というほどではありませんが、他に用事もあって残念。

でも翌日の日曜日も野球のトーナメントのほうは決勝ラウンドがあり、
嬉しいことに予選から4連勝であと一つ勝てば優勝~!というところまで進みました。
決勝の試合では負けてしまいました(それもタコが先発で・笑)が、準優勝ということで、盾をいただきました。
ハイスクールでは野球を取らなかったし、もう野球をしている余裕はないかな~やめたほうがよいのでは~
と私は思ったのですが、やはりチームスポーツは楽しいようで、セレクトチームは続ける選択をしました。
その分もっと大変になっていますが、こういう御褒美もいただけて、よかったね。







b0108544_1645123.jpg

決勝戦はそれまでと試合会場が違う場所だったので、そこまでの移動中に見た夕焼けの空。
飛ばしていた車から、それも携帯で撮った写真ですが、本当に燃えているような空でした。

春シーズンは何ももらえたことがなかったのですが、秋シーズンの最初のトーナメントから準優勝だなんて、幸先がよい~
でも、この日も朝から、途中雨で試合も遅れて、家に帰ったのは12時近く...
そして、休みの日でも宿題があるのでした。 
また寝不足の毎日が続きます...
[PR]
by Wingco | 2013-10-11 03:06 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(10)
星条旗ケーキ ☆タコ13歳
b0108544_14443338.jpg
久しぶりに苺のショートケーキ。
独立記念日も近かったので(7月4日、かなり前ですね・汗)、アメリカ国旗を真似てみました。
なので星条旗ケーキ

こちらでは日本のように粒の揃った苺がきれいに並べて売られているのではなく、
大きいのも小さいのも、一緒に、ごろごろ~っとパックに入っています。
不恰好なのも多くて、きちっとは並べられませんでした。

おまけに、星型の口金~と思って搾り出したのに、見ると8個に分かれている菊型(?)であらあら....
口金を取り替えるのも面倒なので、そのまま...(笑) 
ブルーベリーの上の☆もありませんし、これでは星条旗になっていませんね。

それでも、「わぁ~、おもしろい~」と家族も喜んでくれたので、来年もまた、今度はきっちりと作ろう!

前のカメラが壊れて、新しいのを買うまでの間、ダダのコンデジだと何だか要領がつかめず...
写真はいまひとつかもしれませんが、おいしかったお菓子ばかりなので覚えておきたくて。
今回でコンデジの写真は全部出し終わりの予定です。 
すでに旅行の写真は新しいデジ一で撮ってますが、次回からは、パンもお菓子もデジ一で。
なのに見た目、違いなかったりして...(笑)

コンデジだとはっきり写りすぎるのかな。
[PR]
by Wingco | 2012-09-27 02:54 | お菓子 | Trackback | Comments(8)
いちごと抹茶のトライフル ~アコさんの乙女なお菓子
b0108544_0314981.jpg
このところ新しい記事の更新は月1のペースになってしまっていたので、次の記事もまた一ヶ月後~?
なんて思われてしまったかもしれませんね。
期待ハズレでごめんなさい(笑)
とは言っても、前回に引き続き、去年に作ってはいたものの、更新できなかったお菓子の在庫整...
だなんて言葉は悪いですが、今見ても味がよみがえってきますし、それぞれに思いがあります。

10月にもお話しましたが、秋、冬にかけて、アコさんのお菓子をよく作りました。

総勢10種類~!
[PR]
by Wingco | 2010-03-06 01:34 | お菓子 | Trackback | Comments(16)
2009年 初ケーキ 
b0108544_11175890.jpg
2009年、今年もどうぞよろしくお願い致します!
新年も早いもので一週間が過ぎてしまいました。
みなさまは、どんなお正月をお過ごしだったのでしょうね。
こちらでは二日からダダの仕事、日曜日にはタコの補習校、
そして月曜からは現地校やスイミングなどの習い事も始まり、すっかり普段の生活に戻っています。
思えば11月終わりの感謝祭を迎えるころから、クリスマス、元日までずーっとHoliday Seasonで
ふわふわした気分だったのですから、ここはぴしっと早く切り替えたいところです。(←自分に)

今年最初の画像は、フルーツいっぱいのショートケーキ。
作ったのは大晦日なので、新年の初焼き~とは言えませんが、日本からは17時間遅れのコロラド、
日本だったら元日になっていた...ということで許してください。

おせちもある?
[PR]
by Wingco | 2009-01-07 22:59 | お菓子 | Trackback | Comments(18)
VERY BERRY ショートケーキ ☆クリスマス2008
b0108544_3223091.jpg
あっという間にクリスマスも終わってしまいましたね。
日本ではこれからお正月を迎える準備で忙しくされている方も多いのでしょうけれど、
アメリカでは元日はお休みになるものの、日本ほどの大きな行事ではありません。
大晦日も2日も普通にお仕事~という感じ。
今年は元日が木曜日なので、タコの現地学校は4日までお休みですが、2日から始まるという年もありました。

そのクリスマスの日に、お友達kickpopさんのパーティーにお招きいただいたので、久しぶりに作ったショートケーキ。
コヤマススムさんの「THE SWEET TRICK」に載っていた、VERY BERRY ショートケーキを参考にしたのですが、
肝心のイチゴが手に入りませんでした。
日本と違って、クリスマスに生クリームのケーキを食べるという習慣はアメリカにはないと思うのですが、
何故か3軒回ったどこのスーパーにも売ってなくて...
でも他のベリー類はいつものように豊富。
しかもこんな時期なのにチェリーが売っていたので、それで代用。
クリスマス・リースのような飾りつけにしたつもり...なんて、全然そうは見えない?
いつもながら出来上がりが遅く、外は真っ暗。うちの薄暗い照明の下での写真となってしまいましたね。

シュトーレンも作りました。
[PR]
by Wingco | 2008-12-28 21:01 | お菓子 | Trackback | Comments(16)